Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Coincheckで取り扱っている仮想通貨(暗号資産)の今後や将来性を予想した記事を紹介しています。ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)を始め、多くのアルトコインが対象。将来性を見極める事は購入の判断材料にもなるので、「どの通貨を買おうか」お悩みの方はぜひご覧ください。

カテゴリー: 仮想通貨の今後・予想・将来性

仮想通貨には数多くの種類が存在しています。そのなかでも、高い知名度を誇っているのはビットコイン(BTC)です。仮想通貨取引に興味がある人の多くは、ビットコイン(BTC)を取引対象のひとつとして考えている人も多いでしょう。 取引対象とするからには、将来的にさらに成長してほしいものです。そこで、ビットコイン(BTC)は今後も伸びていくのか、もしくは暴落して無価値になってしまうのかについて、今後を左右する要素などについてご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 【2020年最新】コインチェック共同創業者「大塚雄介」による仮想通貨(ビットコイン)の今後 デジタル通貨新時代の幕開けとなった2019年 仮想通貨(ビットコイン)の未来は明るいのか? 今後の仮想通貨取引所の役割は2つ ビットコイン(Bitcoin/BTC)の特徴とは? 1. 送金手数料が安い 2. ブロックチェーン技術 3. 世界中で使えるようになってきている ビットコイン(Bitcoin/BTC)は暴落しやすい? ビットコイン(Bitcoin/BTC)は暴落に負けない?その理由とは? 1. 時価総額が大きい 2. 知名度が高い 3. 基軸通貨として利用されている ビットコイン(Bitcoin/BTC)の安全性 ビットコインETFが今後を左右する? ライトニングネットワークの実装 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の半減期とは ビットコイン(Bitcoin/BTC)の今後の将来性予測のポイント 1. 決済利用の拡大 2. 発展余地がある ビットコイン取引の始め方・購入方法 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の保管場所 ウォレットとは セキュリティが高い保管方法 ビットコイン取引を経験することで理解が深まる 【2020年最新】コインチェック共同創業者「大塚雄介」による仮想通貨(ビットコイン)の今後 まず始めにCoincheckの共同創業者である大塚雄介による仮想通貨の将来予測です。 デジタル通貨新時代の幕開けとなった2019年 ビットコインの出現から約10年を迎えた2019年、デジタル通貨新時代の幕が開きました。 **オープンな基準で作られるビットコイン** **民間企業主導で基準を作られるLibra** **中国国家主導のDCEP(Digital Currency Electronic Payment)** 第二次世界大戦以後、初めての国家レベルを巻き込んだデジタル通貨新時代の幕開けとなったのです。 仮想通貨(ビットコイン)の未来は明るいのか? 明るくなると思っています。 なぜなら、ビットコインを含む仮想通貨は改善すべき課題がたくさんありますが、近い未来に確実に改善され、数億人規模のユーザーが使うインターネット金融プロトコルになる可能性が高くなるからです。 これは歴史が証明しています。 インターネットの歴史を振り返ると技術的問題は数年後に解決していることがほとんどであり、これは人類が「考える葦」であることのあらわれです。 また、黎明期には技術的課題を指摘して「これは使えないテクノロジーだ」という批判する批評家が現れますが、これも様々な新しいテクノロジーが普及する過程で見られる現象です。社会に大きなインパクトを与えるテクノロジーなので批評家も興味を持ち反論を展開します。 2020年現在は、ビットコインを含む仮想通貨はインフラレイヤーにまだまだ課題を抱えているテクノロジーであるが、様々な解決策が提案・議論・実装され1歩づつ解決に向けて動き続けていると捉えています。 『技術的課題は世界最高峰の頭の良い人たちの興味を惹きつけ、その知的好奇心が解決してきた』という歴史的背景があるからこそ、仮想通貨も同じようなプロセスを歩み将来は今よりも明るくなるという持論です。 ビットコインは第二の金になるのか?コロナウイルスによる影響を考察 Coincheck 今後の仮想通貨取引所の役割は2つ 仮想通貨取引所の役割は2つあります。 取引所というのは社会インフラのサービスの役割 多くの人に使いやすいUX(ユーザー体験)を通して仮想通貨の便益を届ける役割 1. 取引所というのは社会インフラのサービスの役割 1つ目の役割は、社会インフラのサービスを提供することです。 なぜなら、今後10年以内にフィアットカレンシー(法定通貨)経済圏とデジタル通貨経済圏の二つが融合するパラレル経済圏ができると考えているからです。 仮想通貨経済圏は約10年で既に20兆を超える時価総額に到達しました。この規模まで来るとネットワーク効果が作用し、保有者が増えることで仮想通貨の価値が高まりさらに保有者が増える、正のスパイラルに入っています。 まだ税制面の整理など、社会ルールの整備が追いついていないため、多くの一般の人々(マジョリティ層)が仮想通貨で支払いなどを受付ける時代は来ていません。 ですが、日本のVC(ベンチャーキャピタル)が海外のブロックチェーンスタートアップにUSDTで投資したり、マイニング事業への投資はBTCで行われていたりします。 また、一部のアーリーアダプター層は、既に仮想通貨による支払いで仕事の請負を行なっているケースを聞くと、数年後にはより多様な使われ方になり大きな経済圏になると予想されます。 ここで私たちの出番です。仮想通貨取引所はフィアットカレンシー経済圏と仮想通貨経済圏の資産移動するゲートウェイ(関所)の役割を担うのです。 ユーザーの本人確認作業を行うことで経済圏内外で不正な人に資産が流れることを防ぎ、結果的に反社会勢力への資金流出を防げます。 反社会勢力に資金が流れないことは、私たちの実社会の平和と安定を実現する上で非常に重要であるため、社会インフラのサービスの役割を果たす必要があるのです。 2. 多くの人に使いやすいUX(ユーザー体験)を通して仮想通貨の便益を届ける役割 2つ目の役割は、多くの人に使いやすいUXを通して仮想通貨の便益を届けることです。 なぜなら、より多くの人たちに仮想通貨の便益を届けることで、仮想通貨の価値は高まり保有者が増えるからです。 多くの人が仮想通貨の便益を受けるためには、「使いやすいUX」ではないといけません。 取引所が出来る前、仮想通貨初期のユーザーは秘密鍵を自分で保管し、黒い画面にコマンドを打ち込んで仮想通貨を管理していましたが、ユーザー体験はエンジニアしかやりづらいことが課題でした。 ですが、取引所が「使いやすいUX」を提供する役割を担うことで、仮想通貨の便益がIT・金融に疎い一般の人々に届くようになったのです。 Coincheckはありがたいことに多くのお客様から「使いやすい」と支持されていますが、まだまだ改善点があります。 今後も学ぶ時間の少ない忙しい多くの人たちが高い学習コストを掛けなくてもかんたんに使えるサービスを提供していきます。 参照:Why Cryptocurrency Matters(なぜ仮想通貨が重要なのか?) ビットコイン(Bitcoin/BTC)の特徴とは? この記事を読まれている多くの方はビットコインの基礎知識をお持ちかと思われますが、復習しておきたい方向けに、ビットコインの特徴を紹介します。 主な特徴には例えば以下が挙げられます。 1. 送金手数料が安い 1つ目は、送金手数料が安いことです。 円やドルなどの法定通貨を国際送金する場合、いくつもの銀行を経由して行われることもあるため、手数料は高くなります。 一方、ビットコイン(BTC)はインターネット上の通貨です。ネット上には国境がなく、ダイレクトに送金先に送ることになるため、低コストで送金できます。 2. ブロックチェーン技術 2つ目は、ブロックチェーン技術が採用されていることです。 ビットコイン(BTC)の取引履歴は、一定の時間間隔で生成されるブロックと呼ばれるものに格納されます。そのブロックが時系列に沿って鎖状につながったものが、ブロックチェーンです。 ブロックチェーン技術を採用することにより、ビットコイン(BTC)は中央管理者がいなくてもシステムが稼働できるようになりました。 ビットコインネットワークに参加する不特定多数の人が取引の正当性を検証・承認することで、ビットコイン(BTC)の通貨システムは動いていることが特徴です。 3. 世界中で使えるようになってきている 3つ目は、世界中の店舗やネットショップなどで、買い物代金の支払いに使えるようになってきていることです。 ネット店舗に限らず、実店舗などで使える場所は以前よりも広がってきています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは?初心者にわかりやすく解説 Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)は暴落しやすい? ビットコイン(BTC)の将来性を把握するにあたって、過去に暴落を経験した事実を知っておくことも重要です。暴落についての正確な定義はありませんが、一般的には短期間で大幅な価格下落が生じることを指します。ビットコイン(BTC)が暴落を経験したのは、1度だけではなく、複数回あります。 ビットコイン価格は、需要と供給によって決まる仕組みです。そのため、価格が変動するのは当然のことです。ただし、価格変動幅があまりに大きく、しかも価値が暴落する可能性が高いとなれば、ビットコイン(BTC)の将来に対して不安を感じてしまうでしょう。 過去に生じたビットコイン価格暴落のほとんどは、ビットコイン(BTC)そのもの価値の変化による価格変動ではなく、ビットコイン(BTC)を取り巻く環境変化が要因となって生じています。 たとえば、取引所がハッキングを受けて仮想通貨が流出したり、特定の国がビットコイン(BTC)の使用などを禁止したりするなどのニュースが、暴落の原因として挙げられます。重要なポイントは、ビットコイン(BTC)の評価そのものが暴落したわけではないことです。 ビットコインシステムのセキュリティ自体が破られて信頼を失ったことは、1度もないことを理解しておく必要があります。ビットコイン価格は、今後も暴落する可能性はあることは事実です。 しかし、価値が評価されている限り、ビットコイン(BTC)は生き残って暴騰する可能性もあるでしょう。 【今後の予測付き】ビットコインバブルが起こった背景と崩壊の理由 Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)は暴落に負けない?その理由とは? ビットコイン(BTC)が何度かの暴落を乗り越えて生き残っているのは、ビットコイン(BTC)の価値を評価する人がいるからです。 ビットコイン(BTC)が評価される理由には、例えば以下が挙げられます。 1. 時価総額が大きい 1つ目は、時価総額が大きく、普及率が高いことです。 仮想通貨は、多くの人に使われることによって需要が増加し、通貨としての価値が高まります。ビットコイン(BTC)は最初に世に出たこともあり、すでに多くの人が使っている状態です。 使っている人の多さがビットコイン(BTC)の価値となり、暴落しても再度価格が上昇することを支えているとも言えるでしょう。 2. 知名度が高い 2つ目は、知名度が高いことです。 ビットコイン(BTC)の需要を支えるひとつの側面としては、投資対象として選ばれていることが挙げられます。 仮想通貨投資を検討している人は、その知名度の高さからビットコイン(BTC)を投資対象に加える人が多く、このような根強い需要が、価格を下支えするとも言えるでしょう。 3. 基軸通貨として利用されている 3つ目は、多くの取引所がビットコイン(BTC)を基軸通貨として利用していることです。 仮想通貨における基軸通貨とは、ビットコイン以外の仮想通貨を売買する場合に、決済通貨として指定される仮想通貨のことです。 ビットコイン以外の通貨を購入する人は、まずビットコイン(BTC)を手に入れることになります。その結果、ビットコイン(BTC)の需要が発生し、価格に上昇圧力がかかるのです。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の安全性 ビットコイン(BTC)は、取引所がハッキングを受けたことをきっかけに、価格が暴落したことがあります。 しかし、ビットコインシステム自体の安全性は保たれています。ブロックチェーンが改ざんされるなどのハッキング被害が生じたことはないのです。 ビットコイン(BTC)の取引を行う場合は、公開鍵と秘密鍵を使用する暗号システムが使われています。公開鍵は誰でも入手できますが、秘密鍵を盗まれない限り、本人以外が取引を行うことはできない仕様です。 また、ブロックチェーンに記録されている取引履歴は、ホストコンピュータなどで一括管理されている状態ではなく、システム参加者が分散保管しています。世界中で分散保管されているデータをすべて同時に改ざんしない限り、不正取引を取引履歴に含めることはできず、事実上、改ざんできない仕組みになっています。 このような仕組みがあるため、ビットコインシステム自体は、安全性が高くなっていると言えるでしょう。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコインETFが今後を左右する? ビットコイン(BTC)の将来動向を予想するにあたっては、重要なイベントに注目することも大切です。重要なイベントのひとつに、ビットコインETF(エクスチェンジトレーデッドファンド)の承認可否が挙げられます。 ETFとは、証券取引所に上場されているタイプの投資信託です。株式と同じように取引できる特徴があります。 ビットコインETFは、ビットコイン(BTC)を投資対象とする金融商品です。ビットコインETFは、証券取引所に上場申請を行っており、承認を待っている状態にあります。 上場されるためには、証券取引所や証券取引委員会などの上場審査に合格する必要があります。承認されると、ビットコイン(BTC)の知名度は上がると考えられていることがポイントです。 上場審査に合格することは、一定の信用があることの証となります。