モナコイン(MONA)の今後は明るい?将来性に期待が持てる5つの理由

「モナコインの今後はどうなるの?」

「これから先、モナコインの価値は上がるの?」

モナコインの購入を検討している場合や既に取引をしている場合、今後のモナコインの動向や予想が気になる方もいるのではないでしょうか。

モナコインの未来は、下記の5つの理由から将来性に期待が持てます。

モナコインの今後の将来性が明るい理由

アトミックスワップでの取引可能な仮想通貨として注目を集める可能性がある。

モナコインは決済スピードが早く実用性に長けた側面があるため、今後、実用化や市場の拡大が進んでいけばまだまだ需要拡大が見込めます。

この記事では

◎モナコインの今後を左右する5つのポイント

◎2020年~2021年のモナコインを占う3つのポイント

など、モナコインの未来が明るい理由を解説します。

この記事を読めばモナコインの今後や直近の動向が把握でき、どのように取引を進めていくか検討できるようになります。

気になるモナコインの今後を理解し、安心して取引できるようになりましょう。

執筆Coicheck Column編集部

Coicheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社

モナコイン(MONA)の今後は明るい!将来性に期待が持てる5つの理由

モナコインの今後は、下記の5つの理由から明るいと予想されています。

モナコインの今後の将来性が明るい理由

具体的にどのようなことをが今後を左右するのか、1つずつ詳しくご紹介します。

モナコインによる決済の増加で実用化が進む

モナコインはビットコインやビットコインキャッシュと並び投資対象としてだけでなく、店舗やオンライン上での決済に使われている仮想通貨です。

モナコインの実用性が注目される理由は、世界で初めて「Segwit」を実装した仮想通貨として他の仮想通貨より処理速度が速くスピーディーな決済が叶うと言われているためです。

多くの仮想通貨はビットコインを手本としており、取引が増えるとデータ容量が不足して処理能力が下がるという問題を抱えていました。

Segwitは取引データのサイズを圧縮する機能でデータ容量が増えても処理能力を維持できるため、取引処理速度が速く短時間で決済ができます。

決済スピードが速いというメリットを活かして実用化が進めばさまざまな決済に使えるようになり、需要が高まると考えられています。

モナコインは総発行枚数が多い

モナコインは、他の仮想通貨に比べて総発行枚数が多いところも特徴です。

ビットコインの総発行枚数は2100万枚ですが、モナコインは5倍以上も多い1億512万枚。この枚数なら決済手段として頻繫に使われても、問題なく普及していけると考えられています。

総発行枚数の多さも、モナコインが実用的に使われることを後押しする要素の一つです。

【モナコインの使い道についてより詳しく知りたい場合はこちら】

今後多くの国内取引所に上場し注目を集める可能性がある

モナコインは発展途中の仮想通貨で、今後多くの国内取引所で取引できるようになり注目が集まる可能性があります。

その理由は

  1. モナコインは「ホワイトリスト」入りの仮想通貨で金融庁に登録されている取引所で安心して扱える
  2. 新しい取引所に上場すると価格が上昇する傾向があり期待ができる

という2つのポイントがあるからです。

ホワイトリスト入りのモナコインは大手取引所でも安心して扱える

モナコインは金融庁に登録されている仮想通貨取引所で扱いが可能な「ホワイトリスト」に入っている仮想通貨の1つです。

そもそも国内の大手取引所が安心して扱える仮想通貨でなければ、上場していく可能性は低いでしょう。

その点、取引所から見てリスクが少なく安心して扱えるため「新しくモナコインの取り扱いをしてみよう」と思う可能性は十分残されています。

参考:金融庁「事務ガイドライン第三分冊:金融会社関係」

新たな取引所に上場すると価格が上昇し知名度アップにつながる

仮想通貨の多くは新たな取引所での扱いが開始すると流動性が高まり、価格が上昇する傾向もあります。

2019年5月のCoincheckモナコインの上場時
出典:TradingView

実際に、2019年5月末にCoincheckがモナコインの取り扱いを開始することを発表したところ、価格が高騰し注目を集めました。

価格が上がるとモナコインの価値や知名度が高まるだけでなく、新たに購入しようと考える人も増え市場が拡大していくことが予想できます。

金融庁に登録されている暗号資産交換業者登録一覧によると、2020年5月時点でモナコインの取り扱いをしている国内会社は4社。

今後、新たに取り扱いをする取引所が出てくることで、モナコインが盛り上がりをみせるかもしれません。

参考:金融庁「暗号資産交換業者登録一覧」

独自の発展でwebサービスなどへの活用が期待できる

モナコインは2013年に2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)で誕生した仮想通貨です。

少額取引をすることを目的として作られ、webサービス上での投げ銭やオンライン決済への活用など投資とは異なるwebサービスと強く結びついた独自の発展をしてきました。

また、web上ではモナコイン誕生当時から「モナコインをもっと盛り上げよう」と考える根強いファンを持つコミュニティがあり、実店舗やイベントでのモナコイン導入を後押ししてきた経緯もあります。

今後も、モナコインを支えるコミュニティやモナコインの成長を楽しみにしているファンの力を借りながら独自の発展をしていくことが考えられます。

オンラインゲームやwebサービスの決済通貨やファンコミュニティでの通貨として活用が進めば、モナコインの必要性や需要はより高まるでしょう。

海外で知名度が上がるとチャンスになる可能性がある

モナコイン(MONA)

