Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

リップル(Ripple/XRP)の今後はどうなる?将来性について紹介

2019-09-04 リップル(XRP)

常に仮想通貨の時価総額の上位に位置するリップル(XRP)。アルトコインの取引をはじめたいと考えている人にとって、リップル(XRP)は有力な候補となるかもしれません。

しかし、取引を始める上で心配なのは今後の展望です。購入したものの価格の急落に直面したり、何の価値もなくなったりしてしまうようなことがあっては大変です。

リップル(XRP)は、他のアルトコインにはない独自の特徴があります。どのような特徴があるのかを知ることでリップル(XRP)の将来性を探っていきましょう。

リップル(Ripple/XRP)の将来は有望?今後は?

はじめに、リップル(XRP)は将来有望な通貨なのかという問いに対して考えていきましょう。

仮想通貨はそのほかの金融商品と比べて価格の変動が激しい商品です。しかし、リップル(XRP)は有望視されることが多い通貨の一つです。

決済システムとして開発されたリップル(XRP)は実用化が進んでいるため、将来に期待する声が高まっているからです。なぜリップル(XRP)には将来性が期待できるかを、信用の面から考えてみましょう。

法定通貨には政府や中央銀行の裏付けがある

価格の安定には信用が欠かせません。そして、信用には裏付けが必要です。たとえば、円やドルなどの法定通貨は価格変動があっても一定の幅に収まっています。

それは、政府や中央銀行の信用や国力といった裏付けがあるからです。国力の要素には、その国の軍事力、経済力、技術力、資源、人口などがあり、それぞれの要素が変動すると為替レートも変動します。

デフォルトや軍事クーデターの起きた国の通貨の価格が下がるのは、国の信用がなくなり、通貨としての役割を果たすことができなくなるのではという心配からです。

かつて、戦争や紛争などの有事の際には米ドルが安全資産といわれていました。ところが現在は、円が買われるケースが多くなっています。

それは生保などの日本の機関投資家が、何か危機が起きると自国通貨を買う傾向が高いことが知られているからと考えられています。つまり価格の下支えをする存在があるかどうかも、信用力の裏付けになっているのです。

仮想通貨には国の裏付けがない

一方、仮想通貨には国の裏付けがありません。

需給バランスの変化だけが相場を上下する仮想通貨は、価格の変動が起こりやすい条件が整っているということもできます。特定の企業や政府の意向や影響を受けることがないのはプラスでもあり、マイナスでもあります。

その点、リップル(XRP)はリップル社が管理しており、ビットコイン(BTC)のようなマイニングはありません。また、決済システムとして優れた特徴を持つリップルのネットワークには、世界中の金融機関が参加しています。

投機性だけではなく、実用性の面でも評価され、すでに実用化の動きが広まっていることも信用の裏付けとなっていると言えるでしょう。

リップル(Ripple/XRP)の特徴

リップル(XRP)
リップル(XRP)は、「価値のインターネット」を実現するために開発された仮想通貨です。価値のインターネットとは、手軽に迅速に価値の移動を行おうとする構想です。

社会的な地位や経済状況にかかわらず、インターネット環境さえあれば利用できるメールやSNSのように、誰でも低コストで価値の移動ができる世界を目指しています。

国際送金だけのための通貨ではない

国際送金を速く安く行うことができるリップル(XRP)は、送金のための通貨だと思われがちです。しかし、国際送金はリップルの目標を実現するための一手段に過ぎません。

リップル社の創業者はリップル(XRP)の現状について、古本の再販から事業を拡大していったAmazonを例に挙げています。Amazonはさまざまな事業を行っているので、一見すると何の会社か分かりにくいと感じている人もいるかもしれません。

ところが、実際にはある事業を土台として次の事業につなげていっているという側面があります。それぞれの事業が有機的につながっているのです。

価値が集中している国際送金市場は、リップル(XRP)にとって優先順位の高い市場であったと考えることもできるでしょう。

Google Venturesがリップル社に出資

また、リップル社は、Google VenturesやAndreessen Horowitzなどの有名なベンチャーキャピタルが出資した会社としても知られています。

そうした面からもリップル(XRP)の将来性をうかがい知ることができます。他にも、日本からは三菱UFJ銀行などの大手銀行が、リップルのネットワークを利用していることも有名です。

