暗号資産(仮想通貨)の積立とは?メリット・デメリットなどを基本から解説します!

暗号資産(仮想通貨)を始めたいけれど、値動きが激しくて手を出すのが怖いと思っている人も多いのではないでしょうか

暗号資産の積立投資は毎月一定の金額を購入する「ドルコスト平均法」といった比較的安定した投資法を用いるため、売買のタイミングに悩む必要がなく暗号資産の初心者におすすめの仕組みとなっています。暗号資産の積立にはどのような特徴、注意点などがあるのか、以下の項目を詳しく説明します。

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は暗号資産の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから暗号資産を始める方々に「暗号資産について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社



暗号資産の積立投資とは毎月一定額を希望額まで積み立てること

積立投資

暗号資産の積立投資とは、貴金属の積立や投資信託の積立のように、毎月一定額の金額を希望の金額になるまで積み立てることです

例えば自分の銀行口座から毎月一定の金額が自動的に引き落とされる場合、買付けのタイミングを見計らったり、毎月振込みをするといった煩わしさはありません。

コイン積立は暗号資産の価格が高いときは少なく、価格が安いときは多く買うことになるため、リスクを分散しながら長期的な投資をしたい方に向いています。

暗号資産のコイン積立は、毎月一定金額の暗号資産を定期購入するイメージに近いでしょう。

暗号資産の積立はドル・コスト平均法を採用

暗号資産のコイン積立に採用されている投資の手法は「ドル・コスト平均法」と呼ばれるものです。

相場の値動きに関係なく、毎月一定の金額内で購入できる量を買い付けていくため、暗号資産の価格が上がったときは高値掴みを避けることができ、価格が下がったときは安く多くの量を買い付けることができます。

短期間で高いリターンを得ることのできる投資方法ではありませんが、長期的にコツコツと積立をすることで、利益の出るタイミングを待つことができるのが強みです。

結果として、堅実にしっかりと資産を形成できる可能性があります。

暗号資産の積立投資をする3つのメリット

BTC投資

暗号資産で積立投資をするメリットは大きく3つあります。

1. 暗号資産が暴落した時のリスクヘッジ

1つ目が「暗号資産が暴落した時のリスクヘッジになる」ことです。暗号資産は価格の変動が大きい傾向にあります。

スポット買い付けといって、ある瞬間に資産を集中させるよりも、分散させるほうが安定した成果を望むことができます。積立投資は長期間にわたって少しずつ買い増ししていく投資スタイルのため、価格変動のリスクを減らすことができ、暴落の際のリスクヘッジとなります。

2. 初心者でも始めやすい

2つ目が「初心者でも始めやすい」ことです。

積立投資にはそこまで難しい知識が必要なく、売買のタイミングと金額が常に一定することができるため、初心者でも簡単に始めることができます。積立投資は長い期間をかけて行う場合が多く、日々の価格変動をあまり意識することなく、資産運用することができるのが特徴です。

3. 少額から始めることができる

3つ目が「少額から始めることができる」ことです。

暗号資産での投資はある程度まとまった資金がないと難しいと思われている人も多いかと思います。最低購入金額は取引所によって違ってきますが、500円程度から購入できる取引所もあるので少額から始めることができます。

積立投資は、数ある投資法のなかでも多くの人に支持されている投資スタイルのひとつでもあり、比較的リスクを抑えつつ投資をすることができます。

暗号資産で積立投資をするデメリット

デメリット

一方暗号資産に積立投資をするデメリットとしては、短期間に大きな利益を狙うの難しいという点が挙げられます。

暗号資産投資に関するニュースでよく耳にすることもある、暴騰による一攫千金などは狙いにくいという側面があります。また成果が出るのに時間もかかります。

暗号資産に限ったことではありませんが、積立投資は基本的に長期投資を目的としたプランであるため、短期間で利益で上げようといった人には向ていません。

コイン積立を始める前に、一度自分の目的が何なのか、考えてみると良いでしょう。

暗号資産の積立投資が向いている人とは?

積立投資

それでは積立投資が向いている人はどのような人でしょうか。

投資の初心者

まず挙げられるのが暗号資産のみならず、投資の初心者の方になります。積立投資のメリットで紹介した通り、比較的安定した投資方法のため投資の初心者向きと言えます。

今はまとまった資金がない方

暗号資産の積立投資は毎月少額から始めることができますので、今はまとまった資金がないけれども、毎月少しずつなら買い付けられるという人にもおすすめと言えるでしょう。

長期投資をしたい方

他には、暗号資産を用いて長期的に資産運用をしたい人や、暗号資産の将来性を感じている人もおり、長い目でみると価格が上昇する可能性を含めています。

積立投資の特徴として今後の上昇が期待できるものほど、その効果が大きいという点があります。暗号資産の価格が将来的には今よりも上がると考えている人は、今のうちからコツコツと買い増しをすることで高い投資効果を期待することができます。

