Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

仮想通貨の価格はなぜ上がる?理由や仕組みを知っておこう

未来の通貨として期待される一方、投資対象としても人気が出てきている仮想通貨。これまでも短期間に価格が急変動するなど、株やFXよりも高い変動率を記録することも珍しくありませんでした。

そんな仮想通貨が価格変動する理由は、一体何でしょうか。そこで今回は、仮想通貨の価格が上がる理由に焦点を当てて、考えられる理由をご紹介します。

理由が分かれば、仮想通貨をより活用することができるので、これから仮想通貨を始める人は、参考にしてみてください。

仮想通貨とは

仮想通貨
そもそも仮想通貨とは、インターネット上で使える通貨のことを指します。

暗号通貨や暗号資産とも呼ばれ、次世代の通貨として注目が集まっています。日本円やドルのような法定通貨とは異なりますが、資金決済法によって定義されています。

2017年から2018年にかけて、歴史的にも仮想通貨の価格が急上昇したことで、日本でも多くの人に知られることとなりました。今後、法整備や使える店舗が増えてくれば、世界中で法定通貨に代わって使われる可能性もあるかもしれません。

元祖仮想通貨であるビットコイン(BTC)が誕生したのは2008年のことです。いまだに正体不明の「ナカモトサトシ」氏の論文によって、ビットコイン(BTC)は考案されました。

それから今日に至るまで、ビットコイン(BTC)は仮想通貨の代表として主軸をなし、それに追随するようにほかの仮想通貨であるアルトコインも誕生してきました。

それぞれの分野で強みを持つアルトコインの中にも、今後の発展が期待されるものが多くあります。

仮想通貨の特徴について

BLOCKCHAIN
法定通貨と比較して、仮想通貨の特徴は以下が挙げられます。

1. 中央管理者が不在

1つ目が「中央に管理者が不在の場合がある」点です。

法定通貨は通常、それを発行する国が主体となっています。景気が縮小すれば発行量を増やすなど、政府が通貨を操作する判断を下すこともあります。

それに対して、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨には、中央管理者や発行者がいません。特定の人によって、価格や発行量を操作されることはなく、あらかじめ発行量などが定められており、プログラムに組み込まれています。

2. ブロックチェーン技術

2つ目が、ほとんどの仮想通貨が「ブロックチェーン技術を採用している」点です。

ブロックチェーン技術とは、記録されたデータの改ざんや不正がしにくいとされている技術です。多くの仮想通貨にはこの技術が使われており、ユーザー同士がお互いに監視することで、システムの安全性が保たれています。

3. 発行上限

3つ目が「発行枚数に上限がある場合がある」点です。

法定通貨は、発行主体である国が操作を加えれば、無限に発行することも可能です。そのような状況になれば、通貨の価値は下がり、インフレになってしまいます。

一方で、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨には、あらかじめ発行上限がプログラムされており、一定量以上の発行が制限されています。これにより、ハイパーインフレを防ぐことができ、一定の価値を保ち続けることができるように設計されています。

4. 法定通貨と交換できる

4つ目が「法定通貨と交換できる」点です。

仮想通貨は、仮想通貨の取引所と呼ばれる場所で、別の仮想通貨に交換することもできれば、法定通貨に換金することもできます。

お金と同じ役割を持つので、決済方法として導入されている店舗で買い物をしたり、遠く離れた友人にスピーディーに低コストで送金したりすることもできます。

仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら

仮想通貨を使うメリット

仮想通貨
法定通貨ではなく、仮想通貨を使うメリットには例えば以下が挙げられます。

1. 海外送金が早い

1つ目が「海外送金が早い」点です。

仮想通貨の強みとして、処理速度が速く、送金に向いていることが挙げられます。法定通貨よりも海外送金などの場合は速く済むので、今後、一般的な送金手段として機能する日も来るかもしれません。

2. 送金手数料が安い

2つ目が「送金手数料が安い」点です。
仮想通貨は、送金速度だけでなく送金の際にかかる手数料も安く済みます。スピーディかつローコストで送金を済ませることができることが、仮想通貨の大きな魅力といえるでしょう。

3. 海外での両替が必要ない

3つ目が「海外での両替が必要ない」点です。

通常、海外に送金を行う際には、送金先の通貨に一旦両替する必要が出てきます。その際には手数料もかかりますし、何より手間がかかります。

仮想通貨を使えば、全世界共通なので両替する必要がありません。海外送金の際はとても便利といえます。

4. 投資した資産の額が大きくなる可能性がある

4つ目が「投資した資産の額が大きくなる可能性がある」点です。

仮想通貨は、未来の通貨としてその技術力に期待されているだけでなく、価格変動の大きさから投資対象としても人気があります。価格上昇することも珍しくないので、投資した資産の額が大きくなる可能性も十分に考えられます。

