イーサリアム(Ethereum/ETH)の仕組みとは?スマートコントラクトについて

スマートコントラクトなど、ビットコイン(BTC)にはなかった仕組みを利用して、仮想通貨の中でも評価が高いのがイーサリアム(ETH)です。

時価総額でもこれまで上位を占めてきており、日本でも人気のアルトコインの1つです。そんなイーサリアム(ETH)について、その特徴や仕組み、メリットやデメリットなどについて解説していきます。

イーサリアム(Ethereum/ETH)とは?

イーサリアム(ETH)は、2013年に当時まだ若干19歳だった、Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)というロシア生まれカナダ育ちのエンジニアによって発案され、誕生しました。

イーサリアム(ETH)は誕生後からとても人気を呼び、瞬く間に世界中の仮想通貨取引所で取り扱われるまでになりました。時価総額ランキングにおいて、今日では常時ビットコイン(BTC)に次ぐほどの主要通貨の一つとなっています。

分散型プラットフォーム

イーサリアム(ETH)は一般的には仮想通貨という認識をもたれていますが、実際には分散型プラットフォームの名称を指しています。このプラットフォーム内で利用される仮想通貨は「Ether(イーサ、ETH)」と呼ばれています。

分散型プラットフォームは、非中央集権で分散管理型のアプリケーションを開発するためのものです。様々なアプリケーションを開発し、実装することで様々な機能を持たせることができるのです。

スマートコントラクト

イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)と同じようにブロックチェーン技術が用いられていますが、後でご紹介する「スマートコントラクト」という機能が備わっている点が最大の特徴といえます。

これまでのビットコイン(BTC)は、単に取引情報などを記録することしかできない仮想通貨でしたが、スマートコントラクトは契約内容などを記録するだけでなく、条件が整えば自動でその契約内容を実行してくれる仕組みあります。

スマートコントラクトには、不動産や株式など様々な取引内容を安全で速く処理する仕組みがあり、しかもあらゆる取引内容が仲介業者を介さないために、低コストでもあります。

このような技術がもたらしてくれる高い利用価値や実用性から、マイクロソフトなどのグローバル企業からも注目され、今日の高い評価につながっています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の仕組み

イーサリアム(ETH)
イーサリアム(ETH)の根幹をなす仕組みが分散型プラットフォームであり、分散型アプリケーションを開発するためのものになります。

分散型アプリケーションとは、企業や銀行といった中央管理者が存在しなくても不特定多数の者が自律的に行動した結果として全体のシステムが稼働するアプリケーションのことです。

Dapps(Decentralized Applications)

別名「DApps(Decentralized Applications)」とも呼ばれています。ここでいうアプリケーションとは、簡単にいえば、ある条件が満たされれば自動で特定の作業が行われる仕組みのことです。

イーサリアム(ETH)の分散型プラットフォームでは、既に1000種類以上のDAppsが構築されてきており、その代表的なアプリケーションの一つに「Augur(オーガー)」があります。

Augur(オーガー)

Augurはイーサリアム(ETH)で作られたDApps(ダップス)としては上位の時価総額を誇り、未来予想市場のアプリケーションプラットフォームとして作られました。

後述するスマートコントラクトの機能を活用しているAugurを利用すると、次のようなことができます。

例えば、明日のサッカーの試合でAチームがBチームに勝てば、掛け金に応じて報酬がCさんに支払われるという契約内容を作成し、ブロックチェーン上で管理することにします。そして、当日の試合でAチームが勝てば、契約通りの報酬がCさんに自動的に支払われることになります。

このAugurが優れているのは、契約内容を自動で処理してくれるだけでなく、その実行コストが非常に安く済み、その分が利用者に還元される点にあります。ギャンブルなどの賭け事においては、全体の進行役を果たすと同時に不正が行われないように監視する胴元が存在します。

例えばカジノの場合、胴元はディーラーであったり、カジノ運営者が該当します。しかし、そのような胴元はゲームにおいてかなりの取り分が抜かれてしまい、参加者の取り分が減ってしまいます。Augurを利用すれば不正の監視をアプリケーションが代わりに行ってくれ、手数料もわずかです。

