【初心者向け】メタバースとは?意味や始め方を分かりやすく解説!

「メタバースって言葉を最近聞くようになったけど、いまいち理解していない」

ブロックチェーンとメタバースの関係性がよく分からない」

このような疑問を持っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

メタバースは一言でいうと、「インターネット上に構築された仮想空間」を指します。

今回はメタバースに興味をお持ちの方に向けて、

について解説していきます。

最後まで読めば、メタバースの特徴や魅力、最新の活用事例や始め方などについて理解することができるでしょう。

メタバースとは?意味や概念について優しく解説!

メタバースとは

メタバースとは、「インターネット上に構築された三次元の仮想空間」です。「超越」を意味する”メタ”と「世界」を意味する”ユニバース”が組み合わされた造語で、1992年にアメリカで出版されたSF小説『スノウ・クラッシュ』で初めて使用されました。

メタバースでは現実世界と同じようにさまざまな建物が立ち並び、ユーザーは自身の分身である「アバター」を使って、好みの服や靴、帽子などのアイテムを着用し、自由に空間内を散策したり、他のユーザーとコミュニケーションをとったりして楽しむことができます。

このような特徴を持つことから、現時点ではメタバースは主にゲーム分野で活用されています。代表的なところでは、『マインクラフト』や『あつまれ どうぶつの森』、『The Sandbox』などが有名です。

ただ、コロナ禍によりリモートワークの割合が増加してからは、Meta(旧Facebook)やMicrosoftがVR空間内でミーティングができるサービスを提供するなど、ゲーム以外でもメタバースの用途が拡大してきています。

『セカンドライフ』で有名になったメタバース

Second Life

引用:Second Life

メタバースの流行は以前にも存在しており、リンデン・ラボが2003年に開発した『セカンドライフ(Second Life)』という3DCG仮想空間ゲームが月間100万人以上のアクセスを得ていたことがあります。

セカンドライフでは自由なアバターをつくり、音楽クラブやバーチャルシネマなどをバーチャル上で楽しむことができます。

また、最近のコロナ渦ではサービス開始17年以上のノウハウを使い、リモートワークのためのリモート会議も可能になっています。

流行の絶頂期では、セカンドライフ内で投機的な動きが活発化していたため、ゲーム内での不動産を購入したり、ブランドアイテムなどを購入したりなどムーブメントが起こり、セカンドライフでの活動だけで金銭を得て生活をしている人も存在しました。

VRとメタバースの違い

メタバースはVR(Virtual Reality)と混同されがちですが、両者は別物です。

メタバースが「三次元の仮想空間」を指すのに対して、VRは「仮想空間を体験するための技術やデバイス」を指します。つまり、メタバースが「空間」で、VRは仮想空間にリアリティや没入感を与えるための「手段」となります。

より具体的に説明するために、2021年にMeta(旧Facebook)がリリースした「Horizon Workrooms(ホライゾン・ワークルームズ)」を例に挙げてみましょう。

Horizon Workroomsでは、ユーザーは専用のゴーグル(ヘッドセット)を着けることで、CGで作成された仮想空間上で会議やセミナーを開くことができます。

Horizon Workrooms

引用:Horizon Workrooms

Horizon Workroomsの場合、オフィス空間全体がメタバースで、その世界にリアリティを与えるためのデバイスであるゴーグルがVRとなります。

メタバースはVR機器がなくても利用することができますが、VR機器を装着することによってよりリアリティや没入感を体感することが可能になります。

メタバースが注目されている3つの理由

メタバースが注目されている3つの理由

メタバースが注目を集めている理由としては、主に以下の3つが挙げられます。

  • VR技術の発展
  • メタバースビジネスの広がり
  • NFTとの親和性の高さ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

VR技術の発展

まず第一に、VR技術が進歩したことで普及が進んだことが要因と言えるでしょう。VRとは、Virtual Reality(バーチャル リアリティー)の頭文字を取った用語で、仮想現実を意味します。