モナコインは国内で誕生した仮想通貨なので国内では知名度があるもの、海外では上場している取引所が少なくまだまだ知名度が低いのが現状です。

今後、国内取引所への上場や流通が評価されて海外でも注目されるようになると、モナコインの取引人口が増え需要が高まると考えられています。

アトミックスワップの活用拡大で価値が高まる

モナコインは、アトミックスワップの実装に成功している数少ない仮想通貨です。

アトミックスワップとは、取引所などの第三者を介さずに個人間で仮想通貨の取引ができること。

今まで個人間での仮想通貨のやり取りは、持ち逃げされてしまうリスクや詐欺に巻き込まれるリスクを抱えていましたが、アトミックスワップを使うことで個人同士が異なる仮想通貨を持ち寄り、安全に取引ができるようになりました。

アトミックスワップの活用が進めば、対応している数少ない仮想通貨として需要が高まり注目を集めるのではと予想されています。

2020年~2021年のモナコイン(MONA)の動向を占う上で知っておきたい3つのポイント

モナコイン(MONA)

モナコインを扱う場合、気になるのが2020年から2021年までの直近の動きではないでしょうか。

ここからは、直近のモナコインの動向を占う3つのポイントをご紹介します。取引をする上で重要な指標となるので、ぜひ参考にしてみてください。

2020年に半減期を迎えるので半減期前後の値動きに注目する

2020年にモナコインは、2017年に続き2度目の半減期を迎えます。

また、半減期までのカウントダウンはモナコイン情報サイトにて掲載されています。

半減期とはマイニング報酬が半分になるタイミングを指し、モナコインは3年に1度の半減期を設けることで発行量をコントロールしています。

半減期の前後は価格変動が起こりやすい傾向があるので、注意深く値動きを観察しタイミングを逃さないことが大切です。

他の仮想通貨の場合、半減期の数ヶ月前から価格の上昇が起こりやすくなるという傾向もあるため、半減期が起こってからはもちろん、起こる前も値動きを確認するようにしましょう。

ビットコイン(BTC)の価格につられて変動する傾向がある

モナコインを始めとするアルトコインは、ビットコインの価格につられて価格が変動する傾向があります。

【ビットコイン】

バブル前後のビットコイン価格チャート

出典:coinmarketcap

【モナコイン】

バブル前後のモナコイン価格チャート

出典:coinmarketcap

例えば、ビットコインのバブルが到来し崩壊した2017年11月頃から2018年1月末頃のモナコインのチャートとビットコインのチャートを見比べてみると、ビットコインと同じようにモナコインも価格が高騰し暴落しているのが分かります。

主軸通貨であるビットコインの動きやビットコインの値動きを左右する要素も抑えておくと、2020年のモナコインの動向が掴みやすくなるかもしれません。

【2020年のビットコインの動向もチェックしておきたい場合はこちら】

モナコイン(MONA)の知名度が上がるタイミングを見逃さない

第1章「モナコイン(MONA)の今後は明るい!将来性が高い5つの理由」でも紹介したように、モナコインが注目され需要が高まるタイミングは「市場の拡大」と「仮想通貨を取り巻く環境の整備」の2つが挙げられます。

具体的には、下記のような5つのシーンが考えられるでしょう。

  1. 国内や国外で新規上場したとき
  2. モナコインを扱うサービスや企業が増えたとき
  3. 決済通貨として普及したとき
  4. 仮想通貨に関する法整備が進み、取引しやすくなったとき
  5. アトミックスワップの使用が進むなど仮想通貨を取り巻く環境が変化したとき

このような変化が起こると、モナコインに注目が集まり知名度があがるので取引人口が増え価格の上昇にも繋がる可能性があります。

モナコインを取り巻く環境の変化もこまめにチェックし、変化があったときには値動きも一緒にチェックするようにしてみてください。

【モナコインを購入したい人はこちらをチェック】

モナコイン(MONA)の今後の動向と将来性についてのまとめ

モナコイン(MONA)

いかがでしたか?

モナコインの今後の動向が把握でき、取引をするタイミングや購入するかどうかのジャッジができるようになったと思います。

最後に、この記事の内容をまとめてみると、

◎モナコインの今後を左右する背景は次の5つ

1)モナコイン決済ができる店舗が増え実用化が進めば、需要や知名度が上がる

2)新規の国内取引所で取り扱いが開始されると、注目度がアップし価格も上昇すると考えられる

3)今までと同じように、webサービスとの強い結びつきによって独自の発展をしていく可能性がある

4)海外での取り扱いが増えれば、取引人口が増加し価格が上がる

5)アトミックスワップの活用が拡大すれば、他の仮想通貨と差別化でき需要が増えると予想される

◎2020年~2021年のモナコインを占うポイントは次の3つ

1)2020年は3年に1度の半減期が起こるため、価格変動をチェックしておく

2)ビットコインの価格に左右されることもあるので、主軸通貨の動きも確認する

3)モナコインの知名度が上がるようなニュースがあったら、値上がりもチェックする

この記事を読んで、モナコインの未来が把握でき、取引や購入のタイミングをジャッジできるようになることを願っています。