Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Coincheck(コインチェック)に関する記事一覧です。Coincheckのサービスやアプリなどに関する情報が掲載されています。

カテゴリー: Coincheck Tips

2020-06-26Coincheck Tips

Coincheckのアプリは、投資の初心者でも使いやすいことで知られています。特に各通貨のチャートは、見やすいことで初心者から上級者まで多くの人に定評があります。 Coincheckアプリのチャートの特徴は大きく3つありますので、それぞれの違いを理解しましょう。 Coincheckのチャートの特徴や見方 1. 線チャートとローソク足の2種類がある 1つ目が「線チャートとローソク足の2種類がある」点です。 線チャートは、価格の変動を線で結んだ初心者にも見やすいチャートです。一方ローソク足は、株式投資やFXなどでも利用されている一般的なチャートです。 Coincheckのアプリでは、好きなチャートを選択して表示することができ、自分なりにカスタマイズできるのが魅力です。 2. 細かい時間帯表示ができる 2つ目が「細かい時間帯表示ができる」点です。 線チャートでは、1時間・1日・1週間・1月・1年の単位で表示できます。ローソク足では、5分・15分・1時間・4時間・1日の単位で表示できます。 こちらもCoincheckのアプリでは、自分の投資スタイルに合わせた表示の仕方を選ぶことができます。 3. JPY建てとBTC建ての表示ができる 3つ目が「JPY建てとBTC建ての表示ができる」点です。 日本円建てでのチャート表示はもちろんのこと、ビットコイン建てでの表示もできます。そのためアルトコインをビットコイン(BTC)で購入する場合など、仮想通貨を頻繁に取引する人には便利と言えます。 Coincheckのウィジェット機能とは? ウィジェット機能とはアプリを起動しなくても、スマホのホーム画面で情報を見ることができる機能です。ホーム画面もしくはロック画面を右にスワイプして見ることができる、ニュースや天気予報などもウィジェット機能の一例です。 Coincheckのウィジェット機能を利用することで、アプリを開かなくても各仮想通貨の価格を確認することができます。Coincheckで取り扱っている銘柄のレートの確認が可能なので、アプリを開かなくても一目で価格を確認することができます。アプリを起動する時間を短縮できるため、いつでも手軽に価格を確認できます。 仮想通貨は価格の激しい投資対象として知られています。ウィジェット機能はリアルタイムで価格変動が表示されますので、忙しい朝の時間や仕事の休憩時間などの、ふとしたときの価格チェックに便利です。 Coincheckのウィジェット機能の見方 Coincheckアプリのウィジェット機能は、一度設定してしまえばあとは常にホーム画面から左にスワイプするだけで確認することができます。 見方はいたってシンプルで、価格の変動はリアルタイムで表示され前日比でプラスの場合には緑色、マイナスの場合には赤色で表示されます。 iOSアプリに表示されるウィジェットは下記の通りです。 通貨 チャート(直近24時間を表示) ※ミニチャートは参考値なので、詳細はアプリを起動してご確認ください。 現在のレート 騰落率(24時間比で算出) ▲:騰落幅が昇順ソートされる ▼:騰落幅が降順ソートされる アプリと同じ並び順 その時間でのレート表示のみとなっていますので、詳しいチャートを見たい場合は、各銘柄をタップしてアプリを起動しましょう。 Coincheckで取り扱いのある銘柄は、全部で以下の12種類(2020年4月現在)です。 BTC→Bitcoin(ビットコイン) ETH→Ethereum(イーサリアム) ETC→Ethereum Classic(イーサリアムクラシック) LISK→Lisk(リスク) FCT→Factom(ファクトム) XRP→Ripple(リップル) XEM→NEM(ネム) LTC→Litecoin(ライトコイン) BCH→Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ) MONA→Monacoin(モナコイン) XLM→Stellar Lumens(ステラルーメン) QTUM→Qtum(クアンタム) これら12種類の価格はすべてウィジェット機能で表示されます。 Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheck Coincheckのウィジェットを設定する方法 Coincheckのウィジェット機能の設定方法は、いたってシンプルです。 まずCoincheckのアプリをダウンロードしたら、ホーム画面もしくはロック画面を右にスワイプします。スワイプするとニュースや予定、リマインダーなど様々な項目が出てきます。ここで下までスワイプすると「編集」というボタンがあるのでタップします。 編集ボタンをタップすると、「ウィジェットを追加」というウィジェットの設定画面になりますので、ここから「Coincheck」のアプリを探します。アプリを見つけたら左側についている「+」ボタンをタップすることで、設定が完了します。 設定が完了すると、ニュースや予定などの項目とともに、Coincheckの仮想通貨銘柄の価格情報が表示されるようになります。項目の表示される順番も同じく編集からカスタマイズできるので、自分の使いやすいように設定すると良いでしょう。 なお、Coincheckアプリのウィジェット機能を利用するだけでしたらログインは必要ありません。頻繁に取引はしなくともCoincheckのウィジェット機能は利用している、という人も少なくないようです。 Coincheck(コインチェック)ウィジェットの設定方法(iOS・Android) Coincheck iOS端末でもAndroid端末でもウィジェット機能は使える Coincheckアプリは、iOSアプリでもAndroidアプリでもウィジェット機能を使用できます。当初はiOSアプリのみの対応でしたが、現在はAndroidアプリでも利用ができるようになっています。 Androidアプリではスマホの機種により若干異なりますが、基本的にはホーム画面から設定することでウィジェット機能を活用できます。どちらにも共通していることは、ホーム画面からアプリにログインせずに一目で価格を確認できる点です。 スマホを持っている人であればCoincheckアプリは十分に活用できますので、仮想通貨取引に役立ててみてください。 Coincheckアプリのその他の機能 分かりやすいチャート機能や価格変動を確認できるウィジェット機能以外にも、Coincheckアプリには便利な機能があります。 取引所アプリとして「日本円の入出金」「仮想通貨の購入・売却」「仮想通貨の入出金」だけでなく、通貨の売買がシンプルな操作でできるため、初心者にも向いています。 総資産の表示 また「総資産の表示」機能があります。 総資産とは、Coincheckで保有している資産の詳細を表したものです。各通貨のウェイトはもちろんのこと、資産の推移も確認できますので、自分の保有している資産が一目瞭然でわかります。 チャット機能 他には「チャット機能」もあります。 チャット機能とは、コインチェックアプリのユーザー同士で情報交換ができる機能です。リアルタイムでユーザー同士でやり取りができるため、利用している人も多くいます。 プッシュ通知機能 それから「プッシュ通知機能」も便利な機能のひとつです。 プッシュ通知とは、アプリを開いていないときでも情報をお知らせしてくれる機能です。事前の設定が必要ですが、特定の通貨の価格変動を通知してくれるため、日々の取引に役立ちます。 特に仮想通貨は価格変動が激しいため、通知機能を設定しておくことで価格変動のアラート機能としても役に立ちます。 Coincheckの様々な機能の見方のまとめ Coincheckのアプリは様々な種類のチャートやプッシュ通知など、投資スタイルに合わせた機能が多くあります。そのため初心者から上級者まで多くの人に利用される取引所のひとつでもあります。 そんなCoincheckのアプリをより賢く使うためには、まずはウィジェット機能を設定すると良いでしょう。ウィジェット機能を利用すれば、アプリを起動せずに通貨のチャートを一目で確認することができます。 Coincheckで取り扱いのある通貨はすべて確認することができ、緑と赤のカラーも一目で分かりやすくなっています。設定も簡単ですのでスピーディに仮想通貨取引を行うためにも、ウィジェット機能を活用してみましょう。 これからCoincheckに口座を開設しようと考えている人や利便性の高い仮想通貨のウィジェット機能を探している人はぜひ参考にしてみてください。

