自動積立とは?コツコツ賢く貯金・資産運用がしたい人におすすめ!

金融機関に貯金をしていても思ったほど利息を受け取れないため、資産運用を検討している人もいるでしょう。

しかし、大切なお金なので、できるだけ低リスクで運用したいと考える人も多いのではないでしょうか。

そうした、「しっかり貯金したい」「低リスクで資産運用したい」といったコツコツ型の投資を考えている人におすすめなのが「自動積立」です。この記事では、自動積立ができる金融商品について紹介していきます。

1.自動積立貯金とは?

積立投資

自動積立ができる資産運用として代表的なのは自動積立貯金です。しかし、自動積立貯金について、なんとなくイメージはできても具体的な内容について理解していないという人も多いのではないでしょうか。そこで、まずは自動積立貯金の概要やメリット・デメリットについて紹介していきます。

1-1.「自動積立貯金」とは先取り貯金のこと

自動積立貯金とは、簡単に言うと先取り貯金のことです。つまり、振り込まれた給料をすぐに別の口座に移すことで、自動的に貯金してくれます。定期貯金は一般的に申し込むたびに手続きをしなければいけません。

しかし、銀行の「自動積立定期貯金」であれば、普通貯金から定期貯金口座に自動で振り替えられるのが特徴です。

期限については、あらかじめ1年や3年などのように期限を設定できるものと無期限のものの両方があります。取り扱い金融機関によって期限は異なるケースがあるため、興味がある人は普段から利用している銀行を確認してみましょう。

なお、「給料から自動的に貯金に回される」という点においては、「社内預金」や「財形貯蓄制度」も同様です。社内にそうした制度が整備されている場合には、利用するのもひとつの方法だといえます。

1-2.自動積立貯金のメリット

自動積立貯金のメリットは、「確実に貯金ができること」です。口座にお金が入っていれば自動的に貯金してくれるので、引き落とし日を給料日に設定しておけば確実に貯金できるでしょう。余分なお金があるとすぐに消費してしまうため、なかなか貯金ができないという人におすすめの方法だといえます。

また、銀行によっても異なりますが、普通預金より金利が高めに設定されているケースが多いのもメリットです。

なぜなら、銀行にとっても預金額を確保することは経営上大切なので、定期貯金と同じように一定期間の間確実にお金を預けてくれるユーザーは優遇しているというわけです。銀行によっては同じような理由から、自動車ローンや住宅ローンの金利を優遇してくれる特典を付けてくれるケースもあります。

1-3.自動積立貯金のデメリット・注意点

自動積立貯金のデメリットは、「期日指定型の場合、期日前に解約すると普通預金利率が適用される恐れがあること」です。せっかく高い金利で貯金できていたにもかかわらず、満期日前に解約すると低い金利が適用される可能性があるので、自動積立貯金を利用していた意味がなくなるかもしれません。

また、途中解約は手数料がかかるケースもあるので、できるだけ途中解約をしないように注意することが重要です。

大切なことは、「高い金利が適用されるからといって、張り切って無理な金額を設定しないこと」です。自動積立をした結果、日常生活に困るようでは本末転倒だといえます。毎月の生活費を考慮したうえで、余分になりそうなお金があったら利用するとよいでしょう。

2.投資も積立できる!積立投信について

投資

積立で少しでも高い利回りを目指したい人の場合は、積立投信を利用する方法もあります。積立投信は投資の一種ですが、比較的低リスクなので、コツコツ資産運用ができるタイプです。具体的にはどのような投資なのでしょうか。

2-1.まず「投資信託」とは

積立投信の詳細について理解するときは、まず投資信託について理解しておかなければいけません。投資信託とは、投資家がお金を提供して投資のプロに資産運用を委託することです。

投資に関して知識のない人だと、どうやって運用したらいいか分からない場合もあるでしょう。投資信託は資産運用に必要な取引はすべてプロの投資家が行ってくれるため、申し込みの手続きさえすれば、あとはお任せできます。

