Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

Coincheck Column
コインチェックコラム

2019-07-11ネム(XEM)

これからネム(XEM)を取引したいと考える人のなかには、どのようなアプリや保管方法があるのか知りたい人もいるかもしれません。 ネムには、スマホなどで手軽に保管ができる方法もあります。ネムの取引をする前にスマホアプリの使用方法を理解しておくことで、ネムの急激な価格変動にも対応することが可能です。 この記事では、ネムを取引したり保管するためには、どのようなアプリが使えるのかを紹介します。 ネム(NEM/XEM)の取引にはコインチェックアプリを使ってみよう 金融庁登録済の仮想通貨の取引所Coincheckでは、さまざまな仮想通貨の保管や取引ができるスマホアプリを提供しています。 CoincheckのアプリはiPhoneにもAndroidにも対応しており、シンプルで直感的かつ使いやすいため、仮想通貨初心者から上級者のトレーダーまで幅広く利用されています。 合計10種類の仮想通貨に対応しており(2019年6月時点)、ネムの取引もすることが可能です。 Coincheckに口座開設 コインチェックアプリを利用する際は、まずCoincheckに口座を開設しておきましょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら 口座開設は簡単で、まずはコインチェックアプリをダウンロードしてアカウントを登録します。その後SMS認証を行い、本人確認書類の画像とIDセルフィーを提出し、後日自宅に届くハガキを受け取れば口座開設が完了します。 Coincheckの口座開設方法と手順の詳細はこちら コインチェックアプリの特徴 コインチェックアプリの特徴として、仮想通貨の取引に加えて、仮想通貨の送金や入金が可能なこと、リアルタイムでレートを確認できることなどがあげられます。 チャートは、1時間・1日・1週間・1カ月・1年間の価格変動を切り替えながら確認することが可能です。アプリのメニューからは仮想通貨の売買や総資産、仮想通貨別のチャットなども確認することができます。 コインチェックアプリは取引画面が見やすく初心者にも操作が簡単なので、取引タイミングを逃さずにすばやく取引することができるでしょう。仮想通貨を購入する際は、購入したい通貨を選択して数量を入力してから「購入」ボタンをタップします。 仮想通貨の購入手続きが完了したら、日本円に換算された金額を忘れずにチェックしましょう。 NEM Walletの基本的な仕組みと機能 ネムのスマホアプリには、NEM Walletもあります。 NEM Walletは、App StoreやGoogle Playからインストールして利用することができます。NEM Walletは秘密鍵を自分のローカル環境で安全に管理することができます。 オンライン上に保管するウェブウォレットとは異なるため、NEM Walletは多額の仮想通貨を分散保管したいトレーダーからも選ばれています。NEM Walletは簡単に持ち運びができるスマホアプリで、仮想通貨初心者でも容易に操作できるようになっています。 NEM Walletは、自宅にウォレットを置いておくことが心配な人にも向いています。NEM Walletで特徴的な機能は、ハーベストの状態が確認できること、マルチシグネチャ・コールドウォレットなどのセキュリティ対策が充実していることなどです。 仮想通貨のスマホアプリのなかには、フィッシングと呼ばれる偽サイトへの誘導を試みる危険なものもあります。そのため、アプリの提供元が公式サイトであるかを確認してからインストールするようにしましょう。 初めてNEM Walletアプリを利用するときの設定方法 画像出典:https://nem.io/downloads/ NEM Walletを利用するためには、あらかじめ初期設定を行っておく必要があります。 iOS版ですと、まずNEM Walletをインストールするとカメラ・連絡先・写真などへのアクセスを要求されますので許可しておきましょう。というのも、QRコードを読み込む際にカメラが必要となるからです。 NEM Walletの初期設定を行う際には、パスワードをできれば20文字以上の英数字を組み合わせた複雑なものに設定しましょう。最初は面倒に思えても、自分の大切な資産を保護するためには必要なことです。 つぎに、タッチIDを設定しておくことで、次回からパスワードを入力せずにログインできます。そうすることで、より簡単にNEM Walletが利用できるようになります。 タッチIDは、トップ画面の左上の歯車のマークから設定を行うことができます。NEM Walletの初期の状態では「タッチID」はオフになっていますので、自分でセキュリティ項目の「タッチID」をタップして利用できるようにしておきましょう。 「タッチID」をオンにしたあとは、画面右上に表示される「完了」をタップするのを忘れないようにしましょう。 NEM Walletのアカウントを追加する方法と注意点 画像出典:https://apps.apple.com/jp/app/nem-wallet/id1227112677 NEM Walletでアカウントを追加する方法は、まず「アカウントを追加する」をタップします。 アカウントを追加するには、「新しく作る」「QRコードをスキャン」「キーをインポート」の3種類の方法のなかから選びます。 PC版のNano Wallet(最新版はNEM Walletと名称変更)と同期しなければ「QRコードをスキャン」と「キーをインポート」は利用できないため注意が必要です。アカウントを新規作成する際には、「新しく作る」からアカウントを作成しましょう。 希望のアカウント名を入力したうえで「新しくアカウントを作る」を選択し、注意事項を確認後「OK」をタップすることでアカウント作成は完了です。アカウントを作成するときには、秘密鍵はバックアップをとって保存しておくようにしましょう。 アカウント作成後は、アカウントが追加されていることを確認することも必要です。NEM WalletでQRコードを利用してアカウント登録する場合は、PC版のNano Walletと同期します。 Nano Walletの「アカウント」をクリックし、「ウォレットをQRでエクスポート(アンドロイド&iOS)」を選択しましょう。Nano Walletのパスワードを入力したあとに「公開」をクリックすれば、QRコードが表示されます。 QRコードをNEM Walletで読み取れば同期できます。その後は、NEM WalletにNano Walletのパスワードを入力し、「確認」をタップすることでアカウントが追加できます。 キーをインポートしてアカウントを作成するためには、プライベートキー(秘密鍵)とウォレット名を入力しましょう。この際、プライベートキーが緑色になっていれば正しいプライベートキーであることを表し、赤色になっていれば誤っていることを表しています。 プライベートキーが緑色であることを確認したうえで、「アカウントを追加する」をタップしましょう。 NEM Walletでプライベートキーを確認するための方法 NEM Walletでプライベートキーを確認するためには、アプリ画面右下の「メニュー」をタップしましょう。 続けて表示される「アカウントをエクスポート」を選択し、つぎの画面で「確認」をタップします。 左側に目のマークがある赤文字の「プライベートに関する見解」を選択し、警告内容を確認したうえで「プライベートキー(秘密鍵)を表示」をタップしましょう。 その後、プライベートキーが表示されたら、メモに残し厳重に保管します。プライベートキーは、第三者の手に渡ったり紛失したりしないように気をつけましょう。 NEM Walletから送金を行うときの手順 NEM Walletからほかの宛先へ送金する際には、アプリ画面右上の「ペンマーク」をタップしましょう。つぎに、送信画面が表示されたら、宛先・量・メッセージを入力し手数料を確認します。 その後はパスワードを入力し、宛先や量に間違いがないことを確認したうえで「送信する」をタップしましょう。 誤った宛先へ送金してしまった場合はネムを紛失してしまうケースもあるため、宛先は間違えないようコピー&ペーストすることが大切です。 NEM Walletはアドレス帳を登録しておくことでさらに便利に使える NEM Walletは、アドレス帳を登録することでより便利に利用できるようになります。 NEM Walletのアドレス帳を登録するには、アプリ画面下にある人の形のアイコンの「アドレス帳」をタップしましょう。つぎの画面で「コンタクトの追加」をタップし、名前・苗字・アドレスを入力します。 入力後は、画面右上の「保存」をタップすることでアドレス帳の登録は完了です。アドレス帳に登録したあとは、NEMマークがついたアドレスがアドレス帳に登録されているかを確認しましょう。 