総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

仮想通貨を購入する方法

2019-09-17 仮想通貨の購入

仮想通貨を購入するには、仮想通貨の口座を開設して、仮想通貨の販売所・取引所を利用することになります。

ここでは、販売所と取引所の違いを踏まえながら、仮想通貨を購入するまでの流れをご紹介します。

仮想通貨の販売所・取引所について

ビットコイン取引所
仮想通貨の販売所あるいは取引所を利用することで、仮想通貨を購入することができます。

販売所では、運営会社とユーザーとのあいだで、仮想通貨を購入・売却することができます。運営会社が保有するコインを、ユーザーが提示された価格で売買するしくみです。

取引所では、ユーザー同士が仮想通貨を売買します。ユーザーは売買板を見ながら、仮想通貨の金額を決めて取引をするのです。なお、Coincheckでは、販売所および取引所、どちらでの取引も可能です。

口座を開設してみよう

販売所、取引所、どちらの機能を利用するにも、まずは仮想通貨の口座を開設しなければなりません。以下で、そのための手順について解説します。

1. Coincheckのアカウント登録

口座開設
まずは、Coincheckのサイトにアクセスし、「アカウント登録」を行います。

アカウントの登録ページはこちら

メールアドレスとパスワードを入力し、「アカウント作成」ボタンを押すと、入力したメールアドレス宛に、メールが送られます。

その文面に記載されたURLをクリックすれば、あなたのメールアドレスで間違いないことが確認されますので、アカウントが無事に作成されます。

Facebookのアカウントがある人は、「Facebookで10秒で登録」ボタンを押せば、同様にアカウントが作成される流れとなります。

2. SMS認証(電話番号認証)を行う

本人確認
次に電話番号を登録します。

Coincheckが指定した番号に、お手元の携帯電話・スマートフォンからSMS(ショートメッセージ)を送ってください。

返ってくるメッセージに書かれた認証コード6桁をCoincheckのサイトで入力すれば、あなたの電話番号が真正なものと認証され、登録完了となります。

3. 本人確認書類を提出してはがきを受け取る

次に、本人確認書類(身分証明書)の画像を送信します。

運転免許証・パスポート・在留カード・特別永住者証明書・運転経歴証明書・住民基本台帳カード・個人番号カード(マイナンバーカード)が、本人確認書類として利用可能です。

加えて、Coincheckでは「IDセルフィー」という画像も、送信していただきます。

IDセルフィー

先に送信した本人確認書類を手に持った状態で、あなたの「自撮り」写真を撮影してください。このIDセルフィーによって、本人確認書類が確実にあなたの手元にあることが証明できます。

これらの証明画像の送信をもって、口座開設手続きは完了となります。

最後に住所確認として、Coincheckから登録住所へ簡易書留ではがきを郵送いたします。その受け取りを確認した時点で、Coincheckのすべての機能をご利用いただけるようになります。

詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ

仮想通貨購入のための入金・決済方法

ビットコイン(BTC)
Coincheckでは、仮想通貨を購入する前に、日本円を入金していただくことになります。

日本円の入金は、銀行振込のほか、コンビニ入金、クイック入金のいずれかの方法によって可能です。また、日本円を入金せずに仮想通貨を購入できるクレジットカード決済もあります。

・銀行振込

銀行振込
銀行振込を行うには、まずCoincheckにログインして、サイト上の「日本円を入金する」を押してください。Coincheckが指定する銀行口座が表示されます。

こちらの口座に、金融機関から日本円の振込みを行います。日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。

・コンビニ入金

コンビニ入金
コンビニ入金を利用するには、Coincheckにログインして、サイト上の「コンビニ入金」を選択します。

次に、入金額を入力し、支払先のコンビニエンスストアを選択してください。すると、各コンビニチェーン店の入金方法が表示されますので、店頭にて手続きを行いましょう。

・クイック入金

クイック入金
クイック入金は、ペイジー決済のシステムを利用した、金融機関での入金となります。Coincheckにログインして、サイト上の「クイック入金」を選択し、入金額を入力して「決済申請」ボタンを押します。

支払金額のほか、手続きに必要な「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」の情報が表示されます。これらの情報を基に、PCを使ったインターネットバンキングやスマホを使ったモバイルバンキング、あるいは金融機関のATMで手続きを行います。

