Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Coincheck(コインチェック)に関する記事一覧です。Coincheckのサービスやアプリなどに関する情報が掲載されています。

カテゴリー: Coincheck Tips

2020-05-17Coincheck Tipsネム(XEM)

2017年後半から2018年の年初にかけて大きく値上がりして話題になった仮想通貨の一つに、ネム(XEM)があります。 ネム(XEM)を購入できる仮想通貨の取引所は世界中に何カ所かありますが、この記事ではCoincheckをおすすめする理由や、ネム(XEM)を購入する手順についてみていきましょう。 仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは? ブロックチェーンを使って、新しいプラットフォームの開発を目的に作られたプロジェクトより生まれた仮想通貨が「ネム(XEM)」です。「新しい経済圏(New Economy Movement)」の頭文字をとって名付けられました。 ネム(XEM)というのは元々プラットフォームの名前で、プラットフォームで経済的な自由や平等、富の分散化を実現させようという目的を持って開発されました。XEMはプラットフォーム・ネムの中で流通している通貨の単位です。 下記で仮想通貨ネムの特徴を詳しく見ていきましょう。 ネム(NEM/XEM)の特徴1:承認スピードが速い ネム(XEM)は、取引の承認にかかる時間が短いのが特徴です。承認時間の長さは、ブロックを生成するまでにかかる時間の長さによって決まります。 ネム(XEM)がブロックを生成するまでにかかる時間は、約1分と言われています。ビットコイン(BTC)は新しいブロックが生成されるまでに最短で10分ほどかかることと比べると、その10分の1ほどであるネム(XEM)のブロック生成時間は圧倒的に短いことがわかります。 ネム(NEM/XEM)の特徴2:ハーベストによる承認作業 仮想通貨の代表格であるビットコインではマイニングによって、ブロックチェーン上の新たなブロックを生成しています。マイニングは、最も早く計算を解いた人だけがマイニングの報酬を受け取ることができる、勝者総取りのレースです。 このレースに勝つためには、高性能なコンピュータと冷却設備、そしてコンピュータを動かすための膨大な電力が必要になります。その点ネム(XEM)は、独自の承認作業であるハーベストを行っています。 コンセンサスアルゴリズムについて ビットコイン(BTC)のマイニングが採用しているコンセンサスアルゴリズムはProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)です。 一方、ネム(XEM)の採用しているProof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス)では、参加者の重要度に応じて、一定の条件を満たした人全員にランダムで報酬が与えられる仕組みとなっています。 PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)について PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)は、ネム(XEM)のネットワークを積極的に利用する人が利益を得られる仕組みになっているのが特徴です。具体的にはすでに保有している通貨の残高だけでなく、これまでに取引をした金額や取引した相手も考慮して重要度が決められています。 つまり、ハーベストでは勝者総取りのマイニングとは異なり、報酬を獲得できる確率が高いという特徴があるのです。そのため、必ずしもハイスペックなコンピュータやたくさんの電力を必要とすることなく承認作業に参加できます。 ネム(NEM/XEM)の特徴3:独自のブロックチェーンを利用している ネム(XEM)はハードフォークして誕生した仮想通貨ではなく、独自のブロックチェーンを利用して誕生したという特徴があります。 例えばビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)のハードフォークで生まれたもので、イーサリアムクラシック(ETC)はイーサリアム(ETH)のハードフォークで誕生したものです。 その点、ネム(XEM)は独自のブロックチェーンと承認方法を持つ仮想通貨であると言えるでしょう。 ネム(NEM/XEM)の特徴4:コミュニティ活動が活発 ネムはコミュニティ活動がさかんな仮想通貨です。 特に日本では、ネム(XEM)は人気のある仮想通貨の一つとなっており、2017年には東京にnem barが誕生しました。このようにネム(XEM)を決済通貨として支払いができる店舗が存在していることも、ネム(XEM)の人気ぶりを表しているといえるでしょう。 また、ネム(XEM)のロゴは許可なしに商用目的で使用したりアレンジしたりすることができます。そのため、ロゴをアレンジもせずに使ったり、ロゴをイメージしたグッズを独自で作成して販売するようなユーザーもたくさんいます。 他にも、ネム(XEM)はコミュニティイベントなども活発です。 ネム(NEM/XEM)購入にCoincheck(コインチェック)がおすすめの理由 ネム(XEM)を取引できる仮想通貨の取引所は世界中にありますが、仮想通貨の初心者には国内大手取引所の一つであるCoincheckがおすすめです。理由は次の3つです。 初心者でも簡単に口座開設が可能 1つ目は、初心者でも簡単に口座開設ができることが挙げられます。メールアドレスまたはFacebookのアカウントで、すぐに会員登録が可能です。 Coincheckのアカウント登録はこちら 取り扱い仮想通貨の種類が豊富 2つ目は、Coincheckはネム以外にもビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの取り扱いがあり、取引できる仮想通貨の種類が多いことです。 通貨ごとに使う取引所を分けるという考え方もありますが、1カ所でいろいろな通貨の取引ができるとポートフォリオの組み換えが簡単にできるため、便利に感じる人は多いでしょう。 取引画面が見やすい 3つ目はパソコン、スマホアプリともに初心者の人にも取引の画面が見やすく、わかりやすくできているということが挙げられます。 口座開設から購入までの手順が簡単なため、初心者でも操作ミスをすることなく購入しやすくなっています。 Coincheck(コインチェック)の口座開設方法 Coincheckでネム(XEM)を購入するためには、まず取引用の口座を開設しその口座に入金することになります。Coincheckで口座を開設するには、事前にアカウントの登録作業をすることになります。 Coincheckのアカウント登録はこちら アカウント登録 まずは公式サイトからメールアドレスとパスワードを入力して登録しましょう。 アカウントを作成すると、登録したメールアドレスにメールが送信されます。メールに記載されたリンク先に遷移するとメールアドレスが正しいことがチェックされ、アカウント登録が完了します。 Facebookユーザーであれば、Facebookのアカウントを使ってのユーザー登録も可能です。Facebookにログインしたままの状態で、Coincheckの公式サイトの「Facebookで10秒で登録」をクリックしましょう。 SMS認証(電話番号認証) その後、本人確認のためにSMS認証の手続きに移ります。 Coincheckにログインすると「本人確認書類を提出する」という緑色のボタンが表示されますので、そのボタンをクリックして携帯電話の番号を入力します。 次に「SMSを送信する」を押して携帯電話に届いた「認証コード6桁」を、Coincheckのサイトにある「送信された認証コード」に入力するとSMS認証は完了です。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について コインチェックアプリでのネム(NEM/XEM)の購入方法 Coincheckでは、専用アプリを使えば簡単にネム(XEM)が購入できます。ここではスマホでネム(XEM)を購入する手順を見てみましょう。 コインチェックアプリで仮想通貨を購入するには、あらかじめアプリのインストールが必要です。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、ネム(XEM)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ネム(XEM)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 ウェブ画面でのネム(NEM/XEM)の購入方法 続いて、ウェブ画面でネム(XEM)を購入する方法を確認しておきましょう。 まずは、Coincheckにログインして画面にある「ウォレット」を選択します。続いてウォレットページの「コインを買う」をクリックしてネム(XEM)を選択しましょう。 そして、購入するネム(XEM)の数量を指定します。算出される購入金額をよく確認して「OK」をクリックすれば購入完了です。 詳しくはこちら:ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法についてはこちら ネム(NEM/XEM)の購入や送金にかかる手数料 Coincheckでネム(XEM)を取引する時の手数料にはどのようなものがあるのでしょうか。 入金手数料 最初にかかる手数料には入金手数料があります。 入金手数料とは、Coincheckの指定口座へ、仮想通貨を購入するための資金を入金する際にかかる手数料のことです。 入金を銀行振込で行う場合の手数料は無料です。ただし、銀行からCoincheckの口座に振り込む際の振込手数料はユーザーの負担となる点に注意しましょう。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 送金手数料 ネム(XEM)の取引に慣れてくると、Coincheckの口座から他の取引所の口座やウォレットなどに送金をするケースも出て来ることでしょう。 そのような場合にかかるのは送金手数料です。ネム(XEM)を他の口座などに送金するときにかかる手数料は0.5XEMとなっています。ただし、コインチェックユーザー同士の送金には手数料はかかりません。 出金手数料 利益確定して日本円として出金するときにかかる手数料を、出金手数料といいます。Coincheckの出金手数料は一律407円となっています。 どの金融機関に出金しても送金手数料は変わりませんが、送金先の口座から現金を引き出すときに手数料がかからないよう、利用している金融機関の手数料をチェックして、できるだけトータルでかかるコストを抑える工夫も大切です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 ネム(NEM/XEM)の過去チャートや今後の将来性について ネム(XEM)は2017年の春先から値上がりを始め、2017年末にかけて100円台を超える値上がりを見せました。ところが、2018年には値上がり前の水準に戻ってしまっています。 日本ではビットコイン(BTC)の知名度が高いため、他の仮想通貨はそこまで目立たない存在かもしれません。 しかし実はネム(XEM)はセキュリティが高く、優れた決済システムを持つ仮想通貨の一つです。サイバーセキュリティに関する調査では、ビットコイン(BTC)などの主要仮想通貨の中でも、ネム(XEM)が高い安全性を持っていることが評価されたこともありました。 カタパルトへの期待 また、今後予定されているカタパルトという機能が実装されると、決済スピードに関してもビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を圧倒する水準になると言われています。 他にも、例えば決済手段としての価値は、セキュリティとスピードだけではなく、コスト面も重要な点です。その点、ネム(XEM)の送金手数料はビットコイン(BTC)の50分の1といわれています。 さらに、ネム(XEM)はすべての取引を追跡できる透明性も有しているため、実用的な決済システムとしての大きな可能性を秘めているともいえるでしょう。 実際に、ネム(XEM)で決済できる店舗やサービスは以前よりも確実に増えています。通貨として利用できる場所が増えれば、自然にネムの価値も高まっていくと考えられます。 コミュニティ活動が活発 上述したように、ネム(XEM)は組織だけでなくコミュニティ活動が活発な仮想通貨です。ネム(XEM)の有志による活動は、東南アジア、オーストラリア、インドネシア、ニュージーランドなど世界的な広がりをみせています。 日本では2018年11月にネム・ジャパンという非営利組織が設立されました。この組織は、ネム財団の日本法人として設立されたもので、ネム(XEM)のブロックチェーンテクノロジーを普及推進するという目的を持っています。 ネム(XEM)を採用している企業のサポートや、ブロックチェーン技術の採用を検討している企業に対して、ネム技術の情報提供をしていく予定です。 さらに、ネム(XEM)の取り扱いを希望する仮想通貨交換事業者に、安全に通貨の取り扱いができるようなサポート環境を提供していきます。 ネム・ジャパンと近畿大学の協力 また、2018年12月にはネム・ジャパンと近畿大学の協力が発表されました。 近畿大学は仮想通貨とブロックチェーンに積極的な大学で、過去には政治分野にブロックチェーンを活用したトークイベントを開催するなどの実績があります。 日本はブロックチェーン技術の認識や技術者の養成などの面で、世界に遅れをとっていると言われることもあります。それもあってか、ネム・ジャパンと近畿大学の協力などによって、ブロックチェーン業界が発展することも期待されています。 一時期に比べるとネム(XEM)は価格を下げていますが、こうした状況を踏まえると、ネム(XEM)は十分な実用性と将来性のある仮想通貨であるとも考えられるでしょう。 まずはCoincheck(コインチェック)に口座開設しよう ネムを購入するなら、誰でも簡単に始めやすく、アルトコインの取り扱い数も豊富なCoincheckがおすすめです。 Coincheckは口座開設が簡単にでき、初心者から上級者までたくさんのユーザーから使い勝手がよいと評価されています。 この機会に仮想通貨の取引したくなったら、すぐにでも始められるCoicnheckでまずは口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