アドレス帳に登録されたアドレスをクリックすると、名前とアドレスが表示されます。宛先に送信したいときには「メッセージ送信」をタップしましょう。 メッセージ送信をタップすると数量・メッセージなどを入力する画面が表示されるため、アドレス帳に保存したアドレスへ送金する際は表示されている画面から手続きをするようになります。 NEM Walletはセキュリティを高めるためのマルチシグネチャ設定が可能 NEM Walletは、ハッキングリスクを軽減させるためにマルチシグネチャ設定を行うことが可能です。 マルチシグネチャとは、仮想通貨を送金する際に複数のアカウントの承認を必要とする仕組みです。つまり、マルチシグネチャが設定されていると、ハッカーは秘密鍵を1つ盗んだとしても複数の秘密鍵すべてを盗まなければ仮想通貨をハッキングすることはできません。 マルチシグネチャを設定する際には、保管用のアカウント1つと署名用のアカウント3つの最低でも4つのアカウントが必要となります。 署名者を追加するには、1人あたり約0.7XEMほどの手数料が必要です。マルチシグネチャの設定には手数料がかかることを考慮したうえで、NEM Walletのアプリの「その他」から設定を行いましょう。 マルチシグネチャの設定画面が表示されたら、署名者の人数を入力し各アカウントを入力したうえで「発行」をタップしましょう。マルチシグネチャが正しく設定されると、署名アカウントの削除や署名人数の変更、ネムの送金などは署名者全員の同意なしに行うことはできなくなるため注意が必要です。 NEM Walletを強固なセキュリティで保護するためにも、マルチシグネチャは取引前に必ず設定しておくようにしましょう。 NEM Walletではコールドウォレットの作成が可能 NEM Walletは、マルチシグネチャの秘密鍵をオフラインで保管できるコールドウォレットを作成することができます。コールドウォレットを作成するためには、まず保管庫と署名用のアカウントが必要です。 署名用アカウントの秘密鍵をバックアップしたうえで、アカウントを削除しましょう。NEM Walletは署名用アカウントをオフラインで管理できるため、オンライン上からハッキングされる心配もありません。 コールドウォレット作成時に削除したアカウントは、NEM Wallet内から完全にデータが消失します。コールドウォレットを作成することで、外出時などに秘密鍵を表示した際に第三者に見られてしまう心配がなくなるでしょう。 つまり、コールドウォレットがあることでマルチシグネチャをより厳重なセキュリティにできるため、取引前に設定しておくことが大切です。 NEM Walletでマルチシグネチャを削除する方法と必要な手順 マルチシグネチャの設定を削除する際には、最小署名人数に達していないと削除ができないため注意が必要です。 まず、保管庫以外のアカウントからマルチシグネチャの設定へ進み、署名者数に0を入力します。その後「確認」をタップすると、「マルチ2」「マルチ3」に署名人数の変更の確認が表示され、承認することで署名者の削除ができるようになります。 つぎに、マルチシグネチャの設定から署名アカウントの一覧が表示されるため、任意のアカウントで「×」を選択し「変更」をタップしましょう。その後は、「×」を選択していないアカウントで再度変更を承認することが求められますので、承認することでマルチシグネチャの削除ができるようになります。 マルチシグネチャが外れると、ダッシュボードの保管庫に「取引」ボタンが表示されるようになり、作業が完了したことを確認できます。 NEM Walletでのハーベスティングの確認方法 NEM Walletでは、ハーベスティングの確認を行える点が便利です。 ハーベスティングするための条件は、ネムを1万XEM以上所持していること、Nano Walletにネムを所持していることです。この条件を満たすことで、報酬として自動的にネムを受け取ることができます。つまり、ハーベスティングは仮想通貨の不労所得だといえるでしょう。 ネムを送金したりNEMネットワークを使用したりすることで、報酬をもらえる可能性は高まります。また、Nano Walletの「既得バランス(有効なXEM)」が多いほど、ハーベスティングの開始は早まります。 そのため、ハーベスティングを早く行いたいトレーダーは条件を満たしていることを確認したうえで、早めにハーベスティングを申請するようにしましょう。 ネム(NEM/XEM)のアプリを使いこなしてトレードのストレスを減らそう 仮想通貨を短期間でトレードしたい人は、事前にスマホアプリの使い勝手をチェックしておくと良いでしょう。仮想通貨の急激な価格の変動や、万一仮想通貨の取引所の通信障害などが起きた時に、すばやく対応するためです。 大切な資産を守るためにも、スマホアプリをインストールしたあとは、早めに使い方を理解しておくようにしましょう。また、マルチシグネチャやコールドウォレットをあらかじめ設定しておくことで、セキュリティを高めることができます。 スマホアプリを利用する際は、携帯できる利便性もありますが、紛失しないよう細心の注意を払う必要があります。ストレスのないトレードが行えるよう、見やすく使いやすいネムのアプリを利用すると良いでしょう。

仮想通貨は、株式や投資信託と同じように価格が上下しやすい特徴を持ちます。 仮想通貨は常に価格が一定という訳でなく、価格が急上昇することがある一方で、下落することも珍しくはありません。この価格差で利益を得ている投資家も多く存在します。 仮想通貨の価格は基本的に、需要と供給のバランスによって決まるといわれていますが、変動するときには、さまざまな要因が存在します。そこで今回は、仮想通貨が下落する要因について詳しく見ていきましょう。 仮想通貨の下落要因1:国による規制 仮想通貨の下落要因にはどのようなものがあるのでしょうか。 仮想通貨の価格に影響を及ぼすものとして「国による規制」は、忘れてはならない要因の一つです。国による規制について、押さえておきたいポイントがいくつかあります。 1. 金融庁による規制 1つ目が「金融庁による規制」です。 日本国内に目を向けてみると、仮想通貨の売買サービスを提供する仮想通貨の交換業者については、金融庁が監督をしています。仮想通貨の取引所は、金融庁の認可が無いと営業してはいけないとされています。 また、国内の仮想通貨の取引所は、取り扱い通貨がほかの国に比べて少ない現状があります。これは金融庁が認めているアルトコイン銘柄が少ないためです。 取引所が取り扱いできる通貨のことをホワイトリストといい、金融庁の規制次第ではこちらのホワイトリストが変動する可能性もあります。それに伴って仮想通貨の価格が変動する可能性もありますので、その点は注意しておいた方が良いでしょう。 2. 仮想通貨に対する規制の強化 2つ目が「仮想通貨に対する規制の強化」です。 日本国内に限らず、世界的に仮想通貨を規制する動きにも注意が必要です。中には、仮想通貨の取引自体を禁じている国もあるほどで、まだまだ法整備も発展途上の段階です。 仮想通貨への規制が強まると、将来を不安視して仮想通貨の価格が下落する可能性もあります。ただし、法整備が整えば逆に仮想通貨にプラスの側面もあるため、価格にどう影響を及ぼすのか、その都度法律の内容をよく把握することが大切です。 仮想通貨の下落要因2:金融情勢 続いて、各国の金融情勢が仮想通貨の価格に影響を及ぼすこともありえます。 金融情勢は、刻一刻と変化するものですが、変わるタイミングには例えば以下のような場合があります。 1. 自然災害で大きな被害が出た 1つ目が「自然災害で大きな被害が出た」ケースです。 地震や津波、洪水などの震災に見舞われると、一般的に景気は縮小する傾向にあります。いざという事態に備えて、現金の需要も増えることから、仮想通貨や金などの資産が売られる可能性もあるかもしれません。 2. 戦争やテロが発生した 2つ目が「戦争やテロが発生した」ケースです。 こちらも自然災害と同様に、金融情勢への影響が懸念されます。仮想通貨のみならず、様々な金融商品への影響が懸念されるため、常にこのようなニュースにはアンテナを張っておくと良いでしょう。 3. 経済情勢が大きく変わった 3つ目が「経済情勢が大きく変わった」ケースです。 中央銀行による金融政策や、外交問題などで経済が乱れると、仮想通貨などの投資対象もあおりを受けることがあります。実際に過去金融危機が発生したキプロスでは、資金の逃避先としてビットコインが選ばれました。 このように仮想通貨は法定通貨の代替としても注目されている側面がありますので、法定通貨の動向などにも注視すると良いでしょう。 仮想通貨の下落要因3:不正流出 仮想通貨が下落する要因には、仮想通貨の取引所などからの「不正流出」も挙げられます。不正流出について押さえておきたいポイントがいくつかあります。 1. セキュリティの問題 1つ目が「セキュリティの問題」についてです。 