総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

イーサリアム(Ethereum/ETH)は儲かるの?今後の将来性について解説

「イーサリアムは将来的に儲かるの?」「イーサリアムは今後どうなるの?」「イーサリアムを購入するのにおすすめの取引所は?」

この記事ではこんな疑問にお答えします。

現在1,000種類以上の仮想通貨が存在していますが、イーサリアム(ETH)は時価総額2位の代表的な仮想通貨です。(2019年10月30日時点、32位はリップル(XRP))
そんな人気の仮想通貨であるイーサリアムの特徴や将来性について、検証してみたいと思います。

イーサリアムの今後と将来性

イーサリアムは将来性が期待されています。

一番の要因として、アメリカの格付け機関Weiss Ratingsの仮想通貨格付けのなかで高い評価を獲得していることが挙げられます。

多くの大企業がイーサリアムの参入に乗り出しているため、将来的に価値が向上していくことが市場から期待されているのです。

また、ETF(上場投資信託)へ上場することが実現すれば多額の資金が流入し、イーサリアムの成長にもつながると考えられています。

世界屈指の投資家達もイーサリアムの価格は高騰すると予想する人が多いことも将来性が高まる要因と言われています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の特徴は?スマートコントラクトについて

イーサリアムはヴィタリック・ブテリンによって2013年に設計されました。イーサリアムは「スマートコントラクト」という、ビットコインには無い機能を兼ね備えているのが大きな特徴です。

ビットコインでは、個人情報を除いたコインの取引記録のみをブロックチェーン上に記録しています。
一方、イーサリアムの場合、「契約情報」や「履行条件」などといった複雑な情報もブロックチェーン上に記録することができます。

例えば、AさんがB店でレンタルDVDを借りた場合、ビットコインでは「AさんがB店にレンタル代金として1,000円を支払った」という情報だけがブロックチェーン上に記録されます。

それに対してイーサリアムの場合は、取引記録だけでなく「6日間のレンタル」や「Aさんが返却を遅れたら延滞料金を支払う」などといった履行情報や契約内容なども記録することができます。

イーサリアムの特徴

イーサリアムの特徴として代表的なのが、スマートコントラクトを導入していることです。スマートコントラクトを利用すれば、時間や手数料などを抑えて自動契約を行うことが可能になります。

また、イーサリアムはDapps(分散型アプリケーション)のプラットフォームとなる特徴があります。Dapps(分散型アプリケーション)のメリットは、中央集権を必要とせずに高い安定性を誇ることです。

ERC20トークンは、イーサリアムのブロックチェーンで生成されるトークンプラットフォームのことを指します。ICO(トークンセール)において、ERC20トークンは資金調達をするのを目的として利用されています。

イーサリアムとビットコインの大きな違いには、用途が挙げられるでしょう。ビットコインは決済用の仮想通貨として誕生したことに対し、イーサリアムは開発のために用いられるプラットフォームとして開発されました。

ブロック作成時間がビットコインでは約10分であることに対し、イーサリアムは約12秒であることも大きな違いだといえます。

詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か?

イーサリアムのマイニングについて

イーサリアムのマイニングには、2019年2月時点でPoW(プルーフオブワーク)を元にしたEthash(イーサ)と呼ばれるアルゴリズムが導入されています。

PoWで新規発行される仮想通貨を得るためには、世界中のマイナー達のなかでも最も早くマイニングする必要があります。パソコンの電力や容量がマイニングのスピードを左右することが特徴であるため、個人よりも大企業などの方が有利です。

マイニングデバイスであるASIC Boostの大規模なマイニングは、個人のマイニングをする人達から苦言を呈されていました。大規模なマイニング対策としてASIC体制を備えたのが、Ethash(イーサ)です。

イーサリアムは、通貨の保有期間などに応じたブロック承認の優先権が与えられるPoS(プルーフオブステーク)への移行も検討されています。

スマートコントラクトが生活に与える影響として考えられるのが、ネット投票が実現したり保険の支払いが自動的に行われたりすることです。

それらは、日常のなかで利用されることを目指し、実証実験が行われています。スマートコントラクトの利用のなかでも注目を集めているのが、オラクルです。

オラクルとはネットワーク内に情報を提供する仕組み

オラクルとはブロックチェーンの外部にあるデータや情報などを取得することで、ネットワーク内に情報を提供する仕組みを指します。

イーサリアムは決済スピードが速いため、決済通貨としての利用が拡大していくことが見込まれています。送金手数料の高騰などのリスクが抑えられることで、決済通貨として採用されるでしょう。

