Coincheck(コインチェック)で何円から仮想通貨は始められるの?

仮想通貨取引に興味がある人のなかには、いくらあれば取引できるのかという疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、仮想通貨取引に必要な資金について解説します。また、仮想通貨取引を行うためには、口座開設も必要です。

ここではCoincheckでの口座開設手続きについても説明します。

Coincheckでは何円から始められる?

コインチェックの取り扱い通貨
「Coincheckで仮想通貨を売買する場合、何円からできるのか」という疑問に対する答えは、「お小遣い程度の500円からでもできる」です。

仮想通貨の中には、1単位あたり数十万円もの価格になる通貨もあります。

しかし、1単位で取引しなければならないわけではなく、小数点の単位で取引することも可能です。そのため、500円もあればほとんどの仮想通貨を売買できます。

Coincheckで仮想通貨を売買する場合、Coincheckの販売所における購入・売却の最小注文単位は、円建てで500円相当額以上です。

ビットコイン(BTC)建ての場合は、0.001BTC(ビー・ティー・シー)以上となっています。BTCとは、ビットコインの通貨単位のことです。

Coincheckの販売所の取引では、Coincheckを相手に売買取引します。また、ビットコイン(BTC)に関しては、ユーザー同士が売買を行う取引所でも売買可能です。

Coincheckの取引所の最小注文単位は、購入・売却ともに0.005BTC以上かつ500円相当額以上となっています。販売所での取引に慣れたら、取引所での取引に挑戦してみるのも良いでしょう。

Coincheckのアカウント登録はこちら

気になるCoincheckの手数料は?

コインチェックアプリ(iOS)
仮想通貨取引を行う場合は、購入する通貨分の資金だけでなく、手数料分の資金も必要です。ただし、Coincheckで売買取引を行う場合は、取引手数料は無料となっています。

Coincheckで手数料を負担するのは、口座への日本円の入金と仮想通貨送金、口座から日本円の出金を行う際です。

日本円の入金手数料

口座への入金については、銀行振込は手数料無料となっています。ただし、振込手数料は利用者負担となっています。

また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。

クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。

仮想通貨の送金手数料

仮想通貨をCoincheckから別のアドレスに送金する場合も手数料がかかります。具体的な手数料は下記になります。

  • ビットコイン(BTC):0.001 BTC
  • イーサリアム(ETH):0.01ETH
  • イーサリアムクラシック(ETC):0.01ETC
  • リスク(LSK):0.1 LSK
  • ファクトム(FCT):0.1 FCT
  • リップル(XRP):0.15 XRP
  • ネム(XEM):0.5 XEM
  • ライトコイン(LTC):0.001LTC
  • ビットコインキャッシュ(BCH):0.001BCH
  • モナコイン(MONA):0.001MONA
  • ステラルーメン(XLM):0.01 XLM

それぞれの数字の後に表記されている3文字の英語は、通貨単位です。Coincheckユーザー間で送金を行う場合は、例外的に無料とされています。

日本円の出金手数料

口座から日本円を出金する場合の手数料は、407円です。

※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。

初心者にCoincheckがおすすめの理由

口座開設
仮想通貨取引を行うためには、仮想通貨の取引所に口座を開設する必要があります。

国内の仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckは、取引画面は見やすく、初心者でもわかりやすく使えるスマホアプリを提供している点が特徴です。

また、購入できる仮想通貨の種類が11種類と豊富で、多くの選択肢から自分が投資したい通貨を選ぶことが可能です(2019年12月時点)。

さらに、Coincheckには貸仮想通貨と呼ばれるサービスもあります。

貸仮想通貨のサービスを利用すれば、保有している仮想通貨を貸し出し、最大年率5%で貸し出した仮想通貨をもらうことができます。

Coincheckでの口座開設の手順

Coincheckで仮想通貨を購入したい人は、まず取引に必要となる口座を開設することが必要です。

口座開設は、Coincheckにアカウントを登録することから始めます。アカウント登録には、メールアドレスが必要です。

Coincheckのアカウント登録はこちら

続いて、電話番号の承認を行います。

本人確認

携帯電話番号を入力してメッセージを受信すれば承認完了です。

さらに、本人確認書類のアップーロードが求められます。本人確認書類として認められるものは、運転免許証やパスポートなどです。そして、IDセルフィーを提出します。

IDセルフィー

これらの手続きが完了すると、数日〜1週間程度で手続きが終了したことをお知らせするハガキが届きます。ハガキを受け取ることで、本人が登録した住所に住んでいることが確認される仕組みです。

以上の手続きすべてが完了すれば、Coincheckの全機能を使えるようになります。

本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金・送金などができません。

すべての機能を使用するために、本人確認の手続きをしておきましょう。

詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら

Coincheckで仮想通貨を購入する手順

コインチェックアプリ(Android)
Coincheckで仮想通貨を購入する場合、スマホアプリを利用すると簡単に購入できます。

コインチェックアプリを立ち上げて、サイドバーに表示されている「コイン購入」をタップします。

次は、仮想通貨の種類が表示されますので、「購入する仮想通貨」をタップして、購入通貨を選択します。さらに、購入する通貨の数量を入力します。

このあと、数量と取引時価で計算された購入金額が表示される仕組みです。最後に、購入金額を確認したうえで、「購入する」をタップすれば購入処理は完了します。

詳しくはこちら:仮想通貨の購入方法

まずはお小遣い程度から始めてみよう!

仮想通貨は、小数点単位で購入できます。そのため、お小遣い程度の少額から取引できることがメリットです。

これから仮想通貨取引を始める場合は、取引画面が見やすく、スマホアプリもあるCoincheckを利用されてみてはいかがでしょうか。

初心者でも使いやすく、500円などの少額から取引を始めることができます。また、口座開設手数料や口座の維持手数料はかかりません。

Coincheckで取引を行うためには口座開設が必要ですので、まずはアカウント登録から始めてみてください。