簡単にできるイーサリアム(ETH)の購入方法と買い方を解説

イーサリアム(ETH)は、取引の経緯や契約内容といった細かい情報を記録できる「スマートコントラクト」という技術を採用しています。

この記事では仮想通貨(暗号資産)の取引所Coincheckでの口座開設~イーサリアム(ETH)を取引して購入するまでの流れをご紹介します。

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社



イーサリアム(Ethereum/ETH)の購入方法!まずは取引用口座の開設

※Androidの方はこちらの動画をご覧ください。

イーサリアム(ETH)を購入するには、まず暗号資産取引所に登録する必要があります。
今回はCoincheckを例に紹介していきます。

上掲している動画でもCoincheckへの登録方法を詳しく紹介しています。

Coincheckでイーサリアム(ETH)を取引するためには、仮想通貨の口座を開設していただく必要があります。ここでは、Coincheckで口座開設する流れを簡単にご紹介します。

1. アカウント登録

口座開設

Coincheckで口座開設するには、アカウント登録を行うことになります。

Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力します。パスワードは、アルファベットのみ、数字のみの単純なパスワードを設定するとエラーが出ますので、半角の英字と数字を混ぜたパスワードを設定するようにしましょう。

入力が終わったら「アカウント作成」ボタンをクリックすると、入力したメールアドレス宛に、Coincheckからメールが届きます。その文面にしるされたURLをクリックすれば、ブラウザの画面が切り替わり、アカウント登録の手続きが完了します。

2. SMS認証(電話番号認証)

本人確認
次に、本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。

Coincheckアカウントでログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押したら、サイトに表示される欄に、アカウントを登録したご本人様の携帯電話番号を入力していただきます。他人の携帯電話を借りて登録を行うことは、お断りしております。

そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了となります。

3. 本人確認を行う

本人確認

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:
「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

Webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください

参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

Coincheckでイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入する方法

イーサリアム(ETH)を購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。

アプリで日本円を入金する

銀行振込

日本円の入金を行うにはまずはアプリ画面で「入出金」をタップ。

銀行振込

入金の方法を選択し、表示された振込情報を確認し、指定口座に振込みます

・銀行振込
・コンビニ入金
・クイック入金
などの方法があります。

WEBで日本円を入金する

日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。

銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。

銀行振込

金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。

アプリで購入する

アプリで購入(ETH)
コインチェックアプリでイーサリアム(ETH)を購入する手順は、まずログインしてトップ画面から「ETH」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。

購入したいイーサリアム(ETH)の数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでETHを購入」をタップすることでイーサリアム(ETH)が購入できます。

購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。

WEBで購入する

コインを買う
WEB画面でイーサリアム(ETH)を購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。

ウォレットページから「コイン購入」を押して、イーサリアム(ETH)を選びましょう。次に、イーサリアム(ETH)の購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。

手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。

イーサリアム(ETH)購入や取引にかかる手数料は?

イーサリアムの手数料

イーサリアム(ETH)をはじめとした仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。

新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」や、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。

日本円の入金手数料

Coincheckでは、新規の入金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。

また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。

クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。

日本円の出金手数料

Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき407円となります。日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。

仮想通貨の送金手数料

また、Coincheckの口座から、Coincheck以外の別の仮想通貨口座へ送金する際の「仮想通貨の送金手数料」は、仮想通貨の種類によって額が異なります。

イーサリアム(ETH)は0.01ETHの負担となります。なお、Coincheckユーザー間の送金手数料は無料です。

※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。

イーサリアム(ETH)の現物取引とレバレッジ取引について

イーサリアムの現物取引
イーサリアム(ETH)を取引する方法には、「現物取引」があります。Coincheckの販売所で、イーサリアム(ETH)の現物取引が可能です。

現物取引は、購入した仮想通貨を送金したり売却したりする方法です。元々、現物取引とは、実体のある投資商品を実際に売り買いすることをいいます。

イーサリアム(ETH)は目で見ることも手で触ることもできませんが、口座に入っているイーサリアム(ETH)は、他人に送金したり、貸したりすることも可能です。それゆえに、口座内にあるイーサリアム(ETH)は「現物」となります。

※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。

イーサリアム(ETH)購入に関するよくある質問

ここではイーサリアム 購入に関するよくある疑問をまとめてご紹介します。

イーサリアムの購入におすすめの取引所はどこですか?

