アルトコインならCoincheck(コインチェック)!メリットとおすすめの理由は?

仮想通貨といえばビットコイン(BTC)だと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、実際には仮想通貨は2018年12月時点で2000種類以上存在するとも言われており、ビットコイン以外の通貨はアルトコインと呼ばれています。

アルトコインは取り扱いのある仮想通貨の取引所が限られていることもあるため、取引所選びが重要です。

この記事では、国内の仮想通貨の取引所ではコインの取り扱い数が多いCoincheckを紹介します。Coincheckを利用するメリットや購入方法をみていきましょう。

アルトコインってどんな仮想通貨?

アルトコイン
仮想通貨の中には開発に必要な情報が公開されているオープンソースのものもあるため、技術に詳しい人であれば誰でも作ることができます。

そのため、現存する仮想通貨の数は正確には分かっていないものの、2018年12月時点にて2,000種類以上あるともいわれています。

しかし、この中には実際には利用されていない通貨も数多く存在し、利用されているのはこのうちの数%程度と予想されています。

例えば、日本で知名度の高いアルトコインの中には、イーサリアムやネム、リップルなどのコインがあり、Coincheckではそのようなメジャーなアルトコインも取り扱っています。

アルトコインの特徴は?

アルトコインの特徴
続いて、ビットコイン以外のアルトコインに共通する特徴を、3つほどご紹介します。

1. ビットコイン(BTC)よりも時価総額が低い

1つは、ビットコイン(BTC)に比べて時価総額が低いことです。

ビットコイン(BTC)よりも後発組であるアルトコインは、ビットコイン(BTC)の欠点を補うために開発されたものもあるため、例えば機能的には優れていても、知名度の面では劣っていたりもします。

そのため、ビットコイン(BTC)よりも需要が少なく、時価総額も低い水準に留まっていたりします。

2. 流動性が小さく取引量が少ない場合が多い

2つ目の特徴は、流動性が小さく取引量が少ない場合が多いことです。

1つ目の特徴とも関連することですが、需要が少ないということは、流動性が小さいということを意味します。

時価総額は、流通量×市場価格で算出されます。アルトコインは流通量、市場価格ともにビットコイン(BTC)よりも小さいため、時価総額も小さいということを押さえておきましょう。

また、アルトコインに投資する際はビットコイン(BTC)よりも流動性が低いため、ビットコイン(BTC)ほどは自由に売買できない可能性がある点にも注意が必要です。

3. アルトコインを取り扱う取引所の数が少ない

3つ目の特徴は、アルトコインを取り扱う取引所の数が少ないことが挙げられます。

どこの仮想通貨の取引所に関しても、基本的にビットコインは取り扱っていますが、取引所によって取り扱いのアルトコインは異なります。

そのため、アルトコインの取り扱いの取引所の数は、ビットコイン(BTC)を取り扱っている取引所の数よりも、当然少なくなります。

また、アルトコインによっても、取引できる取引所の数は異なります。そこで今回は日本で取引ができる知名度の高いアルトコインを、3つほどご紹介します。

日本で知名度の高いアルトコイン1:イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、時価総額上位の仮想通貨のうちの一つです。

ブロック生成時間が約15秒で、承認スピードがビットコイン(BTC)よりも速いという特徴があります。

イーサリアム(ETH)はブロックの生成時間が短いため送金が速く、手数料もビットコイン(BTC)より安く済むため、ビットコイン(BTC)よりも少額決済に適していると言われることもあります。

また、イーサリアム(ETH)は契約を自動かつ正確に実行できる、スマートコントラクトという機能を備えているのも特徴です。

スマートコントラクトの仕組みは、例えば自動販売機の仕組みに近いといわれています。自動販売機は、お金を入れると商品が出てくることが決まっています。

人の手を介することなく自動的に契約を履行するスマートコントラクトは、不動産の契約やレンタカーサービスなど、さまざまな契約への応用が考えられているところです。

なお、ビットコイン(BTC)は発行の上限が2100万枚と決められていますが、イーサリアム(ETH)には上限が今のところ定められていません。

イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら

日本で知名度の高いアルトコイン2:リップル(XRP)

リップル(XRP)は、開発者が明確になっている数少ない仮想通貨のうちの一つです。

送金用に開発されたリップル(XRP)の特徴は、送金スピードの速さです。リップル(XRP)の処理速度は毎秒1500件といわれ、ビットコインなら1時間以上かかる送金でも、わずか数秒で完了すると言われています。

ビットコイン(BTC)は時間が経つと新しい通貨が発行される仕組みになっているのに対し、リップル(XRP)は最初に1000億枚のすべてが発行されているという点が異なります。

また、リップル(XRP)は今後発行枚数が増えることはなく、取引が行なわれると減っていくようになっているのです。これによって流通するほどに希少価値が上がる仕組みを作り上げているとも言えます。

