Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

仮想通貨は余剰資金で始めよう!初めての仮想通貨投資の方法

2019-08-27 仮想通貨の購入

2009年に史上初めての仮想通貨であるビットコイン(BTC)の運用が開始されて以来、現在もニュースを賑わしているのが仮想通貨です。

数多くの歴史を経て、仮想通貨の価格は右肩上がりに上昇をしていますが、ハイリスクハイリターンでの取引になる可能性があるため、余剰資金で取引を行うのが基本です。

今回の記事は余剰資金で初めて仮想通貨を始める方のために、あらかじめ知っておきたい情報などをご紹介します。

そもそも余剰資金とは?

BTC
仮想通貨で投資を始めようと考えた際に、全財産を投資に回した方が儲かるのでは?と考えたことがある人もいらっしゃるかもしれません。

仮想通貨に限らず、株やFXなどを始めようとすると「投資は余剰資金で」という言葉を良く耳にします。余剰資金とは、簡単にお伝えすると「すぐに無くなっても困らないお金」や「余っているお金」です。

生活資金や緊急事態に使うお金とは別のものになります。この金額は人によって様々なので、自分自身の「余剰資金」がどのくらいの額になるかをちゃんと見極めることが重要です。

どのくらいが余剰資金なのかの定義は人によって曖昧で、1,000円だったらすぐ出せる金額かもしれません。ですが、それで仮想通貨の投資を楽しむことができるのか?という疑問もでてきます。

Coincheckではビットコイン(BTC)は500円から購入できますが、1,000円ではすぐに無くなってしまいますよね。また、余剰資金の目安としては、仮想通貨に投資してお金が無くなってしまっても、日々の生活に困ることがない程度の金額と言えるでしょう。

仮想通貨は多少のリスクを取らなければチャンスを得ることができないかもしれませんが、元手を割り込む可能性があることも頭に入れておくことが大切です。

余剰資金で仮想通貨を投資する理由とは?


ビットコイン(BTC)をはじめ、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ネム(XEM)など、現在では様々な種類の仮想通貨が存在します。主要な仮想通貨のほとんどに当てはまりますが、長期的にみるとどれも誕生当時からは値上がりしています。

例えば、2017年には仮想通貨は大きな値上がりを見せました。ビットコイン(BTC)は年初から十倍以上、リップル(XRP)やネム(XEM)などは数百倍近くにも高騰しました。

このように、長期的に見れば右肩上がりの上昇を経てきたのですが、短期的にみると仮想通貨は値動きが激しいこともあって、損失を抱える可能性も否めません。

余剰資金であれば、短期的な値動きにも耐えられますが生活費や必要な預金などで投資をしてしまうと、お金が無くなったら日本円に変換する必要もありますし、借金をしていたら返済期限を守らなければいけなくなります。

このようなリスクを避けるために、仮想通貨は生活に支障がない余剰資金で行い、長期的な目線で投資を続けることが大切と言えるでしょう。

なるべく「損」を気にしない初心者向けの投資方法とは?

チャート
仮想通貨は価格の上下が激しいため、買うべきタイミングがなかなか掴めず、特に初心者はどうしてよいのか分からないことも多いと思います。

安いときに仮想通貨を買えばよいのは分かっているけれども、大きな金額を投資するのはリスクがあると感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、初心者が取り組みやすい取引の方法をいくつかご紹介します。

1. 積立投資

仮想通貨の積立投資とは、あらかじめ決めておいた額の仮想通貨を、機械的に毎月買い足していく投資方法のことです。

例えば月1回、仮想通貨を購入しますが、その直前に価格の暴落が起きたりすると、価格が安い分、仮想通貨の量を多く購入することができます。月1で買うことによって、暴落などが起きても、あまり気にしないで済む気持ち的余裕も出てきます。

毎月一定額を積み立てていく投資方法は「ドルコスト平均法」とも言われており、価格が暴落した場面ではより多くの投資対象を購入でき、価格が高騰した場面では購入数を少なくすることができ、高値掴みを避けられるメリットもあります。

詳しくはこちら:仮想通貨でコイン積立投資をする!特徴や方法を徹底解説

2. 分散投資

昔から投資の世界では「卵は1つのカゴに盛るな」という格言が語り継がれています。その理由は、卵を1つのカゴに入れて保管をしていると、カゴを落としたときにすべて割れてしまい、使い物にならなくなってしまうからです。

しかし、卵を複数のカゴで保管していれば、1つのカゴを落としても他のカゴが無事ならば、損失を1つのカゴで抑えることができるという意味合いがあります。要は、幅広く投資を分散させて、リスクを抑えるべきだということを説いています。

