Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Coincheck(コインチェック)に関する記事一覧です。Coincheckのサービスやアプリなどに関する情報が掲載されています。

カテゴリー: Coincheck Tips

2020-05-17Coincheck Tips

仮想通貨を取引するための口座を作る際には本人確認が必要です。本人確認は資金がマネーロンダリングなどの不正な目的で使われることを防ぐために、国が金融機関に対して課した義務となっています。 国内仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckは、初心者でも使いやすいことで定評がありますが、Coincheckを利用する際にも本人確認は必要となっています。 そこでこの記事では、Coincheckの特徴や本人確認を含む口座開設に必要な手続きなどについて、詳しくみていきましょう。 Coincheckの無料登録はこちら Coincheck(コインチェック)とは? Coincheckは2014年8月に誕生した、国内の大手仮想通貨の取引所の一つです。仮想通貨の取引所は仮想通貨の売買や送金、決済、日本円の入出金などができる場所です。 Coincheckは、初心者にとっても取引がしやすく、見やすいデザインが特徴です。また、スマホアプリも初心者向けに使いやすく設計されています。 他にも、ビットコイン(BTC)だけでなく、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨であるアルトコインを多数取り扱っていることでも知られています。 Coincheck(コインチェック)の魅力 続いて、Coincheckを利用する魅力をいくつかご紹介します。 1. 初心者でも容易に操作できる Coincheckの魅力の1つ目は、取引画面はPC、スマホアプリともに分かりやすくできており、初心者でも迷うことなく容易に操作できることです。 スマホアプリのコインチェックアプリでビットコイン(BTC)を購入する際は、たったの3ステップで購入まで完了します。 2. 取り扱い仮想通貨の種類が多い 2つ目は、取り扱っている仮想通貨の種類が多いことです。 Coincheckでは、2020年4月時点にて、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラッシック(ETC)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)の取り扱いがあります。 以前はモネロ(XMR)、ダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)などの匿名性の高いアルトコインの取り扱いもしていましたが、2018年に取り扱いを停止しました。 しかし、Coincheckはリスク(LSK)やファクトム(FCT)などのマイナーなアルトコインの取り扱いもあり、依然として国内の仮想通貨取引所の中では、取り扱いコイン数の多い取引所となっています。 3. 貸仮想通貨サービスがある 3つ目は貸仮想通貨サービスがあることです。 貸仮想通貨サービスとは、仮想通貨をCoincheckに一定の期間預け入れて期間が満了すると、最大で年率5%の利用料をつけてくれるというサービスです。貸出期間は14日間・30日間・90日間・180日間・365日間から選ぶことができます。 貸仮想通貨サービスは、銀行の定期預金のようなものをイメージすると分かりやすいでしょう。ただし、銀行の定期預金とは異なり、預金保護の対象にはならない点に注意が必要です。 貸仮想通貨についてもっと詳しく知りたい方はこちらから Coincheck Coincheckでの口座開設手順 続いて、Coincheckで口座を開設する手順を解説します。まずは、公式サイトにアクセスしてアカウントの登録を行いましょう。 メールアドレスまたはFacebookのアカウントで登録ができます。 しばらくすると、登録したメールアドレス宛にCoincheckから確認のメールが送られます。メールに記載のURLをクリックすれば、アカウント登録は完了です。 SMS認証 次に電話番号の認証を行います。携帯電話のSMSで送られた認証コードを、サイトの入力画面に入力して「認証」をクリックします。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について 本人確認が終了するまでの時間の目安は? 本人確認はどれくらいの時間で完了するのでしょうか。 まず、本人確認が完了した旨のメールは数日程度で届きます。その後、手続き完了を知らせるハガキが届くまでは、本人確認完了メールが送信されてから、さらに数日〜数週間程度後となります。 ただし、口座開設の申し込みが殺到している時期などの場合には、目安の期間よりも長くかかることもあります。 なお、Coincheckでは本人確認の完了レベルによって、利用できるサービスが異なっています。 本人確認書類を提出後、はがきを受け取っていない段階でも、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできます。ですが、日本円の出金・送金などはできません。 本人確認の手続きがすべて完了したことを知らせるはがきが到着すると、Coincheckの機能のすべてを利用できるようになります。 Coincheckの無料登録はこちら 本人確認ができない場合は 上記の期間はあくまで目安です。申し込みの殺到以外にも通常より時間がかかってしまうケースがいくつかあることを知っておきましょう。 入力した個人情報に間違いがある 通常より本人確認が遅れる代表的なケースは、入力した個人情報に間違いがあるときです。 たとえば、本人確認書類に書かれている住所と入力した住所が一致していないときは、手続きが進みません。あらかじめ住所変更して、証明書の記載内容と実態が一致するようにしておきましょう。 アップロードした本人確認書類が鮮明でない アップロードした本人確認書類が鮮明でないときも、本人確認が進まない原因の1つとなっています。写真は明るい場所で、帽子などはかぶらずに顔がよく見える状態で撮影するようにしましょう。 入力した情報が正しいかどうかはCoincheckにログインして「設定」から「本人確認」に進んで確認できます。本人確認書類を提出する前には、入力ミスがないかどうかをチェックしておきましょう。 本人確認が終了したら日本円の入金 はがきが届いてCoincheckの機能がすべて利用できるようになったら、Coincheckの口座に日本円を入金しましょう。 入金の方法には、例えば銀行振込やコンビニ入金があります。 銀行振込では、Coincheckの取引画面で「日本円の入金」をタップし、入金方法を選択します。「銀行振込」を選択すると、Coincheckの振込先口座の情報が表示されますので、振込を完了させてください。 コンビニ入金の場合は、入金方法の選択で「コンビニ入金」を選択し、入金金額を入力します。次に利用するコンビニを選択し、表示された受付番号を選択したコンビニの店頭で提示して支払いを完了します。 Coincheckで仮想通貨を購入する手順 入金が完了したらパソコンやスマホアプリで取引をしてみましょう。スマホアプリなら、仮想通貨の購入はたったの3ステップで完了します。 スマホアプリで仮想通貨を購入するためには、まずコインチェックアプリをインストールしましょう。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、購入したいコインを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、購入を希望するコインを選びます。 続いて購入するコインの数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 仮想通貨取引をしたいならまずは口座開設を Coincheckの本人確認は、他の取引所と比べて特別遅いということはありません。 ただし、口座開設の申し込みが殺到する時期などは、本人確認に時間がかかってしまうケースがあることは知っておくとよいでしょう。 また、入力ミスや提出した本人確認書類との情報が一致しないときには、通常より遅くなってしまうこともあります。 今後Coincheckで仮想通貨の取引をしたいと思っている人は、タイミングを逃すことなく取引するために早めに口座開設の申し込みをしておくのがおすすめです。