仮想通貨の値上がり

チャート
仮想通貨はこれまでも、急激な価格変動を繰り返してきました。仮想通貨の価格上昇に関して理解しておきたいポイントがいくつかあります。

1. 価格は常に一定ではない

1つ目が「価格は常に一定ではない」点です。

法定通貨は、インフレなどで価値が下がることはあっても、額面は変わりません。仮想通貨の場合は、同じ数量を保有していても、局面によって日本円に換算したときの価格が変わります。

投資をして利益を生み出すには、この価格変動をうまく利用する必要があります。

2. 値上がり要因を予測する

2つ目が「値上がり要因を予測する」点です。

仮想通貨が価格変動する局面には、理由がある場合もあります。一般的に、仮想通貨に関して良いニュースが出れば価格は上昇し、悪いニュースが出ると価格は下落します。

値上がりした要因をきちんと確認することで、今後同じようなニュースが出た際に、仮想通貨で利益を出すことができるようになるかもしれません。

3. 売りから入ることで利益を出すこともできる

3つ目が「売りから入ることで利益を出すこともできる」点です。

現物取引を行う場合には、価格の上昇局面でしか利益を得ることができませんが、レバレッジ取引であれば売りからの注文ができます。売りから入ることで、価格が下落する局面でも利益を得ることができます。

レバレッジ取引は初心者向けではありませんので利用時には注意が必要ですが、局面に応じて使い分けることで賢く利益を生み出すことができるでしょう。

仮想通貨が値上がりする原因は?

仮想通貨
一般的に、価格というものは需要と供給のバランスで決定されるといわれています。

需要というのは、それを欲しいと思う人がどれだけ多いかということで、供給というのは、通貨量など市場にある数をいいます。そのため、供給よりも需要が大きくなっていると値上がりする傾向にあります。

そこで仮想通貨が値上がりする要因として考えられるのが、以下のポイントです。

1. 将来、需要が大きくなると予想される

1つ目が「将来、需要が大きくなると予想される」場合です。

例えば、仮想通貨の普及を期待させるニュースが流れると、今後買う人が増えると予想されて、値上がりすることもあります。

2. 仮想通貨の知名度が上がる

2つ目が「仮想通貨の知名度が上がる」場合です。

例えば、大企業が仮想通貨の採用を決めたケースや、有名店舗で導入されたケースなど、身近なところで仮想通貨が知られるようになった場合などにも、価格が上昇することがあります。

ただし、知名度が上がったからと言って、悪いニュースでは逆効果な場合もありますので、その点は注意が必要です。

3. 仮想通貨の取引所への上場

3つ目「仮想通貨の取引所へ上場した」場合です。

国内外問わず、仮想通貨の取引所は多くありますが、利用者の多い取引所に上場するほど仮想通貨は価格が上がりやすくなる傾向があります。利用者が多い取引所では、通貨の流動性が高く取引されやすくなるためです。

また、大手の取引所に上場すると仮想通貨の知名度も高くなるため、価格は上昇する傾向にあります。

仮想通貨の値動き幅が大きい理由

仮想通貨
仮想通貨は、株やFXに比べると価格変動が大きいことで知られています。その理由としては、以下のような理由が考えられます。

1. 取引量が少ない

1つ目が「取引量が少ない」点です。

株式投資やFXに比べて、仮想通貨市場に参入している人が少ないため、一部の大口投資家が動くだけで、全体の価格に影響を及ぼすことがあります。今後購入者が増えてくれば、全体的に価格は安定していくものとも考えられています。

2. 1日あたりの値動きに上限がない

2つ目が「1日あたりの値動きに上限がない」点です。

株の場合は、ストップ安やストップ高といって、1日の値動きに上限が設定されています。これにより、急激な価格変動を防いでいます。

それに対して、仮想通貨は、1日あたりの値動きに上限がありません。上昇するときは、株などのほかの金融商品を超える価格変動をすることもあります。

3. プロの投資家が少ない

3つ目が「プロの投資家が少ない」点です。

仮想通貨には、まだプロトレーダーなどがそう多くは参入していないといわれています。そのため、株やFXなどに比べると、初心者でも勝ちやすい場合もあります。

また、機関投資家などが参入してくれば相場への影響は大きく、価格を吊り上げる可能性もあるでしょう。

4. 国による規制に左右されがち

4つ目が「国による規制に左右されがち」な点です。

仮想通貨はまだ発展途上であり、各国が規制や認可などで模索をしている状態です。仮想通貨に悪い規制のニュースであれば価格は下落し、法整備などの良いニュースなら価格は上昇しやすくなります。