2020-01-22Coincheck Tips

Coincheckはビットコイン(BTC)だけでなく、アルトコインも豊富に取り扱っている仮想通貨の取引所です。 外国籍の方のなかには、Coincheckで仮想通貨の取引を行いたいと考えている人もいるでしょう。そこで今回は、外国人が新規登録する場合の手続きや注意点などについて解説します。 Coincheckの無料登録はこちら 外国籍の方のCoincheckの登録方法 Coincheckには、日本在住の外国人でも登録することが可能です。外国籍の方の登録方法は、日本人の場合の登録方法と大きな違いはありませんが、一部異なる点があることには注意が必要です。 まずCoincheckで口座開設を行うためには、下記の3つのステップが必要になります。 1. Coincheckのアカウント登録 仮想通貨の取引所・販売所である「Coincheck」の口座開設には、アカウントの登録が必要です。 アカウント登録の方法には、下記の2種類があります。 ・メールアドレス、パスワードの登録 Coincheckのサイトから、メールアドレス・パスワードを登録します。パスワードはセキュリティの関係上、半角英数字を交ぜて入力します。数字のみ、アルファベットのみでの設定はできません。 メールアドレスとパスワードを入力したら、画面内の「アカウント作成」ボタンを押してください。登録したメールアドレス宛に、メールが送信されます。 メールに記載されたリンクを押し、メールアドレスが正しいことが確認されたら、アカウント登録は完了となります。 ・Facebookアカウントで登録 Facebookアカウントを持っている場合は、そのアカウントを使って手軽にユーザー登録ができます。登録画面内の「Facebookで10秒で登録」を押すことで、アカウントが作成できます。作成時に使用したFacebookアカウントにログインしている状態であれば、Coincheckアカウントにログインが可能となります。 Facebookアカウントを使用する上での注意点としては、Facebookに登録したメールアドレスを変更した場合には、Coincheckの登録アドレスを手動で変更する必要があることです。 FacebookとCoincheckの登録メールアドレスは連動していないので、FacebookとCoincheckの2つのアカウントで同一のメールアドレスを使用しないと、Coincheckのログインができません。そのため、Coincheckのメールアドレスを変更するか、Facebookのメールアドレスを元に戻す必要があります。 2. SMS認証(電話番号認証)を行う Coincheckのアカウント登録後に、本人確認を行います。 本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金・送金などができません。すべての機能を使用するために、本人確認の手続きをしておきましょう。 本人確認はまず、SMS認証(電話番号認証)を行います。SMSとは、ショートメッセージサービスのことで、電話番号を宛先に指定して、短いテキストメッセージを送受信するもの。SMS認証とは、このSMSを使って行う本人確認になります。 まずはCoincheckアカウントでログインすると表示される、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押してください。ここから電話番号認証の手続きに入ります。 まずは、登録者の携帯電話番号を入力します。その際、ハイフンの入力は不要です。そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にメッセージが届きます。SMSに送信された「認証コード6桁」の番号を、「送信された認証コード」欄に入力します。 6桁の番号を入力した後、「認証する」を押すとSMS認証が完了となります。 なお、「SMSを送信する」を押してから、15分以上経ってもメッセージが届かない場合は、もう一度「SMSを送信する」を押してください。なお、同一番号へのSMSの送信回数の上限は6回となります。 3. 本人確認書類を提出してはがきを受け取る SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。Coincheckで書類を受領した時点で、作成日・発行日から6ヵ月以内、あるいは有効期限内の書類に限り有効です。 Coincheckの無料登録はこちら Coincheckの本人確認で外国籍の方が必要な書類 日本居住の外国籍の方がCoincheckで口座開設をする場合は、下記の本人確認書類のうちどれかが必要となります。 運転免許証(裏面もご提出ください) 在留カード(裏面もご提出ください) 特別永住者証明書(裏面もご提出ください) 運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(裏面もご提出ください) 個人番号カード(裏面は提出不要です) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類として利用できません 本人確認書類を提出する際には、必要書類を確認しておく必要があります。 Coincheckでは健康保険証は本人確認書類として利用できないことになっており、原則として顔写真付きの証明書が必要になります。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck 外国籍の方がコインチェックに登録する際の注意点 外国籍の方がCoincheckに登録する際の注意点は、2つあります。 1. 電話番号の登録 まず1つ目は電話番号の登録です。 携帯電話のSMSを利用して電話番号を認証します。SMS認証が行える端末での登録となりますので、ご自身の携帯電話がSMS認証できる端末かを確認する必要があります。 2. 本人確認書類 続いて2つ目は、本人確認書類になります。 外国籍の方の場合は、日本の運転免許証やマイナンバーカードをお持ちでない場合もあるかと思います。そのため、在留カード、特別永住者証明書など、代わりとなる本人確認書類をご準備ください。 日本の仮想通貨の取引所に口座開設をするためには、厳格な本人確認を行うことが法律で義務付けられています。本人確認手続きに不備があると何度もやり取りが発生する場合や、口座開設できない可能性があります。 Coincheckで口座開設を行う際には、必要書類を確認した上で登録作業を進めてください。