そのため、ビットコインETFが承認されると、それまで投資を手控えていた機関投資家などの資金が流入し、価格が高騰する可能性があるでしょう。 機関投資家は、顧客資産を安全に運用する義務があります。ビットコインETFが上場を果たせば、一定の信用がある金融資産とみなすことが可能です。 顧客資産をビットコイン(BTC)に投資することができるようになるため、需要が増加して価格が上昇する可能性はあります。 ビットコインETFとは?影響や承認の審査状況をわかりやすく解説 Coincheck ライトニングネットワークの実装 ライトニングネットワークの実装も、ビットコイン(BTC)の将来動向を左右するイベントのひとつと言われています。ライトニングネットワークの実装が行われると、ビットコインシステムの信頼性が向上し、価値が上がると考えられています。 ライトニングネットワークとは、主にビットコイン(BTC)の処理能力が不足するリスクを回避する技術です。処理能力不足が生じるリスクのことを、スケーラビリティ問題といいます。 ビットコイン(BTC)は、約10分間の取引を一定サイズのブロックと呼ばれるものに格納します。取引量が増加してデータ量がブロックサイズを超えてしまうと、取引検証と承認がスムーズに行われず、処理が停滞してしまうことがリスクです。 ライトニングネットワーク技術を利用することで、少額決済についてはブロックチェーンの外にあるサブシステムで処理して、まとめた結果をブロックチェーンに組み込むことが可能になります。 ライトニングネットワークの実装によりスケーラビリティ問題が解決される可能性があるため、これによってビットコイン(BTC)の価値はより高まることもあるでしょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の半減期とは ビットコイン(BTC)の価値を高める要因としては、ビットコイン(BTC)の半減期も挙げられます。ビットコインシステムは、取引履歴の検証にいち早く成功した人に、報酬としてビットコイン(BTC)を支払うマイニングと呼ばれる仕組みによって支えられています。 半減期とは、マイニングの報酬が約4年の間隔で半減する仕組みのことで、次回の半減期は2020年です。ビットコイン(BTC)は、取引履歴の検証に対する報酬の支払いによって新規発行されます。 報酬が一定期間ごとに半減することにより、新規発行量は徐々に少なくなっていき、やがて新規発行は停止する仕組みです。新規発行量が徐々に減少してやがて停止することで、ビットコイン(BTC)の流通量は一定に抑えられることになります。 このことが、ビットコイン(BTC)の希少性を高めることにつながるのです。また、半減期を迎える前後には、価格上昇を狙った投資資金が流入することもあります。 ビットコイン(BTC)に半減期が設定されていることは、ビットコイン(BTC)の価値上昇に一役買っていることを理解しておきましょう。 仮想通貨に半減期がある理由と半減期が近い通貨の一覧を紹介します Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)の今後の将来性予測のポイント ビットコイン(BTC)の将来性を予測するにあたっては、以下のポイントに注目するのも良いでしょう。 1. 決済利用の拡大 1つ目は、決済利用の拡大です。 ビットコイン(BTC)は、価格変動によって売買差益が得られる投資対象としての魅力があります。しかし、買い物をしたときの支払手段として利用できることも大きな魅力です。 ビットコイン(BTC)は、国境を意識することなく世界中で使えるという特徴があります。今後はさらにビットコイン支払いを認める店舗などが、世界中で増加する可能性もあります。 決済で使われる機会が増加すると、ビットコイン(BTC)の需要が増加し、価格は上昇する可能性があるでしょう。 2. 発展余地がある 2つ目は、ビットコインを含む仮想通貨市場には、まだ発展余地があることです。 ビットコイン(BTC)は、誕生してから間もないシステムであり、ビットコイン(BTC)を取引する市場は拡大する余地が残っています。国によっては、ビットコイン取引の法制化が行われていないケースもある状況です。 また、日本においても、取引所を運営する仮想通貨交換業者の新規参入も見込まれています。ビットコイン(BTC)の位置づけを明確にする法律などが整備されることによって、一般の投資家や事業者がより安心してビットコイン取引に参入できるようになります。 ビットコイン取引の始め方・購入方法 ビットコイン取引を始めるためには、仮想通貨の取引所で口座開設を行う必要があります。 金融庁登録済の仮想通貨の取引所であるCoincheckを利用する場合、まずやるべきことはメールアドレスの登録です。 Coincheckの無料登録はこちら メールアドレスの登録によってアカウントを確保したら、個人情報の入力を行います。そのあとで、本人確認書類の画像やIDセルフィーのアップロードなどを行います。 その後、Coincheckから自宅に届く郵送物を受け取ったら、口座開設手続きは完了です。ビットコイン取引にあたっては、開設した口座に銀行振込などで日本円を入金します。 その資金を使って、ビットコイン(BTC)を購入するのです。購入したビットコイン(BTC)を購入価格よりも高い価格で売却することで、売却益が得られます。 また、ビットコイン(BTC)は買い物をしたときの支払手段として利用することも可能です。 ビットコイン(BTC)の購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)の保管場所 ビットコイン(BTC)は取引所に保管しておくこともできますが、自らのウォレットにビットコイン(BTC)を移動させることもできます。 ウォレットとは ウォレットとは、仮想通貨用の電子財布だと理解すればよいでしょう。ウォレットには、複数の種類があります。 ウェブウォレットは、ネットワーク上に仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。デスクトップウォレットを利用する場合は、自分のパソコン上でビットコインを保管することになります。 モバイルウォレットを利用すれば、スマホに仮想通貨を保管して持ち歩くことも可能です。 仮想通貨のウォレットとは?特徴や種類は? Coincheck セキュリティが高い保管方法 よりセキュリティが高い保管方法を選びたい場合は、ネットワークに接続していないタイプのウォレットを選ぶとよいでしょう。 例えば、USB状のデバイスを使うタイプのハードウェアウォレットを使えば、ネットから切り離して仮想通貨の秘密鍵を保管できます。また、秘密鍵などの情報を紙に印刷して保管するペーパーウォレットの利用も、ハッキングリスクがない保管方法です。 ビットコイン(BTC)を安全に保管するためには、自分に適したウォレットを選ぶことが大切になります。目的に応じてウォレットを使い分けるようにしましょう。 ビットコインウォレットの種類とは?取引所との違いや選ぶポイントを解説 Coincheck ビットコイン取引を経験することで理解が深まる ビットコイン(BTC)は、何度か価格の暴落局面を経験しましたが、いまだにシステムは問題なく稼働しています。 今後は、ビットコイン決済が広まったり、スケーラビリティ問題が解決されることによって、さらなる発展が見られる可能性もあるでしょう。また、ビットコインETFの承認が実現すれば、需要が一気に広がる可能性もあります。 ビットコイン取引をまだ始めていない人は、まずは仮想通貨の取引所に口座開設をして、ビットコイン取引を経験しておくとより理解が深まるでしょう。

常に仮想通貨の時価総額の上位に位置するリップル(XRP)。アルトコインの取引をはじめたいと考えている人にとって、リップル(XRP)は有力な候補となるかもしれません。 しかし、取引を始める上で心配なのは今後の展望です。購入したものの価格の急落に直面したり、何の価値もなくなったりしてしまうようなことがあっては大変です。 リップル(XRP)は、他のアルトコインにはない独自の特徴があります。どのような特徴があるのかを知ることでリップル(XRP)の将来性を探っていきましょう。 リップル(Ripple/XRP)の将来は有望?今後は? はじめに、リップル(XRP)は将来有望な通貨なのかという問いに対して考えていきましょう。 仮想通貨はそのほかの金融商品と比べて価格の変動が激しい商品です。しかし、リップル(XRP)は有望視されることが多い通貨の一つです。 決済システムとして開発されたリップル(XRP)は実用化が進んでいるため、将来に期待する声が高まっているからです。なぜリップル(XRP)には将来性が期待できるかを、信用の面から考えてみましょう。 法定通貨には政府や中央銀行の裏付けがある 価格の安定には信用が欠かせません。そして、信用には裏付けが必要です。たとえば、円やドルなどの法定通貨は価格変動があっても一定の幅に収まっています。 それは、政府や中央銀行の信用や国力といった裏付けがあるからです。国力の要素には、その国の軍事力、経済力、技術力、資源、人口などがあり、それぞれの要素が変動すると為替レートも変動します。 デフォルトや軍事クーデターの起きた国の通貨の価格が下がるのは、国の信用がなくなり、通貨としての役割を果たすことができなくなるのではという心配からです。 かつて、戦争や紛争などの有事の際には米ドルが安全資産といわれていました。ところが現在は、円が買われるケースが多くなっています。 それは生保などの日本の機関投資家が、何か危機が起きると自国通貨を買う傾向が高いことが知られているからと考えられています。つまり価格の下支えをする存在があるかどうかも、信用力の裏付けになっているのです。 仮想通貨には国の裏付けがない 一方、仮想通貨には国の裏付けがありません。 需給バランスの変化だけが相場を上下する仮想通貨は、価格の変動が起こりやすい条件が整っているということもできます。特定の企業や政府の意向や影響を受けることがないのはプラスでもあり、マイナスでもあります。 その点、リップル(XRP)はリップル社が管理しており、ビットコイン(BTC)のようなマイニングはありません。また、決済システムとして優れた特徴を持つリップルのネットワークには、世界中の金融機関が参加しています。 投機性だけではなく、実用性の面でも評価され、すでに実用化の動きが広まっていることも信用の裏付けとなっていると言えるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)の特徴 リップル(XRP)は、「価値のインターネット」を実現するために開発された仮想通貨です。価値のインターネットとは、手軽に迅速に価値の移動を行おうとする構想です。 社会的な地位や経済状況にかかわらず、インターネット環境さえあれば利用できるメールやSNSのように、誰でも低コストで価値の移動ができる世界を目指しています。 国際送金だけのための通貨ではない 国際送金を速く安く行うことができるリップル(XRP)は、送金のための通貨だと思われがちです。しかし、国際送金はリップルの目標を実現するための一手段に過ぎません。 リップル社の創業者はリップル(XRP)の現状について、古本の再販から事業を拡大していったAmazonを例に挙げています。Amazonはさまざまな事業を行っているので、一見すると何の会社か分かりにくいと感じている人もいるかもしれません。 ところが、実際にはある事業を土台として次の事業につなげていっているという側面があります。それぞれの事業が有機的につながっているのです。 価値が集中している国際送金市場は、リップル(XRP)にとって優先順位の高い市場であったと考えることもできるでしょう。 Google VenturesやAndreessen Horowitzがリップル社に出資 また、リップル社は、Google VenturesやAndreessen Horowitzなどの有名なベンチャーキャピタルが出資した会社としても知られています。 そうした面からもリップル(XRP)の将来性をうかがい知ることができます。他にも、日本からは三菱UFJ銀行などの大手銀行が、リップルのネットワークを利用していることも有名です。 詳しくはこちら:リップル(XRP)とは?特徴をわかりやすく解説 リップル(Ripple/XRP)のメリット リップル(XRP)の主なメリットは、国際送金を速く安くできることです。 送金だけなら他の仮想通貨でもよいのでは、という疑問があるかもしれません。ここに他の仮想通貨とリップルの大きな違いがあります。 非中央集権型のビットコイン(BTC)とは異なる 仮想通貨の元祖であるビットコイン(BTC)は、中央集権的な管理者なしに、低コストで国際送金を可能にするために開発されました。 ところが、ユーザーが増えるにつれて手数料の高騰や送金速度の遅れ、マイナーが一部の地域の偏るなどの問題が出てきました。 手数料を安くする仕組みもありますが、手数料が安くなるとマイニングによって報酬を得ているマイナーの利益が減ってしまいます。特定の管理者がいないフラットな体制が、逆にビットコイン(BTC)の改良を妨げる原因となっているのです。 また、ビットコイン(BTC)はマイニングよって認証されますが、その認証方法であるプルーフ・オブ・ワークには多くの問題点が指摘されています。主な問題は送金性能の限界や、処理速度やネットワークの安定性を確保できないことです。 詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説 マイニングがないため電気代を抑えられる 一方、リップル(XRP)にはマイニングがありません。 リップル社が発行を管理しているため、コンピューターの電気代を最低限に抑えることができるだけでなく、手数料を高止まりさせるマイナーの意図も関係ありません。 リップル(XRP)はリップル社という管理者がいることで、改良が速く安定したネットワークが実現できるのがメリットです。 XRPにはブリッジ通貨としての役割がある また、リップル(XRP)にはブリッジ通貨としての役割があります。 ブリッジ通貨とは他の通貨との橋渡しをする通貨のことです。世界にはメジャーなものとマイナーなものを合わせると、多くの通貨が存在しています。 ブリッジ通貨がなければ、両替をする銀行はすべての通貨とのペアを準備しなければなりません。仮に世界に50の通貨が存在するとなると、通貨ペアの組み合わせは1225通りにもなります。 ブリッジ通貨があれば、国際通貨に必要となる通貨を大幅に減らすことができます。ブリッジ通貨と交換できればよいことになるので、送金のコストや手間を大幅に改善できるからです。 