Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
ビットコイン(Bitcoin/BTC)に関する記事一覧です。ビットコイン(Bitcoin/BTC)の基礎知識や購入・取引・口座開設の方法などが掲載されています。

カテゴリー: ビットコイン(BTC)

ビットコイン取引に興味がある人は、ビットコインETFに関する動向にも注意する必要があります。 そこで、ビットコインETF(イーティーエフ)とは何か、上場を目指すビットコインETFに関して、これまでの経緯と動向などについてご紹介します。 ビットコインETFとは一体?主な特徴は? ビットコインETFとは、主にビットコインを投資対象とする金融商品のうち、証券取引所に上場されている投資信託のことをさします。 投資信託は、投資信託を設定している投資信託委託会社が、投資家から集めた資金を運用し、利益を分配金という形で投資家に還元します。世の中に出回っている投資信託の多くは、証券会社を通じて取引する相対取引で購入することが必要です。 上場投資信託は、多くの投資家が参加して投資家同士で売買できるように、証券取引所に上場されているタイプの投資信託です。上場株式と同じように、取引所が開いている時間は常に価格が変動します。 また、価格を指定して売買する指値注文も使える点も特徴です。ビットコインETFが認められれば、ビットコインがより取引しやすい金融商品になるとも言えるでしょう。 2018年より申請中のビットコインETFについて上場承認が行われると、大きな資金を動かす機関投資家もビットコイン投資に参画しやすくなると期待されています。 そもそもETFって何のこと?言葉の意味は? ETFは、投資信託の一種で、Exchange Traded Fundsの頭文字をとった略称です。 一般的な投資信託は、株式や債券などが投資対象となっており、複数の投資先を選んで分散投資します。簡単にお伝えすると、複数の投資対象に投資するパック商品のようなものです。 投資家にとっては、1つの投資信託に資金を投じるだけで分散投資を図れることがメリットです。 投資対象は、投資家に代わってプロであるファンドマネージャーが選ぶことになります。そのため、銘柄選びが難しいと感じる初心者にとっては、代わりに選んでもらえるというメリットがあるとも言えます。 投資信託の種類のよっては、投資信託で生じる利益は決算ごとに分配金として投資家に還元されます。ただし、投資信託は元本保証の金融商品ではないため、損をするリスクがあることに注意は必要です。 投資信託の投資対象は、株式や債券にとどまらず、金や原油などに投資するものもあります。そこでビットコインに投資する投資信託が、ビットコイン投資信託です。 上場投資信託は、証券取引所に上場されているタイプの投資信託であるため、ビットコインETFは証券取引所で自由に売買できる投資信託ということになります。 ビットコインETF以外のETFとしては、日経225連動型上場投資信託やTOPIX連動型上場投資信託などが有名です。このようなETFは、日経平均株価やTOPIX(トピックス)など、特定の指数に連動する形で設定されます。 同じように、ビットコインETFは、ビットコイン価格を指数化したものに連動する上場投資信託です。 ビットコインETFのメリットは何? ビットコインETFの主なメリットには、例えば下記の点が挙げられます。 1. 仮想通貨の信用が高まる 1つ目は、仮想通貨の信用が高まる可能性があることです。 ビットコインETFが証券取引所に上場されるためには、取引所の厳しい審査に合格する必要があります。取引の透明性やセキュリティ確保など、投資家保護が一定レベルを超えていないと申請は通らない仕組みです。 そのためビットコインETFの上場が認められれば、投資対象として適正だと取引所が認めたことになるため、信用が高まるとも言えるでしょう。 2. 機関投資家による資金が流入する 2つ目は、機関投資家による投資資金が流入する可能性があることです。 機関投資家は、預かった資金を安全に運用する義務があります。そのため、投資家保護が十分でないものには投資できないのです。 仮想通貨の取引所でビットコイン(BTC)を購入することができなくても、ビットコインETFが上場を果たせば、そちらは投資対象に加えることができます。 その結果、ビットコイン(BTC)に資金が流入し、価格上昇などが期待できると言われています。 3. 信用取引ができる 3つ目は、信用取引ができることです。ETFは、売りから入ることもできます。 価格下落局面でも取引が成立しやすくなり、取引がより活発になる可能性があります。 4. 税金面 4つ目は、場合によっては税負担が減少する可能性があることです。 ビットコイン(BTC)の売却益は、雑所得として総合課税の対象とされています。総合課税の場合、所得が高いほど税率が高くなる仕組みです。 一方、ビットコインETFは、金融商品として申告分離課税の対象となります。申告分離課税の場合は、税率は一定です。そのため、非常に大きな利益を手にしたときに、税負担が少なくなるメリットがあります。 ビットコインETFの申請と却下の経緯 ビットコインETFは、上場申請が行われていますが、未だ米証券取引委員会(SEC)から承認されたものは1つもない状況です(2019年1月時点)。申請が行われてから、却下され、再審査中という状態にあります。 ウィンクルボス兄弟の申請 まず、2017年3月に、ウィンクルボス兄弟がビットコインETFの申請を行い、SEC(米国証券取引委員会)に却下されるということがありました。 その後、2017年12月には、CBOE(シカゴ・オプション取引所)にビットコイン先物取引が上場を果たします。先物取引が承認されれば、ビットコインETFも上場が認められるのではないかと期待が高まりました。 しかし、2018年1月、SECがビットコインへの懸念点を発表します。それを受けて、ビットコインETFを申請していた4つのファンドによる申請取消が行われました。上場が認められる条件を満たさないと自主的に判断し、出直すために申請取消を行ったのです。 CBOE(シカゴ・オプション取引所)による申請 2018年3月には、CBOEがSECにビットコインETFの承認を要請するに至り、いくつかのファンドも続いて申請を行います。ただし、ビットコインETFの上場は厳しく、2018年8月に、SECは9つのビットコインETFの承認拒否を行ったのです。 その後、2018年8月に、SECの上級幹部によるビットコインETF再審査開始の発表が行われます。2018年10月には、SECが再審査中のビットコインETFに修正箇条を提出し、市場では承認の可能性が出てきたという観測が出ている状況です。 ビットコインETFのニュースが与えるチャートや値動きへの影響は? ビットコインETFの動向を伝えるニュースは、ビットコイン価格に影響を与えてきました。たとえば、ウィンクルボス兄弟が行ったビットコインETF申請がSECに却下されたときに発生したのは、ビットコイン価格の急落です。 申請却下が発表される前までは、承認によって機関投資家が参入し、ビットコイン(BTC)の取引量が増加すると市場は期待していました。そのため、ビットコイン価格は急騰していたのです。 しかし、申請却下によりその期待は失望に変わり、ビットコイン価格の暴落を引き起こしました。 なぜビットコインETFはなかなか承認されないのか? ビットコインETFがなかなか承認されない主な理由には、例えば下記が挙げられます。 1. 公正な価値評価が難しい 1つ目は、ビットコイン(BTC)の公正な価値評価が難しいことです。 ビットコイン(BTC)は、金や原油と異なり実態がないため、適正な価値を評価しにくいという特徴があります。 このことが、金融商品として取引される対象としてふさわしくないと判断される原因の1つとしてあげられます。 2. 流動性の確保の問題 2つ目は、十分な流動性を確保できないことです。 流動性とは換金しやすさのことで、いつでも売買できる状態であることをいいます。ビットコインは、発行量が限られていることなどが問題視されています。 3. 管理者が不在 3つ目は、ビットコイン(BTC)には中央に管理者がいないことです。 管理者不在の資産は、システムに問題が生じた場合の対処が難しいと見られていることも、承認されない理由の1つとされています。 ただし、中央に管理者がおらず、分散型のシステムであるがゆえに不正が起きにくいなどののメリットもあるため、一概に中央管理者が不在なことがデメリットであるとは言い切れないでしょう。 4. 詐欺や価格操作の危険性 4つ目は、詐欺や価格操作の危険性です。 ビットコイン(BTC)は、誕生してから間もない資産であり、各国の取引所に対する法的規制が十分整備されていないケースもあります。 そのため価格操作や詐欺が起こる可能性があることなども、承認拒否理由の1つと言われています。 審査をしているSEC(米証券取引委員会)はどういう機関? ビットコインETFの上場申請があった場合における承認可否のための審査については、SEC(エスイーシイー)が行っています。SECは、Securities and Exchange Commissionの頭文字をとった略語です。 日本語にすると米国証券取引委員会のことで、投資家保護を目的として設立されました。主な機能は、市場における証券取引で違法行為が行われていないかどうかの監視などを通じて、投資家保護を実現することです。 SECは、アメリカの連邦政府機関で、日本の証券取引等監視委員会とほとんど同じ機能を果たしています。アメリカにも、日本における金融商品取引法と同じような法律である証券取引法があり、その法律に基づいて活動をしている点が特徴です。 市場の監視や証券会社の管理などを行うことによって、投資家が損害を受けないように日々活動しています。ビットコインETFの承認可否判断についても、投資家保護の観点から問題がないかどうかが焦点です。 ビットコインETFの承認可否決定の状況は? SECは、過去何度もビットコインETFの申請を却下してきた経緯があります。 VanEck(ヴァンエック)版ビットコインETFについては、2018年12月には承認可否の結論が出るとみられていた時期もありました。しかし、最終的な判断を先延ばしすることが2018年12月6日に発表されています。 ルール上は、2019年2月まで承認可否判断を延長することができるとされているため、期限内いっぱいの時間を使って審査を行う方針です。現行法の規定では、2019年2月以降の判断先送りはできないことになっています。 そのため、2019年2月に予定されているSECの判断には注目する必要があるでしょう。 承認可否が延期されているのはなぜなのか? SECによるビットコインETFの承認可否判断が延期されている理由は、SECとしてより慎重に審査を行う必要があると判断したためだといわれています。 SECには、ビットコインETFに関して投資家やビットコインシステム運営関連者、ファンドを組成するファンド会社、証券会社などから多数のコメントが寄せられました。SECとしては、集まったコメントを十分検討するための時間が必要になったため、判断延期となったのです。 SECは、関係者などからの多くの提案に耳を傾ける方針を打ち出しています。また、ビットコイン市場が詐欺・価格操作の余地がないかどうかモニタリングすることも、延期された期間中に行われる審査項目です。 ビットコインETFが承認されるには? ビットコインETFが承認されるためには、SECが問題視している点が改善される必要があるとみられています。特に問題視されている点は、ビットコイン(BTC)の価格操作や詐欺のリスクです。 ビットコイン(BTC)の暴落のうち、いくつかの事例については、価格操作の疑いの可能性があるとSECはみている模様です。取引所に上場されている金融商品については、価格操作につながる取引は禁止です。 実際の市場でも、厳格な監視と管理が行われています。価格操作や詐欺などのリスクがある状態で承認するわけにはいかないのが、SECの立場です。 運用を開始しているビットコインETFもある? 残念ながらSECに上場承認されているビットコインETFは今のところないため、米国で運用を開始しているものもない状態です(2019年1月時点)。 そのため、一般の投資家がビットコインETFの取引を行うには、上場が承認されるまで待つ必要があります。承認の判断が出るのは、早くても2019年2月になってからです。上場が完了するまでには、さらに時間が必要になるでしょう。 しかし、ビットコイン(BTC)を投資対象とする投資信託はすでに存在していることも知っておきましょう。不特定多数の投資家を対象にするビットコイン投資信託は正式には認められていませんが、私募投資信託は存在しています。 例えば、2013年にスタートした、米国を拠点とするグレースケール社が提供する「ビットコインインベストメントトラスト」と呼ばれるものです。このような私募投資信託は、一定の条件を満たす投資家だけが参加できます。 すでに運用を開始しているもののなかには、対象投資家の条件として、資産100万ドル以上としているものもあります。また、解約禁止期間が設けられており、投資信託運用開始から1年間は売却できないなどの条件が付されるのが一般的です。 ビットコインETFの動向をチェックしよう ビットコインETFの動向を確認する意味は、例えば下記の2つがあります。 1. 投資家としての選択肢が多くなる 1つは、ビットコインETFの上場申請がSECに承認されると、投資家としての選択肢が多くなることです。 ビットコイン(BTC)に直接資金を投じなくても、ETFを売買すればビットコイン取引ができるようになるからです。また、税負担軽減の可能性があることもメリットです。 2. ビットコイン価格に影響を与える可能性 もう1つは、ビットコイン価格に大きな影響を与える可能性です。 ビットコインETFが上場されることにより、機関投資家の資金が流入して価格が上昇すると期待されているのは確かです。一方で、ビットコイン先物取引が上場されたときに発生した現象が再現すると懸念する意見もあります。 先物上場のときには、売り取引が優勢になって価格の下落が生じました。そのためビットコインETFでも、同じことが起こる可能性もあります。 いずれにせよ、上場申請の承認によりビットコイン(BTC)の価格に大きな変動が生じる可能性がある点には注意が必要です。最新のETFの承認動向をチェックしつつ、ビットコイン(BTC)の取引に役立てていきましょう。

