Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
モナコイン(Monacoin/MONA)に関する記事一覧です。モナコイン(Monacoin/MONA)の基礎知識や購入・取引・口座開設の方法などが掲載されています。

カテゴリー: モナコイン(MONA)

「モナコインは投資以外にも使えるの?」 「モナコインには実用性があるの?」 せっかく購入したモナコイン(Monacoin/MONA)を、投資以外にも便利に賢く活用したいと考えている人は多いのではないでしょうか。 現在、モナコインには国内で4つの使い道があります。 ①オンライン決済に使う ②飲食店や小売店などの実店舗での支払いに使う ③オンライン上の投げ銭として使う ④積立投資に使う このようにさまざまな使い方ができる仮想通貨は珍しく、モナコインの決済スピードが独自の進化を後押ししているのです。 この記事では モナコインの4つの使い道 モナコインが利用できる場所や店舗 など、モナコインは具体的にどのように活用できるのか詳しく説明します。 この記事を読めばモナコインがどのように使えるのか把握でき、賢く活用できるようになるはずです。 ぜひ、モナコインならではの実用性を最大限に活かして、モナコインでの取引を楽しみましょう。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 モナコインの4つの使い道 ①オンライン決済に利用する ②飲食店や小売店など実店舗での支払いに利用する ③投げ銭に使う ④積立投資に使う モナコインがさまざまな使い方をされる3つの理由 決済スピードが速い webサービスとの縁が深い 国内の大手取引所で扱いがある モナコインを使うときの注意点 モナコインを積極的に使うならモバイルウォレットを利用する 入金、送金手数料が発生することを忘れない 価格変動は常にチェックする モナコインは今後も実用化が進む モナコイン決済により実用化が進む 今後、多くの取引所に上場する可能性がある 強みを活かした独自の発展が期待される まとめ モナコインの4つの使い道 冒頭でご紹介したように、モナコインは4つの使い道があります。 早速、どのように利用できるのか見てみましょう。 ①オンライン決済に利用する オンラインで買い物をしたときに、モナコインで支払えるオンラインショップが登場し始めています。 「ビットコインとモナコインの決済可能」というパターンが多く、仮想通貨の代表格であるビットコイン同等の扱いやすさや信頼感を得ていることが分かります。 最近では、モナコインとビットコインで手軽に決済ができるシステム「ZaifPayment」も登場し、オンライン上でのモナコイン決済を後押ししています。 決済ページに用意されている専用URLをクリックすることで、手軽にモナコイン支払いができる仕組みです。 導入店舗一覧は公開されていませんが、決済手数料無料のサービスなので今後登録店舗が増えれば、モナコイン決済ができる店舗もさらに増加するでしょう。 【2020年5月現在モナコインが利用できるオンラインショップ】 店舗名 取り扱い商品 URL ビットコインモール 電気機器・アウトドア、キッチン、ホビー用品など https://bitcoinmall.jp/ コインギフト ギフト券 https://coingift.jp/ ②飲食店や小売店など実店舗での支払いに利用する モナコインは現金と同じように、実店舗での支払いにも活用できます。実店舗で利用するときには「モナ払い」と呼ばれることも。 出典:MONAMAP 2020年5月現在、モナコインが使えるMONAMAPに登録されている店舗は55店舗。上記のマップのように飲食店から宿泊施設、病院や小売業など幅広いサービスで利用できます。 また、コミックマーケットでもモナコイン支払いに対応しているブースが登場しており、現金を持ち歩くことが面倒な場合やお釣りの用意が難しい場合の決済方法としても注目を集めているようです。 【MONAMAP掲載店舗ではモナコイン支払いができるか確認を】 MONAMAPは、一般の人がモナコインを利用できる店舗をまとめたマップです。 現在もモナコインが利用できるか確認が取れていないので、利用前には店舗に連絡をしてモナコイン決済ができるかどうか確認をするようにしましょう。 ③投げ銭に使う モナコインを象徴する使い方と言えば、オンライン上での投げ銭です。 モナコインが誕生した当初から「tipmona」(2019年9月でサービス終了)や「AskMona」(2020年9月でサービス終了予定※現在はAskMona 3.0として運営)といったサービスが開始され、気に入ったクリエイターや賛同する意見の発言者にモナコインを送金するコミュニケーションが行われていました。 現在、モナコインでの投げ銭ができるのは「AskMona 3.0」と「monappy」となっており、ブログや配信、絵画、意見などに投げ銭をすることが可能です。 投げ銭文化は、従来は大道芸人やストリートミュージシャンなど実際に目の前にいる人に向けてのものでしたが、モナコインの登場によって、オンライン上で不特定多数の人を対象とした投げ銭文化が確立されたのです。 「0.00114114(イイヨイイヨ)MONA」や「0.004649(ヨロシク)MONA」など、語呂合わせのモナコインを送金しコミュニケーションを図ることで、モナコイン文化の構築やモナコインファンの獲得にも一役買っています。 一度モナコインを使い投げ銭をしてみたいという人は、「AskMona 3.0」か「monappy」を利用してみましょう。 2020年8月現在モナコインが利用できる投げ銭サイト サイト名 サイトの特徴 サイトのURL monappy オンラインウォレット兼ポータルサイト。ゲーム配信やブログ、お絵かき、写真などに投げ銭ができる。 https://monappy.jp/ AskMona 3.0 掲示板の書き込みや質問、回答に対し、モナコインを投げ銭できる。 https://web3.askmona.org/ ④積立投資に使う モナコインを始め、仮想通貨を積立投資に使えるサービスが登場し始めています。毎月定額の仮想通貨を購入しコツコツ積立ができるため、モナコインを資産として持てるところが特徴です。 複数の仮想通貨を組み合わせて運用する商品や少額から積立できる商品などもあり、仮想通貨の知識が少なくても運用しやすくなっています。 株や国債、不動産などの資産と同じように、将来を見据えた投資対象として仮想通貨が扱われるようになってきていると言えるでしょう。 仮想通貨積立を始める前に知っておきたいメリットと注意点 Coincheck モナコインがさまざまな使い方をされる3つの理由 モナコインがさまざまな使われ方をするのには3つの理由があります。 ①Segwitを実装していて決済スピードが速い ②webサービスと縁が深く根強いファンがいる ③国内大手の仮想通貨取引サービスで扱われている モナコインの使い方とどのような関係性があるのかご紹介します。 決済スピードが速い モナコインは、世界で初めて「Segwit」を実装した仮想通貨です。処理速度が速く、決済に時間がかからないので実用性が高い仮想通貨として注目されています。 多くの仮想通貨はビットコインを手本にしているため、ビットコインと同じような設計となっています。ビットコインにはブロックチェーンと呼ばれる技術が採用されていますが、取引が増えるに連れてデータ容量が足りず、処理能力が下がるという問題が出てきました。 それを払拭したのがSegwitです。ブロックチェーンのブロック内では個々の取引記録の他に電子署名も管理していましたが、Segwitでは電子署名を別の領域で管理することで負荷を減らし処理できるデータ量と決済スピードを向上させることに成功。 ビットコインと同じような設計の仮想通貨が抱えていた問題を改善していることから、実用的で決済にも安心して使えるという印象を与えました。 決済可能通貨としてビットコインと並びモナコインが指名されるのも、構造上扱いやすいという信頼感があるからでしょう。 モナコイン(Monacoin/MONA)とは?日本生まれの仮想通貨の特徴や今後の将来性を解説 Coincheck webサービスとの縁が深い モナコインは2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)内から誕生した仮想通貨で、もともとwebサービスと縁が深い特殊な仮想通貨です。 誕生当初から「もっとモナコインを盛り上げよう」という動きや根強いファンコミュニティがあり、モナコインを積極的に導入しているサービスや実店舗、コミックマーケットでの導入を後押しする動きがありました。 モナコインから誕生した投げ銭文化も、モナコインを利用しコミュニティを盛り上げたいという気持ちの表れでしょう。 このように、モナコインの発展と成長を楽しむファンがいるからこそ、他の仮想通貨よりも実用化が進んでいると考えられます。 国内大手の仮想通貨取引サービスで扱いがある モナコインを使える場所が増えてもモナコイン自体が購入できなければ普及しにくいですが、国内大手の仮想通貨取引サービスでの扱いが増えています。 Coincheckをはじめとする国内大手の仮想通貨取引サービスでも取り扱われているので、誰でも手軽にモナコインを購入し、取引することができます。 モナコインが流通する仕組みが整い始めているところも、決済方法として選ばれる理由の一つでしょう。 Coincheckでのモナコイン購入方法はこちら モナコイン(Monacoin/MONA)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 Coincheck モナコインを使うときの注意点 モナコインを賢く活用するには、モナコインの価値や携帯方法、手数料の3点はチェックしておきたいポイントです。 損をしないためにも、ぜひ参考にしてみてください。 モナコインを積極的に使うならモバイルウォレットを利用する ウォレットはモナコイン用の財布のような役割を果たしてくれるので、厳重な環境下で管理をしながら必要なときに送金ができます。 ディスクトップ型やハードウェア型、モバイル型などさまざまな形態がありますが、モナコインでの決済や決済後の管理、残高確認を頻繫に行いたいならモバイルウォレットを活用するといいでしょう。 スマートフォンやタブレット用のモバイルウォレットを選べば、どこでも決済がしやすくなりモナコインを実用的に使えるようになります。 また、モバイルウォレットによっては随時チャートチェックやモナコインのニュースなどを把握できるものもあり、情報確認をしながら使えるメリットも。 モナコインを有効活用するために、保管方法選びにもこだわってみてください。 仮想通貨のウォレットとは?特徴や種類は? Coincheck 入金、送金手数料が発生することを忘れない 購入したモナコインを取引所などからウォレットに移行する場合には、手数料が発生します。銀行口座から必要なお金を引き出し、お財布に入れる場合と同じ仕組みです。 手数料は取引所により異なるため、取引前に確認しておくのがおすすめ。手数料無料と記載されている場合でも、手数料を含んだ購入価格を提示しているケースもあります。 