2020-02-17Coincheck Tips

仮想通貨の取引所によっては、入金から口座に反映されるまでに時間がかかることもあります。 そのため入金から反映までにかかる時間を把握しておけば、仮想通貨を購入したいタイミングを逃すことも少なくなるでしょう。そこで今回はCoincheckの入金反映時間についてご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 Coincheckへの入金方法 1. 銀行振込での入金 2. コンビニ入金 3. クイック入金 1. 銀行振込での入金について 住信SBIネット銀行に入金する場合 住信SBIネット銀行を利用する場合の注意点 りそな銀行に入金する場合 2. クイック入金について 3. コンビニ入金について Coincheckへの入金反映時間に関するまとめ Coincheckへの入金方法 Coincheckへ日本円を入金する場合、選べる方法は3つあります。 「銀行振込での入金」「コンビニ入金」「クイック入金」の3種類になります。それぞれに入金が反映されるまでにかかる時間が異なりますので、違いをご説明します。 1. 銀行振込での入金 銀行振込での入金に関しては、年末年始などを除いた平常時は、全国銀行資金決済ネットワークのモアタイムシステムに参加している銀行からは、24時間お振込みが可能となりました。お振込後、Coincheckによる確認が完了次第、アカウントへ入金が反映されます。 一方、ご利用の銀行がモアタイムシステムに加盟していない場合は、お振込みの翌営業日以降、Coincheckによる確認が完了次第、アカウントへ入金が反映されします。なお、システムメンテナンスの発生等によりアカウントへの反映に時間を要する場合がございます。 ※全国銀行資金決済ネットワークのモアタイムシステムに関してはこちらよりご確認ください。 2. コンビニ入金 コンビニ入金とは、コンビニエンスストア店頭でお支払いいただくことで日本円を入金する方法です。全国のコンビニエンスストアで簡単にお支払いが可能です。 3. クイック入金 クイック入金(ペイジー決済)とは、窓口などに並ぶことなく、ネットバンキング(PC、スマホ)・ATMから料金のお支払いができるサービスです。 金融機関の営業時間に左右されずに、24時間365日決済が可能です。 1. 銀行振込での入金について 銀行振込を利用してCoincheckに入金する場合、まずはCoincheckに口座開設をして、Coincheckのアカウントにログインする必要があります。 ログイン後、メニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選択し、「銀行振込」を選択します。そうすると入金用銀行口座が表示されます。 入金用銀行口座は、「住信SBIネット銀行」「りそな銀行」「GMOあおぞらネット銀行」になります(2019年9月4日時点)。 住信SBIネット銀行に入金する場合 Coincheckの住信SBIネット銀行に振込する場合は、同じ住信SBIネット銀行などのインターネットバンクからの振込であれば、振込における時間的な制約がありません。 住信SBIネット銀行で定期的に行われるメンテナンスのタイミング以外であれば、Coincheck側の入金確認もスムーズに行われます。 しかし、ほかの銀行口座からCoincheckの住信SBIネット銀行に振り込む場合は、振込元銀行の営業時間の影響で反映が遅れる場合があります。 住信SBIネット銀行を利用する場合の注意点 また、住信SBIネット銀行を利用する場合、振込人名義を変更する必要があります。具体的には、ご自身の名前の前に、ユーザーIDの入力が必要です。 IDと名前の間にスペースは必要ありませんが、IDの入力を忘れや付け忘れ、IDと名前の順番が逆になっていると、Coincheck側で確認が必要となるため、反映までに時間がかかる場合があります。 そのため、振込時には正しく入力されているか、確認する必要があります。もしIDの付け忘れなどで振込を行なった場合は、日本円入金のお問い合わせフォームからご連絡ください。 りそな銀行に入金する場合 Coincheckのりそな銀行に入金する場合、ユーザーと同一の名義で振り込めば入金は完了となります。そのため入金完了後にはCoincheckアカウントへ原則スムーズに反映されますが、反映に時間がかかる場合もあります。 また、お一人様毎に指定専用口座が用意されていますので、振込先の口座番号等の間違いがあった場合、Coincheck側で確認が必要となるため、反映までに時間がかかる場合があります。 そのため、入金する際には口座番号の間違いがないように確認する必要があります。 ※現在、Coincheckにおけるりそな銀行お客様専用指定口座の新規発行は停止中です。 2. クイック入金について クイック入金はパソコンや携帯電話、ATMから料金を支払うことができるサービスで、24時間365日決済することができます。ペイジーを利用して、インターネットバンキングやATMで日本円を入金する方法です。 手順としては銀行振込と同様に、アカウント画面から「ウォレット」→「日本円の入金」を選択し、「クイック入金」のタブをクリックします。その後、氏名や入金金額などの必要項目を入力し「決済申請」をクリックすると「決済番号」が表示されます。 決済番号を取得したら、インターネットバンキングやATMからペイジーを利用して決済を完了すると、Coincheckアカウント内に入金が反映されます。 銀行振込と比べて反映時間が短いのが特徴です。ただし、通常の銀行振込よりも手数料が高くなります。 詳しくはこちら:クイック入金での入金方法 3. コンビニ入金について コンビニ入金は、コンビニにある端末を利用して店頭で支払い行い、入金するという方法です。 コンビニ入金の場合も、銀行振込やクイック入金と同じく、まずはメニューの「ウォレット」→「日本円の入金」を選択し、「コンビニ入金」を選択します。 次に氏名や入金金額などの必要項目を入力し、「決済申請」をクリックすると支払い先のコンビニ選択画面になりますので、入金先のコンビニを選択して「次へ」をクリックします。 そうすると決済時に必要な決済番号(企業コード、注文番号)が表示されますので、選択をしたコンビニで支払いを行います。決済が完了しましたらCoincheckアカウント内に入金が反映されます。 対応しているコンビニエンスストアは、「ファミリーマート」「ローソン」「ミニストップ」「セイコーマート」になります(2019年9月4日時点)。 コンビニ入金もクイック入金同様、銀行振込と比べて口座への反映時間が短いのが特徴です。ただし、通常の銀行振込よりも手数料は高くなります。 詳しくはこちら:コンビニ支払いでの入金方法 Coincheckへの入金反映時間に関するまとめ 銀行振込は振込元の銀行や、振り込むタイミングによって入金反映まで時間がかかる場合があります。一方、クイック入金やコンビニ入金は決済が完了すれば銀行振込よりも早く口座に反映されますが、手数料は高くなります。 以上のように入金方法は3つありますので、時間的な余裕を持つために予めアカウントに資金を準備しておいたり、状況に応じて一番最適な入金方法を選択してみてください。