その浮いた分のコストがAugurの利用者に還元される仕組みをもっています。Augurの例は数あるDAppsの一例にすぎませんが、このようにイーサリアム上で開発された分散型アプリケーションは低コストで役立つ仕組みを提供できます。

スマートコントラクトについて

イーサリアム(ETH)
スマートコントラクトとは、ひと言でいえば、人の手を介さずに契約内容を自動で実行してくれる仕組みを指します。スマートコントラクトでは、契約内容とその実行条件をあらかじめプログラミングしておけます。

そしてその条件が整った際に契約内容が自動で実行され、そのコストや処理スピードも高いのが特長です。スマートコントラクトを利用したアプリケーションとしては、先ほどご紹介したAugurのようなものがあります。

また、イーサリアムではスマートコントラクトを実現するためにブロックチェーン技術を活用しています。そのために「契約が改ざんされない」「中央管理者を介在させず、契約内容が自動で実行される」という2つの条件を満たしています。

ビットコイン(BTC)などの場合は、日本円や米ドルなどの法定通貨とその用途が被るために、国や金融当局といった中央管理者からの規制を心配する声があります。しかし、イーサリアム(ETH)の場合はこのスマートコントラクトという機能への需要があるために、国からの規制対象にもなりにくい通貨とも言えるでしょう。

特にスマートコントラクトの活用により、これまで同様の取引をする場合に必要であった過大なコストのかかるサーバー設置が不要になります。そのために金融業界や不動産業界、役所等の公共機関などから様々な需要があります。

銀行の場合はサーバーが軽減できることから、年間で約200億ドルもコスト削減が可能ともいわれています。このような理由から、スマートコントラクトの機能を持つイーサリアム(ETH)は多大な支持を各方面から集めています。

詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か?

イーサリアム(Ethereum/ETH)のメリット

イーサリアム(ETH)
次に、イーサリアム(ETH)のメリットについて以下にまとめてご紹介します。

送金処理スピードの速さ

イーサリアム(ETH)の独自通貨であるEther(イーサ)を利用して送金する場合、約15秒で完了します。ビットコイン(BTC)の送金が約10分かかるのに比べて、劇的に改善しているのがわかります。

仮想通貨の送金など一つの取引を完了させるにはマイニングと呼ばれる承認作業が必要です。ビットコイン(BTC)の承認作業が「10分に1回」の頻度で行われるのに対し、イーサリアム(ETH)の場合は「15秒に1回」と高い頻度で行われます。

実際には頻度の差が処理スピードの違いとなっています。

発行上限・半減期がない

ビットコイン(BTC)の場合、2100万枚まで発行できるという発行上限と半減期が設定されています。しかし、イーサリアム(ETH)の仮想通貨Ether(イーサ)には、発行上限や半減期の設定がありません。

この半減期とは、新規発行量が一定期間で半減ないし減少することを意味しており、ビットコインでは4年ごとに新規発行料が半分になることが決まっています。

発行上限や半減期の設定のないイーサリアム(ETH)の場合、インフレの懸念はあるものの、ビットコインよりも価格を安定維持させやすいというメリットがあります。

イーサリアム(Ethereum/ETH)のデメリット

デメリット
さらにデメリットについてもご紹介しましょう。

ユーザー増加に伴うスケーラビリティ問題

イーサリアム(ETH)は取引承認にかかる時間がビットコイン(BTC)よりも短く、処理スピードの速さがメリットであるとお伝えしました。

しかし、イーサリアム(ETH)の利用が急速に広がっていくと処理すべき取引情報が必然的に多くなり、取引処理に時間がかかってしまうという問題があります。

また、この問題は取引記録を一括管理しているブロックチェーンが、一定時間内に書き込める情報量に限界があることも大きな要因となっています。

さらに処理に時間がかかると、それに伴ってマイニングにかかるコストも上昇し、結果として利用者が負担する手数料も高くなってしまいます。

ブロックチェーンとスマートコントラクトの弱点

イーサリアム(ETH)は、ブロックチェーンとスマートコントラクトの活用によって改ざんできないのが強みとされています。

しかし、その強みが場合によっては弱みとなってしまうことがあります。それがハッカーなどによって意図的に間違った情報をチェーン上に書き込まれたり、バグがあった場合にその対処が難しいという問題です。

