ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法を解説

仮想通貨の中で、知名度No.1のビットコイン(BTC)。

今回は、どの国家や組織にも支配されない「非中央集権」の通貨を作るという理想のもとに生まれたビットコイン(BTC)について解説しながら、Coincheckで口座開設を行い、ビットコイン(BTC)を取引するまでの流れを見ていきましょう。

Coincheckの口座開設はこちら

ビットコイン(BTC)とは?

世界で初めて運用された仮想通貨であるビットコイン(BTC)。通貨単位は「BTC」と記載されます。

ビットコイン(BTC)は、どの国家や組織にも支配されない「非中央集権」の通貨を作ることを目標にして開発されました。

Peer-to-Peer Electronic Cash System

2008年にインターネット上に公開された「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」と題された英語の論文に、ビットコイン(BTC)の構想が記載されていたのが始まりです。

論文の題を直訳すると「ビットコイン:複数のコンピュータで直接やりとりできる電子通貨システム」になります。筆者として「Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)」という日本人らしき氏名がしるされていますが、その正体が何者なのかは、いまだにわかっていません。

ブロックチェーン技術

このビットコイン(BTC)論文の中には、「ブロックチェーン技術」というビットコイン(BTC)の根幹に関わるしくみが説明されています。ブロックチェーン技術は特定の管理者がおらず、ユーザー全員で取引履歴を管理するしくみです。

ある一定数の取引記録が1つのかたまり(ブロック)になって管理され、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように管理されていきます。つまり、ビットコイン(BTC)の信頼性を担保しているのは、特定の記録者や管理者ではなく、ブロックチェーンそのもののしくみになります。

ビットコイン(BTC)のメリットとは?

ビットコイン(BTC)には、米ドルや日本円といった法定通貨とは違ったさまざまなメリットがあります。

・中立性と透明性がある

ビットコイン(BTC)のメリットとして、国家や企業、金融機関から独立した価値を保てることが挙げられます。ブロックチェーン技術によって管理された取引履歴を、リアルタイムで誰でも確認することができます。ビットコイン(BTC)は、中立性と透明性のある管理を行うことを理想としています。

・個人間で送金ができる

米ドルや日本円などの法定通貨とは違って、ビットコイン(BTC)は国家や金融機関のような中央機関を経由しません。そのため、ビットコイン(BTC)は、法定通貨よりも手数料が安くなります。また、個人間で直接送金することが可能です。

・24時間365日取引できる

ビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨は、24時間365日の取引が可能です。時間のあるときに自分のペースで、取引が行えるのは大きな魅力でしょう。

・買い物ができる

仮想通貨の中で知名度が高いこともあり、ビットコイン(BTC)で決済して買い物ができる店舗が数多く存在します。最近ではオンラインショップだけではなく、リアル店舗でも利用可能な所が増えています。さらに、海外旅行でもビットコイン(BTC)を使用できる店舗があれば、両替することなく、そのままビットコイン(BTC)で決済が可能です。

Coincheckでビットコイン(BTC)取引用の口座開設を行う

仮想通貨の取引所・販売所で口座開設をすることで、インターネット上でビットコイン(BTC)の取引が可能になります。ここでは、Coincheckで口座開設する流れを簡単にご紹介します。

1. アカウント登録


Coincheckで口座開設するには、アカウント登録を行うことになります。

アカウントの登録ページはこちら

Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力します。パスワードは、アルファベットのみ、数字のみの単純なパスワードを設定するとエラーが出ますので、半角の英字と数字を混ぜたパスワードを設定するようにしましょう。

入力が終わったら「アカウント作成」ボタンをクリックすると、入力したメールアドレス宛に、Coincheckからメールが届きます。その文面にしるされたURLをクリックすれば、ブラウザの画面が切り替わり、アカウント登録の手続きが完了します。

また、Facebookアカウントをお持ちの方は、Coincheckサイトにある「Facebookで10秒で登録」を押すことで、アカウントが作成されます。

2. SMS認証(電話番号認証)


次に、本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。

Coincheckアカウントでログインして、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押したら、サイトに表示される欄に、アカウントを登録したご本人様の携帯電話番号を入力していただきます。他人の携帯電話を借りて登録を行うことは、お断りしております。

そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了となります。

3. 本人確認書類のアップロード

SMS認証が完了すれば、お客様情報(氏名、性別、生年月日、自宅住所など)を登録し、本人確認書類のアップロードを行いましょう。運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの身分証明書をご用意ください。

次に、「IDセルフィー」を用意します。IDセルフィーとは、アップロードした本人確認書類を手に持って、自分の顔を自撮りした写真のことです。

このIDセルフィーも、続けてアップロードします。最後に住所確認として、Coincheckから登録住所へ簡易書留ではがきを郵送いたします。

なお、本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金・送金などができません。すべての機能を使用するために、本人確認の手続きをしておきましょう。

詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ

Coincheckでビットコイン(BTC)を購入する方法

ビットコイン(BTC)を購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。

銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上の「日本円を入金する」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。

金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。

ビットコイン(BTC)を購入するには、「販売所」を利用する方法と、「取引所」を利用する方法があります。

販売所

販売所では、運営会社からユーザーが仮想通貨を購入・売却することができます。

運営会社が保有するコインを、提示価格で購入したり売却したりするしくみです。取引所よりも手数料がかかるものの、確実に売買することができます。

取引所

取引所では、ユーザー同士が仮想通貨を売買できます。

ユーザーが「売買板」と呼ばれる売買のレートと注文量を示した情報を確認しながら、ほかのユーザーから仮想通貨を購入したり売却したりできます。「売買板」に出ている価格と数量に応じての取引となりますので、ユーザー同士のマッチングがうまくいかなければ、取引は成立しません。

ビットコイン(BTC)の手数料は?

ビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。

新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」や、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。

Coincheckでは、新規の入金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。

Coincheckの口座から日本円を出金するときの「出金手数料」は、1回につき400円となります。日本円出金の上限は、1回あたり5,000万円ですが、手数料は出金額にかかわらず一律となっています。

また、Coincheckの口座から、Coincheck以外の別の仮想通貨口座へ送金する際の「仮想通貨の出金手数料」は、仮想通貨の種類によって額が異なります。

ビットコイン(BTC)は0.001BTCの負担となります。なお、Coincheckユーザー間の送金手数料は無料です。

現物取引とレバレッジ取引について

ビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨を取引する方法には、「現物取引」と「レバレッジ取引」があります。

仮想通貨の販売所で、仮想通貨を売買するときは現物取引のみになります。仮想通貨の取引所で仮想通貨を売買するときは、現物取引だけでなくレバレッジ取引も可能になります。

現物取引とは

現物取引は、購入した仮想通貨を送金したり売却したりする方法です。元々、現物取引とは、実体のある投資商品を実際に売り買いすることをいいます。

ビットコイン(BTC)は目で見ることも手で触ることもできませんが、口座に入っているビットコイン(BTC)は、他人に送金したり、貸したりすることも可能です。それゆえに、口座内にあるビットコイン(BTC)は「現物」となります。

レバレッジ取引とは

一方、レバレッジ取引とは、口座に入れた現金を証拠金として、その何倍ものビットコイン(BTC)を売買する取引のことです。

3倍のレバレッジをかけて取引をすると、現物取引の3倍の利益を出すことができます。ただし、レバレッジ取引で大きな損失を出せば、現物取引を超えるペースで証拠金が減ってしまうことになりますので、くれぐれもご注意ください。

なお、Coincheckでは、最大で5倍のレバレッジ取引が可能です。また、証拠金が残り50%を下回った時点で自動的にロスカットを行い、強制決済を執行するしくみがあります。

※現在、Coincheckでのレバレッジ取引は停止中です。

ビットコイン(BTC)を成立させるマイニングとは?

ビットコイン(BTC)を成り立たせている要素のひとつに、「マイニング作業」があります。

世界中でやりとりされているビットコイン(BTC)の取引情報は、ブロックチェーンに追記されていきます。この追記の処理を行う作業を、マイニングといいます。

これまでの取引情報と、新たに発生した取引情報の整合性をとりながら正確に追記することが必要で、マイニング作業は、膨大な計算が行われます。そのため、マイニング専用の高性能なコンピュータによって行うことになり、膨大な電力もかかります。

マイニングを積極的に行い、一番乗りで追記作業を終了させたマイニング事業者(マイナー)には、新規発行されたビットコイン(BTC)が報酬として贈られます。このような世界中のマイナーの営みが絶え間なく繰り返されることで、ビットコイン(BTC)は正常に動き続け、安全性が維持されているのです。

ビットコイン(BTC)の過去チャートを振り返る

ビットコイン(BTC)が最初に商品の支払いに利用されたのは、2010年5月22日でした。

アメリカに住んでいたあるプログラマーが、半ば冗談で「誰か、僕のビットコイン(BTC)10,000枚とピザを交換しないか?」というメッセージを仮想通貨のメーリングリストに投稿しました。

この書き込みを見た別のプログラマーが、ピザ屋でピザ2枚を注文して投稿者の家に届けさせて、10,000BTCを手に入れたのです。この日は、ビットコイン・ピザの日として、仮想通貨ユーザーのあいだでは記念日のような扱いになっています。

その後、2013年からビットコイン(BTC)の価格が上昇したものの、仮想通貨取引所「マウントゴックス」の取引停止や、中国で銀行に対してビットコイン(BTC)取扱禁止令が出されたことから、価格が一気に暴落したことがあります。

その後、ビットコイン(BTC)が一躍、世間の注目を集めたのは、2017年でした。相場は躍進的な右肩上がりを維持して、1年間で20倍以上の価格高騰を見せて、一時期は1BTC=200万円を超えました。

2018年8月のレートでは、1BTC=70万~90万円あたりで推移しています。

Coincheckが選ばれる理由

Coincheckでは、有効なメールアドレスかFacebookアカウントさえあれば、アカウント登録が簡単にでき、ビットコイン(BTC)の取引を始めることができます。

取扱通貨は、ビットコイン(BTC)以外にも、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、リスク(LSK)など、選択肢が豊富です。

さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引ができます。ビットコイン(BTC)の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never