世界の大手銀行がネットワークに参加することで話題になった仮想通貨のリップル(XRP)。 リップル(XRP)はビットコイン(BTC)の送金時間や手数料の問題を解消するコインとして、注目を集めているコインです。この記事ではリップル(XRP)の特徴やCoincheckでの購入手順についてみていきましょう。 仮想通貨リップル(Ripple/XRP)とは? リップル(XRP)は、2012年にアメリカのRipple Inc.によって開発された送金・決済システムです。リップル(XRP)のシステム内で使われている基軸通貨も、同じリップル(XRP)という名前がつけられています。 リップル(XRP)は仮想通貨間だけでなく、各国の通貨と両替できるのが特徴です。リップル(XRP)はあらゆる場所に「価値=お金」を届けることのできる世界を目指して開発された仮想通貨といえます。 ブリッジ通貨としての役割 他の仮想通貨にないリップル(XRP)だけが持つ特徴は、通貨同士の媒介をするブリッジ通貨としての役割を持っていることです。 たとえば、日本からアメリカに送金をする場合のことを考えてみましょう。従来の国際送金システムを利用して銀行間で送金する場合は、最初に日本円から米ドルに両替する必要があります。 加えて、国際送金の際には他の銀行を中継するため、その都度手数料が発生することになります。また、各国の営業時間の都合や確認作業のため、相当の時間がかかるのが一般的です。 国際送金の手数料や時間の問題を解決 一方、リップル(XRP)のブリッジ通貨機能を活用すると、こうした手数料と時間の問題の大部分を解消できます。また、円やドルなどのメジャーな通貨以外にも、バーツやペソなどの通貨ペアの変換も想定されています。 現在の国際送金では、米ドルがブリッジ通貨としての役割を担っていますが、リップル(XRP)を使えば米ドルをあらかじめたくさん蓄えておく必要がなくなるため、コストの抑制につながると期待されているのです。 このように、リップル(XRP)がブリッジ通貨として銀行間のネットワークで利用できるようになると、グローバル化の進んだ現代で重宝する企業も多いと考えられています。 銀行口座を持っていない人の存在 私たち日本人は銀行口座を持っていることは当たり前のことですが、世界で見ると銀行の口座を持っている人は決して多くはありません。世界人口の約半数の人は金融機関の口座を持っていないというデータからも、既存のシステムでは限界があることがわかります。 そのため、リップル(XRP)は携帯電話のショートメールを活用して送金できるような世界を目指して作られました。携帯電話は発展途上国でも保有率が高く、一人で何台も保有している人も存在します。世界はそのような状況にありますので、リップル(XRP)は大きな可能性を持っているといえるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)の特徴1:送金のスピードが早い リップル(XRP)の特徴の1つは、送金スピードの速さです。 リップル(XRP)の公式サイトによると、毎秒1000件の取引を処理できる能力があるリップルの送金は4秒で完了すると言われています。取引に1時間以上かかるビットコイン(BTC)と比べると、リップル(XRP)の送金スピードが群を抜いていることがわかるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)の特徴2:発行枚数が減っていく 特徴の2つ目は、取引が行なわれるごとに発行枚数が減っていく仕組みであることです。最初の仮想通貨であるビットコイン(BTC)は発行枚数が2100万枚に設定されており、マイニングによって流通枚数が増える仕組みになっています。 一方、リップル(XRP)は公開当初に1000億枚すべてが発行されており、今後発行枚数が増えることはありません。ネットワーク上で取引が行なわれるたびにリップル(XRP)が減る仕組みになっていることから、取引がされればされるほどリップル(XRP)の価値が上がっていくようにできています。 時間が経つほどにリップル(XRP)の希少性が高まるため、価値も上昇していくと考えられているのです。 リップル(Ripple/XRP)の特徴3:送金手数料が安い リップル(XRP)の送金システムを利用して送金する場合、既存の国際送金よりも大幅に手数料を抑えられるようになります。 たとえば、日本円から米ドルに両替する場合は高い手数料がかかります。現金の流通には偽札が混入するリスクや盗難リスクなどがあるため、輸送・流通コストがかかります。 その点、日本円からリップル(XRP)、リップル(XRP)から米ドルに両替すればかなりのコストを抑えることが可能です。リップル(XRP)は銀行間の送金システムとして活用されるだけでなく、今後は企業や個人の決済手段として活用される可能性もあるでしょう。 リップル(Ripple/XRP)の特徴4:取引履歴を確認できる ビットコイン(BTC)などと同じように、リップル(XRP)にもブロックチェーン技術が応用されています。ブロックチェーンとは、送金や入金などの取引記録を入れたブロックを時系列に鎖のようにつなげて管理する仕組みのことです。 ブロックチェーン上での取引はすべて公開されており、インターネット上で誰でも確認できるようになっています。また、ブロックチェーンはネットワーク内の参加者が所有権の記録を分散して管理できるようになるため、不正な取引や二重使用などを防止できるようになっています。 取引履歴を分散して記録していることから、障害が発生しづらくシステムダウンがしにくくなっていることも特徴です。ただし、リップル(XRP)のアドレスは、一部を除いて個人情報とアドレスが紐付いていないので、匿名性が保たれています。 リップル(Ripple/XRP)を購入するならCoincheck(コインチェック) 2018年12月末時点にて、リップル(XRP)はビットコイン(BTC)に次いで時価総額が大きな仮想通貨であるため、多くの仮想通貨の取引所で取り扱いがあります。 ただし、初めてリップル(XRP)などの仮想通貨を購入するなら、Coincheckが便利です。 初心者でも簡単に口座開設が可能 理由の1つ目は、Coincheckは初心者でも簡単に口座開設ができることが挙げられます。仮想通貨を始めるときにCoincheckで口座を開設した人なら、新たに口座を開設する手間なくすぐにリップル(XRP)を購入することができます。 取り扱い仮想通貨の種類が豊富 Coincheckは、ビットコイン(BTC)はもちろん、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)など取引できる仮想通貨の種類が多いため、今後保有するコインの種類を増やしたいときにも気軽に購入できます。 取引画面が見やすい また、Coincheckは操作性にも優れています。PC、スマホアプリともに取引画面が見やすいデザインになっており、誰でも容易に操作することができます。 まずCoincheck(コインチェック)で口座開設 Coincheckでリップル(XRP)を購入するには、まずは取引口座の開設が必要です。その後に、口座へ入金します。その手順を詳しくみていきましょう。 Coincheckで口座を開設するには、事前にアカウントの登録作業をすることになります。公式サイトからメールアドレスとパスワードを入力して登録しましょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら アカウントを作成すると、登録したメールアドレスにメールが送信されます。メールに記載されたリンク先に遷移するとメールアドレスが正しいことがチェックされ、アカウント登録が完了します。 Facebookユーザーであれば、Facebookのアカウントを使ってのユーザー登録も可能です。Facebookにログインしたままの状態で、Coincheckの公式サイトの「Facebookで10秒で登録」をクリックしましょう。 SMS認証(電話番号認証) その後、本人確認のためにSMS認証の手続きに移ります。 Coincheckにログインすると「本人確認書類を提出する」という緑色のボタンが表示されますので、そのボタンをクリックして携帯電話の番号を入力します。 次に「SMSを送信する」を押して携帯電話に届いた「認証コード6桁」を、Coincheckのサイトにある「送信された認証コード」に入力するとSMS認証は完了です。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について コインチェックアプリでのリップル(Ripple/XRP)購入方法 コインチェックアプリでリップル(XRP)を購入する方法をみていきましょう。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、リップル(XRP)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリをダウンロードして立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、リップル(XRP)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 ウェブ画面でのリップル(Ripple/XRP)の購入方法 次に、ウェブ画面でリップル(XRP)を購入する方法を確認しておきましょう。 まずは、Coincheckにログインして画面にある「ウォレット」を選択します。続いてウォレットページの「コインを買う」をクリックしてリップルを選択しましょう。 その後、購入数量を指定して購入金額を確認し、「OK」をクリックすれば購入手続きが完了します。 リップル(Ripple/XRP)の購入や送金にかかる手数料 Coincheckでリップル(XRP)の取引をする際にはどのような手数料がかかるのでしょうか。 手数料の種類には「入出金手数料」「送金手数料」「出金手数料」などがあります。それぞれを詳しくみていきましょう。 入金手数料 最初にチェックしておく手数料は入金手数料です。Coincheckの口座への入金を銀行振込で行う場合、Coincheck側の手数料は無料となっています。ただし、銀行の振込手数料はユーザー負担となっている点に注意してください。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 送金手数料 次に押さえておきたいのは、送金手数料です。リップル(XRP)を送金する際にかかる手数料は、0.15XRPとなっています。ただし、Coincheckのユーザー同士で送金する場合には無料です。 出金手数料 最後に、利益確定をした後にCoincheckの口座から銀行口座などに出金する際にかかる出金手数料をみてみましょう。こちらは、一律407円となっています。 日本円を引き出す側の銀行口座などは利用条件を確認し、できるだけ手数料のかからないところを選ぶようにすると、全体でかかるコストを最小限に抑えることができます。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 リップル(Ripple/XRP)の過去チャートについて 2012年に公開されたリップル(XRP)は、どのような値動きをしてきたのでしょうか。公開から20014年頃まで、リップルは1XRP=1円未満でした。 ところが、仮想通貨元年といわれた2017年には急上昇し、1XPR=45円台を記録しています。 その後、2018年1月には1XRP=350円にまで上昇しましたが、同年11月時点に値上がり前の水準に戻り、12月時点では1XRP=40円台前半を推移しています。 リップル(Ripple/XRP)の将来性について リップル(XRP)を開発したリップル社は世界中の銀行などの金融機関にリップル(XRP)を採用してもらうことを目指して、大規模なプロジェクトを進行中です。 進行中のプロジェクトはいくつかありますが、先頭に立っているのが「リップル・プロジェクト」と呼ばれるプロジェクトです。 このプロジェクトは銀行間を分散型台帳のネットワークで結び、そうすることで国際送金を安くて早いものにしようと目指しています。 プロジェクトには大手銀行も参加 当初、このプロジェクトには中小の銀行しか参加していませんでしたが、2016年からは大手有力行が続々と参加を表明していることで注目を集めました。