一般の方にVR技術を普及させるのに影響を与えた要因としては、以下の2点が考えられます。

  1. UnityやBlenderといった開発者ツールの整備によりVRコンテンツの供給が増加したこと
  2. VRデバイス・VRヘッドセットの軽量化や値下がりが進んだこと

特にVRデバイスの軽量化に関しては、インパクトが大きかったと考えられます。従来のVRデバイスは高価で複雑、かつテクノロジーに対して強い関心のある人しか扱えないようなイメージがあったと思います。

しかし最近では、Oculus Quest 2に代表されるような完全ワイヤレスのVRデバイスが登場してきており、一般の方でもVR技術を楽しむための土壌が整ってきています。

VRデバイスの軽量化・値下がり要因としては、スマートフォンの普及により、スマートフォンに搭載するための高輝度・高解像度な小型ディスプレイや小型プロセッサーが開発・量産された点が挙げられるでしょう。工業製品は基本的に適度に量産されると安価になる傾向があるためです。

スマートフォン登場以前はVR機器に用いるようなパーツが高価かつ大型だったために、VRヘッドセットのみで動作を行う製品の普及は困難でした。しかし、高性能な小型プロセッサーが量産され値下がりしたことにより、安価かつ軽量なVRヘッドセットが登場しています。

今後もさらなるVR技術の発展によって、エンターテインメント分野はもちろん、医療や学術研究など様々なジャンルへの普及が予想されます。

参照元:Oculus Quest 2

VRでのメタバース

VR機器を用いた有名なメタバースとしては「VRChat」が挙げられるでしょう。VRChatは「VR」とついているものの、PCでも遊ぶことができます。VRChatではオリジナルのアバターを使い、独創的かつ自由な世界観を楽しむことができます。

VRChat上ではバーチャルマーケット(通称:Vket)が開催されることがあり、株式会社NTTドコモやバイクメーカーのヤマハ発動機株式会社が企業ブースへ出店したことがあります。ヤマハ発動機は同社が発売しているスーパースポーツバイク「YZF-R1」や、コンセプトモデルの「MOTOROiD(モトロイド)」の3Dモデルを展示し、まるで実車のようなシミュレーションができるバーチャル車両に搭乗することができました。

ゲームとしてのゴール設定や目的などはなく、純粋にメタバースのコミュニティとして機能しているため、メタバースが気になる方は一度チェックしてみると面白いかもしれませんね。

メタバースビジネスの広がり

メタバースが注目される第二の理由として、メタバースビジネスの可能性が広がっていることが要因として挙げられます。

その証拠として、大手の企業が続々とメタバースの実現に向けて動きを見せています。

海外でメタバースへの動きが盛んなのはMeta(旧Facebook)です。

2021年8月19日にMetaからリリースされた「Horizon Workrooms(ホライゾン・ワークルームズ)」は、CGで作成された仮想空間上で会議やセミナーを開くことができるサービスで、同社はこのサービスを通してエンターテインメント以外の分野におけるVRの用途を示しました。

参照元:「Horizon Workrooms」を発表:リモートでの共同作業を再構築

いままでゲームのイメージが強かったVR。しかしMetaがこのような事例を作ったことで、今後は教育や医療、金融などのあらゆる業界での活用が始まる可能性があります。

日本の会社でメタバースに注力しているのは、スマートフォン向けバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」を運営しているグリー株式会社や、バーチャルユーチューバー(VTuber)のアイドル事務所「ホロライブ」を運営するカバー株式会社です。

