クアンタム(QTUM)の今後の将来性は?革新的な部分と懸念点

「クアンタムの今後を知りたい!」

「クアンタムの将来性を見極めるポイントはどこ?」

クアンタムは、2020年3月に国内で初めてCoincheckに上場しました。国内初ということもあり、クアンタムの特性や将来性が気になる方もいるのではないでしょうか。

この記事ではクアンタムの購入を迷っている人のために、クアンタムの特性や革新性、注意が必要なポイントなどについて解説していきます。

仮想通貨の中でも将来性に期待が高まっていると言われているクアンタムですが、一体どのような特性を持っているのでしょうか。

クアンタム(QTUM)はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のいいとこどり

仮想通貨の基本技術には共通点が多く見られますが、細かい部分では仮想通貨ごとに違いがあります。それによって使い勝手や売買の際の手順に影響を及ぼしています。

クアンタムにおいては、ビットコインの特徴の1つである「UTXO」という通貨管理手法と、イーサリアムの特徴の1つである「スマートコントラクト技術」ビットコインとイーサリアムの長所を融合したもの言われています。

UTXOはUnspent Transaction Output(アンスペントトランザクションアウトプット)の頭文字をとった略語です。ビットコインで最初に使われたセキュリティ重視の残高表示の仕組みです。アドレスとビットコインの残高はUTXOが仲介することでアドレスから確認できるようになっています。クアンタムでは、ビットコインと同じUTXOによって匿名性やプライバシーが確保されています。

イーサリアムのスマートコントラクトは契約を自動化する技術です。ブロックチェーンに契約情報をあらかじめ記録しておき、諸条件が整った時点で自動的に契約を執行します。面倒な契約手続きを簡素化できるため、経費の削減が可能になります。

また、契約情報がブロックチェーン上に記載されているため、履歴を残さず改ざんすることは不可能です。つまり、不正な書き換えとその証拠隠滅ができないのです。

このビットコインとイーサリアム 「いいとこどり」のシステムを「アカウントアブストラクトレイヤー(AAL:Account Abstract Layer)」と呼ばれています。要するに、クアンタムは企業間取引で要求されるレベルの高いセキュリティに対応できるわけです

そのため、大きな期待と注目が集まっており、ICO(イニシャルコインオファリング:Initial Coin Offering)では10億円以上の資金調達に成功しています。

そのため、大きな期待と注目が集まっています。その期待と注目はICO(イニシャルコインオファリング:Initial Coin Offering)での10億円以上の資金調達に表れています。

クアンタム(QTUM)のメリット

クアンタム(QTUM)

クアンタムの特性の中から特徴的なメリットをいくつか紹介します。

ライトウォレットによってスマートフォンでも簡単

クアンタムの公式ウォレットは「Qtum Core(クアンタムコア)」と呼ばれ、デスクトップウォレットとモバイルウォレットが存在します。このうち、モバイルウォレットは「ライトウォレット」と呼ばれスマートフォン(スマホ)で使用できるため、場所にかかわらずどこからでもアカウントへのアクセスが可能になります。

また、ライトウォレットは自分が関わっている取引データしかダウンロードしないという特徴がありあます。そのため、処理するデータ量が最小化され、動作が軽くて使いやすいと評判です。

ちなみに、公式ウォレット以外でも、クアンタムに対応しているウォレットアプリが複数存在しています。たとえば、デスクトップ対応なら「Qtum Electrum(クアンタムエレクトラム)」、モバイル対応なら「Trust wallet(トラストウォレット)」「Bitpie(ビットパイ)」などもよく知られています。

ビジネス用途に強い

クアンタムはそもそもビジネス向けでつくられた仮想通貨です。また、ビジネスで重視されるセキュリティ面についても高評価を受けています。

なぜなら、ビットコインのブロックチェーンシステムを利用して高い信頼性を確保しているからです。このセキュリティレベルの高さについては、グーグル(Google)やアマゾン(Amazon)との提携が証拠になるでしょう。

またクアンタム はモバイル利用を想定して作られているため、実装する契約自動化の「スマートコントラクト」をスマートフォンやタブレットからも利用できます。昨今、在宅勤務やリモートワークが前提の働き方にへんかしていくなかで、オフィスからだけでなく、モバイル端末で社外から利用できるクアンタムは高い実用性を備えていると言えます。