ビットコイン(BTC)を利用したいと考えている人は、いきなり使い始めるのではなく、どんなリスクがあるかを認識しておくことが大切です。 また、さまざまなリスクへの対策についても知っておいたほうがよいでしょう。そこで、ビットコイン(BTC)のリスクと対策についてご紹介します。 【考えられるリスク1】価値が大暴落する ビットコインのリスク(BTC)として、まず認識しておくべきリスクは、ビットコイン価格が下落する価格変動リスクです。 ビットコイン(BTC)は市場で取引されており、その価格は需要と供給によって決まります。そのため、常に価格が変動することが特徴です。ビットコイン(BTC)の価格変動幅は大きく、ときに暴落することもあります。 仮想通貨に関しては、株のようなストップ安・ストップ高の仕組みがありません。そのため、価格が1日で数十パーセント上昇する可能性がある一方で、数十パーセント暴落する可能性もあるのです。 ビットコイン(BTC)の需給に悪影響を与えるニュースが流れると、ほんの短い間に大幅に価格が下がる可能性もありますので、その点には注意しましょう。 【考えられるリスク2】大量保有者の存在 価格変動リスクを考慮する場合、ビットコイン(BTC)を大量に保有している大口投資家の存在にも注意が必要です。 大量保有者の動向が、ビットコイン価格に大きな影響を与えるリスクがあります。すでに発行済のビットコイン(BTC)の約40%は、一部の大口投資家によって保有されていると言われています(2019年1月時点)。 大量保有者が売買取引を行う場合、注文量は非常に大きくなる傾向があります。そのため大口投資家がビットコイン価格に与える影響の大きさは、十分認識しておくことが重要です。 売り方の供給量が多くなるとビットコイン(BTC)の価格は下がる、というのが市場の法則です。もし、大量保有者が一斉に売り注文を入れた場合、ビットコイン(BTC)の価格は暴落することになるでしょう。 ビットコイン(BTC)を大量に保有している大口投資家の動向はニュースになったりもしますので、ビットコイン(BTC)を短期取引する場合などには注意が必要です。 【考えられるリスク3】送金ミスをする ビットコイン(BTC)は、投資対象としてだけでなく、基本的に低コストで送金できるという魅力があります。 しかし、送金を行うときは、送金先を間違えないように指定することが重要です。送金先を間違えた場合、そのビットコイン(BTC)は原則取り戻せません。 ビットコイン(BTC)を送金する場合、ビットコインアドレスの入力が必要です。ビットコインアドレスとは、ビットコイン所有者の口座番号だと理解すればよいでしょう。 ビットコインアドレスは、長い英数字の文字列で構成されているため、入力間違いをしてしまう可能性があります。アドレスの入力ミスをしても、存在しないアドレスだった場合は、送金処理が行われずエラーになります。 しかし、誤って入力したアドレスが実在するアドレスだった場合は、送金は実行されてしまうのです。ビットコイン取引は、取り消しができない仕様になっています。 送金先誤りで処理が完了してしまった場合、送金先から送り返してもらえればビットコイン(BTC)を取り戻せますが、基本的にアドレスから受取人を探すことはできない仕組みです。 そのため、誤って送金してしまったビットコイン(BTC)は、原則失われてしまうと認識しておく必要があります。 【考えられるリスク4】パスワードや秘密鍵の紛失 ウォレットを使っている場合、パスワードや秘密鍵を紛失することも大きなリスクの1つです。 ウォレットとは、仮想通貨の電子財布のことで、仮想通貨の保存や送金などの機能もあります。インターネット上の財布であるオンラインウォレット、パソコンにインストールして使用するデスクトップウォレットなど、ウォレットにはいくつかの種類があります。 USB状のハードウォレットや、紙に情報を印刷するペーパーウォレットなど、セキュリティ面が高いウォレットもあります。 このウォレットを利用して中身の仮想通貨を引き出す場合などに、「秘密鍵」と呼ばれるパスワードのようなものが必要です。この秘密鍵を忘れてしまうと、ウォレットにアクセスできなくなり、仮想通貨を引き出せなくなってしまいます。 ビットコイン(BTC)を送金したい場合に必要となる秘密鍵も、ウォレット内で保管される仕組みです。この秘密鍵と呼ばれるコードを紛失してしまうと、ウォレットに保管してある仮想通貨を復元することは不可能になります。 そのため、ビットコイン(BTC)を自分のウォレットで保管する場合、秘密鍵の管理はしっかりと行いましょう。 【考えられるリスク5】国や政府による規制 国や政府の規制によって、仮想通貨の価値が変動することもリスクです。 政府は、仮想通貨が自国の投資家保護などの観点から望ましくないと判断すれば、規制をかけることもあります。今のところ日本では禁止されていませんが、国によってはビットコイン(BTC)などの仮想通貨の売買や取得、送金のすべてが禁止される事態もあると認識することも大切です。 実際に、中国のように一切のビットコイン取引を禁じている国もあります。また、取引できる場所を限定するなどの規制が行われるケースも多いです。 規制が行われると、ビットコイン価格は大きく変動することもあります。規制内容について市場がプラスの評価をすれば価格上昇、マイナス評価をすると価格下落が生じる可能性が高いです。 日本では、2017年4月に資金決済法が改正され、仮想通貨の法的位置づけと規制内容が明確になりました。この法律の施行により、仮想通貨の売買取引を唯一行ってもよい場所として認められたのが、仮想通貨交換業者が運営する取引所です。 仮想通貨交換業者は、関係省庁の登録を受ける必要があります。そのため、仮想通貨の取引を行う場合には、きちんと登録を受けた仮想通貨交換業者を利用することが大切です。 Coincheckの口座開設はこちら 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 将来的にも、突然の法的規制によって、ビットコイン(BTC)の価格が大きく変動する可能性はあるでしょう。そのため仮想通貨の規制に関わるニュースは、欠かさずチェックする姿勢が大切です。 【考えられるリスク6】課税される税金が高くなる 仮想通貨は、元々の所得が高額な方などの場合、課税される税金が高くなる可能性があるというリスクもあります。仮想通貨取引による売却益に課税される税金は、所得税や住民税、復興特別所得税です。 売却益は、雑所得に区分され、総合課税が適用されます。総合課税は、給与所得や事業所得などと合算し、基礎控除などの所得控除を引いた課税総所得に対する課税方式です。 所得税の総合課税における税率は、5~45%とされており、所得が大きければ高い税率が課されます。住民税は一律10%、復興特別所得税は所得税の2.1%です。 例えば仮想通貨の売却益が4,000万円以上など多額になる場合は、合わせて約55%の税負担が生じます。また、仮想通貨の売却益以外の給与所得などの金額によっても、適用税率は変わる仕組みです。 非常に大きな利益が出た場合などは、売却益の半分以上を税金で納める可能性があることは認識しておく必要があります。 ※税金等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 【考えられるリスク7】事件に巻き込まれる 仮想通貨には、ハッキング被害などの事件に巻き込まれるリスクがあると知っておくことも必要です。取引所で売買取引を行う場合、その取引所に日本円やビットコイン(BTC)などを保管しておくことになります。 取引所は、ハッキング対策を行っていますが、絶対に安心とは言い切れません。取引所がハッキングされて顧客資産が盗まれた場合、資産を失う可能性があります。 取引所によっては、ハッキングによる盗難に関して一定の補償を行う場合があります。過去の事例では、補償されたケースもありました。 しかし、すべての取引所で補償が行われるとは限りません。また、ハッキングだけでなく取引所経営者による持ち逃げなどの事件も、過去に起こっています。 そのため、できるだけセキュリティレベルが高く、信頼できる取引所を選んで取引することが大切になります。さらに、取引に必要のないビットコイン(BTC)は、自分のハードウェアウォレットに移して分散管理するなどの対策も有効です。 【考えられるリスク8】送金詰まりが発生する ビットコイン(BTC)は、送金時にビットコインシステム参加者による取引検証と承認が行われます。承認まで完了しないと、送金は完了しない仕組みです。 しかし、急激にビットコイン(BTC)の売買や送金などの取引が増加すると、検証と承認作業が追いつかないこともあります。そういった事態になると生じる可能性があるのが、送金詰まりです。 送金詰まりになると、送金や売買の取引データが検証や承認作業待ちとなって、完了しない状態でとどまってしまいます。結果として、送金したビットコイン(BTC)がなかなか届かず、送金先で使えないなどの事象が発生してしまうのです。 送金詰まりが起こる主な原因としては、取引履歴を格納するブロックのサイズに取引が収まらないことや、取引検証を行う人の処理能力が追いつかないことなどがあげられます。 ブロックは、一定の時間間隔でしか生成されないため、短時間に取引が急激に増加すると、ビットコインシステムの処理能力を超えてしまうのです。ビットコイン(BTC)の状況によっては、送金したもののなかなか相手に届かないリスクがあることは、認識しておきましょう。 詳しくはこちら:ビットコイン(Bitcoin/BTC)の送金時間はどのくらいはやい? 【考えられるリスク9】送金手数料が高くなる ビットコイン(BTC)は、基本的には銀行の国際送金システムを利用した外国送金よりも、手数料が安く済むメリットがあります。 銀行の国際送金システムは、いくつもの銀行を経由して送金処理が行われるため、手数料は高額です。一方、ビットコイン(BTC)は、直接ネット上で相手先に送金するため、手数料は安くなるのが一般的です。 ただし、ビットコイン(BTC)の送金手数料は、取引量によって変動することに注意が必要です。そのため、急激に取引量が増加して送金詰まりなどが発生すると、手数料が高くなるリスクがあります。 高い手数料で送金すると、ビットコイン(BTC)のメリットを活かせないことになります。そのため手数料が高騰している場合は、取引が混雑している時間帯を避けるなどの対策が有効です。 特に、ビットコイン価格が乱高下している場合は、売買取引量が急激に増加します。送金を行う場合は、そういったタイミングを避け、手数料が通常レベルになったことを確認してから送金するとよいでしょう。 【考えられるリスク10】取引したいときにできない ビットコインシステムは、プログラムによって稼働している通貨システムです。 このプログラムに不具合などが生じると、システムが停止してしまうリスクがあります。ブログラムが停止すると、ビットコイン(BTC)の取引はできなくなってしまうでしょう。 ビットコインシステムは、まだ稼働してからの10年程度しか経過していないシステムです。そのため永続的に安定稼働できるかどうかは、これからにかかっています。 今のところ、ビットコインシステムがダウンしたことはありません。ですが、価格の乱高下が発生して急激に取引量が増加したり、ビットコインシステムへのアクセスが集中したりすると、システムが不安定になる可能性はあります。 そうなると、ビットコイン(BTC)を売買したいときに取引できなくなる可能性もあるでしょう。また、取引所のシステムダウンによる取引停止のリスクもあります。 そのため可能性としては低いかもしれませんが、ビットコイン(BTC)を売買したいときにできない可能性についても、あらかじめ認識しておくことは必要です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のリスクに備えた対策方法 ビットコイン(BTC)には、さまざまなメリットがある反面、いくつかのリスクがあります。リスクを最小限に抑えながら、ビットコインを利用することが大切です。 ビットコイン(BTC)のリスクに対処する主な方法としては、例えば下記が挙げられます。 1. ビットコイン(BTC)の仕組みを理解する 1つ目は、ビットコイン(BTC)の仕組みを正しく理解することです。 仕組みがわかっていれば、リスクも正しく認識できるようになる可能性が高まります。 2. 仮想通貨関連のニュースを確認する 2つ目は、仮想通貨関連のニュースを定期的に確認することです。 仮想通貨関連のイベントは、ビットコイン価格に影響を与える可能性があります。そのため定期的にニュースを確認しておくことで、利益を得ることができたり、損失を防ぐことができたりもするでしょう。 3. 余剰資金の範囲内で運用する 3つ目は、余剰資金の範囲内で運用することです。 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の取引で思わぬ損失を被ったとしても、生活に影響を与えない範囲の金額で投資するようにしましょう。 4. パスワードや秘密鍵の管理を自己責任で行う 4つ目は、取引所にログインするためのパスワードや、ウォレットの秘密鍵などの管理を自己責任で行うことです。 また、取引所を利用する際には、必ず2段階認証設定を行い、自らセキュリティ対策をすることが、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の資産を守ることにつながります。 リスク対策を徹底して安心できる取引をしよう! ビットコイン(BTC)は、取引対象としての魅力があるため、日々世界中で取引がされています。 また、安い手数料で世界中のどこにでもスピーディーに送金できることも魅力の一つです。さらに、国や中央銀行が管理している法定通貨とは異なり、インフレになっても資産価値が目減りしない可能性があるというメリットなどもあります。 ただし、上述したようにビットコイン(BTC)にはリスクもあることを忘れないようにしましょう。取引を行う場合は、特に、価格が大きく変動するリスクには注意が必要です。 また、余剰資金の範囲内で取引を行い、セキュリティが高い取引所を選び、自らパスワードを管理して2段階認証設定をするなどの対策が必要です。リスク対策をしっかり行い、安心して取引できる環境を整えましょう。