参照元:「REALITY」は世界で大きく成長する可能性がある -- グリーが狙うメタバース事業の勝算

参照元:新サービスの立ち上げと人材募集

この2社はエンターテインメント領域でのメタバースの活用に積極的で、特にグリー株式会社は今後の数年でメタバース事業に100億円規模の投資を行う予定のようです。

上記で取り上げた企業の他にも、多くの企業でメタバースへの実験的な取り組みが行われています。

テクノロジーが進んだ先に、多くの人々がバーチャル空間でコミュニケーションをとり、仕事を進め、コンテンツを楽しむ未来が実現するのかもしれません。

メタバース関連の企業動向は、今後も目が離せません。

NFTとの親和性の高さ

メタバースが注目を集めている3つ目の理由は、「NFT」との親和性の高さです。ブロックチェーンを活用したメタバースには、NFTの活用が不可欠です。

NFTとはNon-Fungible-Tokenの略で、日本語では「非代替性」トークンとも呼ばれます。NFTはブロックチェーン上に構築されるデジタルデータであり、暗号資産(仮想通貨)と同様に所有や譲渡に関する記録が改ざんされにくいという性質を持ちます。

これまでのデジタルデータは誰でも簡単にコピーが可能であり、それゆえに価値が付きませんでした。

しかしNFTであればブロックチェーンを活用することで当該データの「唯一性」が証明できます。端的に言えば、複製できないデジタルデータであるという証明ができるようになったのです。その結果、NFTが有する希少性や有用性に応じた価値が付くようになったのです。

NFTが暗号資産と異なるのは、データとして代替不可能であるという特徴を持っている点です。

NFTとは

例えば、Aさんが持っている1ビットコインとBさんが持っている1ビットコインは同等の価値であり、交換することができる「代替可能」なものです。

一方で、「代替不可能」とは、全く同じものが存在しない、例えば「金メダル選手の直筆サイン入りTシャツ」のような一点物であることを意味しています。

メタバースゲームのアイテムはNFTとして売買できる

NFTとは

このような特徴を持つNFTは、Coincheck NFT(β版)のようなマーケットプレイスを通じて売買することができます。

メタバースゲームで手に入るアイテムは、NFTとしてマーケットプレイスで販売することが可能です。つまり、ユーザーはNFTマーケットプレイスを利用することで、メタバースゲームで必要なアイテムを購入したり、逆にゲーム内で手に入れたアイテムを第三者に売却したりすることができるのです。

こうした関係性から、メタバースとNFTは非常に親和性が高いと言われており、昨今のNFTブームと連動するようにメタバースの注目度も急上昇しています。

メタバースのメリット

メタバースのメリット

メタバースのメリットとしては、主に以下の3つが挙げられます。

  • 仮想空間の中で新たなエンターテインメント体験ができる
  • 世界中の人とリアルタイムで繋がれる
  • ビジネスチャンスが広がる

どのような内容なのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

仮想空間の中で新たなエンターテインメント体験ができる

メタバースの1つ目のメリットは、仮想空間の中で新たなエンターテインメント体験ができる点です。

具体的な例として、現在コインチェックと『The Sandbox』が共同で制作を進めているメタバース都市「Oasis TOKYO」を挙げてみましょう。

Oasis TOKYOは、コインチェックが保有する『The Sandbox』上の土地「LAND」に建設中の近未来都市です。メタバース上での活動を体験する機会を提供することや『The Sandbox』上でのコミュニティ活動の活性化を目的とし、2022年中に一般公開を予定しています。

『The Sandbox』のユーザーは、アバターを使ってOasis TOKYO内に建設されている商店街や美術館、ライブハウスなどの施設を利用したり、他のユーザーやさまざまな分野のアーティストと交流をしたりして楽しむことができます。

Oasis TOKYOのように、デジタル空間で現実と同じようにショッピングやライブ鑑賞をしたり、他のユーザーとコミュニケーションをとったりできるコンテンツが体験できるのは、メタバースならではの魅力です。