仮想通貨を買うタイミング

仮想通貨
仮想通貨を買うタイミングとして、初心者が理解しておきたいポイントには以下が挙げられます。

1. 長期保有

1つ目が「長期保有する場合は売買タイミングをそこまで意識しなくても良い」点です。

もし、仮想通貨の将来性を期待し、長い目で保有するつもりなら、そこまで売買タイミングを気にしなくても良いでしょう。仮に仮想通貨が大幅な価格上昇をすれば、数年単位で保有することで、大きな利益を得ることができます。

2. 下落した後

2つ目が「下落した後に買う」点です。

初心者で買うタイミングが分からないという人は、下落した後など、価格が安くなったタイミングで買う方法もあります。

一時的な下落局面などどうまく購入することができれば、長い目で見るとお得な値段で手に入れることができたと言えます。ただし、そのまま価格が下落していく場合もありますので、その点には注意が必要です。

仮想通貨の始め方

仮想通貨を買うためには、まずは仮想通貨の取引所にアカウントを作る必要があります。

Coincheckの口座開設はこちら

個人情報を入力して、本人確認書類の画像を提出し、後日自宅に届くハガキを受け取れば、簡単に口座開設することができます。口座開設をしたら、次は日本円の入金です。

仮想通貨を買うための日本円を銀行振込などで入金し、実際に買いたい仮想通貨を購入します。購入した仮想通貨は、買い物時の決済に使えるだけでなく、価格が上昇したタイミングで売れば利益を出すこともできます。

また、ほかのアカウントなどに送金することも可能です。取引所の口座開設から仮想通貨の取引まで、特に難しい手順はないので、初心者でも簡単に始めることができるでしょう。

仮想通貨の保管場所の種類

ウォレット
仮想通貨を購入したら、仮想通貨の取引所でもそのまま保管することができます。

ですが、よりセキュリティを上げるためにウォレットを活用するのも一つの手です。ウォレットとは仮想通貨を保管するための財布のようなものです。

ウォレットには大きく以下の種類があります。

1. ウェブウォレット

1つ目が「ウェブウォレット」です。

ウェブウォレットとは、ネットにつながれた環境で保管しておくウォレットのことで、ハッキングリスクはあるものの資金移動がすぐにできます。

2. デスクトップウォレット

2つ目が「デスクトップウォレット」です。

デスクトップウォレットとは、自身のパソコンで保管する方法で、ネットとは切り離された環境で保管することもできます。

パソコンの破損などには注意が必要ですが、送金などの際にネットとつなげば良いため、状況に応じて使い分けることができます。

3. モバイルウォレット

3つ目が「モバイルウォレット」です。

モバイルウォレットは、スマホなどの端末で保管する方法で、外出先の買い物などでもすぐに使用することができます。

4. ハードウェアウォレット

4つ目が「ハードウェアウォレット」です。

ハードウェアウォレットとは、USBのような端末に保管する方法で、高いセキュリティを誇ります。ネットとは隔離して秘密鍵を保管できるだけでなく、USBのような端末を持ち運びすることもできます。

5. ペーパーウォレット

5つ目が「ペーパーウォレット」です。

ペーパーウォレットは、文字通り紙に印刷して保管する方法で、ハードウェアウォレットと同様に、ネットとは隔離して持ち運ぶことができます。

それぞれのウォレットはそれぞれ特徴がありますので、使う場面や自分のスタイルに合った方法を選ぶと良いでしょう。

仮想通貨の市場は今後拡大する?

仮想通貨
多くの人が気になるのが、今後仮想通貨の市場は拡大するのかどうかということでしょう。

それを予測するために大事なポイントとなるのが、2018年にアメリカの全米証券業協会が開設・運営している電子株式市場「NASDAQ」が、仮想通貨ビットコインの先物を上場する計画を発表したことです。

これにより、多くの投資家が仮想通貨に参入する可能性もあり、今後の仮想通貨市場の発展の材料として捉えることもできます。また、日本国内でも法整備が進んでおり、顧客保護などに関するさらなる規制が今後行われる可能性もあります。

一方で、市場が不安定になる可能性もゼロではありません。取引所のハッキングリスクや、技術の脆弱性など予期せぬトラブルがあれば、価格が下落する局面もありえます。

仮想通貨は値動きが激しく、株やFXに比べると価格変動によって利益を出しやすい側面を持ちます。過去の傾向を分析すると、価格が上昇するタイミングが分かることもあるかもしれません。

仮想通貨の価格に影響しそうなニュースには常に敏感になり、正しい情報を取り入れて値動きを予測するのが大切です。価格が上がるタイミングを見極め、まずは仮想通貨の取引所に口座を開設して、賢い取引を始めてみましょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never