リップル(XRP)がブリッジ通貨としていつでも取引できる安定した市場に参加することで、リップルの価格変動も抑えられると考えられています。 即時決済システムがある また、リップル(XRP)に採用されているのは即時決済システムです。 そのため、法定通貨と仮想通貨との交換だけでなく、仮想通貨同士の交換や、クレジットカードやデビットカードの決済システムとも接続し価値の移動がスムーズに行われることを目指しています。 リップル(Ripple/XRP)の取引速度と手数料 リップル(XRP)が決済システムとして優れている要因は、取引速度の速さです。 ビットコイン(BTC)で約1時間ほどかかる取引は、リップル(XRP)ではわずか約4秒で完了するように設計されています。 また、1秒間に処理できるトランザクションの処理回数は、ビットコイン(BTC)が3~6回のところ、リップル(XRP)は5万回とされています(2017年7月15日時点)。 送金手数料で比べても、今のところはビットコイン(BTC)よりも安くなっています。そんなリップル(XRP)は金融庁登録済の仮想通貨の取引所Coincheckで、500円から購入することができます。 Coincheckの口座開設はこちら リップル(Ripple/XRP)の取引・購入方法までの流れはこちら リップル(Ripple/XRP)と提携している金融機関 リップル(XRP)の決済システムは世界中の金融機関で注目されていますが、一体どれくらいの金融機関が提携しているのでしょうか。 2018年11月時点にて、すでに200社近くと契約を結んでいることが発表されました。提携先企業のリストにはさまざまな金融機関が名前を連ねています。 日本からは、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャル・グループ、三井住友信託銀行、SBIホールディングスなどが参加しています。 その他、アメリカのバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチや、イギリスのバークレイズ、スペインのサンタンデール銀行などの大手行もリップル(XRP)と提携済みです。 2018年のはじめには、クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスがリップルネットワークによる即時決済システムを実装完了したことが報じられています。 リップル(Ripple/XRP)のロックアップとは リップル(XRP)のロックアップとは、リップル社が保有するリップルを一定の期間売りに出さないということです。 リップル(XRP)はビットコイン(BTC)などとは異なり、最初にすべての通貨を発行し、時間の経過とともに流通量が減る仕組みとなっています。 リップル社は発行済の通貨1000億XRPのうち6割程度を保有していました。過半数以上のリップル(XRP)を保有していることは、市場の懸念を招いていました。 もしリップル社が一度に保有しているリップル(XRP)を一度に放出したら、リップル(XRP)の価格が暴落するのではないかというものです。この不安を払拭するために、取られた対策がロックアップです。 リップル社は保有するリップル(XRP)の87%である550億XRPをロックアップ(預託)することにしました。すでにロックアップは2017年12月までに完了しています。 ただし、このロップアップは期間限定なもので2018年1月からは毎月1日に10億XRPずつ解除されています。10億XRPを解除された月に使い切れなかった場合、残った分は再び55カ月間ロックアップするということから、安定的に開放される仕組みをとっていることが分かるでしょう。 詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)のロックアップとは?影響や解除について徹底解説 リップル(Ripple/XRP)の価値は今後上がる? リップル(XRP)の価格が上がる要素にはどのようなものがあるのでしょうか。 価格が上昇する要因にはさまざまなものがありますが、例えば1つは投資マネーが入ることです。現在の仮想通貨の価格上昇は、この投資マネーによって起きています。 他の要因としては、国際送金でリップル(XRP)のネットワークが普及し、リップル(XRP)がたくさん取引されることなども挙げられるでしょう。 国際送金の手段としてリップル(XRP)が日常的に利用されるようになると、かなりの取引量になります。流動性が上がることで、リップルの価格も上昇していく可能性はあるでしょう。 Coincheckの口座開設はこちら Coincheck登録方法から使い方までの初心者向けマニュアルはこちら リップル(Ripple/XRP)が今後目指すもの リップル(XRP)の実現しようとする「Internet of Value(インターネット・オブ・バリュー。略称IoV)」とは、どのような世界なのかを詳しくみていきましょう。 価値の移転を試みるIoVが目指すのは、送金だけではありません。世の中にはたくさんの電子取引可能なサービスが存在しています。 すでに株式、デリバティブ商品、ポイント、音楽、本、映像などは電子的に取引することが可能ですし、将来はサービスとサービスをつなぐこともできるようになっていくかもしれません。 株式とお金を組み合わせて買い物をするなど、買い物の方法も多様化されていく可能性があります。リップル(XRP)はブリッジ通貨としてさまざまな通貨の架け橋となろうとしている点が、ビットコイン(BTC)とのスタンスの違いとも言えるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)購入後の保管方法やウォレットについて リップル(XRP)を入手した後の保管方法を確認しておきましょう。仮想通貨の保管場所であるウォレットにはいくつかのタイプがあります。 ウェブウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなどです。安全性は後に挙げたもののにつれて高くなっていきます。 ウェブウォレット ウェブウォレットは、インターネットに常時つながった状態で仮想通貨を保管するウォレットです。 資金移動しやすいのはメリットですが、ハッキングなどの資金流出リスクは最も高くなります。 デスクトップウォレット デスクトップウォレットは、パソコンにウォレットをダウンロードしてローカル環境で利用できるウォレットのことです。 ウェブウォレットよりは安全ですが、パソコンがウイルスに感染したり故障したりすると管理できなくなるデメリットがあります。 日常的に管理する資金はデスクトップウォレットで問題ないかもしれませんが、数年単位の長期保管や大きな金額を保管するにはハードウェアウォレットなどを活用するのも良いでしょう。 ハードウェアウォレット ハードウェアウォレットとは、オフライン環境で仮想通貨の秘密鍵を管理できるUSBのような端末です。オフラインのためハッキングのリスクは低くなります。 ハードウェアウォレットは紛失や故障にも対応できるようになっているため、長期保管にはおすすめのウォレットです。 ペーパーウォレット ペーパーウォレットは一番安全とされている管理の方法です。紙に秘密鍵を記載するため、ハッキングリスクはゼロとなっています。 ただし、紙自体の紛失リスクや焼失リスクなどはありますので、保管には注意が必要です。 詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)のウォレットの選び方 リップル(Ripple/XRP)を取引する際の注意点 最後にリップル(XRP)を取引する際の注意点を確認しておきましょう。 リップル(XRP)は将来性が期待されている通貨ではありますが、仮想通貨であることには変わりません。相場の変動が大きく、価格は常に動いています。 また、法定通貨とは異なり補償がないことを認識しておくのも大切です。リップル(XRP)の値動きをこまめに確認しつつ、上手に活用していきましょう。

仮想通貨の1つであるファクトム(FCT)は、日本ではそこまで知名度は高くありませんが、海外の投資家などから注目されている仮想通貨の1つです。 そこで今回は、仮想通貨ファクトム(FCT)の今後の将来性や特徴、仕組みなどについて、初心者の方にも分かるように詳しく解説していきます。 ファクトム(FCT)の購入を検討されている方などは、今回の記事を参考にしてみてください。 ファクトム(Factom/FCT)の特徴は? 最初に「ファクトム」は、ビットコイン(BTC)のようなデジタル通貨(仮想通貨)そのものではありません。 2015年にアメリカ・テキサス州にあるFactom社が開発した、あらゆる電子データ(ドキュメント/書類)を記録・保管できる、分散管理型プラットフォームを「ファクトム」と言います。 多くの方が、住民票や登記簿謄本、印鑑証明などを貰うために、市役所や法務局へ出向いたことがあるかと思います。簡単にお伝えすると、「ファクトム」は、そのような面倒なことを全てなくしてくれるようなシステムです。 登記簿謄本・住民票・貸付記録・証券・保険などの重要書類を、「ファクトム」によって管理、追跡、監査することによって、第三者機関なしで証明することが可能なのです。 ブロックチェーンの強みは「取引履歴が改ざんできない」ところです。「ファクトム」はその特徴をうまく活かして、書類や記録を安全かつ確実に管理できることを目指しています。 なお、Coincheckで取引する際に用いられる、仮想通貨としての通貨名称は「ファクトイド(FCT)」と呼ばれます。 仮想通貨ファクトム(Factom/FCT)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 Coincheck ファクトイド(Factom/FCT)とEntry Credit(エントリークレジット) まず、通貨「ファクトイド(FCT)」のままでは、「ファクトム」は利用できません。 「ファクトム」には2つの通貨があります。1つめが上にも出てきました「ファクトイド(FCT)」、2つめは「Entry Credit(エントリークレジット)」です。 「Entry Credit(エントリークレジット)」は、「ファクトム」を利用するために支払う利用料としての役割があります。 そして「Factoid Chain(ファクトイド チェーン)」というチェーンで、「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」へ変換することができます。 この時、必ず「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」の順となりますので、投資目的であれば「ファクトイド(FCT)」のままで保有する必要があります。 では何故「ファクトム」は2つの通貨を設けているのでしょうか。「Entry Credit(エントリークレジット)」は、記録の入力と投票にしか使用できず、他の公開鍵に送信もできません。 ということは、ハッカーが「Entry Credit(エントリークレジット)」をハッキングしたとしても、情報を見ることはできず、売却することもできないので、盗む意味があまりなく、ハッキングの対象となりにくいのです。 また、「ファクトイド(FCT)」を保有する管理サーバーから、必要な量の「Entry Credit(エントリークレジット)」を購入することが可能なので、「ファクトイド(FCT)」の価格変動に影響される心配なしに、システムを使用することが可能なのです。 そのため「ファクトイド(FCT)」から「Entry Credit(エントリークレジット)」へ変換が必要なのは、セキュリティのためと言えるでしょう。 ファクトム(Factom/FTC)の今後の将来性は? 「ファクトム」の特性を活かしたプロジェクトが多く展開されていますが、中でも「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」と「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」という2つのプロジェクトが注目されています。 「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」と「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」とは一体どういったものなのでしょうか 1. dLoc by SMARTRAC(スマートロック)プロジェクト dLocとは「SMARTRAC(スマートロック)」いう会社と共同開発して生み出されたプロジェクトです。 バーコードやQRコードのような「dLocステッカー」を読み込むだけで、ウェブ上から書類の情報を引き出すことができます。dLocは、主に医療の分野での応用が期待されています。 今まで紙で保管されていた過去の医療履歴・アレルギーなど、オフラインのカルテ情報をブロックチェーン上に記録して医療機関で共有します。 記録した情報は「dLocステッカー」から一瞬で引き出すことができるので、出先で急病にかかってしまった場合でも的確な診断を受けることができます。 また、dLocは書類を保管するコストの削減や、作業の効率化をすることができ、「dLocステッカー」はブロックチェーンに記録されるので、改ざんや不正もされません。 dLocのような「ファクトム」のグローバルな活用が期待されています。 2. ファクトムハーモニー(Factom Harmony)プロジェクト 「ファクトム」は2017年4月に、「ファクトムハーモニー(Factom Harmony)」というアメリカの住宅ローンデータを、「ファクトム」で効率的に管理するプロジェクトを発表しました。 世界の土地建物といった不動産の登記情報に加え、住宅ローンの情報(データ)は毎年5兆ページという、非常に膨大なデータが積み上がっているそうです。それに加え、過去の40兆ページ分のデータが何らかの形で保存されています。 「ファクトムハーモニー」は、その情報管理の問題に目を付けました。それら膨大なデータを、ブロックチェーン上に保存し管理することにより、およそ5兆円かかるとされている管理コストを削減することができます。 事務の手間が減り、人件費が削減でき、各種手数料も安くなります。また、ブロックチェーン上に保存しているので、改ざんや漏洩のリスクも低く、安全に情報管理ができます。 アメリカの住宅ローン市場は160兆円にものぼり、そこに着目した「ファクトムハーモニー(Factom Harmony)」と、医療の記録管理に着目した「dLoc by SMARTRAC(スマートロック)」、現在「ファクトム」はこれら2つのプロジェクトを進めています。 