Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Pengungkit perdagangan
JPY
BTC
Batas deposito
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Batas tersedia
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Pengungkit
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
イーサリアム(Ethereum/ETH)に関する記事一覧です。イーサリアム(Ethereum/ETH)の基礎知識や購入・取引・口座開設の方法などが掲載されています。

カテゴリー: イーサリアム(ETH)

仮想通貨の管理はどのようにするのか、イメージがわかないという人もいるかもしれません。実物がない通貨である仮想通貨の取引をスムーズに進めるには、アプリの存在が欠かせません。 仮想通貨は価格の変動が大きいため、いつでも簡単に取引できる環境を整えておくことも大切です。急な相場変動に対応できるようにしておけば、損失を最小限に食い止め、さらに相場上昇の流れに乗れる可能性も高まります。 そこでこの記事では、仮想通貨のイーサリアム(ETH)の取引をするためにおすすめのアプリとその特徴をご紹介します。 初心者でも扱いやすいコインチェックアプリ 2019年時点にて金融庁登録済の仮想通貨交換業者は複数社ありますが、そのなかでも、アプリが使いやすいと高い評価を受けているのがコインチェックアプリです。 Coincheckは、国内の仮想通貨取引業者のなかでも、イーサリアムなどのアルトコインの取り扱い数が豊富なことで知られています。確認できるチャートも複数あり、イーサリアムのチャートもチェックできます。 アルトコインのチャートや直近の価格変動をウィジェット機能で見るために、コインチェックアプリを利用している人もいるほど、使い勝手のよいアプリとなっています。 なお、コインチェックアプリの全ての機能を利用するには、取引所に口座を開設する必要があります。口座開設を行うと、取引所の全ての機能も利用でき、仮想通貨の売買や送金も可能です。 コインチェックアプリは、仮想通貨の初心者から上級者まで満足できる、見やすさと直感的に使いやすいデザインに定評があります。 詳しくはこちら:コインチェックアプリの使い方(iOS・Android) イーサリアム(Ethereum/ETH)を保管できるウォレットやアプリ イーサリアムを保管できるウォレットにはいくつかあります。 定番のMy Ether Wallet(マイイーサウォレット) まず、イーサリアムクラシック、イーサリアをベースにしたトークンなどを管理できる定番のウォレットは、My Ether Wallet(マイイーサウォレット)です。 ただし、My Ether Walletは基本的にはパソコンで使ったり、ペーパーウォレットとして利用したりするためのウォレットです。ペーパーウォレットはインターネットから隔離して秘密鍵を保管できますが、そうでない場合はインターネットに接続されているため、ハッキングなどの盗難リスクに注意する必要があります。 また、My Ether Walletはスマートフォンからで使うこともできますが、モバイルに完全対応しているウォレットではないため、OSの種類によっては利用できなかったり、使いにくかったりすることもあるでしょう。 Wei Wallet(ウェイウォレット) 他にも、株式会社Popshootが提供しているWei Wallet(ウェイウォレット)は、スマートフォンでイーサリアムを管理するためのウォレットとして、2018年5月にリリースされました。 Wei Walletの操作はとてもシンプルで、秘密鍵をサーバーに保存しないため、万が一サーバーがハッキング攻撃を受けても秘密鍵が流出してしまうリスクを低減しています。オープンソースで開発が行われているWei Walletは、セキュリティやバグの修正、要望などもオープンに管理されているのが特徴です。 TokenPocket(トークンポケット) イーサリアム(ETH)とERC20トークンに対応するウォレットアプリとしては、トークンポケット株式会社が提供するTokenPocketというスマホアプリもあります。iOSとAndroidの双方にサービスを提供しています。 イーサリアムトークンの所有量がわかるだけでなく、その他のトークンの総資産額もすぐに確認できるのが魅力です。2019年3月末時点で対応している分散型プラットフォームはCryptoKitties(クリプトキティーズ)、ForkDelta(フォークデルタ)、RareBits(レアビッツ)です。 公式サイトには、今後はさまざまな分散型プラットフォームに対応していく予定であることが記載されています。 イーサリアム(Ethereum/ETH)をスマホアプリのウォレットで管理する際の注意点 スマートフォンで利用できるウォレットは非常に便利なサービスですが、利用する際にはいくつか注意すべき点があります。 1. パスワードや秘密鍵の保管に注意する 1つ目の注意点は、パスワードや秘密鍵の保管に注意することです。 例えば、オンラインストレージなどクラウド上のサービスは、パソコンの容量を軽くするために活用する人が増えています。しかし、このような場所は常にハッキングのリスクがありますので、クラウド上にパスワードを保管するのは危険です。 また、スマートフォンのメモなどに保存するのも避けた方が良いでしょう。スマートフォンもハッキングのリスクはゼロではありませんし、紛失や盗難が起きるとメモの内容を盗み見られてしまう危険性があるからです。 スマホウォレットは持ち運びしやすく、いつでもどこでも取引や資産の管理ができる点で便利な面もありますが、パスワードや秘密鍵は厳重に保管するようにしましょう。 2. 保管する通貨の量を調整する 2つ目は、保管する通貨の量を調整することです。 インターネットに接続されているホットウォレットには、常にハッキングのリスクがつきまといます。仮想通貨を保管する場合には、一度に大量の通貨を管理するのは避け、頻度や用途に応じて複数のウォレットを使い分ける方がリスクを低減できるでしょう。 また、ウォレットのセキュリティ機能を十分にチェックすることも欠かせません。 3. アプリのダウンロードは公式サイトから行う 3つ目は、アプリのダウンロードは公式サイトから、またはApp Store、Google Playなどの信頼できるストアから行うようにすることです。 なかには公式サイトを装った悪意のあるサイトもあります。偽サイトからダウンロードしたアプリにウイルスが仕掛けられていると、資産が奪われてしまうこともあります。 そのため、自己防衛として、アプリのダウンロードは信頼できる公式サイトからのみ行うようにしましょう。 イーサリアム(Ethereum/ETH)のハードウェアウォレット オフラインで秘密鍵を管理する方法としては、ハードウェアウォレットを活用する方法があります。 ハードウェアウォレットとは ハードウェアウォレットとは、秘密鍵を保管するための外部デバイスのことです。パソコンにUSBで接続していない間はコールドウォレットとなるので、セキュリティの面でも安心して利用できます。 ホットウォレットであるウェブウォレットやソフトウェアウォレットはハッキングのリスクがありますが、ハードウェアウォレットにはそうした危険性はほぼありません。 ハードウェアウォレットが故障した場合 ここで、オフラインで管理できるのはセキュリティの面では安心でも、ハードウェアウォレットが故障したり、紛失したりしたらどうなるのか心配に感じる人もいるかもしれません。 しかし、秘密鍵はハードウェアウォレットを購入したときについてくるアクティベーションキーに対応しているため、新しく購入した本体にキーを入力すると以前の秘密鍵の内容を復元することができます。 ハードウェアウォレットのデメリット 他方、ハードウェアウォレットにもデメリットはあります。 製品にもよりますが、価格が1万円などの高価なものが多いことは、デメリットと言えるでしょう。仮想通貨の資産額がそれほど多くない人にとっては、負担に感じられるかもしれません。 しかし、1万円の出費をためらったばかりに全資産を失うことになっては、元も子もありません。一定額の資産を運用するようになったら、ハードウェアウォレットなどに資産を分散保管することを検討するのも良いでしょう。 例えば有名なハードウェアウォレットには、TREZOR(トレザー)やLedger Nano S(レジャーナノエス)などがありますが、購入時は必ず公式サイトや正規の代理店から購入するようにしましょう。 そうでない場所から購入してしまうと、アクティベーションキーを盗み見られているケースもあり、大切な資産が奪われてしまうリスクがあります。 トレードスタイルに併せてイーサリアム(Ethereum/ETH)のアプリを選んでみよう イーサリアム向けのアプリにはさまざまなものがあります。 スマートフォン向けのアプリの開発も進んでいるため、数年前に比べると格段に利便性が向上しているのがわかります。実際にどのウォレットを使うかは、セキュリティ面やトレードのスタイルに合わせて選びましょう。 また、保有する資産が増えてきたら、コインチェックアプリなどのスマホアプリだけでなく、ハードウェアウォレットとの併用を検討されてみるのも良いでしょう。

ビットコインの取引に慣れてきたら、そろそろアルトコインの取引も始めてみたいという人もいるのではないでしょうか。 アルトコインのなかでも時価総額の大きなイーサリアムは、取引候補の一つとなるかもしれません。ところが、アルトコインをよく見てみると、イーサリアムと似た名前のイーサリアムクラッシックという通貨があることに気がつきます。 この2つの仮想通貨はどう違うのでしょうか。イーサリアムの取引を始めるなら、それぞれの違いや基本的な仕組みを正しく理解しておくと良いでしょう。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の特徴と基本的な情報 イーサリアムとは、ブロックチェーン上に分散型アプリケーションを構築できるプラットフォームです。 イーサリアムを利用してつくられたプラットフォーム内で使われている仮想通貨を、イーサ(Ether)と呼びます。分散型アプリケーションとは、特定の国や企業などの管理者がいなくても稼働するアプリケーションのことです。 現在世界中で多くの人に利用されているブラウザやSNSなどのアプリケーションには、管理者が存在します。情報の管理や運用ルールは管理者が決めています。 一方、分散型アプリケーションには中央管理者が存在していません。そのアプリケーションのユーザーがデータ管理を分担し、運用ルールの決定にもかかわっています。 また、イーサリアムはブロックチェーン技術だけでなく、スマートコントラクト技術を活用しているという特徴があります。 スマートコントラクトには、人の手を介さなくても自動的に契約を履行できるという特徴があり、多くの企業がスマートコントラクトの実用化に注目しています。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の特徴と基本的な情報 イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分岐(ハードフォーク)したことで生まれた仮想通貨です。 イーサリアムクラシックが誕生したのは、ある事件がきっかけでした。その事件とは、DAO事件というイーサの流出事件です。 2016年6月、イーサリアムを活用したサービス「The Dao」がハッキングを受けました。このハッキングにより、当時の価値で65億円相当の資金が流出してしまったのです。 流出前の状態にデータを戻すことを決めたイーサリアムに対して、開発者の介入を中央集権的だとして反発したコミュニティがありました。そのコミュニティが生み出したのが、イーサリアムクラシックです。 イーサリアムクラシックはイーサリアムから分岐した仮想通貨であるため、基本的な機能はイーサリアムとほぼ同じと考えてよいでしょう。 2つの仮想通貨に分かれてしまった経緯 DAO事件はイーサリアムが原因だったのではなく、DAOのサービス自体の脆弱性が原因でしたが、当時は以下のような対処法が検討されました。 1つ目は、ハッキング自体をなかったことにする仕様変更です。 イーサリアムの開発陣が介入し、イーサリアムのブロックチェーンのデータを事件が起こる前の状態に戻すことで、データの流出そのものをなかったことにする方法です。ちなみにこれをハードフォークといいます。 2つ目は、ハッカーが盗んだ資金を凍結させるために、通貨の仕様を変更するソフトフォークです。この場合、ブロックチェーンの変更はありません。 3つ目は、なんの対策も行わないというものでした。 最終的には、イーサリアムの所有者たちを救済するために1つ目の案が採用されました。ところが、このイーサリアムの中央集権的な介入に対して反発したコミュニティが、内部分裂を起こしました。 内部分裂の結果、生まれたのがイーサリアムクラシックだったのです。以降、DAO事件が起こる前のブロックチェーンに戻ったイーサリアムと、事件が起きた後のデータを引き継いだイーサリアムクラッシックとが併存することになりました。 スマートコントラクトの仕組みについて スマートコントラクトとは、自動的に契約を履行できるような仕組みです。 通常の契約では、契約の意思や条件を相互に確認し、条件に問題がないことが確認できたら、契約を締結・決済・契約の履行という流れになります。契約の意思や相手の信用度も入念にチェックすることが必要になりますので、契約は履行までに時間がかかるのです。 しかしここにスマートコントラクトを導入すると、契約事務はかなりスムーズになります。事前にどのような条件で契約が締結されるのかをプログラミングしておくと、自動的に実行されるようになるからです。 スマートコントラクトをブロックチェーン上に搭載するメリット スマートコントラクトをブロックチェーン上にプログラミングしておくメリットには、一体どのようなものがあるのでしょうか。 1つ目のメリットとして、ブロックチェーンの技術を利用することで、契約内容の改ざんが難しくなることがあげられます。もちろん、不正が行われるリスクはゼロではありませんが、ブロックチェーンでは、データが記録されたブロックが鎖のようにつながっています。 そのため、どこか一部を変更しようとすると、すべてのデータを書き換える必要があります。したがって、実質的にブロックチェーン上に一度記録されたデータは、改ざんすることが非常に難しいとされているのです。 2つ目は、取引の透明性が保たれることです。ブロックチェーン上の取引記録は、インターネット上に公開されているため、誰でも確認することができます。 3つ目は、決済期間の短縮やコスト削減がはかれることです。管理者を介在せずに自動で契約を履行できるようにすることで、自動的に売買なども可能になります。 たとえるなら、自動販売機をイメージするとわかりやすいかもしれません。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とイーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)は利用目的が異なる イーサリアムとイーサリアムクラッシックとでは、利用目的も異なっています。 イーサリアムは分散型のアプリケーションを形成するためのプラットフォームであり、さまざまなプロジェクトにも活用されています。 例えば、イーサリアムを活用したプロジェクトとして、予測市場のプラットフォームであるオーガー(Augur)が挙げられます。 オーガー(Augur)では、例えばある条件が整うと自動的にゲームへの参加者に支払いが行われるような契約内容をプログラミングすることで、透明性の高い賭けごとなどができるようになると考えられています。 他にも、イーサリアムの技術は、マイクロソフトやアクセンチュアなどの世界的な有名企業が加盟するイーサリアム企業連合からも注目され、日々研究開発が進んでいます。