ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格推移・変動と歴史!これまでの最大価格は何倍?

2017年、仮想通貨ブームの火付け役となったビットコイン(BTC)は、これからも投資面で期待できる通貨であるといえるのでしょうか。

ビットコイン以外の仮想通貨を、アルトコインと言います。このような切り分けがされているのは、仮想通貨の中でもビットコインがいち早く運用が開始され、ユーザーが増える中で価格上昇を経験し、有名になったことが一つの理由として挙げられます。

こちらの記事では、仮想通貨の基礎知識から、仮想通貨の中でビットコインはどのような立ち位置にあるのか、これまでの価格推移の歴史などをわかりやすく解説します。

そもそも仮想通貨とは何か?

仮想通貨とは
仮想通貨と聞くと、「仮想という名前がついているくらいだから、実体としてのお金ではないんでしょ?」といったように理解している方も、いらっしゃるかもしれません。

実際に仮想通貨の仕組みや、法定通貨との違いを正確に把握している人は少ないでしょう。仮想通貨は、実体を伴わないインターネット上の通貨のことです。

法定通貨は特定の国の政府が発行しますが、仮想通貨はオープンソースでの開発を通じて、誰でも作ることができます。また、国の中央銀行が一括して管理する法定通貨に対して、ビットコインなどの仮想通貨は世界中で分散管理されています。

P2Pネットワークと呼ばれるシステムで、利用者同士が相互に管理しあっているのです。国や企業が通貨の価値を決めるものではないため、権威や権力に縛られにくい自由度の高い通貨であるともいえます。

その結果、異なる国の間で通貨のやりとりをするにしても両替の必要がありません。実際にビットコインを持っていれば、海外に行っても両替をすることなく使うことができたりもします。

仮想通貨の種類は1,000種類以上存在

通貨の種類は1,000種類以上
現在、仮想通貨には1,000を超える種類があるといわれています。この記事では代表的な仮想通貨であり、有名なものをいくつかご紹介します。

ビットコイン

ビットコインは世界初の仮想通貨で、2017年に価格が急騰したことで、日本でも広く知られるきっかけとなった仮想通貨です。

2008年の誕生から上昇と下降を繰り返しながら、急激に価格を上げてきました。代表的な仮想通貨として、今後の動向が注目されている通貨でもあります。

イーサリアム

イーサリアム(ETH)は、代表的なアルトコインの1つです。

イーサリアムの大きな特徴は、スマートコントラクトと呼ばれる、取引と契約を一緒に記録できる技術を持っていることです。また、イーサリアムのプラットフォームは、他の通貨やトークン、アプリなど、さまざまなものに応用されています。

2015年のイーサリアム価格は「1ETH=30円程度」でしたが、2018年1月には一時約16万円にまで上昇しました。また、スマートコントラクトに注目している企業も多数あることから、すでに一部ではイーサリアムを用いた実証実験も行われています。

リップル

リップル(XRP)も代表的なアルトコインの1つです。

リップルの通貨単位はXRPで、XRPは他の仮想通貨や法定通貨と交換できるブリッジ機能を持っています。決済や取引の際の処理速度が早く、送金手数料が安いという特徴を活かして、異なる通貨間の取引や両替のハブ的な役割を果たしています。

リップルは2004年に考案されたあと、2017年頃までは1XRPは殆ど1円以下でしたが、2018年1月には400円程度にまで上昇しました。2019年に入って価格は落ち着きましたが、国内外の主要な銀行や金融機関との提携を進めていることからも、今後の実用化に対しては引き続き高い期待が持たれています。

ビットコインの歴史

ビットコインの歴史
数多くの仮想通貨が存在する中で、ビットコインはどのような歴史や特徴を持つのでしょうか。

ビットコインは2008年にサトシ・ナカモトと名乗る匿名の人物が、インターネット上に発表した論文から開発がスタートした通貨です。

2012年の後半から価格の上昇が顕著になり、2017年には1BTC=200万円以上の値をつけるなど、過去最高値を記録しました。ビットコインが最初に商品と交換された取引は2010年で、内容はピザ2枚とビットコイン1万枚でした。