日本からも、メガバンクである三菱UFJ銀行やみずほ銀行などがすでに参加しています。 2018年5月には、三菱UFJフィナンシャル・グループと三菱商事は日本で初めてとなるリップルの海外送金実験を行いました。実験の結果、わずか数秒で送金が完了したことが確認されています。 内外為替一元化コンソーシアム リップル・プロジェクトがグローバルに展開しているのと並行して、日本でもリップルの仕組みを利用した海外送金や国内送金を行う動きが活発になっています。 「内外為替一元化コンソーシアム」と呼ばれるこのプロジェクトは、リップル社とSBIホールディングスの合弁会社であるSBI Ripple Asia株式会社が事務局を務めています。 ブロックチェーン技術に対する地域銀行などの関心が高まったことで、2017年8月時点には61行の金融機関が参加するコンソーシアムとなりました。 このコンソーシアム内でも送金の実証実験が成功していることから、今後は実用化に向けての発展が期待されています。 リップル(Ripple/XRP)の今後の動きに注目しよう リップル・プロジェクトは世界の大手銀行がネットワークの導入を表明しているため、今後リップルが世界の経済インフラを支える役割を担う可能性が秘めています。 リップル(XRP)は仮想通貨の中では実用面での導入が進んでいることから、将来性を期待されている通貨の1つであるといえるでしょう。 リップル(XRP)の価格上昇にそれらのプロジェクトが直接的に貢献するとは言い切れませんが、リップル(XRP)の長期的な値上がりに期待している方は、引き続きリップル(XRP)に関するニュースについては注視しておくのが良いでしょう。 これからリップル(XRP)を購入しようと考えている人には、簡単に口座開設ができるCoincheckを利用されてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の取引所Coincheckなら、仮想通貨ライトコイン(LTC)をパソコンやスマホアプリから買いたい時にすぐ買えます。 今回は仮想通貨ライトコイン(LTC)の特徴や、Coincheckの口座開設や購入方法など、初心者にもわかりやすく基本的なことをまとめましたのでご紹介します。 取引所Coincheckでライトコイン(Litecoin/LTC)がすぐ買える理由 パソコンやスマートフォンに対応 Coincheckではパソコンはもとよりスマートフォンでも、簡単にライトコイン(LTC)を買うことができます。 コインチェックアプリをインストールしたスマートフォンがあれば、移動中や出先でもいつでも簡単に購入が可能です。 初心者の方でも使いやすいシンプルなデザイン Coincheckのウェブサイトは、デザインが見やすく、使いやすいと仮想通貨投資の初心者の方にも定評があります。 Coincheckのスマートフォンのアプリは操作性に優れ、わずかなクリックでライトコイン(LTC)が買えます。さらに、リアルタイムで価格もチェックできるため、投資チャンスを逃がしません。 ワンコイン500円から買える Coincheckではライトコイン(LTC)の最低購入金額は500円です。口座開設も無料で行えます。 ワンコインでライトコイン(LTC)など仮想通貨の投資を始めることができます。 Coincheckでのライトコイン(Litecoin/LTC)の購入方法 ライトコイン(LTC)を買うにはCoincheckで口座を開設する必要がありますので、その手順をご紹介します。 STEP1:Coincheckへアカウントを登録 Coincheckのサイトからメールアドレスとパスワードを入力します。 入力終了後、「アカウント作成」ボタンをクリックします。 入力したメールアドレスにCoincheckからメールが届きます。 メールに指示されたURLをクリックします。 ブラウザーの画面が切り替わってアカウント登録の手続きが完了となります。 Facebookアカウントがある方のアカウント登録 - Coincheckのサイトの「Facebookで10秒登録」を押します。 - アカウントが作成、登録されます。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckではアカウントを登録すれば仮想通貨の購入・売買は可能ですが、日本円の出金・送金などができません。全ての機能を利用するためには、本人確認の手続きが必要です。 STEP2:SMS認証(電話番号認証) - Coincheckアカウントへログインします。 - 「本人確認書類を提出する」と表記された緑色のボタンを押します。 - サイトに表示される欄に携帯電話番号を入力します。 - 「SMSを送信する」を押します。 - 携帯電話にSMS(ショートメッセージ)で6桁の認証コードが届きます。 - 認証コードをサイトの「送信された認証コード」に入力します。 - SMS認証が完了となります。 STEP3:本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について ライトコイン(Litecoin/LTC)を買いたい時にすぐ買えるのがCoincheck Coincheckのウェブ画面から、仮想通貨ライトコイン(LTC)を購入する手順を簡単にご紹介します。 STEP1:日本円を入金 - 「ウォレット」をクリックします。 - 左メニューの「日本円を入金する」をクリックします。 - Coincheckの指定口座に日本円を振り込みます。 - 登録アカウントに資金が反映されたら購入が可能になります。 ※振り込み完了後、アカウントに反映されるまで時間がかかることがあります。 STEP2:ライトコイン(LTC)を購入 - 「コインを買う」のページから「ライトコイン(LTC)」を選びます。 - 購入したい数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。 - 確認後、「購入する」ボタンを押せば購入は完了です。 続いて、コインチェックアプリで購入する手順を簡単にご紹介します。アプリで仮想通貨を購入するためには、まずコインチェックアプリをインストールします。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、ライトコイン(LTC)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ライトコイン(LTC)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です 詳しくはこちら:ライトコイン(Litecoin/LTC)取引の口座開設から購入方法を解説 ライトコイン(LTC)の売買にかかる手数料は? Coincheckでライトコイン(LTC)を売買する際にかかる手数料についてです。 日本円の入金手数料 日本円の入金にかかる手数料は無料です(銀行の振込手数料は発生します)。通常の振り込み作業と変わりません。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 送金手数料 ライトコイン(LTC)購入後、アカウントのウォレットへ送金される際にかかる手数料は0.001LTCです。Coincheckユーザーアカウント宛てであれば、この手数料も無料となります。 日本円の出金手数料 また、日本円を出金する際の手数料は一律407円です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?ビットコイン(BTC)を改善して誕生 ライトコイン(LTC)は2011年10月に誕生した仮想通貨です。 ビットコイン(BTC)から派生したアルトコインで、ビットコイン(BTC)の課題であるスケーラビリティ問題の解消を目指して誕生しています。 スケーラビリティ問題とは、ビットコイン(BTC)のブロックチェーン(分散型台帳)のブロックサイズが1メガバイト(MB)と小さいために生じる問題です。 具体的には、ビットコイン(BTC)の取引の件数が多くなると、ブロックサイズが不足して送金や取引承認に時間がかかり、その結果、ビットコイン(BTC)の送金手数料が高くなるなどの問題です。 ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)よりも取引承認が短時間でできるため、ビットコイン(BTC)よりも迅速に決済できるなどの特徴を持ちます。 また、ビットコイン(BTC)が金ならばライトコイン(LTC)は銀とたとえられることもあり、日本よりも海外、特にアメリカで人気が高い仮想通貨と言われています。 ライトコイン(Litecoin/LTC)の主な特徴は? ビットコイン(BTC)の約4倍の処理速度 ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)よりもブロックのつくられる時間が速いという特徴があります。 そのため、ビットコイン(BTC)の約4倍もの処理速度を実現し、迅速な送金を可能にしました。また、データ圧縮技術であるSegwit(セグウィット)も実装しています。 Segwit(セグウィット)とは、取引データを圧縮することでデータ量を増量するような技術です。マイニング費用が減少し、送金手数料もより安くなります。 さらに改ざんのおそれがある部分は、取引データから分離させ違う場所で保管し、悪意のある第三者による取引データの改ざんを阻止します。 ライトニングネットワークにも対応 Segwit(セグウィット)を実装することで、現在開発中のライトニングネットワークにも対応することができます。 ライトニングネットワークとは、ネットワークで直接結びついていない者がブロックチェーン外部で承認なしでも決済ができるようなシステムです。 高速で高効率、安全性が高く手数料も低額であるため、少額支払を可能にするかもしれないものとして注目されています。 アトミックスワップで異なる仮想通貨の当事者取引を可能に アトミックスワップとは、取引所などの信頼できる第三者の仲介なしで異なる仮想通貨の安全な交換を可能にする技術のことです。 第三者の仲介を省くことで取引速度を向上させると共に、持ち逃げなど不正な取引のリスクも減少することができます。テスト段階では成功していることから、実装も間近と期待されています。 セキュリティ強化策として2段階認証をお忘れなく 仮想通貨の取引を始める上で、アカウントのセキュリティを高める2段階認証設定は必須です。 2段階認証設定とは、パソコンとスマートフォンなど、異なる2つの端末で認証されなければ操作できないセキュリティ設定です。設定したログインパスワードに、スマートフォンのアプリを使って発行される認証コードでもう一段階の認証をします。 2段階認証を設定しておけば、万が一アカウント情報が漏えいしても、ユーザー名とパスワードのみではログインも引き出しもできません。 Coincheckでは代表的な2段階認証アプリ「Google Authenticator(グーグル オーセンティケーター)」の利用をおすすめしています。 2段階認証の設定方法 登録メールアドレスとパスワードでログインすると2段階認証画面が表示されます(登録したFacebookでのログインも可能です)。 認証アプリ「Google Authenticator(グーグル オーセンティケーター)」をダウンロードして起動します。 2段階認証画面で表示された6桁のパスコードを入力します。 パスコードを入力後、送信を選択します。 正しいパスコードが入力されるとログイン状態となり、ウォレットおよび取引所を利用することができるようになります。 2段階認証設定は難しくありませんので、Coincheckに口座を開設後は必ず設定しておきましょう。

