Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

リスク(LSK)は儲かる?特徴や今後の将来性は?

「仮想通貨」というワードは、多くの人が耳にしたことがあるかもしれませんが、詳細に関しては「仮想」というその名の通り、実態がなくフワフワとしたままのイメージの人も多いかもしれません。

2009年にビットコイン(BTC)から始まった仮想通貨は、現在数千種類以上あると言われ、仮想通貨を売買できる取引所も世界中に数百ヶ所あると言われています。

もちろんその中から自分のお気に入りの通貨を見つけることも、仮想通貨の楽しみの一つであるでしょう。そこで今回は、日本でも人気があるアルトコインの1つである、仮想通貨のリスク(LSK)をご紹介していきます。

リスク(LSK)とは?

リスク(LSK)は2016年にリリースされた仮想通貨で、開発拠点をドイツ・ベルリンに構えており、財団の本部はスイスにあります。

Liskは分散型アプリケーションプラットフォームのことで、このプラットフォームで使われる仮想通貨の名前をリスク(LSK)と呼びます。

分散型アプリケーションとは、中央管理者が存在せずユーザー同士が管理し合って成り立っているシステムであり、「Dapps(ダップス)」と呼ばれるブロックチェーンを使ったアプリケーションのことを指します。

「リスク」と聞くと、危険という意味に捉えられがちですが、危険を意味するRISKとは全く関係ないものです。

リスク(LSK)の主な特徴は?

リスク(LSK)
以下の4つが、リスク(LSK)の主な特徴です。

  1. 「スマートコントラクトが実装できる」
  2. 「サイドチェーンの採用」
  3. 「JavaScriptで開発ができる」
  4. 「DPoS(デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステイク)」

1. スマートコントラクト

スマートコントラクトは、あらゆる契約行動(=取引)をプログラム化し、自動的に実行しようとするものです。

スマートコントラクトの例としてよく使われるものに、自動販売機があります。普通のお店で飲み物を買う時には、「購入者が商品をレジまで持っていき、店員がレジ打ちをして料金を請求し、購入者が支払い、店員が商品とお釣りとレシートを渡す」という流れになります。

普段は意識しませんが、私達が物を買うときには上のような流れで売買契約を行っています。スマートコントラクトの考えでは、この契約をプログラムにより自動化することで、自動販売機にお金を入れてボタンを押すだけで効率的な売買が成立することになります。

スマートコントラクトは、暗号学者であるNick Szabo氏により、ビットコイン(BTC)が誕生する前に既に提唱されていました。

スマートコントラクトを最初に採用したのは、イーサリアム(ETH)という仮想通貨です。イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額を誇るアルトコインとして有名です(2019年2月26日時点)。

詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か?

2. JavaScriptで開発可能

コードにJavaScript(ジャバスクリプト)を採用しているのが、リスク(LSK)の大きな特徴の一つです。

JavaScript(ジャバスクリプト)はWEB業界では一般的で、扱いやすいプログラミング言語です。そのため、たくさんのエンジニアがJavaScript(ジャバスクリプト)の情報や知識を活かすことができ、リスク(LSK)の開発に気軽に携わることができます。

携わる機会の多いプログラミング言語は、今後の開発や発展に大きな影響があることでしょう。

3. サイドチェーンを採用

サイドチェーンは、メインのブロックチェーンとは別に、複数のブロックチェーンを作り、情報などを共有します。

それによってブロックチェーン全体の機能の拡張を行ったり、処理速度を向上させることができます。このブロックチェーンとは、いわば分散型台帳です。

ネットワーク上の複数のコンピューターで取引情報を共有し、検証し合いながら保管します。それによってデータ改ざんや不正取引を防ぐことができます。

リスク(LSK)では、サイドチェーンにスマートコントラクトが書けることが、大きなメリットです。バグが生じたりハッキングされたとしても、サイドチェーンだけを切り離すことで、被害拡大を迅速に防げるメリットがあります。

逆に、メインチェーン全体を大きく変更させることなく、後からでも新しい機能を組み込むことができます。

メインチェーンで全てのプログラムを動かすよりも、サイドチェーンによる複数のブロックチェーンでトランザクションやその他の情報をやり取りしたほうが、格段に処理能力が高くなるのです。

4. DPoS(デリゲーテッドプルーフオブステイク)

リスク(LSK)のマイニングの承認システムは、DPoS(デリゲーテッドプルーフオブステイク)を採用しています。

DPoSは、リスク(LSK)所有者全員が、立候補者から代表者を選んで投票することができる、間接民主制のような承認システムです。リスク(LSK)を持っている人は、誰でもリスク(LSK)のセキュリティを高めてくれそうな人に投票することができます。

これにより予め承認者を選ぶことができるため、承認速度がとても迅速です。

なお、リスク(LSK)ではマイニングのことをForging(フォージング)、投票することをVoting(ヴォーティング)と呼んでいます。

リスク(LSK)の今後の将来性は?