その当時、ビットコインには殆ど価値がありませんでした。仮に交換相手のピザ屋さんが1万枚のビットコインをそのまま持っていれば、ピーク時には200億円以上の資産を築けたことになります。

ビットコインの特徴

ビットコインは決済システムの機能を持つ仮想通貨でもあります。

2017年に大きく高騰して度々ニュースにも取り上げられたため、仮想通貨の中では知名度が高い通貨であるといえるでしょう。国内外の仮想通貨の取引所のほぼすべてで取扱いがあることから、手に入れやすい仮想通貨でもあります。

ビットコインは、利用できる店舗やサービスも拡大傾向にあるため、実用性の面でも期待されています。また、資産の分散投資先としても活用されつつあります。

ただし、そのような特徴がある一方、価格変動が大きいことについては念頭に置いておかなくてはなりません。価格暴落のリスクや、ハッキングのリスク等へは注意が必要です。

ビットコインの価格変動

ビットコインの価格変動
ビットコインがリリースされてから現在まで、どのような価格の変動があったのでしょうか。年ごとに価格の動向を追っていきましょう。

2008年〜2012年

2008年に誕生し、翌年2009年に初めて法定通貨との取引が行われた際のビットコインの価格は、1BTCあたり約0.07円程度でした。

2012年後半から価格が急に上昇し始め、2012年1月に1BTCあたり400円台だったビットコインは、12月には1,000円以上にまで高騰しました。価格上昇の背景には、中国人民元の大量発行に関する資本規制があるといわれています。

また、2012年11月はビットコインの新規発行数の半減期に当たったことも、価格が上昇した要因の1つと見られています。

2013年

2013年、ビットコインは大きく価格が上昇しました。1月に1BTC=約2,000円だった価格が、その年の12月には一時1BTCが約12万円以上にまで上昇しています。

価格急騰の背景には、キプロスの金融危機による銀行閉鎖と資金凍結などがありました。また、アメリカではこの年に世界最初のビットコインATMが設置されて注目を集め、中国では大手検索サイトの百度(バイドゥ)がビットコイン決済を採用したことで話題になりました。

このような背景もあってか、主に中国マネーがビットコインへ流入することになり、結果としてビットコインの価格も上昇したと言われています。

2014年

2014年はビットコインにまつわる大事件が起こりました。

世界で有数の取引量を誇る仮想通貨取引所のマウント・ゴックスがハッキングされ、大量のビットコインと現金が盗難されたのです。この事件をきっかけに、ビットコインの価格は1BTCあたり約9万円台から1万円台まで、急激に値下がりしています。

しかし、その後アメリカではDellやマイクロソフトなどの大手IT企業がビットコインによる決済方法を導入し、同年12月には4万円前後まで回復しました。

2015年

前年に価格が急落し、回復を見せたビットコインですが2015年は再び試練が襲いました。

マウント・ゴックス閉鎖後に、ユーザーを取り込んでいたBitstamp(ビットスタンプ)がハッキングされたのです。相次ぐハッキング事件の発生を受けて、同年6月にアメリカのニューヨーク州がビットコインを取り扱う事業者を免許制とする「Bit License(ビットライセンス)」を導入しました。

続いて、同年10月に欧州司法裁判所で、ビットコインの取引は付加価値税であるVATの課税対象外であるという見方が示されます。これにより、ビットコインは正式に支払い手段として認められ、税金の問題がクリアになりました。

このようなニュースにビットコイン市場が反応して、1BTC=約5万円まで上昇しました。

2016年

2016年には日本でもビットコインの動きが活発になり始めました。

仮想通貨やブロックチェーンに関する実証実験を行う大手金融機関や、大手企業が現れはじめます。2016年7月には、ビットコインは2回目の半減期を迎えて新規発行量が少なくなったため、価格が上昇しました。