「使用する分だけウォレットに移行しよう」と頻繫に移行をしていると手数料がかさんでしまう場合があるので、利用する金額と手数料を照らし合わせながら計画的に移行するようにしましょう。 参考: 仮想通貨交換業者が解説!4種類ある仮想通貨手数料について 価格変動は常にチェックする 出典:Coincheck 上記は、モナコインの2020年2月9日から5月9日までのチャートです。このチャートを見ると一目瞭然ですが、モナコインの価値は日々変動しています。 2月18日の終値は296.52円だったのに対し、1ヶ月後の3月18日の終値は116.67円と100円以上下落。短い期間でも仮想通貨を取り巻く環境の変化や世界情勢に合わせて、1MONAの価値は大きく変わります。 そのため、モナコインを買い物や積立投資、投げ銭等で使用したい場合は常に価格変動に目を向けておかないと、損をしてしまう可能性が。 チャートは取引所のサイトやウォレットから確認できるため、モナコインが常にどのような状況にあるのか把握しながら活用しましょう。 モナコインは今後も実用化が進む モナコインは今後実用化が進むにつれ、より一層利用人口が増えていくことが予想されています。今よりも使える店舗や使い道が広がる未来が訪れることも、充分考えられるでしょう。 そこで、最後にモナコインが今後より使われるようになる主な理由を具体的にご紹介します。 モナコイン決済により実用化が進む 第1章「モナコインの4つの使い道」で紹介したように、モナコインはオンラインや店舗、投げ銭などさまざまな決済に利用されています。 これは、モナコインの処理速度の速さが信頼を得ているからです。 モナコインの発行枚数は1億512万枚と、ビットコインの2,100万枚、ライトコインの8,400万枚と比べて圧倒的に多く、決済手段として流通し使えることを後押ししています。 今後、モナコイン決済ができる店舗が増えることで実用化が進めばモナコインの知名度も上がり、需要も高まると考えられます。 今後、多くの取引所に上場する可能性がある モナコインは国内大手の仮想通貨取引サービスで扱われるようになってきましたが、今後さらに国内外の業者で取り扱いが拡大していく可能性があります。 モナコインは国内で23の仮想通貨しか選ばれていないホワイトリストに入っている仮想通貨です(2020年2月時点)。ホワイトリストに入っている仮想通貨は、改正資金決済法で定められた方法に従い、金融庁の登録を受けた仮想通貨交換業者で扱っている仮想通貨を指します。 認可された国内取引所で扱われている仮想通貨は安全性や信頼性が高いとみなされるので、まだ扱いのない取引所でもモナコインの取引を検討するケースが考えられます。 また、2019年5月31日にCoincheckがモナコインの取り扱いを開始することを発表したところ下記のチャートのように価格が高騰したため、新たな取引所で取引を開始するのは価値が上がるチャンスになる可能性も。 出典:BTCFX 国内取引での実績を積み、海外でも上場が進めば取引人口が増えると予想され、まだまだ発展の期待が持てる仮想通貨だと言えるでしょう。 仮想通貨のホワイトリストとは?定義と最新ホワイトリスト一覧 Coincheck 強みを活かした独自の発展が期待される モナコインは誕生当初から根強いファンがいて、webサービスや掲示板と連携しながら独自の発展をしてきました。 今後もwebサービスやオンラインゲームなどの決済通貨として普及していけば、モナコインの必要性や価値は上がっていくと考えられます。 これも2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)から誕生し、現在も根強いファンが存在するモナコイン 独自の可能性といえます。 モナコイン(Monacoin/MONA)の今後は期待できる?将来性はある?特徴から解説 Coincheck モナコインの使い道4選のまとめ いかがでしたか? モナコインがどのように使えるのか把握でき、その背景や今後の動向も理解した上でどのように活用していこうか検討できるようになったかと思います。 最後に、この記事の内容をまとめてみると ◎モナコインの使い道は次の4つ オンライン上の投げ銭として使う 飲食店や小売店などの実店舗での支払いに使う オンライン決済で使う 資産運用のための積立投資に使う ◎モナコインがさまざまな使われ方をする理由は次の3つ 世界で初めて「Segwit」を実装した仮想通貨で、決済スピードが速い 2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)から誕生した仮想通貨で、webサービスを中心に発展し根強いファンがいる 国内大手の取引サービスで扱っているので購入しやすい ◎モナコインを使うときの注意点は次の3つ モバイルウォレットを活用し、どこでも決済できるようにする 入金や送金に手数料がかかるので、利用方法を工夫する 値動きがあることを忘れずに、チャートを常にチェックする 最後にモナコインが今後使われるようになる理由は次の3つ モナコイン決済の実用化が進めば、価値や知名度が上がる可能性がある 今後多くの取引所で扱われるようになれば、信頼感や知名度が上がる 今までと同じように独自の発展ルートでさらにファンを増やしていく可能性がある モナコインを賢く利用しながら、モナコインを取り巻く環境や文化が楽しめることを願っています。

「モナコインの次の半減期っていつ?」 モナコイン(Monacoin/MONA)を買い増ししたい、または保有しているモナコインをベストなタイミングで売却したいと考えている方にとって、モナコインの半減期は気になるポイントかと思います。 結論からお伝えすると、現状のペースであればモナコインの次の半減期は「2020年9月9日午前中」になる見込みです。 この記事では、半減期に関する詳細情報と、半減期に向けて何をすべきなのかについて解説します。 モナコインの半減期が近くまで迫る今、できるだけ早く手を打つことが大切です。 半減期前後の動向をしっかり予測し、事前に適切な対策をしておけば、利益を出したり、または損を最小限に抑えたりすることが可能だからです。では、さっそく見ていきましょう。 また、半減期後のモナコイン価格について気になる方は「半減期後のモナコインはどうなる?」を読んでみてください。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 モナコインの半減期とは?仕組みを解説 そもそもモナコインとは? 半減期とはマイニング報酬が半分になるタイミング 半減期の役割は発行量のコントロール 投資家が半減期に注目すべき理由 次のモナコインの半減期は2020年9月9日頃になる予測 モナコインの半減期周期は約3年半(1,051,200ブロック) モナコインの前回の半減期は2017年7月16日 モナコイン半減期で相場への影響は? 前回の半減期前は価格が上昇 今回も希少性が高まり価格上昇の可能性あり コミケ・オリンピック中止により高騰の期待は薄い モナコイン半減期に向けてやるべきこと 半減期の数ヶ月前から値動きを細かくチェックする 価格が上がった場合・下がった場合の行動を決めておく 半減期後のモナコインはどうなる? 価格変動を繰り返しながら上昇の兆しあり 使用できる場所は徐々に増えている コミケで使えるようになれば需要が高まる可能性あり まとめ モナコインの半減期とは?仕組みを解説 モナコイン半減期の時期や対策についてお伝えする前に、「モナコイン半減期の基礎知識」をお伝えします。 「半減期に向けて、何をするべきか」を考える上で、基礎を理解していることが重要になるためです。 もう十分に理解できているという方は、この章は飛ばして、次の『2. 次のモナコインの半減期は2020年9月頃になる予測 』からお読みください。 そもそもモナコインとは? モナコインとは、日本で初めて生まれた仮想通貨です。 2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の掲示板上でアイデアが生まれ、2ちゃんねるのアスキーアート「モナー」をモチーフにしています。 モナコインは、以下の特徴を持つユニークなコインといえます。 世界で初めてSegwit(セグウィット)を採用し、多くのデータを短時間で処理することが可能 海外送金、ネットショップ、投げ銭などさまざまな形で使われる珍しい存在の通貨 2ちゃんねる(現5ちゃんねる)発祥であり、モナコインを盛り上げるコミュニティが存在する モナコイン(Monacoin/MONA)とは?日本生まれの仮想通貨の特徴や今後の将来性を解説 Coincheck 半減期とはマイニング報酬が半分になるタイミング ユニークな特徴を持つモナコインですが、「モナコインの半減期」とはマイニング報酬が半分になるタイミングのことです。 モナコインには、特定の発行者や管理者はいません。ユーザーがモナコインのマイニング(採掘)を行う、非中央集権型の仮想通貨です。 マイニングによって新しいブロックを生成したユーザーには、報酬としてモナコインが支払われます。 このマイニングの報酬として支払われるモナコインが半分になることを「半減期」といいます。 具体的には、モナコインのマイニング報酬は、最初は1ブロック生成するごとに「50MONA」でした。 それが1回目の半減期で25MONAになり、2回目の半減期で12.5MONAになり、3回目の半減期で6.25MONAとなり…と減っていき、最終的には限りなくゼロに近づいていきます。 半減期の役割は発行量のコントロール このように半減期が設けられている理由は、モナコインの発行量をコントロールするためです。 モナコインには1億512万MONAという発行上限数が定められています。もし半減期がなければ、マイニングが急速に進み、早い時期に発行上限に到達してしまうかもしれません。 世の中の需要を上回る量が流通すればインフレとなります。インフレとなればモナコインの価値が下がるリスクがあり、モナコインにとってネガティブな状況になります。 そこで、モナコインの発行スピードをゆるやかにコントロールするために、半減期が設けられているというわけです。 投資家が半減期に注目すべき理由 半減期は、マイニングを行っていない投資家にとっても、注目すべきタイミングとなります。それは「半減期の前に仮想通貨の価格が上がる」ケースが多いためです。 その理由としては、「半減期を迎える=発行上限が近づいた」ことを示しているので、希少性の高まりを期待して購入する人が増えることが挙げられます。 これは、店頭で販売されている商品でも、「残りわずか!」と言われると、途端に買いたくなる心理に似ています。 例としてビットコイン(BTC)の前回の半減期の状況を見てみましょう。2016年7月10日に半減期を迎えましたが、このときの相場は以下の通りでした。 6月初旬〜月末まで:価格が上昇 7月以降:上下を繰り返しつつ全体的に下降して安定 つまり、2016年7月の半減期では、予測される時期の1ヶ月ほど前に値上げのピークが来て、その後、徐々に値を下げていることがわかります。 さらに詳しく半減期について学びたい方は、以下のページも参考にしてみてください。 仮想通貨の漫画【第10話】ビットコインの半減期とは? Coincheck ビットコインに半減期がある理由と半減期が近い仮想通貨一覧を解説 Coincheck 次のモナコインの半減期は2020年9月9日頃になる予測 本章では「モナコインの次回の半減期」について、具体的に見ていきます。 