仮想通貨の仕組みは?マイニングやブロックチェーンとの関連性も解説します

仮想通貨の話題が増えるにつれて、取引をしてみようと考える人も増えています。

しかし、仮想通貨には興味があっても、安全性が不安だと感じている人もいるかもしれません。たしかに仮想通貨にはリスクもありますが、仕組み自体の安全性は高いと言われています。

安全性に関する不安は、仮想通貨の仕組みを理解することで解消できることもあります。どんな仕組みなのかを理解できれば、安全性とリスクを把握したうえで取引することも可能です。

そこで、仮想通貨の特徴や仕組みについて、初心者向けにもわかりやすく簡単にご紹介します。

仮想通貨の概要

ビットコイン(BTC)
仮想通貨の仕組みを理解するにあたっては、まずは仮想通貨の概要を把握することが大切です。

仮想通貨とは、インターネット上で使える通貨で、暗号通貨・暗号資産とも呼ばれることもあります。円やドルなどの法定通貨とは異なり、紙幣や硬貨は発行されていない通貨です。

日本では、いち早く仮想通貨の法的位置が明確にされました。仮想通貨は、資金決済法により支払手段と位置付けられています。法定通貨とは異なりますが、商品やサービスを購入したときの対価として支払うことが可能です。

また、法定通貨で仮想通貨を購入できることはもちろん、電子マネーとは異なり、仮想通貨を法定通貨に戻せることも仮想通貨の要件のひとつとして定められています。

最初に登場した仮想通貨は、ビットコイン(BTC)です。ビットコイン(BTC)の考案者は「サトシナカモト」とされています。

日本人男性のような名称ですが、国籍や性別、個人か団体かなどは未だに不明の存在です。サトシナカモトがビットコインシステムに関する論文を発表し、その論文をもとにビットコインシステムが稼働され、元祖仮想通貨であるビットコイン(BTC)が誕生しました。

仮想通貨の特徴

ビットコイン(BTC)
ビットコイン(BTC)に代表される仮想通貨は、今では世界中に1000種類以上存在すると言われています。そんな仮想通貨には、例えば以下のような特徴があります。

1. 換金可能

1つ目は、換金可能であることです。

電子マネーも仮想通貨と同様に形のない支払手段です。しかし、電子マネーは日本円などの法定通貨に戻すことができない仕組みになっています。

一方、仮想通貨は、そのときの時価で売買を行うことが可能です。

2. 中央管理者がいない場合がある

2つ目は、中央管理者がいない場合があることです。

円やドルなどの法定通貨は、中央銀行などが発行通貨量を管理しています。また、状況に応じて柔軟に新規通貨発行を行うことも中央管理者の役目です。

一方、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨には、中央管理者に相当する存在がいない場合があります。プログラムが通貨システムの運用を行い、通貨の新規発行も、プログラムに従って行われる仕組みです。

3. ブロックチェーン技術が使われている

3つ目は、ほとんどの仮想通貨でブロックチェーン技術が使われていることです。

過去の取引分を含むすべての取引データは、ブロックチェーン上に格納されています。ブロックチェーンのシステムに自由にアクセスできる不特定多数が監視することで、不正な取引などが行われにくくなっています。

4. 通貨発行量の上限が定められている場合がある

4つ目は、通貨発行量の上限が定められている場合があることです。

法定通貨には上限はありませんが、仮想通貨の中には、あらかじめ定められた通貨発行量上限を超えて発行されない仕様になっているものもあります。

仮想通貨が安全とされる理由とは?それぞれの仕組みを解説

ビットコイン(BTC)
仮想通貨の安全性について、代表的な仮想通貨システムであるビットコイン(BTC)を例に挙げて解説します。

ビットコイン(BTC)を例とする理由は、数ある仮想通貨のなかでも最初に登場した通貨で、多くの仮想通貨が似たようなシステムを採用しているからです。ビットコインシステムが安全だとされる主な理由には、例えば以下が挙げられます。

1. 電子署名

1つ目は、電子署名の仕組みが採用されている通貨システムであることです。

どの口座に関する取引かを、取引データのなかに含めて履歴が保管される仕組みになっています。

2. ブロックチェーン技術

2つ目は、ブロックチェーン技術です。

ブロックチェーン技術は、取引の改ざんを事実上不可能にする高度な検証・承認の仕組みを支える重要な技術だとされています。

3. マイニング

3つ目は、マイニングです。

ビットコイン(BTC)は、マイニングによって取引の正当性を検証が検証されます。マイニングは、不特定多数が取引の正当性を監視することを可能にする重要な仕組みです。

これら3つの点について、それぞれ詳しく解説します。

電子署名とは?