3. 企業との提携 こういった動きに注目したビル&メリンダ・ゲイツ財団は、「ファクトム」との提携と、5000万ドルの資金提供を行うと発表しました。 2017年6月には、同じくビル&メリンダ・ゲイツ財団と手を組み、米国の住宅ローンの管理計画を始動させることが公表されました。 また、2018年11月にはソフトウェア大手の「Microsoft(マイクロソフト)」と技術提携を行うことが明らかになりました。 さらに、アメリカ不動産ローン会社「Equator社」も、ファクトム製品「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」を、住宅ローンデータの管理を行うEquator社のプラットフォーム「Equator PRO」へ統合することを発表しました。 こういった動きからわかるように、「ファクトム」は様々な企業から注目されていると言えるでしょう。 ファクトム(Factom/FCT)取り扱いの仮想通貨の取引所 仮想通貨の取引所はたくさんありますが、国内で「ファクトム(FCT)」を取り扱っているのはCoincheckのみとなります(2019年2月時点)。 また、直接日本円からファクトム(FCT)を購入することができます。Coincheckはスマホアプリが使いやすく、口座開設も簡単に行うことができます。 Coincheckの口座開設のやり方 1. アカウント登録 まずはCoincheckの公式サイトよりアカウント登録を行います。 Coincheckの無料登録はこちら 2. SMS認証(電話番号認証) 本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 3.本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでファクトム(Factom/FCT)を購入する方法 Coincheckでは、スマホアプリやインターネットから、簡単にファクトム(FCT)を購入することができます。また、日本円から直接購入することが可能です。 Coincheckに口座を開設したら、日本円を指定する口座に現金を振り込みます。それがアカウントに反映されると、ファクトム(FCT)の購入や取引が可能となります。 まずはアカウントにログインし、ウォレットに移動します。その後、「コインを買う」のページで「ファクトム(FCT)」を選び、購入数を選択します。 価格が表示されたら「OK」をクリックして、購入は完了です。 ファクトム(Factom/FCT)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck ファクトム(Factom/FCT)についてのまとめ 他の仮想通貨とは異なる特徴がいくつもあり、ビットコイン2.0(ビットコイン(BTC)の技術を通貨以外にも応用したプロジェクト)とも呼ばれるのが「ファクトム」です。 「Factom Harmony(ファクトムハーモニー)」や「dLoc by SMARTRAC」のように、「ファクトム」の特徴を活かしたプロジェクトも始まっており、他にも大型予算が組まれたいくつものプロジェクトが進行しています。 今後も様々な分野の企業が、「ファクトム」の技術を使ったプロジェクトを進めていくかもしれません。

2009年にビットコイン(BTC)から始まった仮想通貨は、現在数千種類以上あると言われ、仮想通貨を売買できる取引所も世界中に数百ヶ所あると言われています。 もちろんその中から自分のお気に入りの通貨を見つけることも、仮想通貨の楽しみの一つであるでしょう。そこで今回は、日本でも人気があるアルトコインの1つである、仮想通貨のリスク(LSK)の今後の将来性や特徴などをご紹介していきます。 リスクのチャートを確認したい方は『リスクの最新リアルタイムチャートとレート情報』をご覧ください。 仮想通貨リスク(Lisk/LSK)とは? リスク(LSK)は2016年にリリースされた仮想通貨で、開発拠点をドイツ・ベルリンに構えており、財団の本部はスイスにあります。 Liskは分散型アプリケーションプラットフォームのことで、このプラットフォームで使われる仮想通貨の名前をリスク(LSK)と呼びます。 分散型アプリケーションとは、中央管理者が存在せずユーザー同士が管理し合って成り立っているシステムであり、「Dapps(ダップス)」と呼ばれるブロックチェーンを使ったアプリケーションのことを指します。 「リスク」と聞くと、危険という意味に捉えられがちですが、危険を意味するRISKとは全く関係ないものです。 リスク(Lisk/LSK)の主な特徴は? 以下の4つが、リスク(LSK)の主な特徴です。 「スマートコントラクトが実装できる」 「サイドチェーンの採用」 「JavaScriptで開発ができる」 「DPoS(デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステイク)」 1. スマートコントラクト スマートコントラクトは、あらゆる契約行動(=取引)をプログラム化し、自動的に実行しようとするものです。 スマートコントラクトの例としてよく使われるものに、自動販売機があります。普通のお店で飲み物を買う時には、「購入者が商品をレジまで持っていき、店員がレジ打ちをして料金を請求し、購入者が支払い、店員が商品とお釣りとレシートを渡す」という流れになります。 普段は意識しませんが、私達が物を買うときには上のような流れで売買契約を行っています。スマートコントラクトの考えでは、この契約をプログラムにより自動化することで、自動販売機にお金を入れてボタンを押すだけで効率的な売買が成立することになります。 スマートコントラクトは、暗号学者であるNick Szabo氏により、ビットコイン(BTC)が誕生する前に既に提唱されていました。 スマートコントラクトを最初に採用したのは、イーサリアム(ETH)という仮想通貨です。イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額を誇るアルトコインとして有名です(2019年2月26日時点)。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とは?分かりやすく解説します Coincheck 2. JavaScriptで開発可能 コードにJavaScript(ジャバスクリプト)を採用しているのが、リスク(LSK)の大きな特徴の一つです。 JavaScript(ジャバスクリプト)はWEB業界では一般的で、扱いやすいプログラミング言語です。そのため、たくさんのエンジニアがJavaScript(ジャバスクリプト)の情報や知識を活かすことができ、リスク(LSK)の開発に気軽に携わることができます。 携わる機会の多いプログラミング言語は、今後の開発や発展に大きな影響があることでしょう。 3. サイドチェーンを採用 サイドチェーンは、メインのブロックチェーンとは別に、複数のブロックチェーンを作り、情報などを共有します。 それによってブロックチェーン全体の機能の拡張を行ったり、処理速度を向上させることができます。このブロックチェーンとは、いわば分散型台帳です。 ネットワーク上の複数のコンピューターで取引情報を共有し、検証し合いながら保管します。それによってデータ改ざんや不正取引を防ぐことができます。 リスク(LSK)では、サイドチェーンにスマートコントラクトが書けることが、大きなメリットです。バグが生じたりハッキングされたとしても、サイドチェーンだけを切り離すことで、被害拡大を迅速に防げるメリットがあります。 逆に、メインチェーン全体を大きく変更させることなく、後からでも新しい機能を組み込むことができます。 メインチェーンで全てのプログラムを動かすよりも、サイドチェーンによる複数のブロックチェーンでトランザクションやその他の情報をやり取りしたほうが、格段に処理能力が高くなるのです。 4. DPoS(デリゲーテッドプルーフオブステイク) リスク(LSK)のマイニングの承認システムは、DPoS(デリゲーテッドプルーフオブステイク)を採用しています。 DPoSは、リスク(LSK)所有者全員が、立候補者から代表者を選んで投票することができる、間接民主制のような承認システムです。リスク(LSK)を持っている人は、誰でもリスク(LSK)のセキュリティを高めてくれそうな人に投票することができます。 これにより予め承認者を選ぶことができるため、承認速度がとても迅速です。 なお、リスク(LSK)ではマイニングのことをForging(フォージング)、投票することをVoting(ヴォーティング)と呼んでいます。 リスク(Lisk/LSK)の今後の将来性は? 2016年にスタートしたリスク(LSK)は、2017年の上半期ではそれほど知名度は高くはなかったものの、着実に知名度は世界中で上昇しています。 大きな時価総額を誇る有名通貨と同様のシステムを持ちながら、さらにサイドチェーン搭載で強化されている点、JavaScriptで様々な知識を持つエンジニア達が開発に携われることも含め、大きくスペックの向上が期待されている通貨の一つです。 後はその開発が順調に進むかどうかなどが、今後のポイントとなってくるでしょう。 リスク(Lisk/LSK)を取り扱う仮想通貨取引所 リスク(LSK)の特徴を一通り学んだところで、今度はリスク(LSK)を取り扱っているCoincheckについてご紹介いたします。 Coincheckは2014年に仮想通貨取引サービスの提供を開始し、現在国内の主要取引所の一つとなりました。 取引ツールの使いやすさ、スマホアプリの見やすさ、操作性の高さなどが魅力で、取り扱うアルトコインの種類も豊富です。仮想通貨の初心者から上級者まで、幅広いユーザーに利用されています。 2018年4月にはマネックスグループにグループ入りをし。新経営体制がスタートしました。オンライン証券業界で経営やリスク管理のノウハウを培ってきたマネックスグループがどう活かされていくのか、注目が集まっています。 それでは実際にCoincheckでリスク(LSK)を購入する方法を、簡単にご紹介いたしますが、まずは口座開設が必要です。Coincheckでの口座開設は、アプリや取引の操作性同様シンプルで分かりやすくなっています。 Coincheckの口座開設のやり方 1. アカウント登録 Coincheckの公式サイトよりアカウント登録を行います。 Coincheckの無料登録はこちら 2. SMS認証(電話番号認証) 本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。 3.本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでリスク(Lisk/LSK)を購入する方法 Coincheckでは、スマホアプリやインターネットから、簡単にリスク(LSK)を購入することができます。また、日本円から直接購入することが可能です。 Coincheckに口座を開設したら、日本円を指定する口座に現金を振り込みます。それがアカウントに反映されると、リスク(LSK)の購入や取引が可能となります。 まずはアカウントにログインし、ウォレットに移動します。その後、「コインを買う」のページで「リスク(LSK)」を選び、購入数を選択します。 価格が表示されたら「OK」をクリックして、購入は完了です。 リスク(Lisk/LSK)取引の口座開設から購入方法を解説 Coincheck リスク(Lisk/LSK)の取引にかかる手数料 リスク(LSK)だけでなく、仮想通貨の入金については、Coincheckでは入金手数料は無料になっています。 Coincheckから他のアカウントへ仮想通貨を送金すると手数料は0.1LSKとなりますが、送金先がCoincheckユーザーの場合は手数料が無料になります。 なお、日本円での出金手数料は、金額に関係なく一律407円となっています。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 リスク(Lisk/LSK)についてのまとめ これまでリスク(LSK)について説明してきましたが、どんな印象をお持ちになりましたでしょうか。 それぞれの仮想通貨の特徴を紐解き、そこから将来性という未来の可能性を眺めてみるのも良いでしょうし、難しい説明書を読み込むよりも、実際に取引をして送金してみたりすると、理解が促進されるかもしれません。 リスク(LSK)に魅力や将来性を感じた方は、まずは少額からでも仮想通貨の取引を始めてみてはいかがでしょうか。

