ビットコインは怖い?ビットコインにまつわる6つのリスクと対策方法

「ビットコインの暴落が怖い」

「ハッキングのリスクってあるの?」

ビットコインに関心はあっても、このようなニュースを聞いて尻込みする人は多いのではないでしょうか。ネガティブな話を聞くと、ビットコイン取引はとてもリスクが高いものに感じてしまいます。

この記事ではビットコインのリスクの現状や、リスクを抑えるために知っておきたいポイントなどを解説していきます。

正しい知識を身につけて、ビットコイン取引に対する不安を払拭しましょう。

ビットコイン(BTC)取引のリスク

ビットコイン取引

ビットコインにまつわる6つのリスクと対策を紹介します。

  • 仮想通貨取引所がハッキングされるリスク
  • 仮想通貨取引所がなくなる(倒産する)リスク
  • セルフゴックスのリスク
  • ウイルスが入るリスク
  • 価格変動によるリスク
  • 儲からないリスク

リスク①仮想通貨取引所がハッキングされるリスク

仮想通貨に関するリスクとしてまず気になるのが、取引所がハッキングされることでしょう。取引所がハッキングされると入出金が停止されたり、仮想通貨の売買ができなくなったりします。

過去にはハッキングによる大規模な流出事件も起こり、世間の仮想通貨に対する不安を煽ることとなりました。これらの事件から、金融庁は同庁が登録した取引所で取引するように呼びかけています。

もしハッキングに遭った場合、補償金が出る取引所と出ない取引所があるので注意が必要です。なぜなら、国の制度では補償金についていまだはっきりと定められていないからです。

そのため、ビットコインの取引を検討する際には、信頼できる安全な取引所を探すことをおすすめします。

リスク②国や政府による規制

国や政府による規制が行われると、ビットコイン価格は大きく変動することもあり得ます。規制内容について市場がプラスの評価をすれば価格上昇、マイナス評価をすると価格下落が生じる可能性が高いです。

実際に中国では、「2017年9月上旬のICO禁止」「人民元と仮想通貨との取引を禁止する規制」と、連続で仮想通貨に対する規制を強化しました。この規制では、あくまで人民元との取引にフォーカスされています。

ですがこの規制の影響で、世界最大のシェアを占めていたチャイナマネーが一気に引いたことで、ビットコインの価格は一時30%以上も下落したのです。(チャイナ・ショックとも呼ばれました)

チャート

出典:
coinmarketcap

日本では、2017年4月に資金決済法が改正され、仮想通貨の法的位置づけと規制内容が明確になりました。この法律の施行により、仮想通貨の売買取引を唯一行ってもよい場所として認められたのが、仮想通貨交換業者が運営する取引所です。

仮想通貨交換業者は、関係省庁の登録を受ける必要があります。そのため、仮想通貨の取引を行う場合には、きちんと登録を受けた仮想通貨交換業者を利用することが大切です。

リスク③セルフゴックスのリスク

仮想通貨に関するリスクの一つに、セルフゴックスの可能性が挙げられます。セルフゴックスとは、自分のミスによって仮想通貨を紛失することです。セルフゴックスの名前の由来は、前述したマウントゴックス事件によるとされています。

仮想通貨取引では、自分の仮想通貨を秘密鍵を用いて管理する仕組みとなっており、これは一種の暗証番号のような存在です。そのため、秘密鍵を紛失してしまうと、所有する仮想通貨を取り出すことができなくなります。

また、仮想通貨では取引にアドレスを使用しますが、間違ったアドレスに送金するとそのコインは原則回収することができません。

他にも、自身の仮想通貨財布「ウォレット」のパスワード紛失などもセルフゴックスに含まれます。パスワードの復元ができるよう、日頃からバックアップはしっかりとっておくことをおすすめします。

このようなミスがないよう、秘密鍵やアドレス、パスワードなどはしっかりと管理しましょう。

リスク④ウイルスが入るリスク

仮想通貨ウォレットには、主にデスクトップウォレット、モバイルウォレット、ウェブウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットの5つがあります。