仮想通貨の取引所で売買を行った通貨は、自分のウォレットなどに移さない限り、一般的にその取引所のウォレットで保管することになります。その間に、取引所へハッキング攻撃などが起きると、資産が不正に流出してしまう可能性があります。 セキュリティ対策を講じていれば防げるものもありますが、自分のアカウントを乗っ取られないことや資産の保管方法にも細心の注意を払うことが大切です。 2. 過去にも度々事件が起きている 2つ目が「過去にも度々事件が起きている」点です。 2014年に仮想通貨の不正流出事件として話題になったのが、マウントゴックス事件です。これにより仮想通貨の価格が暴落したり、仮想通貨のイメージにも影響を与えました。 それ以降、業界では仮想通貨のイメージアップとともに、ハッキングリスクを回避するための法整備や技術開発が勧められています。 仮想通貨の下落要因4:利益確定売りの増加 仮想通貨を「利確売り」といって手放す人が増えると、価格にも影響が出ます。 利確売りとは、利益を確定するために売り注文を出すことを言います。利確売りが多くなるケースには、例えば以下があります。 1. 短期保有の人の利確売り 1つ目が「短期保有の人の利確売り」です。 仮想通貨を長期保有する人は、長い時間をかけて価格が上昇するまでホールドします。一方で、短期で売買している人は、短い期間で利益を確定します。 この、短期保有の人と長期保有の人の割合によって、値動きの仕方も異なって来ます。年度の節目やチャートが上昇して一段落したタイミングなど、売られやすいタイミングもあるため、チャートや動向をよくつかんでおきましょう。 2. 納税資金確保のための利確売り 2つ目が「納税資金確保のための利確売り」です。 日本の場合は仮想通貨で得た利益は、1年間でまとめて次の年の3月までに確定申告を行い、納税します。その際に、ポジションを持っている仮想通貨が多いと、納税のための現金が用意できない場合もあります。 そのため、年末には利益確定する人が多くなると考えられます。また、税金の関係で年末に利確して整理する人もいます。 このように仮想通貨を利確する人が増えると、価格は下落する可能性がありますので注意が必要です。 仮想通貨の下落要因5:広告規制 仮想通貨が下落した要因としては「インターネット上での広告規制」も挙げられます。 2018年ごろから、仮想通貨関連のインターネット上での広告の規制が厳しくなりました。多くの人が利用している検索エンジンのGoogleやFacebookなどのSNSでも、広告が禁止されたことがあります。 広告が禁止されると、仮想通貨の取引所を運営している企業などは、新規顧客獲得のための宣伝が難しくなります。結果として、仮想通貨を購入する人口も増え辛くなったりもします。 大手企業で広告が禁止されることのインパクトは大きく、実際に仮想通貨の下落に影響したと考えられています。それではなぜ、大手企業は仮想通貨の広告を禁止したのでしょうか。 考えられる理由としては、例えば「ICO(イニシャルコインオファリング)詐欺にあってしまう可能性があるから」です。仮想通貨はまだ法整備が十分でなく、詐欺などが横行している状況がありました。 特に、ICOと呼ばれる仮想通貨を使った資金調達では詐欺も多く、実際に騙された人も多くいました。そうした背景で、広告を打ち出すことを禁じたのかもしれません。 仮想通貨が下落したら売るべき? 仮想通貨がさまざまな理由により下落してしまったら、売るべきでしょうか。 確かに、下落の傾向が見られると、売りに出る人も少なくありません。損切りといって、少しでも損失を減らそうとする判断もあるでしょう。 また、下落すると不安になってしまって慌ててすぐに売る人もいます。こちらは、投資の初心者によく見られ、狼狽売りともいわれます。 しかし、下落したからといって必ずしも売れば良いという訳ではありません。長期的に見て上がりそうであればすぐに手放す必要もありませんし、売った瞬間に価格が反発してしまうこともあります。 その時々で、状況をよく見極めながら判断するようにしましょう。 仮想通貨が下落したら気をつけたいこと 仮想通貨が下落したら、気を付けたいポイントがいくつあります。 1. 安易に情報を鵜呑みにしない 1つ目が「安易に情報を鵜呑みにしない」ことです。 ネットには、仮想通貨の情報提供者などが存在しますが、中にはわざとネガティブなことを言って売らせようとする人も存在するかもしれません。そういった誤った情報に惑わされないためにも、確かな情報を入手するようにしましょう。 2. 損切りラインを決めておく 2つ目が「損切りラインを決めておく」ことです。 仮想通貨を購入する前に、ここまで価格が下がったらそれ以上損失が出る前に売ろう、というラインを設定するのも良いでしょう。損切りできずに、ずるずると価格が下がるのを眺めているだけという初心者は意外と多いものです。 損失を大きくしないためにも、最初に損切りラインを設定し、それを下回るようならば躊躇なく損切りを行うことも時には大切です。 3. 過去の下落前後の傾向を調べる 3つ目が「過去の下落前後の傾向を調べる」ことです。 さまざまな情報やデータから、自分なりの傾向を割り出し、今後の動向を予想してみるのも一つの方法です。誰かの真似をするのではなく、自分なりの投資スタイルを確立してみるのも良いでしょう。 仮想通貨の下落で利益を得る方法とは? 仮想通貨の下落は、投資家にとってはあまり喜ばしいことではありませんが、下落で利益を得る方法も存在します。それが「仮想通貨のレバレッジ取引」です。 レバレッジ取引とは、少ない資金で多くの通貨を売買することができる方法です。ハイリスクハイリターンな方法として知られていますが、レバレッジ取引では「売り」の注文を出すことができます。 売り注文を行うと、下落相場でも利益を出すことができるのです。下落トレンドの状態など、下落すればするほど利益を得ることができるので、通常の現物取引に慣れてきたら、場合によっては活用してみるのも良いでしょう。 ただし、下落は上昇よりもスピードが早いことが多いので、早めの判断が大切です。また、初心者にはハードルの高い取引になりますので、これから仮想通貨取引を始める場合は、まずは通常の現物取引から始めてみるのが良いでしょう。 ※現在、Coincheckのレバレッジ取引は一時停止中です。 今後の仮想通貨の値動きは過去から学ぶ 仮想通貨はこれまでも、価格の上昇と下落を繰り返してきましたが、今後はどんな値動きが予想されるのでしょうか。 大事になるポイントの一つが「仮想通貨の将来性」です。未来の通貨として期待されているだけでなく、一部の仮想通貨は今後幅広いシーンでの活用が予想されています。 金融機関における国際送金や、飲食店での決済、一部の業界での書類の記録など、さまざまな場面で活用される日もそう遠くないかもしれません。仮想通貨が実用化するまでは、これまでと同様に上昇と下落を繰り返すと考えられるため、下落後の動向に注意して取引するのが良いでしょう。 仮想通貨は、これまでの動向からも分かる通り、常に価格が変動するものです。その価格変動には、世界情勢や規制などさまざまな要因が関係しています。 今後、仮想通貨はまだまだ発展が期待されているので、正しい情報を手に入れて賢く投資することが大切です。過去の動きを参考にすることで、今後の値動きも上手に予想していきましょう。

2019-08-08リップル(XRP)

リップル(XRP)をこれから取引しようと考えている人のなかには、どのアプリを利用すればよいのかわからないという人もいるかもしれません。アプリによって、取引画面の使いやすさやチャートの見やすさなどの特徴も異なります。 リップルを取引するにあたっては、普段から使用するアプリについても意識を向けておくと良いでしょう。また、リップルの取引のタイミングを逃さないために、アプリのインストール後、すぐに機能などをチェックしておくことも大切です。 この記事では、Coincheckでリップルを取引する際のコインチェックアプリの使い方を中心に解説します。 コインチェックアプリでリップル(Ripple/XRP)が購入できる 金融庁登録済の仮想通貨の取引所であるCoincheckは、スマートフォン向けのコインチェックアプリを提供しています。 コインチェックアプリは画面が見やすいことに加えて、初心者でも操作がしやすいという特徴があります。コインチェックアプリの全ての機能を利用するためには、Coincheckで口座開設を行う必要があります。 Coincheckで口座開設 Coincheckでの口座開設は簡単で、仮想通貨初心者でも迷うことなく開設できます。リップルの取引を始めたい人は、まずは口座を開設しておきましょう。 Coincheckの口座開設はこちら Coincheckの口座開設方法と手順の詳細はこちら コインチェックアプリのダウンロード Coincheckに口座を開設すると仮想通貨の取引は可能となりますが、そのままの状態ではパソコンのブラウザで操作することになります。 