Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

イーサリアム(ETH)を法人口座で取引する方法

仮想通貨の取引をしている人のなかには、イーサリアム(ETH)を法人口座で取引してみたいと考える人もいるでしょう。取引で大きな利益が得られた場合に法人口座を開設する人が多い傾向ですが、手続きが難しいと感じるケースもあります。

この記事では、イーサリアム(ETH)の法人口座の開設方法(アカウント登録方法)から仮想通貨取引所の選び方、イーサリアムの基本情報などもわかりやすくご紹介します。

Coincheckでイーサリアム(ETH)の法人口座を開設する手順

イーサリアム(ETH)の取引を行うために法人口座を開設する手順を、金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckを例に説明します。

法人口座開設手順1:アカウント登録

Coincheckで法人口座を開設するためには、まずアカウントを登録する必要があります。

Coincheckの「新規登録」ページで「法人として登録」にチェックを入れ、使用したいメールアドレスとパスワードを入力しアカウントを作成しましょう。

Coincheckの口座開設はこちら

登録時のメールアドレスは自身のメールアドレスではなく、仮想通貨の取引を実際に担当する人のアドレスを使用することも可能です。

続いて、本人確認のためにSMS認証と呼ばれる電話番号の認証を行う必要があります。サイトへログイン後に「本人確認書類を提出する」のボタンをクリックし、仮想通貨取引を行う担当者の携帯番号を入力しましょう。

入力後、「SMSを送信する」ボタンを押すと、登録した電話番号へメッセージが送られます。メッセージに記載されている6桁の「認証コード」をCoincheckのサイト上で間違えないよう入力することで、手続きは完了です。

法人口座開設手順2:法人の実質的支配者の確認

SMS認証が無事に完了した後は、「法人の実質的支配者の確認」を行いましょう。

このステップは、個人アカウントの手続きにはありません。実質的支配者とは、法人の事業活動に支配的な影響力があると認められる個人(自然人)を意味します。

株式会社の場合は、直接的あるいは間接的に25%以上の議決権を有している個人がいれば、実質的支配者になります。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、法人のアカウント登録時には実質的支配者の名前・住所・生年月日などの確認は忘れずに行うようにしましょう。

法人口座開設手順3:必要書類を提出

IDセルフィー
法人口座を開設する際には、書類を準備し提出することが必要です。必要書類には、以下があります。

-履歴事項全部証明書の写し
-法人名義の口座通帳で、法人名義と口座番号が確認できる面の写し
-取引担当者のIDセルフィー(取引担当者の本人確認書類と一緒に本人を撮影したもの)
-取引担当者の本人確認書類(有効な本人確認書類は個人の場合と同様)
-法人取引担当者届出書(代表者と取引担当者が異なる場合のみ必要)

これらの書類は、受領した時点で作成・発行日の6カ月以内か有効期間内のもののみ有効です。
準備した必要書類は、撮影したうえで「png」または「jpg」形式でアップロードしましょう。

法人口座開設手順4:確認ハガキの受け取り

登録内容の確認が完了すると、Coincheckから簡易書留(転送不要)でハガキが発送されます。ハガキを受け取ることで、法人アカウント登録は完了です。

ただし、法人アカウントの場合にはハガキが2通発送されます。法人住所宛てと取引担当者宛てが発送されるため、2通とも必ず受け取るようにしましょう。

どちらか1通でも受け取ることができなかった場合には、ハガキは返送され全ての機能が利用できなくなります。その場合には、再申請が必要となるため注意しましょう。

詳しくはこちら:仮想通貨取引・購入のための法人口座開設の流れはこちら

仮想通貨の法人口座を開設するメリットとデメリット

法人口座のメリットとデメリット
仮想通貨取引をしている人のなかには、取引が成功して大きな利益を得た人もいるでしょう。

今後も多額の利益が見込める場合には、あらかじめ法人口座を開設して仮想通貨取引を行うことでメリットを享受できる可能性があります。法人口座を開設することで、個人口座での取引より税負担を抑えられる場合があるからです。