Coincheckは取引の画面などがシンプルで見やすく、初心者でも簡単に取引ができることが特徴です。

仮想通貨の値動きなどの画面が見やすく操作しやすいため、仮想通貨の取引に慣れていない方でも直観的に操作できることで定評があります。

また、Coincheckでは2020年10月現在、国内最多となるETHを含む14種類の通貨の売買が可能です。

コインチェックの詳細.登録方法はこちらから。

イーサリアムの購入にかかる手数料を教えてください

イーサリアムをはじめとした仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。

新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」や、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。

手数料の詳細はこちらをご覧ください

イーサリアムはいくらから購入できますか?

イーサリアムを購入する場合、暗号資産取引所のCoincheckでは500円から可能です

イーサリアム(ETH)とは?

イーサリアム(ETH)とは、仮想通貨としての役割だけではなく、「分散型アプリケーション」(DApps)を構築し実行するためのプラットフォームとして開発されました。

分散型アプリケーションとは

分散型アプリケーションとは、中央の管理者が存在しなくても自立的に動くアプリケーションのことです。

イーサリアム(ETH)をプラットフォームとして、さまざまなアプリケーションを開発することが可能です。このプラットフォーム上で、やりとりされることを想定した仮想通貨がイーサリアム(ETH)です。

Vitalik Buterinによって考案

イーサリアム(ETH)は、2013年当時19歳の若きロシア系カナダ人、Vitalik Buterinによって考案されました。

Vitalik Buterinは、幼いころから数学やプログラミングに才能を発揮していましたが、あるとき、国家や金融機関に支配されない「非中央集権」の通貨を作ることを目指すビットコイン(BTC)に魅了されました。

そして、ビットコイン(BTC)にはないスマートコントラクトという機能を追加した、画期的な仮想通貨を考案するに至ったのです。

イーサリアム(ETH)の特徴やメリットとは?

イーサリアム(ETH)
数多くの仮想通貨の中でも、大きな設計思想を持つイーサリアム(ETH)について、そのメリットを確認していきましょう。

ブロックチェーンに詳細な情報を書き込める

イーサリアム(ETH)の最大の特長は、スマートコントラクトを採用している点です。

スマートコントラクトとは、直訳すると「賢い契約」になります。スマートコントラクトは、ブロックチェーンに詳細な契約情報を記述できるしくみです。

例えば、ブロックチェーン技術を採用しているビットコイン(BTC)は、ある一定数の取引記録が1つのかたまり(ブロック)になって管理され、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように管理されていきます。スマートコントラクトでは、この取引の経緯や契約内容といった細かい情報まで記録することができます。

スマートコントラクトによって、細かく契約条件を定義できるので、契約条件を満たしたときに自動的に契約内容を実行させるといったことが可能です。また、取引内容を不正に書き換えることも難しくなります。

分散型アプリケーションが開発できる

分散型アプリケーションのプラットフォームであるイーサリアム(ETH)を基盤にして、さまざまなアプリケーションを開発することができます。

分散型アプリケーションは、従来のアプリケーションとは異なり、中央の管理者が存在しません。開発者の同意のもとで、第三者が改善していくこともできます。

イーサリアム(ETH)の今後のアップデートについて

イーサリアム(ETH)
イーサリアム(ETH)は、開発当初から4段階のアップデートが計画されています。

実際に社会の中で動かしていって、不都合がある点を修正しつつ、予定されていたアップデートを着々と進めているのです。

  • 第1段階「フロンティア(Frontier)」
  • 第2段階「ホームステッド(Homestead)」
  • 第3段階「メトロポリス(Metropolis)」
  • 第4段階「セレニティ(Serenity)」

