総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)は将来的に儲かる?特徴と将来性について

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)は、2017年にビットコイン(BTC)から分岐した仮想通貨です。ビットコイン(BTC)とは異なった特徴を持っており、将来性のある仮想通貨の1つとして注目されています。

今回は、現在多くの投資家から注目を集めているビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)について、特徴や将来性などを詳しくご紹介していきたいと思います。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の誕生の経緯とその特徴

ビットコイン(BTC)の取引処理速度は、ネットワーク状況にもよりますが、毎秒7件ほどと言われています。

対して、クレジットカードは毎秒数千件の取引を処理しており、ビットコイン(BTC)の実用化を検討する上で、取引処理速度が圧倒的に不十分な水準であることが問題視されてきました。

加えて、ビットコイン(BTC)価格の高騰に伴い取引量が増加し、ネットワークが混雑し取引処理速度がさらに遅くなるという事態も発生しました。

そのようなことから当時のビットコイン(BTC)の仕様に疑問を持つ人が増え、ビットコイン(BTC)の取引処理速度を向上させるために、仕様のアップデートを行う機運が高まりました。

2017年8月にビットコイン(BTC)から分岐

ビットコイン分岐
そして、2017年にビットコイン(BTC)コミュニティは、そのアップデート方法を巡って内部で対立することになります。

結果、取引処理速度の改善を図るために、取引容量を圧縮するビットコイン(BTC)と、取引を記録するブロック容量を拡大するビットコインキャッシュ(BCH)とに同年8月に分裂しました。

ビットコインSV(BSV)の誕生

この時に誕生したビットコインキャッシュ(BCH)コミュニティは、2018年11月に同じく仕様の変更内容を巡って対立が生じ、Bitcoin ABCというチームを中心としたビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインSV(BSV)とに分裂しました。

一時期「ハッシュ戦争」と言われるまで混乱が起こりましたが、現在では両者の対立も落ち着いています。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の違いは?

ビットコインキャッシュ(BCH)
ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の主な違いには何があるのでしょうか。その主な違いについて、いくつかご紹介します。

1. スケーラビティ問題の解決

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)の欠点を改善するために誕生しました。その大きな欠点の1つが「スケーラビリティ問題」です。

スケーラビリティ問題を一言で説明すると、「取引処理能力の問題」のことになります。ビットコイン(BTC)を使用する人が増えれば増えるほど、取引処理が追いつかず送金時間が長くなり、手数料も高騰するなどの多くの問題が生じます。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)では1MBだったブロック容量を2018年時点では32MBに拡大することで、ビットコイン(BTC)が抱えていたスケーラビティ問題を改善しました。

そのため、ビットコインキャッシュ(BCH)は取引処理速度を維持しやすく、商業決済分野などで強みを発揮していると言われています。

2. マイニング難易度調整システムを導入

ビットコインキャッシュ(BCH)を含む多くの仮想通貨では、取引を確定させるためにマイニング作業が必須になっており、安定的な取引を行うためマイニングの難易度を調整する仕組みを取り入れています。

ビットコイン(BTC)では約2週間に1度のペースで、マイニングの難易度調整が行われます。一方で、ビットコインキャッシュ(BCH)では10分に1度と短い間隔で行われるため、急激なハッシュレートの変化にも対応することができます。

3. 送金手数料が安い

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)に比べて送金手数料が安く抑えられるのが特徴です。

ビットコイン(BTC)では、ネットワークの混雑により手数料が高騰し、一時期は一度の送金で数千円かかることもありました。

しかし、ビットコインキャッシュ(BCH)はネットワークの平均的な送金手数料が1円以下に抑えられており、日常的な決済に使いやすい仮想通貨となっています。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)取り扱いの取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)
ビットコインキャッシュ(BCH)は、送金手数料が安く送金速度も速いことなどから、注目を集めている仮想通貨です。時価総額も仮想通貨の上位に位置するなど、主要な仮想通貨の1つと言うことが出来ます。

そんな、ビットコインキャッシュ(BCH)を購入する場合、基本的には仮想通貨の取引所から購入を行います。

Coincheckがおすすめな理由

口座開設
国内大手取引所の一つであるCoincheckは、2018年11月のハードフォークにより一時停止していたビットコインキャッシュ(BCH)の売買と入出金を、同月27日に再開しました。

Coincheckは、サイトが分かりやすいデザインになっていることが特徴です。また、ビットコインキャッシュ(BCH)だけでなく、様々なアルトコインを初心者でも簡単に売買をすることができます。

価格の上下を示すチャートも見やすい作りになっているので、仮想通貨の取引に慣れていない方でも、安心してCoincheckから取引を始めることができます。

Coincheckの口座開設はこちら

ビットコインキャッシュ(BCH)取引の口座開設から購入方法はこちら

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の将来性は?

ビットコインキャッシュ将来性
ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)の欠点だった決済スピードの遅さを改善し、より多くの人が日常的に決済することができる仮想通貨を目指しています。

決済スピードが早く取引手数料が安いことは、ビットコインキャッシュ(BCH)の強みとなっています。

ビットコイン(BTC)が抱えていた問題を一つのアプローチから改善を試みていることから、今後さらにビットコインキャッシュ(BCH)への注目が集まる可能性があります。

決済サービスでも利用されている

また、Amazonの商品を暗号通貨で購入することで数%の割引も得ることが可能な「Purse」と呼ばれる決済サービスでも、ビットコインキャッシュ(BCH)は利用することができるようになっています。

このPurseは、例えばAmazon商品券を持っていても使い道がない方と、ビットコインキャッシュ(BCH)を持っていてAmazonでの買い物を検討している方がつながることができ、それぞれのニーズを満たすことができるマッチングサービスにもなっています。

機能のアップデートを繰り返している

さらに、ビットコインキャッシュ(BCH)は臨機応変にアップデートを繰り返しているため、今後さらに実用的な通貨となることが期待されています。

実際に店舗やサービスなどでもビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いが始まっていることなどからも、ビットコインキャッシュ(BCH)が今後さらに普及することで、価格が上昇していく可能性もあるでしょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never