スマホアプリで取引をしたい場合は、公式サイトからコインチェックアプリをダウンロードします。もしくは、App StoreまたはGoogle Playからインストールします。 インストール後は本人確認を行っていないとCoincheckの全ての機能を利用することができないため、速やかに本人確認を行うことが大切です。 Coincheckの仮想通貨取引所としての主な特徴 Coincheckは対応するアルトコインの種類が多く、リップルも取引することが可能です。2019年6月時点で、取り扱っている仮想通貨は10種類にのぼります。 コインチェックアプリで簡単売買 仮想通貨の購入も売却もアプリから簡単にできるため、取引のタイミングを逃さずにリップルを売買することができます。 また、チャートはコインチェックアプリを立ち上げなくてもウィジェットで閲覧できる仕様になっており、価格推移も見やすくなっています。ただし、スマホを盗難されたり、紛失したりした際には資産が失われる危険性もあります。 口座開設を行ったあとは必ず2段階認証を設定し、ログイン時のパスワードなどの重要な情報は、厳重に管理することを徹底しましょう。 土日や祝日にも仮想通貨の取引が可能 Coincheckは土日や祝日に関係なく、24時間仮想通貨の売買ができる仮想通貨の取引所です。 Coincheckのリアルタイムチャートは線チャートとローソク足チャートの2種類が用意されており、価格の変動や値動きの分析にも役立ちます。ユーザー同士の情報交換に使えるチャット機能なども、コインチェックアプリには搭載されています。 マネックスグループ入り Coincheckを運営するコインチェック株式会社は、2018年4月よりマネックスグループ入りし、新経営体制となりました。2019年1月には、金融庁より仮想通貨交換業者として認可されています。 Coincheckは多くの仮想通貨をコールドウォレットと呼ばれるオフラインのウォレットで管理しており、マネックスグループ入りしたことで管理態勢もより強固なものとなっています。 Coincheckでリップル(Ripple/XRP)を売買する方法 Coincheckでリップルを購入するには、メールアドレスとパスワードを登録してアカウントを作成し、口座を開設しておく必要があります。 口座を開設する際は、まずSMS認証による電話番号認証が必要です。つぎに、写真付きの本人確認書類を提出します。その際、本人の顔と手に持った本人確認書類の文字部分が見えるように撮影された、IDセルフィーも提出します。 IDセルフィーを撮影する際は、鮮明な写真を撮るように心がけましょう。そうすることで、再提出を求められる可能性が低くなります。最後に、自宅に届くハガキを受け取ることで口座開設は完了します。 日本円の入金 リップルなどの仮想通貨を購入するときは、先に口座へ日本円かビットコインを入金する必要があります。 日本円の場合は、入金画面から銀行振込などを選択して、Coincheckが指定する振込先に日本円を振り込みます。ビットコインの場合は、Coincheckにビットコインを送金します。 リップル(XRP)を購入する方法 コインチェックアプリでリップルを購入する手順は、まずログインして取引画面から「XRP」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。 購入したいリップルの数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでXRPを購入」をタップすることでリップルが購入できます。 購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。 リップル(Ripple/XRP)を売却する方法 Coincheckでリップルを売却する際は、Coincheckへログイン後にトップ画面に表示されている「XRP」を選択しましょう。 売却したい数量を入力して、決済する通貨を選びます。合計金額を確認して誤りがなければ、「売却する」をクリックするか「売却」をタップすることで処理は完了です。 交換する通貨は、ビットコインか日本円か選択することができます。リップルを売却後は、取引履歴から正常に取引が完了しているか確認しておきしょう。 Coincheckでリップル(Ripple/XRP)を送金する方法と注意点 Coincheckでリップルを送金する場合は、パソコンとスマホアプリの両方から行えます。 パソコンならトップ画面上部の「ウォレット」→「コイン送金」をクリック、スマホならトップ画面のタブメニューアイコンをタップして「送金と受取」を選びます。その後、「BTC以外の送金はこちら」をクリックします。 その後は「Rippleを送る」を選択し、送金先アドレスと数量を入力します。入力内容に誤りがなければ、「送金」をクリックするかタップしましょう。 送金先のアドレスが誤っていた場合は、正しく処理が行えないというトラブルが発生します。手動でアドレスを入力すると間違えやすいため、コピー&ペーストで正確なアドレスを貼りつけるようにしましょう。 他の仮想通貨の取引所へ送金する際は、「XRP宛先タグを使用する」にチェックを入れ、宛先タグを正確に入力することで送金が可能です。送金先アドレスに誤りがある場合、リップルを消失し資産を失うおそれもあります。 なお、Coincheckユーザー間同士の送金手数料は無料ですが、Coincheck以外へ送金する際は、0.15XRPの送金手数料が発生します。 ウィジェット機能を設定すればアプリでレートチェックも手軽にできる コインチェックアプリは、ウィジェット機能に対応しています。 ウィジェット機能とは、スマホの画面をロックしている際にも、仮想通貨の価格などをホーム画面に表示できる機能のことです。ウィジェット機能を設定するためには、スマホアプリを最新バージョンにアップデートしたうえで、「ウィジェットを追加」の画面でCoincheckを選択します。 一画面ですべての銘柄の価格をチェックできるため、短期トレードを中心に行っているトレーダーにも利用されている機能です。画面内には、現在の価格と24時間前の価格との変動率なども表示される仕組みです。 ウィジェット機能をスマホに導入することでアプリを開く手間を省けて、価格の暴騰や暴落にもすばやく対応することができる可能性も高まるでしょう。各銘柄のロゴもウィジェットには表示されるため、仮想通貨初心者にとっても見やすくなっています。 コインチェックアプリに備わっている機能を使いこなす コインチェックアプリをインストールしたあとは、アプリに備わっている機能を使いこなすことが大切です。 コインチェックアプリには、取引に関するさまざまな機能が備わっています。仮想通貨の受取や仮想通貨の売買、送金などが行えます。 チャート画面では、対象となる仮想通貨や対象期間などを選択できます。チャート画面から直接売買することも可能なので、仮想通貨初心者でも簡単に利用できます。 線チャートからローソク足チャートへの切り替えはもちろん、総資産をクリックすることで円グラフにおける複数の仮想通貨の割合をチェックすることもできます。メニューからは取引履歴も簡単に確認できますし、QRコードを読み込むことで送金も可能です。 他にも通貨別のチャットも閲覧することができ、取引に関する情報収集なども手軽に行えます。 仮想通貨の取引では適切な資金管理を行うことも重要 仮想通貨の取引では、資産を守るために適切な資金管理を行うことが重要です。 仮想通貨の相場は常に変動しているため、リスクや損失を抱え込んでしまわないように細心の注意が欠かせません。仮想通貨取引に慣れていないうちは少額の取引からスタートし、徐々に投資額を増やしていきましょう。 仮想通貨初心者は、生活に必要な資金を確保したうえで、余剰資金の範囲内で取引するようにしましょう。借金をして仮想通貨投資を始めた場合、精神的な余裕が持てず正しい判断ができなくなるケースもあります。 人によって余剰資金の額は異なりますが、精神的に安定して取引できる額を投資するようにしましょう。取引を始める前に資金管理のルールを自分で決めておくことで、価格に左右されずに取引ができるようになります。 コインチェックアプリを使いこなして取引しやすい環境を整えよう コインチェックアプリは、使い方次第で日々のトレードの助けとなりえます。ウィジェット機能を利用すれば、価格の変動をいち早く察知できるようになるでしょう。 仮想通貨初心者にとっては、直感的に操作しやすいこと、取引が簡単にできることがコインチェックアプリの大きな魅力です。取引が簡単に行えるということは、仮想通貨のトレードにすばやく慣れるということにもつながります。 初心者であれ上級者であれ、コインチェックアプリのそれぞれの機能と特徴をうまく活用していくと良いでしょう。