2020-07-30Coincheck Tips

2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれるほど、仮想通貨市場が短期間のうちに大きく成長しました。仮想通貨への投資は5万円以下の少額の資金でも始められるため、仮想通貨初心者でも始めやすい投資だといえるでしょう。 この記事では、仮想通貨の取引に必要な金額やCoincheckでの口座開設方法、仮想通貨を購入する方法などについてわかりやすく説明します。 Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨は少額500円相当から購入できる! 仮想通貨初心者にとって、1枚あたり数十万円の値がついている仮想通貨は、いくらから購入できるのかわからない人もいるでしょう。実は仮想通貨は小数点以下の単位で取引可能であるため、数百円程度から取引することが可能です。 ビットコイン(BTC)は、Coincheckの販売所での最小注文数量は、購入・売却ともに円建てで500円相当額以上、BTC建てで0.001BTC相当額以上になります。また、Coincheckの取引所の場合は、最小注文数量は売買ともに0.005BTC以上かつ500円(相当額)以上です。 つまり、Coincheckでは500円以上からビットコイン(BTC)を購入することができます。 仮想通貨は値動きが大きいことが特徴であり、ビットコイン(BTC)は一時期、1枚あたり200万円を超えていた時期もありました。そのため、価格が高騰したり下落したりすることで、購入できる値段も大きく変動する可能性があるということを念頭に置いておきましょう。 仮想通貨をこれから始めるならCoincheck Coincheckは、これから仮想通貨取引を始めたいと考えている人にとっても、始めやすい取引所の一つです。 その理由として、取引画面やスマホアプリが仮想通貨初心者にとっても見やすく、容易に操作もしやすい点が挙げられます。仮想通貨の価格や変動も一目でわかるため、すぐに取引がしやすいというメリットもあります。 また、国内の仮想通貨の取引所の中でも、Coincheckは購入できる仮想通貨の種類が多く、アルトコインの取り扱いも多いため、様々な仮想通貨を選んで購入することができます。 さらに、最大年率5%の貸仮想通貨サービスも、Coincheckでは利用可能です。貸仮想通貨サービスは、ユーザーがCoincheckに仮想通貨を一定期間貸すことで、貸し出した仮想通貨をもらえる仕組みになっています。 一定期間が経過した後に、貸した仮想通貨と利用料分の仮想通貨を受け取ることができます。貸出期間も14日間・30日間・90日間・365日間と選べることが特徴です。 まずはCoincheckで口座開設 Coincheckで仮想通貨を購入するためには、まず取引用の口座を開設しましょう。その方法は、まずサイトからアカウント登録をします。 登録画面からメールアドレスとパスワードを入力し、「アカウント作成」ボタンをクリックします。 入力したメールアドレス宛にCoincheckからメールが届いたら、その文面のURLをクリックすることでアカウント登録の手続きは完了です。 SMS認証 その後、SMS認証と呼ばれる電話番号承認をする必要があります。 電話番号承認をするためには「本人確認書類を提出する」を選択し、携帯電話番号を入力しましょう。「SMSを送信する」をクリックすると、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届きます。 6桁の認証コードが届いたら、サイト上の「送信された認証コード」にその認証コードを入力することでSMS認証は完了です。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckの無料登録はこちら 口座開設できたらCoincheckに入金 Coincheckでビットコイン(BTC)などの仮想通貨を購入するためには、まずCoincheckに入金することから始めます。 スマートフォンから入金する場合は、コインチェックアプリから入金することもできます。入金方法には銀行振込などがあります。 また、Web画面からの入金方法で銀行振込を利用する場合には、Coincheckの取引画面で「日本円の入金」をクリックします。 入金方法を選択する画面を表示後「銀行振込」を選択したら、振込先の口座情報が表示されるので、その口座へ振り込むようにしましょう。 なお、銀行振込で「住信SBIネット銀行」に振り込む場合は、振込人名義を「ユーザーID ご本人様名義」にしてお振込みください。 入金がすんだらCoincheckで仮想通貨を購入 スマホアプリで仮想通貨を購入するためには、まずコインチェックアプリをインストールしましょう。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、購入したいコインを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、購入を希望するコインを選びます。 続いて購入するコインの数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 コインチェックアプリはメイン画面がチャートになっているため、すぐに取引したい人にとっても利用しやすいアプリです。 ウィジェット機能やプッシュ通知機能などもありますので、合わせて利用することで、Coincheckの取り扱い仮想通貨の価格や変動率などを確認することもできます。 仮想通貨取引はいつ始めるのが良い? 仮想通貨は、市場がまだまだ黎明期だと言われていることから、伸びしろが期待できる市場ではあります。 また、証券会社などと比べて口座開設から取引までが簡単で、5万円以下からでも投資を始められることから、仮想通貨初心者でも参入しやすいと言えるでしょう。 仮想通貨初心者は少額から投資を始めて、徐々に取引に慣れていくことがおすすめです。仮想通貨の投資は、いつ始めたら良いという明確な基準はありません。 Coincheckの口座開設は、無料で短い時間で行うことができますので、仮想通貨に興味を持ったら、まずはCoincheckで口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

2020-05-17Coincheck Tips

仮想通貨といえばビットコイン(BTC)だと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、実際には仮想通貨は2018年12月時点で2000種類以上存在するとも言われており、ビットコイン以外の通貨はアルトコインと呼ばれています。 アルトコインは取り扱いのある仮想通貨の取引所が限られていることもあるため、取引所選びが重要です。 この記事では、国内の仮想通貨の取引所ではコインの取り扱い数が多いCoincheckを紹介します。Coincheckを利用するメリットや購入方法をみていきましょう。 アルトコインってどんな仮想通貨? 仮想通貨の中には開発に必要な情報が公開されているオープンソースのものもあるため、技術に詳しい人であれば誰でも作ることができます。 そのため、現存する仮想通貨の数は正確には分かっていないものの、2018年12月時点にて2,000種類以上あるともいわれています。 しかし、この中には実際には利用されていない通貨も数多く存在し、利用されているのはこのうちの数%程度と予想されています。 例えば、日本で知名度の高いアルトコインの中には、イーサリアムやネム、リップルなどのコインがあり、Coincheckではそのようなメジャーなアルトコインも取り扱っています。 アルトコインの特徴は? 続いて、ビットコイン以外のアルトコインに共通する特徴を、3つほどご紹介します。 1. ビットコイン(BTC)よりも時価総額が低い 1つは、ビットコイン(BTC)に比べて時価総額が低いことです。 ビットコイン(BTC)よりも後発組であるアルトコインは、ビットコイン(BTC)の欠点を補うために開発されたものもあるため、例えば機能的には優れていても、知名度の面では劣っていたりもします。 そのため、ビットコイン(BTC)よりも需要が少なく、時価総額も低い水準に留まっていたりします。 2. 流動性が小さく取引量が少ない場合が多い 2つ目の特徴は、流動性が小さく取引量が少ない場合が多いことです。 1つ目の特徴とも関連することですが、需要が少ないということは、流動性が小さいということを意味します。 時価総額は、流通量×市場価格で算出されます。アルトコインは流通量、市場価格ともにビットコイン(BTC)よりも小さいため、時価総額も小さいということを押さえておきましょう。 また、アルトコインに投資する際はビットコイン(BTC)よりも流動性が低いため、ビットコイン(BTC)ほどは自由に売買できない可能性がある点にも注意が必要です。 