世界中の人とリアルタイムで繋がれる

場所にとらわれずに、いつ・どこでも世界中の人とコミュニケーションできる」のもメタバースのメリットです。

例えば前述の「VRChat」では、世界中のユーザーがゲーム内に作った世界にいつでも出入りでき、自由にコミュニケーションすることができます。

VRChatは、2022年1月1日には同時接続ユーザー数が42,000人を超えたほど人気のあるVRプラットフォームです。VRChatのように、PCとネット環境があればいつでも世界中の多くの人とコミュニケーションがとれるのも、メタバースの大きな魅力と言えるでしょう。

ビジネスチャンスが広がる

メタバースの普及にともない、さまざまな企業がビジネスチャンスを求めて市場に参入してきています。

The SandboxやVRChat Inc.のようなメタバースのプラットフォームを開発する企業、MetaやMicrosoftのようなVRオフィスサービスを提供する企業、GUCCIやNIKEのようなアパレルブランドなど、業種の壁を越えてさまざまな企業がメタバース市場に参入してきています。

カナダに拠点を置く市場調査会社「Precedence Research」は、メタバースの市場規模は2030年までに1兆6,071億ドル(約214兆円)に達し、2022年から2030年までのCAGR(年平均成長率)は50.74%になると予測しています。

こうした調査からも、今後さらに多くの企業がビジネスチャンスや収益源を求めてメタバース業界へ進出することが予想されます。

参考:Precedence Research「Metaverse Market Size to Surpass USD 1607.12 Billion by 2030」

メタバースの活用法(できること)

メタバース

メタバースの活用法としては、主に以下の4つが挙げられます。

  • ゲーム
  • リモート会議
  • ショッピング(バーチャルショップ・メタバースEC)
  • イベント・ライブ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ゲーム

メタバースの代表的な活用法としては、ゲームが挙げられます。

メタバースゲームの特徴としては、「三次元の仮想空間でリアリティと没入感のあるプレイを体験できる」、「大人数のユーザーが同時に参加できる」、「キャラクターやアイテムをNFTとして売買できる(売買できないゲームもある)」などがあります。

なお、メタバースゲームで有名なタイトルには以下のようなものがあります。

リモート会議

メタバース

引用:Meta「Horizon Workrooms」

メタバースは娯楽だけでなく、ビジネス分野でも活用されています。

例として、企業のリモート会議を挙げてみましょう。

メタバースを活用したリモート会議では、アバターを使用することで自宅にいながら同僚と同じ空間でミーティングすることが可能になります。さらに、VRヘッドセットを使用すればVR内で自分のパソコンを使用したり、バーチャルオフィスに設置されているホワイトボードにアイデアを書き込んで他のメンバーと共有したりすることができます。

このように、従来のビデオ会議では実現できなかった「臨場感のあるコミュニケーション」が行えるツールとして、企業の中にはメタバースを活用したリモート会議を採用するところが増えてきているようです。

ショッピング(バーチャルショップ・メタバースEC)

メタバースは、ショッピング分野でも活用されています。

ショッピングでの具体的な活用方法としては、主に以下の2つが挙げられます。

  • バーチャルショップ
  • メタバースEC

バーチャルショップ

バーチャルショップとは、VR技術を活用して3Dの仮想店舗を作り、ユーザーにWeb上でショッピング体験を提供するコンテンツを指します。

以下は、スウェーデン初の世界的ファッションブランド「H&M」がメタバース上に開店したバーチャルショップの画像です。ユーザーはあたかも実際の店舗に来店したかのように、仮想空間内にディスプレイされた商品を見て回ったり、購入したりすることができます。

メタバース

引用:Twitter(@CEEK)

H&Mの他にも、GUCCIやNIKEなどの大手ブランドも続々とバーチャルショップを開設しています。

メタバースEC

メタバースECは、構築した3Dのショップを既存のメタバースショッピングモール上でオープンする方法を指します。

上の動画は、MetaVRseという海外の企業が開発中の「TheMall」というメタバースショッピングモールです。

現実の世界にも「ららぽーと」や「109」などの商業施設がありますが、Web上にある商業施設に仮想店舗を出店すると考えると、メタバースECの仕組みについてイメージしやすいかもしれません。