2020-07-13Coincheck Tips

仮想通貨の取引所が提供しているサービスは、各取引所によって特徴があります。 仮想通貨の取引を行うにあたっては、様々な便利な機能やサービスがありますが、今回はCoincheckが提供しているアプリの「ウィジェット」機能について紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら コインチェックアプリのウィジェットとは? ウィジェットは、スマートフォンのホーム画面などからアプリの内容などを見ることができる、アプリのショートカットの機能になります。一般的なウィジェットには、例えば天気予報や株価情報などがあります。 ウィジェット機能を使うことにより、アプリを起動しなければ確認できない情報が、アプリを開くことなくホーム画面や通知センターなどで確認することができるようになります。画面ロック解除の必要がなく、情報を見ることができる便利な機能です。 Coincheckのアプリもウィジェットに設定することができます。ウィジェットに設定すると、Coincheckで取り扱っている仮想通貨の価格をウィジェットに表示させることができます。仮想通貨の価格が気になるときに、すぐに価格を確認することができるため、仮想通貨を取引する際にも役立ちます。 Coincheckのウィジェット機能を利用するには、Coincheckのアプリをスマートフォンにダウンロードする必要があります。ただし、利用しているスマホが「iOS」「Android」のどちらかによって、設定方法、利用方法が異なりますので、それぞれの使い方をご紹介します。 コインチェックアプリ(iOS)のウィジェットの設定方法 iOS端末でのコインチェックアプリのウィジェット設定は、「通知センター」から行います。 通知センターとは、ホーム画面もしくはロック画面が表示されているときに、通知を見ることができるものです。画面左端から右向きにスワイプすると表示されます。 通知センター画面への表示方法 通知センター画面を下方向にスクロールすると「編集」という表示が出てきます。そちらを選択すると、ウィジェットに設定可能なアプリの一覧が表示されます。 そこで「Coincheck」を選び、左側にある「+」のマークをタップすれば、ウィジェットの設定は完了になります。こうしてウィジェットに設定されたアプリは、通知センター画面で確認できるようになります。 ウィジェットの順番の変更方法 通知センターに表示されるウィジェットには順番があり、通常は天気予報などが上部に設定されています。 ウィジェットの順番を並び替えるためには、編集画面でCoincheckアプリをウィジェットに設定した後に、「Coincheck」欄の右端を長押しします。 そうすると順番を変えることができるようになりますので、通知センターにおける順番を1番上あるいは2番目に設定しておけば、気になる仮想通貨の価格をすぐに確認することができるようになります。 Coincheckの無料登録はこちら コインチェックアプリ(iOS)のウィジェットの使い方 Coincheckのウィジェットでは、Coincehckの取り扱い仮想通貨の価格を一覧として確認することができます。2020年4月時点においては、Coincheckで取り扱っている仮想通貨は12種類です。 ビットコイン(BTC)をはじめとして、リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・イーサリアムクラシック(ETC)・リスク(LSK)・ファクトム(FCT)・ネム(XEM)・ライトコイン(LTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)・クアンタム(QTUM)などの取引が可能です。ウィジェット機能を使うことで、これらの価格が表示されるようになります。 最初の設定では一覧の一部のみ表示されていますので、ウィジェットの右上にある「表示を増やす」をタップすれば、すべての通貨の価格が表示されます。 OSアプリに表示されるウィジェットは下記の通りです。 通貨 チャート(直近24時間を表示) ※ミニチャートは参考値なので、詳細はアプリを起動してご確認ください。 現在のレート 騰落率(24時間比で算出) ▲:騰落幅が昇順ソートされる ▼:騰落幅が降順ソートされる アプリと同じ並び順 また、表示される価格の横には、24時間前の価格からの上昇率、下落率の変動率も一緒に表示されます。これを見れば、気になる通貨が「前日より値上がりをしているのか」「値下がりをしているのか」などを簡単に確認することができます。 さらに、ウィジェットで表示されている通貨をタップすると、Coincheckのアプリが起動します。タップした通貨のチャート画面がアプリですぐに表示されますので、ウィジェットで価格を確認してから取引をはじめることもできます。 コインチェックアプリ(Android)のウィジェットの設定方法 Android端末でウィジェット機能を利用する場合は、アプリのダウンロードを行なった後、まずはホーム画面上の何も表示されていない部分を長押しします。 そうすると下部にウィジェットが表示されます。そちらをタップすると設定できるウィジェットが表示されますので、そこから「Coincheck」を選択すれば設定は完了です。 アプリをたくさんダウンロードしている場合は、画面上部にある「ウィジェットを検索」を選択し、「Coincheck」と入力すればアプリを探すことができます。 「価格リスト」「QRスキャナー」が表示されたら、価格リストをタップすれば設定が完了し、ホーム画面にウィジェットが表示されます。 コインチェックアプリ(Android)のウィジェットの使い方 Android端末においても、基本的にはiOS端末のウィジェットの使い方と変わりません。Coincheckで取り扱われている仮想通貨の一覧と、それぞれの価格および24時間前の価格との変動率が表示されます。 ウィジェットの表示サイズは変更することができ、画面すべてを使って大きく表示させることもできます。また、小さくすることもできますので、ほかのウィジェットなどと一緒に表示させることもできます。 iOSアプリと同様、ウィジェットの通貨をタップすればCoincheckのアプリが起動して、チャートを確認したり取引を始めることもできます。