仮想通貨の取引所Coincheckなら、仮想通貨リスク(Lisk/LSK)をパソコンやスマホアプリから、買いたい時にすぐ買えます。 今回は仮想通貨リスク(LSK)の特徴や、Coincheckの口座開設や購入方法など、初心者にもわかりやすく基本的なことをまとめましたのでご紹介します。 仮想通貨取引所Coincheckでリスク(Lisk/LSK)がすぐ買える理由 パソコンやスマートフォンに対応 Coincheckではパソコンはもとよりスマートフォンでも、簡単にリスク(LSK)を買うことができます。 コインチェックアプリをインストールしたスマートフォンがあれば、移動中や出先でもいつでも簡単に購入が可能です。 初心者の方でも使いやすいシンプルなデザイン Coincheckのウェブサイトは、デザインが見やすく、使いやすいと仮想通貨投資の初心者の方にも定評があります。 Coincheckのスマートフォンのアプリは操作性に優れ、わずかなクリックでリスク(LSK)が買えます。さらに、リアルタイムで価格もチェックできるため、投資チャンスを逃がしません。 ワンコイン500円から買える Coincheckではリスク(LSK)の最低購入金額は500円です。口座開設も無料で行えます。ワンコインでリスク(LSK)など仮想通貨の投資を始めることができます。 仮想通貨取引所Coincheckでのリスク(Lisk/LSK)購入方法 リスク(LSK)を買うにはCoincheckで口座を開設する必要がありますので、その手順をご紹介します。 STEP1:Coincheckへアカウントを登録 Coincheckのサイトからメールアドレスとパスワードを入力します。 入力終了後、「アカウント作成」ボタンをクリックします。 入力したメールアドレスにCoincheckからメールが届きます。 メールに指示されたURLをクリックします。 ブラウザーの画面が切り替わってアカウント登録の手続きが完了となります。 Facebookアカウントがある方のアカウント登録 - Coincheckのサイトの「Facebookで10秒登録」を押します。 - アカウントが作成、登録されます。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckではアカウントを登録すれば仮想通貨の購入・売買は可能ですが、日本円の出金・送金などができません。全ての機能を利用するためには、本人確認の手続きが必要です。 STEP2:SMS認証(電話番号認証)で本人確認 - Coincheckアカウントへログインします。 - 「本人確認書類を提出する」と表記された緑色のボタンを押します。 - サイトに表示される欄に携帯電話番号を入力します。 - 「SMSを送信する」を押します。 - 携帯電話にSMS(ショートメッセージ)で6桁の認証コードが届きます。 - 認証コードをサイトの「送信された認証コード」に入力します。 - SMS認証が完了となります。 STEP3:本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について リスク(Lisk/LSK)を買いたい時にすぐ買えるのがCoincheck Coincheckのウェブ画面から、仮想通貨リスク(LSK)を購入する手順を簡単にご紹介します。 STEP1:日本円を入金 - 「ウォレット」をクリックします。 - 左メニューの「日本円を入金する」をクリックします。 - Coincheckの指定口座に日本円を振り込みます。 - 登録アカウントに資金が反映されたら購入が可能になります。※振り込み完了後、アカウントに反映されるまで時間がかかることがあります。 STEP2:リスク(LSK)を購入 - 「コインを買う」のページから「リスク(LSK)」を選びます。 - 購入したい数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。 - 確認後、「購入する」ボタンを押せば購入は完了です。 続いて、コインチェックアプリで購入する手順を簡単にご紹介します。アプリで仮想通貨を購入するためには、まずコインチェックアプリをインストールします。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、リスク(LSK)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、リスク(LSK)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です 詳しくはこちら:リスク(Lisk/LSK)取引の口座開設から購入方法を解説 そもそもリスク(Lisk/LSK)とは?分散型アプリケーションプラットフォーム リスク(LSK)は、2016年5月に誕生したアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)です。分散型アプリケーションプラットフォームと呼ばれることもあります。 分散型アプリケーションとは、特定の中央管理者を持たずに、ブロックチェーンを利用して自律的に動くアプリケーションのことを言います。ブロックチェーンとは、過去の取引をブロックとしてまとめ、チェーン状にした分散型の台帳管理システムのことをさします。 仮想通貨の取引では、その台帳をネットワーク上のすべての人が持つことができます。誰でも閲覧でき、改ざんは不可能とされている点が特徴です。 詳しくはこちら:仮想通貨リスク(LSK)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 リスク(Lisk/LSK)の主な特徴は? 契約情報を自動的に記録できるスマートコントラクトを実装 スマートコントラクトとは、あらゆる契約の自動化を意味するものです。ブロックチェーンに、取引記録のみならず契約情報も記録できます。 リスク(LSK)なら書面上で作成された契約はもちろん、さまざまな取引行動をプログラム化、自動的に実行可能です。 例えば不動産取引などでは、これまでのような不動産業者の仲介を必要とせずに、安全・公正な契約が可能になると言われています。 トラブルや改善などに強いサイドチェーンに対応 リスク(LSK)では、メインのブロックチェーン以外にサイドチェーンがつくれます。これにより処理能力が高くなり、軽快な動作を実現しています。 新しい機能を実装する時も、メインのブロックチェーンを変えずに行うことができ、ハッキングなど外部からの攻撃やトラブルにも強いメリットがあります。 世界標準のプログラミング言語JavaScript(ジャバスクリプト)を採用 リスク(LSK)は、契約情報の記述言語にエンジニアにはおなじみのJavaScript(ジャバスクリプト)を採用しています。 そのため、バージョンアップや新しいサービスなどの開発に参入しやすくなっています。 DPoS(デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク)アルゴリズムを採用 リスク(LSK)は、マイニング(仮想通貨取引の承認作業)に、一般的なPoS(プルーフ・オブ・ステーク)システムではなく、DPoS(デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク)アルゴリズムを採用しています。 DPoSアルゴリズムとは、 Delegated Proof of Stake (デリゲート・プルーフ・オブ・ステーク)の略称です。 PoSは、簡単に言うとコインの保有量が多い人がブロックの承認を行いますが、DPoSではリスク(LSK)の保有者のうち、投票で選ばれた上位101人がフォージング(ビットコインのマイニングに該当)を行います。 これによって取引速度が向上したり、不正などができにくいなどのメリットがあります。 リスク(Lisk/LSK)の売買にかかる手数料は? Coincheckでリスク(LSK)を売買する際にかかる手数料についてです。 日本円の入金手数料 日本円の入金にかかる手数料は無料です(銀行の振込手数料は発生します)。通常の振り込み作業と変わりません。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 送金手数料 リスク(LSK)購入後、アカウントのウォレットへ送金される際にかかる手数料は0.1LSKです。Coincheckユーザーアカウント宛てであれば、この手数料も無料となります。 日本円の出金手数料 また、日本円を出金する際の手数料は一律407円です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 セキュリティ強化策として2段階認証をお忘れなく 仮想通貨の取引を始める上で、アカウントのセキュリティを高める2段階認証設定は必須です。 2段階認証設定とは、パソコンとスマートフォンなど、異なる2つの端末で認証されなければ操作できないセキュリティ設定です。設定したログインパスワードに、スマートフォンのアプリを使って発行される認証コードでもう一段階の認証をします。 2段階認証を設定しておけば、万が一アカウント情報が漏えいしても、ユーザー名とパスワードのみではログインも引き出しもできません。 Coincheckでは代表的な2段階認証アプリ「Google Authenticator(グーグル オーセンティケーター)」の利用をおすすめしています。 Coincheckでの2段階認証の設定方法 Coincheckでの2段階認証の設定方法は、以下になります。 登録メールアドレスとパスワードでログインします 2段階認証画面が表示されます(登録したFacebookでのログインも可能です) 認証アプリ「Google Authenticator(グーグル オーセンティケーター)」をダウンロードします 起動して2段階認証画面で表示された6桁のパスコードを入力します パスコードを入力後、送信を選択します 正しいパスコードが入力されるとログイン状態となります ウォレットおよび取引所を利用することができるようになります 2段階認証設定は難しくありませんので、Coincheckに口座を開設後は必ず設定しておきましょう。

ファクトム(FCT)は、仮想通貨の将来に期待する人々から、注目されているコインの1つです。 「ファクトム(FCT)ってどんなコインなの?」、「ちょっとマイナーなコインに興味がある」という人のために、今回はファクトム(FCT)についてご紹介します。 ファクトム(FCT)がすぐ買えるCoincheckの利用方法に加えて、ファクトム(FCT)の概要や将来性などについてもまとめています。コインの成り立ちや目的について知ることで、仮想通貨の世界がより興味深いものになるでしょう。 ファクトム(Factom/FCT)がCoincheckですぐ買える理由 ファクトム(FCT)がすぐ買える販売所として、Coincheckがおすすめな理由について解説します。 国内で唯一ファクトム(FCT)を取り扱っている 2018年12月時点では、国内でファクトムが買える取引所はCoincheckだけです。 海外の取引所では扱っているところがありますが、英語がメインで、登録や操作方法にも不安が残ります。Coincheckはすべて日本語で登録できるのはもちろん、操作性のシンプルさ、わかりやすさも特徴の1つです。 コインチェックアプリならスマホから簡単に登録が可能 「アカウント登録したいけど、パソコンが苦手」「パソコンを持っていないけど登録したい」という人は、コインチェックアプリを使えば、スマートフォンから新規登録が可能です。 コイン購入後は、値動きをチェックする機会も増えてきます。登録から購入、チャートの確認など、操作性がシンプルで使いやすいかどうかは、販売所を選ぶうえで重要なポイントとなります。 ファクトム(FCT)を購入するなら、コインチェックアプリの利用がストレスが少なくおすすめです。 コインチェックアプリでファクトム(Factom/FCT)を購入する方法 コインチェックアプリでファクトム(FCT)を購入する手順についてご紹介します。 アカウントを新規登録する コインチェックアプリをダウンロードし、アプリを開くと、はじめにメールアドレスとパスワードの入力画面が出てきます。 ここで任意のアドレスとパスワードを入力して送信ボタンを押すと、Coincheckから確認のメールが届きます。そこに登録確認用のURLが記載されているので、クリックします。 これだけの操作で、新規登録は完了です。Facebookの連携機能を利用すれば、さらに簡単に登録できます。上記の操作ができれば、ファクトム(FCT)の購入や売却、日本円の入金が可能です。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 iOSアプリの場合は、アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、ファクトム(FCT)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 Androidアプリの場合は、アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ファクトム(FCT)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です なお、日本円を出金したい時や、コインを送金したい場合は、以下の本人確認を行います。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について ファクトム(Factom/FCT)とは?データ管理プラットフォームで使われる仮想通貨 続いて、ファクトム(FCT)とはどのようなコインなのか、わかりやすくご紹介します。ファクトム(FCT)とは、個人情報などのデータをブロックチェーンに紐づける、プラットフォーム型のコインです。 2015年に公開され、ファクトム(FCT)のコインの正式名称はファクトイド(Factoid)と呼ばれています。仮想通貨(暗号資産)の中には、決済を目的として発行されるものもありますが、ファクトム(FCT)はそれらとは少し異なります。 ファクトム(FCT)には、通常決済を記録するブロックチェーン(取引のデータ記録)上に、書類データを保管する特徴があります。 ブロックチェーンにさまざまなデータを紐づける技術は、イーサリアム(ETH)の「スマートコントラクト」と呼ばれる機能と似ています。それではファクトム(FCT)とイーサリアム(ETH)には、どのような違いがあるのでしょうか。 詳しくはこちら:仮想通貨ファクトム(FCT)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 ファクトム(Factom/FCT)とイーサリアム(ETH)の違いは? ファクトム(FCT)が持つデータ紐づけのシステムは、イーサリアムのスマートコントラクトと、ほぼ同じ機能といえるでしょう。 このような、ブロックチェーンの技術を通貨以外の目的に利用するプロジェクトは、「ビットコイン2.0」とも呼ばれることがあります。よく似た機能を持つファクトム(FCT)とイーサリアム(ETH)ですが、大きく違う点は例えば下記の2つが挙げられます。 