イーサリアム(ETH)に起きたハッカーによるDAO事件が起こされた時にはmこの弱点を克服するためにハードフォーク(仕様変更)がされました。

この事件は非中央集権という理念に反するとして、このハードフォークに反対したイーサリアム(ETH)のコミュニティの一部の人達によって、イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)とで分裂するに至りました。

詳しくはこちら:イーサリアムクラシック(ETC)の特徴とは?イーサリアム(ETH)との違いを徹底解説

Coincheck(コインチェック)でイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入するまでの流れ

イーサリアム(ETH)の仕組みや特徴がわかったところで、Coincheckでイーサリアム(ETH)を購入する場合の流れについてお伝えしていきます。

Coincheckでイーサリアム(ETH)を購入する場合、まずは口座開設からの開始となります。口座開設自体はとても簡単でさほど難しい手続きではありません。

アカウント登録

まずCoincheckのホームページからアカウント登録用のページを開いて、メールアドレスとパスワードを入力します。入力後に表示されている「アカウント作成ボタン」をクリックします。

Coincheckのアカウント登録はこちら

そうすると、登録済みのメールアドレスに登録完了用のためのリンクが貼られたメールが送信されてきます。そのリンクをクリックすればアカウント登録の手続きは完了です。

SMS認証

次にアカウント登録が完了したら、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)を使って本人確認のためのSMS認証をします。

アカウント上に登録した携帯電話宛てにメッセージが送信されますので、そのメッセージに記載されている6桁の認証コードをCoincheckのサイト上で入力すればSMS認証が完了します。

本人確認を行う

本人確認

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

IDセルフィー

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:
「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

Webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参照:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください

参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

イーサリアム(ETH)の購入方法

それでは実際にイーサリアム(ETH)を購入する際の流れをお伝えしていきます。

口座開設の手続きが済んだら、新規開設したアカウントに専用のウォレットが作成されます。イーサリアム(ETH)購入に必要な分の金額を、Coincheckの指定銀行口座宛てに銀行振込を行います。

振込が済めばアカウント上に入金された金額が表示され、いつでも購入可能な状態となります。ウォレットページに「コインを買う」のボタンがありますのでクリックし、さらに選択通貨としてイーサリアム(ETH)を選択します。

購入したい数量を指定すれば必要な購入金額が表示されますので、金額を確認後にOKボタンをクリックして、購入完了となります。

日本円ではなく、ビットコイン(BTC)で購入する場合には、「交換する通貨」のところでビットコイン(BTC)を選択すると、購入金額が表示されます。金額を確認し、問題なければ「購入する」をクリックして購入が完了します。

詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら

Coincheck(コインチェック)のサービス

コインチェックの取り扱い通貨
Coincheckでは仮想通貨を実際に購入するだけでなく、手持ちの通貨を送金したり、売却することもできます。このような取引は「現物取引」と呼ばれています。

11種類の仮想通貨を取り扱い

Coincheckでは今回ご紹介したイーサリアム(ETH)も含めて、11種類の仮想通貨で現物取引が可能です(2019年12月時点)。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」
  • イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)

最大年率5%の貸仮想通貨サービス

また、購入した仮想通貨をCoincheckに貸し出すことで利用料をもらえる、貸仮想通貨サービスもあります。最大年率5%で、貸出期間は14日間・30日間・90日間・180日間・365日間から選択することができます。

Coincheckの取り扱いの全ての仮想通貨で利用が可能ですので、仮想通貨の長期保有を検討されている方には適したサービスです。

イーサリアム(Ethereum/ETH)についてのまとめ

イーサリアム(ETH)の仕組みや特徴についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。イーサリアム(ETH)は様々なメリットがあることから、多くの企業からも注目を集め続けています。

また、デメリットでご紹介したような問題点があるものの、仕様を強化して弱点を克服するために、段階的にハードフォーク(仕様変更)が行われてきています。

イーサリアム(ETH)は、このように今後も目が離せない主要通貨の一つといえるでしょう。