リスク(LSK)
2016年にスタートしたリスク(LSK)は、2017年の上半期ではそれほど知名度は高くはなかったものの、着実に知名度は世界中で上昇しています。

大きな時価総額を誇る有名通貨と同様のシステムを持ちながら、さらにサイドチェーン搭載で強化されている点、JavaScriptで様々な知識を持つエンジニア達が開発に携われることも含め、大きくスペックの向上が期待されている通貨の一つです。

後はその開発が順調に進むかどうかなどが、今後のポイントとなってくるでしょう。

リスク(LSK)の取り扱いの仮想通貨の取引所

リスク(LSK)
リスク(LSK)の特徴を一通り学んだところで、今度はリスク(LSK)を取り扱っているCoincheckについてご紹介いたします。

Coincheckは2014年に仮想通貨取引サービスの提供を開始し、現在国内の主要取引所の一つとなりました。

取引ツールの使いやすさ、スマホアプリの見やすさ、操作性の高さなどが魅力で、取り扱うアルトコインの種類も豊富で、仮想通貨の初心者から上級者まで、幅広いユーザーに利用されています。

2018年4月にはマネックスグループにグループ入りをし。新経営体制がスタートしました。オンライン証券業界で経営やリスク管理のノウハウを培ってきたマネックスグループがどう活かされていくのか、注目が集まっています。

それでは実際にCoincheckでリスク(LSK)を購入する方法を、簡単にご紹介いたしますが、まずは口座開設が必要です。Coincheckでの口座開設は、アプリや取引の操作性同様シンプルで分かりやすくなっています。

Coincheckの口座開設のやり方

1. アカウント登録

Coincheckの公式サイトよりアカウント登録を行います。

Coincheckのアカウント登録はこちら

2. SMS認証(電話番号認証)

本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。

3. 本人確認書類のアップロード

SMS認証が完了すれば、お客様情報を登録し、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)のアップロードを行います。

最後に「IDセルフィー」(アップロードした本人確認書類を手に持って自撮りした写真)を用意します。

4. ハガキの受け取り

本人確認が完了すると登録した住所にハガキが届きますので、そちらのハガキを受け取ると、Coincheckの全ての機能が利用できるようになります。

Coincheckでリスク(LSK)を購入する方法

リスク(LSK)
Coincheckでは、スマホアプリやインターネットから、簡単にリスク(LSK)を購入することができます。また、日本円から直接購入することが可能です。

Coincheckに口座を開設したら、日本円を指定する口座に現金を振り込みます。それがアカウントに反映されると、リスク(LSK)の購入や取引が可能となります。

まずはアカウントにログインし、ウォレットに移動します。その後、「コインを買う」のページで「リスク(LSK)」を選び、購入数を選択します。

価格が表示されたら「OK」をクリックして、購入は完了です。

詳しくはこちら:リスク(LSK)取引の口座開設から購入方法を解説

リスク(LSK)の取引にかかる手数料

コインチェックアプリ(iOS)
リスク(LSK)だけでなく、仮想通貨の入金については、Coincheckでは入金手数料は無料になっています。

Coincheckから他のアカウントへ仮想通貨を送金すると手数料は0.1LSKとなりますが、送金先がCoincheckユーザーの場合は手数料が無料になります。

なお、日本円での出金手数料は、金額に関係なく一律400円となっています。

リスク(LSK)についてのまとめ

これまでリスク(LSK)について説明してきましたが、どんな印象をお持ちになりましたでしょうか。

それぞれの仮想通貨の特徴を紐解き、そこから将来性という未来の可能性を眺めてみるのも良いでしょうし、難しい説明書を読み込むよりも、実際に取引をして送金してみたりすると、理解が促進されるかもしれません。

リスク(LSK)に魅力や将来性を感じた方は、まずは少額からでも仮想通貨の取引を始めてみてはいかがでしょうか。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never