昨今、日本でも仮想通貨ブームが起こり、テレビ、ネットなど様々な場面で「仮想通貨」という言葉を、一度ぐらいは目にしたことがあるかもしれません。 その中でもビットコイン(Bitcoin/BTC)については、仮想通貨の代表例として、多くの人が聞いたことがあるかもしれません。 今回はそのビットコインから派生した、ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後の将来性や特徴などについて、初心者向けにわかりやすくご紹介します。 目次 ライトコイン(Litecoin/LTC)とは? ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴 発行上限が約8,400万枚 ライトコイン(LTC)を管理する団体や組織は存在しない ブロック生成速度がビットコイン(BTC)より早い ライトニングネットワークの導入 ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後の将来性は? ライトコイン(Litecoin/LTC)の半減期について ライトコイン(Litecoin/LTC)取り扱いの仮想通貨の取引所は? 1. Coincheck(コインチェック)の概要 2. Coincheckの特徴 3. Coincheckの口座開設の方法 ライトコイン(Litecoin/LTC)についてのまとめ Coincheckの無料登録はこちら ライトコイン(Litecoin/LTC)とは? ライトコイン(LTC)は、2011年10月にビットコイン(BTC)のソースコードを基に、元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏によって発案された仮想通貨です。 ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)が抱えるトランザクション(取引)処理速度の問題などを解決する目的で開発されました。 ビットコイン(BTC)よりも身近で使いやすい仮想通貨を目指し、送金スピードをビットコイン(BTC)の4倍に改善したことが最大の特徴です。 また、ライトコイン(LTC)の通貨単位はLTCで、発行上限はビットコインの4倍の 8,400万枚で設定されています。 ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴 それでは、より詳しくライトコイン(LTC)の特徴を説明します。 発行上限が約8,400万枚 ビットコイン(BTC)の発行上限2,100万枚に対して、ライトコイン(LTC)の発行上限はその4倍の8,400万枚です。 この枚数の設定は、ビットコイン(BTC)と異なり、日常的な少額かつ高速決済に使われることを前提に設計されているためです。 ライトコイン(LTC)を管理する団体や組織は存在しない ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)と同じようにマイニングによって採掘され、多くの採掘者によってブロックチェーンのネットワークの安全性が保たれています。 そのため、政府や銀行などの中央管理体の意向に左右されない、非中央集権的な仮想通貨であると言われています。 しかし、仮想通貨の業界内には、ライトコイン(LTC)の開発や啓蒙活動を主に行っている「ライトコイン財団」が、実質的な実権を握っているとの声もあるようです。 また、創始者のCharlie Lee氏は同財団の代表を務めていることでも有名です。 ブロック生成速度がビットコイン(BTC)より早い ライトコイン(LTC)のブロック生成速度は、ビットコイン(BTC)と比較した場合、4倍程早くなっています。 ビットコイン(BTC)は1ブロックあたり約10分掛かりますが、ライトコイン(LTC)の場合は約2.5分という早さで済みます。 ライトコイン(LTC)は「Segwit」という技術をビットコイン(BTC)に先駆けて実装し、ブロックサイズの圧縮を実現しています。 「Segwit」を利用することでライトコイン(LTC)はスケーラビリティ問題を改善しました。 スケーラビリティ問題とは、ブロックサイズの制約やトランザクション(取引)容量などが原因で、データの処理すなわち送金が遅れてしまう問題です。 ライトニングネットワークの導入 また、「Segwit」を用いることで、ライトニングネットワークの導入が容易となりました。 ライトニングネットワークは、スケーラビリティ問題の大幅な改善が期待される技術として、現在も開発が進められています。この技術では、当事者間の取引をブロックチェーン外で行います。 最初と最後の取引だけがブロックチェーン上に記録され、毎回の取引をブロックチェーンで記録する必要がないため、少額かつ複数決済であったとしても手数料がほとんど発生しません。 また、ライトニングネットワークを利用することで、高速に処理を行うことができると言われています。本格的にライトニングネットワークが導入されれば、今まで以上にライトコイン(LTC)が利用しやすくなるかもしれません。 ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 Coincheck ライトコイン(Litecoin/LTC)の今後の将来性は? 今後のライトコイン(LTC)の将来性は、ライトコインを決済手段として採用する企業が増えると、ライトコイン(LTC)の価値はより高まることになるでしょう。 なぜなら、ビットコインよりも使いやすく実用性に優れているためです。 ビットコイン(BTC)が金であれば、ライトコイン(LTC)は銀であるとよく言われます。 例えば、アクセサリーでも、金やプラチナは非常に高価で簡単に購入することはできませんが、金より価値の低い銀(シルバー)は最も多くのアクセサリーで使われ、もう少し安価に購入することもできる身近な存在です。 実際にライトコイン(LTC)は、決済サービスへの実用化に力を入れています。速く安く安全に決済できる仮想通貨として、企業や決済サービスとの連携も進んでいます。 より日常的に使われることを目的として作られた仮想通貨がライトコイン(LTC)のため、仮想通貨が決済ソリューションとして普及することになれば、ビットコイン(BTC)よりもライトコイン(LTC)のほうが、一般に浸透する可能性もあります。 Coincheckの無料登録はこちら ライトコイン(Litecoin/LTC)の半減期について また、2019年8月頃は、ライトコイン(LTC)のマイニングの半減期になると言われています。 半減期とは、マイナーへ支払われる報酬が半減するタイミングのことです。ライトコイン(LTC)の場合、マイニングという採掘作業でのみ、新しいライトコイン(LTC)が発行されます。 ライトコイン(LTC)はあらかじめコインの発行枚数が決まっており、マイニングできる量も決まっています。インフレを防ぐため、その採掘者へ支払われる報酬が減るようになっています。 前回のライトコイン(LTC)の半減期は2015年8月に起きました。その2ヶ月ほど前から1度価格が急上昇しましたが、半減期を迎える頃には価格は安定し、その後はしばらく横ばいの相場になっていました。 次に起きる半減期にも同様の動きになるのではないかと予測されています。 ライトコイン(Litecoin/LTC)取り扱いの仮想通貨の取引所は? ライトコイン(LTC)を購入することができる仮想通貨の取引所として、初心者にも利用しやすい仮想通貨の取引所Coincheckをご紹介します。 1. Coincheck(コインチェック)の概要 Coincheckを運営するコインチェック株式会社は、2012年8月に設立され、2018年4月にマネックスグループにグループ入りした会社です。 マネックスグループは、東証一部にも上場しており、証券会社で実績のある大企業です。 2. Coincheckの特徴 Coincheckの主な特徴には、下記の点が挙げられます。 取扱い通貨の数が11種類とたくさんある(2019年12月時点) 取引画面が見やすく操作がしやすい 初心者でも簡単に取引ができる 最大年率5%の貸仮想通貨サービスがある コインチェックチャットがある Coincheckは、国内取引所の中では、かなり多くの銘柄を取り扱っています。また、投資の初心者でも使いやすいサービスとなっています。 3. Coincheckの口座開設の方法 Coincheckの口座開設方法はとても簡単です。以下の3つのSTEPでアカウントを作成することができます。 アカウント登録 SMS認証 本人確認書類の画像の提出 本人確認書類を提出後、登録した住所に届いたハガキを受け取れば、Coincheckでのすべてのサービスが利用可能となります。 セキュリティの観点から、登録後は「2段階認証」を必ず設定しておきましょう。 ライトコイン(LTC)の購入方法は?買い方と取引方法を解説 Coincheck ライトコイン(Litecoin/LTC)についてのまとめ ライトコイン(LTC)について簡単にまとめます。 ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨 ブロックサイズや発行上限を変更することで、ビットコイン(BTC)の抱える問題の解決を図った仮想通貨 ライトコイン(LTC)は決済サービスとしても力を入れている 半減期を迎える前には価格が動く可能性がある 仮想通貨は、Coincheckで500円などの少額から購入することができます。 買い物として使うもよし、資産の運用に回すのもよし、仮想通貨を購入する際は、目的をもって計画的に購入するのが良いでしょう。

数ある仮想通貨のなかで、特にネム(XEM)の取引をしたいと思っている人は、ネム(XEM)が今後どうなっていくのかを予想しておくことが重要です。 ネム(XEM)の将来を想定するためには、ネム(XEM)の特徴を把握しておく必要があります。ほかの仮想通貨とは異なる特徴が理解できれば、数ある仮想通貨のなかで生き残っていけるかどうかの判断がしやすくなるでしょう。 そこで、ネムの特徴や将来性などについてご紹介します。また、実際にネム(XEM)の取引を行う場合に必要となる購入方法についても合わせてご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 ネム(XEM)の概要 ネム(XEM)の仕組み PoI(プルーフ・オブ・インポータンス) ハーベスティング ネム(XEM)の主な特徴とは? 1. 低コスト 2. セキュリティレベルが高い 3. 送金スピードが早い 4. 大量保有者に報酬が偏らない 5. 送金にメッセージを組み込める ネム(XEM)独自のPoIアルゴリズムの詳細 PoI(Proof of Importance)とは PoW(Proof of Work)とは ネム(XEM)の今後に関わるカタパルトとは? ネム(XEM)の今後の将来性は? ネム(XEM)の購入時期はいつが良い? Coincheckではネム(XEM)が簡単に購入可能 コインチェックアプリでのネム(XEM)の購入方法 Coincheckのウェブ画面でのネム(XEM)の購入方法 ネム(XEM)は将来が期待されている仮想通貨の1つ ネム(XEM)の概要 ネム(XEM)は「新しい経済運動」を意味するプロジェクトである「New Economy Movement」(ニューエコノミームーブメント)の頭文字をとった名称です。また、通貨システムの名称でもあります。 ネムプロジェクトの目的は、機会の公平性や富の分散化、自由な取引の確保などです。誰でも使うことができ、特定の人が管理せず自由に取引できる仮想通貨システムを目指して作られました。 特定の者の富や権力が集中せず平等な仮想通貨システムができれば、経済はより発展していくというのがプロジェクトの考え方です。ネム(XEM)は、コミュニティ思考の仮想通貨でもあり、中央集管理者や特定の通貨保有者に力が集中しない平等な分散型プラットフォームの展開を目指しています。 ネム(XEM)の仮想通貨システムは、2015年に公開されました。仮想通貨の代表格であるビットコイン(BTC)は、発行数量の上限に向かって新規発行が続きますが、ネム(XEM)は公開時にすべての通貨が発行され、一定の投資家に配分された点が異なります。 そのため、新規発行が行われない仕組みです。ネムで発行される通貨の名称は、XEM(ゼム)です。ただし、ネム(XEM)という名称が有名になったため、そのまま通貨の名称として使われている場合もあります。 ネム(XEM)の仕組み ネム(XEM)を理解するにあたっては、通貨システムの稼働を支えている仕組みについて理解することが必要です。ネム(XEM)の仕組みのポイントは、PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)とハーベスティングです。 PoI(プルーフ・オブ・インポータンス) 仮想通貨システムが稼働していくためには、取引履歴の正当性を検証・承認する必要があります。この検証と承認の作業を行う人を、ネム(XEM)に対する重要度の大きさで選ぶ仕組みになっていることがポイントです。 この独自の取引検証アルゴリズムは、ネム(XEM)が持つ大きな特徴だと言えます。ネム(XEM)に対する重要度は、主にネム(XEM)の保有量と取引量で判断され、条件を満たす承認者がランダムに選ばれる仕組みです。承認者が取引承認を行うことで手数料が発生します。 ネム(XEM)の取引検証・承認に対して支払われる報酬は、ネム(XEM)です。仮想通貨を報酬として受け取る点は、マイニングによってビットコイン(BTC)を報酬として受け取るビットコインシステムと同じだと言えます。 ハーベスティング しかし、ネム(XEM)ではマイニングではなく収穫を意味する「ハーベスティング」と呼ばれる方法で取引検証・承認が行われることが特徴です。 ハーベスティングによる取引検証・承認の報酬として支払われるネム(XEM)は、新規発行されるのではなく、通貨システム利用者が手数料を負担することで報酬が支払われます。 ネム(XEM)の主な特徴とは? ネム(XEM)には、PoIやハーベスティング以外にも特徴がありますので、代表的なものを5つほどご紹介します。 1. 低コスト 1つ目は、低コストであることです。 仮想通貨はネット上でのみ存在する通貨であるため、送金は電子データの生成だけで行うことができ、コストがほとんどかからないことが特徴です。中でもネム(XEM)は、PoIという取引検証アルゴリズムを採用することで、より低コストで稼働する通貨システムを実現しています。 2. セキュリティレベルが高い 2つ目は、セキュリティレベルが高いことです。 ネム(XEM)では、特殊なアルゴリズムによって通貨システムに接続しているコンピュータの動作監視を行っています。悪意のある接続者などを排除できるため、ネム(XEM)のセキュリティレベルは高いと言われています。 3. 送金スピードが早い 3つ目は、ビットコイン(BTC)などの他の仮想通貨と比べて、送金スピードが早い点が挙げられます。 ビットコイン(BTC)の場合は取引の承認に約10分程度かかってしまいますが、ネム(XEM)の場合はビットコイン(BTC)とは異なるコンセンサスアルゴリズムを用いているため、送金スピードが早くなっています。 4. 大量保有者に報酬が偏らない 4つ目は、ネム(XEM)の大量保有者だけに、ハーベスティングの報酬が偏らないように配慮されていることです。 通貨の保有量だけでハーベスティングの権利が得られるとなると、特定の大口投資家ばかりが権利を得ることになります。 ネム(XEM)では、コンセンサスアルゴリズムにPoIを採用することで、取引量も考慮する仕組みにすることで、権利の集中を抑えています。 5. 送金にメッセージを組み込める 5つ目は、送金取引などにメッセージを組み込める仕様になっていることです。 なお、取引所へ送金する場合は、この仕組みを利用してメッセージをつける必要があります。 ネム(XEM)独自のPoIアルゴリズムの詳細 ネム(XEM)の将来性を予測するうえでは、ネム独自の取引検証アルゴリズムであるPoIについて詳しく理解しておくことも重要です。 PoI(Proof of Importance)とは PoIは、Proof of Importanceの頭文字をとった用語で、直訳すると「重要度による証明」ということになります。 ハーベスティングの参加者を決めるにあたって、重要度で判断するという意味です。ネムプロジェクトの目的のひとつに、権利が集中しない通貨システムを実現があります。 PoIは、この点を実現するために欠かせない役割を果たしているのです。