仮想通貨にはたくさんの種類があります。なかでもよく知られている通貨が、ビットコイン(BTC)とリップルです。 どちらを購入するべきか悩む人も多いでしょう。そこで、ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の特徴や、主な違いなどについてご紹介します。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の主な特徴は何? ビットコイン(BTC)の主な特徴には、例えば下記の3つが挙げられます。 1. 時価総額が大きい 1つ目は、時価総額が大きいことです。 ビットコイン(BTC)は、数ある仮想通貨のなかでも最大の時価総額を誇る通貨です(2019年1月時点)。 仮想通貨は24時間市場で取引されており、価格は常に変動しています。その価格と発行されているすべての通貨量を掛けたものが、時価総額です。 時価総額が大きいということは、取引量が多く、旺盛な需要によって価格も上昇してきたことを意味しています。 2. 最初に登場した仮想通貨 2つ目は、最初に世の中に登場した仮想通貨だということです。今では仮想通貨は、1,000を超える種類が存在しているといわれています。 その通貨のなかでいち早く誕生したビットコイン(BTC)は、仮想通貨の元祖です。元祖であることが、ビットコイン(BTC)が有名である理由の1つとなっています。 3. 機能面での問題の指摘 3つ目は、機能面での問題を指摘されていることです。 たとえば、取引履歴を納めるブロックが小さく、取引量が増えた場合に格納しきれるのか、などの懸念があります。 ただし、いくつかの課題は、Segwitやライトニングネットワークなどの新しい技術によって、改良されつつあることも知っておきましょう。 詳しくはこちら:ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説 リップル(Ripple/XRP)の主な特徴は何? リップル(XRP)は、アルトコインの代表的な存在として知られています。 アルトコインとは アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。リップル(XRP)が考案されたのは2004年にまでさかのぼります。 ただし、実際にコインの発行が行われ配布されたのは、ビットコイン(BTC)誕生の後です。 リップル(XRP)は、決済や送金を低コストで簡単にできるような環境を作り、市場を活性化させることを目的として開発されました。そのため、決済・送金の機能向上に特化したシステムであることが特徴です。 リップル社が存在 また、通貨を管理するリップル社が存在していることもリップル(XRP)の特徴でしょう。 仮想通貨の多くは、中央管理者が不在という仕組みで動いていますが、リップル(XRP)は違います。リップル社がリップル(XRP)を広める活動を積極的に行っていることもあり、世界中の大企業との連携が進んでいることも特徴です。 大手金融機関を含む世界中の企業との提携などを通じて、市場の活性化を実現しようとしています。 詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)の特徴とは? 【それぞれの違い1】開発者が異なっている ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)のどちらを取引対象とするかを決めるにあたっては、相違点を理解しておくことは必要でしょう。 まず注目しておきたいポイントは、誰が開発したかです。ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)は、考案した人が異なります。 ビットコイン(BTC)はサトシ・ナカモト ビットコイン(BTC)は、サトシ・ナカモトによって考案されました。 サトシ・ナカモトの名前で発表されたビットコイン(BTC)に関する論文が発表されたことにより、ビットコイン(BTC)のシステムを含む、仮想通貨がスタートしたのです。 サトシ・ナカモトという名前から、日本人男性を連想する人も多いでしょう。しかし、実は国籍・性別・個人か団体かを含めて一切不明です。また、ビットコイン(BTC)は、不特定多数のシステム参加者が共同でシステムを支える仕組みであり、中央管理者は存在しません。 リップル(Ripple/XRP)はRyan Fugger 一方、リップル(XRP)の送金システムであるRipplepay(Ripple payment protocol、リップルペイメントプロトコル)の考案者は、Ryan Fugger(ライアンフガー)氏です。サトシ・ナカモトとは異なり、表舞台で活躍しています。 リップル(XRP)は、開発の目的が使い勝手がよい送金システムを世に広めることにあったため、その活動を担う面もありリップル社という管理者が存在しています。この点も、管理者がいないビットコイン(BTC)との相違点です。 【それぞれの違いその2】コンセンサスアルゴリズムなどの仕組みが異なる ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)では、通貨システムとしての仕組みが異なっています。特に大きく異なっている点は、コンセンサスアルゴリズムの違いです。 コンセンサスアルゴリズムとは、取引検証・承認の方法だと理解すればよいでしょう。一定の時間間隔で生成されるブロックに格納される仮想通貨の取引履歴は検証と承認を経て、ブロックチェーンにつなげられます。 ブロックチェーンは、各ブロックが時系列に従ってチェーン状に連なったもので、分散型台帳とも呼ばれるものです。 ビットコイン(BTC)はPoW ビットコイン(BTC)のコンセンサスアルゴリズムには、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)が採用されています。 簡単にいえば、計算という手間がかかる検証行為(マイニング)を経たものであるため、正当な取引だと考える方法です。 膨大な量の計算を行わないと解けない計算問題をいち早く解く競争によって、取引の正当性が確保されています。計算には、膨大なマシンパワーが投入されます。 そしてこの検証・承認行為には不特定多数が参加可能です。 詳しくはこちら:仮想通貨のPoWとは?仕組みや種類・代表例なども紹介 リップル(Ripple/XRP)はPoC 一方、リップル(XRP)のコンセンサスアルゴリズムは、PoC(Proof of Consensus、プルーフオブコンセンサス)です。 リップル(XRP)の取引履歴を承認するのは、不特定多数のネットワーク参加者ではなく、リップル社が選出した限られた人になります。つまり、代表者の合意で承認が完了する仕組みです。 PoWのように大量の電気を消費して膨大な計算を行う必要がないため、省エネタイプのアルゴリズムだといえます。 【それぞれの違いその3】開発目的が異なる ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)は、開発の目的も異なります。 サトシ・ナカモトの論文には、中央銀行によって発行量が管理されている円やドルなどの法定通貨に関する欠点を指摘する箇所があります。その欠点とは、金融緩和政策による意図的なインフレ誘導が原因となって生じる貨幣価値の相対的な下落です。 ビットコイン(BTC)は、特定の管理者が存在することによる欠点を回避できる、発行管理者不要の通貨システムを作ることを目的として開発されました。その結果登場したのが、ブロックチェーン技術を使ったデジタル通貨の決済システムです。 リップル(XRP)は、中央管理者がいることに関しては、そこまで問題視していないことが特徴です。リップル(XRP)は、低コストで素早く資金移動ができる送金システムを作り上げることを目的として開発されました。 そのため、ビットコイン(BTC)とは違い、中央管理者が存在しています。また、取引検証・承認にはPoCが採用されていることもあり、送金処理完了に必要な時間はビットコイン(BTC)よりも短時間で済むことが特徴です。 【それぞれの違いその4】送金スピードなどの性能が異なる ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)では、性能に大きな違いがあります。例えば、今のところ送金スピードはリップル(XRP)の方が速くなっています。 ビットコイン(BTC)では、送金処理が行われてから取引検証・承認が行われるまでにかかる標準的な時間は、約10分です。 一方、リップル(XRP)の送金処理承認完了までの時間は、数秒程度で済みます。速いスピードで処理できることは、送金システムとしての大きなメリットだといえるでしょう。 送金スピードの差は、取引検証・承認のコンセンサスアルゴリズムやブロックスピードなどの違いが大きく影響しています。ビットコインのブロック生成は、約10分間隔で行われ、検証・承認もブロック単位で行われる仕組みです。 約10分で検証が終わるように、計算問題の難易度が自動的に調整されています。難易度が下がると検証が簡単になり、通貨システムの信頼性が下がってしまうため、10分よりも短くすることはできない仕様です。 一方、リップル(XRP)では、PoCが採用されています。不特定多数の人が検証するのではなく、あらかじめ定めた信頼できる代表者が承認する仕組みであるため、数秒単位で承認を行える仕組みです。 その結果、リップル(XRP)のほうが1秒あたりの処理件数が多くなります。 【それぞれの違いその5】コインの発行上限数が異なる ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)には、通貨発行量の上限や発行方法にも違いがあります。ビットコイン(BTC)の通貨発行量上限は、2100万BTC(通貨単位)です。 発行量が上限に達すると、それ以上の新規発行は停止されます。一方、リップル(XRP)の総発行量は1000億XRP(通貨単位)です。 ただし、総発行量の数自体には大きな意味はありません。どちらの通貨も、小数点以下での取引は可能です。重要な点は、法定通貨とは違い、上限が定められていることです。 通貨発行に関しても違いがあります。ビットコイン(BTC)は、取引検証・承認が行われると一定のコインが新規発行される仕組みです。 新規発行量は徐々に減少するため、総発行量は上限に向かって緩やかに近づいていきます。一方、リップルは最初から上限の1000億XRPが発行済みとなっており、新規発行は行われない仕組みです。 【それぞれの違いその6】マイニングなど入手先が異なる ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)は、入手方法にも違いがあります。どちらの仮想通貨も、取引所や販売所で購入できる点は同じです。 取引所とは、仮想通貨交換業者が設定している取引市場で、投資家同士がオークション方式で取引を行います。取引所で買い注文を入れ、購入希望価格と市場価格が一致すれば取得可能です。 販売所は、業者を相手に取引することになります。業者が提示した価格で購入する仕組みで、即時に簡単に購入できるというメリットがあります。 また、どちらの通貨も、すでに保有している人から受け取る方法でも入手できます。 入手方法に関して異なる点は、マイニングによる新規発行分を報酬として受け取れるかどうかです。計算競争による取引検証行為をマイニングといいます。マイニングは、鉱物採掘を意味する言葉です。 最初に計算問題の正解を得た人が、マイニングの報酬として新規発行された仮想通貨を受け取れます。ビットコインは、マイニングに成功すれば取得できますが、リップルはすべての通貨が発行済みであるため、マイニングによって取得できない仕組みです。 【それぞれの違いその7】価格が異なる ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)の価格は、需要と供給によって決まる仕組みです。取引所などで常に取引されているため、価格は変動します。 ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)は、それぞれの価格が異なることも相違点です。2018年12月1日時点では、ビットコイン価格は1BTC(ビーティーシー)あたり約4000ドル、リップル(XRP)は1XRP(リップル)あたり約0.35ドルとなっています。 ただし、価格が高いほうが市場からの評価が高いというわけではないことは認識しておきましょう。仮想通貨の価値は、時価総額で表されます。 時価総額とは、価格と発行済通貨数量を掛けたものです。そのため、価格の絶対値ではなく、時価総額などにも注目しながら取引を検討した方が良いでしょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とリップル(Ripple/XRP)の値動きは連動している? また、仮想通貨取引を行う場合は、価格の変動に注目することが重要です。値動きの激しさや、値動きの方向を見定めて取引することによって、損失を最小化して利益を出すことが可能になります。 仮想通貨の値動きを分析する場合は、ビットコイン(BTC)の値動きに注目することもポイントです。ビットコイン(BTC)の取引量は多く、仮想通貨の全取引量に対してかなりの割合を占めています。 ビットコイン(BTC)と法定通貨による売買取引だけでなく、ビットコイン以外のアルトコインとの売買取引にも決済通貨として使われます。ビットコイン(BTC)は、法定通貨におけるドルのように、仮想通貨における基軸通貨としての役割も果たしているのです。 そのため、ビットコイン価格が上昇するとアルトコイン価格も上昇し、ビットコイン価格が下落するとアルトコイン価格も下がる傾向があります。ビットコイン価格は、ほかの仮想通貨にも影響を与えるのです。 そのためアルトコインの1つであるリップル(XRP)も、ビットコイン価格の影響を少なからず受けます。ただし、完全に連動しているわけではないことも認識しておきましょう。 購入するならどちらの仮想通貨にすべきなの? ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の両方に興味がある人は、どちらを取引対象とするか悩むでしょう。取引対象を決める場合に注目すべきポイントとして、例えば下記の2つが挙げられます。 1つ目は、ビットコイン(BTC)の開発の進捗度とアップデートの状況です。 ビットコインシステムは、有志の開発者によって改良が加えられています。改良がうまくいけばビットコインの評価が高まり、価格が上昇する可能性があります。 また、ビットコイン(BTC)に関しては、ビットコインETFの動向などに関しても着目しておくと良いでしょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 2つ目は、リップル社が推進している大手金融機関や企業との連携が、さらに進むかどうかです。世界中の企業との提携がさらに広がれば、将来の価格上昇も見込めるかもしれません。 どちらの通貨に投資するのがよいかは、一概には決めることは難しいといえます。それぞれの通貨の最新情報を収集して開発や提携の状況を見極めたうえで、自ら判断することが大切です。 リップル(Ripple/XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら それぞれの仮想通貨の違いを把握しておこう ビットコイン(BTC)は元祖仮想通貨とも呼ばれ、取引量が多く人気がある通貨です。また、リップル(XRP)も送金スピードが速いという特徴を活かして、金融機関や企業との連携を進めており、将来性があるといわれています。 ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)のどちらを購入するかの判断に迷っている場合は、それぞれの通貨の特徴を把握し、違いを認識することが重要です。その上で両方に分散投資を行うという判断をするのも良いでしょう。 何れにせよ、常に両方の通貨に関する最新情報やニュースなどを、定期的にチェックしておくことが大切です。