DApps(分散型アプリケーション)においては、金融やゲームなどの分野において開発されヒット商品も出ています。DAppsを利用したゲームでは、ゲーム内通貨が仮想通貨であったり資産を得られたりするケースもあります。

生き物育成趣味レーションゲームのくりぷトンでDApps(分散型アプリケーションが利用されたことにより、大きな注目を集めました。

くりぷトンは100円以下の初期費用で始めることができるため、仮想通貨初心者も利用しやすいといえるでしょう。猫を育成できるCryptoKitties(クリプトキティ)もDAppsを利用したゲームのなかでも人気が高いことが特徴です。

猫を交配させて売買することで、希少価値が高い猫を得られるケースもあります。利益を得るためだけではなく、アバターとしての要素もあることが長くヒットしている理由だといえるでしょう。

物流や生態認証などの分野でも、DApps(分散型アプリケーション)は大きな成長を遂げることが予想されています。

イーサリアムが生活に与える影響

スマートコントラクトが生活に与える影響として考えられるのが、ネット投票が実現したり保険の支払いが自動的に行われたりすることです。

それらは、日常のなかで利用されることを目指し、実証実験が行われています。スマートコントラクトの利用のなかでも注目を集めているのが、オラクルです。

オラクルとはブロックチェーンの外部にあるデータや情報などを取得することで、ネットワーク内に情報を提供する仕組みを指します。

イーサリアムは決済スピードが速いため、決済通貨としての利用が拡大していくことが見込まれています。送金手数料の高騰などのリスクが抑えられることで、決済通貨として採用されるでしょう。

DApps(分散型アプリケーション)においては、金融やゲームなどの分野において開発されヒット商品も出ています。DAppsを利用したゲームでは、ゲーム内通貨が仮想通貨であったり資産を得られたりするケースもあります。

生き物育成趣味レーションゲームのくりぷトンでDApps(分散型アプリケーションが利用されたことにより、大きな注目を集めました。

くりぷトンは100円以下の初期費用で始めることができるため、仮想通貨初心者も利用しやすいといえるでしょう。猫を育成できるCryptoKitties(クリプトキティ)もDAppsを利用したゲームのなかでも人気が高いことが特徴です。

猫を交配させて売買することで、希少価値が高い猫を得られるケースもあります。利益を得るためだけではなく、アバターとしての要素もあることが長くヒットしている理由だといえるでしょう。

物流や生態認証などの分野でも、DApps(分散型アプリケーション)は大きな成長を遂げることが予想されています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)とビットコイン(BTC)の違い

イーサリアムとビットコイン
イーサリアムで行われる取引内容は、ビットコイン同様、分散型ネットワークであるブロックチェーンに書き込まれます。つまり、取引記録だけでなく、スマートコントラクトの内容も、不特定多数の人の目に常時さらされています。

そのため、取引のみならず、スマートコントラクトの中身である契約内容も、偽造や改ざんなどが難しく、信用性の高さを確保することが可能です。

ビットコインの場合は「決済」をしやすい作りとなっており、カスタマイズ性はありませんが、イーサリアムよりもシンプルな設計です。

一方で、イーサリアムは、複雑なやり取りを記録することができ、好きな決まり事の上で仮想通貨のやり取りを記録することができます。

独自のルールを追加しやすい作りとなっているため、カスタマイズ性は高いですが、ビットコインよりも設計が難しく、その分ルールも多いです。

詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)の特徴は?ビットコイン(BTC)との違い

イーサリアムの時価総額

イーサリアムの時価総額はビットコインに次いで第2位(2019年10月時点)であり、世界中のトレーダーからも注目を集める仮想通貨だといえます。

2017年3月頃までのイーサリアムの価格は、1ETHが1000円弱ほどでした。2017年4月から7月頃には大きく価格が上昇し、1ETHあたり4万円前後に高騰しています。

その後、仮想通貨バブルを迎え2017年末から2018年初頭には1ETHあたり18万円前後までの価格上昇を記録しています。

仮想通貨バブル以降は国内の仮想通貨取引所のハッキング事件をきっかけに、イーサリアムの価格は急落しました。2019年は1ETHあたり1万円前後まで価格が下がった時期もありましたが、2019年8月には1万7000円ほどの価格に落ち着いています。

イーサリアムは価格が急落した後も開発途上であり、保有しておくことで投資利益を得られる可能性を秘めた仮想通貨だといえるでしょう。

イーサリアムの4つのアップデートが完了することで、利便性や送金スピードはさらに高まります。アップデートの最終段階であるセレ二ティと呼ばれるPoS(プルーフオブステーク)が実装されることで、価格上昇することが予想されています。

イーサリアムを購入する場合には、アップデートが完了する前に入手しておくのが良いでしょう。大手企業がイーサリアムをバックアップしていることも、イーサリアムの価値を押し上げている要因の1つだといえます。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の今後の将来性は?