冒頭でも触れた通り、モナコインが次の半減期を迎える時期は2020年9月9日頃の見込みです。その背景を解説します。 モナコインの半減期周期は約3年半(1,051,200ブロック) モナコインは「1,051,200ブロックごと」に半減期を迎える周期で設定されています。 年数への換算は、マイニングのスピード次第で変動するものの、「約3年半」が目安とされています。 モナコインの前回の半減期は2017年7月16日 モナコインの前回の半減期は2017年7月16日でした。 ちょうど3年半後の日付は2021年1月13日。しかし、今はこれより早いペースでマイニングが進んでいるため、注意が必要です。 最新データでは、2020年9月9日に半減期を迎える見込みとなっています。 出典:モナコイン情報サイト 最終更新:2020-09-08-15:05 ※すべて日本時間です 半減期の正確な時期は、マイニングのペースで前後します。最新情報はカウントダウンページを小まめにチェックしましょう。 モナコイン半減期で相場への影響は? 2020年9月に予想されるモナコインの半減期。相場への影響はどうなるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。 前回の半減期前は価格が上昇 まず、前回の半減期前後の相場を確認します。 2017年7月16日に半減期を迎えましたが、その前後のチャートは以下の通りです。 出典:CoinMarketCap 約3ヶ月前の4月半ば頃から値が上がり始め、2週間前の7月初旬にピークを迎え、その後いったん値を上げてから徐々に下落していったことがわかります。 今回も希少性が高まり価格上昇の可能性あり 2回目となる今回の半減期も、希少性が高まり価格上昇の可能性は十分にあります。 ただ、前回と異なり気になるのは、新型コロナウイルスの影響ではないでしょうか。 そこで、コロナ渦のまっただ中である2020年5月11日(日本時間5月12日)に3回目の半減期を迎えたビットコイン(BTC)の例を見てみましょう。 出典:CoinMarketCap 3月11日のWHOによる新型コロナウイルス感染症パンデミック宣言を受けて、3月12日に世界同時株安となりました。ビットコインも急落しています。 しかしその後、半減期に向けて価格は上昇したことがわかります。 コミケ・オリンピック中止により高騰の期待は薄い 当初は「モナコインの半減期と、コミケやオリンピックの時期が重なることで、急騰もあり得るのでは?」と見立てる人もいました。 残念ながら、両方とも中止になりましたので、大きく値が跳ね上がる可能性は低いでしょう。しかし、急騰の可能性は薄くなりましたが、しっかり準備すべきことには変わりありません。 具体的にやるべきことは、次の章をご覧ください。 モナコイン半減期に向けてやるべきこと モナコインの半減期に向けて、具体的に何をしたら良いのでしょうか。しっかりと見極めて、早めに準備しておきましょう。 半減期の数ヶ月前から値動きを細かくチェックする 半減期に関連する価格の変動は、半減期の数ヶ月前から始まる可能性があります。 次回のモナコインの半減期が2020年9月だとすると、2020年6月〜7月から気を付けて見ておく必要があります。 仮に、前回とまったく同じ値動きで2020年9月3日に半減期を迎えた場合、以下の通りとなります。 参考:CoinMarketCap 2020年6月から徐々に値が上がり始めることも予想され、買うと決めたならできるだけ早く買っておいた方が良いでしょう。 価格が上がった場合・下がった場合の行動を決めておく すでにモナコインを保有している人は、価格が上がった場合・下がった場合の行動をあらかじめ決めておきましょう。 半減期の前後には、大きな価格変動が起きる可能性があります。先にどうするか決めておけば、慌てずに適切な対処ができるでしょう。 価格が●円を上回ったら利益確定(利確)する 価格が●円を下回ったら損切りする と、ルールを決めておくようにします。 その上で、価格が●円を上回ったら(または●円を下回ったら)価格アラートを受け取る設定をしておくと、素早く対応できるのでおすすめです。 半減期後のモナコインはどうなる? 最後に、半減期を迎えた後のモナコインはどうなっていくのか、今後の将来性について、見ていきましょう。 価格変動を繰り返しながら上昇の兆しあり まず、2019年1月〜2020年5月のチャートを見てみましょう。 出典:CoinMarketCap 他の仮想通貨と同様に価格の変動を繰り返しながらも、2020年5月以降は値が上がっていく可能性も考えられます。 ※画像は2020年5月現在のモナコインのチャート。最新情報が知りたい方は出典のCoinMarketCapからチェックすることができます。 使用できる場所は徐々に増えている 仮想通貨は、使用できるシーンが増えるほど価値が上がりやすくなります。 日本国内で決済手段として使える仮想通貨としては、ビットコインの次に多いのがモナコインであるといわれています。 今後も使用できるシーンが増えれば、モナコインの知名度が上がり、保有する人が増えていくでしょう。 モナコイン(Monacoin/MONA)の使い道4選!今後どう使われるか動向を解説 Coincheck コミケで使えるようになれば需要が高まる可能性あり 2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から誕生したモナコインは、ネット文化やアニメ・漫画ファンとのつながりが強いのが特徴です。 クリエイターへの「投げ銭文化」を根付かせたのも、モナコインです。 そこで注目されるのが「コミケ(コミックマーケット)」での導入。経済効果100億円以上ともいわれるコミケで使えるようになれば、モナコインの需要は大幅に高まることが予想されます。 コミケ開催時期の前には、モナコイン関連の情報がないか、念入りにチェックしておきましょう。 そして、今後のモナコインの将来性について知りたい方は以下の記事を必ずチェックしておきましょう。 モナコイン(MONA)の今後は明るい?将来性に期待が持てる5つの理由 Coincheck まとめ モナコインの次回の半減期は、2020年9月頃になる見込みです。 前回2017年7月の半減期と同じ値動きと仮定すると、6月頃から価格が上昇する可能性があります。それぞれどう対応するかを決め、早めに行動していきましょう。 具体的には、以下の準備をしておくことをおすすめします。 買い増しすると決めた人はできるだけ早く買う モナコインを保有している人は価格が変動したときにどうするか決めておく(価格アラートを設定しておく) モナコインの将来性が期待できる要素としては、次の3つが挙げられます。 価格変動を繰り返しながら上昇の兆しあり 使用できる場所は徐々に増えている コミケで使えるようになれば需要が高まる可能性あり 2ちゃんねる(現5ちゃんねる)発祥で「モナー」がモチーフになっていることから、愛着を感じる人も多いモナコイン。3年半に1度の半減期を、万全の体制で迎えましょう。

初の日本生まれの仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)は、スマホアプリで取引・管理することができます。モナコインの持つほかの仮想通貨とは違う特徴や、モナコインを扱う取引・管理に役立つおすすめのアプリをご紹介します。 初めての日本生まれの仮想通貨であるモナコイン(Monacoin/MONA)。モナコインは、スマホアプリで取引・管理することができます。 この記事ではモナコインの持つほかの仮想通貨とは違う特徴や、モナコインを扱う取引・管理に役立つおすすめのアプリをご紹介します。ほかの仮想通貨とは少し違った特徴を持つモナコインについて学びながら、モナコインをアプリで取引するときのチェックポイントについても確認していきましょう。 モナコイン(Monacoin/MONA)とはどのような通貨なのか? モナコインは日本で生まれた初めての仮想通貨です。 その発祥は、巨大掲示板「2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)」で、2014年初頭から流通し始めました。名称の由来は、2ちゃんねるのシンボルであるアスキーアートの「モナー」です。イメージイラストでもかわいい猫のようなモナーの姿が描かれています。 なお、金融庁登録済の仮想通貨の取引所Coincheckでは、2019年6月からモナコイン(MONA)の取扱いを開始しています。モナコインは、下記のように先進的な特徴を持っている仮想通貨でもあります。 世界で初めてSegwitを採用 モナコインは、世界で初めてSegwit(セグウィット)という技術を採用したコインです。Segwitを採用したことにより、大量のデータを短時間で処理できるようになり、送金時間が短縮されてスピーディーな取引が可能になりました。 仮想通貨で使われているブロックチェーンのブロックの中には、個々の取引データのほか、誰がその取引を行ったのかを保証する電子的な署名が含まれています。Segwitはこの署名部分を分離し、別の領域で管理する構造とすることで、ブロック内により多くの取引データを格納することを実現しています。 アトミックスワップを実装 モナコインは、アトミックスワップが実装されています。アトミックスワップは、第三者の仲介がなくても、異なるブロックチェーン間で仮想通貨を交換できるしくみです。 つまり、個人間で異なる仮想通貨を持ち寄り、持ち逃げされる危険性がなく、安全に交換できるのです。不正取引のリスクが減り、持ち逃げされる心配がありませんから、不動産取引などの高額取引への活用が期待されます。 投げ銭文化を生んだ モナコインは、ユニークな「投げ銭文化」を作ったことでも知られています。大道芸人やストリートミュージシャンが披露する芸には、手持ちの小銭を投げることで、称賛と応援の意思表示をします。このような投げ銭を、モナコインはネット上で行っています。 ネットで公開されたイラストや動画などに対して、「いいぞ、がんばれ」という意思を伝えるために、モナコインを送金するのです。専用の「投げ銭ツール」の登場もあって、モナコインの投げ銭文化はすっかり定着しています。 このように、モナコインは実用通貨として使われることが多い通貨です。多くの仮想通貨が投機対象として扱われることが多い中で珍しい存在であり、これもモナコインの特徴といえます。 コミュニティが活性化している 誕生した当初からコミュニティ活動が活発だということも、モナコインの大きな特徴です。 「自分たちの通貨だ」という意識が強く、多くのファンがモナコインに関わり、キャラクターを生み出したり便利なツールを作ったりしています。こうした動きがモナコインの普及を後押しし、実店舗への展開や新たなサービスの開発へとつながっています。 詳しくはこちら:モナコイン(Monacoin/MONA)とは?日本生まれの仮想通貨の特徴や今後の将来性を解説 モナコイン(Monacoin/MONA)を扱うアプリは何がいい? モナコインに限りませんが、仮想通貨取引では、アプリを活用すると便利です。 アプリだと、リアルタイムチャートを見ながらいつでも気軽に操作できるので、取引がスムーズです。