日々の価格変動に一喜一憂したくない方

そして、価格変動に一喜一憂したくない人にも向いています。積立投資は最初に買い付ける金額と購入する日を決めてしまえば、あとは固定した日に買い付けを行うだけです。

価格変動をあまり意識することもなく資産を積み立てることができます。積立投資は毎月コツコツと貯めていく感覚で利用できますので、長期にわたって資産運用をしたい人向きの方法になります。

初心者が暗号資産の積立投資を始める前に知っておきたいこと注意点

”暗号資産の初心者”

暗号資産は他の一般的な金融商品に比べて大きなリターンが得られる可能性がある反面、リスクが高いことでも知られています。
 
初心者が暗号資産の積立投資するときには、注意点をしっかりと押さえておく必要があります。暗号資産を初めて売買する際に初心者が知っておきたいポイントは大きく3つになります。

1. 余剰資金で運用する

1つ目が「余剰資金で運用する」ことです。

暗号資産に全財産をかけるとリスクが高いため、余剰資金で行うようにします。一般的には、全資産の10%程度がひとつの目安とされています。

株式投資や投資信託を行っているという人は、それらの資産運用とのウェイトも意識しましょう。

2. 分散投資を意識する

2つ目が、「分散投資を意識する」ことです。

一つの通貨のみ買い続けることもできますが、その場合価格が大きく変動した際に一時的に含み損を抱えることになります。

暗号資産は多くの種類があるので一つの通貨にこだわらず、いくつかの通貨を保有することによりリスクを抑えることもできます。

3. 時間を味方にする

3つ目が「時間を味方にする」ことです。

暗号資産は日々価格が変動し、わずか一日のあいだに数十%上下することも少なくありません。価格が大きく上昇している時に購入できれば大きな利益をあげることができますが、価格が大きく下落をした場合には大きな損を抱えることになります。

時間をかけることにより比較的リスクを抑えることができるので、一時的には含み損になった場合でも、将来的には通貨の価値が上がり利益となる場合もあります。

Coincheckで暗号資産の投資を行う4つのおすすめポイント

ここではおすすめの仮暗号資産積立サービスとして、「Coincheckつみたて」のおすすめポイントを紹介していきます。

≪Coincheckで暗号資産の投資を行うメリット≫

  • 2つのプランから選択可能
  • 買うタイミングに悩む必要がない
  • 16種類のコインの中から選べる
  • 貸し暗号資産

上記4項目について詳しく紹介したいと思います。

①自分にあったプランを選択可能!

前述したとおり、コインチェックには「月イチつみたてプラン」「毎日つみたてプラン」の2つのプランが存在します。

リスクを避け、コツコツ積み立てるなら毎日プラン、より大きな利益を狙うなら月イチプランといったように、自分の狙い合ったプランを選ぶことが可能です。

②毎月1万円~購入可能、ドルコスト平均法利用で初心者でも気軽に始めやすい

積立投資

「Coincheckつみたて」は毎月1万円から始めることができます。(上限は100万円。1千円単位での設定が可能)

株式投資のようにある程度まとまった金額を用意する必要がないため、気軽に始めることができます。

さらにCoincheckつみたてはドルコスト平均法を利用しているため、相場の急騰、急落の影響を受けにくいといったメリットがあります。

開始時に設定さへすれば、多くの時間を使いチャートを眺める必要も、売買のタイミングに悩む心配もありません。

上掲した図のとおり、2018年8月から約2年間ビットコインを毎月1万円ずつ積み立てた場合、2020年7月時点で338,565円に達しています。

③17種類の暗号資産から選択可能

『Coincheckつみたて』は日本最大となる16種類のコインに対応しているため、自分が応援したいコインや「今後伸びる」と思ったコインを広範囲の中から選択することができます。

2022年10月現在、以下の17種類の暗号資産から選択することができます。
「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「XRP」「LTC」「BCH」「XLM」「XEM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」「OMG」「MONA」「SAND」「DOT」

おすすめはイーサリアム(ETH)の積立投資?