仮想通貨は投資だけでなく送金や決済に活用されたり、金融機関の実証実験などにも活用されたりなど、今後の実用化が期待されています。 仮想通貨の市場は近年急成長し、注目度も高い分野ではありますが、未知な部分が多い分野ともいえます。これから仮想通貨の市場規模は、どのようになっていくのでしょうか。 そこで今回は、仮想通貨の市場規模や今後の将来性、注目したいポイントなどについてご紹介します。 仮想通貨の市場規模とは 仮想通貨の市場規模とは、発行されている仮想通貨の時価総額の合計のことを指します。時価総額とは、仮想通貨1枚あたりの価格に発行枚数を乗じたものです。 たとえば、仮想通貨を代表するビットコイン(BTC)は、2019年5月末時点で、約1,475億ドルの時価総額となっています。同時点で時価総額2位の仮想通貨であるイーサリアム(ETH)は、約271億ドルの規模です。 市場規模が拡大するためには、「1枚あたりの価格が上がる」か「発行枚数が増える」かのどちらかです。価格が上がるためには、その通貨への需要が増える必要があります。 例えば、新しく大手の仮想通貨の取引所に上場したり、大手企業が採用を決定したりするなどのニュースが流れると、仮想通貨の価格は上昇することが多い傾向にあります。 また、発行枚数が増えるかどうかは、仮想通貨の種類によって異なります。たとえば、ビットコイン(BTC)であれば上限を2100万枚として、随時マイニングされることによって発行量が増えています。 仮想通貨には様々な種類があるため、発行枚数の上限のない通貨もあれば、すでに発行上限に達している通貨もあります。これらを要因として、仮想通貨の市場規模は拡大します。 世界における仮想通貨の市場規模 仮想通貨の時価総額は、2019年5月末時点で約2,624億ドルです。また、世界における仮想通貨の1日の取引量は、約936億ドルとなっています(出典:https://coinmarketcap.com/charts/)。 一方で、株式取引を代表するニューヨーク証券取引所の時価総額は20兆ドルを超えています。このような株式市場と比較すると、仮想通貨市場はまだまだ規模の小さい市場ということになります。 仮想通貨は世界的にはまだ法整備が十分でないということもあり、株式市場のように参加する投資家が少ないのです。しかし、市場規模が小さいということは、それだけ今後の伸びしろが期待できると考えることも可能です。 まだ多くの大金を動かすプロの投資家が参入していない市場とも言えますので、今後多くの投資家が参入してくることになれば、市場がさらに拡大する可能性はあるでしょう。 日本における仮想通貨の市場規模 ニューヨーク証券取引所と比較すると、取引の規模は小さい仮想通貨市場ですが、日本国内ではどうでしょうか。 国内の主要な仮想通貨の取引所でのビットコイン取引高の合計は、2019年5月時点では約1兆2731億円となっています。2017年12月時点のピーク時では約5兆8685億円ですので、それと比べると低下していることになります(出典:https://jpbitcoin.com/market/volume)。 ただし、これは日本国内の主要な仮想通貨の取引所をまとめた数値のため、海外の仮想通貨の取引所で売買している日本人の取引金額は計上されていません。 また、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の統計情報によると、仮想通貨の取引所の利用者口座数の全体口座数の設定口座は約287万口座となっています。ただし、こちらも厳密に日本人が保有している仮想通貨の量などは不明となっています。 仮想通貨における市場規模の成長率 仮想通貨における市場規模の成長率は、これまでの歴史を振り返ってみると分かります。 特に仮想通貨が注目されて急成長したのが、2017年です。ビットコイン(BTC)を始めとする仮想通貨に関連するニュースを多くのメディアが取り上げ、取引する人が多くなったことで、年末にかけて価格が急騰しました。 その結果、仮想通貨の市場規模は、2015年始めの約56億ドルから2017年末の約5,651億ドルへと、およそ2年間でなんと約100倍以上もの拡大をとげました。この高騰にうまく乗っかり、仮想通貨で大きな利益を得た人も多く誕生しました。 その後、2018年に入るとさまざまな要因で仮想通貨の価格が暴落しました。しかし、2019年に入ってから、再びビットコインなどの仮想通貨の価格が上昇に転じ始めました。 仮想通貨自体はまだ普及の途上にあり、これからも上昇や下降を繰り返して、市場が成長していくものと予測されます。 2017年に仮想通貨市場が急成長した理由 2017年に仮想通貨市場が急成長した理由としては、以下のような理由が考えられます。 1. ICOの流行 1つ目が「ICOの流行」です。ICO(イニシャルコインオファリング)とは、仮想通貨やトークンを新しく発行して、資金を調達する方法のことです。 株式よりも手軽に資金を集められる手段として注目が集まり、これによって次々と新しい仮想通貨(アルトコイン)が誕生しました。こうして生まれた通貨は、続々と仮想通貨の取引所に上場し、多くの人の注目を集めたのです。 新規上場したアルトコインは、当初の価格から大幅に上昇することも珍しくなく、利益を出したい人々がICOに集中しました。 2. メディアが取り上げて取引する投資家が増えた 2つ目が「メディアが取り上げて取引する投資家が増えた」からです。 ICOを始め、仮想通貨の取引所が広告宣伝を増やしたり、仮想通貨で利益を出した人がメディアに露出したりしたことで、多くの人が仮想通貨の取引に参加し始めました。 需要が増えれば価格が上がり、価格が上がることで利益を出す人が増え、また参加する人が増えていく、そんな循環が生まれました。 3. ビットコイン(BTC)のハードフォーク 3つ目が「ビットコインのハードフォーク」ビジネスの流行です。 ビットコインには、度々ハードフォークと呼ばれる通貨の分岐の噂がありました。ハードフォークとは、仮想通貨の方針の違いなどで、新たな通貨に分岐することをいいます。 代表的なハードフォークは、2017年8月のビットコインキャッシュの分岐です。ハードフォーク前には、不安要素からビットコイン価格の下落も予想されました。 しかしながら、結果として分岐後に元々のビットコイン価格はさらに上昇し、分岐したビットコインキャッシュの価格も上昇したことから、その後もさまざまなハードフォークが行われました。 2018年に仮想通貨市場が暴落した理由 仮想通貨は、2017年末から2018年初めにかけて大きな暴騰をしましたが、その後2018年に入ってから価格は低迷しました。 急激に価格が上昇し過ぎたことから、その反動で下落したとも言えますが、仮想通貨にとってマイナスイメージとなるニュースが多かったことなども、価格が低迷した理由の一つとは言えるでしょう。 世界中で発生した仮想通貨の取引所のハッキング事件を始め、仮想通貨業界への規制、国によっては仮想通貨の取引禁止など、仮想通貨にとってマイナスなニュースが多かったことなども価格下落の要因と言えます。 多くの仮想通貨に用いられているブロックチェーン技術は新しいテクノロジーとして注目されていますが、仮想通貨取引に対する法整備がまだ完全には整っていない段階なので、参加を見送っている投資家も多いのかもしれません。 ただし、2019年に入って仮想通貨の下落は止まり始め、5月末時点ではだいぶ仮想通貨市場の時価総額は回復してきたと考えられています。仮想通貨はこれまでも暴騰と暴落を繰り返してきたので、今後も上昇する可能性はあるといえるでしょう。 仮想通貨の市場は今後拡大する? 2018年は下落相場が続いてきた仮想通貨市場ですが、今後は拡大するのでしょうか。今後を考える上で着目しておきたいポイントがいくつかあります。 1. ビットコイン先物の上場 1つ目が「ナスダックがビットコイン先物の上場を計画している」点です。 ナスダックとは、2018年末時点で世界第2位の株式市場です。そんなナスダックがビットコイン先物の上場を計画していると2018年に発表したことで、市場から期待感が強まっています。 他にも海外のいくつかの業者が、機関投資家が仮想通貨市場に参入できるような準備を進めているとも言われており、このような整備が進んでいくと、これまで仮想通貨取引には参加していなかった多くの投資家が参入してくる可能性も高いと考えられています。 2. 仮想通貨の実用化 2つ目が「仮想通貨の実用化」の点です。 以前よりも世界中でビットコインで決済できる店舗が増えていたり、リップルを使った国際送金の実証実験が行われていたり、イーサリアムを用いた新しいサービスが誕生したりと、水面下では仮想通貨の実用化は進んでいるように見受けられます。 このように仮想通貨がより多くの人に利用されるようになればなるほど、仮想通貨の価格も上昇することが予想されます。 3. 仮想通貨市場が不安定になる可能性もゼロではない 3つ目が「仮想通貨市場が不安定になる可能性もゼロではない」点です。 今後の発展が期待されている仮想通貨市場ですが、一方で、再び不安定になる可能性も全くないわけではありません。そのため、常に仮想通貨を取り巻くニュースにはアンテナを張り、仮想通貨業界の動向をチェックすることが大切です。 仮想通貨取引をするにあたっては市場動向をチェック 仮想通貨市場はこれまで、暴落と下落を繰り返して着実に成長してきました。 特に2018年初めの価格上昇をピークに、仮想通貨の価格は全体的に下落し、2019年に入って再び落ち着いてきています。仮想通貨は値動きの非常に激しいものといえますが、今後も市場が拡大するという見方も多くあります。 また、仮想通貨は多くの種類がありますが、それぞれ強みとする領域が異なり、そのうちのいくつかは今後の実用化や発展が期待されています。 これから仮想通貨取引を始めてみたいと思っている人も、すでに仮想通貨を持っている人も、定期的に仮想通貨市場の動向をチェックしつつ、取引を行われるのが良いでしょう。