3. アルトコインを取り扱う取引所の数が少ない 3つ目の特徴は、アルトコインを取り扱う取引所の数が少ないことが挙げられます。 どこの仮想通貨の取引所に関しても、基本的にビットコインは取り扱っていますが、取引所によって取り扱いのアルトコインは異なります。 そのため、アルトコインの取り扱いの取引所の数は、ビットコイン(BTC)を取り扱っている取引所の数よりも、当然少なくなります。 また、アルトコインによっても、取引できる取引所の数は異なります。そこで今回は日本で取引ができる知名度の高いアルトコインを、3つほどご紹介します。 日本で知名度の高いアルトコイン1:イーサリアム(ETH) イーサリアム(ETH)は、時価総額上位の仮想通貨のうちの一つです。 ブロック生成時間が約15秒で、承認スピードがビットコイン(BTC)よりも速いという特徴があります。 イーサリアム(ETH)はブロックの生成時間が短いため送金が速く、手数料もビットコイン(BTC)より安く済むため、ビットコイン(BTC)よりも少額決済に適していると言われることもあります。 また、イーサリアム(ETH)は契約を自動かつ正確に実行できる、スマートコントラクトという機能を備えているのも特徴です。 スマートコントラクトの仕組みは、例えば自動販売機の仕組みに近いといわれています。自動販売機は、お金を入れると商品が出てくることが決まっています。 人の手を介することなく自動的に契約を履行するスマートコントラクトは、不動産の契約やレンタカーサービスなど、さまざまな契約への応用が考えられているところです。 なお、ビットコイン(BTC)は発行の上限が2100万枚と決められていますが、イーサリアム(ETH)には上限が今のところ定められていません。 イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら 日本で知名度の高いアルトコイン2:リップル(XRP) リップル(XRP)は、開発者が明確になっている数少ない仮想通貨のうちの一つです。 送金用に開発されたリップル(XRP)の特徴は、送金スピードの速さです。リップル(XRP)の処理速度は毎秒1500件といわれ、ビットコインなら1時間以上かかる送金でも、わずか数秒で完了すると言われています。 ビットコイン(BTC)は時間が経つと新しい通貨が発行される仕組みになっているのに対し、リップル(XRP)は最初に1000億枚のすべてが発行されているという点が異なります。 また、リップル(XRP)は今後発行枚数が増えることはなく、取引が行なわれると減っていくようになっているのです。これによって流通するほどに希少価値が上がる仕組みを作り上げているとも言えます。 他の通貨にはないリップル(XRP)の特徴としては、通貨同士の媒介をするブリッジ通貨の役割を持っているということです。 たとえば日本からアメリカに国際送金をするときは、日本円から米ドルに交換する際に両替手数料、日本の銀行、仲介する銀行、アメリカの銀行のそれぞれに手数料を支払うことになります。間にいくつもの金融機関が入っているので、高額な手数料がかかります。 これを日本円からリップル(XRP)、リップル(XRP)から米ドルに両替できるようになれば手数料を大幅にカットすることができるのです。 現在、法定通貨では、マイナー通貨のブリッジ通貨として米ドルがその役割を担っています。国際送金のためにはあらかじめ多額の米ドルをストックしておくことが必要なため、そのためのコストも膨らんでいます。 ですが、それがリップル(XRP)に代わるようになればコストを削減できるため、リップル(XRP)は多くの企業から期待されています。リップルのブリッジ通貨としての役割は、国際的な取引が多いグローバル企業にとって重宝するものといえるでしょう。 リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら 日本で知名度の高いアルトコイン3:ネム(XEM) ネム(XEM)は、ブロックチェーンを活用した新しいプラットフォームの開発プロジェクトから生まれた仮想通貨です。経済的な自由や平等の実現を理想とした「新しい経済圏(New Economy Movement)」の略称となっています。 ネム(XEM)のブロック生成時間は1分ほどで、ビットコインよりも承認スピードが速いのが特徴です。ブロックチェーンのブロックは、ハーベストと呼ばれる独自の承認作業によって生成されています。 コンセンサスアルゴリズムに「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」という仕組みが採用されているビットコインでは、簡単にお伝えすると、最も仕事をした人が評価される仕組みとなっています。 報酬を獲得できるのは、最初にブロックの計算を解くことができたマイナーと呼ばれる人に限られています。そして素早く計算を解くためには、ハイスペックなマシンと膨大な電力が必要になります。 一方、ネム(XEM)のコンセンサスアルゴリズムは、「PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)」と呼ばれるものです。これは簡単にお伝えすると、重要度によって報酬を獲得できる仕組みのことです。 ネム(XEM)の保有量や取引量などの貢献度に応じて、一定の条件を満たすすべての参加者が報酬を獲得できるようになっています。したがって、必ずしも大規模な設備やマイニングマシンなどは必要ない点が、ビットコイン(BTC)と異なる点です。 また、ネム(XEM)はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの他の通貨をベースに開発された通貨ではなく、独自のブロックチェーン上に作られている点も特徴的です。 ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら Coincheckがおすすめの理由 今回ご紹介したイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(XEM)はCoincheckで取り扱いがある通貨です。取り扱い通貨の種類が多いCoincheckは、アルトコインを購入するのに向いている取引所といえるでしょう。 また、Coincheckは誰でも容易に操作でき、取引画面が分かりやすいことなどから、投資の初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。 また、Coincheckは国内の仮想通貨取引所で、もっとも貸仮想通貨サービスの取り扱い通貨の種類が豊富で、貸出期間も4種類(14日間・30日間・90日間・365日間)から選択することができます。 貸仮想通貨サービスは、長期保有を考えている通貨の運用に活用してみるのもよいでしょう。 Coincheckの口座開設方法 Coincheckでアルトコインを購入するには、取引用の口座を開設する必要があります。Coincheckの口座開設は、最初にアカウント登録を行います。 Coincheckのアカウント登録はこちら 続いて、SMS認証を行い本人確認を行います。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでのアルトコイン購入方法 Coincheckでは、パソコンやスマホアプリのいずれでも、簡単にアルトコインを購入することができます。 スマホアプリでは次のような手順でアルトコインを購入します。まずはコインチェックアプリをインストールし、アプリを立ち上げます。 コインチェックアプリ(iOS)の場合 アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、購入したいアルトコインを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)の場合 アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から希望するアルトコインを選びます。 続いて購入するコインの数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 まずはCoincheckで口座開設してみよう アルトコインは、ビットコイン(BTC)よりも大きく値動きする傾向があります。 ボラティリティの高さは不安定に思われることがある一方、ハイリターンを得られる可能性が高いことも示しています。アルトコインはリスクも高い分、伸びしろが大きいとも言えるでしょう。 Coincheckは国内取引所の中でもアルトコインの取り扱い数が多い取引所ですので、アルトコインに関心のある方は、まずはCoincheckで口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