同じ投資として代表的な株式投資の場合、基本的には1社単位で購入していくことになります。しかし、投資信託はパッケージ商品のように複数の金融商品に分散して投資しているケースが多いため、リスク分散効果が株式投資に比べて高いのが特徴です。

いまひとつわかりにくいと感じる人は、年金をイメージしてみるとよいでしょう。日本では年金の財源も専門機関が運用を行っていますが、同じようにさまざまな投資を行ってリスクとリターンのバランスを取っています。

2-2.積立投信の仕組みとは

積立投信とは、自動積立貯金と同じように毎月自動で一定額を投資信託に投資する資産運用方法です。積み立てられた資金をプロが分散投資を行ってより多くのリターンを得られるように目指します。投資信託と聞くと、お金持ちが大金を投じているイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、実際には銀行預金の利息低下によって消費者からのニーズが高まったことで、数百円単位から始められる小口の積立投信サービスも登場しています。

2-3.積立投信のメリット・デメリット

積立投信のメリットは、「毎月自動で積み立てられるので、過度に投資を意識しなくてすむこと」です。人によっては投資を始めるとリスクを恐れるがあまり夜も眠れない状態になる場合もあります。そのような状態になると、仕事にも悪影響が及ぶでしょう。

しかし、積立投信であればプロが勝手に運用してくれるので、基本的にはほったらかしにしておいて問題ありません。相場の上げ下げにストレスを感じたり、銘柄選びで勉強をしたりする必要はないのです。精神的な負担を軽くできるのは大きなメリットでしょう。

また、相場は長期的にみると上下に大きく波打つように変動するものです。一方向だけに一方的に下落することはありません。積立投信は積立方式なので、相場が上昇しているときはもちろん利益はでますが、相場が下降しているときは購入単価を下げる効果が期待できます。

結果的に、一時的に損失が発生していてもその後の相場上昇期に売却すれば利益が出る可能性は高まります。積立投信は、分散投資と長期投資によってリスク分散されることもメリットです。

一方、デメリットとしては「元本保証ではない」「手数料がかかる」という点が挙げられます。いくらプロにお任せするからといって、相場の世界に絶対儲かるということはありません。状況によっては投資元本を大きく下回るケースもある点は覚悟しておく必要があります。

また、投資信託は申込時に申込手数料が取られますし、運用中も信託報酬として一定程度の報酬をプロの投資家に支払う必要があります。ネット証券などでは、ノーロード型といって申込手数料が無料になっている商品も登場してきているので、気になる人は調べてみるとよいでしょう。

3.仮想通貨の自動積立とは?

積立投資

投資という観点からは仮想通貨もその一種に含まれます。実は仮想通貨の取引においても自動積立で運用できるケースがあるのです。そこで、仮想通貨の自動積立について紹介していきます。

3-1.コイン積立の特徴とメリット

仮想通貨の自動積立も、投信積立と基本的には同じです。あらかじめ設定した金額とタイミングで仮想通貨を自動的に購入できます。

つまり、価格が高いときは少なく、安いときは多く購入できるということです。価格が下落しているときは購入枚数が増えるので、購入単価を安くするのに貢献します。そのため、コイン積立もリスク分散をしながら長期投資ができる方法です。

仮想通貨というとリスクが高そうなイメージがあるため、「一度に多額の資金を積み立てるのは怖い」と考える人もいるでしょう。そうしたユーザーのニーズに応えて、少額から始められるコイン積立も多いです。

仮想通貨は数ある投資のなかでも相場の変動が大きいので、ストレスも大きくなりがちですが、自動積立であれば比較的楽な気持ちでいられる点はメリットだといえます。

3-2.コイン積立の注意点

コイン積立の注意点としては、「あくまでも長期投資を目的にした商品である」ということです。比較的低リスクで投資できるのはメリットですが、反対にいうと「短期間で大きな利益を上げたい」と考えているような人には向いていません。