第1段階のフロンティアはベータ版のようなものです。第2段階のホームステッドはフロンティアの進化版で、分散型アプリケーションが開発できるようになりました。

そして、第3段階のメトロポリスによって、匿名取引の機能が強化され、スマートコントラクトのしくみがよりシンプルで使いやすいものとなります。

第4段階のセレニティによって、承認アルゴリズムの変更を行い、利用者の急増にも耐えることができるようになる予定です。

セレニティ(イーサリアム2.0)の内容

2021年5月現在、イーサリアムのアップデートは4段階目の「セレニティ(別名:イーサリアム2.0)」の途中まで完了しています。4段階目のセレニティ(イーサリアム2.0)は、実装される機能が多くなることから、以下の4つのパートに分けて実施される予定です。

アップデート

イーサリアム(ETH)の過去チャートと価格推移を振り返る

イーサリアムチャート
出典:CoinGecko

上のグラフは、2016年から現在(2021年5月時点)までのにイーサリアム(ETH)の価格推移を表しています。大きく上昇した局面もあれば、急落した時期もあることがわかりますね。

この章では、大きく価格が変動した局面を切り取って、そのタイミングで何が起こったのか原因も合わせて解説します。過去の上昇、下降の要因を理解することで、よりイーサリアムを購入するタイミングが掴みやすくなるでしょう。

2016年3月:「ホームステッド」アップデートで急騰【500円→1,600円】

イーサリアムが誕生したのは、2013年11月のことです。当時19歳だったヴィタリック・ブテリンという少年が考案しました。イーサリアム誕生から2016年2月初旬までは1ETH=500円以下の水準で価格が推移していましたが、2016年2月頃から価格が大きく上昇しました。

イーサリアムチャート
出典:CoinGecko

価格が大きく上昇した原因としては、大規模なアップデートが関係していると考えられます。2016年3月15日には、イーサリアムの2回目のアップデートである「ホームステッド」の実施がありました。まさにこの3月15日、イーサリアムは登場以来最高値の1ETH=1,696円を突破しました。

2016年4〜6月:The DAOのICOで急騰【1,000円→2,100円】

イーサリアムチャート
出典:CoinGecko

「ホームステッド」実施後に一度価格は落ち着き、1ETH=1,000円水準まで戻りますが、再び価格は急騰に転じました。その理由としては、「The DAO」という大規模なプロジェクトのICOでイーサリアムが活用されたからと考えられます。ピークとなった2016年6月16日には、1ETH=2,148円にまで上昇しました。

しかし、The DAOのシステムの脆弱性を突いたイーサリアム盗難事件が起こり、価格は再度1ETH=1,000円前後まで急落しました。イーサリアムのブロックチェーン自体には問題はありませんでしたが、多くの投資家がイーサリアムのセキュリティーを問題視しました。このことをきっかけに、イーサリアムは分裂し、イーサリアムとイーサリアム・クラシックに分かれることになりました。

2017年2月:EEA発足後に価格急騰【1,000円→5,000円台】

イーサリアムチャート
出典:CoinGecko

The DAO事件の後は1ETH=1,000円前後を推移していましたが、2017年2月頃からまた価格が上昇し始めました。これは、2017年2月にEEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)が発足し、イーサリアムを企業がビジネスで活用する運気が高まったことが原因です。実用性のある通貨だという見方が広がり、将来性への期待感が高まりました。価格は上昇し続け、2017年5月下旬には初めて1ETH=5,000円台を突破しました。

その後もイーサリアムの価格は順調に伸び続け、2017年6月中旬には1EH=4万円台まで高騰しました。

2017年10月〜翌1月:「ビザンチウム」により急騰【5万円→16万円台】

イーサリアムチャート
出典:CoinGecko

2016年後半からはまたゆるやかに価格上昇の推移を見せていたイーサリアム。それでも1ETH=5万円台が最高でしたが、2017年10月以降、価格が一気に高騰します。2017年10月といえば、「メトロポリス」アップデートの第1段階である「ビザンチウム」が実装された月です。

