仮想通貨ネム(XEM)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説

2018-11-19 ネム(XEM)

仮想通貨ネム(XEM)は、2015年に誕生した比較的新しい仮想通貨で、PoIやハーベスティングといった独自のしくみを採用しています。ネム(XEM)の特徴や仕組み、今後の将来性について初心者にもわかりやすく解説します。

2015年に誕生した仮想通貨ネム(XEM)

仮想通貨ネム(XEM)は、2015年に誕生した比較的新しい仮想通貨で、PoIやハーベスティングといった独自のしくみを採用しています。ネム(XEM)の特徴や仕組み、今後の将来性について初心者にもわかりやすく解説します。

新しい経済のしくみを目指す

ネム(XEM)という名称は「New Economy Movement」の頭文字から取られています。つまり、「国や政府、中央銀行といった既存の枠組みを離れた、新しい経済のしくみを目指す」ことを目標として生まれました。

多くの仮想通貨も同じ理念のもとに作られてきましたが、それをあえて通貨の名称にするあたりに、開発グループの意思が感じられます。ネム(XEM)は、まだ新しい通貨なのですが、その仕様や機能の点で特徴的なポイントを持っています。

ネム(XEM)の特徴について

ネム(XEM)の仕様や機能の数々は、ほかの仮想通貨と共通するものもあれば、独特なものもあります。そのいくつかをご紹介します。

承認報酬が偏らない「PoI」を採用

例えば、ビットコイン(BTC)では、取引データを承認する作業を「マイニング」と呼び、そのマイニング作業に対して報酬が支払われます。これがProof of Work (PoW)、つまり「作業量に見合った報酬を支払う」というやり方です。

しかし、マイニングで多くの利益を得るためには、高価で大がかりな設備と大電力が必要になります。これでは、資金力を持つマイナーばかりが報酬を独占してしまうことになります。

そこで、ネム(XEM)ではProof of Importance(PoI)という独自のしくみを採用しました。これは、ネム(XEM)専用のウォレット「Nano Wallet」にある、ネム(XEM)の「保有量」「保有期間」などから得られるスコアによって、ネットワーク運営にどれだけ貢献したかを評価するというものです。

Nano Walletにネム(XEM)を保有しておくと、1日ごとにスコアが加算されていきます。このスコアが一定の数値を超えた時点で、報酬を得る資格を持つことができるのです。

マイニングではなく「ハーベスティング」と呼ぶ理由は?

ネム(XEM)では、報酬を得ることを「ハーベスティング」と表現します。マイニングは「採掘」、ハーベスティングは「収穫」です。

ビットコイン(BTC)などで採用されている「PoW」では、ローカルマシンの計算能力を使ってブロックのデータを承認していく作業が必要です。つまり、自力で働いた分の報酬を得る、という感覚です。

しかし、ネム(XEM)で採用されている「PoI」では、アカウントの重要度によって報酬が支払われます。もちろん、貢献度が反映されてNano Walletの残額が10,000XEMを超えれば、データの承認作業に参加することはできますが、それをしなくても重要度に見合った報酬を得ることができるのです。

自然に生まれた恵みをそのままいただくといった意味合いから、ハーベスティングという名称がつけられました。

処理が速く、スピーディーな取引が可能

データの処理速度は、そのまま取引のスピードに直結します。処理速度は仮想通貨にとっては非常に大切なところで、スピードが遅くなればなるほど、通貨としてはマイナスに作用します。

その点、ネム(XEM)は「処理の速さ」には定評があります。ブロック1つあたりの生成スピードがビットコイン(BTC)では10分かかるところが、ネム(XEM)はわずか1分です。

高額の送金では送金先に着金するまで非常に気にかかるところではありますので、このスピード感は大きな信頼につながります。

通貨の供給量が増えることがない

ネム(XEM)は、公開当初に約90億XEMが配布され、それ以降は、新たなコインの発行をしていません。多くの仮想通貨はマイニングによって新規コインを発行していますので、市場に出回るコインの総量は年々増え続けています。

しかし、ネム(XEM)の場合、今以上に供給量が増えることがないのです。これは、「市場に流通するコインが増えすぎて、インフレを起こす」不安を軽減させます。

ネム(XEM)の将来性は?

ネム(XEM)は、ネム(XEM)の機能を大幅に向上させると言われている、ブロックチェーン技術「カタパルト」の導入がすでに決まっています。

カタパルトの導入により、複数の取引を同時に処理することが可能となり、ハッキングに対するセキュリティを高めることができます。カタパルトが実装されることで、取引スピードはさらに向上し、1秒あたり4,000件を処理できるとされています。

そのためこのカタパルトの実装に注目が集まっていますが、実装時期は2018年以降に予定されており、すでにβ版の運用が行われている状況です。

ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never