Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

ネム(NEM/XEM)はどこで買える?おすすめの日本の取引所や特徴について

近年仮想通貨が話題となり、多くの方が関心を持ち始めています。

実際のところ、仮想通貨を知らない方でも、テレビCM等でビットコイン(BTC)という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

最も有名な仮想通貨はビットコイン(BTC)ですが、実際には多くの種類の仮想通貨があります。今回はそのうちの一つであるネム(XEM)の紹介をしていきます。

仮想通貨のネム(NEM/XEM)とは?

ネム(NEM)は「New Economy Movement」の頭文字から名前が付けられており、「新しい経済運動」を意味しています。通貨単位はゼム(XEM)です。

仮想通貨ネム(XEM)のプロジェクトの始まりは2015年で、お金の自由・平等・分散を実現しようとして立ち上げられました。

また、ネム(XEM)は日本でも人気が高く、多くの人が保有しています。その理由の1つには、ネム(XEM)の開発陣に日本人がいたからというのもあるようです。

詳しくはこちら:仮想通貨ネム(XEM)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説

ネム(XEM)を買える仮想通貨の取引所は世界中にある

そんなネム(XEM)は、世界中の仮想通貨の取引所と呼ばれる場所から購入が可能です。

ただし、仮想通貨の取引に慣れていない方は、海外の取引所を利用することはあまりおすすめできません。というのも、日本円から直接購入ができなかったり、基本的に英語で対応しなければならないからです。

さらに、日本人は使えない取引所も多く、中にはいきなり倒産してしまうような取引所も存在します。そのため、基本的には日本の金融庁に登録された仮想通貨の交換業者から、直接日本円で購入するのが一番安全で簡単な方法と言えるでしょう。

日本国内ではCoincheck(コインチェック)でネム(XEM)の購入が可能

国内の大手仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckでは、ビットコイン(BTC)を含め、その他の仮想通貨であるアルトコインを数多く取り扱っています。

Coincheckでは10種類の仮想通貨を買うことができ、ネム(NEM)は2017年4月から取り扱われ始めています。

当初Coincheckは独自で運営を行っていましたが、2018年4月に大手証券会社マネックスにグループ入りすることになりました。経営体制も刷新され、今後の新しい体制に注目が集まっています。

仮想通貨の取引所のセキュリティ対策に注目

セキュリティ対策
仮想通貨の取引所においては、セキュリティーも重要です。Coincheckでは、ユーザー側で2段階認証の設定も可能となっています。

2段階認証は最近では主流になってきている方法ですが、ログイン時にスマートフォンに送られてくるコードを打ち込むことでログインができます。このため、第三者の不正使用やログインを防ぐことができるのです。

さらに、Coincheckでは仮想通貨の管理に、コールドウォレットという方法を用いています。これは、インターネットに繋がっていないウォレットで仮想通貨を管理しているということです。

ハッキングに強いシステムとなっており、自分の通貨が安全に守られる仕組みになっています。

仮想通貨の取引の容易さや画面の見やすさも大切

ビットコイン取引所
また、Coincheckは操作性や見やすさに関しても力を入れています。

特に価格のチャートが見やすくなっており、スマホアプリの操作も簡単で、初めての人でも扱いやすいということで評判が高いです。

コインチェックアプリ(iOS)

このように多くの理由から、Coincheckは仮想通貨を始めようとする人におすすめの取引所です。

まずは、Coincheckに無料登録を行ってみてはいかがでしょうか。

Coincheckのアカウント登録はこちら

Coincheckでは、アカウント登録後に、SMS認証や本人確認書類の画像などの提出を行い、後日自宅に届くハガキを受け取ることで、全ての機能が利用できるようになります。

ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法についてはこちら

ネム(NEM/NEM)の主な特徴は?