2018年の流行語大賞にもノミネートされるほど、人々の注目を集めた仮想通貨。興味はあるけれど、いざ始めてみたいと思っても、どうやって始めたら良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。 ですが実は、手順をおさえてしまえば、口座開設から取引開始までそう難しくありません。そこで今回は、国内大手の取引所であるCoincheckでの口座開設や売買の始め方などについて詳しく紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 初心者にCoincheck(コインチェック)がおすすめな理由 理由1:初心者でも容易に操作できる 理由2:購入できる仮想通貨の種類が多い 1. 選択肢が増える 2. 分散投資ができる 理由3:貸仮想通貨サービスがある 1. 銀行預金よりも高い利率を得られる 2. 貸し出す仮想通貨と期間を選べる 3. 通貨の価格を日々気にしなくて良い 貸仮想通貨サービスのデメリット 理由4:スマホアプリが使いやすい Coincheck(コインチェック)の口座開設方法 1. 公式サイトからメールアドレスを入力する 2. SMS認証(電話番号認証)をする 3. 顧客情報の入力をする 4. 本人確認書類をアップロードする Coincheck(コインチェック)への入金方法 スマホアプリでビットコイン(BTC)を購入する方法 1. コインの枚数を間違えないようにする 2. 購入資金があるか確認する パソコンでビットコイン(BTC)を購入する方法 Coincheck(コインチェック)で発生する手数料 Coincheck(コインチェック)の入金手数料 Coincheck(コインチェック)の出金手数料 Coincheck(コインチェック)の仮想通貨送金手数料 今から仮想通貨を始めるならCoincheck(コインチェック)! 初心者にCoincheck(コインチェック)がおすすめな理由 Coincheckは、国内でも大手の仮想通貨の取引所として知られており、2018年には大手ネット証券マネックスのグループに加わった取引所です。 国内外問わず多くの仮想通貨取引所がありますが、取引所それぞれに特徴があり、自分に合った取引所を見つけて使用するのが理想ですが、初心者にはCoincheckがおすすめです。 Coincheckがおすすめの理由としては、国内大手の取引所であるほかに、たとえば4つ挙げられます。1つ目が「画面がシンプルで見やすい」点。2つ目は「購入できる仮想通貨の種類が多い」点。3つ目が「貸仮想通貨サービスがある」点。4つ目が「スマホアプリが使いやすい」点です。 いずれもCoincheckの特徴であり魅力ともいえるメリットです。それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。 理由1:初心者でも容易に操作できる 初心者にCoincheckがおすすめの理由の1つ目は、「画面がシンプルで見やすく、初心者でも容易に操作できる」点です。 仮想通貨の初心者がつまずきやすい原因の一つが、取引画面の複雑さです。投資の上級者が使うような取引所だと、チャートなどの画面がわかりにくく、操作ミスをしてしまうこともあります。 操作ミスは思わぬ損失を生むことにもつながるので、操作性のしやすさは初心者にとって重要なポイントです。 その点、Coincheckの取引画面はシンプルに作られており、仮想通貨や他の投資商品を一切取引したことがない人でも、どこを操作すれば良いかすぐにわかるのが特徴です。 直感的に操作できるのはCoincheckの大きな魅力といえます。多くの取引所を利用したいと考えている人でも、まずはCoincheckを利用してその使いやすさを体感してみると良いでしょう。 理由2:購入できる仮想通貨の種類が多い 2つ目の理由が「購入できる仮想通貨の種類が多い」点です。Coincheckは国内の取引所ではトップクラスを誇る取り扱い通貨数です。 なお、2018年6月に、それまで取り扱いをしていた4種類の銘柄を停止とし、2020年4月時点、Coincheckで取り扱いのある通貨は、下記の12種類となっています。 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) ファクトム(FCT) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) 取り扱い通貨の種類が多いと、利点が2つあります。 1. 選択肢が増える 1つが「選択肢が増える」点です。 仮想通貨はビットコイン(BTC)だけでなく、アルトコインと呼ばれるビットコイン(BTC)以外の仮想通貨がたくさん存在します。 国内の取引所では、ホワイトリストと呼ばれる金融庁の認可がある仮想通貨が取り扱われており、通貨を選んで購入したい人にとって、選択肢が多いのは大きな魅力といえます。 2. 分散投資ができる もう1つが「分散投資ができる」点です。 それぞれの通貨は価格の変動が異なるため、多くの種類を保有しておくことで分散投資ができます。 Coincheckは国内の取引所の中でも取り扱い通貨が豊富で、さまざまな種類のアルトコインを購入したい人に向いています。 理由3:貸仮想通貨サービスがある 3つ目の理由が「貸仮想通貨サービスがある」点です。 貸仮想通貨サービスとは、一定期間、仮想通貨を取引所に預けることで、利用料が付いて戻ってくるサービスです。 貸仮想通貨サービスのメリットは大きく3つです。 1. 銀行預金よりも高い利率を得られる 1つ目が「銀行預金よりも高い利率を得られる」点です。 例えば日本の多くの銀行では、お金を預けてもほとんど利息の恩恵を受けられません。 ですが、貸仮想通貨サービスなら、1年間預けると利率は5%となっており、期間が終われば多くの利用料を受け取ることができます。 2. 貸し出す仮想通貨と期間を選べる 2つ目が、「貸し出す仮想通貨と期間を選べる」点です。 Coincheckでは10種類の取り扱い通貨のうち、どの通貨でも貸し出すことができ、また、期間も14日間・30日間・90日間・180日間・365日間から選ぶことができます。 3. 通貨の価格を日々気にしなくて良い 3つ目が「通貨の価格を日々気にしなくて良い」点です。 貸仮想通貨サービスは、預けたら期間が終わるまでは引き出すことができないため、日々変動する価格を意識しなくて済みます。 貸仮想通貨サービスのデメリット 一方で、貸仮想通貨サービスにはデメリットもあります。 それは「預けている間は、日本円と交換したり出金したりできない」点です。どんなに価格が変動しても、預けている間は一切動かすことができません。 例えば、仮想通貨の下落トレンドにおいても資産を動かせないので、預けた時よりも資産が減るリスクはあります。そのため、長期間動かす予定のない通貨を預けるようにしましょう。 国内の取引所では、こうした貸仮想通貨サービスを行っているところがまだ少なく、今後の仮想通貨の発展を期待する人にとっては魅力的なサービスといえます。 Coincheckの口座を保有していれば、面倒な手続きなしに申し込むだけですぐにサービスを利用できるので、仮想通貨の長期保有を考えている人にはおすすめです。 理由4:スマホアプリが使いやすい 4つ目の理由が「スマホアプリが使いやすい」点です。 Coincheckのスマホアプリは、使いやすさに定評があります。仮想通貨の購入・売却はもちろんのこと、売買のために必要な日本円の入出金、仮想通貨の受け取りと送金など、取引に関わる一連の操作が、アプリ一つで完結します。 また、自分が保有している総資産画面やチャート画面は、シンプルで見やすく、容易に操作しやすくなっています。 ほかにも、スマホと連動させて使えるウィジェット機能や、取引に有用な情報を知らせてくれるプッシュ通知機能など、ユーザーに便利な機能がたくさん充実しています。 Coincheckのアプリはその使いやすさから、初心者だけでなく、多くの仮想通貨保有者が活用しています。スマホアプリを使って仮想通貨の取引をしたいと考えている人にはおすすめです。 Coincheckの無料登録はこちら Coincheck(コインチェック)の口座開設方法 Coincheckで仮想通貨を購入するためには、まず取引用の口座を開設する必要があります。 口座開設の仕方は簡単です。動画ではスマホアプリからの登録、本人確認の方法などを紹介しています。 ここからはWebでCoincheckで取引を開始するときの手順を一緒に見ていきましょう。 1. 公式サイトからメールアドレスを入力する まずは公式サイトから、メールアドレスとパスワードを入力してアカウント登録をします。 少し経つと、入力したメールアドレスにCoincheckからメールが届くので、その指示に従って口座開設手続きを行っていきましょう。 2. SMS認証(電話番号認証)をする メールが届いたら、次にSMS認証をします。 登録した携帯電話番号にショートメールが届くので、そこに表示されたコードを入力することで、本人の携帯電話かどうかを確認します。 3. 顧客情報の入力をする SMS認証が完了すると、氏名や生年月日などの情報を入力していきます。入力を間違えると口座開設までに時間がかかるので注意しましょう。 4. 本人確認書類をアップロードする Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheck(コインチェック)への入金方法 口座開設が完了したら、次に仮想通貨を購入するための日本円を入金する必要があります。 入金方法としては、例えば「銀行振込」がありますので、ここでは銀行振込の手順を紹介します。 まず、Coincheckの取引画面で「日本円の入金」をタップし、入金方法の「銀行振込」を選択します。すると、振込先の口座情報が表示されるので、その口座に希望の金額を振り込みます。 このとき、振込人名義のほか、IDも入力することを忘れないようにしましょう。 スマホアプリでビットコイン(BTC)を購入する方法 日本円の入金が完了したら、いよいよ仮想通貨を購入できます。 今回は、Coincheckのスマホアプリを使って、ビットコイン(BTC)を購入する手順について紹介します。具体的な手順は以下の通りです。 サイドバーの「コイン購入」をタップする 表示されたコインの中から「ビットコイン(BTC)」をタップする 購入するコインの枚数を入力する 表示された時価に基づいた購入金額を確認する 「購入する」をタップして購入完了 スマホアプリを使うと、時間や場所を問わず、わずかこれだけの操作で取引を完了できます。ただし、購入する際の注意点が2つあります。 1. コインの枚数を間違えないようにする 1つ目が「コインの枚数を間違えないようにする」ことです。 数量を入力するところで、誤った数値を入れないよう注意が必要です。保有する資金以上の注文はできないようになっていますが、意図しない注文をして損をすることもあるので注意しましょう。 2. 購入資金があるか確認する 2つ目が「購入資金があるか確認する」ことです。 仮想通貨を購入するだけの日本円がなければ、当然取引はできません。注文をする前に、日本円の入金が完了し、充分な資金があるか確認しましょう。 入金には一定の時間がかかりますので、取引したいと思う前に手続きを済ませておくのがポイントです。 パソコンでビットコイン(BTC)を購入する方法 Coincheckはスマホアプリが便利ですが、パソコンを使っても仮想通貨を購入することができます。同じくビットコイン(BTC)を購入する際の手順は、以下の通りです。 Coincheckにログインして、画面の上にある「ウォレット」を選択する ウォレットページで「コインを買う」をクリックして、「ビットコイン(BTC)」を選択する ビットコイン(BTC)の購入数量を指定し、表示された時価に基づいた購入金額を確認する 「OK」をクリックして購入完了 パソコンを使う場合でも、スマホアプリと同じく、簡単な操作で取引をすることができます。パソコンはスマホよりも画面が大きく、見やすいのが魅力です。 場面や投資スタイルに応じて使い分けるのが良いでしょう。 Coincheck(コインチェック)で発生する手数料 Coincheck(コインチェック)の入金手数料 先ほど、仮想通貨を購入するための日本円の入金について説明しましたが、日本円の入金には一部手数料がかかることがあります。 「銀行振込」の場合、Coincheckでの手数料は発生せず、無料となっています。ただし、各金融機関によって振込手数料がかかりますので、そちらは負担する必要があります。 使用する金融機関や時間帯などでも手数料は変わってきますので、少しでも手数料を安く済ませたい場合は事前によく調べておきましょう。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 Coincheck(コインチェック)の出金手数料 仮想通貨を保有して利益が出たので日本円に換えて銀行口座に戻したい、一度日本円を出金したいなどの場合には、出金手続きをする必要があります。 操作は難しくありませんが、出金が反映されるまで時間がかかることがあるため、余裕を持って手続きしましょう。 出金の上限額は1回あたり5,000万円となっており、出金の際には手数料が発生します。Coincheckの出金手数料は、上限内であれば金額に関わらず一律407円となっています。 Coincheck(コインチェック)の仮想通貨送金手数料 Coincheckの口座から入金用アドレスを指定することで、他の人の口座に仮想通貨を送金できます。 その際にかかる手数料は仮想通貨によって異なり、2018年12月時点にては下記の通りです。 ビットコイン(BTC):0.001 BTC イーサリアム(ETH):0.01 ETH イーサリアムクラシック(ETC):0.01 ETC リスク(LSK):0.1 LSK ファクトム(FCT):0.1 FCT リップル(XRP):0.15 XRP ネム(XEM):0.5 XEM ライトコイン(LTC):0.001 LTC ビットコインキャッシュ(BCH):0.001 BCH モナコイン(MONA):0.001 MONA ステラルーメン(XLM):0.01 XLM クアンタム(QTUM):0.01 QTUM 仮想通貨の価格によって、日本円に換算すると金額が異なることになりますので、送金時のレートには十分注意しましょう。 送金金額にかかわらず規定の送金手数料がかかるため、こまめに送金するよりも一回でまとめて送金するほうがお得とはいえます。なお、Coincheckのウォレット同士であれば送金手数料は無料となっています。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 今から仮想通貨を始めるならCoincheck(コインチェック)! Coincheckは、パソコン、スマホアプリともに画面が見やすいことで定評があり、特に初心者に適している取引所といえます。 仮想通貨を取引するうえで必要な機能は一通りそろっており、取り扱い通貨の数や貸仮想通貨サービスなど、魅力な点も多々あります。 口座開設から取引まで操作もシンプルですので、これから仮想通貨を始めようと考えている人は、今回紹介した始め方を参考に、まずはCoincheckで口座開設してみてはいかがでしょうか。

