Coincheck(コインチェック)の本人確認は本当に遅い?必要書類とかかる時間は

仮想通貨(暗号資産)を取引するための口座を作る際には本人確認が必要です。本人確認は資金がマネーロンダリングなどの不正な目的で使われることを防ぐために、国が金融機関に対して課した義務となっています。

国内仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckは、初心者でも使いやすいことで定評がありますが、Coincheckを利用する際にも本人確認は必要となっています。

そこでこの記事では、Coincheckの特徴や本人確認を含む口座開設に必要な手続きなどについて、詳しくみていきましょう。

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社

Coincheck(コインチェック)とは?

コインチェックの取り扱い通貨

Coincheckは2014年8月に誕生した、国内の大手仮想通貨の取引所の一つです。仮想通貨の取引所は仮想通貨の売買や送金、決済、日本円の入出金などができる場所です。

Coincheckは、初心者にとっても取引がしやすく、見やすいデザインが特徴です。また、スマホアプリも初心者向けに使いやすく設計されています。

他にも、ビットコイン(BTC)だけでなく、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨であるアルトコインを多数取り扱っていることでも知られています。

Coincheck(コインチェック)の魅力

続いて、Coincheckを利用する魅力をいくつかご紹介します。

1. 初心者でも容易に操作できる

コインチェックアプリ(iOS)
Coincheckの魅力の1つ目は、取引画面はPC、スマホアプリともに分かりやすくできており、初心者でも迷うことなく容易に操作できることです。

スマホアプリのコインチェックアプリでビットコイン(BTC)を購入する際は、たったの3ステップで購入まで完了します。

2. 取り扱い仮想通貨の種類が多い

Coincheckの取り扱い仮想通貨

2つ目は、取り扱っている仮想通貨の種類が多いことです。

Coincheckでは、2021年4月時点にて国内最多となる16種類の暗号資産を取り扱っています。

通貨種類は、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラッシック(ETC)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、アイオーエスティー(IOST)、エンジンコイン(ENJ)、オーエムジー(OMG)です。

様々な通貨で取引が出来ることも、Coincheckの魅力です。

3. 様々なサービスを提供している

3つ目は、 様々なサービスを提供していることです。

Coincheckは「新しい価値交換をもっと身近に」をミッションに、国内初となる暗号資産取引サービスと一体となったNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」や毎月一定額を自動で積み立て安定した仮想通貨投資ができる「Coincheckつみたて」など様々なサービスを提供しています。

Coincheckで口座開設をすることで、同時に様々なサービスを利用することができます。

Coincheck NFT(β版)

「Coincheck NFT(β版)」とは、国内初となる暗号資産取引サービスと一体となったNFTマーケットプレイスです。

NFTは、Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略称で、固有の価値を証明できるデジタルアイテムです。最近では、ブロックチェーンゲームのアイテムの交換などに用いられるのみならず、アート作品の所有権の証明や、スポーツクラブのファンコミュニティ形成の手段などとして注目を集めています。

出品されたNFTを、Coincheckで取扱う13種類の暗号資産と交換することができます。

Coincheckつみたて

「Coincheckつみたて」とは、毎月一定額を自動で積み立て、安定した仮想通貨投資ができるサービスです。月々1万円から積み立てることが可能で、いつでもお気軽に始められます。入金から購入まで全て自動購入タイミングがわからない方でも安心してお取引ができます。

貸仮想通貨サービス

「貸仮想通貨サービス」とは、お客様の保有する仮想通貨について、お客様と当社が消費貸借契約を締結することによって、一定期間当社がお預かりし、契約期間満了後にお預かりした仮想通貨と同量・同等の仮想通貨をお返しするとともに、一定の料率で計算した利用料をその仮想通貨でお支払いするというサービスです。

Coincheckでの口座開設手順

続いて、Coincheckで口座を開設する手順を解説します。まずは、公式サイトにアクセスしてアカウントの登録を行いましょう。

メールアドレスまたはFacebookのアカウントで登録ができます。

口座開設

しばらくすると、登録したメールアドレス宛にCoincheckから確認のメールが送られます。メールに記載のURLをクリックすれば、アカウント登録は完了です。

SMS認証

本人確認
次に電話番号の認証を行います。携帯電話のSMSで送られた認証コードを、サイトの入力画面に入力して「認証」をクリックします。

本人確認を行う

本人確認

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

IDセルフィー

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:
「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

Webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参照:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください

参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

本人確認に関するFAQ

本人確認に関するよくある疑問を、Q&A形式でご紹介します。

Q.本人確認はどれくらいの時間で完了するのでしょうか。

A.まず、本人確認が完了した旨のメールは数日程度で届きます。その後、手続き完了を知らせるハガキが届くまでは、本人確認完了メールが送信されてから、さらに数日〜数週間程度後となります。

ただし、口座開設の申し込みが殺到している時期などの場合には、目安の期間よりも長くかかることもあります。

なお、Coincheckでは本人確認の完了レベルによって、利用できるサービスが異なっています。

本人確認書類を提出後、はがきを受け取っていない段階でも、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできます。ですが、日本円の出金・送金などはできません。

本人確認の手続きがすべて完了したことを知らせるはがきが到着すると、Coincheckの機能のすべてを利用できるようになります。

Q.本人確認がうまくいきません。

A.アップロードした本人確認書類が鮮明でないと、本人確認が完了しない可能性があります。写真は明るい場所で、帽子などはかぶらずに顔がよく見える状態で撮影してください。

また、海外製などの一部端末や、カメラの性能によってはご利用いただけない場合がございます。

エラーや動作が遅い等の場合は、ブラウザよりお手続きを行ってください。

本人確認が終了したら日本円の入金

銀行振込
はがきが届いてCoincheckの機能がすべて利用できるようになったら、Coincheckの口座に日本円を入金しましょう。

入金の方法には、例えば銀行振込やコンビニ入金があります。

銀行振込では、Coincheckの取引画面で「日本円の入金」をタップし、入金方法を選択します。「銀行振込」を選択すると、Coincheckの振込先口座の情報が表示されますので、振込を完了させてください。

コンビニ入金の場合は、入金方法の選択で「コンビニ入金」を選択し、入金金額を入力します。次に利用するコンビニを選択し、表示された受付番号を選択したコンビニの店頭で提示して支払いを完了します。

Coincheckで仮想通貨を購入する手順

入金が完了したらパソコンやスマホアプリで取引をしてみましょう。スマホアプリなら、仮想通貨の購入はたったの3ステップで完了します。

スマホアプリで仮想通貨を購入するためには、まずコインチェックアプリをインストールしましょう。

コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合

コインチェックアプリ(iOS)
アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、購入したいコインを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。

続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。

コインチェックアプリ(Android)で購入する場合

コインチェックアプリ(Android)
アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、購入を希望するコインを選びます。

続いて購入するコインの数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。

仮想通貨取引をしたいならまずは口座開設を

Coincheckの本人確認は、他の取引所と比べて特別遅いということはありません。

ただし、口座開設の申し込みが殺到する時期などは、本人確認に時間がかかってしまうケースがあることは知っておくとよいでしょう。

また、入力ミスや提出した本人確認書類との情報が一致しないときには、通常より遅くなってしまうこともあります。

今後Coincheckで仮想通貨の取引をしたいと思っている人は、タイミングを逃すことなく取引するために早めに口座開設の申し込みをしておくのがおすすめです。