イーサリアムクラシック(ETC)取引の口座開設から購入方法を解説

イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)から分岐して生まれた仮想通貨です。スマートコントラクトの機能を持ち、上位の時価総額を維持しています。

そんなイーサリアムクラシック(ETC)の取引所・販売所での口座開設の流れから、購入方法・手数料についてご説明します。

イーサリアムクラシック(ETC)とは?

イーサリアム(ETH)から分岐して生まれたのがイーサリアムクラシック(ETC)です。

イーサリアム(ETH)は、契約をスムーズにできる「スマートコントラクト」という優れた機能を持つプラットフォームであったため、将来性を評価されていました。しかし、そのイーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを利用した「The DAO」という仮想通貨プロジェクトが狙われ、サイバー攻撃によっておよそ65億円もの資金が盗まれるという事件が起きました。

仮想通貨DAOはイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上に成り立っており、事態を収拾するためにイーサリアム(ETH)の運営グループがとった処置は、「取引情報を事件が起こる直前まで巻き戻す」というものでした。

つまり、時計の針を逆回転させるように、盗難そのものを含めて、それ以降の取引をすべて「なかったもの」にしてしまったのです。

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴とは?

イーサリアムクラシック(ETC)
イーサリアム(ETH)を運営するグループによる、The DAO事件への介入は、「特定の国や組織の管理を受けない」という仮想通貨の理念に反するものです。

ましてや、イーサリアム(ETH)は初期のころから「非中央集権」を掲げていたコインであったため、運営グループと反対するコミュニティ内の勢力とのあいだで衝突が起こり、結果的にハードフォーク(ブロックチェーンの分岐)によってイーサリアム(ETH)の分裂が起こりました。こうしてイーサリアムクラシック(ETC)は、2016年7月に誕生したのです。

イーサリアムクラシック(ETC)は、基本的にはイーサリアム(ETH)と同じスマートコントラクト機能を持ちますが、本来の仮想通貨の理念である「非中央集権」を掲げています。そして、The DAO事件の教訓を踏まえ、セキュリティの向上を図っています。

スマートコントラクトの機能を持ち、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨であるアルトコインの中において、イーサリアムクラシック(ETC)は上位の時価総額を維持しています。

Coincheckでイーサリアムクラシック(ETC)取引用の口座開設を行う

イーサリアムクラシック(ETC)の購入や送金を行うには、まず自分の口座を持たなくてはなりません。

国内有数の販売所・取引所であるCoincheckを例に、アカウントの登録から口座の開設、さらには取引のしかたをご説明しましょう。

1. アカウント登録

口座開設
Coincheckで口座開設するには、アカウント登録を行うことになります。

アカウントの登録ページはこちら

Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力します。

入力が終わったら「アカウント作成」ボタンをクリックすると、入力したメールアドレス宛に、Coincheckからメールが届きます。その文面に記されたURLをクリックすれば、ブラウザーの画面が切り替わり、アカウント登録の手続きが完了します。

また、Facebookアカウントをお持ちの方は、Coincheckサイトにある「Facebookで10秒で登録」を押すことで、アカウントが作成されます。

2. SMS認証(電話番号認証)

本人確認
次に、本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。

Coincheckアカウントでログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押したら、サイトに表示される欄に、アカウントを登録したご本人様の携帯電話番号を入力します。

そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了となります。

3. 本人確認書類のアップロード

SMS認証が完了すれば、お客様情報(氏名、性別、生年月日、自宅住所など)を登録し、本人確認書類のアップロードを行いましょう。運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの身分証明書をご用意ください。

次に、「IDセルフィー」を用意します。IDセルフィーとは、アップロードした本人確認書類を手に持って、自分の顔を自撮りした写真のことです。

IDセルフィー

このIDセルフィーも、続けてアップロードします。最後に住所確認として、Coincheckから登録住所へ簡易書留ではがきを郵送いたします。

なお、本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金・送金などができません。すべての機能を使用するために、本人確認の手続きをしておきましょう。

詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ

Coincheckでイーサリアムクラシック(ETC)を購入する方法

銀行振込
Coincheckでイーサリアムクラシック(ETC)を手に入れるには、Coincheckから直接購入する方法になります。いずれにしても、まずCoincheckの指定する口座に現金を振り込むところからスタートします。

しばらくすると、あなたのアカウントに入金額が反映されますから、そのお金を使って購入または買い注文を出します。

コインを購入する

購入の場合は、「コインを買う」のページから「イーサリアムクラシック(ETC)」を選び、購入数を入力すればOKです。

また、市場で買い付ける場合には、取引所で購入したいコイン銘柄と価格、数量を指定して買い注文を出します。あなたが出した注文にマッチした売り注文が入ると、取引が成立します。

イーサリアムクラシック(ETC)の手数料は?

仮想通貨を取引すると、その内容によってさまざまな手数料がかかります。

仮想通貨での取引所への入金については、現在すべての取引所が手数料無料となっていますが、コインの送金、売買、日本円での出金などにかかる手数料は、コインまたは取引所によって、多少の差があります。

Coincheckでは、イーサリアムクラシック(ETC)の送金は0.01ETCです。ただし、送金先もCoincheckユーザーであれば手数料はかからず、無料です。

なお、日本円での出金については、金額に関係なく手数料は一律400円となっています。

イーサリアムクラシック(ETC)のチャートを振り返る

イーサリアムクラシック チャート
仮想通貨の多くは、短期間のうちに大きく値を上下させることが多いものです、イーサリアムクラシック(ETC)にもそうした動きはありますが、長期的には安定して推移している印象を受けます。

2018年初頭は多くのコインが急騰、その後急落しましたが、その中にあってもイーサリアムクラシック(ETC)は堅調な値動きに推移してきました。

ハッキングに強い高度なセキュリティと、プログラムを埋め込めるその仕様から、今後はIoT領域での躍進が期待されています。また、メインのものとは別のブロックチェーンである「サイドチェーン」を実装することで、さらなる高速化が果たされれば、市場でも今以上に存在感を増していく可能性もあるでしょう。

Coincheckが選ばれる理由

Coincheckでは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。

取扱通貨は、イーサリアムクラシック(ETC)のほか、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。

さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。

仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never