電子署名
電子署名の「署名」は、契約当事者が約束事について合意した証として記載するものです。

電子署名の役割

電子署名は、電子的な取引について、間違いなく取引した本人が行ったものであることを証明する役割を果たしています。電子署名の仕組みを採用することで、不正送金などの防止が可能です。

電子署名とは、送信元と送信先を明確にするための取引証明書だと理解するとよいでしょう。電子署名が行われた仮想通貨取引データのことをトランザクションといいます。

秘密鍵と公開鍵

仮想通貨のシステムにおける電子署名は、秘密鍵と公開鍵の作成から始まります。秘密鍵と公開鍵は、両方が揃うことで初めて正当な取引だと認められる鍵の役割を果たすものです。

公開鍵は公表されて誰でも確認できるものですが、秘密鍵は文字通り本人しか使うことができない仕組みになっています。つまり、秘密鍵を持っている本人しか、正当な取引ができないということです。

秘密鍵は暗号化されており、公開鍵から秘密鍵を類推することはできない仕組みになっています。秘密鍵を本人がしっかり管理しておけば、仮想通貨取引の不正取引防止が可能です。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーン
ビットコイン(BTC)をはじめとする多くの仮想通貨には、ブロックチェーン技術が採用されています。

仮想通貨の取引データはブロックに格納される

仮想通貨の取引データは、一定の間隔で生成されるブロックと呼ばれるものに格納されます。

格納の際には、取引の正当性を検証して承認される手続きが行われる仕組みです。この仕組みは、マイニングと呼ばれています。

承認されたブロックには、直前のブロック情報が含まれていることも特徴です。そのため、各ブロックは、まるで鎖状につながっている形で仮想通貨システム上に保存されます。

この鎖状にブロックがつながったものがブロックチェーンです。

取引履歴はユーザー同士がつながったネットワークを上に保存される

すべての取引履歴が含まれているブロックチェーンは、ホストコンピュータなど特定の場所で保存されるのではなく、ユーザー同士がつながったネットワークを上に保存されます。

ブロックチェーンのデータは誰でもアクセスできるようになっており、不特定多数のシステム参加者全員で共有可能です。仮に、誰かがネットワーク上の取引データを書き換えたとしても、不特定多数で共有されているブロックチェーンのデータすべてを書き換えることはできない仕組みになっています。

そのため、データを改ざんしても、システム参加者にすぐに不正がわかってしまうのです。

マイニングとは?

マイニング
マイニングとは、仮想通貨取引データに不正が含まれていないかを確認し、取引の正当性を検証する行為です。取引検証について最初に成功した人には、報酬が支払われます。

マイニングに成功すると報酬として仮想通貨がもらえる

報酬は、新規に発行される仮想通貨です。

ビットコイン(BTC)の場合、約10分間の取引を1つにまとめて取引検証を行い、1つのブロックに格納します。マイニングは、計算競争だといわれています。

取引データと直前ブロックの代表値、さらに任意の1つの値をある関数に代入して得た値が、先頭にゼロがたくさん並ぶ値だった場合に正解を得たことになる仕組みです。マイニングは、正解が得られる任意の値を見つけ出す作業だと言えます。

マイニングが計算競争と言われる理由

任意の値は、答えなどから類推することはできず、総当りで何度も関数に代入することになります。任意の値を見つけられる確率は相当低く、膨大な計算を繰り返さない限り答えは得られないため、計算競争だといわれるのです。

正解が得られる任意の値を見つけた人は、ネットワークにその値を報告します。ビットコインシステム参加者は、任意の値を関数に入れてみることで正解かどうか簡単に判断可能です。