2020-01-21Coincheck Tips

仮想通貨の取引を行う際には、取引価格の確認が必要となります。売買したいタイミングでの価格だけでなく、過去からの価格推移を分析して売買タイミングを決める際に活用したいのが、チャートになります。 そこで今回は、Coincheckのアプリで利用できるチャートについて解説していきます。 Coincheckの無料登録はこちら Coincheckのアプリで確認できるチャートの種類 Coincheckのアプリで確認できるチャートの種類は2種類あります。 1. 線チャート まず1つ目は線チャートになります。 線チャートは、過去からの価格推移が折れ線グラフで表示されており、価格の上下に応じて折れ線が上下する形のチャートです。一目で過去からの価格推移が確認できるため、価格動向の判断に活用することができます。 また、時間の間隔が選択できるようになっています。選択できる時間間隔は1分、5分、15分、1時間、4時間、そして1日になります。 長期的な推移を確認した場合は、1日の線チャートを選び、直近の推移を確認したい場合は、1日よりも短い間隔の線チャートを選びます。このようにCoincheckのアプリでは、お好みに合わせてチャートを切り替えながら取引することができます。 2. ローソク足チャート 2つ目はローソク足チャートになります。ローソク足とは、一の時間間隔での高値と安値を長方形で表示するタイプのチャートです。 価格が上昇した時には、長方形の下が始値、上が終値になります。価格下落時は逆になります。上昇時は緑色、下落時は赤色で表示されます。 長方形の上下に線(ヒゲ)が伸びている場合が多くありますが、上に伸びている先端がその時間帯の高値、下に伸びている線の先端が安値になります。ローソク足も線チャートと同様に、1分から1日の間で切り替えることが可能です。 Coincheckでは様々な仮想通貨のチャートの確認が可能 Coincheckでは多くの仮想通貨の取り扱いがあります。 2019年12月時点での取り扱い仮想通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)、リスク(LISK)、ファクトム (FCT)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)になります。 気になる仮想通貨を選ぶことで、通貨のチャートを確認することができます。各通貨のチャートは同じ見方となっており、縦軸が価格、横軸が時間、左側が過去、右側が現在になります。 ビットコイン(BTC)は取引量が多く、仮想通貨における基軸通貨としての役割を果たしているといわれています。そのため、各仮想通貨のチャートの形がビットコインと似ることもありますが、ビットコイン(BTC)以外の独自の要因で価格が変動することもあります。 独自の要因が生じた場合は、ビットコイン(BTC)との価格連動性が崩れ、独自のチャートの形を形成していくことになります。いくつかの仮想通貨で取引を行う場合は、取引対象通貨のチャートだけでなく、ビットコイン(BTC)のチャートとの関連性も確認しておくと良いでしょう。 Coincheckのアプリでのチャートの見方 Coincheckのアプリでは、線チャートとローソク足チャートで見ることができます。 1. 線チャートの見方 線チャートでは、「折れ線が水平なのか」「右上がりなのか」「右下がりなのか」などを確認することがポイントです。線チャートが水平に近い状態の場合は、価格の変動が小さいことを示しています。 右上がりの場合は価格が上昇トレンドの局面であることを示し、右下がりの場合は価格が下降トレンドの局面であることを示しています。このようにチャートでトレンドを確認することで、現在がどの局面なのか確認することができます。 2. ローソク足チャートの見方 ローソク足チャートの見方のポイントは2つあります。 1つは、長方形の縦の長さに注目することです。縦に長い長方形の場合は、価格変動幅が大きく動いたことを示しており、相場が大きく動いている状態であることが分かります。 もう1つのポイントは、長方形から伸びる線(ヒゲ)の長さに注目することです。線(ヒゲ)が長く上下に伸びている場合は、価格が大きく動いたことを表しています。 長方形の縦の長さが短く、線(ヒゲ)が長く伸びている場合は、相場のトレンドが変わる可能性もあるため注意が必要です。 Coincheckの無料登録はこちら Coincheckのアプリの登録方法 Coincheckのアプリを利用するためには、まずはCoincheckに口座開設する必要があります。Coincheckのアプリは、口座開設完了後にアプリのインストールを行うことで、全ての機能を利用できるようになります。 Coincheckに口座開設完了後、ログインしたら、次は自分のスマートフォンにCoincheck(コインチェック)のアプリをインストールします。アプリはApp StoreあるいはGoogle Playからダウンロードができますので、そちらからインストールボタンをタップして、アプリのインストールを行います。 インストールが完了してアプリを起動させて、Coincheckにログインすることで、アプリの全機能が使える状態になります。アプリではチャートを見ることができるだけでなく、通貨の購入やチャット機能を使ってコミュニティに参加することもできます。 ぜひ一度Coincheckのアプリをダウンロードして使ってみてください。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck

2020-04-16Coincheck Tips

「仮想通貨に興味がある」という人にとって、最初のハードルになるのは取引所選びになります。国内だけでも数多く仮想通貨の取引所があり、どこで取引するのが良いのかすぐには判断できません。 そこで今回は、日本国内の仮想通貨の取引所であるCoincheckのサービスについてご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら Coincheckのサービス一覧 仮想通貨の取引所であるCoincheckでは、ビットコイン(BTC)を含めた仮想通貨の売買が可能です。 Coincheckのアカウントがあれば、日本円を入金して仮想通貨の取引を始めることができます。アルトコイン(ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨)にも対応しており、全部で12種類の仮想通貨を取り扱っています(2020年4月時点)。 また、購入した仮想通貨をほかのウォレットに送金して、自分で管理することもできたり、ほかの取引所やウォレットから仮想通貨を入金することもできます。 他にも、Coincheckでは仮想通貨の取引だけではなく、独自のサービスを提供しています。例えば、ビットコイン決済(Coincheck Payment)や貸仮想通貨サービス(Coincheck Lending)などもあります。 ※現在、Coincheckにおけるビットコイン決済は一時停止中です。 