・クレジットカード決済※

クレジットカード決済での仮想通貨の購入は、5,000円からの受け付けとなります。

日本円で購入するときのレートとは異なる、クレジットカード専用レートでの購入となります。レートは10秒ごとに変動しますので、決済に時間がかかった場合、コインの購入量が多少上下することがございます。

※現在、Coincheckでのクレジットカード決済は停止中です。

仮想通貨の購入方法

Coincheckの取り扱い仮想通貨
仮想通貨の販売所・取引所、それぞれの購入方法を確認していきましょう。

販売所

販売所を利用して購入するときは、希望する量の仮想通貨を購入できます。

運営会社とユーザーがコインを売買するしくみで、少し手数料が高めに設定されていますが、確実に安心して仮想通貨を購入することができるでしょう。

取引所

一方、取引所では、売買板に出ている価格と数量に応じた取引となります。ユーザー同士のマッチングがうまくいかなければ、取引は成立しません。

仮想通貨の取引所を利用するとき、仮想通貨の売り手は匿名の状態です。もちろん、買おうとしている人も、相手には誰なのかが知られない状態で取引が行われます。

成行注文と指値注文

主な注文方法に、相場で取引が成立している現在の価格で購入・売却する「成行注文」と、購入・売却したい価格と数量の希望を出して、同じ価格と数量で取引したい人が現れるまで待つ「指値注文」があります。

指値注文の場合、不本意な価格で購入・売却しないで済むメリットがありますが、相場の値動きによっては、いつまで経っても購入することができない可能性もあります。

現物取引とレバレッジ取引について

ビットコイン取引
仮想通貨の売買には、「現物取引」と「レバレッジ取引※」の2種類があります。

仮想通貨の販売所で、仮想通貨を売買するときは現物取引のみになります。仮想通貨の取引所で、仮想通貨を売買するときは、現物取引だけでなくレバレッジ取引も可能になります。

現物取引では、購入した仮想通貨を自由に送金したり売却したりことができます。

レバレッジ取引とは

一方、レバレッジ取引とは、口座に入れた現金を「証拠金」として、その何倍もの額の仮想通貨を売買する取引のことです。ただし、レバレッジ取引で購入した仮想通貨を、ほかの仮想通貨取引所の口座に送金することはできません。

あくまでも、特定の仮想通貨取引所の中だけで売買できる権利であり、値動きに合わせて売買の価格差で利益を得る目的に特化しています。

例えば、10万円分のビットコイン(BTC)を購入したとき、その後に10%値上がりして11万円になれば、現物取引なら単純計算で10,000円分の利益が出ることになります。

一方で、3倍のレバレッジ取引を行っていれば、10万円を証拠金として、最大30万円のビットコイン(BTC)を購入することができます。10%値上がりすれば、30,000円分の利益になります。

仮想通貨を保有していない状態から「売る」ことも可能

レバレッジ取引なら、仮想通貨を保有していない状態から「売る」ことも可能です。

その場合は、値下がりするほど利益が出ます。ただし、レバレッジ取引で大きな損失を出せば、現物取引を超えるペースで証拠金が減ってしまうことになりますので、くれぐれもご注意ください。

Coincheckでは、最大で5倍のレバレッジ取引が可能です。また、証拠金が残り50%を下回った時点で自動的にロスカットを行い、強制決済を執行するしくみがあります。

※現在、Coincheckでのレバレッジ取引は停止中です。

仮想通貨の手数料について

仮想通貨の手数料
仮想通貨の取引においては、各種サービスを利用するときに、入金手数料や出金手数料などがかかります。

入金手数料

Coincheckでは、「銀行振込」による入金手数料は無料です。ただし、Coincheckが指定した銀行口座へ日本円で振込むことになりますので、利用している金融機関が定める振込手数料が必要になります。

また、「コンビニ入金」「クイック入金」の入金手数料は、以下のように入金額によって変わります。

<コンビニ入金>

  • 日本円の入金額が30,000円未満:入金手数料756円
  • 日本円の入金額が30,000円以上30万円以下:入金手数料1,000円 ※1回あたりの入金上限額は30万円

<クイック入金>

  • 日本円の入金額が30,000円未満:入金手数料756円
  • 日本円の入金額が30,000円以上50万円未満:入金手数料1,000円
  • 日本円の入金額が50万円以上:入金手数料、入金額×0.108%+486円