ここでは、仮想通貨取引において、アプリを活用する上でのチェックポイントを確認しておきましょう。 アプリの使い勝手をチェック 仮想通貨の管理・取引アプリとしての使い勝手を、チェックしておきましょう。 一般的なアプリなら、各通貨の総資産や通貨ごとの価格推移を、手軽に確認できます。仮想通貨の購入・売却や送金・受取も、基本機能としてアプリに備わっています。 もちろん、日本円の入金・出金も可能です。これらの機能について、使い勝手が良いものを選びましょう。あとは、取引しながらほかのユーザーと情報交換ができるチャット機能があれば、必要充分なレベルといえます。 小さな画面でも見やすいかどうか アプリは、一般的にスマートフォンの画面で操作することになりますから、「小さな画面でも見やすい」という点は大事なポイントです。特に、数字については重要です。 リアルタイムの取引では、刻々と変化するチャートの数字をにらみながら、売買を繰り返すことになります。そんなときに「3と8を見間違えた」ということがあれば、それだけで大きな損失を被ることもありえます。 ですから、見やすいサイズで、文字や数字が表示されているかもチェックしてみてください。 操作しているときにストレスはないか 操作性の良さも大切です。 これは、各種ボタンの大きさやその配置によって、かなり差が表れるところです。操作性の悪いアプリは、使っていてストレスが溜まっていきますが、操作性が良いとストレスフリーで使い続けることができるでしょう。 使いやすさで好評のコインチェックアプリ 国内の金融庁登録済の仮想通貨取引所が提供するスマートフォン向けのアプリの中で、使い勝手が良いと評判なのがCoincheckのアプリです。デザインがシンプルで直感的な操作ができるため、仮想通貨の取引に慣れていない人でも簡単に操作できます。 もちろん、必要な機能をしっかり押さえた上でチャットボードも用意していますから、取引しながらリアルタイムでほかのユーザーと情報交換することもできます。無料アカウントを設定すれば、わずか数ステップで使い始めることができるハードルの低さも魅力のひとつでしょう。 簡単な操作でモナコインの売買を楽しむことができます。 Coincheckでモナコイン(Monacoin/MONA)を簡単売買 日本国内では人気・知名度ともに高いモナコインですが、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの時価総額の高い仮想通貨と比べると、まだまだマイナーな存在です。 しかし、Segwitやアトミックスワップの実装、コミュニティの盛り上がりなどもあって、今後、さらに普及していく可能性もあるでしょう。Coincheckのアプリでアカウントを開設して、モナコインを始めてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨初心者のなかには、仮想通貨市場で話題の「モナコイン」や「マイニング」といったワードが気になる人もいるかもしれません。 モナコインで利益を得るためには、マイニングの知識を得ておくことも有効です。この記事では、モナコインやマイニングの特徴とマイニングの方法を紹介しています。 この記事を読むことで、モナコインのマイニングを効率よく行うためのポイントが理解できます。 そもそも「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは? モナコインは、日本で多くのファンを獲得している仮想通貨の1つです。ここでは、モナコインの歴史や特徴、モナコインが秘めている将来性についてわかりやすく解説します。 モナコインの歴史や特徴 モナコイン(通貨単位:MONA)は、日本の巨大掲示板「2ちゃんねる」で2013年12月に誕生した、日本のカルチャーに根ざした仮想通貨です。 発行上限は1億512万枚と定められており、他の仮想通貨と比較すると多い枚数であることが特徴です。葯90秒ごとに取引が成立するため、送金スピードが比較的速いことがメリットだといえます。 動画配信などの投げ銭コインとしても用いられ、実際に利用されている仮想通貨だといえるでしょう。モナコインはアスキーアートの「モナー」がモチーフとなっており、利用者は日本人が多いことが特徴です。 モナコインの熱烈なファンも多く、コミュニティなども誕生しています。 詳しくはこちら:モナコイン(Monacoin/MONA)とは?日本生まれの仮想通貨の特徴や今後の将来性を解説 モナコインの今後の将来性 2019年6月頃、モナコインは金融庁登録済の仮想通貨取引所「Coincheck」に上場しました。これをきっかけにモナコインの価格は高騰し、多くのトレーダーがモナコインに再び注目するようになりました。 日本国内では、モナコインの支払いが可能なネットショップや一部の実店舗も以前よりも増えている傾向があります。ツイキャスと呼ばれるライブ配信サービスでも、モナコインを送金することが可能です。 このようなサービスからも、モナコインは知名度を上げています。国外での認知度はやや低いため、国外の仮想通貨取引所などで上場し注目を集めることで、今後の更なる成長が期待できるかもしれません。 詳しくはこちら:モナコイン(Monacoin/MONA)の今後は期待できる?将来性はある?特徴から解説 モナコインでできる「マイニング」とは? 多くの仮想通貨は、データベース上にある「ブロックチェーン」で管理されていることが特徴です。ブロックには、「いつ」「誰が」「どのくらいの取引をしたのか」といった情報が書き込まれる役割があります。 新しくブロックが生成されるためには、取引が承認され1つのブロックサイズまで取引が記録される必要があります。マイニングとは、この取引データを承認するための作業を行うことを指し、取引の安全性を保つうえで欠かせないシステムです。 大量の石からごく少量の金を採掘することに似ているため、「採掘」を意味するマイニングと呼ばれています。マイニングをする人は「マイナー」と呼ばれ、報酬を得るためには多くのマイナーのなかでも最も早くマイニングを成功させる必要があります。 マイニングを成功させることで、報酬としてマイニングした仮想通貨をもらうことができます。 モナコインでマイニングを行う方法 仮想通貨初心者がマイニングを行う際には、マイニングの方法や準備するものなどを理解しておく必要があります。 まず、モナコインでマイニングを始めるために準備するものは、ウォレットです。ウォレットは、モナコインを自分で管理することができます。 モナコインに対応している仮想通貨取引所の口座がある場合には、取引所に保管することもできます。しかし、取引所が万一ハッキングされた場合には、取引所に保管しているモナコインを失う可能性もあるでしょう。 そのため、ハッキングのリスクを抑えたいトレーダーは、取引所以外のウォレットを使用して分散管理する必要があります。ただし、ウォレットのなかにはモナコインに対応していないものがあるため、注意して選ぶ必要があります。 モナコインのマイニング方法を選択する マイニングには、主に3つの方法があります。 3つの方法とはソロマイニング・プールマイニング・クラウドマイニングであり、それぞれご紹介します。 1. ソロマイニング ソロマイニングとは、マイニングを全て一人で行うことを意味します。 一人で行うため時間がかかり知識も必要となりますが、マイニングが成功すれば報酬は全て自分で受け取ることが可能です。 ソロマイニングのデメリットは、高機能のPCを要するため電気代の負担が大きくなることだといえます。初心者にとっては、ソロマイニングは最もハードルが高いマイニング方法です。 なぜなら、高機能のPCを導入している企業より早くマイニングを成功させることは、現実的ではないためです。 2. プールマイニング プールマイニングとは、複数の人と協力しあってマイニングする方法です。共同でマイニングすることで、電力代を抑えることもできます。 プールマイニングを行う際には、プールサイトと呼ばれる複数のマイナーが集いマイニングを行う場所に登録するようにしましょう。 ソロマイニングよりもマイニングの成功確率は格段に上がることが、プールマイニングのメリットです。 しかし、マイニングの成功報酬は参加者で分け合うことがプールマイニングのデメリットだといえるでしょう。 3. クラウドマイニング クラウドマイニングは、マイニング業者や企業などに手数料を払い作業を代行してもらう方法です。クラウドマイニングのメリットは、仮想通貨初心者でも高機能のPCや知識を必要としないことです。 マイニングに必要な作業は、全て業者に代わってもらえるため時間的な負担もかかりません。デメリットは、契約期間が2年間など固定されているケースが多く、元を取るのが難しいケースもあることです。 さらに、投資した業者や企業が倒産した場合には資金は戻って来ないため、投資をする際には将来性のある業者かを見極める必要があります。 モナコインマイニングのためのツールの設定方法 モナコインのマイニングは、プールマイニングが多いことが特徴です。プールマイニングをする際は、プールサイトに登録をするようにしましょう。 プールサイトに登録する モナコインのプールマイニングができるサイトは、例えば日本語で利用することができる国内最大級の「VIP Pool」が有名です。 マイニングにおけるツールとは、この場合は「VIP Pool」を指します。「VIP Pool」に登録したら、「ワーカー登録」などの設定を行います。 その後、VIP Poolで登録したユーザー名・ワーカー名・ワーカーパスワードを「.batファイル」に記入することでマイニングができるようになります。 マイニングソフトをダウンロードする ツールを設定した後には、マイニングに必要なソフトをダウンロードしましょう。プールマイニング事業者が提供する専用ソフト「ccminer」などを使います。 ダウンロード時には、ウイルス対策ソフトがウイルスとして検知してしまうケースがあります。マイニングソフトをダウンロードする前に、一時的にウイルススキャンを停止するなどしましょう。 効率的なモナコインのマイニング方法 仮想通貨初心者は、単独でマイニングを行う必要があるソロマイニングはなかなか難しい側面があるといえるでしょう。 ソロマイニングは高性能PCなどによるマシンパワーがないと、マイニングに日数がかかるため、高額な初期投資が必要になります。仮想通貨初心者にとっては、コスト的にもメンタル面にも厳しい方法だといえるでしょう。 マイニングを複数人で協力しあうプールマイニングは、初心者でもコストをかけずに採算性を上げやすい方法です。ソロマイニングのように自身で高価な機材をそろえなくても、手軽に参加することができ成果も得られやすくなります。 また、マイニングを行うことは、モナコインの成長を支えることにもつながります。 モナコインの取引なら初心者にも使いやすいCoincheckがおすすめ モナコインは日本国内で人気があり、複数の金融庁登録済の仮想通貨取引所に上場しています。 多くのモナコインファンに支えられているため、引き続き根強い人気を維持することができる可能性のある仮想通貨だともいえます。初心者のユーザーが多い仮想通貨取引所「Coincheck」は、取引画面が見やすく、アプリも直感的に利用しやすいことが特徴です。 そんなCoincheckはモナコインにも対応しているため、モナコインの取引を検討している方は、まずはCoincheckに無料登録してみてはいかがでしょうか。

