イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の今後の将来性は?将来的に儲かる?

イーサリアム(ETH)といえば、数ある仮想通貨の中でも第二のビットコイン(BTC)と呼ばれることもあるほど、人気の高い通貨です。

そんな、人気のイーサリアム(ETH)から分岐して誕生したのが、イーサリアムクラシック(ETC)です。

今回は、イーサリアムクラシック(ETC)の誕生の経緯や特徴、今後の将来性などについて焦点を当てて詳しくご紹介していきたいと思います。

イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)誕生の経緯

イーサリアムクラシック
2016年に、イーサリアム上に作られた「The Dao」というサービスが、ハッキングにより約360万ETH(当時65億円相当)もの資金を盗まれる事件が起きました。

この時の被害額は同サービスがイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で調達した総額約150億円の1/3以上に当たります。

この事件発生を受けて、イーサリアム(ETH)の開発チームは「ハードフォークによって不正送金が行われる前の状態に戻す」という手段で解決を図りました。

イーサリアム(ETH)がハードフォーク

この解決案は、イーサリアム(ETH)のデータをハッキング前の状態に戻すことによって、ハッキング自体をなかったことにする仕様変更のことで、「ハードフォーク案」と呼ばれています。

最終的にハードフォーク案が実行されたことで、The Dao事件は解決したかのように見えました。しかしながら、イーサリアム(ETH)の開発チームによる介入が非中央集権的な仮想通貨の理念に反するとして、一部のコミュニティが反発を示しました。

これによりイーサリアム(ETH)コミュニティは、ハードフォーク案を主張したイーサリアム(ETH)と、非中央集権性を重視し何もしないことを主張したイーサリアムクラシック(ETC)に分岐しました。

イーサリアムクラシック(ETC)が誕生

このように、The Dao事件をきっかけに、本家イーサリアム(ETH)の性質をそのまま受け継いだ新しい仮想通貨として、イーサリアムクラシック(ETC)が誕生したのです。

イーサリアムクラシック(ETC)は、分裂以降独自の機能がどんどん付け加えられてきており、将来有望な仮想通貨としても注目されています。

イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の主な特徴

それでは、本家イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)はどのような違いがあるのかをご説明したいと思います。

1. 非中央集権が元になっている

TheDAO事件の解決案を巡っては、全体のおよそ1割程度が「ハッキングされたデータは残しておくべき」と主張しました。

そして、彼らイーサリアムクラシック(ETC)コミュニティの理念は「code is low」、直訳すると「プログラムコードこそが法律である」となります。

つまり、ブロックチェーン上で最も支配権があるのは「プログラムコードである」という考え方になります。

そのため、イーサリアムクラシック(ETC)のブロックチェーン上には、非中央集権的な前提を壊さないように、現在でもハッキングデータが改善されずに残っています。

2. イーサリアム(ETH)と異なる利用用途

イーサリアム(ETH)はスマートコントラクトという技術を導入した、自律分散型アプリケーション開発プラットフォームの提供を目指して開発を進めています。

一方で、イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)と同様にスマートコントラクト機能は備えていますが、IoT(Internet of Things)プラットフォームとしての役割として開発を進めています。

現に、自律分散型アプリケーションの開発にはイーサリアム(ETH)を利用することが主流で、イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)とは別の利用用途を目指すことで差別化を図っています。

3. 発行上限がある

イーサリアム(ETH)は、通貨の発行上限を定めていないことが特徴として上げられます。一方、イーサリアムクラシック(ETC)は、約2億1000万ETCから約2億3000万ETCが発行上限として定められていることも特徴です。

一般的に発行上限がない通貨は市場の供給量が増えると価値が下がり、発行上限のある通貨は市場の供給量が減り続けると価値が上がります。

イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)を購入するには?

Coincheckの口座開設
イーサリアムクラシック(ETC)を購入するには、まずは仮想通貨の取引所に口座開設が必要です。

国内大手の取引所の1つであるCoincheckでは、イーサリアムクラシック(ETC)を含めて、様々な仮想通貨を取り扱っています。

仮想通貨を初めて購入する場合、簡単な手続きで安心して取引できることが重要になりますが、Coincheckはとにかくシンプルで、初心者であっても使いやすいのが特徴です。

また、見やすいチャートや取引画面があったり、操作性の高いアプリがあったりするため、スマホからでも簡単に仮想通貨の購入が可能です。

Coincheckのアカウント登録はこちら

イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら

イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の今後の将来性について

イーサリアムクラシック(ETC)の将来性
イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを利用しつつ、スケーラビリティ問題に対応することで、IoT(Internet of Things)分野での活用に焦点をあてた開発が進められています。

スマートコントラクトにおける分野では、完全にイーサリアム(ETH)が権力を握っているとも言えます。そのため、イーサリアムクラシック(ETC)が同じ特性でイーサリアム(ETH)と張り合っても勝ち目は薄いと言えるでしょう。

そのようなことから、イーサリアムクラシック(ETC)はIoT(Internet of Things)分野という新しい分野へ、方向転換を行ったようです。

IoT分野について

IoT(Internet of Things)分野では多様なセンサーを接続して膨大な量のデータを処理することから、接続するセンサーの数が多くなってもデータの処理能力が悪化しないような性能が必要になります。

また、イーサリアムクラシック(ETC)では、The DAO事件の経験からセキュリティが非常に高くなっています。セキュリティを高くするとIoT(Internet of Things)との相性が良くなると言われています。

このように、イーサリアムクラシック(ETC)では、ブロックチェーン技術とIoT技術とを融合させたシステムの構築が進められています。

サイドチェーン

加えて、イーサリアムクラシック(ETC)では、サイドチェーンの実装を目指しています。サイドチェーンとは、メインチェーンとは別のブロックチェーンを利用することで様々な機能を実現しようとする技術です。

サイドチェーンが実装されれば、これまで以上にスマートコントラクトをスムーズに使用することができます。このようなことから、イーサリアムクラシック(ETC)は将来性の高い仮想通貨と言われています。

2017年12月の仮想通貨ブームがピークに達したときには、イーサリアムクラシック(ETC)は高値を更新し、分裂当初の価格から40倍以上にまで価格が高騰しました。

イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)についてのまとめ

イーサリアムクラシック
イーサリアムクラシック(ETC)の特徴をまとめると、主に下記が挙げられます。

  • イーサリアム(ETH)から分裂した仮想通貨
  • イーサリアム(ETH)と同じスマートコントラクトに対応
  • IoT(Internet of Things)分野へ進出することでイーサリアム(ETH)と差別化

今後、サイドチェーンの実装や分散型アプリケーション開発などプラットフォームとしても期待ができる仮想通貨となっています。

一時は、イーサリアム(ETH)と分裂したことで将来性はほとんどないとされていましたが、イーサリアム(ETH)との差別化を図ることで、再び注目される仮想通貨となっていると言えるでしょう。