そのため、今後ともイーサリアムのプラットフォームを活用した事例は、世界中に増えていく可能性もあるでしょう。 一方、イーサリアムクラシックは、今後はIoT分野などへの活用が見込まれています。IoTとはInternet of Thingsの略称で、モノのインターネットのことをさします。 例えば、インターネットでモノをつないで、遠く離れた場所からモノを操作したり通信したりできる状態のことを言います。 コインの発行上限や半減期の違い ビットコインなどの仮想通貨には、発行上限枚数や半減期が設定されています。 発行上限枚数とは、発行できる通貨の上限枚数のことで、半減期は、新しく発行される通貨の量が減少する時期のことです。この2つを設定するのは、通貨の価値を維持して、ネットワークの成長につなげることなどが目的です。 イーサリアムには発行上限枚数と半減期がないのに対して、イーサリアムクラシックには両方とも設定があるという違いがあります。 具体的には、イーサリアムクラシックは、発行上限枚数が約2億1000万ETCから約2億3000万ETCと定められており半減期もありますが、イーサリアムには今のところ発行上限枚数も半減期も定められていません。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とイーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の将来性 イーサリアムでは、将来的に仕様(コンセンサスアルゴリズム)の変更が予定されています。 イーサリアムは、マイニングマシンの演算能力に頼った承認システムであるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)から、通貨を多く保有している人ほどマイニングしやすいPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への移行を予定しています。 一方、イーサリアムクラシックのコンセンサスアルゴリズムは、PoWを続けていくと見られています。イーサリアムのアルゴリズムが変更されると、現在イーサリアムのマイニングに参加している人は、イーサリアムクラシックに移ることもあるかもしれません。 また、イーサリアムクラシックのロードマップでは、短期の目標として第三者向けの開発ツールの提供をあげています。イーサリアムのアルゴリズムの変更をきっかけに、この2つの通貨の開発環境に大きな変化が見られる可能性もあります。 特徴を押さえたうえで適切に仮想通貨の取引を行う 仮想通貨には、それぞれ特徴があります。イーサリアムとイーサリアムクラシックのようによく似た通貨こそ、その特徴や違いを正しく理解しておくと良いでしょう。 また、日々イーサリアムやイーサリアムクラシックに関するニュースについてもチェックしておくことで、タイミングをとらえた取引ができるようになる可能性も高まるでしょう。

仮想通貨に興味を持ったものの、いざ購入しようと思ったら仮想通貨には取引所と販売所があって迷ってしまうという方も多いようです。 そこでこの記事では取引所と販売所の違いやそれぞれのメリット、デメリットについてご紹介します。 また、取引所と販売所の両方のサービス提供を行っているCoincheckでイーサリアム(ETH)を購入する場合の方法について、アカウント開設から入金、実際の購入についても合わせてご紹介していきます。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とは? 時価総額ランキングでは常に上位を占めるイーサリアム(ETH)は、2013年にホワイトペーパーが発表されました。「分散型アプリケーション」と「スマートコントラクト」と呼ばれる機能などが特徴の通貨です。 分散型アプリケーション 分散型アプリケーションは、国家や金融機関といった中央の管理者が介在しない非中央集権型のアプリケーションです。そして、そのアプリケーション上で様々な取引や契約を行うことができます。 スマートコントラクト また、スマートコントラクトと呼ばれる技術によって、ブロックチェーン上で契約に関する条件や詳細情報の書き込みを可能にし、さらに契約内容の実行までを自動で可能とするプログラミングをしておくことができます。 イーサリアム(ETH)であれば、例えば不動産取引のような高額な契約内容も取り引き条件が整えば、不動産仲介業者を介さずに、安全かつ低コストで速い処理速度による自動処理ができます。 仮想通貨の取引所と販売所の違いとそれぞれのメリット・デメリット 仮想通貨の取引所と販売所の違いで最も大きいのが、売買の相手が異なる点です。 取引所では、取引所の個人ユーザーどうしで売りたい価格や買いたい価格で自由に売買できます。販売所では、取引したい対象通貨を販売業者から直接、購入することができます。 従って、取引所では取引相手が個人ユーザーなのに対し、販売所では販売業者自身になる点が大きな違いといえます。取引所と販売所の違いがわかったところで、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介していきます。 取引所のメリット・デメリット まずは取引所のメリットとデメリットについてご紹介していきます。 メリット1:希望のレートで注文ができる 取引所のメリットとしてまず挙げられるのが、自分の好きな価格で取引できる点です。取引所の取引画面には、「板」と呼ばれる売り買いの値(レート)が表示されたものがあります。 そこには売りたいユーザーが希望の値と売りたい数量を設定し、買いたいユーザーが希望の買値と買いたい数量を設定できます。この設定方法に違いにより、注文方法には主に「指値注文」と「成行注文」の2つの方法があります。 指値注文は、自分が買いたい(売りたい)値と数量を予め設定しておくと、その注文条件にあった取引条件を出した別のユーザーがいれば、取引が自動で成立します。 例えば、Coincheckでビットコイン(BTC)を「1.50BTC」分を希望の買値1BTC当たり「380,000円」で購入するとします。 指値注文 指値注文の場合、その条件をCoincheckの取引画面上にある「現物取引」でレートと注文量で指定して発注すれば完了します。ここでいうレートとは、買いたい希望の値段、注文量は買いたい数量のことです。 後はその条件で売りたいユーザーが現れるのを待ち、条件に合う売り注文が出されると自動で約定して購入できます。 成行注文 成行注文は上記の板にある売買情報を見ながら、希望の条件にあったものがあれば、その場で発注して取引する方法になります。 先ほどご紹介した板には、売りたいユーザーと買いたいユーザーそれぞれの希望の売値や買値と、取引希望数量がレート順に並んでいます。その時点でベストだと思う買値あるいは売値で発注すると、その場で注文が確定します。 メリット2:取引手数料が安い 仮想通貨を取引所で売買すると、取引手数料が安く済む場合が多いです。 取引所は、売りたいユーザーと買いたいユーザーの値と数量がマッチしたところで売買が成立します。その際に発生する手数料が安いのが特徴となっています。 デメリット1:希望のレートでの取引成立ができない場合がある 取引所では、売りたいユーザーと買いたいユーザーの値と数量がマッチしたところで、売買が成立するとご紹介しました。 そのため、条件がマッチしないと取引が成立しないということにもなりかねません。どうしても希望の値と数量のユーザーが現れるまで待つか、適当なところで購入あるいは売却することになります。 急いで取引を成立させる必要のない場合や、時間に余裕のある場合は指値注文を入れておけば、希望の条件にマッチした値と数量のところで自動約定してくれます。 ですが、急いで購入したい場合には、後述する販売所の方が便利なこともあります。 デメリット2:大量の注文には応えきれない場合がある 希望レートでの取引成立に時間がかかるのと同様のデメリットとして、大量の注文をさばけないというデメリットがあります。 これは、取引板にある売り注文や買い注文には数量が設定されていることから、おのずと数量に限界があるからです。 大量購入あるいは大量売却したい場合には、そのすべての注文が成立するまでにそれなりの時間がかかる場合があります。 その間に仮想通貨の価格が変動してしまうこともあるため、一度に大量の売買をしたい場合は、販売所の方が適しているでしょう。 販売所のメリット・デメリット 次に、販売所のメリット・デメリットについてご紹介していきます。 販売所の場合、取引相手が仮想通貨取引所となり、CoincheckのユーザーならCoincheckと売買取引をすることになります。 メリット1:売買したい時にいつでもすぐに取引できる 販売所では取引相手が仮想通貨取引所となることから、基本的にいつでも好きなタイミングで取引することができます。特に取引をすぐに成立させたいという速さや確実性を求める場合には、販売所のほうが好都合です。 取引所のように希望の取り引き条件が板に出るまで待つこともなく、相場のタイミングに合わせてすぐに購入ないし売却が可能です。 例えば、仮想通貨に関する重大なニュース情報などが入ってくると、相場が大きく動くような場合があります。そのような場合には、希望の条件での取引が成立しないかもしれない取引所よりも、販売所のほうが確実に取引できて安心です。 メリット2:初心者でも簡単に取引できる また、販売所の取引は初心者でも簡単です。取引所の取引の場合、ある程度操作に慣れていないと、注文ミスなどをしてしまうリスクもあります。 一方、販売所の場合は、投資の初心者でも簡単に操作をして売買することができますので、そのような心配がほとんどありません。 メリット3:大量の注文にも応じてくれる 販売所では、基本的に好きな数量をいつでも取引することができます。 取引所では自分が希望する数量が、すべて希望の値で約定できるか定かでないのに対し、販売所は取引所指定のレートでの注文となります。 従って、相場で今すぐに希望の数量を確実に取引したい場合には、販売所での取引が有効となります。 デメリット:取引所よりも手数料が高くなる場合がある 販売所は好きなタイミングで好きな数量だけ取り引きできる反面、取引所よりも手数料が高くなる傾向があるというデメリットがあります。こちらは、販売所がユーザーの注文にいつでも応じるサービスを提供している側面があるからです。 また、常に動きのある相場において、そのボラティリティ(価格変動)のリスクを被っているコストに対する、販売所が取るべき手数料ともいえます。 この手数料については短い時間軸、例えば数時間で決済を繰り返すといった頻繁な取引をするユーザーにとっては大きいかもしれません。 しかし、数か月ないし数年以上を保有して、じっくりと相場が上がるのを待ちたいユーザーにとってはそれほどの差とはならないでしょう。 仮想通貨の取引所と販売所の選び方 そんな仮想通貨の取引所や販売所は、どのような基準で選べばいいのでしょうか。 手数料の安さやアプリの使いやすさなど、実際にこの選ぶ基準については、ユーザーの取引手法や求めているサービスによっても異なってきます。 しかし以下の基準は非常に重要ですし、多くのユーザーに当てはまるものといえますのでご紹介します。 金融庁登録済みの取引所(販売所)であること 仮想通貨の取引所(販売所)を選ぶ上では、まず金融庁の登録済みの会社を選ぶことが安心です。 日本では、2017年4月1日に資金決済法と呼ばれる法律が改正・施行されています。この法律では、財務局の登録を受けた事業者のみが、日本国内において仮想通貨交換業を行うことができるとされています。 登録業者になるには金融庁に申請の上で、金融庁からの審査を通過した業者のみが登録を受けてつけてもらえます。その審査基準では、仮想通貨交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていることが求められています。 Coincheckは2019年1月にこの登録業者となっていますので、安心して取引できる業者といえるでしょう。 大手企業や大手グループ傘下の取引所(販売所)であること 続いての視点としては、大企業あるいは大企業のグループ会社であることなどもあげられるでしょう。 これは、仮想通貨の取引所の破綻等のリスクを考えた場合、資本力のある大手のほうが、ユーザーへの救済等を考えても安心だからです。また、そのような体力のある会社は、顧客分別管理やシステム上のセキュリィティ対策にも、人員やコストをかけることができます。 そのため、ユーザーが安全性や信頼性を感じられる環境を提供できるとも言えるでしょう。なお、Coincheckは2018年4月に大手ネット証券のマネックスグループに、グループ入りしています。 取り扱い通貨の種類が多い取引所(販売所)であること 取り扱われている通貨の種類が多いほど、それだけ取引チャンスも拡大します。 株やFXなどと同様に投資対象が増えれば、それだけ大きく値が動いている通貨で取引できます。Coincheckは現在10種類もの通貨が取引可能であり、国内では最も多くの通貨を扱う業者の一つとなっています(2019年6月時点)。 Coincheckでイーサリアム(Ethereum/ETH)を取引する流れ Coincheckなら、簡単なアカウント開設ですぐにイーサリアム(ETH)を取引することができます。 Coincheckの口座開設はこちら アカウント開設には口座開設のために、アカウント登録ページ上での基本情報やメールアドレス、パスワード設定、SMSメッセージによるSMS認証を行います。 さらに本人確認のための書類の画像データアップロードや、その画像データとして取り込んだ本人確認書類と同じものを手に持って自撮りする写真(IDセルフィーと呼びます)のアップロードなども必要です。 それらの手続きが済むと、Coincheckから登録住所宛てに簡易書留のはがきが送付されます。こうしてハガキを受け取り住所確認が完了すれば、Coincheckに日本円を入金した上で、いつでも取引できるようになります。 実際の取引は取引画面上の「ウォレットページ」で、売買した通貨や数量を指定すれば、日本円で必要な購入金額が算出されます。こちらを確認の上、初心者でも簡単に購入または売却できます。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の取引にかかる主な手数料について Coincheckでイーサリアム(ETH)を取引する場合には、入金手数料や送金手数料、出金手数料がかかります。 入金手数料については銀行振込では無料なものの、コンビニ入金やクイック入金の場合には所定の手数料が発生します。 また、Coincheckユーザー間同士の送金の場合、送金手数料は無料ですが、他の取引所の口座やユーザーに送金する場合には、送金手数料が発生します。 そして、自分のアカウントから仮想通貨を日本円に換金し、その日本円を銀行口座に出金する場合には、一律400円の出金手数料が発生します。 イーサリアム(Ethereum/ETH)販売所に関するまとめ 今回は、取引所と販売所の違いから、イーサリアム(ETH)の購入方法などについてご紹介しました。取引所と販売所のサービス内容には、色々な違いがあります。 よく理解していないと、注文ミスをしてしまったり、大切な取引チャンスを失うことにもなりかねません。自分の取引スタイルや取引条件などに合わせて、上手く使い分けてみましょう。