ビットコイン関連のニュースが流れることが多くなり、興味を持つ人も増えています。しかし、興味はあるものの、どのようなものかよくわからないという人も多いでしょう。 実態のない通貨にどんな価値があるのかも気になるところです。そこで、ビットコイン(BTC)の価値について解説します。 そもそもビットコイン(Bitcoin/BTC)って一体? ビットコインの価値を理解するにあたっては、ビットコイン(BTC)とはどのようなものなのかを理解しておくことが大切です。 ビットコイン(BTC)は、数ある仮想通貨のなかでも最初に世の中に登場しました。そのため、仮想通貨の元祖です。 デジタルデータ ビットコイン(BTC)に代表される仮想通貨は、インターネット上だけで使用できるという特徴があります。 日本円やドルなどの法定通貨のように、紙幣や硬貨といった実物は存在せず、デジタルデータです。そのため、デジタル通貨と呼ばれることもあります。 取引履歴が公開されている また、ビットコイン(BTC)は、どのアドレスでどのような取引が行われたかについて、誰でもネット上で確認できることも特徴です。アドレスとは、ネット上の口座番号のようなものだと理解すればよいでしょう。 しかし、アドレスだけみても、誰が行った取引かまでは特定できない仕組みになっています。高度な暗号技術が使われていることもあり、日本以外では暗号通貨や暗号資産と呼ぶのが一般的です。 詳しくはこちら:ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説 ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法を解説 仮想通貨と法定通貨は何が違うのか? ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の特徴を理解する場合、円やドルなどの法定通貨との違いを知ることが有効です。主な違いには例えば下記が挙げられます。 1. 実物の有無 1つ目は、紙幣や硬貨などの実物があるかどうかです。 法定通貨は、紙幣や硬貨が発行されるのに対し、仮想通貨では紙幣や硬貨は発行されないという違いがあります。仮想通貨は、現実の世界で現物をやりとりして交換することはできず、ネット上で取引することになります。 2. 取引される場所 2つ目は、取引される場所の違いです。 法定通貨の主な取引場所は、銀行や証券会社になります。一方、仮想通貨の主な取引場所は、仮想通貨交換業者が開設している取引所と呼ばれるが一般的です。 3. 価値の保証の仕組み 3つ目は、誰が価値を保証しているかの違いです。 法定通貨は、通貨を発行している国家や一定地域内での流通を法律で強制しています。いわば国などの中央管理者がその価値を保証している状態です。 仮想通貨は、通貨の価値を信じている人がいることによって、その価値が保証されています。ビットコイン(BTC)の価値は、取引市場に参加している人の需要と供給によって決まる仕組みです。 詳しくはこちら:仮想通貨とは何か?初心者にもわかりやすく解説 ビットコイン(Bitcoin/BTC)ってどんな仕組み? ビットコイン(BTC)の通貨システムを支えている主な技術は、ブロックチェーン技術です。 ビットコイン(BTC)の取引は、一定の間隔で生成されるブロックと呼ばれるものに格納されます。ブロックに書き込まれた取引履歴は、マイニングと呼ばれる作業によって取引検証が行われる仕組みです。 マイニング マイニングには、誰でも参加できます。多くの参加者が取引検証行為を行い、いち早く検証を終えた人が報酬としてビットコイン(BTC)を受け取れるのです。 ただし現在ではビットコイン(BTC)の取引検証は、膨大な計算を行わないとできないため、高い計算能力を持つマシンを大量に投入する必要があります。 取引検証における計算競争とは、正解を得るために必要となるノンスと呼ばれる値を探す競争です。ある値を入力すると、ランダムな値を出力するハッシュ関数を使用します。 ハッシュ ハッシュとは、バラバラに砕くという意味です。ポテトを砕いて揚げたハッシュポテトのハッシュと同じ意味になります。 ハッシュ関数から出力される値から、入力するノンスを推定することはできない仕組みです。そのため、正解となるハッシュ値を得るためには、さまざまなノンスの値を総当り的に何度も入力して試すことになります。 結果的に、計算能力が高いマシンを使っている人が、計算競争に勝つ確率が高くなるのがマイニングの特徴です。 マイニングによって検証されたブロックは、ビットコインシステムに参加している人によって承認されます。取引検証の結果が正しいかどうかは、簡単にわかる仕組みです。 正解となるハッシュ値は、先頭にゼロがたくさん並びます。承認を行う人は、正解だとされたノンスをハッシュ関数に入れてみて、多くのゼロが最初に並ぶハッシュ値が出力されることで正解だと確認するのです。 詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)のマイニングとは?仕組みとやり方は? ブロックチェーン 承認されたブロックは、1つ前のブロックにつなげられます。こうしてブロックは時系列にチェーン状に伸びていくのです。これがブロックチェーンです。 ビットコイン(BTC)は、多くの不特定多数の人がビットコイン(BTC)という報酬獲得を目指してマイニングを行い、それをシステム参加者が承認してブロックチェーンが伸びていくことで成立しています。 詳しくはこちら:ブロックチェーンとは?基礎知識やメリット・デメリットをわかりやすく解説 ビットコイン(Bitcoin/BTC)に価値がつくのはどうして? 仮想通貨は、法定通貨のような紙幣や硬貨がないにもかかわらず価値が認められ、市場で価格が付き取引されています。 仮想通貨に価値がある理由を理解する場合、法定通貨と比較して認識する方法が有効です。 法定通貨の価値 法定通貨の価値が認められる主な理由は、例えば以下の2つが挙げられます。 1つは、金や銀などと交換できる兌換通貨であれば、交換対象となる金や銀などの価値が裏付けです。もう1つは、発行している管理者への信頼です。 金や銀などと交換できない不換通貨の場合、通貨発行を司る国などに対する信用が通貨価値の裏付けとなります。 仮想通貨の価値 一方、仮想通貨の価値が認められる理由は、通貨として役に立つからです。仮想通貨の価値は、数学に基づく特徴などが裏付けになります。 電子データである仮想通貨の優位性は、紙幣のような損傷が起こることがなく、送金や小さな単位への分割も簡単に行えることなどです。 また、ビットコイン(BTC)の場合は、総発行量に上限が設けられていることにより、インフレで価値が目減りするリスクが小さいことも、価値の理由としてあげられます。 ビットコイン(BTC)の普及 さらに、認知度が上がることによる需要の増加も、通貨価値上昇を後押しする状況です。 ビットコイン(BTC)の価値につながる特性を理解するにあたっては、信頼性向上と認知度向上による普及がポイントになります。 ビットコイン(BTC)の場合、利用者や仮想通貨交換業者、ビットコイン支払いを受け入れる新興業者などの増加によって、信頼性の向上と認知度向上を図ることが可能です。 ビットコイン(BTC)を取引や支払手段などとして利用する人や、ビットコイン支払いを受け入れる業者などが増えることも、通貨価値向上につながります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を利用するメリット ビットコイン(BTC)の価値を認めて利用する主なメリットには、例えば下記が挙げられます。 1. 稀少性がある 1つ目は、発行量上限が2100万BTC(ビーティーシィー、通貨単位)に設定されているため、稀少性があるということです。 採掘可能量に制限がある金などと同じように、希少性が認められると考えられています。 2. 簡単に法定通貨と交換可能 2つ目は、取引所で売買することで、簡単に法定通貨との交換ができることです。 法定通貨との双方向のやりとりができることで流動性が高まります。 3. 国際送金コストがやすくなる 3つ目は、国際送金コストが安くなることです。 手数料が割高になる法定通貨の国際送金を使わなくても、ビットコイン(BTC)で送金すれば、ネット上には国境がないため安い手数料で送金できます。 4. 決済手段として利用できる 4つ目は、決済手段として利用できることです。 ビットコイン(BTC)は、法定通貨と同じように、物やサービスを購入する場合の支払手段としても利用できます。 5. 投資対象になる 5つ目は、投資対象になることです。 ビットコイン価格は需要と供給の変化により変動するため、売買によって利益が得られます。 6. 自国通貨が暴落した際の逃避先 6つ目は、自国通貨が暴落した際などに、資産の逃避先として利用できることです。 以前キプロスなどで発生した通貨危機では、実際に自国通貨からビットコイン(BTC)に資産を移動する動きが見られました。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を利用するデメリット ビットコイン(BTC)の価値を理解するにあたっては、デメリットを認識しておくことも大切です。主なデメリットには、例えば下記が挙げられます。 1. 認知度が高くない 1つ目は、認知度が高くないことです。 2017年には、ビットコインの高騰に関する報道や、ビットコイン支払いに対応した大手量販店の宣伝などが行われました。その結果、日本では、仮想通貨やビットコイン(BTC)という名称に対する認知度は高くなったといわれています。 しかし、多くの人は、ビットコイン(BTC)に関して詳しくは知らないという状況です。また、ビットコイン(BTC)の存在を認知していない人もまだまだいます。 広く認知されて実際に使う人が増えれば増えるほど、その価値が上がるのが通貨の特徴です。通貨価値の観点からは、ビットコイン(BTC)の認知度が十分上がっていないことがデメリットだといえます。 2. システムが発展途上 2つ目のデメリットは、ビットコイン(BTC)の通貨システムにはまだ改善の余地があり、発展途上のものであることです。 たとえば、取引データの増加に伴う処理の遅れというスケーラビリティ問題は、ビットコインシステムが稼働してから何年も経過してから問題視され、解決策がとられつつあります。 今後も、実際に通貨システムとして稼働することで、新たな機能面での問題点が発見される可能性もあるでしょう。機能が完全ではないことは、通貨価値の点においてはマイナスに働く要因です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)が信用される理由 ビットコイン(BTC)が信用される主な理由には、例えば下記が挙げられます。 1. 国家や中央銀行の管理下にない 1つ目は、国家や中央銀行の管理下になく、その影響を受けないことです。 ビットコイン(BTC)は、不特定多数の人が自由にブロックチェーン技術に基づく通貨システムに参加しており、中央に管理者が存在しない特徴があります。 そのため金融政策の影響を受けず、独立した存在であることが信用される理由の一つです。 2. 通貨発行量の上限が定められている 2つ目は、通貨発行量の上限が定められていることです。 上限が設定されていることで、過度な通貨発行が抑えられます。また、新規発行ペースもブロック生成スピードに従うため、恣意的に変更できないことも特徴です。 大量の通貨発行による物価上昇や、通貨価値棄損が生じるリスクがないことなどが、信用につながっています。 3. 取引の改ざんができない 3つ目は、取引の改ざんができないことです。 ブロックチェーン上の取引履歴を書き換えることは、技術的に不可能だとされています。この点も、ビットコイン(BTC)の信用向上の理由の1つです。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)には価値がないと考える人も 一方で、ビットコイン(BTC)には価値がないと考える人も存在します。その主な根拠としては、例えば3つあげられます。 1. 送金手数料の高騰 1つ目は、送金手数料の高騰があることです。 価格が高騰すると、ビットコイン(BTC)の送金手数料が割高になってしまうことがあります。その矛盾が、ビットコインの価値減少につながると考えているのです。 2. 他の仮想通貨の方が優れている 2つ目は、ビットコイン(BTC)よりも優れた仮想通貨がほかにもあることです。 例えばビットコイン(BTC)にはない機能を備えたコインや、送金スピードが速いコインがあり、ビットコイン(BTC)の優位性を疑う根拠としてあげられます。 3. ビットコイン(BTC)そのものが価値を生まない 3つ目は、ビットコイン(BTC)そのものが価値を生まないことです。 例えば賃貸マンションへの投資や、株式などの有価証券への投資は、賃貸収入や配当などのインカムゲインを生みます。 一方、ビットコイン(BTC)は保有していても利息などを生まない通貨です。この点をもって、ビットコイン(BTC)に価値がないとする考え方もあります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)に将来性はある? ビットコイン(BTC)の将来性に関しては、例えば下記の3つの点に注目して考えてみるのも良いでしょう。 1. セキュリティ 1つ目は、セキュリティです。 ブロックチェーンに書き込まれた取引履歴が改ざんされるような事態になると、通貨価値は下落します。 しかし、過去に1度もビットコイン(BTC)のシステムはハッキングされた事例がなく、システムもダウンしたことがない点は、認識しておく必要があるでしょう。 2. アップグレードの余地 2つ目は、アップグレードの余地です。 新技術が開発されてビットコインシステムに組み込まれれば、さらに価値は上昇する可能性があります。 これまでにも、Segwitというトランザクション情報の圧縮技術などが導入されています。 3. ビットコインETF 3つ目は、ビットコインETF(エクスチェンジトレーデッドファンド)の上場動向です。 上場が承認されると機関投資家の資金が流入し、需要が増加すると見込まれています。需要の増加は、価値の上昇に寄与するでしょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を手に入れるには? ビットコイン(BTC)を手に入れる主な方法は、4つあります。 1. 仮想通貨の取引所に口座を開設 1つ目は、仮想通貨の取引所に口座を開設して購入する方法です。初心者でもできる一般的な方法だといえます。 Coincheckの口座開設はこちら 詳しくはこちら:ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法を解説 2. 友人と交換 2つ目は、友人・知人などと交換する方法です。ビットコインアドレスを確保して送金してもらえば入手できます。 3. マイニングで稼ぐ 3つ目は、マイニングで稼ぐ方法です。高性能のマシンなどを必要とするため、現在ではかなりハードルは高くなっています。 4. 対価として受け取る 4つ目は、サービス提供や商品販売の対価として受け取る方法です。 支払手段としてビットコイン支払いができる環境を整えることができれば、取得できるようになります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)は法定通貨のような感覚で利用することもできる 世界中でビットコイン(BTC)を取引できる場所や、ビットコイン(BTC)での支払いを認める店舗が増えています。 ビットコイン(BTC)は、数ある仮想通貨のなかでも、法定通貨のような感覚で支払手段として使えることが特徴です。ビットコイン(BTC)は、多くの人が利用するようになることで、通貨価値が高まります。 ビットコイン(BTC)の価値を活かすためには、仕組みを理解するだけでなく、積極的に利用してみるのも良いでしょう。 Coincheckでは500円などの少額からでもビットコイン(BTC)を購入することが可能ですので、ビットコイン(BTC)に魅力を感じている人は、実際に使ってみてはいかがでしょうか。