創設者と開発陣が技術面で信頼できる

クアンタムへの信頼や期待はその誕生に関するところが大きいかもしれません。最も注目されるのは、創設者のパトリック・ダイ(Patrick Dai)氏の経歴でしょう。

彼は中国大手IT企業アリババ(Alibaba)のデジタルエンターテインメント部門のチーフでした。ダイ氏は中国科学技術大学の博士課程在学中の2012年に仮想通貨の世界に興味を持ち研究を始めました。仮想通貨の世界における最古参のエンジニアの一人といえます。

また、ダイ氏だけではなくクアンタムの開発陣や開発環境にも信頼できる要素が並んでいます。まず、クアンタムのブロックチェーンはグーグル(Google)が提供するクラウド上で利用できるのです。

そのため、誰でも比較的容易にシステム開発が可能な環境が確保されています。さらに、AWS(アマゾン ウェブ サービス)の技術陣とクアンタムの技術陣とは2018年10月から提携して開発を進めています。このような、クアンタム内外の人材や環境が信頼を生んでいるのです。

PoSを採用

クアンタムではコンセンサスアルゴリズムにPoSを使っています。PoSとは Proof of Stake(プルーフオブステーク)の略です。PoSではマイニング報酬が通貨の保有量や保有年数に応じて変動します。

つまり、長期間に渡って多くの通貨量を持っている人ほどマイニング報酬が多いです。この点はビットコインなどとの大きな相違点です。

ビットコインなどはPoW(Proof of Work:プルーフオブワーク)を使っています。この場合、マイニングの計算処理速度の速さに応じた報酬が発生するのです。この仕組みではハードウェアの計算能力が重要になります。マイニング専用の高性能のパソコンを使い、低コストで莫大な電力消費ができる環境が必要なのです。そのため、PoWでは、個人でのマイニングへの参入は困難です。

一方で、PoSを採用するクアンタムでは通常のパソコンでのマイニングも可能となっているため、個人での参入が可能です。

クアンタム(QTUM)の課題・心配なところ

クアンタム(QTUM)

メリットが多いクアンタムですが、次に課題や心配な点についても紹介します。

ビットコインとイーサリアムに影響される可能性

クアンタムはビットコインとイーサリアム両方の特性を持っていることが利点ですが、欠点にもなり得ます。

たとえば、ビットコインに何らかの技術的な問題が見つかったとします。すると、クアンタム自体には何の問題もなかったとしても、疑いの目が向けられる可能性があります。ビットコインと同じ技術を使っていることを知っている人なら、リスク回避に動くこともあるからです。

同様に、クアンタムにはイーサリアムの技術も採用されています。クアンタムを保有するなら、ビットコインとイーサリアムの動きにも注意しておく必要があります。

中国情勢の影響を受ける可能性

創設者のダイ氏はアリババ出身で、クアンタムは中国発の仮想通貨です。そのため、クアンタムが中国情勢に影響を受けるのではないかという見方もあります。

中国は、近年、デジタル分野において目覚ましい発展を遂げていますが、一方で共産党一党の独裁国家の傾向があると言われています。また、仮想通貨に対しての政策では、取引所の閉鎖やICOの全面禁止などの規制強化がみられます。

ただし、中国は国家として将来的に仮想通貨市場に本格参入するのではないかという分析もあるようです。そうなると、クアンタムと中国との関係は逆に強力なメリットに変わる可能性もあります。

クアンタム(QTUM)の将来性

クアンタム(QTUM)のチャート
参照元:coinmarketcap

今後は、新たな取引所への上場などで取引者数が増えれば、価格に反映されることもあるでしょう

クアンタムでは年初にロードマップが公開されており、プロジェクトの進行予定がわかるようになっています。今後の動向をつかむためにもロードマップはチェックしておきましょう。

公式サイト:https://qtumeco.io/

クアンタム(QTUM)は今後成長する可能性のある仮想通貨

クアンタム(QTUM)

クアンタムには実際のところいくつかの懸念材料があります。

メリットとしての技術的な側面が、場合によってはリスクに変わる可能性が捨てきれません。また、創業者やクアンタムが影響を受けやすい中国の存在にも注目しておく必要があります。

しかし、クアンタムは高い技術力で開発された仮想通貨であり、世界的な大企業からの評価も高いのも事実です。今後に大きく期待できる仮想通貨といえるでしょう。

仮想通貨取引所のCoincheckでは2020年3月より国内で初となるクアンタムの取り扱いを開始しました。クアンタムを購入したい方はCoincheckでぜひお取引してみてください。