ビットコイン取引所について Coincheckのビットコイン取引所には、2種類の取引方法があります。 現物取引とレバレッジ取引 まず1つ目は、ビットコインの「現物取引」になります。口座に入金したお金でビットコイン(BTC)を購入したり、ビットコイン(BTC)を売却することができます。 次に2つ目は、ビットコインの「レバレッジ」取引になります。口座に入金されている証拠金をもとに、入金額よりも多くの取引が可能になります。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 現物取引は「板取引」と呼ばれる形式で行われます。売り手と買い手がそれぞれ希望する売値や買値を、「板」と呼ばれる画面に書き込んでいくことで取引が成立するものになります。 指値注文と成行注文 また、売買の方法には「指値注文」と「成行注文」と呼ばれる注文方法があります。 板に希望する売買価格を記入して、取引が成立するまで待つ方法を「指値注文」といいます。一方で、売買価格を希望しないで注文する方法を、「成行注文」と言います。 成行注文の場合は、成行の買い注文を出すと、その時に板に記入されている最も低い価格の売り注文に対して、自動で即座に売買が成立します。同様に、成行の売り注文を出すと、最も価格が高い買い注文に対して、自動で即座に売買が成立します。 このように、指値注文は自分の好きな価格で売買できるというメリットを持ち、成行注文は注文と同時に売買が成立するというメリットを持ちます。 アルトコインの売買について アルトコインの売買は「販売所」で行われています。 Coincheckで取り扱っているアルトコインは、「イーサリアム(ETH)」「リップル(XRP)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「ライトコイン(LTC)」「イーサリアムクラシック(ETC)」「ファクトム(FCT)」「ネム(XEM)」「リスク(LSK)」「モナコイン(MONA)」「ステラルーメン(XLM)」「クアンタム(QTUM)」などで、ほかの国内の仮想通貨の取引所では取り扱っていない仮想通貨も取り扱っています。 アルトコインの売買は、売り手と買い手が直接売買するのではなく、Coincheckとの取引になります。板取引とは違って買値や売値を指定する形ではなく、注文時点で提示される買値や売値で取引をすることになるため、注文を出せばすぐに取引が成立します。 Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheck レバレッジ取引について レバレッジ取引は、手持ちの資金よりも大きな取引ができるため、利益を出しやすいというメリットがあります。反面、損失も大きくなる場合があるため、注意が必要な取引になります。 レバレッジ取引では、ビットコイン(BTC)の取引において「借り入れ」をしている状態になります。保有していない日本円あるいはビットコイン(BTC)を利用して取引に参加している形です。 そのため、現物取引とは違うルールがあります。特に重要なのは「ロスカット」です。Coincheckでは証拠金維持率(注文金額と口座内の証拠金の比率)が50%以下になると、自動的に決済が行われます。 急激に価格が変動することがある仮想通貨の取引では、ロスカットで自動的に取引が成立する場合があります。そのため、利益を増やしやすいという特徴がある反面、価格の変動性が高いこともあり、リスクも大きくなることを忘れないようにしましょう。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン決済について Coincheckで購入したビットコイン(BTC)を利用して、買い物をすることもできます。 Coincheckのアプリで、送金先アドレス(QRコード)を読み取ると、すぐに支払いが完了になります。ビットコイン(BTC)での支払いに対応している店舗やネットショップであれば簡単に決済できるため、ビットコインで買い物をしたい時には便利です。 また、Coincheck Paymentを利用することで、個人でもビットコイン決済システムを導入することができます。Coincheck Paymentは、個人で店舗経営をしている人からネットショップを運営している企業様まで、幅広い方を対象にしたサービスです。 SMS認証と本人書類のアップロードで登録ができるため、店舗やネットショップで簡単にビットコイン決済を導入することができます。 ビットコイン決済を受け付ける場合も、店舗やネットショップでビットコインを管理する必要はありません。なぜなら、支払われたビットコインをCoincheckが一時的に受け取り、日本円に換えるシステムだからです。 仮想通貨の価格変動についてもCoincheckがリスクを負担するため、店舗側は変動リスクを心配しなくてもいいのが嬉しいところです。手数料も1%のため、クレジットカードの手数料と比較すると低くなっています。 初期費用や基本利用料も無料ですので、個人で商売をしている人にとっても、導入コストを抑えることができます。ただし、利用するためには、iOSデバイス(iPhoneやiPadなど)を用意する必要があります。 ※現在ビットコイン決済を導入できるCoincheck Paymentは一時停止中です。 貸仮想通貨サービスについて Coincheckの貸仮想通貨サービスでは、Coincheckの口座に保有している自分の仮想通貨を貸し出すことができます。 Coincheck口座内に保有する仮想通貨を一定期間貸し付け、貸付期間が終了次第、Coincheckから貸し出した仮想通貨が返還されます。そしてこの際、利用料として貸し付けた仮想通貨と同じ通貨が、既定の利率で加算される仕組みとなっています。 仮想通貨を取引や決済に利用するだけではなく、資産として長期的に保有することを目的とした人にとっては便利なサービスです。 長期保有をしているだけでも、値上がりする可能性があるのが仮想通貨ですが、Coincheckに貸し付けることで、既定の利率で利益を上げることができるのです。 ただし、貸出している期間中は解約ができなかったり、仮想通貨自体の価格が変動することもあるため、利用する際にはそれらの点には注意が必要です。 コインチェックでできることのまとめ Coincheckには誰でも簡単に利用しやすいシステムやアプリがあるため、仮想通貨取引の初心者に向いている取引所になります。 国内取引所においては、取り扱っているアルトコインの種類も豊富であるため、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨を売買するために利用する人も多くいます。 また、仮想通貨の取引だけではなく、ビットコイン(BTC)による決済システムの導入や、仮想通貨の貸し付けといった独自のサービスも提供しています。 仮想通貨に関心が出てきた方は、まずは現物取引から始めてみて、その後にレバレッジ取引やその他のサービスに触れてみるのが馴染みやすいでしょう。 Coincheckには様々なサービスがありますので、ぜひ自分にあったサービスを利用してみてください。