出金手数料

Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき400円となります。日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。

仮想通貨の出金手数料

Coincheckの口座から、Coincheck以外の別の仮想通貨口座へ送金する際の「仮想通貨の出金手数料」は、仮想通貨の種類によって額が異なります。

例えば、ビットコイン(BTC)は0.001BTC、イーサリアム(ETH)は0.01ETHの負担となります。なお、Coincheckユーザー間の送金手数料は無料です。

※手数料は、2019年9月17日時点の金額です。

Coincheckが取り扱う仮想通貨の種類

アルトコイン
Coincheckでは、ビットコイン(BTC)をはじめ、さまざまな仮想通貨を取り扱っています。

Coincheckで取り扱いのあるコインには、以下のようなものがあります。

  • ビットコイン(BTC):仮想通貨界の事実上の基軸通貨
  • イーサリアム(ETH):契約内容の詳細を記録できる「スマートコントラクト」を実用化させた
  • リップル(XRP):国際送金の速度と手数料を大幅にカットすることで、世界の金融機関が注目している
  • リスク(LSK):プログラマーが独創的にプログラミングできる柔軟性が高い仮想通貨
  • ライトコイン(LTC):ビットコイン(BTC)よりも処理が速いのが特徴
  • ファクトム(FCT):独自の方法で大切な記録を公証できるようにしている
  • ビットコインキャッシュ(BCH):ビットコイン(BTC)から分裂してできた仮想通貨
  • ネム(XEM):仮想通貨の取引における承認作業であるマイニング(採掘)で、高額な資金を持っている一部のマイナー(採掘者)に報酬が偏らないように設計されている
  • イーサリアムクラシック(ETC):イーサリアムから分裂した仮想通貨。非中央集権化を徹底し、特定の機関・組織ではなく、プログラムに沿って管理している
  • モナコイン(MONA):モナコイン(MONA)は、巨大掲示板「2ちゃんねる」から生まれた仮想通貨

詳しくはこちら:Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説

「仮想通貨の財布」ウォレットとは?

ウォレット
仮想通貨の財布にあたるのが「ウォレット」です。

仮想通貨の販売所や取引所は、ユーザーの仮想通貨のデータを預かってくれる場ですが、ユーザーのPCやスマホが不正に操作されて、パスワードを盗まれてしまったら、仮想通貨口座が乗っ取られてしまうおそれがあります。

そこで、ウォレットを備えておくことが大切です。仮想通貨の財布として、インターネットのクラウド上にウォレットを作り、仮想通貨のデータを保存します。

Coincheckでもウォレット機能が備わっています

Coincheckウォレット
Coincheckでアカウント登録を行うことで、ウォレット機能を利用することができます。さらに、本人確認まで終了していれば、Coincheckのすべてのサービスが利用可能になります。

Coincheckのウォレット機能では、以下の操作ができます。

  • 仮想通貨の購入
  • 仮想通貨の売却
  • 取引や売却で得た日本円の出金
  • 仮想通貨の送金
  • 仮想通貨の受け取り

ちなみに、仮想通貨の販売所・取引所が備えているウォレット以外にも、PCのデスクトップに専用ソフトをインストールするウォレットや、外付けのハードウェアを使ったウォレットもあります。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレット
また、仮想通貨のアドレス(口座)や「秘密鍵」を、リアルな紙にメモして記録しておく「ペーパーウォレット」と呼ばれる方法もあります。秘密鍵とは、仮想通貨は暗号化されているので、その暗号を解いて送金などの操作ができるようにするための文字列のことです。

ペーパーウォレットは、インターネットとは切り離して保管されるので、ハッキングのおそれはありません。しかし、紙なので紛失してしまう可能性があります。

また、1文字でも読み取れないと使えなくなるので、仮想通貨を失うリスクは否定できません。

詳しくはこちら:仮想通貨のウォレットとは?特徴や種類は?

Coincheckが選ばれる理由

コインチェックの取り扱い通貨
Coincheckは、アカウント登録から口座開設までは簡単に行えますので、気軽に仮想通貨の取引を始めることができます。

また、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、多数の取扱コインがあり、選択肢が豊富です。さらに、Coincheckアプリはチャートが見やすく、簡単に仮想通貨を取引できる機能を備えています。

仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never