私たちの生活を大きく変える可能性もある仮想通貨のビットコイン(BTC)。 仮想通貨が注目を集めたのはその利便性のみならず、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨で1億円以上の利益を出した「億り人」のように、仮想通貨取引によって大きく儲けた人が続出したことも要因として挙げられるでしょう。 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は、データであるが故に、円やドルなどの法定通貨のように現物の札束がない点が特徴です。 ですが、実はこのビットコイン(BTC)が、実物資産の代名詞とも言える「金」と似ている点があると言われることをご存知でしょうか。 「仮想」と「実物」という一見真逆に見えるこの2つの資産ですが、ビットコイン(BTC)と金の類似点や購入方法、税金の違いなども交えながら紹介していきます。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)と金の共通点 そもそもビットコイン(BTC)は、法定通貨のドルや円などのように、種類が様々ある仮想通貨の中のひとつの通貨のことを指します。 そんなビットコイン(BTC)と金の意外な共通点について見ていきましょう。 国が発行しているものではない まず、ビットコイン(BTC)は法定通貨などとは違い、国が発行しているものではなく、金も同様に国が発行しているものではありません。 ビットコイン(BTC)には、法定通貨を管理する中央銀行のような仕組みはありません。 ビットコイン(BTC)は中央に管理者がいてコントロールされているものではなく、あらかじめ組み込まれたプログラムによって、システムが自動で稼働しているのです。 全体量が決まっている ビットコイン(BTC)も金も、その全体量は決まっています。 ビットコイン(BTC)の最大発行枚数は、あらかじめ2100万BTCと決まっており、プログラムに書き込まれています。 また、金の場合もこれまでに掘り出した総量は約15万トンです。まだ採掘されていない金も世界のどこかに眠っている可能性はゼロではありませんが、あまり高くないと言われています。 どちらにも共通して言えるのは、希少性があるということです。そこで、仮想通貨も金も購入するには当然お金が必要になりますが、身近なところで法定通貨と置き換えて考えてみましょう。 法定通貨も全体量が決まっており、2017年末時点で日本で流通しているお札を集めると、約107兆円にもなると言われています。 詳しくはこちら:日本の紙幣の流通量 例えば、この法定通貨に対して、急に国の政策などによって、倍の214兆円にすると決まったら、円の価値は大幅に下落するでしょう。 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨や金も、全体量が決まっているからこそ希少価値があるといえるのです。 需要と供給によって価格が変動する ビットコイン(BTC)や金の価値が変動しないかと言われれば、決してそうではありません。 金の場合は、例えば原油・米ドル・世界経済情勢などによる様々な影響によって、常に変動を続けています。 ビットコイン(BTC)の場合は、2009年の0.07円程度から2017年には200万円以上と、非常に大きく価値が上昇しました。 その理由の一つとしては、仮想通貨が世の中のお金のシステムを大きく変えうる存在として注目されたからでしょう。 では、仮想通貨や金の価値はなぜ変動するのかというと、それは需要と供給のバランスが一因だといえます。 具体的にどのように価値が決まるのかというと、それを欲しいと思う人が多くいると価値が上がり、逆にそれを欲しいと思う人が減ると価値が下がるといったように、需要と供給のバランスによって価値が決まります。 実際にビットコイン(BTC)の登場当初は、注目度も低かったためその価値は低かったですが、人々の興味が集まるにつれて価値も上がっていきました。 長い年月を経ても状態が劣化しない さらに、ビットコイン(BTC)も金も、両者とも状態が劣化しないという特徴も持ちます。 ビットコイン(BTC)の誕生から10年以上経とうとしていますが、ビットコイン(BTC)はそもそも電子上のデータですので、劣化することがありません。 以上のような性質を持つことから、仮想通貨を保有している人の中には、その資産の多くをビットコイン(BTC)で保有し、ビットコイン(BTC)を「仮想の金 = デジタルゴールド」と捉えている人もいるようです。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の購入方法と税金について 実際にビットコイン(BTC)を購入するためには、基本的には仮想通貨の交換所と呼ばれるところから、インターネット上で購入します。 仮想通貨の交換所は、大きく分けて『販売所』と『取引所』を提供しています。 名前の通り、販売所はビットコイン(BTC)などの仮想通貨を販売しているところで、取引所はユーザー同士でビットコイン(BTC)などの仮想通貨の売り買いの取引をしている場所になります。 ビットコイン販売所について どちらからでもビットコイン(BTC)は購入できますが、販売所であれば初心者でも簡単にすぐに購入することができます。 販売所でビットコイン(BTC)を購入する場合は、あらかじめ決められたレートで購入することになります。取引の操作も簡単なことが多いため、初心者でも注文ミスをしにくくなっている点が特徴です。 ビットコイン取引所について 一方、取引所を利用する場合は、ビットコイン(BTC)の売り手がいて初めて購入ができるため、必ずしも買いたい時にすぐに購入可能なわけではありません。 自分の好きな価格や数量を指定して注文をすることができたりもしますが、取引に慣れていないと注文ミスをしてしまう可能性もあります。そのため、利用する際には注意が必要です。 このように販売所と取引所はそれぞれメリットとデメリットがありますので、実際に利用してみて、自分に合っている方で購入するのが良いでしょう。 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)には税金はかかる? 仮想通貨を購入してそのまま保有している分には、基本的に税金はかかりません。 ですが、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨で得た利益は「雑所得」として扱われ、一定の利益が出た場合は納税が必要となります。 他にも、例えば10万円で購入した仮想通貨が値上がりして、20万円になったとします。その仮想通貨で20万円の支払いをした場合、実質10万円の利益が出ているため、その10万円も雑所得として見なされます。 雑所得の場合は、所得が大きければ大きいほど、かかってくる税率も大きくなる累進課税制度が適応されます。そのため、所得が非常に大きい場合、最大で45%もの税金を「所得税」として支払わなければなりません。 また、この雑所得にかかる税金は「所得税」だけでなく、利益の一律10%を「住民税・地方税」として支払うことも義務づけられています。 一方、株式投資やFX(外国為替証拠金取引)の場合は、申告分離課税が適用されるため、税率は20.315%(所得税15.315%+住民税5% ※所得税に復興特別税を含む)となっています。 FXも元々は雑所得に分類されていましたが、途中で税制が変わりました。 このような経緯を鑑みると、2018年時点では仮想通貨の利益も雑所得に分類されていますが、今後変わっていく可能性もあります。 ※税金等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 金の購入方法と税金について 金は、その希少性から、世界中で価値あるものとして認識されているものです。 また、金そのものに価値があることから、ドルや円などの法定通貨などとは違い、その価値が守られています。 金を購入する方法 金を購入するには、金を取り扱っている業者から購入をします。 日本国内だと、例えば田中貴金属工業・三菱マテリアル・日本マテリアル・徳力本店・第一商品などから購入が可能です。 金自体の価値は世界共通なので、基本的にはどこの業者から購入してもさほど違いはなく、2018年12月末時点では、1gは約5000円程度となっています。 業者によっては10gは販売しておらず、1kg単位の販売をメインとしている業者もいますので、購入したい量によって利用する業者を選ぶとよいでしょう。 また、一言に金といっても、金には様々な形があり、いわゆる「金の延べ棒」のような物や「金貨」、他にも「純金積立」といったようなものもあります。 金に税金はかかる? 金の税金に関しては、売却時に20万円以上の利益が出るものに対しては「譲渡所得」として課税対象となります。 逆に20万円以下であれば、申告の必要は原則ありません。また、金の所持期間によっても、かかってくる税金は変わってきます。 所有期間が5年以下で手放した場合は、利益を出すために金を購入したとみなされるため、5年以上所有していた場合と比べて倍の税金がかかってきます。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)と金の違いとは ここまで、ビットコイン(BTC)と金の資産としての価値など、類似点についてご紹介してきました。では、逆にどういった点が違うのでしょうか。 支払いの可否 金は基本的に資産を安全に保有するためのものですが、ビットコイン(BTC)は支払いのためにも使用することができます。 すでに、お店などでも、現金ではなくクレジットカードや電子マネーなど、キャッシュレスで支払いをしているという方も多いのではないでしょうか。 日本でもビットコイン(BTC)などの仮想通貨で支払いができる場所は徐々に増えていることからも、仮想通貨はこれからどんどん実用的なものになるかもしれません。 保管場所 金の場合は実物となるので、金庫や銀行など安全な場所で保管をしなくてはいけません。 一方、ビットコイン(BTC)であれば、データとして資産を保管することができるので、現実的なスペースは不要となります。 また、ビットコイン(BTC)の場合はデータで存在しているため、どこにでも持ち運びが可能です。実用性の部分と重なる面もありますが、国境が存在しないのです。 歴史の長さ ビットコイン(BTC)は、2008年にSatoshi Nakamotoと呼ばれる人物によって考案されました。名前だけを見ると日本人かと思われますが、実態はベールに包まれています。 現在では1000種類以上の仮想通貨が存在していますが、ビットコイン(BTC)は最初に誕生した仮想通貨です。 2008年からと考えた場合、2018年時点でもまだ10年しか歴史のないビットコイン(BTC)は、まだまだ発展途上です。そのため、価値も大きく変動しやすく、投資対象としても話題となっているのです。 それに対し、金は紀元前3100年頃よりエジプトで価値のあるものとして使用され、その価値はいまだに全世界で認められています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)と金についてのまとめ 仮想であるビットコイン(BTC)は、実在する金と相反する存在でありながら、類似点も多くあることがわかります。 このような類似点もあってか、より一層、ビットコイン(BTC)のような仮想通貨には世界中が注目しています。 現時点では歴史も浅く、発展途上のビットコイン(BTC)はまだ不安定なものではありますが、その利便性や実用性などから、今後の通貨という概念を大きく変えるかもしれません。

ビットコイン(BTC)で億万長者になることを俗に「億り人(おくりびと)」と言いますが、特に2017年は仮想通貨のブームが過熱した年でもありました。 しかし2018年に入ると、ビットコイン(BTC)の価格も大きく下がりはじめ、一時期は200万円以上の値をつけたものの、2018年12月時点では40万円台にまで下がりました。 価格は下がったものの、仮想通貨は将来的には電子マネーと同様に、気軽に生活で利用できるかもしれず、まだまだ様々な可能性があるとも考えられています。 そこで今回は代表的な仮想通貨であるビットコイン(BTC)を購入する際の注意点や、ビットコイン(BTC)の歴史、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨などについてもご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)はいくらで買える? 仮想通貨やビットコイン(BTC)という言葉を聞いたことはあるものの、実際にいくらで買えるのかや、詳しい仕組みなどについては、あまり理解していない人は多いでしょう。 2018年12月時点では1BTCあたり約40万円と、一般的には簡単に購入できる金額では内容に思われます。 そのため、40万円もするのであれば購入は無理だと考えてしまう人が多いと思いますが、実は仮想通貨の場合は、単位を小さくして購入することも出来るのです。 例えば、1BTC=40万円として計算をしてみると、0.025BTCを1万円で購入することが可能なのです。 仮想通貨の取引所によって最低購入金額は異なる 仮想通貨を取り扱っている仮想通貨の取引所では、それぞれ最小の購入可能単位が決められています。 なお、仮想通貨の取引所Coincheckでは500円からビットコイン(BTC)を含む様々な仮想通貨を購入することができます。 また、後述しますが仮想通貨のレバレッジ取引を行う場合には、少額の資金でもレバレッジをきかせることで大きな金額の取引をすることもできます。 ただし、レバレッジ取引にはリスクもありますので、取り組む際にはメリット・デメリットを事前によく理解しておく必要があるでしょう。 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck 仮想通貨を始める前に知っておくべきこと 仮想通貨を始めるにあたり、事前に理解しておくべきことや、注意しておくべきことを紹介します。 信頼できる仮想通貨の取引所を選ぶ まず第一に、仮想通貨の取引をするに当たっては、信頼できる仮想通貨の取引所を選ぶことが大切です。 仮想通貨にはハッキングなどのリスクがあるため、絶対に安全という取引所は存在しません。ですが、セキュリティ対策に力を入れている取引所や、管理体制がしっかりしている取引所を選ぶことでリスクを少しでも減らすことが出来ます。 他にも1つの考え方として、例えば取引画面が見やすかったり、取引の操作が容易な取引所を選ぶことで、注文ミスなどをするリスクを減らすこともできます。 手数料の安さやメリットばかりを強調してくる取引所には思わぬ落とし穴もあったりしますので、取引所を選ぶ前には情報収集をしっかりと行い、デメリットやリスクなども理解しておく必要があるでしょう。 仮想通貨のリスクを理解しておく 仮想通貨は今のところ価格変動が激しいため、大きな利益を生み出す可能性がある魅力もある一方で、大きなリスクも存在しています。 仮想通貨の取引は開始からまだ約10年程度しか経っておらず、価格変動もドル円などのFXに比べて、はるかに大きいです。 もちろん将来性もあるテクノロジーの一つではありますが、まだ今後の予測がし辛いため、安易に価格が上昇すると考えずに、無理のない範囲で取引を行うようにしましょう。 【初心者向け】仮想通貨取引を始めるための基礎知識 Coincheck 余剰資金の範囲内で投資を行う また、仮想通貨に投資をする際には、全財産をかけて一気に投資するのではなく、必ず余剰資金の範囲内での投資を心がけましょう。 生活費用に使う資金とは分けて使用するなど、あらかじめ使用する資金を決めて行うと、リスク回避に繋がります。 また、周りに流されたり、噂といったよく分からない情報を信じてしまったりすると、大きな損失に繋がる場合も多いです。 例えば「絶対に儲かる!」「これから価格が上昇する!」といった情報を簡単に鵜呑みにして投資してしまうのは危険な行為ですので、必ず自分で情報収集を行い、検討した上で投資を決めるようにしましょう。 アルトコインへの投資にも目を向けてみる 仮想通貨と言うと、ビットコイン(BTC)と思い浮かべる人が多いですが、国の通貨のように仮想通貨も何種類も存在しています。 