PoIアルゴリズムでは、ハーベスティングの権利付与の判断や発言権の大きさが重要度によって判断されます。 また、単にネムを大量に保有しているだけでは、通貨システムに十分貢献しているとはみなされないこともポイントです。さまざま取引相手と取引を重ね、取引量を増やすことによって重要度が上がる仕組みになっています。 PoW(Proof of Work)とは ビットコイン(BTC)などで採用されているアルゴリズムは、PoW(Proof of Work)です。PoW(プルーフ・オブ・ワーク)では、誰でも取引検証に参加できます。 しかし、多くのマシンパワーを投入できた人が有利になる仕組みです。大量のマシンパワーを投入できる者は限られるため、結果的に取引検証を行う者の寡占化が発生しました。 PoIによるハーベスティングは、こういった寡占化を防ぐことを目的とした仕組みです。 仮想通貨のPoWとは?仕組みや種類・代表例なども紹介 Coincheck ネム(XEM)の今後に関わるカタパルトとは? ネム(XEM)の将来を想定するにあたっては、重要なイベントについて知っておくことも必要です。ネム(XEM)については、カタパルトの実装という大きなイベントが控えています。カタパルトの本来の意味は、飛行機射出機、発射台です。 ネム(XEM)のカタパルトとは、アップデートのことを意味しています。アップデートの規模が大きく、これまでとは全く異なるハイレベルにネムシステムを打ち上げることをイメージして、カタパルトという言葉が使われたのです。 ネム(XEM)のカタパルトのポイントは、画期的な技術を実装することで、仮想通貨のなかでもトップクラスの性能を誇る通貨に生まれ変わることです。具体的には、プライベートチェーン環境では1秒あたり4,000件の処理が可能になるとされています。 また、カタパルトのメリットは、処理速度の向上だけではなく、セキュリティ強化にも有効であることです。アグリゲート・トランザクション機能と呼ばれる複数取引をまとめて行う機能が追加されることで、取引の安全性が向上するといわれています。 カタパルト実装に成功すれば、ネム(XEM)の性能アップに伴って価値が上昇する可能性があるでしょう。 Coincheckの無料登録はこちら ネム(XEM)の今後の将来性は? ネム(XEM)の今後の可能性を検討する場合、カタパルトの実行が大きな影響を与えます。 カタパルトによって新技術が実装され、仮想通貨としての性能が上がることによって、ネム(XEM)の評価は高まるでしょう。そうなれば、ネム(XEM)の需要が増加して、価格も上昇する可能性はあります。 また、ネム(XEM)の性能が向上し、仮想通貨としての利用可能範囲が広がって普及が進むことによっても、需要の増加は生じます。広く普及することによる需要増加も、ネム(XEM)の価値上昇に一役買うでしょう。 さらに、ネム(XEM)の特徴であるコミュニティの存在やPoI・ハーベストに代表される独自技術は、ほかの仮想通貨との差別化につながります。差別化は、生き残りにおける重要な要素です。 コミュニティがさらに発展するとともに新技術が導入されていけば、ほかの仮想通貨にはない特徴を備える存在になっていきます。そうなれば、ネム(XEM)は将来に渡って生き残っていける通貨となるかもしれません。 ネム(XEM)の購入時期はいつが良い? 長期的な視点でネム(XEM)の価値上昇を信じている方は、いつネム(XEM)を購入するかはそれほど大きな問題ではないかもしれません。 なぜなら短期的に生じる価格変動は問題にするポイントではないからです。しかし、一般的には、資産価値が上昇したときの利益が大きくなるため、できるだけ安い価格で購入したほうが有利です。 2018年末時点で、ネム(XEM)の価格は、過去の価格水準と比較すると低迷している状態にあります。単純に過去の水準との比較においては、割安で買い時だと考えることも可能です。 ただし、2018年末の価格が最低水準で、これ以上価格が下がらない保証がないことにも注意が必要です。また、仮に2018年末の価格水準が最安値だったとしても、次の価格上昇がいつになるかについて、誰も正確な予想はできないことも認識しておく必要があります。 Coincheckではネム(XEM)が簡単に購入可能 ネム(XEM)を購入するにあたっては、仮想通貨の取引所Coincheckに口座を開設する必要があります。 すべての仮想通貨の取引所でネムを取り扱っているわけではないため、取引所選びに際しては、取り扱い通貨を確認することが大切です。 日本には複数の金融庁に登録された、仮想通貨の交換業者があります。Coincheckは、ネム(XEM)の取り扱いがある国内大手の取引所の1つで、金融庁に登録された仮想通貨交換業者の1社です。 Coincheckで口座開設すれば、簡単にネム(XEM)を購入することができます。Coincheckでネム(XEM)を購入する場合は、Coincheckに銀行振込で日本円を入金し、そこから購入したいネム(XEM)の数量を指定するだけで、簡単に購入可能です。 ウェブ画面だけでなく、スマホアプリからでも購入できますので、その方法をご紹介します。 コインチェックアプリでのネム(XEM)の購入方法 コインチェックアプリを利用することで、常に持ち歩いているスマホでネム(XEM)を購入できます。スマホで取引ができれば、取引タイミングを逃さずに取引が可能です。 購入する場合は、アプリを立ち上げてトップ画面から「ネム(XEM)」を選択します。その後、右下の「購入」をタップします。 そうすると画面が切り替わり、購入価格が表示されます。価格を確認したら、購入数量を入力します。 数量を入力すると、日本円金額が表示されますので、数量などに間違いがないかどうかを最終確認します。最後に「JPYでネム(XEM)を購入」をタップすれば購入完了です。 購入処理が終わったら、資産残高一覧でネム(XEM)の残高が増加していることを確認しておきましょう。 Coincheckのウェブ画面でのネム(XEM)の購入方法 パソコンを使ってCoincheckのウェブサイトで購入する場合は、画面の上部に表示されている「ウォレット」を選択することから始めます。その後「コインを買う」をクリックして、購入通貨であるネム(XEM)を選択します。 あとは、購入したいネム(XEM)の数量を入力するだけです。数量の入力を行うと、取引価格に基づく購入金額が表示されます。 数量の桁間違いがないかどうかなどは、購入金額を見ることで確認可能です。最後に「購入する」をクリックすれば、購入処理は完了します。 なお、ネム(XEM)購入の対価を日本円で支払うだけでなく、すでに保有しているビットコイン(BTC)で支払うことも可能です。 保有しているビットコイン(BTC)で支払う場合は、交換する通貨で「BTC」を選択します。数量の入力後に表示される通貨数量を確認して「OK」をクリックすれば、ビットコイン(BTC)でネム(XEM)を取得することが可能です。 Coincheckが指定する価格で購入する販売所を利用すれば、最小限の操作で、すぐに簡単にネム(XEM)を購入できます。 ネム(NEM/XEM)購入方法・買い方・口座開設・取引方法を解説 Coincheck ネム(XEM)は将来が期待されている仮想通貨の1つ 2018年末時点でのネム(XEM)の価格は、過去の価格水準から比較すると割安で推移していた状況でした。しかし、大型アップグレードであるカタパルトが実行されれば、通貨の性能が格段に向上すると言われている状況です。 他の通貨と比較すると、送金スピードやセキュリティの面で優位に立つ仮想通貨になると期待されています。その結果、需要が増加して価格が上昇する可能性もあります。 ネム(XEM)に興味がある人は、まずネムを取り扱っているCoincheckで口座開設を済ませて、いつでもネム(XEM)を売買できる体制を整えておくことと良いでしょう。 その上で、ネム(XEM)の動向を報じるニュースなどをしっかりチェックして、ネムを購入するタイミングを逃さないようにしましょう。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)は、2017年にビットコイン(BTC)から分岐した仮想通貨です。ビットコイン(BTC)とは異なった特徴を持っており、将来性のある仮想通貨の1つとして注目されています。 今回は、現在多くの投資家から注目を集めているビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)について、特徴や将来性などを詳しくご紹介していきたいと思います。 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の誕生の経緯とその特徴 ビットコイン(BTC)の取引処理速度は、ネットワーク状況にもよりますが、毎秒7件ほどと言われています。 対して、クレジットカードは毎秒数千件の取引を処理しており、ビットコイン(BTC)の実用化を検討する上で、取引処理速度が圧倒的に不十分な水準であることが問題視されてきました。 加えて、ビットコイン(BTC)価格の高騰に伴い取引量が増加し、ネットワークが混雑し取引処理速度がさらに遅くなるという事態も発生しました。 そのようなことから当時のビットコイン(BTC)の仕様に疑問を持つ人が増え、ビットコイン(BTC)の取引処理速度を向上させるために、仕様のアップデートを行う機運が高まりました。 2017年8月にビットコイン(BTC)から分岐 そして、2017年にビットコイン(BTC)コミュニティは、そのアップデート方法を巡って内部で対立することになります。 結果、取引処理速度の改善を図るために、取引容量を圧縮するビットコイン(BTC)と、取引を記録するブロック容量を拡大するビットコインキャッシュ(BCH)とに同年8月に分裂しました。 ビットコインSV(BSV)の誕生 この時に誕生したビットコインキャッシュ(BCH)コミュニティは、2018年11月に同じく仕様の変更内容を巡って対立が生じ、Bitcoin ABCというチームを中心としたビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインSV(BSV)とに分裂しました。 一時期「ハッシュ戦争」と言われるまで混乱が起こりましたが、現在では両者の対立も落ち着いています。 ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の違いは? ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の主な違いには何があるのでしょうか。その主な違いについて、いくつかご紹介します。 1. スケーラビティ問題の解決 ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)の欠点を改善するために誕生しました。その大きな欠点の1つが「スケーラビリティ問題」です。 スケーラビリティ問題を一言で説明すると、「取引処理能力の問題」のことになります。ビットコイン(BTC)を使用する人が増えれば増えるほど、取引処理が追いつかず送金時間が長くなり、手数料も高騰するなどの多くの問題が生じます。 ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)では1MBだったブロック容量を2018年時点では32MBに拡大することで、ビットコイン(BTC)が抱えていたスケーラビティ問題を改善しました。 そのため、ビットコインキャッシュ(BCH)は取引処理速度を維持しやすく、商業決済分野などで強みを発揮していると言われています。 2. マイニング難易度調整システムを導入 ビットコインキャッシュ(BCH)を含む多くの仮想通貨では、取引を確定させるためにマイニング作業が必須になっており、安定的な取引を行うためマイニングの難易度を調整する仕組みを取り入れています。 ビットコイン(BTC)では約2週間に1度のペースで、マイニングの難易度調整が行われます。一方で、ビットコインキャッシュ(BCH)では10分に1度と短い間隔で行われるため、急激なハッシュレートの変化にも対応することができます。 3. 送金手数料が安い ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)に比べて送金手数料が安く抑えられるのが特徴です。 ビットコイン(BTC)では、ネットワークの混雑により手数料が高騰し、一時期は一度の送金で数千円かかることもありました。 しかし、ビットコインキャッシュ(BCH)はネットワークの平均的な送金手数料が1円以下に抑えられており、日常的な決済に使いやすい仮想通貨となっています。 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)取り扱いの取引所 ビットコインキャッシュ(BCH)は、送金手数料が安く送金速度も速いことなどから、注目を集めている仮想通貨です。時価総額も仮想通貨の上位に位置するなど、主要な仮想通貨の1つと言うことが出来ます。 そんな、ビットコインキャッシュ(BCH)を購入する場合、基本的には仮想通貨の取引所から購入を行います。 Coincheckがおすすめな理由 国内大手取引所の一つであるCoincheckは、2018年11月のハードフォークにより一時停止していたビットコインキャッシュ(BCH)の売買と入出金を、同月27日に再開しました。 Coincheckは、サイトが分かりやすいデザインになっていることが特徴です。また、ビットコインキャッシュ(BCH)だけでなく、様々なアルトコインを初心者でも簡単に売買をすることができます。 価格の上下を示すチャートも見やすい作りになっているので、仮想通貨の取引に慣れていない方でも、安心してCoincheckから取引を始めることができます。 Coincheckの口座開設はこちら ビットコインキャッシュ(BCH)取引の口座開設から購入方法はこちら ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の将来性は? ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)の欠点だった決済スピードの遅さを改善し、より多くの人が日常的に決済することができる仮想通貨を目指しています。 決済スピードが早く取引手数料が安いことは、ビットコインキャッシュ(BCH)の強みとなっています。 ビットコイン(BTC)が抱えていた問題を一つのアプローチから改善を試みていることから、今後さらにビットコインキャッシュ(BCH)への注目が集まる可能性があります。 決済サービスでも利用されている また、Amazonの商品を暗号通貨で購入することで数%の割引も得ることが可能な「Purse」と呼ばれる決済サービスでも、ビットコインキャッシュ(BCH)は利用することができるようになっています。 このPurseは、例えばAmazon商品券を持っていても使い道がない方と、ビットコインキャッシュ(BCH)を持っていてAmazonでの買い物を検討している方がつながることができ、それぞれのニーズを満たすことができるマッチングサービスにもなっています。 機能のアップデートを繰り返している さらに、ビットコインキャッシュ(BCH)は臨機応変にアップデートを繰り返しているため、今後さらに実用的な通貨となることが期待されています。 実際に店舗やサービスなどでもビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いが始まっていることなどからも、ビットコインキャッシュ(BCH)が今後さらに普及することで、価格が上昇していく可能性もあるでしょう。