イーサリアム
ビットコインに次ぐ通貨として注目されているイーサリアムは、数多くの取引所でも取り扱いされています。

DApps(分散型アプリケーション)のプラットフォーム

また、投資対象としてだけでなく、イーサリアムの特徴であるDApps(分散型アプリケーション)のプラットフォームとしても注目が集まっています。

今後、仮想通貨の世界では、イーサリアムを用いたアプリやゲームなど、様々なものが生まれると予測されています。その意味では、ビットコインとは違う機能性や利便性を持つイーサリアムの将来性は十分に期待できると言えるでしょう。

さらに、イーサリアムは技術的なアップデートを繰り返しているのも特徴で、これからセレニティーと呼ばれるアップデートが完了すれば、利便性はさらに向上すると考えられています。

EEA(イーサリアム企業連合)

他にも、イーサリアムの技術を研究・開発している企業連合であるEEA(イーサリアム企業連合)には、日本の大手企業トヨタ自動車の子会社であるTRI(Toyota Research Institute)、Microsoft、インテル、三菱UFJフィナンシャルグループなど、さまざまな世界的な有名企業が参加をしています。

大手企業がイーサリアムに着目しているということは、期待の裏返しと考えることもできます。イーサリアムの技術が様々な場面でいかされるのも、遠い未来の話ではないのかもしれません。

イーサリアム(Ethereum/ETH)が購入できる場所は?

イーサリアムをはじめとした仮想通貨を購入する場合、基本的に仮想通貨交換業者を利用する必要があります。

仮想通貨交換業者とは、販売所と取引所の両方、もしくは、販売所・取引所のどちらか一方をもっている会社のことです。販売所と取引所の違いは「購入先」です。

販売所はCoincheckなどの仮想通貨交換業者から直接、仮想通貨を売買します。一方で取引所では、個人間で直接、売買を行う形式になります。

Coincheckでイーサリアム(Ethereum/ETH)を購入するまでの流れ

口座開設
Coincheckでは簡単なステップで、イーサリアムをはじめとした仮想通貨を購入することができます。

今回はCoincheckでイーサリアムを購入するまでの流れをご紹介します。

1. アカウント登録

まず、Coincheckのアカウントを作成します。

Coincheckのアカウント登録はこちら

Coincheckの新規登録ページでメールアドレスとパスワードを設定すると、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

届いたメールに記載されているURLにアクセスすれば、アカウントの新規作成完了です。

2. SMS認証

本人確認
Coincheckでは、本人確認にあたってまずはSMS認証を行っています。

Coincheckのアカウントにログインして「本人確認を提出する」をクリックし、電話番号を入力します。携帯電話に送られてきた6桁の認証コードを入力すれば、SMS認証が完了となります。

3. 本人確認書類の画像とIDセルフィーの提出

IDセルフィー
SMS認証が完了したら、氏名や住所などの個人情報を登録し、本人確認書類の画像とIDセルフィーのアップロードを行います。

なお、IDセルフィーとは、本人確認書類の顔写真が記載されている面と、ご本人の顔がひとつの画像の中に納まるように撮影した画像のことをさします。

4. ハガキを受け取る

最後に、Coincheckから登録した住所宛に簡易書留でハガキが届きます。これを受け取れば、すべての取引を行うことができるようになります。

5. 日本円を入金する

銀行振込
イーサリアムを購入するには、Coincheckのアカウントにログインして日本円を入金する必要があります。銀行振込などで日本円の入金を行います。

入金が確認できたら、仮想通貨の購入をすることが可能になります。

イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら

イーサリアム(Ethereum/ETH)にかかる手数料について

イーサリアム
イーサリアムをはじめとした仮想通貨の取引を行うには、各種手数料が掛かります。

入金手数料と出金手数料

Coincheckでは、入金を銀行振込で行う場合、入金手数料が無料(振込手数料はお客様負担)です。

また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,000円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。

クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,000円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.108%+486円」が手数料となります。

Coincheckの口座から日本円に出金するときの出金手数料は、1回につき400円ほどかかります。

送金手数料

また、Coincheckの口座からCoincheck以外の仮想通貨口座に送金する場合は、仮想通貨の種類によって異なりますが、イーサリアムの場合0.01ETHが掛かります。