1. プラットフォームとレイヤー 1つは、イーサリアム(ETH)が基本的なプラットフォームであるのに対し、ファクトム(FCT)はレイヤーである点です。 わかりやすく説明すると、イーサリアム(ETH)は「取引を記録する」というブロックチェーン上にスマートコントラクトを有しています。 これに対して、ファクトム(FCT)は既存のブロックチェーン上に、用途に応じた機能をつける目的で開発されています。 そのため、ファクトム(FCT)はビットコイン(BTC)や他のブロックチェーンに紐づけることも可能なのです。 2. 中央集権と非中央集権 もう1つは、中央集権か非中央集権かの違いです。 これも簡単に説明すると、イーサリアム(ETH)は管理者を持たない、非中央集権型のコインです。一方、ファクトム(FCT)はコアデベロッパーによるプロジェクトチームが開発・管理を行ってる中央集権型のコインとなります。 中央集権型のコインには、ほかにリップル(XRP)などがあります。央集権型も非中央集権型も、それぞれにメリットとデメリットを持っています。 どちらが良いとは一概にいえないため、プロジェクトの内容や将来性を見ながら選ぶのが良いでしょう。 ファクトム(Factom/FCT)の今後の将来性について ファクトム(FCT)の今後や将来性についても見てみましょう。 各種契約など汎用性の高さが注目されている ファクトム(FCT)では、各種契約や病院のカルテといった、必要な情報を素早く取り出す機能に適しています。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)にも紐づけて利用できるため、汎用性の高さも魅力の1つです。 実際に、ファクトム(FCT)の機能を使ったプロジェクトには、例えば以下のようなものがあります。 ファクトムハーモニーとdLocの2大プロジェクトが進行中 ファクトム(FCT)では、「ファクトムハーモニー」と「dLoc」という、大きなプロジェクトが現在進行中です。 ファクトムハーモニーは、住宅ローンに関するデータや情報の管理にファクトム(FCT)を導入するプロジェクトです。所有権などの重要な情報について、ブロックチェーンに記録することで、管理の手間や改ざんを防ぐことができます。 dLocでは、医療用カルテを管理するプロジェクトを進めています。開発途上国や、医療の発達が遅れている国々では、個々のカルテや医療記録が正確に残されていないケースが多いのです。これらのデータを一括して管理できるため、大変注目されているプロジェクトの1つです。 このほか、ファクトム(FCT)では電子機器や、アプリケーションとの連携がスピーディに行えるというメリットもあります。現時点では運営母体もしっかりしているため、大きな成長が期待できるコインとの見方もできるでしょう。 ファクトム(Factom/FCT)の売買手数料は? Coincheckでファクトム(FCT)を購入する場合、まずはアカウントへ日本円を入金します。 日本円の入金手数料 日本円の入金にかかる手数料は無料です(銀行の振込手数料は発生します)。通常の振り込み作業と変わりません。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 送金手数料 ファクトム(FCT)購入後、アカウントのウォレットへ送金される際にかかる手数料は0.1FCTです。Coincheckユーザーアカウント宛てであれば、この手数料も無料となります。 日本円の出金手数料 また、日本円を出金する際の手数料は一律407円です。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 ファクトム(Factom/FCT)に関するまとめ ファクトム(FCT)は、住宅ローンや医療カルテなど、契約や書類データをブロックチェーンに紐づける、プラットフォーム型のコインです。 イーサリアム(ETH)やビットコイン(BTC)に紐づけて利用可能な、運営母体を持つ集権型のコインでもあります。情報の正確さと汎用性の高さから、今後の将来性が期待されている仮想通貨の一つです。 ファクトム(FCT)の購入を検討してい方は、簡単な操作で思い立った時にすぐ買えるCoincheckを利用されてみてはいかがでしょうか。

イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)と似ていますが、色々な点で違いのあるコインです。 ここでは、イーサリアムクラシック(ETC)に興味がある人向けに、イーサリアムクラシック(ETC)がすぐ買えるCoincheckの使い方や、イーサリアムクラシック(ETC)の概要や将来性、イーサリアム(ETH)との違いなどについてもご紹介しています。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)がすぐ買える理由 「イーサリアムクラシック(ETC)を買ってみたい!」と思ったら、すぐ買える販売所を見つけたいですね。ここでは、イーサリアム(ETC)を簡単に買えるCoincheckでの購入方法などについて解説します。 Coincheckは登録から口座開設までがわかりやすい パソコンの操作が苦手な人にとって、アカウントの登録や口座開設までのハードルは高いものです。仮想通貨の購入に慣れていなければ、迷ったり不安になることもあるでしょう。 Coincheckは、そういった方でも簡単に取引できるように、シンプルかつわかりやすい仕様にこだわっています。まず、Coincheckでは、メールアドレスとパスワードを入力するだけで新規登録が可能です。 Coincheckのアカウント登録はこちら 登録時に入力したアドレスへ届いた確認メールを開き、記載のURLをクリックするだけで、新規登録が完了します。SNS連携機能もあるため、Facebookのアカウントがあれば、さらに登録は簡単です。 その後に、銀行振込などで日本円を入金してイーサリアムクラシック(ETC)を購入するところまでは、上記の操作だけでOKです。他のコインを購入したり、売却することもできます。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について Coincheckでは口座開設後の仮想通貨の購入方法も簡単 Coincheckでは、イーサリアムクラシック(ETC)を購入する方法も簡単です。登録したアカウントへ日本円を入金すれば、直接イーサリアムクラシック(ETC)を買うことができます。 パソコン操作が苦手な人は、新規登録やコイン購入にコインチェックアプリの利用をおすすめします。コインチェックアプリなら、仮想通貨の購入はたったの3ステップで完了します。 アプリで仮想通貨を購入するためには、まずコインチェックアプリをインストールしましょう。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、イーサリアムクラシック(ETC)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、イーサリアムクラシック(ETC)を選びます。 続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です コインチェックアプリであれば、購入後も値動きをチェックしたり、自分の好きなタイミングで追加購入や売却を行うことができます。 詳しくはこちら:イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)取引の口座開設から購入方法を解説 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)とは? 続いて、イーサリアムクラシック(ETC)とはどのようなコインなのか、概要について見てみましょう。 イーサリアム(ETH)から分岐した仮想通貨 イーサリアムクラシック(ETC)は、2016年にイーサリアム(ETH)から分岐してできたコインです。1つのコインが2つに分岐することは、「ハードフォーク」とも呼ばれます。 イーサリアム(ETH)からハードフォークされたイーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)と似た性質を持っています。その代表的な機能の1つが「スマートコントラクト」です。 コインとしての用途を超えるスマートコントラクト スマートコントラクトとは、契約や登録に必要な情報をデジタル化し、実行できる仕組みのようなものです。イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)には、仮想通貨としての機能に、このスマートコントラクトが実装されています。 スマートコントラクトの機能は、例えば決済での使用が可能です。決済が発生するときには、何らかの売買契約とセットになっていることがほとんどかと思われます。 スマートコントラクトの機能を用いることで、例えば通信販売から入会・登録までのさまざまな契約を、スピーディで安全に実行することができたりもします。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)とイーサリアム(Ethereum/ETH)の違い イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)は、非中央集権型(管理者を持たない通貨)である点も同じです。では、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。 イーサリアムクラシック(ETC)が分岐した背景 イーサリアムクラシック(ETC)がイーサリアム(ETH)から分岐した背景には、「The DAO事件」の存在があります。 「The DAO事件」とは、イーサリアム(ETH)を使ったプロジェクト「The DAO」を進める投資ファンドが、2016年に受けたサイバー攻撃のことです。この攻撃により、プロジェクトではおよそ60億円相当が失われることとなりました。 この損失を解消する手段として選ばれたのが、取引記録の書き変えです。サイバー攻撃が起こる以前の状態まで、取引記録(ブロックチェーン)を戻すことで、事件はなかったことになりました。 しかし、この対策が「非中央集権的ではない」として、反対する勢力があったのです。そうした1部のグループによって、イーサリアム(ETH)からハードフォークされたのがイーサリアムクラシック(ETC)となります。 イーサリアムクラシック(ETC)には発行上限がある イーサリアムクラシック(ETC)には、コインの発行上限がもうけられています。この点も、発行上限のないイーサリアム(ETH)とは違う点の1つです。 また、イーサリアムクラシック(ETC)の「クラシック」の名称には、「古典的な」という意味があります。イーサリアム(ETH)より「誰も操作をしない通貨」である、プログラムを重んじるといった姿勢の違いもあると言えるでしょう。 詳しくはこちら:イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の特徴とは?イーサリアム(ETH)との違いを徹底解説 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の今後の将来性について イーサリアムクラシック(ETC)の将来性についてもご紹介します。 分岐当初から注目されているコイン 「The DAO事件」によってハードフォークされたイーサリアムクラシック(ETC)は、分岐当初から大変に注目を集めたコインです。 機能的にはイーサリアム(ETH)と大きな違いはないものの、非中央集権や透明性にこだわる姿勢は、多くの支持者を集めています。 イーサリアム(ETH)とは異なる方向性へ スマートコントラクトは、例えば「ある条件下で決済する」という契約が、プログラムで自動的に実行できる機能です。人の手を一切要さず「安全かつ自動的に行う」ことができるため、ビジネスへの幅広い活用が期待されています。 また、イーサリアム(ETH)がプラットフォームのベースとなりつつあるのに対し、イーサリアムクラシック(ETC)は別の方向性を持ち始めています。例えば、IOTデバイスへの利用なども期待されており、将来性が期待される仮想通貨の1つと言えるでしょう。 詳しくはこちら:イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の今後の将来性は? イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)の売買手数料はどれくらい? Coincheckでイーサリアムクラシック(ETC)を売買する際の手数料についても見てみましょう。 日本円の入金手数料 Coincheckでは、日本円を入金する際の手数料は無料です。ただし、振り込む際に使用する銀行の振込手数料はかかります。通常の銀行振込で手数料がかかるのと同じです。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 送金手数料 イーサリアムクラシック(ETC)の送金時にかかる手数料は、0.01ETCです。ただし、Coincheckユーザーのアカウントへの送金であれば、手数料無料で送金できます。 日本円の出金手数料 日本円の出金にかかる手数料は、一律407円となっています。