今後メタバースやVR技術がさらに発展していくのに伴って、TheMallのようなメタバースショッピングモールを開発・運営する企業の数も増加していくことが予想されます。

イベント・ライブ

メタバースは、イベントやライブなどでも活用されています。

下の動画は、人気シンガーソングライターの米津玄師さんが、2020年8月に『フォートナイト』というメタバースゲーム内で行ったライブの模様です。

このように、実在するミュージシャンがメタバース内でライブをしたり、企業がVRイベントを開催したりする事例は増えてきています。

メタバースの活用事例

最近では、メタバースについて、さも新しく生まれた概念のような解説をされています。しかし、メタバースは既にゲームの分野では親しまれた概念となっています。

自分の分身となるアバターを作って仮想空間で生活をする『あつまれ どうぶつの森』の世界も、メタバースの1つと言えます。

以下では、世界的にメタバースとして認識されているゲームや、お金が稼げるゲーム「NFTゲーム」でのメタバースの活用事例、加えてゲーム以外の活用事例を一挙にご紹介します。

マインクラフト

マインクラフト

引用:公式サイト | Minecraft

まず1つ目の事例が『マインクラフト』です。3Dのブロックで構成された仮想空間の中で、自由に冒険や建築をしたりして楽しめるゲームです。マインクラフトでは草原、山岳、海底といった多種多様な地形が広がっており、メタバース上でプレイヤーが自由に活動できる点が人気に繋がり、世界的なヒットを記録しました。

マインクラフトはブロックチェーン技術の取り込みに積極的です。デジタル資産の発行プラットフォーム「Enjin platform(エンジン・プラットフォーム)」は、マインクラフトの提供元であるマイクロソフトと連携して、マインクラフト上でのデジタル資産の導入、開発を進めています。

フォートナイト

『フォートナイト』は、複数人のユーザーとバトルロワイアルを楽しめるオンラインゲームです。ボイスチャットの機能を用いて友達と会話しながらゲームを楽しむこともできます。

コロナ禍で家の中で時間を過ごすことが多くなった昨今、フォートナイトは友達とのコミュニケーションの場としてのメタバースとなっています。加えて2020年8月7日には人気シンガー・ソングライターである「米津玄師」のライブイベントが、フォートナイトの仮想空間の中で開催され、バーチャルイベントを開催する際のプラットフォームとしても期待されています。

The Sandbox

The Sandbox

引用:The Sandbox

The Sandbox(ザ・サンドボックス)』はボクセルで表現されたメタバースを構築するプロジェクトです。

ユーザーがメタバース上に制作されたゲームで遊んだり、ユーザー同士でコミュニケーションを取ったりすることができるゲームとなっています。

The Sandboxでは、メタバース上で利用できるアイテム、アバター、ゲーム制作に必要な素材、そして「LAND」と呼ばれる土地を、「ETH」や「SAND」というトークンを用いてNFTマーケットプレイス上で売買できます。

コインチェックでは、NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供しており、LANDの購入が可能です!他のNFTマーケットプレイスと違い、「ETH」や「SAND」のみの決済方法ではなく、Coincheckで取り扱っている14種類の暗号資産で決済が可能です。ぜひご利用ください。

Oasis TOKYO

Oasis TOKYO

「Oasis TOKYO」は、コインチェックと『The Sandbox』が共同で制作を進めるメタバース都市です。メタバース上での活動を体験する機会を提供することや『The Sandbox』上でのコミュニティ活動の活性化を目的とし、2022年中に一般公開を予定しています。

「Oasis TOKYO」は、”2035年の近未来都市”をコンセプトにしたメタバース×NFTのコミュニティ拠点です。日本を連想させる象徴的な街並みの中に美術館やステージなどのイベント施設を設置し、さまざまな分野のアーティストとファンとの交流や企業のコミュニティ育成の場として活用してもらうことを目指しています。