ビットコイン(BTC)以外の通貨をアルトコインと呼び、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ネム(NEM)といった通貨があります。 どの通貨であってもCoincheckでは500円から購入することが可能です。 少額であれば、価格が下がったとしても損失はあまりなく、慣れるための経験として考えることも出来ます。 2018年12月時点では、ビットコイン(BTC)のように1単位が数十万円もする仮想通貨は他にはありませんので、より価格が安い通貨で始めてみるのも良いでしょう。 Coincheckはアルトコインの取り扱い種類も豊富なため、様々なアルトコインに分散して投資をすることもできます。 Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheck Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)の歴史 多くの種類がある仮想通貨ですが、どの通貨も歴史は浅く、どの通貨が良いのかは分からないかもしれません。 しかし、ビットコイン(BTC)は仮想通貨の中でも最もメジャーな通貨として知られており、歴史も長い仮想通貨です。 2009年ごろから取引が開始 ビットコイン(BTC)は2009年ごろから取引が開始され、インターネット上で取引ができる最初の仮想通貨としてスタートしました。開始当初は1BTC当たり日本円で約0.07円と、今では考えられないほど安い値段だったようです。 しかし年々価格は上昇していき、ビットコイン(BTC)での決済が可能なお店増えたり、仮想通貨に関する法整備が整いだしたりして、少しずつビットコイン(BTC)の認知度も高まり普及していきました。 2017年には200万円以上に上昇 何度かの仮想通貨の取引所のハッキング事件などに見舞われながらも、2017年には220万円以上まで上昇しましたが、2018年12月時点では約40万円まで下落しています。 ビットコイン(BTC)の取引が開始されたころに、数万円分のビットコイン(BTC)を購入した人は、2017年の時には数億円にもなっていたため、一気に億万長者になった方もいたようです。 今では少し落ち着いた状況ですが、仮想通貨に将来性を感じている人には根強い人気があり、今後もさらに普及していくと期待されています。 悩む場合はビットコイン(Bitcoin/BTC)を選んでみても 様々な情報を調べてみたものの、やはりどの通貨が良いかは悩むものです。そういった人は、まず少額のビットコイン(BTC)を購入してみるのも良いかもしれません。 上記で説明したように、仮想通貨は単位を小さくして購入することも可能なので、利益は小さいですが先ずは少額取引を始めるのが良いでしょう。 トレーダーといった上級者であれば、多額の資金を使って一気に取引するという事もありますが、初心者が同じことをすれば、大損害を受けてしまう可能性が高くなります。 そのため、初心者であれば積み立てという考えで、定期的にビットコイン(BTC)を購入していく方法もあります。 毎月同じ額のビットコイン(BTC)を購入していくことで、毎日価格をチェックして気にするといった焦りから解放されたり、気持ち的にも余裕が生まれたりもします。 初心者は取引に慣れてからレバレッジ取引へ 最後に注意点として、仮想通貨のレバレッジ取引があります。レバレッジとは、本来の投資額に対して何倍もの投資を可能にする取引方法になります。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 例えば、10万円の資金に対して5倍のレバレッジ取引を利用すると、50万円分のとりひきを行うことが可能なのです。 レバレッジをかける分、大きな利益が生まれる可能性もありますが、同時に損失をだしてしまった時も大きくなってしまいます。 取引所によっては非常に大きなレバレッジをかけることも可能なため、初心者は安易に倍率の高すぎる取引所を利用することは避けた方が無難でしょう。 仮想通貨の取引に関するまとめ 歴史の浅い仮想通貨は、今後世界中で普及していく可能性もあり、将来性のある通貨として期待されています。 日本でも、仮想通貨に関する法律が整備されたり、大手家電量販店や旅行会社などでもビットコイン(BTC)による決済が導入されたりと、少しずつ仮想通貨は身近なものへと近づいています。 しかしながら、仮想通貨は価格変動も大きく、セキュリティ上のリスクなどもあるため、きちんと情報収集をした上で、自分に合った投資額を決めて、余剰資金で取り組むことが大切です。 仮想通貨は投資の初心者でも気軽にできる取引でもあるため、まずは少額から少しずつ経験を積み、十分な知識を得て、経験を積むことが出来たら、大きな取引をしていくようにしましょう。

FXや株、仮想通貨など、ネット上で金融取引をしている人は意外と多く、主婦や学生でも大金を稼いでいる人がいると、時々話題になります。中にはカリスマ主婦として、旦那さんよりも稼いでしまう人もいるようです。 もちろんすべての人が稼げるわけではなく、損をしてしまう人もいるため、仮想通貨の取引はきちんとリスクには気をつけて行う必要があります。 そんな仮想通貨の取引を行う上で、重要な情報としてボラティリティがあります。 そこで今回は、仮想通貨におけるボラティリティについてや、仮想通貨で損をしないように気を付けるべき点などを中心に詳しく説明していきます。 ボラティリティってなに? ボラティリティと聞くと、日常生活でも聞いたことがないくらい馴染みのない言葉かもしれません。仮想通貨やFX、株といった金融取引をしていたり、経済に詳しい人は知っていたりするかと思います。 しかし、金融取引を行う上では欠かせない情報であるため、仮想通貨の取引を行う人は知っておいた方が良いでしょう。 ボラティリティは、日本語にすると価格変動性と言います。 FXであれば外貨の価格、株式投資であれば株の価格、仮想通貨であればビットコイン(BTC)などの通貨の価格の変動を表すパラメーターのようなものです。 ボラティリティの大きさについて ボラティリティは大きく変動したり、小さく変動したりします。 ボラティリティが大きいという事は、価格の変動率が高く、上手に取引を行えれば大きく利益を生むことが出来ます。 逆にボラティリティが小さいという事は、価格の変動率が低く、損失もあまり生まれませんが、利益も生み出しにくくなってしまうのです。 短期的に大きな利益を上げるためには、ボラティリティが高い仮想通貨を選ぶという手段もありますが、当然ながら取引にはリスクが伴います。 ボラティリティが大きくなるタイミング 仮想通貨のボラティリティが大きくなるタイミングには、いくつか傾向がありますのでご紹介します。 仮想通貨の取引所での取り扱い 例えば、大手の仮想通貨の取引所が新しく仮想通貨の取り扱いを開始した場合、その通貨はボラティリティが高くなる傾向があります。 たとえ、対象の仮想通貨について何かしらのニュースがなかったとしても、取引所が取り扱った開始直後からボラティリティは大きくなることが多いため、そのタイミングで取引を行う人もいるようです。 プレスリリースがあった時 また、仮想通貨についてのプレスリリースや重大なニュースがあった時は、ほとんどの場合でボラティリティが大きくなります。 例えば大企業が仮想通貨の取り扱いを始めるといった発表や、仮想通貨に対して国が何かしらの対策や制度を発表した場合などにも大きくなる傾向があるようです。 重要人物の発言や政治経済に関わる出来事があった時 他にも、政治や経済に影響のある人物が、仮想通貨だけでなく、金融政策や国の政治経済に関連する何かしらの発言をすると、仮想通貨のボラティリティも高くなる可能性があります。 特に先進国のトップの人物や、国の政策に関わる人物、国際的な組織の立場の人物の発言はボラティリティが高くなる要因になるため、注意しておかなければならないでしょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のボラリティは高い? ビットコイン(BTC)で大儲けした人から、大損してしまった人、どちらもテレビやニュースで見聞きしたことがあるかもしれません。 そのため仮想通貨はハイリスク、ハイリターンという認識もあるかもしれませんが、それだけボラティリティが高いと考える事も出来ます 仮想通貨はまだ歴史が浅く、その価値も安定していないため、ボラティリティの高さを利用して儲けることも出来るかもしれません。 また、ビットコイン(BTC)以外にも仮想通貨はいくつもあるため、他の仮想通貨に投資をすることで、大きく儲けることができる可能性もあるでしょう。 詳しくはこちら:Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のボラティリティは今のところ高い ビットコイン(BTC)を含む様々な仮想通貨は歴史も浅く、今後の予想は難しいですが、2019年1月時点においては、FXや株よりもボラティリティは高いと言えます。 ビットコイン(BTC)の価格の歴史 ビットコイン(BTC)の取引が開始されたのは2009年です。 最初の頃は1BTC当たり0.07円程度で取引が行われていました。2010年頃には1BTCあたり10倍の0.7円程度となり、次第に存在を知られるようになります。 2011年の3月には、日本で初めてビットコイン(BTC)の取引が始まり、価格も74円と、スタート時に比べると約1,000倍もの値段になりました。その後、年々価格は上昇していき、2013年には約11万円もの価格にまで上昇しています。 しかし、2016年ごろまでは1BTC当たり3万円から5万円台を行ったり来たりと、あまり価格の大きな変動がなく、ボラティリティも今までに比べると小さめだったようです。 2017年には200万円以上に上昇 2017年になり、ビットコイン(BTC)の取引も過熱し、日本を含む世界的の国々で人気が加速していきました。 更に、ビットコイン(BTC)を導入する企業が増えたり、法律の整備も各国で行われたことによってか、2017年12月には220万円以上になり、史上最高値まで上昇したのです。 しかし、2018年には価格が高騰しすぎたことも影響してか、ビットコイン(BTC)は一気に下落を始め、2018年12月時点では約40万円台にまで下がっています。 仮想通貨による「億り人」とは? 「億り人」とは、仮想通貨で大金を稼いだ人のことを言います。 特にビットコイン(BTC)の価格が最高値を記録した2017年には、多くの人がビットコイン(BTC)などの仮想通貨を購入して大きな利益を得ました。 まだビットコイン(BTC)が出始めた2010年頃に購入した人は数万円で購入したものが数億円にまで膨れ上がり、一気に億万長者になったという話題をどこかで聞いたかもしれません。 しかし、価格が上昇している後半などブームに遅れて購入した人は、さらに価格が上昇すると予想したものの、逆にマイナスへと転じ、大きな損失をだしてしまった人もいるようです。 ドル円などの通貨とは異なり、インターネット上の仮想通貨はボラティリティが高く魅力的な一方で、リスクも伴うことを忘れないでおく必要があるでしょう。 仮想通貨で損しないために 仮想通貨をこれから始めたいと考えている人は、特に気を付けておきたいことがいくつかあります。 世界の仮想通貨に対する法整備や方針を知る 仮想通貨は何度かのハッキング事件や、トラブルに見舞われており、まだ仮想通貨取引にまつわる環境が完璧に整っていると言いきることはできません。 そういったリスクは取引をする上で承知しておかなければなりまんが、日本では仮想通貨に関する法律も徐々に整備されており、以前よりも安心して売買できる環境は整いつつあります。 少額の取引から始める また、取引所によって最低取引額が違う場合もありますが、Coincheckでは500円から仮想通貨を購入することができます。 このように少額であれば、得られる利益は小さくなってしまいますが、リスクも小さいため、初心者にとってはなれるまでの学習期間として考えるのも良いでしょう。 そうして十分に知識や経験を積めたら、取引額を増やしたり、トレーダーとしての取引を積極的に行ったりする方が安全だとは言えるでしょう。 Coincheckの口座開設はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨で始めてみることも検討する ビットコイン(BTC)は一時期200万円を超える価格となり、価格が高騰しすぎていると言われ、手軽に購入できる仮想通貨ではありませんでした。 価格の落ち着いた2018年12月時点でも40万円台と、まだ以前と比べると高い価格を示しています。 ビットコイン(BTC)自体が世界中に普及し、取引所のセキュリティー強化が進んで安全性が高まれば、長期的に見て価格の上昇も可能性としてはありますが、予測できない部分も多くあります。 そこで、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨も多くある取引所で、少額から他の仮想通貨を購入してみて、慣れるまで運用してみる方法もあります。 取引のルールを決めておく 仮想通貨以外の金融取引においても重要となってくるのが、自分なりの取引のルールを決めておくことです。 ボラティリティの高い仮想通貨は、魅力的な一方でリスクも高いため、決めた価格で取引を行うなど、具体的な数字を決めておくようにしましょう。 犯罪に巻き込まれないように気を付ける 大金が動く仮想通貨では、それを狙った詐欺といった犯罪が数多くあります。 様々な所でセミナーや情報を提供している広告や話が入ってきますが、運営会社や講師の情報をしっかりと収集して、信用できるかどうかを見極めなければなりません。 不安な人は、取引所のメルマガや情報を積極的に利用したり、信頼性の高い書籍などを参考にしたりするのが安全です。知り合いの紹介によるセミナーや、会員登録には十分注意してアンテナを張っておきましょう。 仮想通貨のボラティリティに関するまとめ ビットコイン(BTC)を中心に、魅力的な仮想通貨は多く存在しています。 今後の普及などに伴って、価格の変動が起こり、ボラティリティも高い状態が続くかもしれません。 しかし、魅力的な一方でリスクもあり、自分に合ったルール作りをしておかなければ、大きな損害を受けてしまう可能性も十分に考えられます。 また、詐欺などの巧妙な犯罪の可能性もあるため、十分に情報を集めたり、経験を積んだりしていくことが大切です。 慣れるまでは少額での取引を行い、始めから一獲千金を狙って多額の資金をつぎ込まないようにすることで、リスクを減らし、気持ちの余裕を持って取引を行うことが出来るでしょう。