2ちゃんねるから生まれたとされる国産の仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)。日本でもファンの多いモナコインを購入したいと思っている人は少なくありません。 しかし、仮想通貨を購入できる仮想通貨の取引所は日本国内にも複数存在し、一体どこの取引所が安全に取引できるのか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、仮想通貨の取引所を選ぶときの注意点も併せて、モナコインを取り扱う取引所を紹介していきます。 モナコイン(Monacoin/MONA)の特徴や今後の将来性を解説 モナコインをどの仮想通貨の取引所で取引するのが良いかを知る前に、まずはモナコインについてよく理解しておくことが大切です。 モナコインはどのような点がほかの仮想通貨と異なり、今後どのような発展を遂げていくと予想されるのでしょうか。特徴や将来性について詳しく解説します。 Segwitやアトミックスワップが導入されている モナコインには特徴的な機能が2つ導入されています。 Segwit(セグウィット) まず1つが「Segwit」という機能です。 Segwitとは、取引データを小さく圧縮できる機能のことで、決済速度の遅さとコストの高騰を招いてしまうスケーラビリティ問題を改善する役割を持ちます。Segwitの導入により、決済速度が向上できるだけでなく、低い手数料での取引が実現できると言われています。 アトミックスワップ もう一つの特徴が「アトミックスワップ」です。 アトミックスワップとは、お互いに一定の条件を満たさない限り、相手への送金がロックされる機能です。片方が送金したのにもかかわらずもう片方が持ち逃げしてしまう、などの被害を避けることができます。 仮想通貨の取引所を通した取引ではこうしたリスクがもともと抑えられていますが、個人間での取引ではハッキングのリスクなどもあります。このような場合、アトミックスワップを搭載している仮想通貨は、スムーズな取引に有効といえるでしょう。 実用性がある モナコインがほかのアルトコインと一線を画しているのが、その「実用性」です。 モナコインは、決済スピードが比較的速いため、決済手段として向いていると言われることがあります。決済速度は、ビットコインが約600秒なのに対して、モナコインは約90秒で済むように設計されています。 モナコインと技術的な側面で類似しているライトコインでも約150秒のため、モナコインの処理スピードは比較的速いことが分かるでしょう。 また、総発行枚数についても大きな差があります。ビットコインが2100万枚、ライトコインが8400万枚なのに対して、モナコインは1億512万枚となっています。 実際、モナコインは様々な店舗やサービスでも利用されています。具体的には、ツイキャスなどのネット上のサービスや、美容院やバーなどの実店舗に導入されました。 モナコインはネット上のコミュニティで生まれた仮想通貨であり、少額決済を目的として作られたことなどが、普及を早めている理由の一つと考えられます。 詳しくはこちら:モナコイン(Monacoin/MONA)とは?日本生まれの仮想通貨の特徴や今後の将来性を解説 他取引所へ上場する可能性 仮想通貨の多くは、仮想通貨の取引所に上場すると流動性が高まり、価格が上昇する傾向にあります。実際、2019年にモナコインがCoincheckに上場することが発表された後、価格が急上昇したこともあります。 2019年6月末時点で、モナコインを取り扱っている国内の仮想通貨取引所は、金融庁が認可しているもので5社あります。Coincheckを始めとして、取り扱われている取引所においては活発に売買されています。 取引所に上場する際には、その仮想通貨の性質やファンの熱狂度などが基準の一つとなることがあります。金融庁に認可されている国内の取引所は複数存在し、海外の仮想通貨の取引所も数多あるため、今後それらの取引所にモナコインが上場する可能性も十分に考えられます。 多くの仮想通貨の取引所に上場することになれば、知名度が上がるだけでなく、価値の向上も期待できるかもしれません。 モナコイン(Monacoin/MONA)の購入方法についてはこちら そもそも仮想通貨の取引所とは? モナコインを始めとする仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所とは、どのようなものなのでしょうか。取引所とは、証券取引所のように取り扱っている投資商品を上場させて投資家が自由に売買できる場所のことです。 仮想通貨取引所は、その投資商品がビットコインやアルトコインなどの仮想通貨ということになります。価格変動を狙うトレーダー向けの取引所や、法定通貨と仮想通貨の交換を促進することが目的の取引所など、さまざまな種類の取引所が存在します。 たとえば、売買形式でいうと「取引所形式」と「販売所形式」の区別があります。取引所形式は、トレーダー同士が直接売買する方法で、希望する価格で注文を出せる一方で、約定するまでに時間がかかったり、注文ミスをしかねないなどのデメリットもあります。 一方、販売所形式は取引所にある通貨を売買する方法で、手数料は少し高くなる傾向にありますが、初心者にも使いやすく、すぐに約定するなどのメリットがあります。このようにそれぞれの取引所で手数料や売買の仕組みなどが異なるので、賢く取引するためにはそれらの違いをよく押さえておく必要があるでしょう。 仮想通貨取引所にはどんな種類・違いがあるのか 仮想通貨取引所と一口にいっても、すべての取引所が共通したサービスを提供している訳ではありません。取り扱い通貨の違いやアプリなどの取引ツールの違いなど、それぞれの取引所で強みが異なります。 たとえば、取引所の運営元の違いでいうと「海外取引所」と「国内取引所」に大きく分けられます。運営元の所在による区別ではありますが、海外と国内ではそれぞれ特徴が異なります。 自分のスタイルや考えにあった取引所で賢く取引するために、まずはこの違いを押さえておきましょう。そして、仮想通貨取引所は、国内だけでなく海外にも存在します。 それぞれに強みとする点が異なり、利用する際には違いを押さえておくことが不可欠です。それぞれの取引所の特徴を押さえて賢い取引に役立てましょう。 国内の仮想通貨取引所の特徴 国内取引所は、日本国内に運営元の所在を持つ取引所です。特徴としては例えば以下があります。 1. 日本円の入金ができる 1つが「日本円の入金ができる」点です。 海外の仮想通貨取引所の多くは日本円の入金に対応していません。そのため、日本円で取引を始められる国内の取引所は日本人にとっては魅力的といえます。 2. 金融庁への登録が必須 2つ目が「金融庁の認可が必要」な点です。 国内の仮想通貨取引所は金融庁への登録が必須であり、厳しいチェックを通った取引所しか認可されません。そのため、セキュリティ面や顧客対応などの面では一定の信頼ができるといえるでしょう。 3. 仮想通貨の取り扱い銘柄が少ない 一方で、国内取引所のデメリットとしては「仮想通貨の取り扱い銘柄が少ない」点が挙げられます。 海外の仮想通貨の取引所に比べてしまうと、国内取引所はどうしても仮想通貨の銘柄数が少ないです。ただし、主要なアルトコインを網羅しているCoincheckのような取引所もあるので、知名度の高い通貨だけを取引する分には困らないでしょう。 Coincheckの取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheckの口座開設方法と手順の詳細はこちら 海外の仮想通貨取引所の特徴と利用時の注意点 海外の仮想通貨取引所は、日本国内の取引所とは反対の特徴を持ちます。 メリットとしては、「仮想通貨の取り扱い銘柄が多い」点が挙げられます。中には200以上の銘柄を扱う取引所もあり、マイナーなアルトコインを取引したい人や頻繁に取引するトレーダーなど海外取引所を使う人も存在します。 一方でデメリットとしては、「英語の知識が必要である」点、「セキュリティ体制が整っていない部分がある」点や「日本円の入金に対応していない」点などが挙げられます。 英語表記なのでそれなりに英語の知識がないと取引が難しく、また日本円の入金に対応していないことがほとんどですので、慣れていないと複雑に感じるケースが多いでしょう。 金融庁が認可している国内取引所と比較すると、セキュリティ面で不安が残り、万が一の際に資産を失うリスクも高いため、利用する際には注意が必要です。 モナコインの取引所を選ぶ際に注意したい点 仮想通貨を購入するときには、どの取引所で売買するかもきわめて大切な要素です。 モナコインも例外ではなく、これから初めてモナコインを買うという人は以下のような項目に注意しながら選ぶと良いでしょう。 信頼できるか モナコインを売買する取引所を選ぶ際には、まず「信頼できるかどうか」をチェックしたいところです。 信頼というと判断基準が難しいですが、セキュリティがしっかりしているかなどを見極めましょう。具体的には以下のようなポイントを押さえます。 1. マルチシグ 1つが「マルチシグ」です。 トランザクションの署名に複数の秘密鍵がないと取引できないため、不正アクセスや仮想通貨の盗難などを防止する役割を持ちます。 2. 二段階認証 2つ目が「二段階認証」です。 ログイン時に、IDやパスワードのほかに認証コードを必要とするのが二段階認証で、こちらも不正アクセスや仮想通貨の盗難などの防止に役立ちます。 3. 金融庁の認可 3つ目が「金融庁の認可」です。 国内の取引所の場合、金融庁の登録を受けているかどうかも信頼度を測る重要な要素といえます。規制により顧客保護などに関してもルール化されており、登録業者はその中で事業をしているため、一定の信頼はおけるといえるでしょう。 操作性・デザイン性は優れているか 取引所のセキュリティの高さは重要ですが、ほかにも操作性やデザイン性を重視して選ぶ場合もあります。 操作性の高い取引所を選ぶことで、得られるメリットには例えば以下があります。 1. 初心者でも簡単に取引できる 1つが、初心者でも簡単に取引できることです。初心者が取引を行う上で、複雑な機能性が原因によるストレスをためることを防ぎ、安心して取引することができます。 2. 操作ミスを防止できる もう1つが、操作ミスを防止できる点です。 操作性が複雑であったり、デザイン性が初心者には分かりにくかったりすると、冷静な取引が出来ずにミスを起こしてしまう可能性があります。仮想通貨の取引は資産をやりとりするわけですから、一つのミスが資産の消失につながる恐れもあります。 自分が使いやすい取引所や、初心者でも分かりやすい取引所を選ぶように心がけると良いでしょう。 モナコインを取り扱っている国内大手取引所Coincheck 最後に、モナコインを取り扱っている取引所を紹介します。今回は、2019年にモナコインの取り扱いを始めた国内大手の仮想通貨取引所Coincheckについて詳しく見ていきます。 Coincheckは国内大手の取引所で、初心者を始めとする利用者の多い取引所でもあります。Coincheckの魅力としては、例えば以下が挙げられます。 1. 初心者でも操作が分かりやすい 1つ目が「初心者でも操作が分かりやすい」点です。 