2020-07-15Coincheck Tips

仮想通貨に興味を持っている人にとって、取引所選びというのは大切です。国内だけでも多くの取引所があるため、迷ってしまう人も多いようです。 取引所を選ぶ基準はいくつもありますが、スマートフォン向けアプリを比較してみる方法があります。そこで今回は、多くのユーザーにダウンロードされているCoincheckのアプリについてご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら コインチェックアプリの登録方法(iOS・Android) まず登録方法としては、自分のスマートフォンにCoincheck(コインチェック)のアプリをダウンロードします。App StoreあるいはGoogle Playからダウンロードできます。 アプリを起動すると、新規登録かCoincheckアカウントでのログインを求められます。すでにCoincheckのアカウントがある場合は、そのままログインできます。 Coincheckのアカウントを持っていない場合は、メールアドレスとパスワードを入力して登録を進める必要があります。もしくは、Facebookアカウントを持っている場合は、そのアカウントを使ってユーザー登録・ログインができます。 そうしてCoincheckアカウントでログインすれば、すぐにアプリを利用できるようになります。 コインチェックアプリの機能一覧(iOS・Android) Coincheckのアプリにはさまざまな機能があります。 仮想通貨のチャート アプリを開くとまず仮想通貨のチャート画面が現れます。 気になる通貨をタップすると、詳細なチャートが表示されます。こちらではCoincheckで取り扱っている仮想通貨の現在の価格と推移を確認することができます。 線チャートとローソク足チャート また、チャート画面にはいくつか種類があります。チャートの表示に関しては「線チャート」と「ローソク足チャート」を選ぶことが可能です。 線チャートは、名前の通り価格の推移が線で表現されたものとなっています。ローソク足チャートは、株式市場やFX市場などで利用される人気のあるチャートのひとつになります。 ローソク足チャートは線チャートよりも情報量が多いですが、使い方のコツを覚える必要がありますので、初心者は線チャートで価格を確認する方が良いでしょう。 日本円ベースとビットコインベース さらに、アルトコイン(ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨)のチャートに表示される価格についても選択でき、「日本円ベース」と「ビットコインベース」で選ぶことが可能です。1単位あたりの価格を日本円で表すものと、ビットコイン(BTC)で表すものから選択することができます。 そして、表示されるチャートの範囲(期間)も変更可能となっています。長期的投資あるいは短期的投資など、さまざまな投資手法に合わせてチャートの確認をすることができます。 チャートが確認できる仮想通貨の種類 2019年6月時点では、チャートが確認できる仮想通貨はCoincheckでは全部で12種類です。ビットコイン(BTC)をはじめとして、様々なアルトコインのチャートを確認できます。 イーサリアム(ETH)・イーサリアムクラシック(ETC)・リスク(LSK)・ファクトム(FCT)・リップル(XRP)・ネム(XEM)・ライトコイン(LTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)・クアンタム(QTUM)などがあります。 仮想通貨の購入 これらの仮想通貨をアプリから購入することもできます。チャート画面の下にある表示から、チャート画面が出ている通貨の売買画面に移動可能です。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 仮想通貨のセキュリティ また、Coincheckアプリには画面ロック機能や指紋認証(対応機器での利用のみ)を設定することができます。 大事な資産を扱うアプリですので、セキュリティ設定をきちんとすることで安心して利用できるのも魅力的です。 Coincheckの無料登録はこちら コインチェックアプリへの入金方法(iOS・Android) Coincheckのアプリで入金を行う場合、入金方法は3種類あります。銀行振込・クイック入金・コンビニ入金になります。 アプリを通じて入金する場合、アプリ画面の一番左上側にある表示をタップしてメニュー画面を呼び出します。そこから「日本円の入金」を選択すると、振込先となるCoincheckの口座番号が表示されます。 そうして表示された口座宛てに振込を行えば、入金が完了します。ただし、住信SBIネット銀行に振込する場合は注意が必要で、振込名義人を「ユーザーIDユーザーネーム」で入力しなければいけません。 ユーザーIDの入力を忘れると、口座への反映が遅れたり全く反映されなかったりする場合があります。そうした場合でも、お問い合わせフォームから連絡すれば入金を確認してもらえます。 しかし、確認に時間がかかってしまうこともありますので、あらかじめ名義人の入力には注意しておきましょう。 コインチェックアプリでの仮想通貨の購入方法(iOS・Android) コインチェックアプリで仮想通貨を購入するためには、購入したい仮想通貨のチャート画面から、購入画面に移動します。チャート画面の下部にある「購入」の表示をタップすると、選択していた仮想通貨を購入する画面に移動します。 もしくは、アプリの「メニュー」画面から「コイン購入」を選択します。コイン購入をタップすると仮想通貨の購入画面になります。 そこで購入したい仮想通貨を選択し、購入画面になったことを確認して、購入したい仮想通貨の数量を入力すれば購入完了になります。購入できたかどうかは、メニューの「総資産」を選択すれば確認できます。 コインチェックアプリからの仮想通貨の送金方法(iOS・Android) コインチェックアプリでは、ビットコイン(BTC)の送金も可能です。ビットコイン(BTC)を送金するには、まず宛先となる送金相手のウォレットのアドレスが必要になります。 アドレスは手動で打ち込むことも可能ですが、打ち込み間違いがあった場合、違う相手にビットコイン(BTC)が送られてしまいますので、QRコードで発行されたアドレスを読み取る方法が安全です。 実際の操作としては、アプリのメニューから「送金」を選択して送金画面に移動します。そうすると画面左上にQRコードのマークがありますので、そちらをタップして送金先アドレスのQRコードを読み取ります。 宛先欄にアドレスが表示されていれば、QRコードの読み取りができている状態です。こうして宛先が決まったら、あとは送金する金額を入力して「送金する」をクリックすると、送金ができます。 なお、送金金額は「日本円レート」と「ビットコインレート」から選択可能になります。ビットコインレートで金額を入力する場合、金額入力欄の下に日本円でのレートも表示されます。 金額を入力したら、画面の一番右上にある「送金」を選択すれば送金は完了です。 送金機能は、個人間だけではなくビットコイン決済を含む仮想通貨決済に対応した店舗での支払いなどにも利用できますので、様々な場面で活用できる機能になります。 コインチェックアプリの使い方のまとめ(iOS・Android) Coincheckのアプリは、使いやすいという評判があります。余計な機能を付けるよりもシンプルな操作性を追求しているためです。 誰でも簡単に操作ができるため、初心者にも使いやすいアプリになっています。シンプルながらも、2種類のチャート画面を見比べることができたり、直接送金操作ができたり、機能面も充実しています。 「仮想通貨って難しそう…」と思っている人にこそ利用しやすいアプリですので、「これから仮想通貨取引をはじめよう」と考えている方は、ぜひ一度アプリストアでチェックしてみてください。

2020-03-25Coincheck Tips

仮想通貨の取引においては、各種サービスを利用するときに、入金手数料や出金手数料などがかかります。 また、取引の状況によっても発生する手数料が違いますので、Coincheckにおける手数料について、具体的な内容と手数料の額についてご説明いたします。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 Coincheckの無料登録はこちら 入金手数料とは? 入金手数料とは、仮想通貨の販売所・取引所に日本円を入金する際の手数料のことです。Coincheckでは銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類の入金方法があります。 <銀行振込の入金手数料> 無料(ただし振込手数料は利用者負担) <コンビニ入金の入金手数料> 日本円の入金額が30,000円未満:770円 日本円の入金額が30,000円以上30万円以下:1,018円 ※1回あたりの入金上限額は30万円 <クイック入金の入金手数料> 日本円の入金額が30,000円未満:770円 日本円の入金額が30,000円以上50万円未満:1,018円 日本円の入金額が50万円以上:入金額×0.11%+486円 出金手数料とは? 「出金手数料」とは、仮想通貨の販売所・取引所から、日本円を出金するときにかかる手数料のことです。 Coincheckの口座から日本円を出金するときの出金手数料は、1回につき407円となります。日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。 取引所手数料とは? 取引所手数料とは、仮想通貨の取引を行う「取引所」において発生する手数料のことです。Coincheckの場合、取引所手数料はキャンペーン適用により無料となります(2018年10月時点)。 スワップ手数料とは? レバレッジ取引とは レバレッジ取引とは、口座に入れた現金を証拠金として、その何倍もの仮想通貨を売買する取引のことです。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 レバレッジ取引にかかる手数料が、スワップ手数料と呼ばれています。 スワップ手数料は、取引が成立した約定時にかかります。その後、レバレッジ取引で仮想通貨を保有したままでいると、24時間ごとにスワップ手数料がかかります。 Coincheckのレバレッジ取引では、買いを「ロング」、売りを「ショート」と呼びます。それぞれ、スワップ手数料が異なります。 <スワップ手数料> ロング:取引約定金額(円)×0.04% ※新規約定時および繰越し時(新規約定時から24時間ごと) ショート:取引約定数量(BTC)×0.05% ※新規約定時および繰越し時(新規約定時から24時間ごと) Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨の入金手数料とは? 仮想通貨の入金手数料とは、ほかのウォレットや取引所の口座から、Coincheckの口座に仮想通貨を入金する際にかかる手数料です。入金のみであれば無料となります。 仮想通貨の送金手数料とは? 仮想通貨の送金手数料とは、Coincheckの口座に保有している仮想通貨を、ほかのウォレットや口座に送る際にかかる手数料です。Coincheckユーザー間の送金手数料は無料となります。 <送金手数料> ビットコイン(BTC):0.001BTC リップル(XRP):0.15XRP イーサリアム(ETH):0.01ETH イーサリアムクラシック(ETC):0.01ETC リスク(LSK):0.1LSK ファクトム(FCT):0.1FCT ネム(XEM):0.5XEM ライトコイン(LTC):0.001LTC ビットコインキャッシュ(BCH):0.001BCH モナコイン(MONA):0.001MONA ステラルーメン(XLM):0.01XLM Coincheckが選ばれる理由 Coincheckでは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。 さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