数ある仮想通貨の中で、ビットコイン(BTC)と並んで知名度の高いのがイーサリアム(ETH)です。アルトコインの中でも人気の高い通貨で、今後の発展が期待できる通貨の一つでもあります。 イーサリアムクラシックなど、イーサリアム(ETH)から派生したものや、イーサリアム(ETH)が基礎となっている通貨も多くあります。そんなイーサリアム(ETH)について理解しておくことは、仮想通貨を取引する上でも役立つでしょう。 そこで今回は、そんな魅力の高いイーサリアム(ETH)について、ビットコイン(BTC)との違いとその特徴を紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら イーサリアム(Ethereum/ETH)ってどんな仮想通貨? イーサリアム(ETH)とは、仮想通貨のうちアルトコインに分類される通貨の一つです。 アルトコインは、ビットコイン(BTC)を除く仮想通貨すべてを指します。このアルトコインの中でもイーサリアム(ETH)は、リップル(XRP)などと並んで知名度が高い通貨の一つです。 イーサリアム(ETH)が、アルトコインの中でも知名度が高い理由の一つに、時価総額が上位である点が挙げられます。 イーサリアム(ETH)の時価総額は、2018年12月末時点において約1.5兆円となっており、時価総額ランキングでは、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)に並んで上位に入っています。 また、国内外問わず、多くの仮想通貨の取引所がイーサリアム(ETH)の取り扱いを行っているのも、人気を集める理由の一つといえるでしょう。 イーサリアム(Ethereum/ETH)の特徴は? ほかにもイーサリアム(ETH)の特徴として、例えば2つ挙げられます。 1. プラットフォームである 1つ目が「プラットフォームである」点です。 プラットフォームとは、さまざまなサービスを動かすための基盤となるもののことをいいます。イーサリアム(ETH)というプラットフォームをもとにして、さまざまな通貨やサービスを形成できるのが、イーサリアム(ETH)の魅力の一つといえます。 実際にイーサリアム(ETH)をベースとした仮想通貨や、イーサリアム(ETH)をベースとしたゲームなどのサービスは続々と誕生しています。 2. ICOによく利用される 2つ目が「ICO(イニシャルコインオファリング)によく利用される」点です。 仮想通貨を使って資金を集めるICOには、イーサリアム(ETH)が用いられることが多いです。多くのICOが行われた2017年には、イーサリアム(ETH)の需要も高まり、価格も高騰しました。 イーサリアム(Ethereum/ETH)でできることは? イーサリアム(ETH)でできることには、例えば以下の2つが挙げられます。 1. 独自トークンを発行できる 1つ目が「独自トークンを発行できる」点です。プラットフォームであるイーサリアム上では、独自のトークンを発行することができます。 トークンはブロックチェーン上で発行された独自コインのようなもので、個人でもイーサリアム(ETH)を利用して発行することができます。 2. 契約を自動で執行できる 2つ目が「契約を自動で執行できる」点です。イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)と同様にブロックチェーン技術をもとにしている仮想通貨です。 ブロックチェーン技術は、第三者による改ざんが不可能で、不正がしにくいという側面を持ちます。ブロックチェーン技術のもとでは、取引履歴をさかのぼって偽造したり改ざんしたりすることができません。 このブロックチェーン技術に加えて、イーサリアム(ETH)は「スマートコントラクト」という技術を利用しており、契約を自動で執行することができます。 イーサリアム(Ethereum/ETH)のスマートコントラクトとは? スマートコントラクトとは、送金情報だけでなく、さまざまな情報を追加して記録できる機能のことです。ブロックチェーン上で契約をプログラム化できるのが、大きな利点となっています。 通常、契約には第三者が介在し、お互いの信頼がないと成立しません。しかし、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを使うと、第三者不在で自動的に契約をプログラム化できるのです。 中央機関を介さずに契約内容を自動執行できる点が、イーサリアム(ETH)の大きな特徴です。ビットコイン(BTC)の場合、ブロックチェーン上ですべての取引記録を管理していますが、イーサリアム(ETH)は取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができるのです。 イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトが応用できる場面は多く考えられていますが、例えば不動産の登記なども考えられます。不動産の登記は、専門的な知識が必要になり、必要な書類なども複雑になっている現状があります。 そこでスマートコントラクトを活用し、面倒な手続きを自動化することでコスト削減をしようという動きがあるのです。このようにスマートコントラクトは、契約を簡素化したい、不動産業界や保険業界での活用が期待されています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)との違いは何がある? イーサリアムがビットコイン(BTC)と違う点は、例えば3つ挙げられます。 1. 用途の違い 1つ目が「用途の違い」です。 ビットコイン(BTC)は、決済用仮想通貨や価値の保存媒体として知られている一方で、イーサリアム(ETH)は開発するためのプラットフォームとして知られています。 イーサリアム(ETH)は、誰もが使用できるような、多くの通貨やサービスの基盤となることを目的としているのです。 2. 運用開始時期の違い 2つ目が「運用開始時期の違い」です。 ビットコイン(BTC)の運用開始時期が2009年なのに対して、イーサリアム(ETH)の運用開始時期は2014年です。ビットコイン(BTC)の方が5年も早く誕生したことになります。 ビットコイン(BTC)の考案者は、サトシ・ナカモトという匿名の人で知られています。一方、イーサリアム(ETH)の考案者はVitalik Buterinというロシア系カナダ人のプログラマです。 3. ブロック生成時間の違い 3つ目が「ブロック生成時間の違い」です。 ビットコイン(BTC)のブロック生成時間が平均して10分程度なのに対して、イーサリアム(ETH)は約15秒程度と短くなっています。 イーサリアム独自のマイニング方法を採用することで、セキュリティを高めつつ、ブロック生成時間の短縮を実現しています。ブロック生成時間が短いと、送金時間が短いなど、ユーザーの利便性が向上します。 イーサリアムクラシック(ETC)との違いは? アルトコインの中に、イーサリアムクラシック(ETC)と呼ばれる仮想通貨があります。 イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)から分岐して生まれた通貨です。仮想通貨の分岐のことを、「ハードフォーク」と呼びます。 ハードフォークとは ハードフォークとは、それまでの旧仕様を無視して、新仕様を採用する方法のことです。 仮想通貨はブロックチェーン技術を採用しているため、さかのぼって仕様を変更することができません。そのため、何らかの欠点が生じた際に変更するためには新しい通貨を生み出すほかないのです。 そこで新しい通貨が生まれることをハードフォークといいます。 目的の違いとは ハードフォークによって生まれたイーサリアムクラシック(ETC)が、イーサリアム(ETH)と異なる大きな点は、「目的の違い」です。すでに説明した通り、イーサリアム(ETH)は分散型アプリケーションを形成するためのプラットフォームです。 それに対して、イーサリアムクラシック(ETC)は、IOT(インターネットオブシングス)への活用などを目的としています。 IOTとは、様々なモノがインターネットに接続される仕組みのことです。例えばIOTを利用することで、利用者はモノの遠隔操作ができたりもします。 Coincheckの無料登録はこちら イーサリアム(Ethereum/ETH)の通貨発行量上限は? イーサリアム(ETH)の通貨発行量上限は、決められていません。 ビットコイン(BTC)には2100万BTCという上限、イーサリアムクラシック(ETC)には2億1000万枚〜2億3000万枚という上限がそれぞれ決められています。 ただし、上限の決まっていない通貨も多くあるので、イーサリアム(ETH)だけが特別というわけではありません。 発行量の上限がない仮想通貨については、例えば事前に考えておきたいポイントとして以下の2つが挙げられます。 1. 稀少性が下がる可能性がある 1つ目が「希少性が下がる可能性がある」点です。発行量が決まっていないと、1枚あたりの価値は次第に下がってしまう可能性が考えられます。 2. 今後、上限が決まる可能性もある 2つ目が「今後、上限が決まる可能性もある」点です。 イーサリアム(ETH)は、アップデートを繰り返している通貨であるため、今の所可能性は低そうですが、今後上限が決まる可能性もゼロとは言い切れません。 スマートコントラクトの強化や安全性の向上を目指してアップデートが行われる中で、発行量の上限が定められることもあるかもしれませんので、日々のイーサリアム(ETH)のニュースなどの動向に注視しておくのが良いでしょう。 トークンの作りやすさもイーサリアム(Ethereum/ETH)の魅力 イーサリアム(ETH)の大きな魅力として挙げられるのが、「トークンの作りやすさ」です。 イーサリアム(ETH)は拡張性が高く、多くの人に開かれている仮想通貨のため、さまざまな開発にも利用されています。イーサリアムが基盤となっているトークンは、400種類以上あると言われています。 イーサリアム上で発行するトークンには共通規格があり、代表的なものにERC20(Ethereum Request for Comments:Token Standard#20)が挙げられます。 ERC20を使ってトークンを発行することで、イーサリアム(ETH)の基本的な機能を利用できたり、対応しているウォレットで一元管理できたりするなどのメリットがあります。 イーサリアム(Ethereum/ETH)のマイニングについて イーサリアム(ETH)のマイニングには、例えば下記の3つのポイントがあります。 1. PoW(プルーフ・オブ・ワーク) 1つ目が「マイニング方式はProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)である」点です。 Proof of Workはビットコイン(BTC)と同じマイニング方式で、簡単にいうと一番最初に難しい計算を解いた人に対して報酬が支払われる方式です。 2. Casperに変更を予定 2つ目が「今後、Proof of WorkからCasper(キャスパー)に変更を予定している」点です。 Casperとは、Proof of Stake(プルーフオブステーク)というマイニング方式のことで、仮想通貨の保有量などによって有利になる方式です。Proof of Workの課題をクリアする方式として期待されています。 3. マイニング競争は激しい 3つ目が「イーサリアム(ETH)のマイニング競争は激しい」点。 マイニングの難易度は、参加者の多さによるため、知名度の高いイーサリアム(ETH)やビットコイン(BTC)は競争が激しいといえます。 今後、優秀なコンピュータを保有している人に有利なProof of Workから、保有量に応じて有利になるCasperへと移行されることで、競争はより激化するかもしれません。 マイニングで起こりうる問題点とは? イーサリアム(ETH)に限りませんが、仮想通貨のマイニングに関してはいくつか問題点もあります。 1. 無駄な作業が発生する 1つが「無駄な作業が発生する」点です。 マイニングは多くの人が一斉に参加しますが、初めに成功した人以外の作業は無駄になってしまいます。不採用になるブロックが数多く出てしまうため、無駄な作業や電力、費用などが発生することになります。 2. マイニングが集中化する可能性がある もう1つが「マイニングが集中化する可能性がある」点です。 今のところはそのような問題はおきてませんが、今後特定のマイナーによって、イーサリアム(ETH)のすべてのマイニングが支配されてしまう可能性もゼロとは言い切れません。 イーサリアム(Ethereum/ETH)を購入するには? イーサリアム(ETH)を購入する場合、イーサリアム(ETH)の取り扱いを行っている取引所を利用するのが一般的な方法といえます。 国内外問わず、イーサリアム(ETH)はビットコインと並んで知名度の高い通貨なので、取り扱っているところも多いです。 国内大手の取引所であるCoincheckも、イーサリアム(ETH)を取り扱っている取引所の一つです。Coincheckは簡単な手続きで口座を開設することができ、すぐにイーサリアム(ETH)を購入することができます。 Coincheckは、アプリの見やすさや使いやすさに定評があり、初心者から投資に慣れた上級者まで使いやすいのが魅力です。 イーサリアム(ETH)を始めとして、取り扱い通貨が多いため、様々な仮想通貨に分散投資をすることもできます。仮想通貨を売買する際には、投資スタイルや取引所の使いやすさなど、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。 簡単にできるイーサリアム(ETH)の購入方法と買い方を解説 Coincheck イーサリアム(Ethereum/ETH)を購入してみよう イーサリアム(ETH)は、多くのトークンやサービスに活用されている仮想通貨です。 アルトコインの中でも特徴が分かりやすく、イーサリアム(ETH)を土台としたトークンやサービスが増えるほど、今後ともイーサリアム(ETH)へのニーズが高まっていく可能性もあるでしょう。 また、数ある仮想通貨の中でも、時価総額の高いイーサリアム(ETH)は、今後も知名度を上げていくものと予想されています。イーサリアム(ETH)に興味がある方は、イーサリアム(ETH)の取り扱いのあるCoincheck口座を開設して購入してみてはいかがでしょうか。