スマートコントラクトなど、ビットコイン(BTC)にはなかった仕組みを利用して、仮想通貨の中でも評価が高いのがイーサリアム(ETH)です。 時価総額でもこれまで上位を占めてきており、日本でも人気のアルトコインの1つです。そんなイーサリアム(ETH)について、その特徴や仕組み、メリットやデメリットなどについて解説していきます。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とは? イーサリアム(ETH)は、2013年に当時まだ若干19歳だった、Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)というロシア生まれカナダ育ちのエンジニアによって発案され、誕生しました。 イーサリアム(ETH)は誕生後からとても人気を呼び、瞬く間に世界中の仮想通貨取引所で取り扱われるまでになりました。時価総額ランキングにおいて、今日では常時ビットコイン(BTC)に次ぐほどの主要通貨の一つとなっています。 分散型プラットフォーム イーサリアム(ETH)は一般的には仮想通貨という認識をもたれていますが、実際には分散型プラットフォームの名称を指しています。このプラットフォーム内で利用される仮想通貨は「Ether(イーサ、ETH)」と呼ばれています。 分散型プラットフォームは、非中央集権で分散管理型のアプリケーションを開発するためのものです。様々なアプリケーションを開発し、実装することで様々な機能を持たせることができるのです。 スマートコントラクト イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)と同じようにブロックチェーン技術が用いられていますが、後でご紹介する「スマートコントラクト」という機能が備わっている点が最大の特徴といえます。 これまでのビットコイン(BTC)は、単に取引情報などを記録することしかできない仮想通貨でしたが、スマートコントラクトは契約内容などを記録するだけでなく、条件が整えば自動でその契約内容を実行してくれる仕組みあります。 スマートコントラクトには、不動産や株式など様々な取引内容を安全で速く処理する仕組みがあり、しかもあらゆる取引内容が仲介業者を介さないために、低コストでもあります。 このような技術がもたらしてくれる高い利用価値や実用性から、マイクロソフトなどのグローバル企業からも注目され、今日の高い評価につながっています。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の仕組み イーサリアム(ETH)の根幹をなす仕組みが分散型プラットフォームであり、分散型アプリケーションを開発するためのものになります。 分散型アプリケーションとは、企業や銀行といった中央管理者が存在しなくても不特定多数の者が自律的に行動した結果として全体のシステムが稼働するアプリケーションのことです。 Dapps(Decentralized Applications) 別名「DApps(Decentralized Applications)」とも呼ばれています。ここでいうアプリケーションとは、簡単にいえば、ある条件が満たされれば自動で特定の作業が行われる仕組みのことです。 イーサリアム(ETH)の分散型プラットフォームでは、既に1000種類以上のDAppsが構築されてきており、その代表的なアプリケーションの一つに「Augur(オーガー)」があります。 Augur(オーガー) Augurはイーサリアム(ETH)で作られたDApps(ダップス)としては上位の時価総額を誇り、未来予想市場のアプリケーションプラットフォームとして作られました。 後述するスマートコントラクトの機能を活用しているAugurを利用すると、次のようなことができます。 例えば、明日のサッカーの試合でAチームがBチームに勝てば、掛け金に応じて報酬がCさんに支払われるという契約内容を作成し、ブロックチェーン上で管理することにします。そして、当日の試合でAチームが勝てば、契約通りの報酬がCさんに自動的に支払われることになります。 このAugurが優れているのは、契約内容を自動で処理してくれるだけでなく、その実行コストが非常に安く済み、その分が利用者に還元される点にあります。ギャンブルなどの賭け事においては、全体の進行役を果たすと同時に不正が行われないように監視する胴元が存在します。 例えばカジノの場合、胴元はディーラーであったり、カジノ運営者が該当します。しかし、そのような胴元はゲームにおいてかなりの取り分が抜かれてしまい、参加者の取り分が減ってしまいます。Augurを利用すれば不正の監視をアプリケーションが代わりに行ってくれ、手数料もわずかです。 その浮いた分のコストがAugurの利用者に還元される仕組みをもっています。Augurの例は数あるDAppsの一例にすぎませんが、このようにイーサリアム上で開発された分散型アプリケーションは低コストで役立つ仕組みを提供できます。 スマートコントラクトについて スマートコントラクトとは、ひと言でいえば、人の手を介さずに契約内容を自動で実行してくれる仕組みを指します。スマートコントラクトでは、契約内容とその実行条件をあらかじめプログラミングしておけます。 そしてその条件が整った際に契約内容が自動で実行され、そのコストや処理スピードも高いのが特長です。スマートコントラクトを利用したアプリケーションとしては、先ほどご紹介したAugurのようなものがあります。 また、イーサリアムではスマートコントラクトを実現するためにブロックチェーン技術を活用しています。そのために「契約が改ざんされない」「中央管理者を介在させず、契約内容が自動で実行される」という2つの条件を満たしています。 ビットコイン(BTC)などの場合は、日本円や米ドルなどの法定通貨とその用途が被るために、国や金融当局といった中央管理者からの規制を心配する声があります。しかし、イーサリアム(ETH)の場合はこのスマートコントラクトという機能への需要があるために、国からの規制対象にもなりにくい通貨とも言えるでしょう。 特にスマートコントラクトの活用により、これまで同様の取引をする場合に必要であった過大なコストのかかるサーバー設置が不要になります。そのために金融業界や不動産業界、役所等の公共機関などから様々な需要があります。 銀行の場合はサーバーが軽減できることから、年間で約200億ドルもコスト削減が可能ともいわれています。このような理由から、スマートコントラクトの機能を持つイーサリアム(ETH)は多大な支持を各方面から集めています。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? イーサリアム(Ethereum/ETH)のメリット 次に、イーサリアム(ETH)のメリットについて以下にまとめてご紹介します。 送金処理スピードの速さ イーサリアム(ETH)の独自通貨であるEther(イーサ)を利用して送金する場合、約15秒で完了します。ビットコイン(BTC)の送金が約10分かかるのに比べて、劇的に改善しているのがわかります。 仮想通貨の送金など一つの取引を完了させるにはマイニングと呼ばれる承認作業が必要です。ビットコイン(BTC)の承認作業が「10分に1回」の頻度で行われるのに対し、イーサリアム(ETH)の場合は「15秒に1回」と高い頻度で行われます。 実際には頻度の差が処理スピードの違いとなっています。 発行上限・半減期がない ビットコイン(BTC)の場合、2100万枚まで発行できるという発行上限と半減期が設定されています。しかし、イーサリアム(ETH)の仮想通貨Ether(イーサ)には、発行上限や半減期の設定がありません。 この半減期とは、新規発行量が一定期間で半減ないし減少することを意味しており、ビットコインでは4年ごとに新規発行料が半分になることが決まっています。 発行上限や半減期の設定のないイーサリアム(ETH)の場合、インフレの懸念はあるものの、ビットコインよりも価格を安定維持させやすいというメリットがあります。 イーサリアム(Ethereum/ETH)のデメリット さらにデメリットについてもご紹介しましょう。 ユーザー増加に伴うスケーラビリティ問題 イーサリアム(ETH)は取引承認にかかる時間がビットコイン(BTC)よりも短く、処理スピードの速さがメリットであるとお伝えしました。 しかし、イーサリアム(ETH)の利用が急速に広がっていくと処理すべき取引情報が必然的に多くなり、取引処理に時間がかかってしまうという問題があります。 また、この問題は取引記録を一括管理しているブロックチェーンが、一定時間内に書き込める情報量に限界があることも大きな要因となっています。 さらに処理に時間がかかると、それに伴ってマイニングにかかるコストも上昇し、結果として利用者が負担する手数料も高くなってしまいます。 ブロックチェーンとスマートコントラクトの弱点 イーサリアム(ETH)は、ブロックチェーンとスマートコントラクトの活用によって改ざんできないのが強みとされています。 しかし、その強みが場合によっては弱みとなってしまうことがあります。それがハッカーなどによって意図的に間違った情報をチェーン上に書き込まれたり、バグがあった場合にその対処が難しいという問題です。 イーサリアム(ETH)に起きたハッカーによるDAO事件が起こされた時にはmこの弱点を克服するためにハードフォーク(仕様変更)がされました。 この事件は非中央集権という理念に反するとして、このハードフォークに反対したイーサリアム(ETH)のコミュニティの一部の人達によって、イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)とで分裂するに至りました。 詳しくはこちら:イーサリアムクラシック(ETC)の特徴とは?イーサリアム(ETH)との違いを徹底解説 Coincheck(コインチェック)でイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入するまでの流れ イーサリアム(ETH)の仕組みや特徴がわかったところで、Coincheckでイーサリアム(ETH)を購入する場合の流れについてお伝えしていきます。 Coincheckでイーサリアム(ETH)を購入する場合、まずは口座開設からの開始となります。口座開設自体はとても簡単でさほど難しい手続きではありません。 アカウント登録 まずCoincheckのホームページからアカウント登録用のページを開いて、メールアドレスとパスワードを入力します。入力後に表示されている「アカウント作成ボタン」をクリックします。 Coincheckのアカウント登録はこちら そうすると、登録済みのメールアドレスに登録完了用のためのリンクが貼られたメールが送信されてきます。そのリンクをクリックすればアカウント登録の手続きは完了です。 SMS認証 次にアカウント登録が完了したら、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)を使って本人確認のためのSMS認証をします。 アカウント上に登録した携帯電話宛てにメッセージが送信されますので、そのメッセージに記載されている6桁の認証コードをCoincheckのサイト上で入力すればSMS認証が完了します。 本人確認書類のアップロード SMS認証が完了後は本人確認のための書類をアップロードします。まず、Coincheckのサイトに入って氏名や住所、電話番号といった基本情報を登録します。 次に運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の画像を取って、そのデータを同じサイト内にアップロードします。 IDセルフィーのアップロード 今度は画像に写っているのと同じ本人確認書類を手にもって顔写真を撮影し、その画像データ(IDセルフィー)をアップロードします。 ハガキの受け取り IDセルフィーが済むとCoincheckから本人受取限定のハガキが送付されてきます。そのハガキを受領すれば住所確認が済み、取引開始に必要なすべての手続きが完了します。 新たに開設したアカウント上のウォレット内に取引に必要な資金を入金すれば、いつでも仮想通貨を購入できるようなります。 イーサリアム(ETH)の購入方法 それでは実際にイーサリアム(ETH)を購入する際の流れをお伝えしていきます。 口座開設の手続きが済んだら、新規開設したアカウントに専用のウォレットが作成されます。イーサリアム(ETH)購入に必要な分の金額を、Coincheckの指定銀行口座宛てに銀行振込を行います。 振込が済めばアカウント上に入金された金額が表示され、いつでも購入可能な状態となります。ウォレットページに「コインを買う」のボタンがありますのでクリックし、さらに選択通貨としてイーサリアム(ETH)を選択します。 購入したい数量を指定すれば必要な購入金額が表示されますので、金額を確認後にOKボタンをクリックして、購入完了となります。 日本円ではなく、ビットコイン(BTC)で購入する場合には、「交換する通貨」のところでビットコイン(BTC)を選択すると、購入金額が表示されます。金額を確認し、問題なければ「購入する」をクリックして購入が完了します。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら Coincheck(コインチェック)のサービス Coincheckでは仮想通貨を実際に購入するだけでなく、手持ちの通貨を送金したり、売却することもできます。このような取引は「現物取引」と呼ばれています。 10種類の仮想通貨を取り扱い Coincheckでは今回ご紹介したイーサリアム(ETH)も含めて、以下9つの種類の仮想通貨で現物取引が可能です(2019年6月時点)。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」 イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」 リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」 ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) 最大年率5%の貸仮想通貨サービス また、購入した仮想通貨をCoincheckに貸し出すことで利用料をもらえる、貸仮想通貨サービスもあります。最大年率5%で、貸出期間は14日間・30日間・90日間・365日間から選択することができます。 Coincheckの取り扱いの全ての仮想通貨で利用が可能ですので、仮想通貨の長期保有を検討されている方には適したサービスです。 イーサリアム(Ethereum/ETH)についてのまとめ イーサリアム(ETH)の仕組みや特徴についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。イーサリアム(ETH)は様々なメリットがあることから、多くの企業からも注目を集め続けています。 また、デメリットでご紹介したような問題点があるものの、仕様を強化して弱点を克服するために、段階的にハードフォーク(仕様変更)が行われてきています。 イーサリアム(ETH)は、このように今後も目が離せない主要通貨の一つといえるでしょう。