2020-06-26Coincheck Tips

Coincheckでは、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)、イーサリアム(ETH)など、豊富なバリエーションの仮想通貨を取り扱っています。 それぞれの取扱コインの特徴について確認しておきましょう。 Coincheckの無料登録はこちら Coincheck取扱コインの特徴 Coincheckで取り扱っている仮想通貨について、それぞれの特徴をご紹介いたします。 Coincheckでは、現在「BTC」、「ETH」、「ETC」、「LSK」、「FCT」、「XRP」、「XEM」、「LTC」、「BCH」、「MONA」、「XLM」、「QTUM」の、全部で12種類の仮想通貨を取り扱っています(2020年6月時点)。 ビットコイン(BTC) ビットコイン(BTC)は、仮想通貨に興味がない人でも、その名称ぐらいは聞いたことがあるほど高い知名度があり、仮想通貨の代名詞ともいうべき存在です。 ビットコイン(BTC)は、2008年に考案された暗号技術を利用した仮想通貨です。どの国家や組織にも支配されない「非中央集権」の通貨を作るという理想のもとに、ビットコイン(BTC)は開発されました。ブロックチェーン技術を基盤とするしくみによって、価値の担保を行っています。 なお、ブロックチェーン技術とは、ある一定数の取引記録が1つのかたまり(ブロック)として管理され、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように管理される技術のことです。 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck リップル(XRP) リップル社(Ripple Inc.)が運営する決済システム・送金ネットワークで使用される通貨を、リップル(XRP)といいます。グローバルに資産をやりとりできることを目標に掲げて開発されました。 国際送金のスピードが速くなることが特徴で、手数料も低コストになるという利便性の高さから、世界中の金融機関で相互送金に活用されていくことが期待されています。 また、Google社をはじめとする数多くの企業が出資していることでも、リップル(XRP)は注目を集めています。 リップル(Ripple/XRP)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 Coincheck イーサリアム(ETH) イーサリアム(ETH)は、幼少期から数学や経済学に才能を発揮し、ビットコイン(BTC)の魅力に心酔していた当時19歳の若きロシア系カナダ人、Vitalik Buterinによって考案されました。 イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)よりもさらに進んだ機能を持っており、取引の経緯や契約内容といった細かい情報を記録できる「スマートコントラクト」を採用しています。 簡単にできるイーサリアム(ETH)の購入方法と買い方を解説 Coincheck イーサリアムクラシック(ETC) 2016年6月、イーサリアム(ETH)を使った分散型プラットフォームに対するハッキング事件(The DAO事件)が発生しました。 ブロックチェーンの記録上、この事件について記録の巻き戻しを行った際、その措置に反対した人々が、すべての記録を残しているオリジナルのイーサリアム(ETH)を「イーサリアムクラシック(ETC)」と名付けて保護しました。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck リスク(LSK) リスク(LSK)は、スマートコントラクト機能を持ったプラットフォーム「Lisk」上で、通貨として利用されるコインです。 スマートコントラクトは、特定条件を満たした場合に、プログラミングされた契約が自動的に実行されるというもので、さまざまな契約を自動化できます。 仲介業者を通さず、ユーザー同士が直接取引を行えるため、不正防止や取引速度の向上、コスト削減の可能性があります。 リスク(Lisk/LSK)取引の口座開設から購入方法を解説 Coincheck ファクトム(FCT) ファクトム(FCT)は、「ビットコイン2.0」とも呼ばれ、ブロックチェーン技術をさまざまな用途に応用することを目的としています。 ありとあらゆる書類や記録をブロックチェーン上で管理することができ、印鑑証明のように特定の事実を証明する公証の役割も期待されています。 ファクトム(Factom/FCT)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck ネム(XEM) NEMと表記されるネム(XEM)は、「New Economy Movement(新たな経済運動)」の略称です。 ネム(XEM)のネットワークに貢献した人ほど多くの報酬を得られるしくみとなっており、すべての人に平等に報酬が行きわたり、富の偏重が起こらないことを理想としています。 ネム(NEM/XEM)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck ライトコイン(LTC) ビットコイン(BTC)を「金」とすると、ライトコイン(LTC)は「銀」を目指して開発されました。ビットコイン(BTC)の欠点になりそうな部分を改善して、共存を目指しています。 ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)よりも高速な取引処理が可能で、発行枚数の上限はビットコイン(BTC)のおよそ4倍に設定されています。 ライトコイン(LTC)の購入方法は?買い方と取引方法を解説 Coincheck ビットコインキャッシュ(BCH) 2017年8月1日、ビットコイン(BTC)から分裂して誕生した仮想通貨が、ビットコインキャッシュ(BCH)です。ブロックサイズがビットコイン(BTC)の最大8倍に拡張されたのが特徴です。 ビットコインキャッシュ(BCH)は、利用者の急増などが原因で、送金詰まりや手数料の高騰などの問題が起こっているビットコイン(BTC)の課題を解消することを目的としています。 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck モナコイン(MONA) モナコイン(MONA)は日本で始めて誕生した仮想通貨です。 モナコイン(MONA)は世界で初めて、ブロックチェーン上にある取引データを圧縮する、Segwit(セグウィット)と呼ばれる技術を導入しました。 モナコイン(Monacoin/MONA)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 Coincheck ステラルーメン(XLM) ステラは2014年7月に公開された仮想通貨です。(ステラの正式名称は「ステラルーメン(Stellar Lumens)」) 創設者は世界初のビットコイン取引所であるマウントゴックス社をつくったジェド・マケーレブ氏です。現在の運営元は、非営利団体の「Stellar Development Foundation(ステラ・ディベロップメント・ファンデーション)」が担っています。 2019年11月時点で時価総額10位の仮想通貨で、数千以上あるアルトコインの中で確かな存在感を放っています。 仮想通貨ステラルーメン(XLM)の購入・買い方3ステップ Coincheck クアンタム(QTUM) クアンタムは、2016年に誕生した仮想通貨です。「ビットコインとイーサリアムのよいとこ取りをした仮想通貨」といわれています。 2017年には10億円を超える資金調達に成功しています。創業者であるパトリック・ダイ(Patrick Dai)氏は、アリババ(Alibaba)のリード開発者を務め、フォーブス誌が選ぶ「30歳以下の若手起業家30組」にも選出されています。 簡単にできる仮想通貨クアンタム(QTUM)の購入・買い方 Coincheck Coincheckが選ばれる理由 Coincheckでは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。 また、Coincheckで取扱のある通貨の終値については、取扱通貨の終値一覧から確認することができます。取引履歴をファイルとしてダウンロードすることも可能で、出金・売却・購入・入金などが確認できます。 さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいコインチェックアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never