また、仮想通貨取引では自己資金以上の取引ができるレバレッジを利かせられるケースもありますが、「低リスクでの運用を目指す」というコイン積立の趣旨とは相いれません。低リスクでコツコツ型の資産運用をしたいという人に向いている方法だということは意識しておきましょう。

4.仮想通貨でコイン積立をする方法

積立投資
自動積立貯金や積立投信は、銀行などの金融機関に申し込むことで開始することができます。では、仮想通貨を自動積立するにはどのような方法があるのでしょうか。

4-1.「Coincheckつみたて」でコインを積立する

国内大手の金融庁登録済の仮想通貨取引所であるCoincheckでは、「Coincheckつみたて」という仮想通貨の積立サービスを提供しています。2020年4月現在、「BTC」「ETH」「ETC」「LSK」「XRP」「LTC」「BCH」「XLM」の8種類の通貨を取り扱っています。

4-2.「Coincheckつみたて」の特徴・プラン

「Coincheckつみたて」には、大きく5つのポイントがあります。

  1. 毎日プランから積立可能
  2. 月々1万円から積立可能
  3. 積立で安定した仮想通貨取引
  4. 入金から購入まで全て自動
  5. 口座振替手数料、積立サービスなどの手数料が無料

また、「Coincheckつみたて」には2つのプランがあります。

  • 月イチつみたてプラン

    あらかじめ1カ月あたりの積立金額と投資する仮想通貨を指定し、毎月自動積み立てをしてくれるプランです。月に1度の取引となるため、市場の動きによる影響を受けやすいのが特徴です。ほかのプランと比べ、利益も損失も幅が大きくなる可能性があります。

  • 毎日つみたてプラン

    最初に1カ月あたりの積立金額と投資する仮想通貨を指定し、その月の日数で割った金額分を毎日自動で積み立ててくれるプランです。月に1度の積立に比べ、仮想通貨の相場変動を受けにくく、損益の幅を抑制できる点がメリットです。

4-3.自動積立をする通貨の選び方

実際に仮想通貨の積立投資を始める際には、通貨選びが大切です。仮想通貨にはそれぞれ特徴があり、作られた目的や使われ方もさまざまです。積立たい通貨を迷った場合には、時価総額をひとつの指針にするのも良いでしょう。時価総額とは、仮想通貨の価格と流通枚数をかけ合わせて出した金額のことです。

なぜ時価総額の高い仮想通貨を選ぶといいかというと、時価総額が高い銘柄は流通量が多く、「買いたい人・売りたい人」がたくさんいるからです。時価総額が高い通貨は、それだけ需要の高い資産になるといえます。

4-4.時価総額が高い通貨

それでは、仮想通貨の代表格であるビットコインのほかに、時価総額が高い通貨を2つご紹介します。

  • イーサリアム(ETH)
    イーサリアムイーサリアムは、分散型アプリケーションやスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームです。多くの通貨のベースにもなっており、幅広い活用方法が期待されています。


  • リップル(XRP)
    シームレスな国際送金を可能にすることを目的とした仮想通貨です。採用している金融機関も多く、国際送金の利便性向上を役割のひとつとしています。

4-5.Coincheckつみたての利用方法

Coinchckつみたてサービスを利用する手順は下記の通りです。

1. 引き落とし口座の設定
引き落とし先口座を登録します

2. プラン・金額の設定
購入したい通貨の購入金額とプランを設定します

たったの2ステップで申し込みが完了します。

自動積立で手間とストレスなく賢くお金を貯めよう

BTCモバイル
自動積立での貯金や投資は、自分でタイミングを見計らって投資するよりも手間やストレスなく資産運用ができます。長期投資型の資産運用方法であるという点から、低リスクで運用できる点もメリットです。

それぞれの商品にはメリットだけでなくデメリットもありますが、複数の自動積立を利用することでさらにリスク分散を図ることもできます。コツコツお金を貯めていきたいと考えている人は試してみてはいかがでしょうか。