イーサリアム(ETH)は、分散型プラットフォームやスマートコントラクトを実装する仮想通貨として、これまで多くの注目を集めてきました。 仮想通貨の時価総額ランキングでも常に上位に位置するイーサリアム(ETH)は、日本でも人気のある通貨です。しかし、そんなイーサリアム(ETH)も開発者の生立ちや、イーサリアム(ETH)誕生の経緯についてはあまり知られていないのではないでしょうか。 そこで開発者と誕生までの経緯についてお伝えするとともに、Coincheck(コインチェック)で実際にイーサリアム(ETH)を購入する場合の方法などについても開設していきます。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とは? イーサリアム(ETH)は、ロシア系カナダ人であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)によって考案され、2013年に正式に発表されました。 開発当時はまだ19歳だったブテリンですが、既にイーサリアム(ETH)の大きな特徴である「DApps」と呼ばれる分散型アプリケーションの構築や、スマートコントラクトと呼ばれる機能実装を開発仕様書であるホワイトペーパーに盛り込んでいました。 Ether イーサリアム(ETH)とは分散型プラットフォームのことであり、一般的な仮想通貨という意味では、そのプラットフォーム上で使用されるEtherが通貨にあたります。イーサリアム(ETH)のプラットフォームの目的は、そのプラットフォーム上で動く完全自律型の非中央集権型アプリケーションの開発にあります。 イーサリアム(ETH)の分散型プラットフォーム上で開発された分散型アプリケーションは、国や金融機関といった中央の管理者を介さずとも完全に自立して作動します。そしてそのアプリケーション上で様々な取引や契約の情報保管、さらに取引や契約内容の自動による実行がおこなえるようになっています。 スマートコントラクト この取引や契約内容の実行については、イーサリアム(ETH)が実装しているスマートコントラクトという機能によって可能になっています。スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で契約に関する詳細情報と契約上の条件が書き込めるような仕組みになっています。 ブロックチェーンはビットコイン(BTC)でも既に採用されている技術ですが、一定数の取引データをひとかたまりのブロックとして管理し、個々のブロックを1本の鎖(チェーン)のように記録できる技術です。 イーサリアム(ETH)ではビットコイン(BTC)で利用されているブロックチェーン技術をさらに一歩進め、取引の詳細な情報と契約実行のための条件をあらかじめプログラミングしておくことができます。そして、取引や契約を実行するための全ての条件が整うと自動でその内容が実行できるようにしています。 世界的な大企業と提携 イーサリアム(ETH)では、取引や契約内容の詳細情報の記録や管理だけでなく、その内容の実行までを自動で可能にしています。従ってこれまでマイクロソフトをはじめとする、数々のグローバル企業からその実用性や将来性について期待されてきました。 しかも、不動産取引業者のような仲介者を介さずに取引が実行されるために、速くて低コストでの運用が可能になっています。取引情報の記録しかできなかったビットコイン(BTC)に比べると、大きく進歩した仕組みを持っているといえます。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の開発者とイーサリアム(Ethereum/ETH)誕生の経緯 次に、イーサリアム(ETH)の開発者とイーサリアム開発の経緯についてご紹介します。イーサリアム(ETH)の生みの親ともいわれるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)はロシアで生まれ、6歳の頃に家族といっしょにカナダに移住してきました。 コンピューターアナリストであった父親の影響からビットコイン(BTC)で出会う前までの2007年から2010年頃までは、オンラインゲームに夢中だったそうです。 しかし、ある日ゲーム内でのお気に入りのキャラクターの能力値が突然変更されているのがわかりました。この出来事から、中央集権によってコントロールされることの恐怖を経験し、ゲームをやめてしまったそうです。 Vitalikとビットコイン(BTC)との出会い ゲーム以外に夢中になるものを探していたブテリンでしたが、2011年にビットコイン(BTC)に出会います。最初は懐疑的であったものの、やがて興味をひかれていき、「Bitcoin Magazine(ビットコインマガジン)」を設立するにいたりました。 仮想通貨に興味を持つようになった後の2013年、ついに当時19歳という若さで、イーサリアム(ETH)のプロジェクト概要や技術仕様を記載したホワイトペーパーを発行しました。 その中でイーサリアム(ETH)の目的を、非中央集権の分散型アプリケーションを構築するための代替プロトコルの作成として説明しており、イーサリアム(ETH)の開発目的やスマートコントラクト実装について記載しています。 2014年にイーサリアム(ETH)のプレセールが開始 そしてついにイーサリアム(ETH)のコンセプトの正式発表が、2014年1月にアメリカマイアミで開催されたNorth American Bitcoin Conference(北米ビットコイン会議)においておこなわれました。 さらに同年7月にはイーサリアム(ETH)のローンチがおこなわれ、公式ホームページでイーサリアム(ETH)の独自通貨であるETHのプレセールが開始されます。 このプレセールでは最終的に31,529BTC(ビットコイン)分のイーサリアム(ETH)を販売しました。この調達額を日本円換算すると当時の1BTCが約480ドルだったとすれば約15億円超となり、資金調達は大成功となりました。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? Coincheck(コインチェック)でイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入するまでの流れ イーサリアム(ETH)の開発者と誕生経緯がわかったところで、実際にCoincheckで取引する場合の流れについて解説してみます。 Coincheckでイーサリアム(ETH)を購入する場合には、まず口座開設が必要になってきます。 Coincheckの口座開設はこちら アカウント登録 仮想通貨取引用の口座開設のためにアカウント登録ページを開き、メールアドレスとパスワードを入力します。 入力後に画面上のアカウント作成ボタンをクリックすると、登録したメールアドレス宛てにCoincheckからメールが送信されます。そのメール貼り付けられているURLをクリックするとアカウント登録が完了します。 SMS認証 次にアカウント上で登録した携帯電話宛てに、ショートメッセージ(SMS)が送信できます。SMSを送信すると送られてきた6桁の「認証コード」がわかります。 そのコードをCoincheckのサイト上で入力すれば、SMS認証は完了します。SMS認証が完了したら次は住所・氏名などの基本情報をサイト上に入力します。 本人確認書類とIDセルフィーのアップロード そして、運転免許証などの本人確認書類の画像データをアップロードします。 その画像データとして取り込んだ本人確認書類と同じものを手にして自撮りする写真(IDセルフィーと呼びます)を用意し、その画像データもアップロードします。 はがきの受け取り IDセルフィーまでの手続きが完了すると、Coincheckから登録住所宛てに簡易書留のはがきが送付され、住所確認も完了します。 ここまでの手続きが完了すると口座が開設されます。これで金融機関からご自身のアカウントへ購入に必要な資金を入金すれば、いつでもイーサリアムの購入ができるようになります。 イーサリアム(ETH)の購入 実際の購入までの流れですが、まずはCoincheckに銀行振込などで日本円を入金します。 その後、画面上の「ウォレットページ」から「コインを買う」をクリックし、イーサリアム(ETH)を選びます。 購入数量を指定すると日本円で必要な購入金額が算出されるので確認してから「購入する」をクリックすれば購入できます。 尚、日本円ではなく手持ちのビットコイン(BTC)と交換する場合は、交換したい通貨でBTCを選択することで支払額が表示されますので、確認して交換できます。 イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら Coincheck(コインチェック)のサービスと最低購入額 Coincheckが提供する取引には「現物取引」と「レバレッジ取引」があります。 ※現在Coincheckのレバレッジ取引は一時停止中です。 イーサリアム(ETH)を現金やビットコイン(BTC)で購入したり、売却することは現物取引と呼ばれています。Coincheckでは、以下の10種類の仮想通貨で現物取引が可能になっています(2019年6月時点)。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」 イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」 リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」 ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) また、アカウントに入金した取引資金を何倍にも増やして売買取引することはレバレッジ取引と呼ばれています。先ほどご紹介した本人確認書類の提出が済んでいれば、その証拠金の最大5倍までの金額のレバレッジ取引をおこなうことができます。 最低購入額は500円 尚、Coincheckでイーサリアムを購入する場合、最低購入額は日本円により500円から可能です。Coincheckは日本国内で大きなシェアを有する仮想通貨取引所であり、現在は先ほどご紹介した10種類の通貨の売買が可能です。 しかも、これら10種類の通貨は全て500円という最低取引額で購入できますので、お小遣い程度の資金から購入可能となっています。 ビットコイン(BTC)でも購入可能 さらにCoincheckで取り扱っている上記の全通貨は日本円以外にもビットコイン(BTC)で購入することもできます。ビットコイン(BTC)で購入する場合の最低購入額は「0.001BTC」からとなっております。 一方で、お持ちの仮想通貨を売却して日本円に換える場合も、同様に最低売却額は500円からとなっております。仮想通貨を売却してビットコイン(BTC)に換える場合も、最低売却額は「0.001BTC」となります。 購入したイーサリアム(ETH)を貸し出すことも可能 他にも、Coincheckは購入した仮想通貨をCoincheckに貸し出すことで、利用料をもらえる、最大年率5%の貸仮想通貨サービスを提供しています。 ユーザーは貸出期間を14日間・30日間・90日間・365日間から選んで、購入した仮想通貨を貸し出すことができます。 イーサリアム(Ethereum/ETH)についてのまとめ 主要な仮想通貨として人気の高いイーサリアムですが、開発者のことや誕生の経緯がわかって、一層興味を持たれた方もいるのではないでしょうか。 Coincheckなら、簡単な手続きですぐにイーサリアム(ETH)を購入することができます。しかも最低購入額が500円からと手軽に仮想通貨の世界に入っていくことが可能です。

現在1,000種類以上の仮想通貨が存在していますが、イーサリアム(ETH)は時価総額3位の代表的な仮想通貨です(2019年1月30日時点、2位はリップル(XRP))。 そんな人気の仮想通貨であるイーサリアムの特徴や将来性について、検証してみたいと思います。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の特徴は?スマートコントラクトについて イーサリアムはヴィタリック・ブテリンによって2013年に設計されました。 イーサリアムは「スマートコントラクト」という、ビットコインには無い機能を兼ね備えているのが大きな特徴です。 ビットコインでは、個人情報を除いたコインの取引記録のみをブロックチェーン上に記録していますが、イーサリアムの場合、「契約情報」や「履行条件」などといった複雑な情報もブロックチェーン上に記録することができます。 例えば、AさんがB店でレンタルDVDを借りた場合、ビットコインでは「AさんがB店にレンタル代金として1,000円を支払った」という情報だけがブロックチェーン上に記録されます。 それに対してイーサリアムの場合は、取引記録だけでなく「6日間のレンタル」や「Aさんが返却を遅れたら延滞料金を支払う」などといった履行情報や契約内容なども記録することができます。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とビットコイン(BTC)の違い イーサリアムで行われる取引内容は、ビットコイン同様、分散型ネットワークであるブロックチェーンに書き込まれます。つまり、取引記録だけでなく、スマートコントラクトの内容も、不特定多数の人の目に常時さらされています。 そのため、取引のみならず、スマートコントラクトの中身である契約内容も、偽造や改ざんなどが難しく、信用性の高さを確保することが可能です。 ビットコインの場合は「決済」をしやすい作りとなっており、カスタマイズ性はありませんが、イーサリアムよりもシンプルな設計です。 一方で、イーサリアムは、複雑なやり取りを記録することができ、好きな決まり事の上で仮想通貨のやり取りを記録することができます。 独自のルールを追加しやすい作りとなっているため、カスタマイズ性は高いですが、ビットコインよりも設計が難しく、その分ルールも多いです。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)の特徴は?ビットコイン(BTC)との違い イーサリアム(Ethereum/ETH)が購入できる場所は? イーサリアムをはじめとした仮想通貨を購入する場合、基本的に仮想通貨交換業者を利用する必要があります。 仮想通貨交換業者とは、簡単に言うと、販売所と取引所の両方、もしくは、販売所・取引所のどちらか一方をもっている会社のことです。 販売所と取引所の違いは「購入先」です。 販売所はCoincheckなどの仮想通貨交換業者から直接、仮想通貨を売買します。一方で取引所では、個人間で直接、売買を行う形式になります。 Coincheckでイーサリアム(Ethereum/ETH)購入するまでの流れ Coincheckでは簡単なステップで、イーサリアムをはじめとした仮想通貨を購入することができます。 今回はCoincheckでイーサリアムを購入するまでの流れをご紹介します。 1. アカウント登録 まず、Coincheckのアカウントを作成します。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckの新規登録ページでメールアドレスとパスワードを設定すると、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。 届いたメールに記載されているURLにアクセスすれば、アカウントの新規作成完了です。 2. SMS認証 Coincheckでは、本人確認にあたってまずはSMS認証を行っています。 Coincheckのアカウントにログインして「本人確認を提出する」をクリックし、電話番号を入力します。携帯電話に送られてきた6桁の認証コードを入力すれば、SMS認証が完了となります。 3. 本人確認書類の画像とIDセルフィーの提出 SMS認証が完了したら、氏名や住所などの個人情報を登録し、本人確認書類の画像とIDセルフィーのアップロードを行います。 なお、IDセルフィーとは、本人確認書類の顔写真が記載されている面と、ご本人の顔がひとつの画像の中に納まるように撮影した画像のことをさします。 4. ハガキを受け取る 最後に、Coincheckから登録した住所宛に簡易書留でハガキが届きます。これを受け取れば、すべての取引を行うことができるようになります。 5. 日本円を入金する イーサリアムを購入するには、Coincheckのアカウントにログインして日本円を入金する必要があります。銀行振込などで日本円の入金を行います。 入金が確認できたら、仮想通貨の購入をすることが可能になります。 イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら イーサリアム(Ethereum/ETH)にかかる手数料について イーサリアムをはじめとした仮想通貨の取引を行うには、各種手数料が掛かります。 入金手数料と出金手数料 Coincheckでは、入金を銀行振込で行う場合、入金手数料が無料(振込手数料はお客様負担)ですが、Coincheckの口座から日本円に出金するときの出金手数料は、1回につき400円ほどかかります。 送金手数料 また、Coincheckの口座からCoincheck以外の仮想通貨口座に送金する場合は、仮想通貨の種類によって異なりますが、イーサリアムの場合0.01ETHが掛かります。 なお、Coincheckユーザー同士の送金手数料は無料です。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の今後の将来性は? ビットコインに次ぐ通貨として注目されているイーサリアムは、数多くの取引所でも取り扱いされています。また、投資対象としてだけでなく、イーサリアム(ETH)の特徴であるDApps(分散型アプリケーション)のプラットフォームとしても注目が集まっています。 今後、仮想通貨の世界では、イーサリアムを用いたアプリやゲームなど、様々なものが生まれると予測されています。その意味では、ビットコインとは違う機能性や利便性を持つイーサリアムの将来性は十分に期待できると言えるでしょう。 また、イーサリアムは技術的なアップデートを繰り返しているのも特徴で、これからセレニティーと呼ばれるアップデートが完了すれば、利便性はさらに向上すると考えられています。 他にも、イーサリアムの技術を研究・開発している企業連合であるEEA(イーサリアム企業連合)には、日本の大手企業トヨタ自動車の子会社であるTRI(Toyota Research Institute)、Microsoft、インテル、三菱UFJフィナンシャルグループなど、さまざまな世界的な有名企業が参加をしています。 大手企業がイーサリアムに着目しているということは、期待の裏返しと考えることもできます。イーサリアムの技術が様々な場面でいかされるのも、遠い未来の話ではないのかもしれません。 イーサリアム(Ethereum/ETH)についてのまとめ 今回はイーサリアムの将来性や特徴などをご紹介させて頂きました。イーサリアムは、その時価総額だけではなく、技術的にも注目されています。 今後、アップデートが行われればさらに利便性が高くなり、より多くの企業の注目を集めることもあるでしょう。これからますます期待されるイーサリアムの将来性を信じられる方は、イーサリアムに投資してみてもよいかもしれません。