ビットコイン(BTC)は、仮想通貨のなかでも代表的なコインの一つです。仮想通貨で取引をしている人でも、ビットコイン(BTC)がショッピングにも利用可能であることを知らない人もいるでしょう。 ただし、買い物にビットコイン(BTC)を利用することで得られるメリットやデメリットもあるため、利用する前に理解しておくことが大切です。 この記事では、ビットコイン(BTC)で買い物をする方法や、ビットコイン(BTC)が利用できるお店を探す方法などについてわかりやすく紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をするメリットは? まずはビットコイン(BTC)で買い物をするメリットを3つほどご紹介します。 1. 財布が不要 1つ目は、財布を持ち歩く必要がない点です。 ビットコイン(BTC)はスマホを使っての決済が可能であるため、財布を持つ必要がありません。 例えば財布を落とした際にクレジットカードなどが財布に入ってた場合、個人情報が漏えいする危険性がありますが、ビットコイン(BTC)にはその心配はありません。 ビットコイン(BTC)は電子マネーのように気軽に利用できるため、電子マネーを普段から利用しているユーザーにとっては、馴染みやすい決済方法だといえるでしょう。 また、決済方法はクレジットカードを利用するときと似た方法であるため、基本的には時間もかからず会計時にスマートに支払えます。 2. 両替が不要 2つ目は、ビットコイン(BTC)は法定通貨と違って、両替の必要がない点です。 ビットコイン(BTC)は世界中どこでも利用することが可能であるため、海外旅行へよく行く人などは、買い物をするときにビットコインを利用してみるのも良いでしょう。 ビットコイン(BTC)であれば両替手数料もかかりませんので、この点はメリットといえるでしょう。 3. 暗証番号が不要 3つ目は、クレジットカードでは必要な暗証番号が、ビットコイン(BTC)では必要ない点です。 また、ビットコイン(BTC)の場合は、QRコードを読み込んで決済完了できるため、個人情報が流出するリスクも低くなります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をするデメリットは? 一方で、ビットコイン(BTC)で買い物をする際にはデメリットもあります。 1. 利用できる店舗の数が少ない 1つ目は、利用できる店舗の数が少ない点です。 ビットコイン(BTC)で買い物ができる店舗は、世界中で徐々に増えてきている傾向にありますが、まだまだクレジットカードが使えるお店などと比べると、少ないといえます。 そのため、ビットコイン(BTC)を利用したいときに、店舗によっては利用できないというケースが生じることもあるでしょう。特に、日本の場合は地方ではビットコイン(BTC)での決済ができる店舗が少ないため、不便に感じるケースがあることも否めません。 2. 取引所の破綻リスクがある 2つ目は、利用している仮想通貨の取引所の破綻リスクがある点です。 万一利用している取引所が破綻してしまった場合、資産が引き出せなくなってしまったり、保有している仮想通貨が利用できなくなってしまう可能性もあります。 また、仮想通貨のハッキングリスクなどもありますので、取引所のウォレットを利用する際には、2段階認証などのセキュリティ対策を、必ず自分自身でも行っておくことが大切です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)が使えるのはどんなお店? ビットコイン(BTC)が買い物で利用できるお店には、飲食店などのリアル店舗のみならず、通信販売の総合サイトや家電・AV機器の販売サイトなどもあります。 他にも、エンタメや書籍、音楽を扱っているサイトや、食品を扱っているサイトなどもあります。このようなサイトでは、動画配信やDVDのレンタルをビットコイン(BTC)で支払いできます。 さらに、ファッション・アクセサリー・インテリアなどを取り扱っているサイトや、化粧品や車・バイクの販売、ギフト券やチケットの売買を行っているサイトなども、ビットコイン(BTC)で買い物ができるよう導入されるケースが増えてきました。 家電量販店などは、都心を中心にビットコイン(BTC)での決済ができるお店が増えています。現金払いと同様にポイント付与される店舗もあるため、チェックしておくようにしましょう。 ただし、上記に当てはまる全てのお店でビットコイン(BTC)が使用できるのではなく、上記のジャンルに属するお店の一部が、ビットコイン決済に対応しているという形です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)対応のお店を探す方法 なお、どのようなお店でビットコイン(BTC)が使えるのかが、一覧で確認できるサイトがあります。街中で利用しやすいのは「coinmap」です。 coinmapでは、住所や駅名などを入力することで、ビットコイン(BTC)が利用できる周辺のお店が一目でわかります。 事前にcoinmapでお店を確認しておけば、買い物時にスムーズにビットコイン決済できるようになるでしょう。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をする方法 それでは具体的にビットコイン(BTC)で買い物をする方法をご紹介します。まずはコインチェックアプリをインストールし、Coincheckにアカウント登録をします。 続いて、Coincheckでビットコイン(BTC)を購入しておきます。その後、ビットコイン決済に対応しているお店やWebサイトに訪問します。 Coincheck paymentに対応しているお店で利用する際には、コインチェックアプリを立ち上げ、お店の二次元バーコードを読むだけで、決済が簡単に完了します。 Webサイトの場合は、商品の購入手続き時に、支払い方法でビットコイン(BTC)を選択します。その後、表示された指定の送金額を入力し、ビットコイン(BTC)を送金することで決済が完了します。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をする際の注意点 買い物時にビットコイン(BTC)を利用すると、消費税の他にも所得税と住民税が発生する場合があります。 所得税・住民税が発生するのは、ビットコイン(BTC)を購入した時よりも、ビットコイン(BTC)の価格が上昇してから買い物をしたときです。 ※税金に関する詳細につきましては、管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁のHPをご参照ください。 ビットコイン(BTC)の価格が上昇し、含み益がある状態でビットコイン決済をした場合には、利益に対して課税されます。 反対に、ビットコイン(BTC)の価格が下落し、含み損がある状態でビットコイン決済をした場合は、課税対象には含まれません。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で便利に買い物を ビットコイン(BTC)は、決済に対応しているお店が全国に徐々に増えてきています。 また、世界中で様々な大企業がビットコイン(BTC)の利用を検討し、導入することを試験的に取り組んでいるため、将来的には買い物をする際に気軽に利用できるようになるかもしれません。 また、電気料金などの公共料金の支払いや寄付などをビットコイン(BTC)で支払うことも可能なため、今後さらに生活のなかで利用できる範囲は広がっていく可能性もあるでしょう。 今後、さらに仮想通貨市場が拡大しビットコイン(BTC)が日常的に利用されるようになる前に、普段の買い物でビットコイン(BTC)の利用を試してみても良いでしょう。 ビットコイン(BTC)は500円などの少額からでも購入ができますので、まずは少額からビットコイン(BTC)で買い物の決済を行ってみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の中で最もメジャーな通貨がビットコイン(BTC)です。ビットコイン(BTC)は時価総額、流通量、ユーザー数で他の仮想通貨を圧倒する通貨です。 ビットコイン(BTC)は日本国内のほぼすべての仮想通貨の取引所で取扱いがあることから、最も手に入れやすく身近な仮想通貨です。 しかし、ビットコイン(BTC)にかかる手数料には種類があり、取引所によっても手数料が異なることはあまり知られていません。この記事では、ビットコイン(BTC)の手数料や購入する際の注意点などについてご紹介していきます。 Coincheckの無料登録はこちら そもそもビットコイン(Bitcoin/BTC)の手数料って? ビットコイン(BTC)の売買には手数料がかかりますが、かかる手数料は売買のときだけではありません。 仮想通貨を購入するには仮想通貨の取引所の口座に円を入れる必要があり、その際にかかるのが入金手数料です。その後、取引をして円を引き出す際は、出金手数料がかかります。 また、仮想通貨を他の取引所の口座やウォレットに送金する際には、送金手数料が発生します。 Coincheckの場合、銀行振込での入金手数料は無料です。ただし、銀行口座からCoincheck口座への振込手数料はユーザー負担となる点に注意しましょう。 取引の回数が多くなればなるほど手数料がかさみます。手数料は利益を圧迫する要因になりますので、できるだけ手数料のかからない取引所を選ぶことが大切です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の購入方法は? Coincheckでビットコイン(BTC)を購入するには3つの方法があります。 1. コインチェックアプリを利用する方法 1つ目はコインチェックアプリを利用する方法です。Coincheckは国内の仮想通貨取引所の中で、アプリのユーザー数が多い取引所として知られています。 コインチェックアプリからビットコイン(BTC)を購入するのはとても簡単です。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 コインチェックアプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択します。 そこからビットコインのアイコンを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 コインチェックアプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ビットコインを選びます。 続いて購入数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 コインチェックアプリは仮想通貨の取引がはじめての人でも直感的に分かるデザインになっているため、操作方法に困ることは少ないでしょう。 2. ビットコイン販売所から購入する方法 2つ目はPCのブラウザで「コインを買う」から購入する方法です。 まずCoincheckの取引アカウントから「ウォレット」を選択します。その後、左メニューの「コインを買う」をクリックし、ビットコインを選択します。 そして、購入したい数量を入力し、「購入する」ボタンを押せば購入は完了します。これはCoincheckの販売所を利用する方法で、簡単に即座にビットコイン(BTC)を買うことができるというメリットがあります。 3. ビットコイン取引所から購入する方法 3つ目はPCのブラウザから「取引所」を利用して購入する方法です。 取引所とはユーザー間で売買をする方式のことで、Coincheckの取引所ページの「現物取引」の箇所から、自分の買いたい値段や数量を指定して取引ができます。 取引所は手数料が低く抑えられている反面、売買したいタイミングで取引ができないこともあります。 販売所と取引所の手数料の違いはあるの? 販売所の場合、ビットコイン(BTC)の取扱業者がビットコイン(BTC)の売買価格を提示し、それに納得すればすぐに取引が完了します。 売買手数料は無料となっているところが多く、すぐにビットコイン(BTC)を売買したい人や、まだ取引に慣れていない方などに向いています。 一方、取引所は手数料は通貨ごと、取扱業者ごとに設定されています。取引所を利用すると、販売所よりも安くビットコイン(BTC)を購入できることもありますが、自分で解体値段や数量を入力するため、注文ミスをしてしまうリスクもあります。 販売所と取引所にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、それぞれの特徴を抑えた上で利用されるのが良いでしょう。 手数料を抑えてビットコイン(Bitcoin/BTC)を購入する方法 ビットインを安く購入するには2つの方法があります。 1. 仮想通貨の取引所の価格差を把握する 1つは、あらかじめいくつかの仮想通貨の取引所の価格差を把握しておき、安い取引所で購入する方法です。 一般的に取引量の多い取引所では手数料が安く、取引量の少ない取引所では手数料が高くなる傾向にあります。取引所ごとの価格差を利用して売買し、差益を生み出すトレード方法をアービトラージといいます。アービトラージをする場合は、取引所の価格差を確認してみましょう。 2. ビットコインの購入手数料が安い取引所を選ぶ 2つ目は、ビットコイン(BTC)の購入手数料が安い取引所を選ぶ方法です。実際にはこの方法が現実的といえます。 Coincheckのビットコイン販売所について 国内の仮想通貨の取引所だけでも10以上あるので、どの取引所がよいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。 Coincheckは2014年8月にサービスを開始し、2018年4月に大手ネット証券の一つであるマネックスグループに入り、経営陣や管理体制などが一新されました。 その後も変わらず、仮想通貨取引高やユーザー数が多い国内取引所の一つとして、存在感を示し続けています。 取引所形式の方がビットコイン(BTC)を安く買える可能性があることはお伝えしましたが、初心者の場合は最初は無理をせず操作の簡単なコインチェックアプリや、ビットコイン販売所の活用を検討してみるのも良いでしょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckのビットコイン取引所について 販売所での取引に比べると、取引所での取引は若干難しいと思い込んでいる人は多いかもしれません。 しかし、Coincheckの場合、サイトのデザインが工夫されており、初心者でも利用しやすいのが特徴です。ある程度ビットコインの取引に慣れたら、取引所での取引にも挑戦してみるのも良いでしょう。 Coincheckの取引所では、2018年12月時点では、取引所での指値注文にかかる手数料は無料です。Coincheckの取引所は売買手数料が不要なため、頻繁にビットコイン(BTC)の取引をするユーザーには適しているでしょう。 なお、ビットコイン(BTC)を他の取引所の口座やウォレットに送金する際には、1回につき0.001BTCの送金手数料がかかります。 この手数料はビットコイン(BTC)の現在価格によって変動するものですので、ビットコイン(BTC)の価格が上昇すると手数料も上がることになる点に注意しましょう。 ビットコイン取引所での指値注文と成行注文のやり方 ビットコイン取引所では、指値注文と成行注文が可能です。 指値注文とは 指値注文とは、あらかじめ買う値段または売る値段のどちらかを指定しておく、予約注文のようなものです。 買い注文の場合、指値以下になったときに注文が成立します。一方、売り注文の場合は指値以上の値段になってはじめて注文が成立するのが特徴です。 指値注文は相場が動いて取引が成立するのを待つだけの注文スタイルであるため、チャートをずっと注視している必要はありません。 指値注文はCoincheckにログインしたときに表示されるトップページの「取引所」と取引所の上の方にある「トレードビュー」から注文することができます。 ビットコイン(BTC)を買いたいときは、現在のレートよりも低い価格を入力し、逆にビットコイン(BTC)を売りたいときは、現在価格よりも高い価格を入力します。 それぞれの画面で希望する価格と注文量を入力したら、表示される概算価格を確認して、注文ボタンをクリックします。あとは注文が通るのを待つだけです。 成行注文とは 一方、成行注文とは、そのときの市場価格で注文する方法のことをいいます。 その時点の価格の仮想通貨を取引したいという希望を出す注文方法であるため、注文が成立しやすい反面、値動きが激しいときには、希望の価格で取引するのは難しいのが特徴です。 成行注文は「トレードビュー」から注文します。トレードビューの右側にある「成行注文」をクリックして利用します。 注文量を入力して、「買い成行注文」または「売り成行注文」をクリックすると取引は完了です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)をお得に購入しよう! ビットコイン(BTC)はほとんどの取引所で購入することができますが、できるだけ手数料を抑えることがポイントです。 お得に購入するには、手数料の安い取引所を選ぶのが基本です。同じ取引所の中でも販売形式によって条件が違いますので、それぞれの違いを理解して有利な取引を選ぶようにしましょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never