VARP

VARP

引用:VARP - PARTY

「VARP(ヴァーチャル・パーク・システム)」は仮想空間上であらゆるイベント体験を可能とするプラットフォームです。日本を活動の中心にしつつもニューヨーク、台湾とグローバルに展開するクリエイティブ集団「PARTY」によって制作されました。

コロナ禍においてリアルイベントの開催が難しい状況にある中、VARPを使用することによって仮想空間上でアーティストがファンへ自分の作品を届けることができます。

VARPを用いたイベントとしては、人気アーティストである「RADWINPS」が2021年7月16日から18日にかけて行ったバーチャルライブ「SHIN SEKAI nowhere」が話題になりました。

Horizon Workrooms

先ほども紹介しましたMeta(旧Facebook)の「Horizon Workrooms(ホライゾン・ワークルームズ)」について、再度メタバースの事例として紹介いたします。

Horizon Workroomsは、CGで作成された仮想空間上で会議やセミナーを開くことができるサービスです。

ユーザーは原則VRデバイスの「Oculus Quest 2」を使用してメタバースに入り込みますが、必要に応じてこれまでのオンライン会議のような音声、ビデオ通話形式でも参加できるようです。

コロナ禍においてはメタバース上で会議を行うことで、飛沫感染や接触のリスクを考えずに会議に集中できます。またHorizon Workroomsの性質上、直接対面しているような感覚で密なコミュニケーションを取ることができます。

Decentraland(ディセントラランド)

Decentraland

引用:Decentraland

Decentralandは、イーサリアムブロックチェーンを基盤にして開発されたメタバースプロジェクトです。

ユーザーはDecentraland内に建設されている施設を楽しむことができるほか、仮想空間内の土地であるLANDを購入し、その上に自分のコンテンツを作り上げることもできます。また、自身が作成したコンテンツを売却して利益を得ることも可能です。

過去にはコカ・コーラやJPモルガンなどの有名企業ともコラボしており、個人ユーザーだけでなく企業からも大きな注目を集めているプロジェクトです。

Oasis KYOTO

Oasis KYOTO

次に、Decentralandのメタバースを活用したプロジェクト「Oasis KYOTO」を紹介します。

『Oasis KYOTO』は、コインチェックが『Decentraland』のLANDに建設中(2022年に一般公開を予定)のメタバース都市です。”2035年の近未来都市”をコンセプトにした「メタバース×NFT」のコミュニティ拠点で、神社仏閣など日本の古都を連想させる街並みになっています。

Oasis KYOTOではファッションや音楽、アートを中心に多彩なイベント施設を設置し、さまざまな分野のアーティストとファンとの交流や企業のコミュニティ育成の場として活用してもらうことを目指しています。

Oasis KYOTOには、神社仏閣や出店など京都の街並みを連想させる多彩なイベント施設があり、一人で散策したり、世界中のユーザーと交流したりして楽しむことができます。

メタバースの始め方

メタバース

メタバースに興味を持っている人の中には、「どうやって始めたらいいのかわからない…」という方もいらっしゃるかもしれません。

メタバースは、以下の3ステップで簡単に始められます。

  • ①メタバースサービスに登録する
  • ②暗号資産取引所に口座を開設する
  • ③MetaMaskをインストールする

どのような内容なのか、ひとつずつ見ていきましょう。

①メタバースサービスに登録する

最初に、目的のメタバースサービスに登録しましょう。

登録に必要な作業やものは、サービスによって異なります。例えば『The Sandbox』の場合、以下の2ステップで簡単にゲームを始めることができます。

  1. アカウント作成
  2. エディターのダウンロード

The Sandboxの始め方について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

②暗号資産取引所に口座を開設する

メタバースの中には、サービス利用料の支払いやアイテム(NFT)の売買などに暗号資産を利用するものが多くあります。そのため、そのようなメタバースを利用する際には、事前に暗号資産取引所に口座を開設しておく必要があります。