2020-06-10Coincheck Tips

国内の仮想通貨取引所の一つであるCoincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして取り扱い通貨が多く、アプリの使いやすさにも定評があることから、利用している人も多い取引所です。 そんなCoincheckですが、人気の高い家計簿アプリこと「マネーフォワード」と連携できるようになったのをご存知でしょうか。今回は、Coincheckとマネーフォワードを連携することによるメリットや、その方法について詳しく紹介します。 マネーフォワードとは? 画像出典:https://moneyforward.com マネーフォワードとは、銀行やクレジットカードと連携して、簡単にPCやアプリで家計簿がつけられるサービスです。 従来の家計簿というと、手書きですべての収支を書き込んでいく手間がありましたが、マネーフォワードはそうした手間を省くサービスを提供しており、主婦やサラリーマンを中心に人気を集めています。 銀行やカードのお金の流れが分かったり、複数の銀行口座の一括管理などができることから、自分が使用したお金の流れを把握するのに重宝されているようです。 特に、レシートを撮影するだけで自動的に仕訳をして家計簿に反映してくれる機能はとても便利で、利用者が多いアプリとなっています。 Coincheckとマネーフォワードを連携するメリット 2017年3月より、Coincheckと家計簿アプリのマネーフォワードが連携したことで、Coincheckの口座の残高管理をマネーフォワードで行えるようになりました。 これによるメリットとしては、大きく2つ挙げられます。 1. 取引の一括管理が可能 1つ目が「取引の一括管理が可能な点」です。 マネーフォワードは複数の仮想通貨の取引所と連携しているため、複数の仮想通貨の取引所の残高を見える化し、まとめて管理することができます。 他の取引所の残高も合算して、リアルタイムで確認できるので便利です。 2. 会計ソフトとの連動で、確定申告書の作成が可能 2つ目が「会計ソフトとの連動で、確定申告書の作成が可能な点」です。 仮想通貨は頻繁に取引すればするほど、損益計算が複雑になります。そのため、仮想通貨の税金計算には悩まされる人も多いでしょう。 ですが、マネーフォワードと会計ソフトを連動させると、難しい確定申告書の自動作成ができます。 仮想通貨を頻繁に取引していてその状況を正しく把握した人や、他の収支と合わせてお金の状況を確認したい人などには役立つでしょう。 Coincheckをマネーフォワードと連携するための準備 実際にCoincheckとマネーフォワードを連携させるためには、まずCoincheckのAPIキーの準備が必要となります。APIキー取得の手順は、次の通りです。 1. Coincheckにログインし、設定メニューの「APIキー」をクリック 2.「新たにAPIキーを追加する」をクリック 3. 表示された画面で「残高」にチェックを入れて「OK」をクリック 4. 二段階認証用の「確認コード」を入力して「送信」をクリック 5.作成した「アクセスキー」と「シークレットアクセスキー」を控えておく マネーフォワードに限らず、他のアプリやサービスと連携するときにもAPIキーを使用することがあります。紛失してしまうと大変ですので、管理には十分気を付けましょう。 Coincheckをマネーフォワードと連携する方法 画像出典:https://moneyforward.com CoincheckにてAPIキーを取得したら、いよいよマネーフォワードと連携するための設定を行います。 マネーフォワードをインストールし、アカウント登録を済ませておきましょう。登録には、メールアドレスのほか、生年月日や金融機関の選択などが必要になります。 Coincheckとマネーフォワードを連携させる具体的な手順は次の通りです。 トップ画面下メニューから「口座」を選択し、口座画面で右上の「追加」を選択 上部の検索枠に「コインチェック」と入力 控えておいた「アクセスキー」と「シークレットアクセスキー」を入力 ここまで完了すると、数分程度で反映され、連携が開始されます。入力してしばらく経ってから、連携できたかどうかチェックしましょう。 連携が完了すると、Coincheckに保有している仮想通貨の残高などのデータを、マネーフォワードでもチェックすることができるようになります。 マネーフォワードにうまく連携できないときは 画像出典:https://moneyforward.com 正しい手順を踏んだつもりでも、マネーフォワードとうまく連携できないときは、登録済み金融機関などの一覧にCoincheckが登録されているかを確認しましょう。 マネーフォワードの「口座」をクリックすることで確認ができます。反映まで時間がかかることもありますが、ここにCoincheckが登録されていれば、連携の設定は完了です。 しばらく経っても登録されていない場合には、アクセスキーとシークレットアクセスキーが間違っている可能性があります。アクセスキーやシークレットアクセスキーは入力ミスをしやすいので、注意しながら再度連携手続きを正しく行いましょう。 初心者にとっても使いやすいCoincheck 国内大手の仮想通貨取引所であるCoincheckは、ユーザーの使いやすさ向上に向けて、マネーフォワードとの連携を始め、様々な便利なサービスを追加しています。 Coincheckはアプリの使いやすさや取引の手軽さから、初心者にもおすすめできる取引所です。 なお、Coincheckの口座開設には一定の時間がかかりますので、今後利用や連携などを考えている場合には、早めにCoincheckの登録を済ませておきましょう。