なお、Coincheckユーザー同士の送金手数料は無料です。

※手数料は、2019年9月17日時点の金額です。

イーサリアムの保管ウォレットとは

イーサリアムのような仮想通貨は、仮想通貨取引所に保管した場合でも第三者からハッキングされ資産を失う可能性もあります。自身でイーサリアムを保管するためのウォレットをもち、安全に保管することが必要です。

イーサリアムに向いているウォレットには、tokenPocket(トークンポケット)があります。8000種類以上のトークンで利用することが可能であるため、多くの種類の仮想通貨取引を行いたいトレーダーから選ばれています。

他のウォレットとも連携可能なTREZOR(トレザー)も、ハード型ウォレットとしてトレーダーから高い人気があります。

イーサリアムは将来的に儲かるのか?

イーサリアムは、スケーラビリティ問題などのイーサリアムプロジェクトが解決した際に、価値の上昇が期待されています。アップデートのセレ二ティが完了することで、スケーラビリティキャパシティ(取引処理能力)は1000倍以上に向上するといわれています。

著名な投資家達もイーサリアムの将来性に期待し、多額の投資をしていることが特徴的です。イーサリアムのプラットフォームを利用した事業が増加することで、将来的にはイーサリアムがより注目を集めるでしょう。

損失リスクを回避するためにも底値でイーサリアムを購入し、価格の乱降下に惑わされないことが大切です。アメリカの調査機関Weiss Ratingsもイーサリアムの価値上昇を予想しており、イーサリアムは世界中から将来性を期待されている仮想通貨だと言われています。

イーサリアムの価格が将来的に上がる理由

イーサリアムの価格が上がる理由として考えられているのが、今後もアップデートが続くことが挙げられます。2019年11月にはIstanbul(イスタンブール)のアップデートが予定されており、後半はBerlin(ベルリン)として実装されます。

イーサリアムの将来性が期待されている理由に、大企業による後押しもあります。トヨタやマイクロソフトなど、国内外から信頼を得ている大企業がイーサリアムアライアンスと呼ばれる組織に参加しています。

この後押しにより、生活の場やビジネスなどでイーサリアムが利用されるようになることが期待されるでしょう。

また、ライデンネットワークがイーサリアムに実装されることで取引スピードが大幅に短縮されることが特徴です。ライデンネットワークは、送金スピードの向上や少額決済(マイクロペイメント)などを実現します。

ライデンネットワークを実装することで、1万件以上の取引を1秒ほどで処理できるとされています。
また、イーサリアムがETF(上場投資信託)として承認されることが示唆されています。

2019年5月の段階では、アメリカの証券取引委員会(SEC)がイーサリアムのETF(上場投資信託)を検討していることが発表されました。

このことからもイーサリアムは多くのトレーダーが注目を集めており、承認された際には価値が上がると予想されています。

イーサリアムに潜む問題点

イーサリアムは取引記録が改ざんされないなどのメリットがありますが、過去にハッキングを受けたこともあります。40億円以上のイーサリアムが不正送金された、The Dao事件がハッキング事件のなかでも有名です。

そのため、この事件ではイーサリアムのセキュリティの脆弱性が指摘されるようになりました。また、ICOが規制される流れは、イーサリアムの価格へ影響を及ぼす可能性があるといわれています。
ICOの法規制が強まった要因として、資金調達後に開発を行わなくなるなどの詐欺事件が多発していることが挙げられます。

スケーラビリティ問題も抱えており、イーサリアムの人気の高さからトランザクションの量が膨大になり取引が間に合わなくなるケースもあります。送金が遅延するなど、イーサリアムの取引時に不便を感じるトレーダーもいるでしょう。

また、イーサリアムが今後証券に分類される可能性が示唆されています。しかし、イーサリアムの共同設立者は有価証券との見方に反論しました。SECがイーサリアムを有価証券だとした場合には、イーサリアムの財団は裁判を起こすことが予想されています。

もし、イーサリアムが有価証券だと判断された場合には、価格が乱降下するといわれています。これらの問題点を踏まえたうえで、イーサリアムの取引を行うことが必要です。仮想通貨市場全体の情報収集や動向なども、常にチェックするようにしましょう。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の今後の将来性や特徴のまとめ

イーサリアム
今回はイーサリアムの将来性や特徴などをご紹介させて頂きました。イーサリアムは、その時価総額だけではなく技術的にも注目されています。

今後、アップデートが行われればさらに利便性が高くなり、より多くの企業の注目を集めることになるでしょう。これからますます期待されるイーサリアムの将来性を信じられる方は、イーサリアムに投資してみてもよいかもしれません。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never