2017年のビットコイン(BTC)価格の高騰をきっかけに、日本で仮想通貨の知名度が高まりました。 しかしながら、2018年には仮想通貨業界でマイナスなニュースなどもあり、世界中で仮想通貨の取引所に対する盗難事件などが発生したことで、仮想通貨に対するマイナスなイメージが世間で広がりました。 インターネットを介して取引する仮想通貨は、ハッキングによる盗難被害に遭いやすく、その管理には十分注意しなければいけません。そこでこの記事では仮想通貨の盗難被害や、盗難されないための対策などについてご紹介します。 仮想通貨の盗難被害とは 仮想通貨の盗難には、例えば以下のようなパターンがあります。 ウォレットの盗難被害 まず、自分自身の仮想通貨のウォレット(財布)が盗難被害に遭ってしまう事です。 仮想通貨に関する詐欺サイトなどにアクセスしてしまった結果、仮想通貨を保管していたウォレットやPCにウイルスが入り込んでしまい、ハッキング被害に遭ってしまうというケースがあります。 仮想通貨の取引所のハッキング被害 次に、仮想通貨の取引所がハッキング被害に遭ってしまうケースです。仮想通貨の取引所には多くの人が仮想通貨を預けています。 その仮想通貨の取引所がハッキング被害に遭ってしまうと、その仮想通貨取引所を利用しているユーザーの資産が失われてしまう可能性があります。 そのため、仮想通貨の取引所はセキュリティに関して問われることが多くなっており、しっかりとしたセキュリティ対策をしている仮想通貨の取引所が好んで利用されています。 仮想通貨の取引所を選ぶ際には 仮想通貨の取引所を選ぶ際には、安全性を求めるユーザーが増えてきているようです。 これから仮想通貨取引を始める人は、自分の資産が盗難被害に合わないためにも、セキュリティ対策に力を入れている仮想通貨の取引所を選ぶと良いでしょう。 しかし、どんなに仮想通貨の取引所がセキュリティ対策をしていても、預けた資産が絶対に安全であるとは言えません。インターネットで管理する以上、インターネットでのトラブルと隣り合わせの状態であることを意識して、仮想通貨投資を行なっていきましょう。 仮想通貨が盗難される原因 仮想通貨が盗難被害に遭うことが多いのには理由があります。 まずは、仮想通貨がインターネット上の通貨であることです。インターネット上で取引を行うということは、いわば誰からでもアクセスが可能ということです。 インターネット上で活躍しているハッカーからすれば格好の的となってしまいます。インターネットは常に情報が取られてしまう危険と隣り合わせであるため、しっかりとしたセキュリティ対策を行う必要があります。 「仮想通貨の取引所に資産を預けたから安心」と気を抜くのではなく、自分で自分の資産を守る方法を身につけておかなければいけません。仮想通貨が盗難される一番の原因は、そのようなことを知らない人が多いことです。 仮想通貨投資を行う際にはセキュリティの知識を身に着ける 仮想通貨投資を始めて間もない初心者の方は、特にセキュリティに関する知識を身につけておく必要があります。 投資に関する有益な情報ばかりを求めて、自分の資産を守ることに関しての知識が一切ない投資家もいますが、まずは自分の資産を守る術を覚えましょう。仮想通貨業界はまだまだ未熟な業界で、そこまで投資家保護の環境が整っていないことも事実です。 そのため、ハッキングなど悪いことを考えている人にとっても、比較的自由に動くことができます。このような理由から、近年では仮想通貨に関して詐欺行為を行う人が増えており、知識をそこまで持っていない仮想通貨初心者の方が詐欺の対象として狙われています。 個人ができる仮想通貨の盗難対策方法 仮想通貨投資を行っていく上でのリスクをしっかりと理解した上で、仮想通貨の盗難対策を行うようにしましょう。 資産の分散管理 まず、仮想通貨投資を行っていく上で重要になってくるのは、分散管理を行うことです。 仮想通貨を管理する場所をウォレットと言い、ウォレットはいくつも持つことができます。一つのウォレットで仮想通貨を管理することもできますが、複数のウォレットを利用することでリスクを分散させることができます。 一つのウォレットで仮想通貨を管理していると、そのウォレットがハッキング被害に遭ってしまった場合、全ての資産が盗難被害に遭う事になります。しかし、複数のウォレットで仮想通貨を管理していた場合、一つの仮想通貨ウォレットがハッキング被害に遭ったとしても、他のウォレットで管理している資産は無事です。 ハードウェアウォレットの利用 また、仮想通貨のウォレットにもいくつか種類があります。その中でもハードウェアウォレットというウォレットは、セキュリティが高くなっています。 ハードウェアウォレットとは、仮想通貨をインターネットから切り離して管理することができるデバイス型のウォレットとなっており、ハッキングなどのリスクを最小限に抑えることができます。 ハードウェアウォレットは、オフラインの状態で手に持って運ぶこともできるため、実体のない仮想通貨を財布感覚で管理することができるウォレットとなっています。 仮想通貨のウォレットはハードウェアウォレット以外にもさまざま 仮想通貨のウォレットに関しては、ハードウェアウォレット以外にもたくさんのウォレットがあります。 自身のパソコン上で管理するデスクトップウォレットや、携帯上で管理するモバイルウォレット、他には紙媒体にQRコードを印刷してそこから仮想通貨のデータをダウンロードするというペーパーウォレットなどもあります。 たくさんの種類があるウォレットですが、安全性が高いのはハードウェアウォレットでしょう。しかし、設定作業やそもそも持ち運びが不便という方もいると思います。 そのため、それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で自分に合ったウォレットを使うようにしましょう。 仮想通貨の怪しい投資案件には参加しない 最後に、怪しい投資案件には食いつかないことです。 仮想通貨はまだまだ新しい金融商品で、法規制や投資家保護環境もまだ完璧とは言い難い状況です。そのため、仮想通貨詐欺で一儲けをしようと考える人も少なくはありません。 基本的に金融庁登録済の仮想通貨の取引所を通した取引以外はしない方が良いでしょう。もし、新しい仮想通貨の投資話がきた場合は、その仮想通貨が金融庁からの認可の降りているものなのかということを確認しましょう。 現在、日本国内では仮想通貨に関する監視の目が強まってきており、金融庁から認められていないと、新しい仮想通貨は日本国内での取り扱いが難しくなっています。仮想通貨取引所についても同様のことが言えるため、しっかりと国の認可がおりているのかを確認することは重要です。 自分の仮想通貨の資産は自分で守る意識を しっかりと情報収集し、十分に確認をした上で、投資のリスクも考慮しながら投資活動を行なっていくと良いでしょう。 仮想通貨を管理する上では、分散して管理するという点やインターネットから切り離して管理するという点が重要になってきます。仮想通貨の盗難対策をしっかりと行なって、自分の資産を自分で守れるように知識をつけておきましょう。