積立投資

先ほどは「②毎月1万円~購入可能、ドルコスト平均法利用で初心者でも気軽に始めやすい」の項目でビットコインの積立推移をご紹介したので、こちらでは参考までにイーサリアムの積立推移を掲載します。

上掲した図のとおり、2017年11月からイーサリアムを3年間積み立てた場合、2020年10月時点で578,042円に達しています。元本360,000円に対し、3年で約1.6倍、218,042円の利益を上げた計算になります。

④Coincheckでは貸暗号資産サービスの利用が可能

Coincheckでは「貸暗号資産サービス」の提供も行っています。

貸暗号資産サービスは、自分が保有している暗号資産を、Coincheckに一定の期間貸し出すことで、最大年率5.0%の利息を、契約期間満了後に利用料を受け取ることができる仕組みです。

積立で貯めた通貨を、貸暗号資産サービスに運用し、さらに資産を増やすといった選択肢もあります。

Coincheck2つの暗号資産積立プランと法人向けサービス

積立投資

2022年7月現在、暗号資産の積立サービス「Coincheckつみたて」には「月イチつみたてプラン」「毎日つみたてプラン」の2つのプランが存在します。
それぞれ特徴が異なるため、以下で簡単に説明します。

1.月イチつみたてプラン

プラン名どおり、月に一度自分で選択した金額が自動で積み立てされるプランです。上記表のとおり、毎月10,000円から1,000,000円の範囲内で金額を指定することができます。

また2022年10月現在、積み立てる通貨は「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「XRP」「LTC」「BCH」「XLM」「XEM」「QTUM」「BAT」「IOST」「ENJ」「OMG」「MONA」「SAND」
「DOT」の17種類以上の暗号資産から選択することができます。

2.毎日つみたてプラン

2020年3月よりプランに追加された「毎日つみたてプラン」。

事前にひと月分の金額を指定し、該当月の日数で割った金額を自動で毎日積み立てていきます。

月イチつみたてプランに比べ投資回数が多いため、相場変動を受けにくく、損益の幅を抑制できます。よりリスクヘッジされたプランと言えます。

法人向けサービス

積立投資

Coincheckつみたては2022年1月13日より、法人のお客様へのサービス提供を開始しました。

法人口座の申込件数は、2020年末からの暗号資産市場の盛り上がりとともに増加し、2021年は前年比で約4.7倍超*になっています。

  • 2020年1月1日〜12月31日と2021年1月1日〜12月31日の比較

暗号資産を使って積立投資をする方法

積立投資

ここでは「Coincheckつみたて」で暗号資産の積立投資を始める方法を解説します!

Coincheckにアカウント登録

※Androidの方はこちらの動画をご覧ください。

Coincheckで暗号資産の積み立てサービスを始めるためには、まずはCoincheckにアカウントを登録する必要があります。

登録方法に関しては以下の記事内で画像、動画付きで紹介しているので、参考にして下さい。また「Coincheckの無料登録」ボタンからも簡単にアカウントを作ることができます。

既に登録がお済の方は、次の項目からご覧ください。

引き落とし口座の設定方法

Coincheckでの口座開設が完了したら「Coicheckアプリ」を開き、「アカウント」→「Coincheckつみたて」をタップしましょう。

積立投資

次に引き落とし口座に設定する銀行口座を設定します。金融機関の種類を選んだら、金融機関名、口座情報の入力と順に進んでいきます。

積立投資

全ての情報を入力したら次は金融機関側のサイトで口座振替申し込みを行います。各種金融機関の指示に沿って登録を進めてください。

口座振替の申し込みのあとは、積立の設定を行います。

積立設定の方法

積立投資

画面右上「積立金額の変更」から設定を行います。

①つみたてプラン、②積立する通貨、③積立金額 を設定し申請しましょう。

積立投資

積立投資

積立投資

以上で設定完了です。

暗号資産の積立に関するよくある疑問

ここでは暗号資産の積立にまつわるよくある疑問点と、その答えについてまとめていきます。

暗号資産の積立とはどのようなサービスですか?

暗号資産の積立投資とは、貴金属の積立や投資信託の積立のように、毎月一定額の金額を希望の金額になるまで積み立てることです

ドル・コスト平均法を用いるため、相場の値動きに関係なく、毎月一定の金額内で購入できる量を買い付けてることで、暗号資産の価格が上がったときは高値掴みを避けることができ、価格が下がったときは安く多くの量の通貨を買い付けることができます。

コインチェックの暗号資産つみたてのメリットは何ですか?

Coincheckで暗号資産の投資を行うメリットとして
・2つのプランから選択可能
・買うタイミングに悩む必要がない
・17種類以上のコインの中から選べる
・貸し暗号資産

上記4点が挙げられます。

コインチェックつみたてのメリットの詳細はこちらをご覧ください。

暗号資産で積立投資をしてみよう

コイン積立

積立方式での投資は、投資リスクを分散してくれるメリットがあります。

暗号資産の初心者や、トレード時間を捻出できない忙しい人にとって、積立は相性のよい投資方法です。

また、合わせてCoincheckの貸暗号資産サービスを利用すれば、最大年率5%で暗号資産を増やしていくこともできます。

ビットコインだけでなく、イーサリアムリップル(XRP)などのアルトコインも対象となっているため、長期保有予定の暗号資産の運用先としては、魅力に感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、貸暗号資産サービスもあくまで投資であることを忘れてはいけません。申し込む前には必ずリスクなどの説明を読み、理解してから申し込むようにしましょう。