しかし、8月には香港で有名な仮想通貨の取引所Bitfinex(ビットフィネックス)が、およそ12万BTCの盗難被害に遭います。価格は一時的に下落しますが、その後に持ち直して1月には1BTCあたり4万円台から、12月には約11万円程度にまで上昇しました。

2017年

2017年は、仮想通貨やビットコインが一般の人にも広く知られるようになった年です。

その年のはじめ1月には1BTC=約10万円だった価格が、年末には国内市場最高価格の235万円以上を一時記録します。

2017年の4月には、仮想通貨を日本で初めて法律に明記した「改正資金決済法等」が施行されました。この改正法が制定された目的は、投資家保護やマネーロンダリングなどの犯罪防止のためで、これまで法の規定がなかった仮想通貨の取引所に対して登録制を導入することでした。

同年8月にはビットコインの開発者とマイナーが対立し、ビットコインから分岐したビットコインキャッシュが誕生します。価格の急落が懸念されましたが、この件については杞憂に終わりました。

2018年以降

ビットコイン取引を始めるには
その後、2018年になってビットコイン価格はじわじわと下降したものの、2019年に入って再び価格が上昇しました。

2019年1月は30万円台だったビットコイン価格は、半年後の5月末には90万円にまで上昇し、再び市場から投資対象として注目され始めています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨取引を始めるには

ビットコイン取引を始めるには
ビットコインなどの仮想通貨の取引は、仮想通貨の取引所で口座開設の手続きをすればすぐにでも始めることができます。

2014年に仮想通貨取引所の運営を開始し、2018年4月にマネックスグループ入りした国内大手取引所のCoincheckは、アプリの使いやすさに定評のある取引所です。投資の初心者でも使いやすいサービスとなっており、取り扱いの仮想通貨の種類が多いのも特徴です。

Coincheckの口座開設は、ステップも簡単です。公式サイトかスマホアプリから、手続きを行うことができます。

Coincheckで口座開設

まず、Coincheckのアカウント登録を行います。

アカウント登録をするためには、メールアドレスとパスワードが必要です。Facebookのアカウントを持っている人は、登録ボタンを押すだけで申請が可能です。

メールアドレスでアカウント登録する人は、公式サイトからメールアドレスとパスワードを登録し、画面内の「アカウント作成」ボタンを押してください。登録したメールアドレスに送られたメールのリンクをクリックすると、アカウントの登録作業が完了します。

SMS認証

本人確認
アカウントを登録したら、SMS認証を行いましょう。ログインすると表示される「本人確認」をタップします。

続いて、携帯電話の番号を入力して「SMSを送信する」のボタンを押しましょう。すると入力した電話番号にSMSが届きますので、記載された6桁の認証コードを、アカウントの「送信された認証コード」欄に入力します。

本人確認を行う

本人確認

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

IDセルフィー

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:
「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

Webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参照:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください

参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨購入の手順

Coincheckで口座開設が完了したら、いよいよビットコインを購入してみましょう。

まずはCoincheckのアプリをダウンロードして、アプリを立ち上げます。その後、タブから「入出金」を選び「銀行口座から入金」をタップします。

そちらから、Coincheck指定の口座に日本円を入金してください。入金が確認できたら、トップ画面から「ビットコイン(BTC)」を選択して「購入」ボタンをタップします。

購入金額を入力し、購入したい仮想通貨の種類と数量に間違いがないことを確認して「JPYでBTCを購入」ボタンを押します。こちらで購入が完了します。

引き続き将来性の期待されるビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコインの期待
仮想通貨の市場は、まだまだ成長過程です。未熟であるともいえますが、これから参入すれば大きな利益を挙げられる可能性もあるといえるでしょう。

Coincheckでは500円から仮想通貨の取引を行うことができますので、投資の初心者であっても少額から始めることができます。ビットコインなどの仮想通貨の取引に関心を持った方は、まずはCoincheckに口座開設を行うところから始めてみてはいかがでしょうか。