Coincheckでは、以下の2ステップで簡単に口座開設ができます。

  • 1.アカウント作成をする
  • 2.本人確認を行う

口座開設はスマートフォンのアプリまたはパソコンのブラウザから行うことができます。

口座開設のやり方について詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

③Metamaskをインストールする

暗号資産取引所での口座開設が終わったら、次は暗号資産を保管するためのウォレットを用意しましょう。

暗号資産のウォレットにはさまざまな種類がありますが、特に多くのユーザーに利用されていて知名度が高いのは、Webブラウザの拡張機能やスマホアプリとして利用できる「Metamask(メタマスク)」です。

MetaMaskは暗号資産だけでなく、メタバースゲームなどで手に入れたNFTも保管することも可能です。誰でも無料で使えるので、メタバースの利用を考えている方はぜひインストールしておきましょう。

メタバースに関するQ&A

メタバースに関するよくある疑問を、Q&A形式でご紹介します。

Q.メタバースとは何ですか?

A.メタバースとは、「インターネット上に構築された三次元の仮想空間」です。

メタバースでは現実世界と同じようにさまざまな建物が立ち並び、ユーザーは自身の分身である「アバター」を使って、好みの服や靴、帽子などのアイテムを着用し、自由に空間内を散策したり、他のユーザーとコミュニケーションをとったりして楽しむことができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

Q.メタバースのメリットは何ですか?

A.メタバースのメリットとしては、主に以下の3つが挙げられます。

  • 仮想空間の中で新たなエンターテインメント体験ができる
  • 世界中の人とリアルタイムで繋がれる
  • ビジネスチャンスが広がる

詳しくはこちらをご覧ください。

Q.メタバースの活用法(できること)を教えてください。

A.メタバースの活用法としては、主に以下の4つが挙げられます。

  • ゲーム
  • リモート会議
  • ショッピング(バーチャルショップ・メタバースEC)
  • イベント・ライブ

詳しくはこちらをご覧ください。

Q.メタバースの始め方は?

A.メタバースは、以下の3ステップで簡単に始められます。

  1. メタバースサービスに登録する
  2. 暗号資産取引所に口座を開設する
  3. MetaMaskをインストールする

詳しくはこちらをご覧ください。

NFTや暗号資産の購入はCoincheckがおすすめ

The Sandbox

経済圏をもったメタバースが発展するには、NFTブロックチェーンとの相互作用が重要になってくるでしょう。
そこで、NFTや暗号資産を取引したい場合は、「Coincheck NFT(β版)」がおすすめです。

コインチェックは国内初となる暗号資産交換業者が運営するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供しています。

「Coincheck NFT(β版)」は、従来のNFT取引において課題となっていた、ネットワーク手数料(Gas代)の高騰や複雑な取引方法などの課題を解決したNFTマーケットプレイスです。

Coincheckの口座をお持ちの方はどなたでも、NFTの出品・購入・保管が可能であり、出品・購入にかかるネットワーク手数料(Gas代)は無料でご利用いただけます。

ぜひNFTや暗号資産の購入を検討されている方は、「Coincheck NFT(β版)」やCoincheckをご利用ください。

※Coincheck NFT(β版)は、Coincehckの口座開設が完了している方のみ利用できます。口座開設がまだ完了していない場合はこちらをご覧ください。

執筆プリズム

コインチェックで暗号資産デビュー。その後、メタバースゲーム「The Sandbox」の翻訳担当や暗号資産系メディアでのライター・リサーチャーとして活動を開始。現在もクリプト領域のリサーチを継続しつつ、暗号資産にまつわるデータ解析やオンチェーン分析も行っている。ネット文化全般に詳しい。 Twitter :@prism_cryptos