Coincheckは、仮想通貨の売買までがシンプルで分かりやすいのが特徴です。またコインチェックアプリの操作性や画面の見やすさにも定評があり、多くのユーザーに利用されています。 2. 貸仮想通貨サービスがある 2つ目が「貸仮想通貨サービスがある」点です。 貸仮想通貨サービスとは、自分が保有している仮想通貨をCoincheckに一時的に貸し出すことで、期間満了後に一定の料率で計算した利用料が上乗せされて戻ってくるサービスです。 購入したモナコインを長期保有しようと検討されている方にとっては、売買益以外の収益を得ることができるので、お得なサービスといえるでしょう。 3. 口座開設が簡単である 3つ目が「口座開設が簡単である」点です。 Coincheckへの口座開設は、公式サイトから登録を行い、必要事項を入力し、本人確認書類の画像やIDセルフィーの提出によって簡単にできます。また、アプリからでも口座開設を行うことができますので、始めたいと思ったときに、スマホで簡単に取引を始めることができます。 Coincheck登録方法から使い方までの初心者向けマニュアルはこちら Coincheckでモナコインを購入してみよう モナコインは今後の発展が期待されているアルトコインの一つです。 そんなモナコインを取り扱っている仮想通貨の取引所は複数ありますが、投資の初心者であれば、画面が見やすく操作が簡単なところを選ぶと良いでしょう。数多くの初心者にも利用されており、簡単に口座開設ができるのがCoincheckです。 これから仮想通貨の取引を始めてみようという方は、まずはCoincheckに口座開設をして、モナコインの取引をしてみてはいかがでしょうか。

「モナコインの今後はどうなるの?」 「これから先、モナコインの価値は上がるの?」 モナコインの購入を検討している場合や既に取引をしている場合、今後のモナコインの動向や予想が気になる方もいるのではないでしょうか。 モナコインの未来は、下記の5つの理由から将来性に期待が持てます。 アトミックスワップでの取引可能な仮想通貨として注目を集める可能性がある。 モナコインは決済スピードが早く実用性に長けた側面があるため、今後、実用化や市場の拡大が進んでいけばまだまだ需要拡大が見込めます。 この記事では ◎モナコインの今後を左右する5つのポイント ◎2020年~2021年のモナコインを占う3つのポイント など、モナコインの未来が明るい理由を解説します。 この記事を読めばモナコインの今後や直近の動向が把握でき、どのように取引を進めていくか検討できるようになります。 気になるモナコインの今後を理解し、安心して取引できるようになりましょう。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coicheck Column編集部 Coicheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 モナコイン(MONA)の今後は明るい!将来性に期待が持てる5つの理由 モナコインによる決済の増加で実用化が進む 今後多くの国内取引所に上場し注目を集める可能性がある 独自の発展でwebサービスなどへの活用が期待できる 海外で知名度が上がるとチャンスになる可能性がある アトミックスワップの活用拡大で価値が高まる 2020年~2021年のモナコイン(MONA)の動向を占う上で知っておきたい3つのポイント 2020年に半減期を迎えるので半減期前後の値動きに注目する ビットコイン(BTC)の価格につられて変動する傾向がある モナコイン(MONA)の知名度が上がるタイミングを見逃さない モナコイン(MONA)の今後の動向と将来性についてのまとめ モナコイン(MONA)の今後は明るい!将来性に期待が持てる5つの理由 モナコインの今後は、下記の5つの理由から明るいと予想されています。 具体的にどのようなことをが今後を左右するのか、1つずつ詳しくご紹介します。 モナコインによる決済の増加で実用化が進む モナコインはビットコインやビットコインキャッシュと並び投資対象としてだけでなく、店舗やオンライン上での決済に使われている仮想通貨です。 モナコインの実用性が注目される理由は、世界で初めて「Segwit」を実装した仮想通貨として他の仮想通貨より処理速度が速くスピーディーな決済が叶うと言われているためです。 多くの仮想通貨はビットコインを手本としており、取引が増えるとデータ容量が不足して処理能力が下がるという問題を抱えていました。 Segwitは取引データのサイズを圧縮する機能でデータ容量が増えても処理能力を維持できるため、取引処理速度が速く短時間で決済ができます。 決済スピードが速いというメリットを活かして実用化が進めばさまざまな決済に使えるようになり、需要が高まると考えられています。 モナコインは総発行枚数が多い モナコインは、他の仮想通貨に比べて総発行枚数が多いところも特徴です。 ビットコインの総発行枚数は2100万枚ですが、モナコインは5倍以上も多い1億512万枚。この枚数なら決済手段として頻繫に使われても、問題なく普及していけると考えられています。 総発行枚数の多さも、モナコインが実用的に使われることを後押しする要素の一つです。 【モナコインの使い道についてより詳しく知りたい場合はこちら】 モナコイン(Monacoin/MONA)の使い道4選!今後どう使われるか動向を解説 Coincheck 今後多くの国内取引所に上場し注目を集める可能性がある モナコインは発展途中の仮想通貨で、今後多くの国内取引所で取引できるようになり注目が集まる可能性があります。 その理由は モナコインは「ホワイトリスト」入りの仮想通貨で金融庁に登録されている取引所で安心して扱える 新しい取引所に上場すると価格が上昇する傾向があり期待ができる という2つのポイントがあるからです。 ホワイトリスト入りのモナコインは大手取引所でも安心して扱える モナコインは金融庁に登録されている仮想通貨取引所で扱いが可能な「ホワイトリスト」に入っている仮想通貨の1つです。 そもそも国内の大手取引所が安心して扱える仮想通貨でなければ、上場していく可能性は低いでしょう。 その点、取引所から見てリスクが少なく安心して扱えるため「新しくモナコインの取り扱いをしてみよう」と思う可能性は十分残されています。 参考:金融庁「事務ガイドライン第三分冊:金融会社関係」 新たな取引所に上場すると価格が上昇し知名度アップにつながる 仮想通貨の多くは新たな取引所での扱いが開始すると流動性が高まり、価格が上昇する傾向もあります。 出典:TradingView 実際に、2019年5月末にCoincheckがモナコインの取り扱いを開始することを発表したところ、価格が高騰し注目を集めました。 価格が上がるとモナコインの価値や知名度が高まるだけでなく、新たに購入しようと考える人も増え市場が拡大していくことが予想できます。 金融庁に登録されている暗号資産交換業者登録一覧によると、2020年5月時点でモナコインの取り扱いをしている国内会社は4社。 今後、新たに取り扱いをする取引所が出てくることで、モナコインが盛り上がりをみせるかもしれません。 参考:金融庁「暗号資産交換業者登録一覧」 独自の発展でwebサービスなどへの活用が期待できる モナコインは2013年に2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)で誕生した仮想通貨です。 少額取引をすることを目的として作られ、webサービス上での投げ銭やオンライン決済への活用など投資とは異なるwebサービスと強く結びついた独自の発展をしてきました。 また、web上ではモナコイン誕生当時から「モナコインをもっと盛り上げよう」と考える根強いファンを持つコミュニティがあり、実店舗やイベントでのモナコイン導入を後押ししてきた経緯もあります。 今後も、モナコインを支えるコミュニティやモナコインの成長を楽しみにしているファンの力を借りながら独自の発展をしていくことが考えられます。 オンラインゲームやwebサービスの決済通貨やファンコミュニティでの通貨として活用が進めば、モナコインの必要性や需要はより高まるでしょう。 モナコイン(Monacoin/MONA)とは?日本生まれの仮想通貨の特徴や今後の将来性を解説 Coincheck 海外で知名度が上がるとチャンスになる可能性がある モナコインは国内で誕生した仮想通貨なので国内では知名度があるもの、海外では上場している取引所が少なくまだまだ知名度が低いのが現状です。 今後、国内取引所への上場や流通が評価されて海外でも注目されるようになると、モナコインの取引人口が増え需要が高まると考えられています。 アトミックスワップの活用拡大で価値が高まる モナコインは、アトミックスワップの実装に成功している数少ない仮想通貨です。 アトミックスワップとは、取引所などの第三者を介さずに個人間で仮想通貨の取引ができること。 今まで個人間での仮想通貨のやり取りは、持ち逃げされてしまうリスクや詐欺に巻き込まれるリスクを抱えていましたが、アトミックスワップを使うことで個人同士が異なる仮想通貨を持ち寄り、安全に取引ができるようになりました。 アトミックスワップの活用が進めば、対応している数少ない仮想通貨として需要が高まり注目を集めるのではと予想されています。 2020年~2021年のモナコイン(MONA)の動向を占う上で知っておきたい3つのポイント モナコインを扱う場合、気になるのが2020年から2021年までの直近の動きではないでしょうか。 ここからは、直近のモナコインの動向を占う3つのポイントをご紹介します。取引をする上で重要な指標となるので、ぜひ参考にしてみてください。 2020年に半減期を迎えるので半減期前後の値動きに注目する 2020年にモナコインは、2017年に続き2度目の半減期を迎えます。 また、半減期までのカウントダウンはモナコイン情報サイトにて掲載されています。 半減期とはマイニング報酬が半分になるタイミングを指し、モナコインは3年に1度の半減期を設けることで発行量をコントロールしています。 半減期の前後は価格変動が起こりやすい傾向があるので、注意深く値動きを観察しタイミングを逃さないことが大切です。 他の仮想通貨の場合、半減期の数ヶ月前から価格の上昇が起こりやすくなるという傾向もあるため、半減期が起こってからはもちろん、起こる前も値動きを確認するようにしましょう。 ビットコイン(BTC)の価格につられて変動する傾向がある モナコインを始めとするアルトコインは、ビットコインの価格につられて価格が変動する傾向があります。 【ビットコイン】 出典:coinmarketcap 【モナコイン】 出典:coinmarketcap 例えば、ビットコインのバブルが到来し崩壊した2017年11月頃から2018年1月末頃のモナコインのチャートとビットコインのチャートを見比べてみると、ビットコインと同じようにモナコインも価格が高騰し暴落しているのが分かります。 主軸通貨であるビットコインの動きやビットコインの値動きを左右する要素も抑えておくと、2020年のモナコインの動向が掴みやすくなるかもしれません。 