このことから、仮想通貨の分散投資は、1種類の仮想通貨に絞って投資するのではなく複数種類の仮想通貨を購入する投資方法のことを指しています。なるべく特徴の違う仮想通貨に分散投資することで、リスクを分散することができると言えるでしょう。

詳しくはこちら:Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説

3. 現物取引

現物取引とは「現物」を購入する投資スタイルです。仮想通貨は姿や形がないため少しややこしく感じますが、考え方は簡単です。

例えば、ブランド物の洋服を10,000円で購入したとします。1年後にデザインに飽きたので売りにいったら、同じ服が1,000円で売られていました。

単純に1年待てば、そのブランド物の洋服を1,000円で購入できたことになりますよね。逆に言えば、9,000円分の価値を損したことになります。

現物取引は、それと同じように、今日は10,000円だけれども、来年1円に暴落したら1円の物をもっているのと同じ状態になります。

現物取引のメリットは、「最悪でも投資額しか損をしないこと」や「仮想通貨を購入する際の計算が楽なこと」などが上げられます。余剰資金で少額から始めるのであれば、仮想通貨の取引の基本である現物取引から始めるのが良いでしょう。

初心者にレバレッジ取引(信用取引など)は難しい


レバレッジ取引とは、自分が保有している金額以上のお金を動かせる取引方法です。例えば「今は1万円しか持っていないけれども、レバレッジを10倍かけて、10万円の取引をしたい」ということができるのが、レバレッジ取引になります。

手元資金の何倍まで取引ができるかは、仮想通貨の交換業者や取引ルールによっても異なりますが、Coincheck(コインチェック)であれば最大5倍のレバレッジ取引が可能です。

※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は一次停止中です。

レバレッジ取引は、手元資金が少なくても大きな利益を生む可能性がある取引方法ですが、自分の財産以上の取引を行うことができるため、リスク管理ができないと大きな損失を出してしまう可能性もあります。

繰り返しになりますが、仮想通貨の投資の基本は「余剰資金で行う」ことです。特に初心者はレバレッジ取引の場合リスクが大きくなりますので、まずは現物取引に慣れるまでは手を出さない方が、安心して取引を行うことができるでしょう。

仮想通貨はこれから成長する?

仮想通貨はこれから成長する?
日本では2017年に改正資金決済法が施行されて、仮想通貨に関する取引が整備されてきました。仮想通貨交換業者が登録制になり、金融庁に登録されていない業者の場合、仮想通貨の取り扱いができなくなりました。

こちらの法律は、仮想通貨を始めるユーザーが「怪しい仮想通貨」などによって資金を失うことがないように、利用者保護の目的で作られました。これからますます法整備などが進んでいけば、「仮想通貨は怪しい」という認識も和らいでいく可能性も高いでしょう。

また、仮想通貨のルールが明確になることによって、大手企業なども仮想通貨事業に参加しやすくなるというメリットもあります。

仮想通貨が注目される理由の一つとして、その背景にある「ブロックチェーン技術」があります。ブロックチェーンとは、仮想通貨の取引に使われている取引データを保管する技術のことです。

このブロックチェーンの安全性は非常に高く、改ざんをすることはほぼ不可能といわれています。一部の国では、中央銀行がこのブロックチェーン技術に着目して、仮想通貨の開発や実用化を進めているところもあります。

今後安全性が高い仮想通貨の技術はもっと様々な場所で使用されると予想されていることから、仮想通貨なしでは生活が出来なくなる日ももしかしたらやってくるかもしれません。

仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら

余剰資金で仮想通貨を購入する際の注意点

注意喚起
SNSやニュースなどで、仮想通貨によって1億円以上の大金を手にした「億り人」と呼ばれる人たちを見ていると、「自分も億万長者になれるのでは?」と思い仮想通貨を始めようと決意した方も多いかもしれません。

確かに、大金を稼げるとなると、全財産を仮想通貨につぎ込みたくなる気持ちも分からなくはありません。しかし、「仮想通貨は絶対に儲かる!」という魔法の投資先ではないこと、は頭に入れておきましょう。

投資で「億り人」になった方もいれば、反対に損をした方もいるということです。仮想通貨が必ず儲かるという保証はありませんので、そういったリスクも理解しつつ、生活費や貯金をすべてつぎ込んだりせずに余剰資金で行うことが大切です。

仮想通貨の取引所Coincheckが選ばれる理由

BTC
Coincheckは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。取扱通貨は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。

さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいコインチェックアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never