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 Coincheckでは24時間いつでも仮想通貨の売買が可能 Cincheckでは原則24時間いつでも売買が可能です。また、コインチェックアプリのウィジェット機能を利用することで、仮想通貨の値動きや変動率を簡単にチェックすることができます。 イーサリアムクラシック(ETC)に限らず、仮想通貨は値動きの上下が大きいものです。価格の動きをこまめにチェックすることで、相場の感覚や購入のタイミングなども掴めてくることでしょう。 「今すぐ買うべきか、迷うな」と少しでも思った方は、まずはコインチェックアプリで値動きを見るのも良いかもしれません。 イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)に関するまとめ イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)とよく似た機能を持つコインです。 できることは似ていますが、透明性やセキュリティ、そして「誰からも管理されない」ことを重んじているコインでもあります。 イーサリアムクラシック(ETC)を簡単に買えるCoincheckなら、購入も値動きの確認もしやすいでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、仮想通貨の中でも知名度の高いコインの1つです。名前こそ知られていますが、どのようなコインなのか、わからないことも多いかもしれません。 今回の記事では、ビットコインキャッシュ(BCH)がCoincheckですぐ買える理由や、ビットコインキャッシュ(BCH)の概要や将来性などについてご紹介します。 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)がすぐ買える理由 ビットコインキャッシュ(BCH)の概要や将来性が気に入ったら、試しに口座開設までの手続きがシンプルなCoincheckで購入してみるのもよいでしょう。 Coincheckでは、ビットコインキャッシュ(BCH)を含めて、さまざな仮想通貨を取り扱っています。まずはCoincheckにおける登録から、ビットコインキャッシュ(BCH)を取引するまでの手続きについて解説します。 Coincheckは登録から開設までシンプルで迷わない Coincheckは、はじめて仮想通貨を購入する人や、ネット上の操作に慣れていない人でも、簡単に登録することが可能です。 アカウントの登録から口座の開設まで、シンプルでわかりやすい画面構成になっています。たとえば、新規登録画面では、メールアドレスとパスワードの入力のみでOKです。 Coincheckのアカウント登録はこちら その後、入力したメールアドレス宛にCoincheckから確認メールが届きます。そこに記載されているURLをクリックすれば、新規登録が完了します。Facebookアカウントがある場合、連携機能を使えば、更に簡単に登録することが可能です。 アカウントができれば、日本円の入金や仮想通貨の購入が可能になります。もちろん、ビットコインキャッシュ(BCH)の購入や売却も可能です。 本人確認も忘れずに ただし、アカウントから日本円を出金したり、送金する場合は、本人確認が必要となります。 本人確認の手順としては、まずSMS認証(電話番号認証)を行います。次に、運転免許証やパスポートなど、本人確認として身分証明書の画像をアップロードします。その後、IDセルフィーを提出します。 その後は、Coincheckから登録した住所に郵送で届くハガキを受け取れば、本人確認は終了です。すべて画面の指示にしたがって入力、アップロードできるようになっており、こちらも迷うことがありません。 口座開設後の購入がわかりやすい Coincheckでビットコインキャッシュ(BCH)を購入する場合、直接日本円で購入することができます。取引所や仮想通貨によっては、直接日本円から購入ができずに時間がかかる場合があります。 ビットコイン(BTC)を購入してから交換したりする必要なく、日本円で直接ビットコインキャッシュ(BCH)の購入が可能です。 また、コインチェックアプリを利用すれば、どこにいてもスマートフォンから簡単に購入できます。仮想通貨の値動きは、日々細かく変動していますので、購入するタイミングも大切です。 Coincheckにアカウント作成後は、コインチェックアプリから原則24時間365日、スピーディーに購入をすることができますので、購入したいタイミングを逃さずに購入することができるでしょう。 詳しくはこちら:ビットコインキャッシュ(BCH)取引の口座開設から購入方法 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)とは? ビットコインキャッシュ(BCH)とは、そもそもどのようなコインなのでしょうか。まずはよく似た名前のビットコイン(BTC)との違いについて見てみましょう。 ビットコイン(BTC)からのハードフォークで分岐したコイン ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月に誕生したコインです。2008年に公開されたビットコイン(BTC)から、ハードフォークされたコインとなります。 ハードフォークとは ハードフォーク(hard fork)の「フォーク」には、「分岐」という意味があります。ハードフォークとは、それまでにあったシステムの仕様を大きく変更し、新と旧に分ける作業です。 ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)のブロックチェーンを2017年に8月に分岐させました。ハードフォーク以前のビットコインの情報を持たず、いくつかの仕様が変更された新しいコインなのです。 それでは、ビットコインキャッシュ(BCH)は、なぜビットコイン(BTC)から分岐する必要があったのでしょうか。 なぜビットコイン(Bitcoin/BTC)から分かれたの? ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の大きな違いの1つとして、ブロックサイズが挙げられます。ブロックサイズとは、1度に送れるデータのサイズをあらわしています。 この大きさの違いについて、ビットコイン(BTC)に関わる民間業者の間で、意見が分かれることとなりました。この対立は平行線をたどり、最終的にハードフォークされることになったのです。 そのため、ビットコインキャッシュ(BCH)のブロックサイズは、ビットコイン(BTC)よりも大きくなっています。1度に処理できるデータ量が大きくなったことで、ビットコイン(BTC)よりも早いデータ処理がメリットとされています。 詳しくはこちら:ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の特徴とは?ビットコイン(BTC)との違いを徹底解説 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の今後の将来性について ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性についても見てみましょう。 時価総額上位の有力コインの1つ 2018年12月時点にて、ビットコインキャッシュ(BCH)は、時価総額上位に位置するコインの1つとなっています。 分岐から生まれたコインのため、発行時からビットコイン(BTC)と同数のコインが流通しています。これは仮想通貨内で上位に位置づけられる、大きな理由になっているでしょう。 2017年8月のハードフォーク直後は、データ処理の難易度が高かったため、一時的に暴落しています。しかし、その後すぐに難易度が調整されたため、以後は比較的安定して成長を続けています。 将来的に市場規模が拡大する可能性あり ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークされた主な理由は、ブロックサイズの大きさです。これは、ビットコイン(BTC)が持つ「スケーラビリティ問題」から派生しています。 スケーラビリティ問題とは、ビットコイン(BTC)のデータ処理に影響を及ぼすリスクのことです。ビットコイン(BTC)のブロックサイズは1MBと小さいため、流通に比例して処理が遅くなる可能性が懸念されています。 ビットコインキャッシュ(BCH)のブロックサイズはハードフォーク直後は8MBであったため、迅速な処理ができるとされています。 アップデートや更なるハードフォークなど、更新情報やコミュニティも活発です。将来的により大きな市場形成をしたり、ビットコイン(BTC)を越えて流通する可能性もあるかもしれません。 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の売買に手数料はかかる? ビットコインキャッシュ(BCH)を売買する際の手数料について解説します。 入金手数料 Coincheckのアカウントへ日本円を入金する時に、かかる手数料は無料です。銀行の振込手数料のみで、通常の振り込みと同じように入金できます。 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。 送金手数料 ビットコインキャッシュ(BCH)を送金する時にかかる手数料は、0.001BCHとなります。ただし、もし送金先がCoincheckユーザーのアカウントなら、手数料無料で送金が可能です。 出金手数料 日本円を出金する際には、一律で407円の手数料がかかります。外貨などへの両替手数料に比べると、少ない手数料で取引することができます。 ※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。 仮想通貨の値動きや動向をチェックすることも大切 Coincheckでは、手数料についてはすべて設定が決まっています。決まっていないのは、仮想通貨の値動きです。 ビットコインキャッシュ(BCH)を含め、仮想通貨は日々刻々と大きく値動きしています。かかる手数料は少ないですが、出金や売買で損失のリスクを避けるためには、タイミングがとても重要です。 例えばコインチェックアプリのウィジェット機能を利用すれば、リアルタイムでCoincheckの取り扱い通貨の価格と、価格の変動率をチェックすることができます。 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)がすぐ買えるCoincheck ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)から分岐したコインのうちの一つで、将来性も期待されているコインです。 ビットコイン(BTC)の脆弱性をカバーし、ハードフォークやアップデートも活発に行っています。値動きの大きな仮想通貨の中でも、比較的安定して時価総額上位に位置しているコインといえるでしょう。 ビットコインキャッシュ(BCH)に興味が湧いた方は、手続きが簡単なのでCoincheckにまずは口座を開設してみてはいかがでしょうか。 Coincheckでは500円などの少額から仮想通貨を購入することができますので、試しに少し購入してみることで、仮想通貨についての理解が深まることもあるでしょう。

2017年から2018年にかけて、仮想通貨の価格は大きく上昇しました。その後の暴落を受けて、一時は仮想通貨取引と距離を置く動きが見られました。 ですが、その後再び仮想通貨取引が見直されており、例えば値動きが大きな仮想通貨の特徴を生かしたデイトレードなどは注目されています。 この記事ではデイトレードのメリットやデイトレードする際のポイント、そしてデイトレードをするなら仮想通貨の取引所はCoincheckを利用するといいことについて、その理由を紹介していきます。 Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨のデイトレードとは? デイトレードとは1日の間に何度もトレードを繰り返す投資スタイルのことです。 デイトレードのように期間を区切った投資スタイルとしては、例えば数週間ほどの期間で投資するスイングトレードや、数年単位で保有する長期のスタイルなどがあります。 短期の取引では、数秒から数分単位でトレードするスキャルピング、数分から数時間単位でトレードするデイトレードがあります。 長期保有の場合は、投資対象となる商品の性質や本質的価値などを重視する一方、デイトレードなどの短期的な取引では、チャートなどのテクニックを重視するという違いがあります。 なお、デイトレードは株式投資やFX(外国為替証拠金取引)ではおなじみの投資手法です。仮想通貨でデイトレードをする場合は、「1日の出来高が多いこと」や「1日の値幅が大きいこと」などがポイントとなります。 仮想通貨デイトレードのメリット 仮想通貨でデイトレードするメリットには、例えば下記が挙げられます。 1. 値動きが大きい 仮想通貨は値動きが大きいため、うまくタイミングをとらえることができれば、短期間で多くの利益を出すことができます。 2. 取引可能な時間が長い また、仮想通貨の売買は、取引所のシステムメンテナンスなどの時間をのぞいて、原則24時間365日可能です。 土日にも取引ができますので、このように取引機会が多いことはメリットと言えるでしょう。 3. 取引手数料が安い 取引所によっては取引手数料が無料であったり、株式投資などよりも手数料が低かったりします。