正解だと確認されるとそのブロックは承認され、ブロックチェーンにつなげられます。正解を見つけたマイナーは、承認後にビットコイン(BTC)を受け取るという流れです。

取引検証や承認は、誰でも参加可能です。マイニングの仕組みによって、中央管理者不在でも不正を防止することができます。

仮想通貨を使うメリット

ビットコイン(BTC)
仮想通貨取引を行うにあたっては、仮想通貨を使うメリットを理解しておくことも重要です。主なメリットには、例えば以下が挙げられます。

1. 資産運用の手段として使える

1つ目は、資産運用の手段として使える点です。購入した仮想通貨の価格が上昇することによって、保有資産額が増加する可能性があります。

仮想通貨の価格は、需要と供給によって決まります。仮想通貨が広まることで需要が増加すると、仮想通貨の価格は上昇する可能性が高いです。

そのため、資産運用の手段として仮想通貨を利用できるメリットがあります。

2. 短時間で送金できる

2つ目は、短時間で送金できることです。

海外送金を行う場合、銀行の国際送金システムを利用すると数日かかることもあります。一方、仮想通貨で送金すれば、短時間で海外送金を完了させることができます。

3. 送金手数料が安い

3つ目は、送金手数料が安いことです。特に、国際送金に関しては、手数料を抑えることができます。

また、金融商品の売買を行う場合よりも、仮想通貨売買の手数料は、他の金融商品よりも低く設定される傾向があります。

4. 両替の必要がない

4つ目は、海外で支払手段として利用する場合に、両替の必要がないことです。

インターネットに国境はなく、仮想通貨はどの国でもそのまま支払手段として利用できます。

仮想通貨を使うデメリット

ビットコイン(BTC)
仮想通貨の使用には、メリットだけでなくデメリットもあると認識しておくことも必要です。主なデメリットには、例えば以下が挙げられます。

1. 価格変動幅が大きい

1つ目は、仮想通貨価格の変動幅が大きいことです。

価格の急激な値上がりによって、大きな利益につながる場合もあります。ただし、予想とは反対の値動きが生じた場合に、大きな損失を被る可能性があることも認識しておく必要があるでしょう。

2. 詐欺通貨が存在する

2つ目は、詐欺通貨が存在することです。

仮想通貨は、1,000を超える種類があるといわれています。そのなかには、ほとんど無価値であるものも含まれている可能性があることに注意が必要です。

3. ハッキングリスクがある

3つ目は、ハッキングの被害を受けて通貨を盗まれるリスクがあることです。

仮想通貨は、電子データであるため簡単に持ち運べるという利点があります。その一方で、ネットワークを通じたハッキングなどの攻撃を受けると簡単に盗まれてしまう可能性もあるのです。

保有している仮想通貨を安全に保管するためにも、ハッキング対策は十分に行っておく必要があるでしょう。

仮想通貨取引の始め方は?まずは仮想通貨取引所に口座開設

仮想通貨取引を始めるためには、仮想通貨の取引所に口座を開設する必要があります。金融庁登録済の仮想通貨の取引所Coincheckでは、初心者でも簡単に取引を始めることができます。

Coincheckで口座を開設する場合は、まずメールアドレスの登録を行ったうえで、本人確認書類の提出や郵送物の受け取りなどが必要です。

口座開設が完了したら、日本円を入金します。その後、いよいよ仮想通貨の購入です。取引価格を確認しながら取得したい数量を指定して購入します。対価は、入金した日本円で支払います。

仮想通貨を取得したら、価格上昇を待って売却して利益を得ることが可能です。また、買い物の支払手段として利用することもできます。

仮想通貨のハッキングのリスクとその対策方法

セキュリティ
仮想通貨取引所の中には、ハッキングを受けて保有していた顧客の仮想通貨が盗まれたことによって、倒産に追い込まれた取引所もあります。

ハッキングリスクがあることを認識しておく

そのため、仮想通貨取引を行う人は、ハッキングの実態を理解しておくことも大切です。取引所には、口座を開設した利用者の仮想通貨が保管されています。

通貨が盗まれた場合、補償が行われることもありますが、最悪の場合は自分の仮想通貨が盗まれるリスクがあることを認識しておきましょう。ただし、ハッキングされたと言っても、ブロックチェーン技術が破られたわけではありません。

ビットコインシステム自体がハッキングされたことはない

ブロックチェーン技術に支えられたビットコインシステム自体が、ハッキングにより被害を受けたことは過去に一度もない状況です。

しかし、取引所がハッキングされてしまった場合は、資産を失うリスクがあります。そのため、万が一に備えて、ウォレットを利用して分散保管することも検討する必要があるでしょう。

ウォレットとは仮想通貨を保管できる財布

ウォレットとは、自ら仮想通貨を保管できる仮想通貨用電子財布のことです。

ウォレットには、いくつかの種類があり、秘密鍵をオフラインで管理できるハードウェアウォレットやペーパーウォレットなどもあります。ウォレットは目的に応じて使い分けることが大切です。

仮想通貨には安全性を保つ仕組みが存在する

セキュリティ
ビットコイン(BTC)などの仮想通貨システム自体は、不正を排除する電子署名やブロックチェーン技術、マイニングの仕組みによって一定の安全性が保たれています。

ただし、ハッキングのリスクはあるため、資産を安全に保管するためにも、セキュリティ対策は十分に行っておくことが重要です。仮想通貨の安全性とリスクを認識したうえで、取引所に口座開設をして仮想通貨取引を始めてみましょう。