2017年、仮想通貨ブームの火付け役となったビットコイン(BTC)は、これからも投資面で期待できる通貨であるといえるのでしょうか。 ビットコイン以外の仮想通貨を、アルトコインと言います。このような切り分けがされているのは、仮想通貨の中でもビットコインがいち早く運用が開始され、ユーザーが増える中で価格上昇を経験し、有名になったことが一つの理由として挙げられます。 こちらの記事では、仮想通貨の基礎知識から、仮想通貨の中でビットコインはどのような立ち位置にあるのか、これまでの価格推移の歴史などをわかりやすく解説します。 そもそも仮想通貨とは何か? 仮想通貨と聞くと、「仮想という名前がついているくらいだから、実体としてのお金ではないんでしょ?」といったように理解している方も、いらっしゃるかもしれません。 実際に仮想通貨の仕組みや、法定通貨との違いを正確に把握している人は少ないでしょう。仮想通貨は、実体を伴わないインターネット上の通貨のことです。 法定通貨は特定の国の政府が発行しますが、仮想通貨はオープンソースでの開発を通じて、誰でも作ることができます。また、国の中央銀行が一括して管理する法定通貨に対して、ビットコインなどの仮想通貨は世界中で分散管理されています。 P2Pネットワークと呼ばれるシステムで、利用者同士が相互に管理しあっているのです。国や企業が通貨の価値を決めるものではないため、権威や権力に縛られにくい自由度の高い通貨であるともいえます。 その結果、異なる国の間で通貨のやりとりをするにしても両替の必要がありません。実際にビットコインを持っていれば、海外に行っても両替をすることなく使うことができたりもします。 詳しくはこちら:仮想通貨とは何か?初心者にもわかりやすく解説 仮想通貨の種類は1,000種類以上存在 現在、仮想通貨には1,000を超える種類があるといわれています。この記事では代表的な仮想通貨であり、有名なものをいくつかご紹介します。 ビットコイン(BTC) ビットコインは世界初の仮想通貨で、2017年に価格が急騰したことで、日本でも広く知られるきっかけとなった仮想通貨です。 2008年の誕生から上昇と下降を繰り返しながら、急激に価格を上げてきました。代表的な仮想通貨として、今後の動向が注目されている通貨でもあります。 詳しくはこちら:ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説 イーサリアム(ETH) イーサリアムは、代表的なアルトコインの一つです。 イーサリアムの大きな特徴は、スマートコントラクトと呼ばれる、取引と契約を一緒に記録できる技術を持っていることです。また、イーサリアムのプラットフォームは、他の通貨やトークン、アプリなど、さまざまなものに応用されています。 2015年のイーサリアム価格は「1ETH=30円程度」でしたが、2018年1月には一時約16万円にまで上昇しました。また、スマートコントラクトに注目している企業も多数あることから、すでに一部ではイーサリアムを用いた実証実験も行われています。 詳しくはこちら:イーサリアム(Ethereum/ETH)とは何か? リップル(XRP) リップルも代表的なアルトコインの一つです。 リップルの通貨単位はXRPで、XRPは他の仮想通貨や法定通貨と交換できるブリッジ機能を持っています。決済や取引の際の処理速度が早く、送金手数料が安いという特徴を活かして、異なる通貨間の取引や両替のハブ的な役割を果たしています。 リップルは2004年に考案されたあと、2017年頃までは1XRPは殆ど1円以下でしたが、2018年1月には400円程度にまで上昇しました。2019年に入って価格は落ち着きましたが、国内外の主要な銀行や金融機関との提携を進めていることからも、今後の実用化に対しては引き続き高い期待が持たれています。 詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)とは?特徴をわかりやすく解説 ビットコイン(BTC)の歴史 数多くの仮想通貨が存在する中で、ビットコインはどのような歴史や特徴を持つのでしょうか。 ビットコインは2008年にサトシ・ナカモトと名乗る匿名の人物が、インターネット上に発表した論文から開発がスタートした通貨です。 2012年の後半から価格の上昇が顕著になり、2017年には1BTC=200万円以上の値をつけるなど、過去最高値を記録しました。ビットコインが最初に商品と交換された取引は2010年で、内容はピザ2枚とビットコイン1万枚でした。 その当時、ビットコインには殆ど価値がありませんでした。仮に交換相手のピザ屋さんが1万枚のビットコインをそのまま持っていれば、ピーク時には200億円以上の資産を築けたことになります。 ビットコイン(BTC)の特徴 ビットコインは決済システムの機能を持つ仮想通貨でもあります。 2017年に大きく高騰して度々ニュースにも取り上げられたため、仮想通貨の中では知名度が高い通貨であるといえるでしょう。国内外の仮想通貨の取引所のほぼすべてで取扱いがあることから、手に入れやすい仮想通貨でもあります。 ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら ビットコインは、利用できる店舗やサービスも拡大傾向にあるため、実用性の面でも期待されています。また、資産の分散投資先としても活用されつつあります。 ただし、そのような特徴がある一方、価格変動が大きいことについては念頭に置いておかなくてはなりません。価格暴落のリスクや、ハッキングのリスク等へは注意が必要です。 ビットコイン(BTC)の価格変動 ビットコインがリリースされてから現在まで、どのような価格の変動があったのでしょうか。年ごとに価格の動向を追っていきましょう。 2008年〜2012年 2008年に誕生し、翌年2009年に初めて法定通貨との取引が行われた際のビットコインの価格は、1BTCあたり約0.07円程度でした。 2012年後半から価格が急に上昇し始め、2012年1月に1BTCあたり400円台だったビットコインは、12月には1,000円以上にまで高騰しました。価格上昇の背景には、中国人民元の大量発行に関する資本規制があるといわれています。 また、2012年11月はビットコインの新規発行数の半減期に当たったことも、価格が上昇した要因の1つと見られています。 2013年 2013年、ビットコインは大きく価格が上昇しました。1月に1BTC=約2,000円だった価格が、その年の12月には一時1BTCが約12万円以上にまで上昇しています。 価格急騰の背景には、キプロスの金融危機による銀行閉鎖と資金凍結などがありました。また、アメリカではこの年に世界最初のビットコインATMが設置されて注目を集め、中国では大手検索サイトの百度(バイドゥ)がビットコイン決済を採用したことで話題になりました。 このような背景もあってか、主に中国マネーがビットコインへ流入することになり、結果としてビットコインの価格も上昇したと言われています。 2014年 2014年はビットコインにまつわる大事件が起こりました。 世界で有数の取引量を誇る仮想通貨取引所のマウント・ゴックスがハッキングされ、大量のビットコインと現金が盗難されたのです。この事件をきっかけに、ビットコインの価格は1BTCあたり約9万円台から1万円台まで、急激に値下がりしています。 しかし、その後アメリカではDellやマイクロソフトなどの大手IT企業がビットコインによる決済方法を導入し、同年12月には4万円前後まで回復しました。 2015年 前年に価格が急落し、回復を見せたビットコインですが2015年は再び試練が襲いました。 マウント・ゴックス閉鎖後に、ユーザーを取り込んでいたBitstamp(ビットスタンプ)がハッキングされたのです。相次ぐハッキング事件の発生を受けて、同年6月にアメリカのニューヨーク州がビットコインを取り扱う事業者を免許制とする「Bit License(ビットライセンス)」を導入しました。 続いて、同年10月に欧州司法裁判所で、ビットコインの取引は付加価値税であるVATの課税対象外であるという見方が示されます。これにより、ビットコインは正式に支払い手段として認められ、税金の問題がクリアになりました。 このようなニュースにビットコイン市場が反応して、1BTC=約5万円まで上昇しました。 2016年 2016年には日本でもビットコインの動きが活発になり始めました。 仮想通貨やブロックチェーンに関する実証実験を行う大手金融機関や、大手企業が現れはじめます。2016年7月には、ビットコインは2回目の半減期を迎えて新規発行量が少なくなったため、価格が上昇しました。 しかし、8月には香港で有名な仮想通貨の取引所Bitfinex(ビットフィネックス)が、およそ12万BTCの盗難被害に遭います。価格は一時的に下落しますが、その後に持ち直して1月には1BTCあたり4万円台から、12月には約11万円程度にまで上昇しました。 2017年 2017年は、仮想通貨やビットコインが一般の人にも広く知られるようになった年です。 その年のはじめ1月には1BTC=約10万円だった価格が、年末には国内市場最高価格の235万円以上を一時記録します。 2017年の4月には、仮想通貨を日本で初めて法律に明記した「改正資金決済法等」が施行されました。この改正法が制定された目的は、投資家保護やマネーロンダリングなどの犯罪防止のためで、これまで法の規定がなかった仮想通貨の取引所に対して登録制を導入することでした。 同年8月にはビットコインの開発者とマイナーが対立し、ビットコインから分岐したビットコインキャッシュが誕生します。価格の急落が懸念されましたが、この件については杞憂に終わりました。 詳しくはこちら:ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)とは?特徴やビットコイン(BTC)との違いを徹底解説 2018年以降 その後、2018年になってビットコイン価格はじわじわと下降したものの、2019年に入って再び価格が上昇しました。 