他の通貨にはないリップル(XRP)の特徴としては、通貨同士の媒介をするブリッジ通貨の役割を持っているということです。

たとえば日本からアメリカに国際送金をするときは、日本円から米ドルに交換する際に両替手数料、日本の銀行、仲介する銀行、アメリカの銀行のそれぞれに手数料を支払うことになります。間にいくつもの金融機関が入っているので、高額な手数料がかかります。

これを日本円からリップル(XRP)、リップル(XRP)から米ドルに両替できるようになれば手数料を大幅にカットすることができるのです。

現在、法定通貨では、マイナー通貨のブリッジ通貨として米ドルがその役割を担っています。国際送金のためにはあらかじめ多額の米ドルをストックしておくことが必要なため、そのためのコストも膨らんでいます。

ですが、それがリップル(XRP)に代わるようになればコストを削減できるため、リップル(XRP)は多くの企業から期待されています。リップルのブリッジ通貨としての役割は、国際的な取引が多いグローバル企業にとって重宝するものといえるでしょう。

リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら

日本で知名度の高いアルトコイン3:ネム(XEM)

ネム(XEM)は、ブロックチェーンを活用した新しいプラットフォームの開発プロジェクトから生まれた仮想通貨です。経済的な自由や平等の実現を理想とした「新しい経済圏(New Economy Movement)」の略称となっています。

ネム(XEM)のブロック生成時間は1分ほどで、ビットコインよりも承認スピードが速いのが特徴です。ブロックチェーンのブロックは、ハーベストと呼ばれる独自の承認作業によって生成されています。

コンセンサスアルゴリズムに「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」という仕組みが採用されているビットコインでは、簡単にお伝えすると、最も仕事をした人が評価される仕組みとなっています。

報酬を獲得できるのは、最初にブロックの計算を解くことができたマイナーと呼ばれる人に限られています。そして素早く計算を解くためには、ハイスペックなマシンと膨大な電力が必要になります。

一方、ネム(XEM)のコンセンサスアルゴリズムは、「PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)」と呼ばれるものです。これは簡単にお伝えすると、重要度によって報酬を獲得できる仕組みのことです。

ネム(XEM)の保有量や取引量などの貢献度に応じて、一定の条件を満たすすべての参加者が報酬を獲得できるようになっています。したがって、必ずしも大規模な設備やマイニングマシンなどは必要ない点が、ビットコイン(BTC)と異なる点です。

また、ネム(XEM)はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの他の通貨をベースに開発された通貨ではなく、独自のブロックチェーン上に作られている点も特徴的です。

ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら

Coincheckがおすすめの理由

コインチェックの取り扱い通貨
今回ご紹介したイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(XEM)はCoincheckで取り扱いがある通貨です。取り扱い通貨の種類が多いCoincheckは、アルトコインを購入するのに向いている取引所といえるでしょう。

また、Coincheckは誰でも容易に操作でき、取引画面が分かりやすいことなどから、投資の初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。

貸仮想通貨サービス

また、Coincheckは国内の仮想通貨取引所で、もっとも貸仮想通貨サービスの取り扱い通貨の種類が豊富で、貸出期間も4種類(14日間・30日間・90日間・365日間)から選択することができます。

貸仮想通貨サービスは、長期保有を考えている通貨の運用に活用してみるのもよいでしょう。

Coincheckの口座開設方法

Coincheckでアルトコインを購入するには、取引用の口座を開設する必要があります。Coincheckの口座開設は、最初にアカウント登録を行います。

Coincheckのアカウント登録はこちら

続いて、SMS認証を行い本人確認を行います。

本人確認を行う

本人確認

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

IDセルフィー

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:
「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

Webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参照:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください

参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

Coincheckでのアルトコイン購入方法

Coincheckでは、パソコンやスマホアプリのいずれでも、簡単にアルトコインを購入することができます。

スマホアプリでは次のような手順でアルトコインを購入します。まずはコインチェックアプリをインストールし、アプリを立ち上げます。

コインチェックアプリ(iOS)の場合

コインチェックアプリ(iOS)
アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、購入したいアルトコインを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。

続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。

コインチェックアプリ(Android)の場合

コインチェックアプリ(Android)
アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から希望するアルトコインを選びます。

続いて購入するコインの数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。

まずはCoincheckで口座開設してみよう

アルトコインは、ビットコイン(BTC)よりも大きく値動きする傾向があります。

ボラティリティの高さは不安定に思われることがある一方、ハイリターンを得られる可能性が高いことも示しています。アルトコインはリスクも高い分、伸びしろが大きいとも言えるでしょう。

Coincheckは国内取引所の中でもアルトコインの取り扱い数が多い取引所ですので、アルトコインに関心のある方は、まずはCoincheckで口座開設をしてみてはいかがでしょうか。