ネム(XEM)
ネム(NEM)の購入方法について簡単に説明しましたが、もう少しネム(NEM)の特徴について紹介した上で、将来性について考えていきます。

1. 発行上限の設定

まず、ネム(NEM)の特徴の第一に、発行上限額の90億XEMが既に発行されていることが挙げられます。

他の仮想通貨では、一定時間ごとに新しく発行されるものや、そもそも発行上限が決まっていないものもあります。

2. 通貨を手に入れる手段が独特

ビットコイン(BTC)等の通貨では、通貨が新しく発行されるマイニングと呼ばれる仕組みがあります。

マイニングとは

ビットコイン(BTC)の「マイニング」を簡単に説明すると、ビットコイン(BTC)の送金を記録する作業のことです。

この作業をすることで、労働力による証明「Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)」を作り、この報酬として新しい通貨が発行され、受け取ることができるようになっています。

ただし、この作業には高性能のコンピューターが必要で、設備投資も必要です。実際に「マイニング」で報酬を得るには「誰よりも早く計算をすること」が必要であり、そのためには非常に多くの電力も必要です。

ハーベスティングとは

それに対して、ネム(NEM)はそうならない仕組みを作りました。それは「ハーベスティング」と呼ばれる仕組みです。

この仕組みを簡単にお伝えすると、ネム(NEM)の重要度スコアを得て、スコアの高い人が報酬を得ることができる方法です。

それではこのスコアを得るには、どうしたらよいのでしょうか。その方法は、ネム(NEM)の取引回数や取引量を増やすことです。

さらに、同じ人とばかり取引をするのではなく、多くの人と取引をしていることでスコアを得られるようになっています。

この仕組みによって、たくさんネム(NEM)を持っているだけでは駄目で、色んな人とネム(NEM)をやり取りしやすくなる環境を作りました。この流通を促す仕組みが、ネム(NEM)の大きな特徴です。

3. ブロック生成時間が短い

ネム(XEM)
続いて、ネム(NEM)の特徴には、他の仮想通貨に比べてブロック生成時間が短いことが挙げられます。

ブロック生成時間とは、簡単に言うと、仮想通貨の送金記録が更新される間隔です。さらに、送金記録が何回か更新されて初めて支払いが承認されることになります。

ビットコイン(BTC)の場合はこれが10分以上になりますが、ネム(NEM)はこのブロック生成時間が1分と短く、支払いが早く承認されるのです。

4. コミュニティが活発

加えて、ネム(NEM)には勢いのあるコミュニティがあります。このコミュニティでは、ネム(NEM)の取引の機会を作り、普及させようと活動しています。

たとえば、ネム(NEM)のロゴ入りグッズを販売している人や、ネム(NEM)を用いたフリーマーケット、ネム(NEM)で支払いが可能なバーやラーメン店等があります。

他にもネム(NEM)を用いた企画が多く作られ、良いものを投票で選び、選ばれたものに開発資金を提供するということも行われました。

このような背後には、ネム(NEM)のアプリ開発が誰にでも容易にできるようにサポートされているということがあると言えるでしょう。

5. カタパルトが実装予定

ネム(NEM)はもともとブロック生成時間が短いのですが、このカタパルトと呼ばれる技術を実装することで、さらに取引処理速度を格段に高めることができると言われています。

プライベートチェーン環境では1秒あたり4,000件の処理が可能になるとされており、このスピードはクレジットカードと同じです。ただし、カタパルトがネム(NEM)で実働するのはもう少し先の予定ですので、今後の動向には注意しておくのが良いでしょう。

6. 独自トークンの発行が簡単

最後に、ネム(NEM)には独自のトークンが簡単に発行できるという特徴があります。これを利用することで、誰でも自分の通貨を簡単に作ることができます。

ネム(NEM/NEM)の今後の将来性は?

ネム(XEM)
ネム(NEM)のコミュニティは活発であり、日本にも2018年に一般社団法人NEM JAPANが設立され、ネム(NEM)を広げようとする動きが起こっています。

将来的に、ネム(NEM)が使えるお店がさらに増えていく可能性もあるでしょう。

ネム(NEM)が普及する前に購入を考えている方は、まずはCoincheckで口座開設をし、取引の準備を始めておくと良いでしょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never