数ある仮想通貨の中で、ビットコイン(BTC)と並んで知名度の高いのがイーサリアム(ETH)です。アルトコインの中でも人気の高い通貨で、今後の発展が期待できる通貨の一つでもあります。 イーサリアムクラシックなど、イーサリアム(ETH)から派生したものや、イーサリアム(ETH)が基礎となっている通貨も多くあります。そんなイーサリアム(ETH)について理解しておくことは、仮想通貨を取引する上でも役立つでしょう。 そこで今回は、そんな魅力の高いイーサリアム(ETH)について、ビットコイン(BTC)との違いとその特徴を紹介します。 イーサリアム(Ethereum/ETH)ってどんな仮想通貨? イーサリアム(ETH)とは、仮想通貨のうちアルトコインに分類される通貨の一つです。 アルトコインは、ビットコイン(BTC)を除く仮想通貨すべてを指します。このアルトコインの中でもイーサリアム(ETH)は、リップル(XRP)などと並んで知名度が高い通貨の一つです。 イーサリアム(ETH)が、アルトコインの中でも知名度が高い理由の一つに、時価総額が上位である点が挙げられます。 イーサリアム(ETH)の時価総額は、2018年12月末時点において約1.5兆円となっており、時価総額ランキングでは、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)に並んで上位に入っています。 また、国内外問わず、多くの仮想通貨の取引所がイーサリアム(ETH)の取り扱いを行っているのも、人気を集める理由の一つといえるでしょう。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の特徴は? ほかにもイーサリアム(ETH)の特徴として、例えば2つ挙げられます。 1. プラットフォームである 1つ目が「プラットフォームである」点です。 プラットフォームとは、さまざまなサービスを動かすための基盤となるもののことをいいます。イーサリアム(ETH)というプラットフォームをもとにして、さまざまな通貨やサービスを形成できるのが、イーサリアム(ETH)の魅力の一つといえます。 実際にイーサリアム(ETH)をベースとした仮想通貨や、イーサリアム(ETH)をベースとしたゲームなどのサービスは続々と誕生しています。 2. ICOによく利用される 2つ目が「ICO(イニシャルコインオファリング)によく利用される」点です。 仮想通貨を使って資金を集めるICOには、イーサリアム(ETH)が用いられることが多いです。多くのICOが行われた2017年には、イーサリアム(ETH)の需要も高まり、価格も高騰しました。 イーサリアム(Ethereum/ETH)でできることは? イーサリアム(ETH)でできることには、例えば以下の2つが挙げられます。 1. 独自トークンを発行できる 1つ目が「独自トークンを発行できる」点です。プラットフォームであるイーサリアム上では、独自のトークンを発行することができます。 トークンはブロックチェーン上で発行された独自コインのようなもので、個人でもイーサリアム(ETH)を利用して発行することができます。 2. 契約を自動で執行できる 2つ目が「契約を自動で執行できる」点です。イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)と同様にブロックチェーン技術をもとにしている仮想通貨です。 ブロックチェーン技術は、第三者による改ざんが不可能で、不正がしにくいという側面を持ちます。ブロックチェーン技術のもとでは、取引履歴をさかのぼって偽造したり改ざんしたりすることができません。 このブロックチェーン技術に加えて、イーサリアム(ETH)は「スマートコントラクト」という技術を利用しており、契約を自動で執行することができます。 イーサリアム(Ethereum/ETH)のスマートコントラクトとは? スマートコントラクトとは、送金情報だけでなく、さまざまな情報を追加して記録できる機能のことです。ブロックチェーン上で契約をプログラム化できるのが、大きな利点となっています。 通常、契約には第三者が介在し、お互いの信頼がないと成立しません。しかし、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを使うと、第三者不在で自動的に契約をプログラム化できるのです。 中央機関を介さずに契約内容を自動執行できる点が、イーサリアム(ETH)の大きな特徴です。ビットコイン(BTC)の場合、ブロックチェーン上ですべての取引記録を管理していますが、イーサリアム(ETH)は取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができるのです。 イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトが応用できる場面は多く考えられていますが、例えば不動産の登記なども考えられます。不動産の登記は、専門的な知識が必要になり、必要な書類なども複雑になっている現状があります。 そこでスマートコントラクトを活用し、面倒な手続きを自動化することでコスト削減をしようという動きがあるのです。このようにスマートコントラクトは、契約を簡素化したい、不動産業界や保険業界での活用が期待されています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)との違いは何がある? イーサリアムがビットコイン(BTC)と違う点は、例えば3つ挙げられます。 1. 用途の違い 1つ目が「用途の違い」です。 ビットコイン(BTC)は、決済用仮想通貨や価値の保存媒体として知られている一方で、イーサリアム(ETH)は開発するためのプラットフォームとして知られています。 イーサリアム(ETH)は、誰もが使用できるような、多くの通貨やサービスの基盤となることを目的としているのです。 2. 運用開始時期の違い 2つ目が「運用開始時期の違い」です。 ビットコイン(BTC)の運用開始時期が2009年なのに対して、イーサリアム(ETH)の運用開始時期は2014年です。ビットコイン(BTC)の方が5年も早く誕生したことになります。 ビットコイン(BTC)の考案者は、サトシ・ナカモトという匿名の人で知られています。一方、イーサリアム(ETH)の考案者はVitalik Buterinというロシア系カナダ人のプログラマです。 3. ブロック生成時間の違い 3つ目が「ブロック生成時間の違い」です。 ビットコイン(BTC)のブロック生成時間が平均して10分程度なのに対して、イーサリアム(ETH)は約15秒程度と短くなっています。 イーサリアム独自のマイニング方法を採用することで、セキュリティを高めつつ、ブロック生成時間の短縮を実現しています。ブロック生成時間が短いと、送金時間が短いなど、ユーザーの利便性が向上します。 イーサリアムクラシック(ETC)との違いは? アルトコインの中に、イーサリアムクラシック(ETC)と呼ばれる仮想通貨があります。 イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)から分岐して生まれた通貨です。仮想通貨の分岐のことを、「ハードフォーク」と呼びます。 ハードフォークとは ハードフォークとは、それまでの旧仕様を無視して、新仕様を採用する方法のことです。 仮想通貨はブロックチェーン技術を採用しているため、さかのぼって仕様を変更することができません。そのため、何らかの欠点が生じた際に変更するためには新しい通貨を生み出すほかないのです。 そこで新しい通貨が生まれることをハードフォークといいます。 目的の違いとは ハードフォークによって生まれたイーサリアムクラシック(ETC)が、イーサリアム(ETH)と異なる大きな点は、「目的の違い」です。すでに説明した通り、イーサリアム(ETH)は分散型アプリケーションを形成するためのプラットフォームです。 それに対して、イーサリアムクラシック(ETC)は、IOT(インターネットオブシングス)への活用などを目的としています。 IOTとは、様々なモノがインターネットに接続される仕組みのことです。例えばIOTを利用することで、利用者はモノの遠隔操作ができたりもします。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の通貨発行量上限は? イーサリアム(ETH)の通貨発行量上限は、決められていません。 ビットコイン(BTC)には2100万BTCという上限、イーサリアムクラシック(ETC)には2億1000万枚〜2億3000万枚という上限がそれぞれ決められています。 ただし、上限の決まっていない通貨も多くあるので、イーサリアム(ETH)だけが特別というわけではありません。 発行量の上限がない仮想通貨については、例えば事前に考えておきたいポイントとして以下の2つが挙げられます。 1. 稀少性が下がる可能性がある 1つ目が「希少性が下がる可能性がある」点です。発行量が決まっていないと、1枚あたりの価値は次第に下がってしまう可能性が考えられます。 2. 今後、上限が決まる可能性もある 2つ目が「今後、上限が決まる可能性もある」点です。 イーサリアム(ETH)は、アップデートを繰り返している通貨であるため、今の所可能性は低そうですが、今後上限が決まる可能性もゼロとは言い切れません。 スマートコントラクトの強化や安全性の向上を目指してアップデートが行われる中で、発行量の上限が定められることもあるかもしれませんので、日々のイーサリアム(ETH)のニュースなどの動向に注視しておくのが良いでしょう。 トークンの作りやすさもイーサリアム(Ethereum/ETH)の魅力 イーサリアム(ETH)の大きな魅力として挙げられるのが、「トークンの作りやすさ」です。 イーサリアム(ETH)は拡張性が高く、多くの人に開かれている仮想通貨のため、さまざまな開発にも利用されています。イーサリアムが基盤となっているトークンは、400種類以上あると言われています。 イーサリアム上で発行するトークンには共通規格があり、代表的なものにERC20(Ethereum Request for Comments:Token Standard#20)が挙げられます。 ERC20を使ってトークンを発行することで、イーサリアム(ETH)の基本的な機能を利用できたり、対応しているウォレットで一元管理できたりするなどのメリットがあります。 イーサリアム(Ethereum/ETH)のマイニングについて イーサリアム(ETH)のマイニングには、例えば下記の3つのポイントがあります。 1. PoW(プルーフ・オブ・ワーク) 1つ目が「マイニング方式はProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)である」点です。 Proof of Workはビットコイン(BTC)と同じマイニング方式で、簡単にいうと一番最初に難しい計算を解いた人に対して報酬が支払われる方式です。 2. Casperに変更を予定 2つ目が「今後、Proof of WorkからCasper(キャスパー)に変更を予定している」点です。 Casperとは、Proof of Stake(プルーフオブステーク)というマイニング方式のことで、仮想通貨の保有量などによって有利になる方式です。Proof of Workの課題をクリアする方式として期待されています。 3. マイニング競争は激しい 3つ目が「イーサリアム(ETH)のマイニング競争は激しい」点。 マイニングの難易度は、参加者の多さによるため、知名度の高いイーサリアム(ETH)やビットコイン(BTC)は競争が激しいといえます。 今後、優秀なコンピュータを保有している人に有利なProof of Workから、保有量に応じて有利になるCasperへと移行されることで、競争はより激化するかもしれません。 マイニングで起こりうる問題点とは? イーサリアム(ETH)に限りませんが、仮想通貨のマイニングに関してはいくつか問題点もあります。 1. 無駄な作業が発生する 1つが「無駄な作業が発生する」点です。 マイニングは多くの人が一斉に参加しますが、初めに成功した人以外の作業は無駄になってしまいます。不採用になるブロックが数多く出てしまうため、無駄な作業や電力、費用などが発生することになります。 2. マイニングが集中化する可能性がある もう1つが「マイニングが集中化する可能性がある」点です。 今のところはそのような問題はおきてませんが、今後特定のマイナーによって、イーサリアム(ETH)のすべてのマイニングが支配されてしまう可能性もゼロとは言い切れません。 イーサリアム(Ethereum/ETH)を購入するには? イーサリアム(ETH)を購入する場合、イーサリアム(ETH)の取り扱いを行っている取引所を利用するのが一般的な方法といえます。 国内外問わず、イーサリアム(ETH)はビットコインと並んで知名度の高い通貨なので、取り扱っているところも多いです。 国内大手の取引所であるCoincheckも、イーサリアム(ETH)を取り扱っている取引所の一つです。Coincheckは簡単な手続きで口座を開設することができ、すぐにイーサリアム(ETH)を購入することができます。 Coincheckの口座開設はこちら 詳しくはこちら:イーサリアム(Ethereum/ETH)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら Coincheckは、アプリの見やすさや使いやすさに定評があり、初心者から投資に慣れた上級者まで使いやすいのが魅力です。 イーサリアム(ETH)を始めとして、取り扱い通貨が多いため、様々な仮想通貨に分散投資をすることもできます。仮想通貨を売買する際には、投資スタイルや取引所の使いやすさなど、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。 イーサリアム(Ethereum/ETH)を購入してみよう イーサリアム(ETH)は、多くのトークンやサービスに活用されている仮想通貨です。 アルトコインの中でも特徴が分かりやすく、イーサリアム(ETH)を土台としたトークンやサービスが増えるほど、今後ともイーサリアム(ETH)へのニーズが高まっていく可能性もあるでしょう。 また、数ある仮想通貨の中でも、時価総額の高いイーサリアム(ETH)は、今後も知名度を上げていくものと予想されています。イーサリアム(ETH)に興味がある方は、イーサリアム(ETH)の取り扱いのあるCoincheck口座を開設して購入してみてはいかがでしょうか。