【2020年のビットコインの動向もチェックしておきたい場合はこちら】 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck モナコイン(MONA)の知名度が上がるタイミングを見逃さない 第1章「モナコイン(MONA)の今後は明るい!将来性が高い5つの理由」でも紹介したように、モナコインが注目され需要が高まるタイミングは「市場の拡大」と「仮想通貨を取り巻く環境の整備」の2つが挙げられます。 具体的には、下記のような5つのシーンが考えられるでしょう。 国内や国外で新規上場したとき モナコインを扱うサービスや企業が増えたとき 決済通貨として普及したとき 仮想通貨に関する法整備が進み、取引しやすくなったとき アトミックスワップの使用が進むなど仮想通貨を取り巻く環境が変化したとき このような変化が起こると、モナコインに注目が集まり知名度があがるので取引人口が増え価格の上昇にも繋がる可能性があります。 モナコインを取り巻く環境の変化もこまめにチェックし、変化があったときには値動きも一緒にチェックするようにしてみてください。 【モナコインを購入したい人はこちらをチェック】 モナコイン(Monacoin/MONA)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説 Coincheck モナコイン(MONA)の今後の動向と将来性についてのまとめ いかがでしたか? モナコインの今後の動向が把握でき、取引をするタイミングや購入するかどうかのジャッジができるようになったと思います。 最後に、この記事の内容をまとめてみると、 ◎モナコインの今後を左右する背景は次の5つ 1)モナコイン決済ができる店舗が増え実用化が進めば、需要や知名度が上がる 2)新規の国内取引所で取り扱いが開始されると、注目度がアップし価格も上昇すると考えられる 3)今までと同じように、webサービスとの強い結びつきによって独自の発展をしていく可能性がある 4)海外での取り扱いが増えれば、取引人口が増加し価格が上がる 5)アトミックスワップの活用が拡大すれば、他の仮想通貨と差別化でき需要が増えると予想される ◎2020年~2021年のモナコインを占うポイントは次の3つ 1)2020年は3年に1度の半減期が起こるため、価格変動をチェックしておく 2)ビットコインの価格に左右されることもあるので、主軸通貨の動きも確認する 3)モナコインの知名度が上がるようなニュースがあったら、値上がりもチェックする この記事を読んで、モナコインの未来が把握でき、取引や購入のタイミングをジャッジできるようになることを願っています。

日本で誕生した初めての仮想通貨(暗号資産)モナコイン(Monacoin/MONA)は、Segwitの採用やアトミックスワップの実装などの特徴があります。 モナコインを始めたい方に、仮想通貨取引所に口座を開設して購入するための方法をご紹介します。投資対象としてだけでなく、さまざまな使われ方をされている、日本生まれの仮想通貨であるモナコイン。 ここでは、そんなモナコインの購入方法や買い方、取引方法について、初心者にもわかりやすく解説します。 Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 モナコイン(Monacoin/MONA)購入前にCoincheckで口座開設 1. アカウント登録 2. SMS認証(電話番号認証) 3. 本人確認を行う Coincheckでモナコイン(Monacoin/MONA)を購入する方法 日本円を入金する アプリで購入する WEB画面で購入する モナコイン(Monacoin/MONA)とはどんな仮想通貨か? 「Segwit」を採用した世界初のコイン 実利用が多いモナコイン(MONA) モナコイン(MONA)が定着させた「投げ銭」文化 モナコイン取引に仮想通貨取引所Coincheckがおすすめな理由 モナコイン(Monacoin/MONA)購入前にCoincheckで口座開設 モナコインを購入・売却するには、どうすればいいのでしょうか。 仮想通貨取引所Coincheckでは、2019年6月からモナコインの取扱いをスタートしています。Coincheckで口座開設を行い、モナコインを取引するまでの流れを見ていきましょう。 1. アカウント登録 まずはCoincheckにアカウント登録を行います。 Coincheckの公式サイトから、メールアドレスとパスワードを入力し、「アカウントを新規作成する」ボタンを押すと、登録したメールアドレスにメールが届きます。 そのメールに記載されたリンクからサイトにアクセスすれば、メールアドレスが正しいことをチェックでき、アカウント登録が完了します。 Coincheckのアカウント登録はこちら 2. SMS認証(電話番号認証) アカウント登録の後は、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を使って、本人確認のSMS認証を行います。 Coincheckアカウントでログインし、サイトに表示される「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押します。表示された認証ページに携帯電話番号を入力し、「SMSを送信する」のボタンを押すと、携帯電話に6桁の認証コードが記載されショートメッセージが届きます。 認証コードを「送信された認証コード」の欄に入力すれば、SMS認証は完了です。 3. 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでモナコイン(Monacoin/MONA)を購入する方法 モナコインを購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。 日本円を入金する 日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。 銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。 金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。 アプリで購入する コインチェックアプリでモナコインを購入する手順は、まずログインしてトップ画面から「MONA」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。 購入したいモナコインの数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「日本円でMONAを購入」をタップすることでモナコインが購入できます。 購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。 WEB画面で購入する WEB画面でモナコインを購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。 ウォレットページから「コイン購入」を押して、モナコインを選びましょう。次に、モナコインの購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。 手持ちのビットコインで交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。 モナコイン(Monacoin/MONA)とはどんな仮想通貨か? モナコインは、巨大掲示板「2ちゃんねる」から生まれた仮想通貨です。 2ちゃんねるではおなじみのアスキーアートキャラクター「モナー」をモチーフにしたことから、公式では「モナーコイン」と表記されていますが、語呂の良さからモナコインという名称が一般化しています。 このモナコイン、実はほかの有力コインにも引けをとらないさまざまな特徴を持っています。 「Segwit」を採用した世界初のコイン モナコイン(MONA)には、「Segwit(セグウィット)」という技術が採用されています。 Segwitとは、簡単にお伝えすると、コインの取引に関わるデータを圧縮して軽くし、処理をスピーディーにする技術です。多くの仮想通貨の取引情報は、データを収めたブロックが鎖のように連結した「ブロックチェーン」の中に収められています。 ところが、ブロック1つあたりの容量は決まっているため、それ以上のデータを詰め込むことができません。一方のSegwitでは、コインの取引とは直接関係のない、ユーザーの署名などのデータを別の領域で管理することができ、ブロック容量を有効活用できるようになります。 例えていえば、自宅の押し入れやクローゼットの中に眠っている滅多に使わない物をレンタル倉庫に移すことで、使える収納スペースを増やすようなイメージです。Segwitのしくみによって、モナコインは一定時間内に多くのデータを扱うことができるようになり、処理スピードの向上を実現したと言われています。 モナコイン(Monacoin/MONA)とは?日本生まれの仮想通貨の特徴や今後の将来性を解説 Coincheck 実利用が多いモナコイン(MONA) モナコインは、2ちゃんねる発祥ということもあって、ユーザー同士のコミュニケーションが活発です。一部で「モナコイナー」と呼ばれる熱烈なファン層によって、モナコインの活躍範囲はじわじわと広がっています。 「モナコインを盛り立てよう」とする人々の働きかけによって一部のウェブストアやリアル店舗での扱いも広がり、コミケのブースや移動販売のお弁当屋さんでも使えるケースも出てきたようです。コミュニティ活動が活発なモナコインですから、今後もさまざまな実用的なサービスが登場していくことが期待されています。 モナコイン(Monacoin/MONA)の使い道4選!今後どう使われるか動向を解説 Coincheck モナコイン(MONA)が定着させた「投げ銭」文化 モナコインは元々、スピーディーな少額決済に適応するように作られたコインです。 そうした特性と活発なコミュニティ活動が相まってか、流通初期のころから「投げ銭」として使われてきました。気に入ったイラストや動画などにいくらかのモナコインを送り、作者をリスペクトしつつ支援する。 投げ銭機能を持ったいくつかのツールが作られたことも、そうした動きに拍車をかけました。さらに、掲示板での書き込みやTwitterのつぶやきなど、「おもしろい」「評価できる」と感じたときに、少額のモナコインを送るアクションが広がっていったのです。 自分の言動に対する肯定的な反応は、誰にとってもうれしいものでしょう。それは、SNSで行われているような緩やかなコミュニケーションを生み、今もモナコインに特徴的な文化として根付いています。 モナコイン(Monacoin/MONA)の今後は期待できる?将来性はある?特徴から解説 Coincheck モナコイン取引に仮想通貨取引所Coincheckがおすすめな理由 Coincheckは、初めての方でも簡単に登録でき、難しい手続きもなく口座開設ができます。 Coincheckは、初めての方でも簡単に登録でき、難しい手続きもなく口座開設ができます。さらに、購入したモナコインを一定期間Coincheckに貸し出すことで利用料がもらえる貸仮想通貨サービスも利用できます。 仮想通貨レンディングの始め方と知っておくべき3つの注意点 Coincheck Coincheckは、ビットコイン(BTC)はもちろん、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)といった、時価総額の高い仮想通貨がそろっています。2019年6月からは、国産通貨のモナコインの取扱いもスタートし、通貨の選択の幅がさらに広がりました。 また、電気料金の支払いでビットコインがもらえたり使えたりするサービスのCoincheckでんきなど、独自のサービスを提供しています。 これから仮想通貨を始めたい、モナコインを保有してみたいという方は、Coincheckの利用をぜひご検討ください。