このような手数料の低さも、仮想通貨がデイトレードに向いている理由となるでしょう。 一般的に、トレード回数が増えれば増えるほど手数料の負担が重くなります。デイトレードは1日に何度も取引をして、小さな利益を積み重ねていくトレードの手法です。 短期のトレードできちんと利益を残すには、手数料負担をいかに抑えるかも課題になってきます。取引所によっては手数料がかからないか、限りなく低い仮想通貨は、デイトレードに向いているともいえるでしょう。 仮想通貨デイトレードのデメリット 仮想通貨のデイトレードに伴うデメリットには、例えば次の3つが挙げられます。 1. 大きく損失を出す可能性がある 1つ目は、大きく儲けることができる可能性がある反面、大きく損失を出してしまう可能性もあることです。 仮想通貨は価格の変動が大きいため、タイミングを見誤ると資金を大きく失うこともあります。 2. 時間の使い方が難しい 2つ目は、仮想通貨のデイトレードは、時間の使い方が難しいことが挙げられます。 仮想通貨は原則24時間365日取引ができるため、自分で取引をやめるタイミングなどを決める必要があります。 仮想通貨のデイトレードをしている人の中には、一日中パソコンやスマートフォンに向き合い、スマホ依存症になってしまう人もいるといわれています。 のめり込みすぎるとトレード以外のことは何もできないという状況になってしまいかねませんので、意識して休息とのバランスをとるようにすることが大切です。 3. 体力的にも精神的にも消耗してしまう可能性がある 3つ目は、仮想通貨は価格変動が激しいため体力的にも精神的にも消耗してしまう可能性があることが挙げられます。 相場はニュースなどの影響も受けやすく、予想もつかないことが発生する場合があります。自分のコントロールが及ばないもので一喜一憂してしまうと、体力的にも精神的にもつらくなってしまいます。 そのため、デイトレードをする場合は、トレード手法だけでなくメンタルのコントロールも重要になってきます。 デイトレードしやすい仮想通貨やポイントは? デイトレードしやすい仮想通貨の条件は「1日の取引量が多い」ことや、「1日の値動きの幅が大きい」ことなどが挙げられます。 そのような条件に合致するのは、仮想通貨の中では例えばビットコインがあげられます。 また、仮想通貨のデイトレードを成功させるにはどのようなポイントがあるのでしょうか。例えば下記のようなポイントが挙げられます。 1. ビットコイン(BTC)の値動きをみる 1つ目のポイントは、ビットコインの値動きを見ることです。 過去からのチャートの推移などを確認し、相場がアップトレンドなのかダウントレンドなのかを見極めます。また、ビットコインの直近の出来高を見れば、活発に売買されているかどうかをチェックすることもできます。 2. 仮想通貨関連のニュースを確認する 2つ目のポイントは、大きなイベントやニュースがないかをチェックすることです。 例えば仮想通貨のハードフォークや、取引所の上場停止のニュースなどは、仮想通貨の価格に大きな影響を与えます。運任せではなく、ある程度の計画性を持ってトレードするには、日頃の情報収集が大切です。 Coincheckでデイトレードする方法 Coincheckでは、コインチェックアプリや、ビットコイン販売所の「コイン購入」から、初心者でも簡単にすぐにビットコインを購入できます。 ただし、デイトレードの場合は、PC画面またはスマートフォンのブラウザから、「取引所」を利用するのも良いでしょう。Coincheckの取引所では、ビットコインの取引手数料が無料(2018年12月時点)となっているからです。また、取引所での取引には「トレードビュー」を活用することもできます。 Coincheckのトレードビューでは、買い注文と売り注文の板を確認できたり、ビットコインのローソク足チャートを確認することができたりします。トレードビューを活用し、その時点でのビットコインのレートを確認しながら、指値注文でデイトレードに挑戦することも可能です。 Coincheckの無料登録はこちら Coincheckがおすすめの理由 それでは、一体なぜCoincheckはデイトレードにもおすすめできるのでしょうか。 1. 手数料 1つ目は、Coincheckのビットコイン取引所では、取引手数料が無料だからです(2018年12月時点)。そのため、ビットコインのトレードを何度行っても取引手数料はかかりません。 デイトレードのように1回の取引で大きな利益を見込むのが難しい取引方法では、手数料を抑えることが、利益を上げるためのポイントになります。 その点、Coincheckの取引所では手数料を気にすることなくトレードできるので、デイトレードに向いているといえるのです。 2. 使いやすさ 2つ目は、使いやすさです。Coincheckの容易に操作できる分かりやすいデザインは、初心者から上級者まで多くのユーザーから評価を得ています。 特にデイトレードでは一瞬の判断や操作のミスが損益に結びついてしまいますので、操作がしやすいことは非常に大切です。 3. レバレッジ取引 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 レバレッジ取引とは、手持ちの資金よりも大きな金額の取引をすることです。レバレッジ取引では、売り注文から入ることもできます。 通常の取引(現物取引)では、安いときに買って高く売るという手法をとることになりますが、売り注文から入ることができれば、価格の下落時にも利益を上げることができるのです。 まずはCoincheckで口座開設 Coincheckでデイトレードするためには、取引用の口座開設が必要です。 口座を開設するには、Coincheckのサイトにアクセスしてアカウントを登録します。 続いて電話番号を認証し、本人確認書類のアップロードを行いましょう。本人確認の手続きの際には、本人確認書類を持った状態で自分の顔写真を撮影したIDセルフィーもアップロードします。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について 自分にあった投資スタイルを選ぼう! 値動きの大きな仮想通貨はデイトレードに向いているともいえます。 短期に取引を繰り返すため、うまくいけば短期間で資産を大きく増やすことができるのも魅力です。 しかし、デイトレードはトレード時は常に値動きを監視している必要があるため、会社に勤めながら平日にデイトレードをするのは簡単ではないでしょう。 ただし、仮想通貨であれば土日にも取引をすることができ、500円などの少額から取引が可能です。 仮想通貨に投入できる資金量や自由になる時間なども考慮しながら、自分にあった投資スタイルを選び、仮想通貨の取引を始めてみるのが良いでしょう。

スキャルピングという投資方法を聞いたことはありますか? デイトレードと同じ短期トレードの方法の一つですが、デイトレードよりも短時間に何度も取引をして利益を積み上げていく方法です。元々FX(外国為替証拠金取引)で行なわれていたこの手法は、仮想通貨の取引でも注目されているトレードの手法となっています。 なぜスキャルピングが注目されているのでしょうか。この記事ではスキャルピングのメリットと、国内の大手仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckでスキャルピングを始める方法について解説していきます。 Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨のスキャルピングとは? スキャルピングとは、FX(外国為替証拠金取引)で行われている、超短期取引時間で利益が薄くても確実に狙い、回数をこなしながら利益を増やしていく手法のことで、仮想通貨の取引でも使われています。 1度の取引は数秒から長くても数分です。数分から数時間のトレードで利益を上げるデイトレードよりも短期の取引であるため、1回の取引で得られる利益は少なく、1日に何度も繰り返して取引を行うのが特徴となっています。 仮想通貨スキャルピングのメリット スキャルピングは仮想通貨の取引所に口座を開設すれば、誰でも始めることができます。そんなスキャルピングのメリットとしては、例えば次のようなものがあります。 1. 資金持ち越しのリスクがない 1つ目には、資金持ち越しのリスクがないので、寝ている間に暴落していたなどのリスクがないことが挙げられます。 1度の取引が数秒から長くても数分であるため、翌日にポジションを持ち越すことはありません。 2. 外部環境に左右されるリスクが低い 2つ目は、外部環境に左右されるリスクが低い点です。 相場の上昇局面で好材料ニュースが出てもその恩恵を受けることがない一方、相場の変動や海外のニュースなどに影響される可能性も低いことが特徴です。 3. 資金を効率的に運用できる 3つ目は、資金を効率的に運用できることです。 1日の中で何度も取引をするスキャルピングでは、手持ちの資金の回転効率が良くなります。トレーダーとしての腕を磨けば、短期間で手持ち資金を数倍から数十倍にできるともいわれています。 トレードの結果がよければ、回転数が多い方が資金効率がよくなり、複利効果を生み出すことができるからです。 仮想通貨スキャルピングのデメリット 他方、スキャルピングには長期的な投資方法にはないデメリットもあります。 1. 利益を出すために、何度もトレードを繰り返す必要がある その1つは利益を出すために、何度もトレードを繰り返す必要があることです。 スキャルピングのような短期の取引で成功する人の割合は低く、ほとんどの人は投資資金を失ってしまったりするとも言われています。 2. 長期投資よりも手数料が高くなる可能性がある また、仮想通貨の取引所によっては、取引のたびに手数料を取られます。 そのため、短期間に取引回数が増えれば増えるほど、長期投資と比較して手数料が高くなる可能性もあります。 3. 1度の取引で得られる利幅が小さい 他にも、1度の取引で得られる利幅が小さいため、大きな利益を得るためには、長時間トレードをし続けなければならないこともデメリットです。長時間PCやスマホを前にして取り組む必要があると、他のことに時間を使えなくなってしまいます。 さらに、スキャルピングをしている人の中には、値動きがない日は精神的につらいという声もあります。自分のコントロールが及ばない相場の動きに一喜一憂してしまうと、精神的にも体力的にも消耗してしまうという人は少なくありません。 スキャルピングに向いている仮想通貨は? スキャルピングは運任せでギャンブル的な要素が強いかといえば、決してそうとも言い切れません。きちんとやり方とルールを押さえておけば、必要以上の心配もありません。 スキャルピングに向いている仮想通貨とは、どのようなものなのでしょうか。 例えば株式投資の場合、デイトレードしやすい銘柄は「1日の取引量が多い」ことや、「1日の値幅が大きい」ことなどが条件だといわれています。 1日の取引量が少ないマイナーな銘柄や、出来高が多くても値動きの少ない大型の銘柄は敬遠される傾向にあるようです。 さらに、そのときの時流に乗っている銘柄であるかどうかなどもポイントとなるでしょう。これを仮想通貨のトレードに適応して考えると、基本的にはビットコインがスキャルピングに向いているといえるでしょう。 Coincheckの無料登録はこちら スキャルピングする際に押さえておきたいポイント スキャルピングで利益を出すためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。 1. 手数料 その1つは、手数料が安い取引所を選ぶことです。 スキャルピングは1日の中で何度もトレードすることになるので、手数料の負担がかなりの割合を占めることとなります。できるだけ手数料のかからない取引所を選ぶようにした方が、利益が残りやすくなるでしょう。 2. 損切り 2つ目は、損切りを徹底することです。 トレードの中では予想とは逆の方向に相場が動くことがあります。損失が出る方向に相場が動いているときは、損失を確定させるのが怖くて、なかなか決済をすることが難しかったりします。 しかし、損切りを徹底しなければ、1回の取引でこれまで蓄積してきた利益をすべて失うことにもなりかねません。 3. スプレッド 3つ目は売値と買値の差が小さな、スプレッドの狭い取引所を利用することです。 スキャルピングは1回の取引で得られる収益が少ないトレードの方法なので、スプレッドの大きさが収益に直結することになります。 スキャルピングにも向いているCoincheck Coincheckはスキャルピングにも向いている仮想通貨の取引所の1つでもありますので、その理由をご紹介します。 1. 取引手数料 まず、Coincheckのビットコイン取引所では、2018年12月時点では取引手数料が無料です。 手数料がかからない取引所を上手に活用することが、スキャルピングを成功させるコツになります。 2. 取引画面の見易さや使いやすさ また、Coincheckは初心者にとっても操作が簡単で、分かりやすいデザインを採用しています。 特に1日に何度も数秒単位で決済していくスキャルピングでは、取引画面の見易さや使いやすさは重要なポイントとなります。 3. システムの安定性 3つ目は、システムの安定に力を入れていることが挙げられます。Coincheckは2018年4月にマネックスグループ入りし、セキュリティ体制や顧客保護の体制に注力しています。 スキャルピングはシステムがダウンして注文が出せなくなってしまうと、大きな損失を出してしまうこともあります。