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)といった仮想通貨は購入金額が高くて購入しづらいイメージを持っている人も少なくありません。 しかし、Coincheckならとても購入しやすくてハードルの低さを感じることができるでしょう。そこで今回はイーサリアム(ETH)を取り上げ、その概要や最低購入額、手数料など購入に関する条件についてお伝えしていきます。 Coincheckなら500円からイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入できる Coincheckでイーサリアムを購入する場合、最低購入額は日本円により500円から可能です。 Coincheckは日本国内で大きなシェアを有する仮想通貨取引所であり、2019年6月現在は以下の10種類の通貨の売買が可能です。しかも、これら10種類の通貨はすべて500円という最低取引額で購入できます。 ビットコイン(BTC) リップル(XRP) イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」 イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」 リスク(LSK) ファクトム(FCT) ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」 ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) 尚、Coincheckで取り扱っている上記の全通貨は日本円以外にもビットコイン(BTC)で購入することもできます。ビットコイン(BTC)で購入する場合の最低購入額は「0.001BTC」からとなっております。 一方でお持ちの仮想通貨を売却して日本円に換える場合も同様に最低売却額は500円からとなっております。仮想通貨を売却してビットコイン(BTC)に換える場合も最低売却額は「0.001BTC」となります。 次にCoincheckでのイーサリアム(ETH)の最低注文量を具体的な数値に当てはめてご紹介していきます。仮にイーサリアム(ETH)を1ETH=13,500円として計算した場合、イーサリアム(ETH)の最低注文量は、500円=0.037037ETHとなります。 Coincheckでのイーサリアム(Ethereum/ETH)購入手続きは簡単 Coincheckでイーサリアム(ETH)を購入する手続きはとてもカンタンです。購入の流れについて順を追ってご説明していきましょう。 Coincheckにアカウント登録 まず、仮想通貨取引用の口座開設のために、Coincheckのトップページからメールアドレスとパスワードを入力し、新規登録ボタンをクリックします。 Coincheckのアカウント登録はこちら そうすると、登録したメールアドレス宛てにCoincheckからメールが送信されます。 届いたメールにはURLが貼り付けられていますので、そのURLをクリックすればアカウント登録が完了します。 SMS認証(電話番号認証) アカウント登録が完了すると、アカウント上で登録した携帯電話宛てにショートメッセージ(SMS)が送信されます。 送られてきた6桁の「認証コード」をCoincheckのログイン画面上で入力し、SMS認証を完了させます。 SMS認証が完了すると今度は住所・氏名などのご自分の基本情報を入力していきます。 本人確認書類の画像データをアップロード 基本情報の入力後は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の画像データをアップロードします。 IDセルフィーをアップロード 続いて、画像データとしてアップロードした本人確認書類を手に持って自撮りする写真(IDセルフィーと呼びます)を用意し、アップロードします。 はがきを受け取る IDセルフィーが完了すると、Coincheckから登録住所宛てに簡易書留のはがきが送付されます。そちらのはがきを受け取ると、本人確認が完了します。 日本円を入金する 口座開設が完了すると、ご利用中の金融機関から、購入したい分の金額をCoincheckに銀行振込などで入金すれば、いつでも購入可能になります。 ウェブ画面からイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入する方法 購入までの流れですが、ログイン後に「ウォレット」から「コインを買う」をクリックし、イーサリアム(ETH)を選びます。 購入数量を指定すれば必要な購入金額が日本円で算出されるので確認し、「購入する」をクリックすれば購入できます。 尚、日本円ではなくお手持ちの仮想通貨と交換する場合も同様にウォレットページ内で手続き可能です。交換したい通貨を選択し、支払額が表示されますので確認して交換することができます。 スマホアプリからイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入する方法 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、イーサリアム(ETH)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、イーサリアム(ETH)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら イーサリアム(Ethereum/ETH)を購入する場合の手数料は? イーサリアム(ETH)を購入する場合にかかる手数料についてご紹介していきます。 まず、イーサリアム(ETH)を購入する場合、Coincheckで開設済みの口座へ日本円の入金が必要になります。ウォレットと呼ばれるCoincheck内のアカウントに入金する方法ですが、銀行振込の他にコンビニ入金、クイック入金が選べます。 銀行振込の場合 銀行振込の場合、振込手数料はお客様のご負担となりますが、手数料そのものは無料です。 コンビニ入金の場合 コンビニ入金ですが、1回の入金が30,000円未満の場合なら756円の手数料が、30,000円以上30万円以下の場合では1,000円の手数料が発生します。 尚、コンビニ入金の場合1回の入金金額の上限は30万円となっています。 クイック入金の場合 次にクイック入金の場合、1回の入金が30,000円未満なら手数料は756円かかります。また、30,000円以上50万円未満の入金なら手数料は1,000円が発生します。 入金額が50万円以上になる場合の手数料は「入金額×0.108%+486円」です。 送金手数料について 尚、イーサリアム(ETH)をCoincheckのユーザーどうしで送金する際に発生する送金手数料については無料となっています。ただし、Coincheckではない別のウォレットに送金する際には、0.15ETHの送金手数料がかかります。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とは? イーサリアム(ETH)の最低購入額などをお伝えしたあとは、イーサリアム(ETH)誕生の経緯や特徴などについてもお伝えします。 イーサリアム(ETH)はこれまでビットコインなどと同様、常に市場の中では上位の時価総額を誇っており、契約の締結やその実行などにも使える仮想通貨です。 Vitalik Buterinによって考案 イーサリアム(ETH)は開発当時、弱冠19歳だったロシア系カナダ人Vitalik Buterinによって考案され、2013年に誕生しました。 その最大の特徴は「分散型アプリケーション」(DApps)の構築と「スマートコントラクト」と呼ばれる新たな機能が追加されている点にあります。 分散型アプリケーションとは 分散型アプリケーションとは、国家や金融機関といった中央の管理者が存在しなくても自立的に動くアプリケーションになります。 様々なアプリケーションを開発する際にイーサリアム(ETH)をその基盤として利用することができ、アプリケーション上で様々な取引や契約などがおこなえることを想定しています。 スマートコントラクトとは また、イーサリアム(ETH)に実装されたスマートコントラクトという機能は、ブロックチェーン上で契約に関する詳細情報と契約上の条件が書き込めるような仕組みになっています。 このブロックチェーンの技術自体はビットコイン(BTC)ですでに採用されている技術で、一定数の取引データをひとかたまり(ブロック)として管理し、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように記録される技術です。 契約内容の実行まで自動で可能 イーサリアム(ETH)ではさらに一歩進んで取引の詳細な情報と契約実行のための条件を、あらかじめプログラミングしておくことができます。そして、契約実行のための条件がすべて整った段階で、自動的に契約内容が実行されるようになります。 このようにイーサリアム(ETH)は、詳細な取引や契約内容についての情報を詳細な記録・管理、契約内容取引などの実行までを自動で可能にしています。 例えば、不動産取引のような高額な契約内容でもイーサリアム(ETH)なら取引条件さえ整えば、不動産仲介業者を介さずに早くて安全かつ低コストで自動的に処理できる仕組みになっています。取引情報しか記録できなかったビットコイン(BTC)からは、大きく進歩した仕組みを持っているともいえるでしょう。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? イーサリアム(Ethereum/ETH)の購入についてのまとめ 何となく仮想通貨は高そうなイメージを持たれていた方も、今回ご紹介した内容から、少額から購入できることがおわかりいただけたのではないでしょうか。 Coincheckでは購入だけでなく、売却も日本円なら500円からお取引可能で、お手持ちの仮想通貨との交換でも0.001BTCからとなっています。 仮想通貨取引に興味があるものの、購入に踏み込めなかった方はこの機会に是非、仮想通貨の世界に踏み出してみてはいかがでしょうか。

イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)、リップル(XRP)と同様に人気のある仮想通貨で、最大の特徴である「スマートコントラクト」が注目を集めています。 Coincheck(コインチェック)ではたったの3ステップで購入まで完結!具体的な手順をご紹介します。 Coincheckなら3ステップで仮想通貨を購入できる イーサリアム(ETH)をすぐに購入したい場合、Coincheckであれば3ステップで登録・購入まで完結します。 イーサリアム(ETH)を購入するまでの流れを確認していきます。 1. アカウント登録 まず、Coincheckのアカウントを作成します。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckの新規登録ページで、メールアドレスとパスワードを入力し、「アカウントを新規作成する」ボタンをクリックします。 すると、Coincheckからメールが届きますので、その文面にしるされたURLをクリックすれば、ブラウザの画面が切り替わり、アカウント登録の手続きが完了します。 また、Facebookアカウントをお持ちの方は、Coincheckサイトにある「Facebookで10秒で新規登録」を押すことで、アカウントが作成されます。 2. 本人確認書類の承認を受ける 本人確認として、CoincheckではSMS認証の確認を行っています。 Coincheckにログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押し、アカウントを登録したご本人様の携帯電話番号を入力していただきます。他人の携帯電話を借りて登録を行うことは、お断りしております。 そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にSMSが届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」欄に入力することで、SMS認証が完了となります。 3. 本人確認書類のアップロード SMS認証が完了すれば、お客様情報(氏名、性別、生年月日、自宅住所など)を登録し、「本人確認書類」と「IDセルフィー」のアップロードを行います。 運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの身分証明書をご用意ください。IDセルフィーは、顔写真付きの身分証明書と、ご自身の顔をいっしょに写真撮影していただく方法です。 このIDセルフィーも、続けてアップロードします。 最後に住所確認として、Coincheckから登録住所に簡易書留ではがきを郵送いたします。 なお、本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金、仮想通貨の送金ができません。すべての機能を使用するために、本人確認の手続きをしておきます。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法を解説 イーサリアム(Ethereum/ETH)は分散型アプリケーション イーサリアム(ETH)とは、正確には仮想通貨を指すだけではなく、「分散型アプリケーション」(DApps)を構築し、実行するためのプラットフォーム自体の名称となります。 分散型アプリケーションとは、中央の管理者が存在しなくても自律的に動くアプリケーションのことです。 イーサリアム(ETH)をプラットフォームとして、アプリケーションを開発することが可能で、このプラットフォーム上で、やりとりされることを想定しています。 イーサリアム(ETH)は、当時19歳の少年だったロシア系カナダ人、Vitalik Buterinによって、2013年に考案されました。 近頃では、企業が資金調達を行うために発行するICOトークン(企業へ出資した人に対し、その会社から発行される独自の仮想通貨)が、イーサリアム(ETH)のシステムを利用していることが増えており、ますます注目を集めています。 スマートコントラクトによって契約情報が書き込める イーサリアム(ETH)の最大の特徴は、「スマートコントラクト」と呼ばれるインターネットを介した契約の自動執行機能です。 スマートコントラクトは、ブロックチェーンに詳細な契約情報を記述します。 スマートコントラクト 例えば、ブロックチェーン技術を採用しているビットコイン(BTC)は、ある一定数の取引記録が1つのかたまり(ブロック)になって管理され、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように管理されていきます。 スマートコントラクトでは、この取引の経緯や契約内容といった細かい情報まで記録することができます。 通常、契約書を交わした契約が守られない場合、裁判所を通じて強制執行を行わなければなりません。これでは、時間も手間も費用もかかってしまいます。 その点、契約内容をスマートコントラクトで管理すれば、期限などの契約条件を満たしたとき、自動的に契約内容が実行されます。当事者といえども、契約内容を勝手に書き換えることはできません。 スマートコントラクトは、保険や不動産登記、無人店舗、Web投票などへの応用が期待されています。 ICOトークンへの利用 また、イーサリアム(ETH)は、ICOトークンのベース通貨としても用いられています。 世界各地のベンチャー企業が立ち上げるさまざまな新規事業に対して、賛同者から資金を募って初期費用をまかなうために、イーサリアム(ETH)は重要な仲介の役割を果たしているのです。 Coincheckならイーサリアム(Ethereum/ETH)をすぐに購入できる イーサリアム(ETH)を購入するには、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択し、日本円を入金する手続きを進めます。 Coincheckの指定する銀行口座にお振り込みいただければ、ウォレットに残高が反映されます。 あとは、Coincheckのウォレットから「コインを買う」を選択して、「イーサリアム(ETH)」の購入数量を入力すれば、購入手続きは完了です。 イーサリアム(ETH)を購入する際は、ぜひCoincheckをご利用ください。

イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)に次ぐコインとして世界中で広く取引されています。 ユニークな特徴を持つことから人気が高く、仮想通貨のひとつとして広く認知されていますが、意外とその真の姿はあまり知られていないようです。そこでイーサリアム(ETH)の成り立ちからご紹介します。 ビットコイン(BTC)に迫るイーサリアム(Ethereum/ETH)の時価総額 イーサリアム(ETH)が誕生したのは、2015年7月です。その後、またたく間に世界中で人気を集め、ほとんどの販売所・取引所で扱われるメジャーなコインとなりました。 ただし、厳密にはイーサリアム(ETH)は仮想通貨そのものではありません。ブロックチェーンに「スマートコントラクト」という機能を組み込んだ、分散管理型のプラットフォームなのです。 それまでのブロックチェーンは、情報を収めておく鍵のついたブロックが鎖でつながったものでした。ところが、イーサリアム(ETH)では、そのブロックの中に情報だけでなく、アプリケーションを収めておくことができるようにしました。 そして、特定の条件をクリアした場合に、そのアプリケーションを自動的に作動させることができるのです。 このような環境を提供するプラットフォームがイーサリアム(ETH)であり、その環境下で使われる暗号通貨が「Ether(イーサ)」という仮想通貨なのです。ただし、現在ではイーサリアム(ETH)という名称が仮想通貨そのものを指す言葉として定着しています。 イーサリアム(ETH)では、ブロックチェーンに契約情報を書き込むスマートコントラクトによって、取引の経緯などの詳細な内容を記録することができます。この機能を持ったことによって、イーサリアム(ETH)は異色の通貨として注目を浴びることになったのです。 発行上限のない仮想通貨「Ether(イーサ)」 仮想通貨の多くは、その発行上限枚数が決められています。 例えば、ビットコイン(BTC)は2,100万BTC、ビットコインキャッシュ(BCH)も同じく2,100万BCH。ライトコイン(LTC)は4倍の8,400万LTCです。リップル(XRP)は1,000億XRPと、ほかに比べると桁違いの規模を設定していますが、すでに予定枚数すべてが発行済みであり、これ以上発行されることはありません。 通貨の発行上限が決められていると、やがてその通貨の希少性が高まり、それとともに時価が上がっていく可能性があります。 これに対して、イーサリアム(ETH)は2018年8月現在の発行枚数が約1億ETH。マイニングによって新規発行されていますが、発行上限は定められていません。2018年4月1日に開発者であるVitalik Buterinが発行上限の設定を提案する発言を行い、大きな議論を巻き起こしましたが、これはエイプリルフールのジョークだったようです。 しかしその後、Vitalik Buterinは「発行上限の設定が必要かどうかは参加者の要望次第であり、上限設定を検討する価値はある」という趣旨の発言を残しています。今すぐにということはないにしても、今後発行上限が設定される可能性はゼロではない、というわけです。 イーサリアム(Ethereum/ETH)のメリットとは?3つの利点 イーサリアム(ETH)は、アルトコインの中では抜群の人気を誇り、時価総額もビットコイン(BTC)に次ぐ2位につけています(2018年10月現在)。 そこで、イーサリアム(ETH)の持つ優れた3つのメリット(送金の速さ・発行上限・信頼性)についてご説明します。 1. 短時間で送金を完了できる 仮想通貨では、ひとつの取引を完了させるためには、取引の内容が承認されなくてはなりません。 その承認作業がマイニングですが、ビットコイン(BTC)では「10分に1回」の頻度で行われるのに対して、イーサリアム(ETH)では「15秒に1回」です。そのため、スピーディーな決済が可能になります。 2. 発行上限・半減期がない イーサリアム(ETH)には発行上限がありません。また、ビットコイン(BTC)のように、発行枚数が増えるに従って供給量が減らされていく「半減期」というものもありません。 そのため、ビットコイン(BTC)よりは安定した価格を維持しやすいというメリットがあります。 3. 信頼性の高いシステム 仮想通貨に使われているブロックチェーンの技術は、データの改ざんに強く、元々信頼性が高いものです。それに、スマートコントラクトの技術を組み合わせることで、より強固なシステムとして運用することができます。 運用上のセキュリティホールが狙われることはあっても、イーサリアム(ETH)のシステムそのものがハッキングされる可能性は低いと言って良いです。 イーサリアム(Ethereum/ETH)のデメリットとは?2つの欠点 このように多くのメリットを持つイーサリアム(ETH)ですが、ほかのコインと同じようにデメリットも持ち合わせています。 そこで、イーサリアム(ETH)が持つ2つのデメリット(スケーラビリティの問題・スマートコントラクトの弊害)について、ご説明します。 1. ユーザー増加によるスケーラビリティ問題 イーサリアム(ETH)のメリットでもご説明したように、イーサリアム(ETH)は取引の承認を短時間で済ませることができます。 しかし、ブロックチェーンの1ブロックを15秒ほどで処理できるとしても、その数が増えれば、やはり承認には時間がかかるようになります。 しかも、イーサリアム(ETH)は取引情報だけでなく、ブロックの中にスマートコントラクトを実行するプログラムまで書き込むことになりますから、必然的に情報量が多くなり、結果として取引スピードが低下してしまうのです。 こうした問題はイーサリアム(ETH)が広く使われるほどに深刻化し、表面化しています。解決するにはネットワークの処理速度、つまりはブロック生成速度を高めるほかなく、そのための対策が検討・検証されています。 2. イーサリアム(ETH)の機能ゆえの弱点 ブロックチェーンはハッキングに強く、データの改ざんができません。また、スマートコントラクトによって、そのセキュリティは一層堅固になりました。 しかし、それらは逆に、イーサリアム(ETH)に仕込まれたプログラムなり情報なりのどこかに間違いがあったとしたら、それに対処するのが非常に難しいということにもなります。 例えば、過去にイーサリアム(ETH)は運用上の不備を狙われ、360万ETHを盗まれるという事件を経験しました。このとき、事態にどのように対処するかの議論が盛んに行われましたが、運営グループは時計の針を逆回りさせ、盗難事件を含めたそれ以降の取引データをすべて「なかったことにする」という決断をしました。 こうした処置を取らざるをえなかったのは、イーサリアム(ETH)の「改ざんに対する強度が高い」という特徴ゆえでしょう。強硬手段ともいえるこの対処をめぐり、イーサリアム(ETH)のコミュニティは賛否両論に沸き返って分裂し、結果として「イーサリアムクラシック(ETC)」という分裂したコインを生む結果となりました。 ですから今後も、もし同じような事件が起こった際、あるいはバグや情報の誤記が起こったときには、同じような事態に発展し、混乱を引き起こしてしまう可能性がまったくないとはいえません。 イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら イーサリアム(Ethereum/ETH)の特徴、スマートコントラクトとは? 続いて、イーサリアム(ETH)の特徴的な機能であるスマートコントラクトのしくみについて、仮想通貨の初心者にもわかりやすく、詳しくご紹介します。 「イーサリアム(ETH)」は仮想通貨ではない!? イーサリアム(ETH)というのは、仮想通貨の名称ではありません。特徴的なサービスである「スマートコントラクト」を提供するためのプラットフォームの名前です。 そして、そのシステムを運用していくために必要な作業を行う報酬(マイニング報酬)として、仮想通貨「Ether(イーサ)」があるというわけです。 「プラットフォーム」の位置付けが、少々わかりにくいかもしれませんので、もう少し詳しくご説明しましょう。例えば、あらゆるものが売り物としてそろえられている通販サイトがあります。これは、商品を売って代価を受領するためのしくみ、つまりプラットフォームです。そこに、さまざまな業種の店舗が出店して、食品やアパレル、本やDVDを販売しています。 イーサリアム(ETH)も同様で、ブロックチェーン技術によって改ざんを防ぎつつ、情報を保存するという環境を提供するプラットフォームです。特徴的なのは、そこに「スマートコントラクト」という機能を実装しているということです。 このスマートコントラクトこそがイーサリアム(ETH)の評価を高め、ビットコイン(BTC)に次ぐポジションを得ることができた最大の要因でもあるのです。 スマートコントラクトとは何か? 仮想通貨で使われるブロックチェーンは、いくつかの取引情報を書き込んだブロックをひと連なりのチェーンとして連鎖させていくしくみです。通常は「いつ、誰が、誰にいくら送金した」というような取引情報がブロックに収められます。 イーサリアム(ETH)では、そこにプログラムを書き込むことができ、それを使って「ある条件を満たしたときに自動的に処理を行う」ということが可能になります。 例えば、ある店舗で「お買い上げ3回目以降のお客様は5%引き」というルールを設定したとしましょう。実店舗であれば来店ポイントカードを使い、スタッフにも周知しておけば、対応は難しくないでしょう。しかし、ネット店舗では、注文を取りまとめる度に過去の購入履歴をチェックするなど、結構な手間がかかります。 イーサリアム(ETH)では、あらかじめ「3回以上の購入」という前提条件と「5%引き」という処理作業をプログラムにして組み込んでおけば、条件を満たした場合のみ5%引きの処理を自動で行ってくれます。 人の手と目で履歴をチェックする必要はありませんし、ポイントカードを取り出すまでもなく、「レジに進む」ボタンを押した瞬間に5%引きの価格が提示され、代金が回収されます。そうした自動処理を可能にするのが、スマートコントラクトなのです。 イーサリアム(Ethereum/ETH)のしくみと開発言語「Solidity」とは? イーサリアム(ETH)のしくみは、エンジニアグループ「ETH DEV」が独自のプログラミング言語「ソリディティー」を使用して開発されています。ここからは、イーサリアム(ETH)の特徴や機能について詳しく説明します。 管理者が存在しないプラットフォームを提供 イーサリアム(ETH)は、「非中央集権型」「分散型アプリケーションのプラットフォーム」として登場しました。ほかの仮想通貨と同じように、イーサリアム(ETH)を利用する世界中の端末同士がP2Pによってつながり、そのネットワークの中で分散してブロックチェーンの情報が共有・保存されています。 また、イーサリアム(ETH)ではブロックの中に情報だけでなく、アプリケーションを組み込むことによって、あらかじめ設定しておいた条件がそろったとき、自動的にプログラムが作動するしくみを持っています。 例えば、「毎月27日にクレジットカードの使用分を口座から引き落とす」「月末には住宅ローンの返済額を送金する」というようなお金のやりとりがあります。従来なら、こうした取引は銀行が管理していますが、イーサリアム(ETH)では誰かが管理しなくても、マイニングで取引が承認されれば、プログラムによって自動的に実行されます。 このしくみによって、管理者がいなくてもサービスが勝手に動き、実行されるというしくみができました。誰の管理も受けず、管理する必要もない分散型アプリケーションのプラットフォームが、イーサリアム(ETH)の最大の特徴です。 開発者チーム「ETH DEV」による開発 イーサリアム(ETH)は、創始者であるVitalik Buterinを中心としたエンジニアグループ「ETH DEV」によって開発されました。このグループは現在でも活発に活動を続け、機能のブラッシュアップやメンテナンスを行っています。 また、イーサリアム(ETH)では、開発に貢献した者に報酬を出すしくみを採用しています。これによってETH DEV以外にも、世界各国で非常に多くのエンジニアが開発に携わることになりました。これも優れたしくみのひとつといえます。 イーサリアム(ETH)はその存在が発表された当初から、4段階のフェーズを踏んで開発していくことが決められていました。 <イーサリアム(ETH)の開発フェーズ> 第1段階:「フロンティア(Frontier)」 基本機能の導入、バグ修正 第2段階:「ホームステッド(Homestead)」 プラットフォームとしての機能を実装 第3段階:「メトロポリス(Metropolis)」 セキュリティの強化、スマートコントラクトの簡易化、マイニングの方法変更 第4段階:「セレニティ(Serenity)」 PoW(プルーフ・オブ・ワーク)からPoS(プルーフ・オブ・ステーク)へ移行予定 これまでにこのような更新作業が行われ、2018年8月の時点では「メトロポリス」の前半部分をクリアしています。第4段階の「セレニティ」に到達するまでには、まだしばらく時間がかかりそうです。 独自のプログラミング言語「Solidity(ソリディティ)」 「Solidity(ソリディティ)」はイーサリアム(ETH)上で作動するスマートコントラクトを実装するための開発言語です。 スマートコントラクトを動かすためには、「コントラクトコード」を実行する必要があります。このコードそのものは機械語に近く、コンピュータであればすぐに理解し実行できるのですが、記述されたコードを見ただけでは何が書かれているのか、人間にはすぐに理解はできません。 そこでソリディティが用いられます。ソリディティは、私たちが使う言語に近い「高級言語」で、何が記述されているかがわかりやすく、書きやすい上にミスやエラーを見つけやすいという利点があります。 このソリディティでコードを書き、出来上がったところでコントラクトコードに翻訳すれば、開発作業がスムーズになるというわけです。 イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら イーサリアム(Ethereum/ETH)の歴史と「The DAO」事件について イーサリアム(ETH)は、Vitalik Buterinにより2015年に生みだされた仮想通貨ですが、その誕生以前から現在まで、「The DAO」事件を代表として、数多くの出来事が起こってきました。 ここからは、そんなイーサリアム(ETH)の歴史や事件についてご紹介します。 天才青年が生み出したイーサリアム(ETH) イーサリアム(ETH)は、2015年に生まれた仮想通貨です。まだ、歴史が浅いように思われますが、誕生以前から誕生後、そして現在まで、イーサリアム(ETH)をめぐっては数多くの出来事が起こってきました。そこで、イーサリアム(ETH)の登場から現在までの歴史を見ていきます。 イーサリアム(ETH)の生みの親であるVitalik Buterinは、仮想通貨の世界に没頭し研究を重ねた結果、当時のブロックチェーンでは決済以外の用途に使うには十分でない、ということに気付きました。そして、「あらゆる用途に使えるブロックチェーンのプラットフォーム」というアイディアに行き着きます。 彼はこの考えをまとめ、半年ほどかけて作った「Ethereum Whitepaper」をウェブにアップします。当時、Vitalik Buterinは弱冠19歳で、アプリケーション開発のための言語を用いた新たなプラットフォームの開発をホワイトペーパーで提案したのです。それを基にして、資金をイーサリアム(ETH)のプレセールによって募ったところ、日本円で16億円弱もの資金がビットコイン(BTC)で集まりました。 やがてイーサリアム(ETH)が動き出し、2015年7月に公開、ほどなく日本でも取引が開始されました。 