Coincheckの無料登録はこちら 執筆Coincheck Column編集部 Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社 目次 モナコイン(Monacoin/MONA)は実用性に優れた仮想通貨 モナコイン(Monacoin/MONA)の特徴は? 世界で初めてSegwit(セグウィット)を採用 さまざまな形で使われる珍しい存在の通貨 モナコイン(MONA)を盛り上げるコミュニティの存在 スピーディーな取引を実現するSegwitとは? 投げ銭文化を根付かせたモナコイン(Monacoin/MONA) モナコイン(Monacoin/MONA)の今後の将来性は? アトミックスワップを実装 国内外の仮想通貨の取引所でも流通が始まる まだまだ成長する可能性のあるモナコイン(Monacoin/MONA) モナコイン(MONA)は、初めての日本生まれの仮想通貨(暗号資産)です。モナコイン(MONA)は実用通貨としての性格が強いコインとなっています。モナコイン(MONA)が持つ特徴と、そのメリットについて解説します。 日本生まれの仮想通貨「モナコイン(MONA)」は、実用通貨としての性格が強いと言われることもあるコインです。 仮想通貨としては世界で初めて「Segwit」という新しい技術を採用するなど、ユニークな特徴を持っています。金融庁登録済の仮想通貨の取引所Coincheckでは、2019年6月からモナコイン(MONA)の取り扱いを開始しています。 こちらの記事ではそんなモナコイン(MONA)の特徴やメリット、今後の将来性などについてご紹介します。 モナコイン(Monacoin/MONA)は実用性に優れた仮想通貨 モナコイン(MONA)は、日本で初めて作られた仮想通貨です。 2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)内のソフトウェア掲示板でそのアイディアが示され、2013年12月に開発され、翌年初頭から流通が始まりました。2ちゃんねるを象徴するアスキーアートのキャラクター「モナー」を名称のモチーフとしたことから、当初は「モナーコイン」と呼ばれ、公式サイトにもその表記があります。 しかし、語呂の良さもあって、モナコイン(MONA)という名称のほうが広く定着しています。モナコインのイメージイラストに描かれている、猫のような愛嬌のあるモナーのイメージが強いため、「ジョーク半分で作ったもの」と思われる方もいるかもしれません。 しかし、モナコイン(MONA)はいくつかの特徴的な性質を持っており、実用性に優れたコインと言われることもあるのです。多くの仮想通貨が投機目的で取引されることが多い中で、モナコイン(MONA)はユニークな存在といえるでしょう。 モナコイン(Monacoin/MONA)の特徴は? モナコイン(MONA)の特徴は いくつかありますが、例えば「Segwitを採用していること」「さまざまな形で実用されていること」「コミュニティの活動が活発であること」などがあげられます。 それぞれについて、ご紹介していきましょう。 世界で初めてSegwit(セグウィット)を採用 モナコイン(MONA)は、それまで理論上でのみ提唱されていたSegwit(セグウィット)と呼ばれる技術を、世界で初めて実装した仮想通貨です。 Segwitについては、後程改めてご紹介しますが、簡単にいえばこの機能によって、より多くのデータを短時間で処理できるようになります。モナコイン(MONA)もSegwitを導入することで、取引完了までの所要時間を短縮されることが期待されていました。 Segwit導入によって、モナコイン(MONA)の実用性はより高まったとも言えるでしょう。 さまざまな形で使われる珍しい存在の通貨 モナコイン(MONA)は、さまざまな場所で通貨として実際に使われています。 取引スピードが速いので、海外送金やネットショップでの決済に使われるほか、一般の店舗でも利用できる範囲が広がっています。以前には、モナコイン(MONA)での支払いに対応したモナバー東京などもありました。 また、「投げ銭」として使われることも、モナコイン(MONA)の特徴のひとつです。気に入ったクリエイターを支援するための送金のほか、掲示板の書き込みやSNSのアカウントにモナコイン(MONA)を送金するサービスが複数あり、「0.00114114(イイヨイイヨ)MONA」や「0.004649(ヨロシク)MONA」など、語呂合わせの少額が送金されて、緩やかなコミュニティが形成されています。 仕事上のつらい出来事をつぶやいたら、「0.007974(ナクナヨ)MONA」が送金されてきた。こんなことがあると、ほっこりした気持ちになるかもしれません。 モナコイン(MONA)を盛り上げるコミュニティの存在 2ちゃんねる発祥ということもあってか、モナコイン(MONA)は誕生当初からコミュニティの動きが活発で、「もっとモナコイン(MONA)を盛り上げよう」という意識を持つ人が多くいたようです。 それがさまざまなサービスを生み、ウェブだけでなくリアル店舗への展開を後押しして、モナコイン(MONA)の普及に貢献してきました。「モナコイナー」と称されるモナコイン(MONA)のファンによって女性キャラクターが作られたり、各種イベントが開催されたりと、それぞれが自分なりの関わり方でモナコイン(MONA)を盛り上げ、楽しもうとする姿勢が強く見られます。 自分たちが持つ専門的な知識や技術を惜しみなく投入する一方で、モナコイン(MONA)の成長と発展を楽しむ。こうしたコミュニティの存在も、モナコイン(MONA)の大きな特徴と言えるでしょう。 スピーディーな取引を実現するSegwitとは? Segwitは、モナコイン(MONA)の技術的・機能的な大きな特徴のひとつです。少々ややこしい話になりますが、もう少し詳しく解説しましょう。 仮想通貨の中で知名度No.1であるビットコイン(BTC)が誕生してから、多くの仮想通貨が世に出ることになりました。その多くは、ビットコイン(BTC)を手本とし、ビットコイン(BTC)に準じた構造・設計がなされています。 確かに、ビットコイン(BTC)とそれを支える「ブロックチェーン」のアイディアは、斬新なものでした。取引のデータをひとまとまりのブロックにまとめ、鎖のようにつなげていくことで高いセキュリティを実現したこの技術は、今も大きな将来性とともに注目されています。 しかし、ビットコイン(BTC)による取引が増えていくと、一つひとつのブロックのデータ容量が不足し、取引のスピードが頭打ちになるという問題が表面化してきました。この問題の解消を目指したのが、モナコイン(MONA)に実装されたSegwitです。 仮想通貨で使われているブロックチェーンのブロックの中には、個々の取引データのほか、誰がその取引を行ったのかを保証する電子的な署名が含まれています。Segwitはこの署名部分を分離し、別の領域で管理する構造とすることで、ブロック内により多くの取引データを格納することを実現する技術です。 Segwitの技術によって、今まで以上に多くの取引データを処理することができ、結果として時間あたりに処理できるデータが増えることになりました。処理速度が向上することで、より多くの取引を低コストでさばくことができるようになったのです。 投げ銭文化を根付かせたモナコイン(Monacoin/MONA) モナコイン(MONA)の特徴的な用途として、投げ銭があります。 気に入ったクリエイターへの支援、SNSでのつぶやきへの賛同など、モナコイン(MONA)の送金によるコミュニケーションは、いろいろなところで行われています。こうした動きが活発化した背景には、複数の「投げ銭ツール」の存在があります。 モナコイン(MONA)は、サービス開始の初期から、「tipmona(2019年9月でサービス終了)」や「Ask Mona(2020年9月でサービス終了予定)※2020年8月現在Ask Mona 3.0として再開」など、投げ銭機能を持ったサービスが登場していました。これらのサービスでは、おもしろいツイートや掲示板の書き込みに対して、モナコイン(MONA)を投げ銭として送ることができました。 著名人のTwitterアカウントにいくらかのモナコイン(MONA)を送ったという例は、ネットでも話題になりました。このようにして、モナコイン(MONA)には「投げ銭文化」が定着していったのです。 モナコイン(Monacoin/MONA)の今後の将来性は? たとえ実用性が高いといっても、今後も多くの人々に利用され、普及が進んでいくかどうかは、モナコイン(MONA)そのものの将来性次第です。この点においても、モナコイン(MONA)にはいくつか特徴的なポイントがあります。 アトミックスワップを実装 モナコイン(MONA)は「アトミックスワップ」の導入に成功しています。 アトミックスワップとは、第三者の仲介がなくても、異なるブロックチェーン間の仮想通貨を交換できるしくみです。つまり、個人間で異なる仮想通貨を持ち寄り、持ち逃げされる危険がなく安全に交換できるのです。 このしくみを実装している仮想通貨は、2019年5月末時点でまで10種類程度と、決して多くはありません。アトミックスワップの実装によってさらに用途が広がり、ユーザーが増える可能性もあります。 モナコイン(Monacoin/MONA)の使い道4選!今後どう使われるか動向を解説 Coincheck 国内外の仮想通貨の取引所でも流通が始まる 国内では2019年6月から、金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckでも、モナコイン(MONA)の取扱いを開始しました。 まだ、海外の仮想通貨の取引所ではモナコイン(MONA)はあまり取り扱われておらず、海外のユーザーにもほとんど知られていなかったモナコイン(MONA)だけに、今後は海外のユーザーの注目を集めることも期待されます。 今後海外の仮想通貨の取引所でも取り扱いが増えれば、国内外の両面にわたって、ユーザー数が増えていくことが予想されます。同時にコミュニティが拡大していけば、投げ銭のような新たな用途が生まれる可能性もあります。 モナコイン(Monacoin/MONA)の今後は期待できる?将来性はある?特徴から解説 Coincheck まだまだ成長する可能性のあるモナコイン(Monacoin/MONA) 数ある仮想通貨の中でも、モナコイン(MONA)は投機対象としてではなく、活発な流通が行われています。 そのようなモナコイン(MONA)の特徴を活かした新たなサービスが、今後国内外で登場する可能性もあるでしょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never