2019-05-08Coincheck Tips

仮想通貨の利益確定をするときに気になるのは、税金のことではないでしょうか。 この記事ではCoincheckで利益確定する方法について説明していきます。課税対象となるケースや確定申告が必要なケースについてもご紹介しますので、参考にしてみてください。 Coincheckで利益確定する方法は? Coincheckで利益確定する方法を、コインチェックアプリとウェブ画面の場合に分けてご紹介します。 コインチェックアプリの場合 コインチェックアプリでコインを売却する場合は、メニューの「チャート」を選択し、売却したいコインを選択します。 その後、チャート画面の下の方にある「売却」ボタンをタップします。 売却ページに進むと、保有しているコインの残高を確認できますので、数量を入力して確認したら売却完了です。 ウェブ画面の場合 パソコンなどからブラウザでコインを売却する場合も、基本的な操作はアプリと変わりません。 まず、メニュー一覧の「コインを売る」から、売却したいコインを選びます。次に、数量を入力し、交換先を日本円にするのかビットコインにするのかを選択し、「売却する」ボタンをクリックします。 売却前には内容を確認する画面が出てきますので、問題がなければ「OK」を押して取引完了です。 なお、「OK」をクリックすると注文を取り消すことはできませんので、あらかじめよく確認するようにしましょう。 仮想通貨の取引で税金が発生するケース 仮想通貨の取引で税金が発生するケースの1つは、売買をして利益が生じた場合です。 過去に購入した仮想通貨が値上がりした場合 代表的なのは、過去に購入していたコインが値上がりし、売却をした場合が該当します。 たとえば、ビットコインを100万円分購入し、その後、そのビットコイン保有資産が150万円にまで値上がりした場合を考えてみましょう。 保有しているビットコイン全額を日本円に換金した場合は、その差額である50万円が利益となり課税対象となります。 何度かに分けて売買したり、端数で取引をしている場合の課税対象額は、「売却価格」ー「1通貨あたりの取得額」×「支払い枚数」で求めることができます。 仮想通貨で商品を購入した場合 現金化せずに仮想通貨で商品を購入したようなケースにも、税金がかかることがあります。 たとえば、過去に10万円分のビットコインを購入し、値上がりして20万円になったときに日本円で20万円のパソコンを買った場合のことを考えてみましょう。 この場合にはビットコインを取得した金額である10万円と、商品の価格との差額である10万円が、課税対象額となります。 課税対象額は「商品価格」ー「1通貨あたりの取得額」×「支払い枚数」=所得金額の計算式で確認できます。 仮想通貨同士の交換をした場合 注意が必要なのは、他の仮想通貨と交換したケースです。 仮想通貨で商品を購入したときと同じように、他の仮想通貨と交換した場合でも利益が出ていれば課税対象となります。 たとえば、10万円分のビットコイン(BTC)を購入してその後ビットコイン(BTC)が値上がりして30万円になったとしましょう。 そのビットコイン(BTC)でイーサリアム(ETH)を30万円分購入したようなケースの課税対象額は、ビットコイン(BTC)の取得額とイーサリアム(ETH)の取得額との差額である20万円です。 そして購入したイーサリアム(ETH)がその後値上がりして、売却して利益確定したり、商品購入、他の仮想通貨と購入したりすれば、その時点でその取引は再び課税対象となります。 他の仮想通貨と相殺して赤字だった場合は? 仮想通貨は値動きが激しいので大幅に上昇するものがあれば、値下がりしてしまうものもあるでしょう。 他の仮想通貨の損益と相殺して赤字だった場合、仮想通貨取引での利益は発生していないため、課税対象となる所得は発生しないことになります。 ただし、仮想通貨には株式投資などとの損益通算ができない点には注意が必要です。また、仮想通貨は赤字が出たときに翌年以降最大3年間繰越ができる繰越控除も適用できません。 仮想通貨取引の利益は雑所得に該当するため、初年度にマイナスが出ても翌年以降のプラスを相殺することはできず、プラスが出ればしっかりと税金を納めることになっています。 このようなことから、損益通算や繰越控除の適用がある事業所得や譲渡所得、不動産所得などに比べると、雑所得である仮想通貨は課税が厳しいといわれています。 仮想通貨の場合も確定申告は必要なの? 仮想通貨の取引で得た利益は税法上、雑所得とみなされます。 年末調整をしている勤め人の場合は、他の副業などの収入との合計が20万円以下であれば確定申告の義務はありません。 一方、仮想通貨のトレードで生計を立てているような人の場合は、事業所得になる可能性があります。 決済手段として仮想通貨を利用している場合は、その損益が事業所得とみなされることもありますので、留意しておきましょう。 住民税の申告が必要になる場合も 仮想通貨の取引で得た収入には住民税がかかります。 住民税とは所得税とは別に、住んでいる自治体に対して納める税金のことです。税率は所得の一律10%となっています。 国税である所得税と、都道府県民税や市区町村税である住民税とでは管轄は異なりますが、確定申告をしていれば別の申告は必要ありません。 ただし、雑所得が20万円以下で確定申告をしなかった場合は、住んでいる市区町村に住民税の申告が必要です。 申告をしなかった場合は、役所から申告漏れのお知らせが届くこともありますので注意しましょう。 ※確定申告等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 税金のことで困ったら専門家に相談するのがおすすめ 仮想通貨の税金については、理解しにくい面がたくさんあります。 税金のことで分からなかったり困ったりすることがあれば、自己判断せず、仮想通貨に詳しい税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

2020-05-14Coincheck Tips

仮想通貨取引に興味がある人のなかには、いくらあれば取引できるのかという疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。 そこで、仮想通貨取引に必要な資金について解説します。また、仮想通貨取引を行うためには、口座開設も必要です。 ここではCoincheckでの口座開設手続きについても説明します。 Coincheckでは何円から始められる? 「Coincheckで仮想通貨を売買する場合、何円からできるのか」という疑問に対する答えは、「お小遣い程度の500円からでもできる」です。 仮想通貨の中には、1単位あたり数十万円もの価格になる通貨もあります。 しかし、1単位で取引しなければならないわけではなく、小数点の単位で取引することも可能です。そのため、500円もあればほとんどの仮想通貨を売買できます。 Coincheckで仮想通貨を売買する場合、Coincheckの販売所における購入・売却の最小注文単位は、円建てで500円相当額以上です。 ビットコイン(BTC)建ての場合は、0.001BTC(ビー・ティー・シー)以上となっています。BTCとは、ビットコインの通貨単位のことです。 Coincheckの販売所の取引では、Coincheckを相手に売買取引します。また、ビットコイン(BTC)に関しては、ユーザー同士が売買を行う取引所でも売買可能です。 Coincheckの取引所の最小注文単位は、購入・売却ともに0.005BTC以上かつ500円相当額以上となっています。販売所での取引に慣れたら、取引所での取引に挑戦してみるのも良いでしょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら 気になるCoincheckの手数料は? 仮想通貨取引を行う場合は、購入する通貨分の資金だけでなく、手数料分の資金も必要です。ただし、Coincheckで売買取引を行う場合は、取引手数料は無料となっています。 Coincheckで手数料を負担するのは、口座への日本円の入金と仮想通貨送金、口座から日本円の出金を行う際です。 日本円の入金手数料 口座への入金については、銀行振込は手数料無料となっています。ただし、振込手数料は利用者負担となっています。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 仮想通貨の送金手数料 仮想通貨をCoincheckから別のアドレスに送金する場合も手数料がかかります。具体的な手数料は下記になります。 ビットコイン(BTC):0.001 BTC イーサリアム(ETH):0.01ETH イーサリアムクラシック(ETC):0.01ETC リスク(LSK):0.1 LSK ファクトム(FCT):0.1 FCT リップル(XRP):0.15 XRP ネム(XEM):0.5 XEM ライトコイン(LTC):0.001LTC ビットコインキャッシュ(BCH):0.001BCH モナコイン(MONA):0.001MONA ステラルーメン(XLM):0.01 XLM クアンタム(QTUM):0.01QTUM それぞれの数字の後に表記されている3文字の英語は、通貨単位です。Coincheckユーザー間で送金を行う場合は、例外的に無料とされています。 日本円の出金手数料 口座から日本円を出金する場合の手数料は、407円です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 初心者にCoincheckがおすすめの理由 仮想通貨取引を行うためには、仮想通貨の取引所に口座を開設する必要があります。 国内の仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckは、取引画面は見やすく、初心者でもわかりやすく使えるスマホアプリを提供している点が特徴です。 また、購入できる仮想通貨の種類が12種類と豊富で、多くの選択肢から自分が投資したい通貨を選ぶことが可能です(2020年4月時点)。 さらに、Coincheckには貸仮想通貨と呼ばれるサービスもあります。 貸仮想通貨のサービスを利用すれば、保有している仮想通貨を貸し出し、最大年率5%で貸し出した仮想通貨をもらうことができます。 Coincheckでの口座開設の手順 Coincheckで仮想通貨を購入したい人は、まず取引に必要となる口座を開設することが必要です。 口座開設は、Coincheckにアカウントを登録することから始めます。アカウント登録には、メールアドレスが必要です。 Coincheckのアカウント登録はこちら 続いて、電話番号の承認を行います。 携帯電話番号を入力してメッセージを受信すれば承認完了です。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckで仮想通貨を購入する手順 Coincheckで仮想通貨を購入する場合、スマホアプリを利用すると簡単に購入できます。 コインチェックアプリを立ち上げて、サイドバーに表示されている「コイン購入」をタップします。 次は、仮想通貨の種類が表示されますので、「購入する仮想通貨」をタップして、購入通貨を選択します。さらに、購入する通貨の数量を入力します。 このあと、数量と取引時価で計算された購入金額が表示される仕組みです。最後に、購入金額を確認したうえで、「購入する」をタップすれば購入処理は完了します。 詳しくはこちら:仮想通貨の購入方法 まずはお小遣い程度から始めてみよう! 仮想通貨は、小数点単位で購入できます。そのため、お小遣い程度の少額から取引できることがメリットです。 これから仮想通貨取引を始める場合は、取引画面が見やすく、スマホアプリもあるCoincheckを利用されてみてはいかがでしょうか。 初心者でも使いやすく、500円などの少額から取引を始めることができます。また、口座開設手数料や口座の維持手数料はかかりません。 Coincheckで取引を行うためには口座開設が必要ですので、まずはアカウント登録から始めてみてください。