イーサリアム(ETH)といえば、数ある仮想通貨の中でも第二のビットコイン(BTC)と呼ばれることもあるほど、人気の高い通貨です。 そんな、人気のイーサリアム(ETH)から分岐して誕生したのが、イーサリアムクラシック(ETC)です。 今回は、イーサリアムクラシック(ETC)の誕生の経緯や特徴、今後の将来性などについて焦点を当てて詳しくご紹介していきたいと思います。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)誕生の経緯 2016年に、イーサリアム上に作られた「The Dao」というサービスが、ハッキングにより約360万ETH(当時65億円相当)もの資金を盗まれる事件が起きました。 この時の被害額は同サービスがイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で調達した総額約150億円の1/3以上に当たります。 この事件発生を受けて、イーサリアム(ETH)の開発チームは「ハードフォークによって不正送金が行われる前の状態に戻す」という手段で解決を図りました。 イーサリアム(ETH)がハードフォーク この解決案は、イーサリアム(ETH)のデータをハッキング前の状態に戻すことによって、ハッキング自体をなかったことにする仕様変更のことで、「ハードフォーク案」と呼ばれています。 最終的にハードフォーク案が実行されたことで、The Dao事件は解決したかのように見えました。しかしながら、イーサリアム(ETH)の開発チームによる介入が非中央集権的な仮想通貨の理念に反するとして、一部のコミュニティが反発を示しました。 これによりイーサリアム(ETH)コミュニティは、ハードフォーク案を主張したイーサリアム(ETH)と、非中央集権性を重視し何もしないことを主張したイーサリアムクラシック(ETC)に分岐しました。 イーサリアムクラシック(ETC)が誕生 このように、The Dao事件をきっかけに、本家イーサリアム(ETH)の性質をそのまま受け継いだ新しい仮想通貨として、イーサリアムクラシック(ETC)が誕生したのです。 イーサリアムクラシック(ETC)は、分裂以降独自の機能がどんどん付け加えられてきており、将来有望な仮想通貨としても注目されています。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の主な特徴 それでは、本家イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)はどのような違いがあるのかをご説明したいと思います。 1. 非中央集権が元になっている TheDAO事件の解決案を巡っては、全体のおよそ1割程度が「ハッキングされたデータは残しておくべき」と主張しました。 そして、彼らイーサリアムクラシック(ETC)コミュニティの理念は「code is low」、直訳すると「プログラムコードこそが法律である」となります。 つまり、ブロックチェーン上で最も支配権があるのは「プログラムコードである」という考え方になります。 そのため、イーサリアムクラシック(ETC)のブロックチェーン上には、非中央集権的な前提を壊さないように、現在でもハッキングデータが改善されずに残っています。 2. イーサリアム(ETH)と異なる利用用途 イーサリアム(ETH)はスマートコントラクトという技術を導入した、自律分散型アプリケーション開発プラットフォームの提供を目指して開発を進めています。 一方で、イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)と同様にスマートコントラクト機能は備えていますが、IoT(Internet of Things)プラットフォームとしての役割として開発を進めています。 現に、自律分散型アプリケーションの開発にはイーサリアム(ETH)を利用することが主流で、イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)とは別の利用用途を目指すことで差別化を図っています。 3. 発行上限がある イーサリアム(ETH)は、通貨の発行上限を定めていないことが特徴として上げられます。一方、イーサリアムクラシック(ETC)は、約2億1000万ETCから約2億3000万ETCが発行上限として定められていることも特徴です。 一般的に発行上限がない通貨は市場の供給量が増えると価値が下がり、発行上限のある通貨は市場の供給量が減り続けると価値が上がります。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)を購入するには? イーサリアムクラシック(ETC)を購入するには、まずは仮想通貨の取引所に口座開設が必要です。 国内大手の取引所の1つであるCoincheckでは、イーサリアムクラシック(ETC)を含めて、様々な仮想通貨を取り扱っています。 仮想通貨を初めて購入する場合、簡単な手続きで安心して取引できることが重要になりますが、Coincheckはとにかくシンプルで、初心者であっても使いやすいのが特徴です。 また、見やすいチャートや取引画面があったり、操作性の高いアプリがあったりするため、スマホからでも簡単に仮想通貨の購入が可能です。 Coincheckのアカウント登録はこちら イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の今後の将来性について イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを利用しつつ、スケーラビリティ問題に対応することで、IoT(Internet of Things)分野での活用に焦点をあてた開発が進められています。 スマートコントラクトにおける分野では、完全にイーサリアム(ETH)が権力を握っているとも言えます。そのため、イーサリアムクラシック(ETC)が同じ特性でイーサリアム(ETH)と張り合っても勝ち目は薄いと言えるでしょう。 そのようなことから、イーサリアムクラシック(ETC)はIoT(Internet of Things)分野という新しい分野へ、方向転換を行ったようです。 IoT分野について IoT(Internet of Things)分野では多様なセンサーを接続して膨大な量のデータを処理することから、接続するセンサーの数が多くなってもデータの処理能力が悪化しないような性能が必要になります。 また、イーサリアムクラシック(ETC)では、The DAO事件の経験からセキュリティが非常に高くなっています。セキュリティを高くするとIoT(Internet of Things)との相性が良くなると言われています。 このように、イーサリアムクラシック(ETC)では、ブロックチェーン技術とIoT技術とを融合させたシステムの構築が進められています。 サイドチェーン 加えて、イーサリアムクラシック(ETC)では、サイドチェーンの実装を目指しています。サイドチェーンとは、メインチェーンとは別のブロックチェーンを利用することで様々な機能を実現しようとする技術です。 サイドチェーンが実装されれば、これまで以上にスマートコントラクトをスムーズに使用することができます。このようなことから、イーサリアムクラシック(ETC)は将来性の高い仮想通貨と言われています。 2017年12月の仮想通貨ブームがピークに達したときには、イーサリアムクラシック(ETC)は高値を更新し、分裂当初の価格から40倍以上にまで価格が高騰しました。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)についてのまとめ イーサリアムクラシック(ETC)の特徴をまとめると、主に下記が挙げられます。 イーサリアム(ETH)から分裂した仮想通貨 イーサリアム(ETH)と同じスマートコントラクトに対応 IoT(Internet of Things)分野へ進出することでイーサリアム(ETH)と差別化 今後、サイドチェーンの実装や分散型アプリケーション開発などプラットフォームとしても期待ができる仮想通貨となっています。 一時は、イーサリアム(ETH)と分裂したことで将来性はほとんどないとされていましたが、イーサリアム(ETH)との差別化を図ることで、再び注目される仮想通貨となっていると言えるでしょう。

「イーサリアムは将来的に儲かるの?」「イーサリアムは今後どうなるの?」「イーサリアムを購入するのにおすすめの取引所は?」 この記事ではこんな疑問にお答えします。 現在1,000種類以上の仮想通貨が存在していますが、イーサリアム(ETH)は時価総額2位の代表的な仮想通貨です。(2019年10月30日時点、32位はリップル(XRP)) そんな人気の仮想通貨であるイーサリアムの特徴や将来性について、検証してみたいと思います。 イーサリアムの今後と将来性 イーサリアムは将来性が期待されています。 一番の要因として、アメリカの格付け機関Weiss Ratingsの仮想通貨格付けのなかで高い評価を獲得していることが挙げられます。 多くの大企業がイーサリアムの参入に乗り出しているため、将来的に価値が向上していくことが市場から期待されているのです。 また、ETF(上場投資信託)へ上場することが実現すれば多額の資金が流入し、イーサリアムの成長にもつながると考えられています。 世界屈指の投資家達もイーサリアムの価格は高騰すると予想する人が多いことも将来性が高まる要因と言われています。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の特徴は?スマートコントラクトについて イーサリアムはヴィタリック・ブテリンによって2013年に設計されました。イーサリアムは「スマートコントラクト」という、ビットコインには無い機能を兼ね備えているのが大きな特徴です。 ビットコインでは、個人情報を除いたコインの取引記録のみをブロックチェーン上に記録しています。 一方、イーサリアムの場合、「契約情報」や「履行条件」などといった複雑な情報もブロックチェーン上に記録することができます。 例えば、AさんがB店でレンタルDVDを借りた場合、ビットコインでは「AさんがB店にレンタル代金として1,000円を支払った」という情報だけがブロックチェーン上に記録されます。 それに対してイーサリアムの場合は、取引記録だけでなく「6日間のレンタル」や「Aさんが返却を遅れたら延滞料金を支払う」などといった履行情報や契約内容なども記録することができます。 イーサリアムの特徴 イーサリアムの特徴として代表的なのが、スマートコントラクトを導入していることです。スマートコントラクトを利用すれば、時間や手数料などを抑えて自動契約を行うことが可能になります。 また、イーサリアムはDapps(分散型アプリケーション)のプラットフォームとなる特徴があります。Dapps(分散型アプリケーション)のメリットは、中央集権を必要とせずに高い安定性を誇ることです。 ERC20トークンは、イーサリアムのブロックチェーンで生成されるトークンプラットフォームのことを指します。ICO(トークンセール)において、ERC20トークンは資金調達をするのを目的として利用されています。 イーサリアムとビットコインの大きな違いには、用途が挙げられるでしょう。ビットコインは決済用の仮想通貨として誕生したことに対し、イーサリアムは開発のために用いられるプラットフォームとして開発されました。 ブロック作成時間がビットコインでは約10分であることに対し、イーサリアムは約12秒であることも大きな違いだといえます。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? イーサリアムのマイニングについて イーサリアムのマイニングには、2019年2月時点でPoW(プルーフオブワーク)を元にしたEthash(イーサ)と呼ばれるアルゴリズムが導入されています。 PoWで新規発行される仮想通貨を得るためには、世界中のマイナー達のなかでも最も早くマイニングする必要があります。パソコンの電力や容量がマイニングのスピードを左右することが特徴であるため、個人よりも大企業などの方が有利です。 マイニングデバイスであるASIC Boostの大規模なマイニングは、個人のマイニングをする人達から苦言を呈されていました。大規模なマイニング対策としてASIC体制を備えたのが、Ethash(イーサ)です。 イーサリアムは、通貨の保有期間などに応じたブロック承認の優先権が与えられるPoS(プルーフオブステーク)への移行も検討されています。 スマートコントラクトが生活に与える影響として考えられるのが、ネット投票が実現したり保険の支払いが自動的に行われたりすることです。 それらは、日常のなかで利用されることを目指し、実証実験が行われています。スマートコントラクトの利用のなかでも注目を集めているのが、オラクルです。 オラクルとはネットワーク内に情報を提供する仕組み オラクルとはブロックチェーンの外部にあるデータや情報などを取得することで、ネットワーク内に情報を提供する仕組みを指します。 イーサリアムは決済スピードが速いため、決済通貨としての利用が拡大していくことが見込まれています。送金手数料の高騰などのリスクが抑えられることで、決済通貨として採用されるでしょう。 DApps(分散型アプリケーション)においては、金融やゲームなどの分野において開発されヒット商品も出ています。DAppsを利用したゲームでは、ゲーム内通貨が仮想通貨であったり資産を得られたりするケースもあります。 生き物育成趣味レーションゲームのくりぷトンでDApps(分散型アプリケーションが利用されたことにより、大きな注目を集めました。 