また、その後も急騰が続いたもうひとつの理由として、2017年からイーサリアムを利用したICOプロジェクトが本格化したことが挙げられます。

2018年:ビットコインバブル&ICO規制により下落【16万円→1万円台】

イーサリアムチャート
出典:CoinGecko

2018年1月に1ETH=16万円台まで高騰したイーサリアムですが、それ以降は下降トレンドが続いています。2018年は1月以降価格が下がり続け、2018年末には1ETH=1万円台まで下がりました。

盛り上がっていたイーサリアムが下降に転じた理由としては、2つ考えられます。ひとつはビットコインバブルの影響です。2018年に入ってからビットコインの価格が下落し、それに伴ってイーサリアムを含むアルトコインも軒並み価格が下がりました。

そしてもうひとつはICO規制問題です。2017年9月に中国がICOによる資金調達を全面禁止にし、他の国でもICOを規制する動きが見られました。イーサリアムはICOに利用されることが多いため、ICO禁止はイーサリアムの価値を下げる要因となりました。

2019年2〜6月:「コンスタンティノープル」&復活期待で上昇【1.5万→3.6万円】

イーサリアムチャート
出典:CoinGecko

2019年に入ってから1ETH=1.5万円程度を推移していたイーサリアムですが、2月頃からじわじわと値を上げ始め、6月には1ETH=3.6万円台まで上昇しました。

2019年2月には、イーサリアムの「メトロポリス」アップデートの2段階目「コンスタンティノープル」が実装されました。実装後に価格が上がり始め、またこの頃からビットコインも上昇トレンドに乗ったため、仮想通貨の復活が期待され、価格が上昇したと考えられます。

2020年1月:「イスタンブール」「ミュア・グレイシャー」後に上昇トレンド【1万円台→3万円】

イーサリアムチャート
出典:CoinGecko

2019年12月8日に「メトロポリス」アップデートの3段階目「イスタンブール」、そして2020年1月2日に「ミューア・グレイシャー」のアップデートが実装されました。これをきっかけに価格は上昇トレンドとなり、1ETH=1万円台だった価格が3.6万円まで上がりました。

2020年3月:新型コロナウイルスの影響により下落【2.5万円→1.1万円】

イーサリアムチャート
出典:CoinGecko

2020年3月11日にWHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスについて、「パンデミック(世界的流行)の状態にある」と発表したことにより、市場全体に不安が蔓延。イーサリアムやビットコインをはじめとする、暗号資産全体の価格が急落しました。

2020年12月〜2021年1月:イーサリアム2.0「フェーズ0」運用開始&仮想通貨ブームにより急騰【6万円→11万円】

イーサリアムチャート
出典:CoinGecko

イーサリアムの最終アップデートである「セレニティ(イーサリアム2.0)」の運用が、2020年12月1日からスタートしました。

このニュースを受けて、2020年11月には4万円台だった価格は6万円台まで上昇。市場全体の上昇トレンドの影響もあり、2021年1月初旬には一気に11万円まで到達します。

2021年5月:過去最高値である約47万円を記録

イーサリアムチャート
出典:CoinGecko

仮想通貨ブームはその後も継続し、それに伴いイーサリアムの価格も順調に上昇していきます。そして、2021年5月13日には過去最高値を更新する約47万2,000円に達します。

しかし、同時期に米電気自動車大手のテスラがビットコインによる自社製品の決済を停止したことや、中国政府が金融機関や決済企業が暗号資産関連の業務を行うことを禁止したことを受けて、市場は一気に暗転。イーサリアムの価格も下落を続け、5月末には約27万円まで値を下げます。

イーサリアム(ETH)購入の取引所にCoincheckがおすすめな理由

Coincheckは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。

さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。