2020-05-14Coincheck Tips

Coincheckで口座開設をして仮想通貨の取引を行うためには、審査を受ける必要があります。 そこで、審査で行われる本人確認手続きの流れや手続き完了までに要する時間、注意すべき点などについて解説します。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 Coincheckの審査にはどれくらいの期間がかかるものなの? Coincheckの口座開設方法 Coincheckの本人確認審査の流れ 本人確認がなかなかできない場合は? 本人確認書類の再提出を求められた場合は? 審査にスムーズに通れるようにしておくことが大切 Coincheckの審査にはどれくらいの期間がかかるものなの? Coincheckの口座開設時に行われる審査は、申し込みから完了までに一定の時間が必要です。 早ければ、申し込みから数日程度ですべての手続きが完了して、口座開設が完了することもあります。ただし、審査にかかる時間は一律で決められているわけではないため、数日程度というのはあくまで目安です。 審査期間がどの程度になるか確定できない主な理由は、混雑状況によって審査完了までの期間が変わるからです。仮想通貨口座の開設申し込みを希望する人が短期間で増加すると混んでしまい、手続きに時間がかかります。 申し込んですぐに取引を始められるわけではないため、できるだけ早めに口座開設の申し込みをしておくことが大切です。 Coincheckの口座開設方法 Coincheckへの口座開設は、アプリから簡単に行うことができます。 アプリでユーザー登録後、SMS認証、二段階認証を設定し、本人確認書類の提出をします。 Webからの申し込みの場合、本人確認審査には7つのステップが必要です。 Coincheckの本人確認審査の流れ Coincheckの本人確認審査は、7つのステップで行われます。 ステップ1は、電話番号認証です。サイト上で電話番号を登録し、SNSなどで受信したコードを入力して認証を行います。 ステップ2は、各種重要事項の確認です。サービスを利用するにあたって知っておくべきルールや注意点を理解し、同意・承諾します。 ステップ3は、必要事項の入力です。サイト画面で氏名や性別、生年月日、住所などを入力します。 ステップ4では、写真のアップロードが必要です。運転免許証やパスポートなどの写真をアップロードします。この際には、IDセルフィー画像のアップロードも必要です。 IDセルフィー画像は、本人確認書類と本人が一緒に写っている画像のことをいいます。 ステップ5では、PEPsに関するチェックボックスの確認です。外国政府などで重要な位置を占めるかどうかなどの確認項目になります。 ステップ6で、「本人確認書類を提出する」をクリックすれば、審査に必要な情報の提出は完了です。 ステップ7として、Coincheckから送られてくるハガキを受け取る必要があります。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ Coincheck Coincheckの無料登録はこちら 本人確認がなかなかできない場合は? 本人確認書類の提出終了後、なかなかハガキが届かないと心配になられる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、ハガキが届くまでは、ある程度時間がかかるのが一般的です。1~2週間程度かかることもあるため、しばらくは落ち着いて待つことも必要になります。 ただし、本人確認書類の提出の処理に失敗していると、いつまでたってもハガキは届きません。そのため、提出処理を行った直後には、本人確認提出処理が正しく完了していることを忘れずに見届ける必要があります。 また、なかなかハガキが届かないと感じた場合は、Coincheckのサイト上にある「本人確認」の進捗状況を確認可能です。こちらで、どの段階まで手続きが進んでいるかを簡単に把握できます。 承認されなかった場合は、Coincheckから連絡が入ることになっているため、ハガキが届くか連絡が入るまでは審査が継続しているということになります。 本人確認書類の再提出を求められた場合は? 提出した本人確認書類に不備がなければ、ハガキの到着を待つだけです。 しかし、場合によっては、本人確認書類の再提出を求められることもあります。原因として想定されるのは、提出した本人確認書類の画像が不鮮明で読み取れない、画像内に書類が収まっておらず必要な情報が欠けている、などです。 審査の過程で不備があると判断されると、本人確認書類の再提出を求める連絡を受けることになります。 再提出の要請を受けたら、本人確認書類の写真を撮り直し、新しい画像を提出することが必要です。間違って以前に送った画像を再送信することがないように、注意しましょう。 再提出時には、本人確認ハガキの送付の申請も必要です。申請しておけば、再提出が受理されて審査が完了したかどうかが明確にわかります。 審査にスムーズに通れるようにしておくことが大切 Coincheckの口座開設手続きにおいては、不鮮明な本人確認書類を送らないようにすることが大切です。 不鮮明なデータについては再提出が求められますので、予め鮮明なデータを用意して提出することが必要です。 審査が通れば、仮想通貨取引を始めることが可能です。流れや注意点をしっかり理解して、口座開設手続きを進めるようにしましょう。