また、法人口座で得られた利益は事業所得に分類されるため損益通算ができ、2018年4月1日以降の赤字は最大10年間繰り越すことが可能です。さらに、法人は個人よりも多くの出費が経費として計上できます。

一方、仮想通貨取引を法人口座で行うデメリットとしては、法人を設立するために一定の費用がかかる点や、取引で赤字になってしまった際でも住民税を支払う必要がある点などが挙げられます。

仮想通貨取引所の法人口座開設の選び方

法人口座開設の選び方
これから法人口座を開設して仮想通貨取引を開始したいと考えている場合には、仮想通貨取引所を選ぶのに迷うこともあるでしょう。

仮想通貨取引所を選ぶ際には、サービスの使いやすさや仮想通貨の取り扱い数などに加えて、大切な資産を安心して預けられるセキュリティ面も大切です。

セキュリティの高い仮想通貨取引所では、顧客資産が会社資産から分別して管理されています。顧客資産(預り金)と会社資産(経営資金)が切り離されていることで、万が一会社が倒産した場合でも顧客の資産は安全に守られます。

また、コールドウォレットが管理体制に導入されているかも確認しておくようにしましょう。資産がインターネット環境から完全に切り離されて管理されることで、第三者によるハッキング被害を受けるリスクが軽減します。

Coincheckでは顧客資産は分別管理され、コールドウォレットでの管理が行われています。不正アクセスを防止する2段階認証や、国内外のセキュリティ企業によるシステム監査も導入されています。

イーサリアム(ETH)の基本情報

イーサリアム(ETH)は、2013年にVitalik Buterinによって開発されました。

2019年9月末時点では、ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額第2位の仮想通貨として君臨しています。イーサリアム(ETH)は、スマートコントラクト技術を取り入れた仮想通貨である点が特徴的です。

スマートコントラクトは、ブロックチェーンを使用して結ばれる自動契約のことを指します。1度契約を結ぶことで自動的に透明性の高い取引契約ができるようになる技術です。

また、決済スピードが比較的速いことなどもイーサリアム(ETH)の特徴として挙げられ、ブロック生成時間は約15秒といわれています。イーサリアム(ETH)はブロック生成時間の速さから決済スピードも速く、スムーズな取引を行えるでしょう。

詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か?

イーサリアム(ETH)の価格推移と将来性

イーサリアム
日本で仮想通貨ブームが起きたのは2017年のことであり、いわゆる「億り人」と呼ばれるトレーダーが多数生まれたことでも有名です。

イーサリアム(ETH)の価格も仮想通貨ブームの2017年に高騰し続け、2018年初頭には1ETHは約16万円前後を記録しました。しかしその後は下落を続け、2019年8月には1万5000円を割り込みました。

イーサリアム(ETH)が下落した原因の1つに、ICO(イニシャルコインオファリング)の規制強化などが挙げられています。世界の大半のICOがイーサリアム(ETH)上で行われていたため、規制強化による影響を受けたとされていました。

しかし、イーサリアム(ETH)のコードの更新数をみると、依然活発に開発されているのを知ることができます。イーサリアム(ETH)の性能は日々進化しているため、生活のなかで使用されるようになる可能性は高まっているとも言えるでしょう。

イーサリアム(ETH)は将来性が高い仮想通貨として、世界的にも広く認識されています。

詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)の今後は?

安心な仮想通貨取引所で法人口座を作ろう

イーサリアム
イーサリアム(ETH)はスマートコントラクトという特徴を持ち、世界中の投資家や企業などからも将来性を期待されている仮想通貨の1つです。

イーサリアム(ETH)の取引で得た利益が大きくなった場合には、法人口座を開くことで税金対策などのメリットがあります。法人口座の開設は手続き自体においては個人と同様ですが、書類などには異なる部分もあります。

Coincheckは仮想通貨取引の法人口座開設に対応しており、イーサリアム(ETH)を含めて複数の仮想通貨の取扱いもあるため、利用してみると良いでしょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never