リップル(Ripple/XRP)のメリット

リップル(XRP)
リップル(XRP)の主なメリットは、国際送金を速く安くできることです。

送金だけなら他の仮想通貨でもよいのでは、という疑問があるかもしれません。ここに他の仮想通貨とリップルの大きな違いがあります。

非中央集権型のビットコイン(BTC)とは異なる

仮想通貨の元祖であるビットコイン(BTC)は、中央集権的な管理者なしに、低コストで国際送金を可能にするために開発されました。

ところが、ユーザーが増えるにつれて手数料の高騰や送金速度の遅れ、マイナーが一部の地域の偏るなどの問題が出てきました。

手数料を安くする仕組みもありますが、手数料が安くなるとマイニングによって報酬を得ているマイナーの利益が減ってしまいます。特定の管理者がいないフラットな体制が、逆にビットコイン(BTC)の改良を妨げる原因となっているのです。

また、ビットコイン(BTC)はマイニングよって認証されますが、その認証方法であるプルーフ・オブ・ワークには多くの問題点が指摘されています。主な問題は送金性能の限界や、処理速度やネットワークの安定性を確保できないことです。

マイニングがないため電気代を抑えられる

一方、リップル(XRP)にはマイニングがありません。

リップル社が発行を管理しているため、コンピューターの電気代を最低限に抑えることができるだけでなく、手数料を高止まりさせるマイナーの意図も関係ありません。

リップル(XRP)はリップル社という管理者がいることで、改良が速く安定したネットワークが実現できるのがメリットです。

ブリッジ通貨としての役割

また、リップル(XRP)にはブリッジ通貨としての役割があります。

ブリッジ通貨とは他の通貨との橋渡しをする通貨のことです。世界にはメジャーなものとマイナーなものを合わせると、多くの通貨が存在しています。

ブリッジ通貨がなければ、両替をする銀行はすべての通貨とのペアを準備しなければなりません。仮に世界に50の通貨が存在するとなると、通貨ペアの組み合わせは1225通りにもなります。

ブリッジ通貨があれば、国際通貨に必要となる通貨を大幅に減らすことができます。ブリッジ通貨と交換できればよいことになるので、送金のコストや手間を大幅に改善できるからです。

リップル(XRP)がブリッジ通貨としていつでも取引できる安定した市場に参加することで、リップルの価格変動も抑えられると考えられています。

即時決済システム

また、リップル(XRP)に採用されているのは即時決済システムです。

そのため、法定通貨と仮想通貨との交換だけでなく、仮想通貨同士の交換や、クレジットカードやデビットカードの決済システムとも接続し価値の移動がスムーズに行われることを目指しています。

リップル(Ripple/XRP)の取引速度と手数料

リップル(XRP)
リップル(XRP)が決済システムとして優れている要因は、取引速度の速さです。ビットコイン(BTC)で1時間ほどかかる取引は、リップル(XRP)ではわずか4秒で完了するように設計されています。

また、1秒間に処理できるトランザクションの処理回数は、ビットコイン(BTC)が3~6回のところ、リップル(XRP)は5万回とされています(2017年7月15日時点)。送金手数料で比べても、今のところはビットコイン(BTC)よりも安くなっています。

リップル(Ripple/XRP)と提携している金融機関

リップルと提携している金融機関
リップル(XRP)の決済システムは世界中の金融機関で注目されていますが、一体どれくらいの金融機関が提携しているのでしょうか。

2018年11月時点にて、すでに200社近くと契約を結んでいることが発表されました。提携先企業のリストにはさまざまな金融機関が名前を連ねています。

日本からは、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャル・グループ、三井住友信託銀行、SBIホールディングスなどが参加しています。

その他、アメリカのバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチや、イギリスのバークレイズ、スペインのサンタンデール銀行などの大手行もリップル(XRP)と提携済みです。

2018年のはじめには、クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスがリップルネットワークによる即時決済システムを実装完了したことが報じられています。