2020-01-20Coincheck Tips

Coincheckで口座開設した人のなかには、どのように取引すればよいのかよくわからない人もいるでしょう。 やり方を正しく理解しておかなければ、適切なタイミングで取引を行うことは難しくなります。そこで、今回はCoinchekでの3つの仮想通貨の売買方法について紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(BTC)の3種類の売買方法 Coincheckでビットコイン(BTC)の売買を行う方法としては、3つあります。 1. コインチェックアプリで売買する 1つ目は、コインチェックアプリで売買する方法です。 Coincheckは、取引ができる専用のアプリが用意されています。アプリをダウンロードしておけば、場所を選ばずにトップページからいつでもビットコイン(BTC)を売買できます。 2. ビットコイン販売所で売買する 2つ目は、Web画面のビットコイン販売所で売買する方法です。 具体的には、Coincheckの取引アカウントのメニューにある、「コインを買う」「コインを売る」の機能を利用して売買します。この方法ですと、少ないステップで簡単にビットコイン(BTC)の取引ができます。 3. ビットコイン取引所で売買する 3つ目は、Web画面のビットコイン取引所で売買する方法です。 具体的には、Coincheckの「取引所」の機能を利用して、取引板で売買をします。取引板で売買する場合は、指値注文と成行注文という2つの注文方法を利用することができます。 指値注文とは、価格を指定して注文する方法のことで、相場状況を見極めながら取引できます。 指値注文は、指定した価格よりも、不利な価格では取引が成立する心配がないことがメリットです。ただし、取引価格が指値に届かなければ注文が成立しない可能性がありますので、その点は認識しておく必要があります。 一方、成行注文とは、価格を指定せずに注文する方法のことです。 成行注文は、注文を出せばすぐに取引が成立する点がメリットです。ただし、想定外の価格で注文が成立してしまう可能性もありますので、その点は認識しておく必要があります。 アルトコインの2種類の売買方法 ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨を、アルトコインといいます。 仮想通貨はさまざまな種類があるため、ビットコイン(BTC)だけでなく各種アルトコインを売買できることも魅力の1つです。 代表的なアルトコインとしては、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などがあげられます。Coincheckでは、そのような時価総額の高いアルトコインを売買することも可能です。 Coincheckでアルトコインの売買を行う方法としては、2つあります。 1. コインチェックアプリで売買する 1つ目は、コインチェックアプリで売買する方法です。 アプリをダウンロードしておけば、場所を選ばずにトップページからいつでもアルトコインを売買できます。 2. アルトコイン販売所で売買する 2つ目は、Web画面のアルトコイン販売所で売買する方法です。 具体的には、Coincheckの取引アカウントのメニューにある、「コインを買う」「コインを売る」の機能を利用して売買します。操作手順は、ビットコインの場合と同じになります。 ただし、アルトコインを売買する場合は、売買対象コインを間違いなく指定することがポイントです。複数の選択肢が表示されるため、自分が取引したいアルトコインを正しく指定しましょう。 Coincheckの無料登録はこちら 1. コインチェックアプリで売買する方法の詳細 コインチェックアプリで売買する場合、アプリのトップ画面から操作を行います。 アプリのトップ画面には、チャートが表示されています。購入する場合、最初の操作は、チャート画面の下側に表示されている「購入」ボタンのタップです。 タップすると画面が切り替わり、購入用のページが表示されます。最上部に取引可能なコインが一覧で表示されている状態です。 自分が取引したい通貨をタップすることで、コインの選択ができます。選択するとアンダーラインが表示されますので、正しく選択したかを確認しましょう。 そうしてコインの選択が終わったら、次に「数量」を入力します。仮想通貨ごとに単価は異なるため、購入したい数量については、間違えないようにすることがポイントです。 数量の横には、コインの種類を示す通貨単位が表示されています。数量を入力したら、価格と日本円換算金額を確認した上で、画面下側の「購入」ボタンをタップすれば、購入処理は終了です。 コインを売却する際には、自分が取引したい通貨をタップし、「売却」ボタンをタップします。続いて売却したい「数量」を入力します。その後、確認画面に進み、問題なければ売却を実行し、売却処理は完了します。 2. ビットコイン販売所で売買する方法の詳細 続いて、ビットコイン販売所で売買する場合は、Coincheckの取引アカウントのメニューの「コインを買う」「コインを売る」を利用します。 まず、サイトのメニューから「ウォレット」を選択します。 購入する場合は、さらに表示されるメニューから「コインを買う」の選択が必要です。売却する場合は、「コインを売る」を選択します。 選択すると、購入もしくは売却の画面に変わります。ここでまず行うのは、売買するコインの選択です。売買したいコインを選択したあとで、「数量」を入力します。 「数量」を入力すると、価格が提示され、日本円換算金額も表示されますので、間違いがないかどうかの最終確認を行います。 そうして最後に、画面下側にある「購入する」または「売却する」を選択して、売買処理は終了になります。 3. ビットコイン取引所で売買する方法の詳細 最後に、ビットコイン取引所で売買する場合は、Coincheckのトップページから「取引所」を選択します。 「取引所」を選択すると、表示されるのは現物取引の画面です。ここで入力するところは、「レート」と「注文量」の2カ所があります。 指値注文を利用する場合は、注文したい価格を指定して売買します。 そのため、まずいくらで売買したいのか?を決めて、「レート」欄に価格を入力します。価格を指定する場合は、注文が一覧表示されている「板(買い板/売り板)」と呼ばれている情報を見て、相場状況を判断することが必要です。 また、Coincheckでは、板の数字を直接クリックすることでも、「レート」欄に価格が自動入力されます。こうして価格を入力したら、次に「注文量」も入力します。 こうして価格、注文量を入力すると、概算の日本円金額が表示されますので、数量や価格の桁間違いなどがないかどうかを確認します。 そして最後に「注文する」ボタンで注文を確定させます。市場で取引されている価格と指値が一致すれば、取引が成立します。 成行注文を利用する場合は、Coincheckのトップページから「トレードビュー」を選択します。続いて、右側にある「成行注文」ボタンをクリックします。 そこで「注文量」を入力し、「買い成行注文」ボタンをクリックすることで、注文が完了します。 Coincheckの売買方法はシンプル Coincheckで仮想通貨を売買するにあたっては、操作方法はシンプルでわかりやすく、投資の初心者でも手軽に利用できるようになっています。 Coincheckに口座開設が完了して入金が終わったら、仮想通貨売買を行うことが可能になります。操作方法を正しく理解し、仮想通貨の取引に繋げてみてください。

2020-03-25Coincheck Tips

Coincheckは、国内にある仮想通貨取引所のうちの1つです。 仮想通貨で取引がしたいと考える人のなかには、Coincheckにどのような特徴があるのかを知りたい人もいるでしょう。この記事では、Coincheckの特徴やおすすめのポイントなどをわかりやすく説明します。 Coincheckの運営会社の特徴とは? Coincheckは、コインチェック株式会社が経営している仮想通貨取引所です。 コインチェック株式会社のもとになったレジュプレス株式会社は、2012年8月に設立され、2014年8月からCoincheckの提供が始まりました。 当初、コインチェック株式会社は「ビリギャル」を生み出したSTORYS.JP(ストーリーズ)事業も提供していましたが、2017年7月にCoincheck事業に経営リソースを集中するため、1010株式会社にSTORYS.JP事業を譲渡しました。 現在Coincheckでは、ビットコイン取引だけではなく、最大年率5%の貸仮想通貨サービスやビットコイン決済サービスなどの事業を幅広く展開しています。 Coincheckの特徴やおすすめポイントは? アルトコインの取り扱いが豊富 国内の仮想通貨取引所のなかでも、アルトコインの取り扱いが豊富にあることがCoincheckの特徴です。そのため、Coincheckは、様々なアルトコインを取引したい方にもおすすめできます。 初心者でも使いやすい Coincheckのアプリやサイトは、仮想通貨初心者でも見やすく、直観的に使いやすいように設計されています。 そのため、仮想通貨取引に慣れていない人や、投資の初心者にも親しみやすい取引所だと言われることがあります。 貸仮想通貨サービス また、Coincheckには、貸仮想通貨サービスがあります。このサービスは、期間満了後に、利用者がCoincheckへ貸した仮想通貨とその利息分の仮想通貨を受け取ることができます。 仮想通貨を長期保有したいと考えている人は、貸仮想通貨サービスを利用してみると良いでしょう。 他にも、Coincheckでは執行役員などの経営陣が、SNS上で実名・顔出しで情報発信をしていることもあり、SNSに慣れ親しんだ若いユーザーにとって親しみやすく、利用する上で安心感があると言われることもあります。 Coincheckを利用する際の注意点 仮想通貨の取引をする際の注意点として挙げられるのが、自分の全資産を仮想通貨に投資しないということです。 なぜなら、仮想通貨は価格変動が大きく、大きな損失を出してしまうケースもあるためです。特に、仮想通貨初心者の方は、必ず余剰資金での投資を心がけましょう。 2段階認証設定 また、Google Authenticatorなどを用いた2段階認証設定は、セキュリティを高めるためにも必ず行う必要があります。 2段階認証は、仮想通貨の取引所が自動で行ってくれるものではなく、仮想通貨取引を始める前に自身で設定するものです。Coincheckに登録をした後には、必ず2段階認証設定を行いましょう。 レバレッジ取引 レバレッジ取引とは、自身が口座に入れている以上の金額の取引が可能なことを指します。 まだ仮想通貨の取引に慣れていない初心者の方の場合は、通常の取引に慣れたのちに、レバレッジ取引は行うようにしましょう。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 Coincheckの口座開設の方法 Coincheckで口座を開設するためには、まずパスポートや運転免許証などの本人確認書類を用意します。 はじめに、Coincheckのサイトへアクセスし、メールアドレス・パスワードの入力をして登録をします。 Coincheckのアカウント登録はこちら その後、Coincheckから届いたメールを確認し、文面にあるURLをクリックしてアクセスします。 「ログイン」から「取引アカウント」をクリックし、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力します。ログインすると、取引アカウントのホームページが開くようになります。 また、登録が完了した後は、本人確認と各種重要事項における承認を済ませます。本人確認手続きがすべて完了することで、Coincheckにおけるすべてのサービスが利用できるようになります。 なお、本人確認書類の提出や必要情報などを入力するのは、比較的短い時間で完了しますが、本人確認書類の確認は、数日ほどかかるケースもあります。 その後、本人確認書類の確認が完了すると、自宅に住所確認のハガキが届きますので、そちらで本人確認手続きは完了です。 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ 初心者にとって使いやすいCoincheck Coincheckは取引の画面などがシンプルで見やすく、初心者でも簡単に取引ができることが特徴です。 仮想通貨の値動きなどの画面が見やすく操作しやすいため、仮想通貨の取引に慣れていない方でも直観的に操作できることで定評があります。 仮想通貨の売買は、平日や土日でも関係なく、24時間いつでも可能です。そのため、日中は忙しく働いている人であっても、時間と場所を選ばずに仮想通貨の取引は可能です。 これから仮想通貨の取引を始める上で、どの仮想通貨の取引所を利用すれば良いのか検討されている方は、Coincheckの利用を検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never