システムやセキュリティが安定しているところを選びましょう。 Coincheckでスキャルピングする方法 それでは、Coincheckでスキャルピングする方法を見てみましょう。まず、Coincheckでスキャルピングをするには、取引用の口座を開設することが必要です。 Coincheckの口座開設は簡単 口座開設の手順としては、最初にアカウント登録、電話番号によるSMS認証、本人確認書類のアップロード、IDセルフィーの提出という流れになります。 Coincheckのアカウント登録はこちら 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について スキャルピングにはビットコイン取引所 いざスキャルピングに挑戦する際には、Coincheckのトップ画面から「取引所」を選択し、ビットコイン取引所を利用されるのが良いでしょう。 また、PC画面からは「トレードビュー」を利用することができます。「トレードビュー」では買い注文の一覧と売り注文の一覧を確認することができます。 現在のレートを確認しながら指値で注文していくことで、スキャルピングに挑戦することができます。 Coincheckのトレードビューでスキャルピングに挑戦してみよう Coincheckのビットコイン取引所は、2018年12月時点にては何度トレードしても取引手数料が無料です。 1日に何度もトレードすることになるスキャルピングに、Coincheckは適した取引所の一つであるといえるでしょう。 仮想通貨は値動きが大きいため、長期に保有していると大きく損失を出してしまうことがあります。その点スキャルピングなら、その日のうちに決済するため、寝ている間に暴落していたなどのリスクがありません。 Coincheckの口座開設は簡単にできますので、スキャルピングに興味がある人は、まずはCoincheckで口座開設してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の短期トレードを始めたいと思っても、どうやって始めるべきか分からないという人は多いのではないでしょうか。仮想通貨は値動きが激しいだけに、短期トレードをしてよいものか迷っている人も多いかもしれません。 仮想通貨は、意外にも値動きが激しいからこそ、短期トレードに向いていると言うこともできます。この記事では短期トレードの種類、短期トレードのメリットやCoincheckで短期トレードを始める方法についてみていきましょう。 仮想通貨の短期トレードとは?種類は? 短期トレードには、主に3つの種類があります。 トレード時間の短い順に、スキャルピング、デイトレード、スイングトレードというものがあります。 スキャルピング スキャルピングとは、数秒から数分刻みで少しずつ利益を積み上げていくトレードの手法です。 デイトレード デイトレードはスキャルピングより長いスパンで取引をする方法で、数分から数時間のトレードで利益を上げる手法となっています。 スイングトレード スイングトレードは、デイトレードよりも長期的なスパンで取引します。数日から数週間程度の短期的な持ち越しで利益を上げる手法です。 短期トレードのメリット 一般的に、短期トレードには、トレードに勝てればすぐに利益が手に入ると言うメリットに加えて、例えば次のようなメリットがあります。 1. オーバーナイトリスクを低減できる 1つは、短い期間で決済するため、長期トレードとは異なり、寝ている間にいつのまにか暴落していたなどの持ち越しのリスクが少ないことです。 また、相場は海外の政治状況やニュースなどにも大きく左右されますが、短期のトレードでは、そうした外部の影響を受けることも少なくなります。 2. 資金効率が良い 2つ目のメリットは、資金効率がよいことです。 短期のトレードでは手持ちの資金を何度も回転させることができるため、資金効率がよくなります。腕の良いトレーダーであれば、短期間で資金を数倍から数十倍に増やすことも可能と言われています。 短期トレードのデメリット 一方、短期トレードにはメリットがあればデメリットもあります。 1. 失敗が続くと損失が大きくなる 短期トレードは長期のトレードに比べて値動きが小さいので、利益を出すにはレバレッジを上げるか、金額を多く投入するか、取引回数を増やすかのいずれかの戦略をとらなければなりません。 いずれも利益を増やす可能性がある一方で、失敗が続くとその分損失が大きくなってしまう方法となります。 2. 時間の使い方が難しい 小さな利益をコツコツと積み上げていく短期トレードならではの性質として、時間の使い方が難しいこともデメリットです。 短期トレードはタイミングをとらえて注文を出すトレードの方法なので、一日中相場を監視する場合もあります。そのため、平日の日中は、会社に勤めている人には難しい手法かもしれません。 特にスキャルピングやデイトレードは、家族との時間や自分の時間など多くの時間を犠牲にする覚悟がないと難しいトレードの方法といえます。 3. 体力面や精神面の負担が大きい また、拘束時間が長い短期トレードは、体力や精神の消耗も激しい手法でもあります。短期間に相場が大きく動くと、そのたびに一喜一憂することになってしまうからです。 外部環境に左右されず、自分で決めたルールをコツコツと実践できるタフさも必要です。 短期トレードしやすい仮想通貨は? 短期トレードに向いている金融商品は「取引量が多い」ことや、「値動きの幅が大きい」ことなどが条件となります。 そのような条件を当てはめると、仮想通貨の中ではビットコイン(BTC)が向いているといえるでしょう。 Coincheckの取引所でトレードできるのはビットコイン(BTC)のみとなりますが、取引所では何度トレードしても取引手数料は無料となっています(2018年12月時点)。 短期トレードでは小さな利益を積み重ねることが重要になるため、手数料割合を低く抑えることがポイントです。Coincheckのビットコイン取引所では手数料がかからないので、短期トレードには適しているといえます。 Coincheckの口座開設はこちら ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら Coincheckなら短期トレードもしやすい Coincheckの取引画面はPCでもスマートフォンでも、容易に操作できるとの定評があります。 初心者だけでなく上級者にも利用されている操作性のよさが特徴です。操作性のよさは取引所選びの理由の一つとなります。 システムの安定性 また、短期のトレードでは、操作の分かりやすさやシステムの安定性も重要となります。 Coincheckは、2018年4月にマネックスグループ入りし、システムの安定性なども以前以上に強化されました。 レバレッジ取引について 一般的な取引では買い注文から入りますが、レバレッジ取引では売り注文から入ることもできます。取引所によっては何倍ものレバレッジをかけることができ、相場の下降局面でも利益を出すことができるのが特徴です。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 Coincheckで短期トレードする方法 Coincheckではコインチェックアプリや販売所の「コイン購入」から、即時にビットコインを購入できます。 ですが、短期トレードをする場合には、「取引所」を利用してみるのも良いでしょう。公式サイトから「取引所」のボタンをクリックし、「現物取引」の箇所から、レートと注文量を入力し、取引することが可能です。 トレードビュー また、「トレードビュー」を利用すれば、より広い画面でローソク足チャートや注文一覧を同時に確認することができたりします。 トレードビューには買い注文と売り注文の一覧が並んでいますので、その時点のレートを確認しながら指値注文をして、短期トレードに取り組んでみるのが良いでしょう。 チャートで相場の流れを把握しよう 短期トレードでは相場の流れである「トレンド」を把握することも大切です。トレンドを理解することは、相場の予想につながります。 過去の価格や取引実績の分析は、将来価格の予想に欠かせない要素です。 テクニカル指標 また、テクニカル指標について学ぶことで、より相場の予想がしやすくなるでしょう。 テクニカル指標とは、過去のチャートのデータからトレンドなどを分析した指標のことで、仮想通貨の値動きの予測にもテクニカル指標は役立つでしょう。 利益を出すためには、一定の規則性を持って繰り返されるチャートの動きを読むこともポイントとなります。しかし、テクニカル指標を見るだけでは十分な予測を立てることは難しいのが現実です。 ファンダメンタル指標 そこで、ファンダメンタル指標も活用しましょう。 ファンダメンタル指標とは、経済活動等の状況を示す代表的な指標のことで、トレンドに関係なく長期的な傾向をつかむために利用されています。 仮想通貨の価格に影響するファンダメンタル指標とは、例えばビットコインに関して言えば、約4年に一度訪れる半減期や、過去にキプロスで起こったような経済危機、中国など主要国の仮想通貨への規制などが挙げられるでしょう。 相場の流れを把握するためには、株式などと同様にチャートを読み込んでトレンドを抑えておくだけでなく、ファンダメンタル指標にも注意を払っておくのがよいでしょう。 簡単なCoincheckでの口座開設手順 Coincheckで短期トレードをするためには、口座開設が必要です。 口座を開設するには、まずアカウントを登録します。メールアドレスかFacebookのアカウントがあれば数分で登録作業が完了します。 Coincheckのアカウント登録はこちら 続いてSMSによる電話番号の認証手続きを行います。 SMS認証が完了したら本人確認書類をアップロードしましょう。 本人確認を行う Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。 Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。 「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。 ※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。 当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。 参考:「かんたん本人確認」とは iOS/Androidアプリからの本人確認 アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。 参考: 「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。 STEP① はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。 パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。 STEP② 次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。 画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。 STEP③ 最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。 画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。 撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。 審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。 参考:本人確認書類の撮影方法 Webからの本人確認 Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。 次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。 次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。 <登録可能な本人確認書類> 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参照:本人確認書類の種類について 書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。 ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。 犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください 参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について 短期トレードにもCoincheck 一瞬の判断や操作ミスが命取りになる短期トレードでは、使いやすさや操作性がとても重要になります。 その点、Coincheckの取引画面はPC、スマホアプリともに見やすい画面であることが特徴です。誰でも簡単に操作できる分かりやすさは、トレードの初心者から上級者にまで定評があります。 これから仮想通貨の短期トレードを始めたい人は、まずはCoincheckで口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never