ウェブウォレットやハードウェアウォレットはネットワーク接続を行うため、ウイルスに侵入される可能性が否定できません。ウイルス侵入の被害に遭うと、秘密鍵が漏洩するリスクにつながるので注意が必要です。

もっとも手軽なのはデスクトップウォレットやモバイルウォレットですが、ハッキングに対して安全なのは紙に情報を印刷するペーパーウォレットなどがあります。

また、仮想通貨を取り扱う場合には、パソコン自体にウイルスが侵入していないかを確認することも重要です。日頃からウイルス対策ソフトを使用するなど、しっかりと予防しておきましょう。

ハードウェアウォレットを購入する場合には、ウイルスの感染を防ぐためにも公式サイトから購入することをおすすめします。

リスク⑤価格変動によるリスク

仮想通貨は大きく稼げるというイメージがあるかもしれませんが、暴落のリスクがあることも頭に入れておく必要があります。価格の変動がとても大きく、株のようなストップ安やストップ高が存在しないことが特徴です。そのため、どこまでも上がったり下がったりと変動し続ける可能性があります。

価格が急変した際に一時取引を中断する「サーキットブレーカー制度」を導入している取引所もありますが、いつまでもは続きません。的確に損切りをするなど、早めの対応が必要です。

リスク⑥儲からないリスク

投資の世界で使われる「塩漬け」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。塩漬けとは、価値が下がってしまった金融資産を、そのまま放置しておく状況のことです。決済すると損失が出てしまうことから、売れない資産を抱えていることになります。

この場合、損は確定しませんが、お金が返ってくることもありません。仮想通貨を取り扱う場合は、あらかじめきちんと売買のルールを決めておくことが大切です。その際には、利益の確定についてだけでなく、損失をどのくらいで確定するかについても決めておくといいでしょう。

ビットコインを怖がらないで!リスクを抑えるための対策3つ

ビットコイン(BTC)

ここでは、リスクをできるだけ抑えるために、ビットコイン取引を行う前にしておくべき対策を紹介します。

  • 対策①余剰資金で少額から始める
  • 対策②信頼できる取引所を探す
  • 対策③情報収集を怠らないこと

対策①余剰資金で少額から始める

リスクを少しでも減らしたいなら、まずは余剰資金で少額から始めることがポイントです。初心者がいきなり仮想通貨に大金を投資すると、変動の激しい市場にうまく対応できず大きな損失を生む可能性があります。

そのため、少額の投資からスタートさせることは最大のリスクヘッジといえるでしょう。

また、仮想通貨で人生を一発逆転させたいなどと考えるのは無謀です。あくまで、初めは損をしても問題ない資金を使って投資するのがおすすめです。

対策②信頼できる取引所を探す

仮想通貨取引では、取引所のハッキングや倒産などが原因で大きな被害を受けるケースも少なくありません。信頼できる取引所を探すのは難しいかもしれませんが、事前によく調べておくことが重要です。

選ぶ際のポイントとしては、大手であることや上場企業が運営していること、金融庁の登録を受けていることなどが挙げられます。

また、値動きの激しい仮想通貨において、サーバーがダウンしてしまうとその間に損が大きくなる可能性もあります。過去のサーバーダウンの件数が少ない取引所かも調べておくと安心です。

対策③情報収集を怠らないこと

仮想通貨を購入する際には、仮想通貨に関する正しい知識を身につけ、常に最新の情報をチェックしておくことが大切です。インターネットやSNSなどで、「こんなに儲かりました」という意見を鵜呑みにし、情報不足のまま投資を始めるのは危険でしょう。

信頼できる情報もある一方で、まったくの初心者を狙った詐欺事件も起きています。「絶対にこれを買ったほうがいい」、「絶対に値上がりする」などと謳っているようなものには手を出さないようにしましょう。

まずは、インターネットやSNS、書籍などである程度の知識をつけてから投資を始めることをおすすめします。また、価格には各国の仮想通貨規制や世界情勢なども影響してくるので、幅広い情報にアンテナを張っておくようにしましょう。

仮想通貨の初心者におすすめの記事