分裂の引き金となった「The DAO」事件 イーサリアム(ETH)はその機能と将来性から高い人気を集めましたが、それだけにハッキング集団に狙われる危険も高かったようです。2016年6月には、「The DAO」事件が起こります。これは、イーサリアム(ETH)にとって大きな出来事でしたので、事のあらましを簡単にご説明します。 当時、The DAOという、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを利用した投資ファンドプロジェクトがドイツのスタートアップ企業によって運営されていました。ところが、運営システムの脆弱性を突かれ、360万ETH(約50億円相当)のイーサリアム(ETH)が盗まれてしまったのです。 この事件への対処をめぐり、イーサリアム(ETH)コミュニティでは多くの議論が交わされました。そして最終的に選択されたのが、「ブロックチェーンを巻き戻し、事件発生直前の状態に戻す」ということでした。つまり、事件以降のすべての取引を、盗難のことも含めてすべて「なかったことにする」というものです。 この処置で、盗難による被害そのものを消し去ることができましたが、管理者がイーサリアム(ETH)ユーザーの取引に干渉したという事実を残すことにもなりました。そのため、コミュニティ内での対立が起こり、ついにはコインの分裂であるハードフォークにより、イーサリアムクラシック(ETC)の誕生へとつながっていきます。 今後の成長と可能性が期待されるイーサリアム(ETH) The DAO事件はショッキングな出来事でしたが、その原因は運営システムの脆弱性であり、決してイーサリアム(ETH)そのものに問題があったわけではありません。そのためイーサリアム(ETH)はその後も安定した人気を保ち、今もアルトコインの中でトップの時価総額を維持しています。 2017年2月には、イーサリアム(ETH)企業連合が設立されました。ここには、IT系や金融系など数多くの世界的大企業が参加しています。日本企業でも、大手グローバル自動車メーカー、大手金融持株会社、大手データ通信企業など、誰もが知っている企業が名を連ねています。ブロックチェーンとイーサリアム(ETH)を各企業におけるサービスに役立てるべく、開発に取り組んでいます。 イーサリアム(ETH)が提供するプラットフォームは、ビジネスの世界でもその将来性が大いに期待されているのです。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の「ホワイトペーパー」の解説 イーサリアム(ETH)の創始者であるVitalik Buterin が、2013年に発表したホワイトペーパー。この文書の中には、イーサリアム(ETH)についてだけでなく、仮想通貨やブロックチェーンについての理想が語られています。 現状を分析しイーサリアム(ETH)を支持する提案書 イーサリアム(ETH)の話題で「ホワイトペーパー」といえば、創始者であるVitalik Buterinが2013年に投稿した「Ethereum Whitepaper」を指します。Vitalik Buterinはこの文書の中で、イーサリアム(ETH)の最初のアイディアを披露しています。 一般にいうホワイトペーパーとは直訳すると「白書」ですが、ここでは少々意味合いが異なります。 日本語の白書は政府や官公庁などが編集・発行するもので、政策の実施による現状の分析報告を中心とした刊行物です。防衛白書、経済白書など、耳にしたことがあるのではないでしょうか。 しかし、近年ではマーケティング用語として使われることも多くなり、市場の現状やテクノロジーの動向などを分析した上で、特定の技術やサービスの長所やメリットをアピールする書類という意味合いにシフトしつつあります。 Vitalik Buterinが投稿したホワイトペーパーも、こうした内容のものでした。ブロックチェーンを決済だけに使うのではなく、そのほかの用途にも応用できるようにするにはスマートコントラクトのしくみが必要であり、それをプログラムとして組み込むことができるプラットフォーム、つまりイーサリアム(ETH)が必要なのだと訴えています。 ホワイトペーパーはイーサリアム(ETH)の初期設計図 このホワイトペーパーの中で、Vitalik Buterinはイーサリアム(ETH)のあるべき姿とその用途について、実に幅広く検証し、提案しています。 当時すでに稼働していたビットコイン(BTC)を例にとり、マイニングのアルゴリズム、悪意ある攻撃を受ける可能性とその手口、書き込まれた情報の真正性を担保するしくみ、そしてブロックチェーンの技術を利用したいくつかのアプリケーションを挙げ、その機能とともに問題点を指摘しながら、イーサリアム(ETH)が提供する環境についてのメリットをアピールしています。 イーサリアム(Ethereum/ETH)のマイニングの方法とは? イーサリアム(ETH)では、マイニングによって仮想通貨の取引内容の承認とともに、スマートコントラクトの実行も行われます。PoWとPoSの違いやキャスパーなど、イーサリアムのマイニングの方法や用語についてご説明します。 PoWとPoSの違いとは? 仮想通貨は、取引内容を承認する際に膨大な計算をこなさなくてはなりません。それがマイニングです。イーサリアム(ETH)では、マイニングによって取引の承認とともにスマートコントラクトの実行も行われますから、マイニングは非常に重要な作業です。 マイニング作業は、世界中の「マイナー(採掘者)」と呼ばれる人々によって行われています。しかし1つの取引について2人以上のマイナーが承認してしまうと、記録が二重三重に残ることになってしまいます。 そのため、すべての取引について、承認できるマイナーはただ1人で、その人物にマイニング報酬が支払われます。では、どうやってその1人を決めるのでしょうか?その方法がコンセンサスアルゴリズム(合意方法)であり、今のところ「PoW」と「PoS」の2つが存在します。 PoWは「Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)」の略で、その取引を承認するために最も多くの仕事をした者(投入された計算量)を選ぶ方法です。一方のPoSは、「Proof of Stake (プルーフ・オブ・ステーク)」の略で、コインを多く保有していると証明できる者(コインの保有量と保有期間を掛けた保有率の高さ)を優先する方法です。 それぞれに一長一短はあるものの、多くのコインではPoSが採用されています。それは、PoWのデメリットに由来しています。膨大な計算には電気代がかかるため個人がマイニングに参加できないことや、大規模なマイニング専門集団が中央集権化するリスクが懸念されているからです。 イーサリアム(ETH)では2018年8月現在、PoWが採用されていますが、PoSに移行することがすでにアナウンスされており、Vitalik Buterin自身は「3年から5年かけて移行する」と発言しています。 最終的なPoSアルゴリズム「Casper(キャスパー)」 遠からずイーサリアム(ETH)に実装されるPoSアルゴリズムは「Casper(キャスパー)」の名で呼ばれています。もちろん、単純なPoSではなく、これまでの課題や問題を解決するべく開発された、独自のものに仕上がるはずです。 その全容はまだ明らかではありませんが、キャスパーに関してはすでにいくつかの情報が伝えられています。その大きな特徴は「PoWとPoSとのハイブリッド型」というものです。 従来のPoWでは、高い計算能力を持つ者がより多くの利益を得る形になっていました。そのため、マイニングに特化した「ASIC」と呼ばれるプロセッサーを使い、マイニング報酬を独占しようとする動きが現れました。 イーサリアム(ETH)ではこうしたことを防ぐため、ASICでのマイニングができないようになっていましたが、その後イーサリアム(ETH)対応のASICが開発され、その対策としてハイブリッド型のPoSアルゴリズムであるキャスパーへの移行を決めたのです。 キャスパーでは、PoWでマイニングする「マイナー(採掘者)」、PoSで取引履歴を検証するために選任された「バリデーター(承認者)」の双方に報酬を支払うとしています。ただし、その分報酬額は少なくなり、特にバリデーターに対しては重大な過失や不正があった場合にはペナルティを科すしくみも設けるということです。 マイニングの3つの方法 ほかの仮想通貨と同じく、イーサリアム(ETH)のマイニングには3つの方法があります。 ・ソロマイニング まず、第一の方法が「ソロマイニング」です。自分で機材をそろえ、ひたすらマシンを稼働させるやり方です。 マイニングに使われるGPUやマザーボードなどの機材に加え、電気代も自己負担となります。その代わり、マイニングに成功すれば、報酬を独占できるというメリットがあります。一方、計算能力に限界があるため、必ずしも報酬を得られるという保証はありません。 ・プールマイニング 複数人が協働するマイニングの方法が「プールマイニング」です。参加者がそれぞれに機材を持ち寄ったり、あるいは資金を出し合ったりして環境を整え、チームとしてマイニングを行います。 ソロマイニングよりも報酬を得られる可能性は高まりますが、参加者が提供する計算力に応じて報酬が分配されるため、大きく稼ぐことはできません。 ・クラウドマイニング マイニングを行う組織に出資して、その配当としてマイニング報酬を受け取る、「クラウドマイニング」という方法があります。これはマイニングというよりも、マイニング会社への投資と考えたほうが良いです。 何の準備も専門知識もいらず、手軽にマイニングに参加できますが、その反面、投資した会社の倒産や「マイニング詐欺」というケースもありますから注意が必要です。 イーサリアムクラシック(ETC)がハードフォークにより生まれた理由とは? 「The DAO」事件をきっかけに、イーサリアム(ETH)からイーサリアムクラシック(ETC)が分岐しました。このとき、なぜハードフォークが起こったのでしょうか?イーサリアム(ETH)との関係を詳しくご説明します。 三者択一の選択 イーサリアム(ETH)とよく似た名を持つコインに、「イーサリアムクラシック(ETC)」があります。この仮想通貨は、2016年6月に起こったThe DAO事件をきっかけに生まれたものです。なぜハードフォークが起こったのでしょうか? The DAOは、イーサリアム(ETH)を使った投資ファンドプロジェクトでした。しかし、スマートコントラクトに記述されたプログラム上、一度投資したイーサリアム(ETH)を自分のアカウントに戻した場合、「28日間はそこから動かすことができない」というルールがありました。 そのため、ハッキングによる不正送金で犯人のアカウントに移された資金を、犯人自身も動かすことができずにいたのです。その間にイーサリアム(ETH)コミュニティでは、どう対処するかの議論が交わされました。 考えられる選択肢は3つありました。「ソフトフォークでハッカーの取引アドレスを凍結する」「何もしない」「ハードフォークによりブロックチェーンを巻き戻し、不正な取引をなかったことにする」の3つです。 最終的に取られたのは、ハードフォークによる対処法でした。イーサリアム(ETH)コミュニティの過半数の賛同を得て、ハードフォークを実行しました。その結果、不正送金そのものがなかったことになり、盗まれた360万ETHの記録も消されてしまったのです。 基本理念を懸けた争いに発展 The DAO事件のときにとった対応は、ユーザーが救われる唯一の道として、現在では評価する声が多数あります。 しかし、元々イーサリアム(ETH)だけでなく仮想通貨そのものが、特定の国家や組織の管理下にない、非中央集権的な存在であるべきものとされてきました。まして、イーサリアム(ETH)は管理者不在の状態でも正確に機能するスマートコントラクトの機能を持っており、それゆえにあらゆる管理から解放された存在として期待されていました。 たとえ緊急避難的な措置であっても、特定のグループによる恣意的な操作や管理を受け入れるべきではないという主張が起こりました。こうした主張をする人々は、事件の対応策を議論したときに、「何もするべきではない」と主張した人々でした。 この主張はイーサリアム(ETH)の理念に関わることでもあり、対立は深刻化していき、ついにハードフォーク前のブロックチェーンを活用した「イーサリアムクラシック(ETC)」が生まれることになりました。 このとき、ハードフォークで分岐した新たなブロックチェーンをイーサリアム(ETH)が使い、従来のままの(盗難事件が起こる前の)ブロックチェーンをイーサリアムクラシック(ETC)が使う形になったのです。 「クラシック」という名称には、伝統的につながってきたチェーンという意味のほかに、「イーサリアム(ETH)本来の理念を尊重する」という意味も込められているようです。 詳しくはこちら:イーサリアムクラシック(ETC)の特徴とは?イーサリアム(ETH)との違いを徹底解説 イーサリアムクラシック(ETC)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら イーサリアム(Ethereum/ETH)のハードフォークで起きる影響とは? イーサリアム(ETH)は、これまでにも何度かハードフォークを繰り返してきました。 2018年時点でも、今後ハードフォークが予定されていますが、それによって時価の大きな変動などが起こる可能性はないのでしょうか? ハードフォークでも混乱の少ないイーサリアム(ETH) イーサリアム(ETH)は、これまでに何度かのハードフォークを繰り返し、バージョンアップしてきました。今後もハードフォークが予定されていますが、それによって時価の大きな変動などが起こる可能性はないのでしょうか? 仮想通貨におけるハードフォークとは、ブロックチェーンの永続的な分岐を伴う仕様変更を指します。これは、ソフトウェアのバージョンアップなどと同じような考え方です。 例えば、これまで使われてきたAという仕様に手を加え、A'という仕様が生まれたとしましょう。その場合、ユーザーはいずれか好みのバージョンを使うことになります。ブロックチェーンでいえば、一時的にチェーンが2つに分岐するのです。 ただし、AとA'のあいだに互換性があれば、「A'を使ってみたけど、やっぱりAのほうが使いやすくて便利」という具合に、最終的にはユーザーの支持をより多く集めた側のチェーンに収束されていきます。 一方、分岐した2つのチェーンに互換性がなければ、チェーンが合流することはなく、2つのチェーンがそれぞれ別々に存続するか、あるいはどちらか一方のチェーンがすたれてしまうか、結果は2つに1つです。 イーサリアム(ETH)ではこれまでに3度のハードフォークを行い、バージョンアップを繰り返してきました。それによって一時的な時価の急落はありましたが、以後復帰し、安定した価値を維持しています。 イーサリアム(ETH)の安定感の原因は? ハードフォークを繰り返しながらも安定感を失わない要因は、いくつかあります。ひとつには、ハードフォークがあらかじめ決められたものであるということです。 イーサリアム(ETH)は、発表当時から4段階のバージョンアップが計画されており、その度にどのような仕様変更がなされるかがアナウンスされてきました。そのため、ハードフォーク後の展開や発展性について市場の不安が少なく、イーサリアム(ETH)コミュニティの参加者の多くがハードフォークに賛同していることが挙げられます。 また、ハードフォーク後は旧ルールでのマイニングの難度を意図的に上げるアルゴリズム「ディフィカルティボム」を設定していることも大きな要因です。このアルゴリズムは、ブロック生成時間を意図的に遅らせていき、旧ルールでのマイニングを困難にしてブロックチェーンを機能しにくくさせることで、コミュニティが分裂するリスクを防ぎ、新ルールへの移行を促してきました。 現在のイーサリアム(ETH)は、公表されている4段階のアップデートのうち、すでに第3段階の後半にかかろうかという状況です。しかし、これまでの経緯から見ても、今後大きな混乱もなく、当初目指していた到達点へ着々と歩みを続けているように思われます。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never