くりぷトンは100円以下の初期費用で始めることができるため、仮想通貨初心者も利用しやすいといえるでしょう。猫を育成できるCryptoKitties(クリプトキティ)もDAppsを利用したゲームのなかでも人気が高いことが特徴です。 猫を交配させて売買することで、希少価値が高い猫を得られるケースもあります。利益を得るためだけではなく、アバターとしての要素もあることが長くヒットしている理由だといえるでしょう。 物流や生態認証などの分野でも、DApps(分散型アプリケーション)は大きな成長を遂げることが予想されています。 イーサリアムが生活に与える影響 スマートコントラクトが生活に与える影響として考えられるのが、ネット投票が実現したり保険の支払いが自動的に行われたりすることです。 それらは、日常のなかで利用されることを目指し、実証実験が行われています。スマートコントラクトの利用のなかでも注目を集めているのが、オラクルです。 オラクルとはブロックチェーンの外部にあるデータや情報などを取得することで、ネットワーク内に情報を提供する仕組みを指します。 イーサリアムは決済スピードが速いため、決済通貨としての利用が拡大していくことが見込まれています。送金手数料の高騰などのリスクが抑えられることで、決済通貨として採用されるでしょう。 DApps(分散型アプリケーション)においては、金融やゲームなどの分野において開発されヒット商品も出ています。DAppsを利用したゲームでは、ゲーム内通貨が仮想通貨であったり資産を得られたりするケースもあります。 生き物育成趣味レーションゲームのくりぷトンでDApps(分散型アプリケーションが利用されたことにより、大きな注目を集めました。 くりぷトンは100円以下の初期費用で始めることができるため、仮想通貨初心者も利用しやすいといえるでしょう。猫を育成できるCryptoKitties(クリプトキティ)もDAppsを利用したゲームのなかでも人気が高いことが特徴です。 猫を交配させて売買することで、希少価値が高い猫を得られるケースもあります。利益を得るためだけではなく、アバターとしての要素もあることが長くヒットしている理由だといえるでしょう。 物流や生態認証などの分野でも、DApps(分散型アプリケーション)は大きな成長を遂げることが予想されています。 イーサリアム(Ethereum/ETH)とビットコイン(BTC)の違い イーサリアムで行われる取引内容は、ビットコイン同様、分散型ネットワークであるブロックチェーンに書き込まれます。つまり、取引記録だけでなく、スマートコントラクトの内容も、不特定多数の人の目に常時さらされています。 そのため、取引のみならず、スマートコントラクトの中身である契約内容も、偽造や改ざんなどが難しく、信用性の高さを確保することが可能です。 ビットコインの場合は「決済」をしやすい作りとなっており、カスタマイズ性はありませんが、イーサリアムよりもシンプルな設計です。 一方で、イーサリアムは、複雑なやり取りを記録することができ、好きな決まり事の上で仮想通貨のやり取りを記録することができます。 独自のルールを追加しやすい作りとなっているため、カスタマイズ性は高いですが、ビットコインよりも設計が難しく、その分ルールも多いです。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)の特徴は?ビットコイン(BTC)との違い イーサリアムの時価総額 イーサリアムの時価総額はビットコインに次いで第2位(2019年10月時点)であり、世界中のトレーダーからも注目を集める仮想通貨だといえます。 2017年3月頃までのイーサリアムの価格は、1ETHが1000円弱ほどでした。2017年4月から7月頃には大きく価格が上昇し、1ETHあたり4万円前後に高騰しています。 その後、仮想通貨バブルを迎え2017年末から2018年初頭には1ETHあたり18万円前後までの価格上昇を記録しています。 仮想通貨バブル以降は国内の仮想通貨取引所のハッキング事件をきっかけに、イーサリアムの価格は急落しました。2019年は1ETHあたり1万円前後まで価格が下がった時期もありましたが、2019年8月には1万7000円ほどの価格に落ち着いています。 イーサリアムは価格が急落した後も開発途上であり、保有しておくことで投資利益を得られる可能性を秘めた仮想通貨だといえるでしょう。 イーサリアムの4つのアップデートが完了することで、利便性や送金スピードはさらに高まります。アップデートの最終段階であるセレ二ティと呼ばれるPoS(プルーフオブステーク)が実装されることで、価格上昇することが予想されています。 イーサリアムを購入する場合には、アップデートが完了する前に入手しておくのが良いでしょう。大手企業がイーサリアムをバックアップしていることも、イーサリアムの価値を押し上げている要因の1つだといえます。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の今後の将来性は? ビットコインに次ぐ通貨として注目されているイーサリアムは、数多くの取引所でも取り扱いされています。 DApps(分散型アプリケーション)のプラットフォーム また、投資対象としてだけでなく、イーサリアムの特徴であるDApps(分散型アプリケーション)のプラットフォームとしても注目が集まっています。 今後、仮想通貨の世界では、イーサリアムを用いたアプリやゲームなど、様々なものが生まれると予測されています。その意味では、ビットコインとは違う機能性や利便性を持つイーサリアムの将来性は十分に期待できると言えるでしょう。 さらに、イーサリアムは技術的なアップデートを繰り返しているのも特徴で、これからセレニティーと呼ばれるアップデートが完了すれば、利便性はさらに向上すると考えられています。 EEA(イーサリアム企業連合) 他にも、イーサリアムの技術を研究・開発している企業連合であるEEA(イーサリアム企業連合)には、日本の大手企業トヨタ自動車の子会社であるTRI(Toyota Research Institute)、Microsoft、インテル、三菱UFJフィナンシャルグループなど、さまざまな世界的な有名企業が参加をしています。 大手企業がイーサリアムに着目しているということは、期待の裏返しと考えることもできます。イーサリアムの技術が様々な場面でいかされるのも、遠い未来の話ではないのかもしれません。 イーサリアム(Ethereum/ETH)が購入できる場所は? イーサリアムをはじめとした仮想通貨を購入する場合、基本的に仮想通貨交換業者を利用する必要があります。 仮想通貨交換業者とは、販売所と取引所の両方、もしくは、販売所・取引所のどちらか一方をもっている会社のことです。販売所と取引所の違いは「購入先」です。 販売所はCoincheckなどの仮想通貨交換業者から直接、仮想通貨を売買します。一方で取引所では、個人間で直接、売買を行う形式になります。 Coincheckでイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入するまでの流れ Coincheckでは簡単なステップで、イーサリアムをはじめとした仮想通貨を購入することができます。 今回はCoincheckでイーサリアムを購入するまでの流れをご紹介します。 1. アカウント登録 まず、Coincheckのアカウントを作成します。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckの新規登録ページでメールアドレスとパスワードを設定すると、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。 届いたメールに記載されているURLにアクセスすれば、アカウントの新規作成完了です。 2. SMS認証 Coincheckでは、本人確認にあたってまずはSMS認証を行っています。 Coincheckのアカウントにログインして「本人確認を提出する」をクリックし、電話番号を入力します。携帯電話に送られてきた6桁の認証コードを入力すれば、SMS認証が完了となります。 3.本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について 4. 日本円を入金する イーサリアムを購入するには、Coincheckのアカウントにログインして日本円を入金する必要があります。銀行振込などで日本円の入金を行います。 入金が確認できたら、仮想通貨の購入をすることが可能になります。 イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら イーサリアム(Ethereum/ETH)にかかる手数料について イーサリアムをはじめとした仮想通貨の取引を行うには、各種手数料が掛かります。 入金手数料と出金手数料 Coincheckでは、入金を銀行振込で行う場合、入金手数料が無料(振込手数料はお客様負担)です。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 Coincheckの口座から日本円に出金するときの出金手数料は、1回につき400円ほどかかります。 送金手数料 また、Coincheckの口座からCoincheck以外の仮想通貨口座に送金する場合は、仮想通貨の種類によって異なりますが、イーサリアムの場合0.01ETHが掛かります。 なお、Coincheckユーザー同士の送金手数料は無料です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 イーサリアムの保管ウォレットとは イーサリアムのような仮想通貨は、仮想通貨取引所に保管した場合でも第三者からハッキングされ資産を失う可能性もあります。自身でイーサリアムを保管するためのウォレットをもち、安全に保管することが必要です。 イーサリアムに向いているウォレットには、tokenPocket(トークンポケット)があります。8000種類以上のトークンで利用することが可能であるため、多くの種類の仮想通貨取引を行いたいトレーダーから選ばれています。 他のウォレットとも連携可能なTREZOR(トレザー)も、ハード型ウォレットとしてトレーダーから高い人気があります。 イーサリアムは将来的に儲かるのか? イーサリアムは、スケーラビリティ問題などのイーサリアムプロジェクトが解決した際に、価値の上昇が期待されています。アップデートのセレ二ティが完了することで、スケーラビリティキャパシティ(取引処理能力)は1000倍以上に向上するといわれています。 著名な投資家達もイーサリアムの将来性に期待し、多額の投資をしていることが特徴的です。イーサリアムのプラットフォームを利用した事業が増加することで、将来的にはイーサリアムがより注目を集めるでしょう。 損失リスクを回避するためにも底値でイーサリアムを購入し、価格の乱降下に惑わされないことが大切です。アメリカの調査機関Weiss Ratingsもイーサリアムの価値上昇を予想しており、イーサリアムは世界中から将来性を期待されている仮想通貨だと言われています。 イーサリアムの価格が将来的に上がる理由 イーサリアムの価格が上がる理由として考えられているのが、今後もアップデートが続くことが挙げられます。2019年11月にはIstanbul(イスタンブール)のアップデートが予定されており、後半はBerlin(ベルリン)として実装されます。 イーサリアムの将来性が期待されている理由に、大企業による後押しもあります。トヨタやマイクロソフトなど、国内外から信頼を得ている大企業がイーサリアムアライアンスと呼ばれる組織に参加しています。 この後押しにより、生活の場やビジネスなどでイーサリアムが利用されるようになることが期待されるでしょう。 また、ライデンネットワークがイーサリアムに実装されることで取引スピードが大幅に短縮されることが特徴です。ライデンネットワークは、送金スピードの向上や少額決済(マイクロペイメント)などを実現します。 ライデンネットワークを実装することで、1万件以上の取引を1秒ほどで処理できるとされています。 また、イーサリアムがETF(上場投資信託)として承認されることが示唆されています。 2019年5月の段階では、アメリカの証券取引委員会(SEC)がイーサリアムのETF(上場投資信託)を検討していることが発表されました。 このことからもイーサリアムは多くのトレーダーが注目を集めており、承認された際には価値が上がると予想されています。 イーサリアムに潜む問題点 イーサリアムは取引記録が改ざんされないなどのメリットがありますが、過去にハッキングを受けたこともあります。40億円以上のイーサリアムが不正送金された、The Dao事件がハッキング事件のなかでも有名です。 そのため、この事件ではイーサリアムのセキュリティの脆弱性が指摘されるようになりました。また、ICOが規制される流れは、イーサリアムの価格へ影響を及ぼす可能性があるといわれています。 ICOの法規制が強まった要因として、資金調達後に開発を行わなくなるなどの詐欺事件が多発していることが挙げられます。 スケーラビリティ問題も抱えており、イーサリアムの人気の高さからトランザクションの量が膨大になり取引が間に合わなくなるケースもあります。送金が遅延するなど、イーサリアムの取引時に不便を感じるトレーダーもいるでしょう。 また、イーサリアムが今後証券に分類される可能性が示唆されています。しかし、イーサリアムの共同設立者は有価証券との見方に反論しました。SECがイーサリアムを有価証券だとした場合には、イーサリアムの財団は裁判を起こすことが予想されています。 もし、イーサリアムが有価証券だと判断された場合には、価格が乱降下するといわれています。これらの問題点を踏まえたうえで、イーサリアムの取引を行うことが必要です。仮想通貨市場全体の情報収集や動向なども、常にチェックするようにしましょう。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の今後の将来性や特徴のまとめ 今回はイーサリアムの将来性や特徴などをご紹介させて頂きました。イーサリアムは、その時価総額だけではなく技術的にも注目されています。 今後、アップデートが行われればさらに利便性が高くなり、より多くの企業の注目を集めることになるでしょう。これからますます期待されるイーサリアムの将来性を信じられる方は、イーサリアムに投資してみてもよいかもしれません。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never