リップル(Ripple/XRP)のロックアップとは

リップル(XRP)
リップル(XRP)のロックアップとは、リップル社が保有するリップルを一定の期間売りに出さないということです。

リップル(XRP)はビットコイン(BTC)などとは異なり、最初にすべての通貨を発行し、時間の経過とともに流通量が減る仕組みとなっています。

リップル社は発行済の通貨1000億XRPのうち6割程度を保有していました。過半数以上のリップル(XRP)を保有していることは、市場の懸念を招いていました。

もしリップル社が一度に保有しているリップル(XRP)を一度に放出したら、リップル(XRP)の価格が暴落するのではないかというものです。この不安を払拭するために、取られた対策がロックアップです。

リップル社は保有するリップル(XRP)の87%である550億XRPをロックアップ(預託)することにしました。すでにロックアップは2017年12月までに完了しています。

ただし、このロップアップは期間限定なもので2018年1月からは毎月1日に10億XRPずつ解除されています。10億XRPを解除された月に使い切れなかった場合、残った分は再び55カ月間ロックアップするということから、安定的に開放される仕組みをとっていることが分かるでしょう。

詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)のロックアップとは?影響や解除について徹底解説

リップル(Ripple/XRP)の価値は上がる?

リップル(XRP)
リップル(XRP)の価格が上がる要素にはどのようなものがあるのでしょうか。

価格が上昇する要因にはさまざまなものがありますが、例えば1つは投資マネーが入ることです。現在の仮想通貨の価格上昇は、この投資マネーによって起きています。

他の要因としては、国際送金でリップル(XRP)のネットワークが普及し、リップル(XRP)がたくさん取引されることなども挙げられるでしょう。

国際送金の手段としてリップル(XRP)が日常的に利用されるようになると、かなりの取引量になります。流動性が上がることで、必然的にリップルの価格も上昇していくこともあるでしょう。

リップル(Ripple/XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら

リップル(Ripple/XRP)が今後目指すもの

リップル(XRP)
リップル(XRP)の実現しようとする「Internet of Value(インターネット・オブ・バリュー。略称IoV)」とは、どのような世界なのかを詳しくみていきましょう。

価値の移転を試みるIoVが目指すのは、送金だけではありません。世の中にはたくさんの電子取引可能なサービスが存在しています。

すでに株式、デリバティブ商品、ポイント、音楽、本、映像などは電子的に取引することが可能ですし、将来はサービスとサービスをつなぐこともできるようになっていくかもしれません。

株式とお金を組み合わせて買い物をするなど、買い物の方法も多様化されていく可能性があります。リップル(XRP)はブリッジ通貨としてさまざまな通貨の架け橋となろうとしている点が、ビットコイン(BTC)とのスタンスの違いとも言えるでしょう。

リップル(Ripple/XRP)購入後の保管方法やウォレットについて

リップル(XRP)
リップル(XRP)を入手した後の保管方法を確認しておきましょう。仮想通貨の保管場所であるウォレットにはいくつかのタイプがあります。

ウェブウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなどです。安全性は後に挙げたもののにつれて高くなっていきます。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、インターネットに常時つながった状態で仮想通貨を保管するウォレットです。

資金移動しやすいのはメリットですが、ハッキングなどの資金流出リスクは最も高くなります。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、パソコンにウォレットをダウンロードしてローカル環境で利用できるウォレットのことです。

ウェブウォレットよりは安全ですが、パソコンがウイルスに感染したり故障したりすると管理できなくなるデメリットがあります。

日常的に管理する資金はデスクトップウォレットで問題ないかもしれませんが、数年単位の長期保管や大きな金額を保管するにはハードウェアウォレットなどを活用するのも良いでしょう。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、オフライン環境で仮想通貨の秘密鍵を管理できるUSBのような端末です。オフラインのためハッキングのリスクは低くなります。

ハードウェアウォレットは紛失や故障にも対応できるようになっているため、長期保管にはおすすめのウォレットです。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは一番安全とされている管理の方法です。紙に秘密鍵を記載するため、ハッキングリスクはゼロとなっています。

ただし、紙自体の紛失リスクや焼失リスクなどはありますので、保管には注意が必要です。

リップル(Ripple/XRP)を取引する際の注意点

最後にリップル(XRP)を取引する際の注意点を確認しておきましょう。

リップル(XRP)は将来性が期待されている通貨ではありますが、仮想通貨であることには変わりません。相場の変動が大きく、価格は常に動いています。

また、法定通貨とは異なり補償がないことを認識しておくのも大切です。リップル(XRP)の値動きをこまめに確認しつつ、上手に活用していきましょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never