2019年1月は30万円台だったビットコイン価格は、半年後の5月末には90万円にまで上昇し、再び市場から投資対象として注目され始めています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨取引を始めるには ビットコインなどの仮想通貨の取引は、仮想通貨の取引所で口座開設の手続きをすればすぐにでも始めることができます。 2014年に仮想通貨取引所の運営を開始し、2018年4月にマネックスグループ入りした国内大手取引所のCoincheckは、アプリの使いやすさに定評のある取引所です。投資の初心者でも使いやすいサービスとなっており、取り扱いの仮想通貨の種類が多いのも特徴です。 Coincheckの口座開設は、ステップも簡単です。公式サイトかスマホアプリから、手続きを行うことができます。 Coincheckで口座開設 まず、Coincheckのアカウント登録を行います。 アカウント登録をするためには、メールアドレスとパスワードが必要です。Facebookのアカウントを持っている人は、登録ボタンを押すだけで申請が可能です。 メールアドレスでアカウント登録する人は、公式サイトからメールアドレスとパスワードを登録し、画面内の「アカウント作成」ボタンを押してください。登録したメールアドレスに送られたメールのリンクをクリックすると、アカウントの登録作業が完了します。 Coincheckの口座開設はこちら SMS認証 アカウントを登録したら、SMS認証を行いましょう。ログインすると表示される、緑色の「本人確認書類を提出する」をタップします。 続いて、携帯電話の番号を入力して「SMSを送信する」のボタンを押しましょう。すると入力した電話番号にSMSが届きますので、記載された6桁の認証コードを、アカウントの「送信された認証コード」欄に入力します。 本人確認書類のアップロード 本人確認手続きの仕上げに、本人確認書類の画像をアップロードします。名前、性別、生年月日、住所などの基本情報を登録し、その後本人確認書類をアップロードします。 その際に、提出書類と本人が一緒に写っている「IDセルフィー」のアップロードも求められますので、合わせて提出しましょう。ここまでの手続きが完了すると、本人確認が完了したことを知らせるメールと、住所確認のためのハガキが登録住所に郵送されます。 後日ハガキを受け取れば、Coincheckのすべての機能を利用できるようになります。 Coincheckの口座開設方法と手順の詳細はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨購入の手順 Coincheckで口座開設が完了したら、いよいよビットコインを購入してみましょう。 まずはCoincheckのアプリをダウンロードして、アプリを立ち上げます。その後、タブから「入出金」を選び「銀行口座から入金」をタップします。 そちらから、Coincheck指定の口座に日本円を入金してください。入金が確認できたら、トップ画面から「ビットコイン(BTC)」を選択して「購入」ボタンをタップします。 購入金額を入力し、購入したい仮想通貨の種類と数量に間違いがないことを確認して「JPYでBTCを購入」ボタンを押します。こちらで購入が完了します。 引き続き将来性の期待されるビットコイン(Bitcoin/BTC) 仮想通貨の市場は、まだまだ成長過程です。未熟であるともいえますが、これから参入すれば大きな利益を挙げられる可能性もあるといえるでしょう。 Coincheckでは500円から仮想通貨の取引を行うことができますので、投資の初心者であっても少額から始めることができます。ビットコインなどの仮想通貨の取引に関心を持った方は、まずはCoincheckに口座開設を行うところから始めてみてはいかがでしょうか。

2019-07-11ネム(XEM)

ネム(XEM)を購入する場合、一般的には購入時の価格に数量を掛けた対価だけでなく、手数料がかかります。 購入する場合は、できるだけ手数料を抑えて手に入れることがポイントです。安く手に入れることができれば、利益を出しやすくなるからです。 ネム(XEM)の取引を行う人は、手数料を安く抑えたいと考えるでしょう。手数料を抑えるためには、購入時などにかかる手数料の種類を理解しておくことが必要です。 そこで、ネム(XEM)を購入する方法や購入以外の取引手数料などについて解説します。 仮想通貨ネム(NEM/XEM)の取引の手数料の種類 ネム(XEM)の取引には、売買や送金などさまざまな種類があります。代表的な取引は売買取引です。 1. 売買手数料 一般的には、ネム(XEM)を売買するときに手数料がかかります。 購入や売却を行う場合は、どの程度の手数料がかかるのかを理解しておくことが重要です。手数料は、仮想通貨交換業者ごとに異なるため、自分が口座を開設している業者が提示している手数料をあらかじめ確認しておくと良いでしょう。 日本の金融庁登録済の仮想通貨交換業者の1つであるCoincheckでネム(XEM)を売買する場合は、販売所を利用します。販売所とは、仮想通貨交換業者を相手に売買を行う場所のことで、売買価格はCoincheckによって提示されます。 2. 日本円の入金手数料 ネム(XEM)の購入を行うためには、まず、仮想通貨の取引所で開設した口座に日本円を入金する必要があります。ネム(XEM)の購入対価は、基本的には日本円で支払うことになるためです。 Coincheckで銀行振込による入金を行う場合、入金手数料は無料となっています。ただし、銀行に支払う振込手数料は入金する人の負担です。 振込を行ったタイミングによっては、銀行振込を行ってからCoincheckの口座に残高が反映されるまでにタイムラグが発生します。購入する場合は、早めに振込処理をしておくことがポイントです。 また、コンビニ入金やクイック入金という入金方法もあります。これらの方法で入金を行う場合は、入金金額によって手数料が異なります。 3万円未満の場合は756円、3万円以上30万円以下の場合は1000円となっています。さらに、クイック入金については、50万円以上の場合、「入金額×0.108%+486円」の手数料負担が必要です。 詳しくはこちら:ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法について 3. スワップ手数料 ネム(XEM)のレバレッジ取引を行う場合は、スワップ手数料がかかります。 レバレッジ取引とは、自己資金を担保として仮想通貨の取引所に預け、その何倍もの金額の取引ができる売買手法です。小さな力で大きなものを動かせる「てこの原理」のことを、レバレッジといいます。 少額の資金で大きな金額の取引ができるため、このタイプの取引手法はレバレッジ取引と呼ばれているのです。レバレッジ取引を行う場合、取引に使用する金額は仮想通貨の取引所から借りることになります。 スワップ手数料とは、借入金利に相当する手数料のことです。一般的には、取引金額に応じて毎日手数料負担が発生します。 レバレッジ取引のスワップ手数料は、仮想通貨の取引所ごとに異なるため、自分が取引している取引所のスワップ手数料がいくらなのかは、取引を始める前に確認しておく必要があるでしょう。 ※現在、Coincheckではレバレッジ取引は一時停止中です。 4. 日本円の出金手数料 ネム(XEM)の取引を行った結果、日本円を口座から出金することもあります。 ネム(XEM)を売却して日本円に換金したあとで投資資金を回収する場合は、出金処理が必要です。出金処理を行うことで、取引所の口座から自分の銀行口座に日本円を移動できます。 出金することによって、売却によって得た利益を確定することが可能です。この場合も、手数料負担が必要になります。 Coincheckの口座から出金する場合の手数料は、金額に関わらず一律400円です。少額の出金を何度も行っていると、手数料負担がかさんでしまいます。 そのため、出金を行う場合は、ある程度まとまった金額で行うことが、手数料を抑えるコツです。また、売却益によって増えた日本円を、自分の銀行口座に出金することが最善の方法かどうかの判断も大切になります。 増加した資金で再度ネム(XEM)を購入する予定がある場合は、出金せずに取引所に置いておくことも選択肢の1つです。 5. 仮想通貨の送金手数料 ネム(XEM)を購入したら、送金することも可能です。 例えば、仮想通貨の取引所の口座から、自分のウォレットに送金することで、資産を分散管理することができます。ウォレットとは、仮想通貨用の電子財布のことです。 パソコンに保管するデスクトップウォレットや、USB状のデバイスに保管するハードウェアウォレットなど、ウォレットには複数のタイプがあります。また、別の人にネム(XEM)を送りたい場合も、送金処理を行うことになります。 送金を行う場合も、手数料負担が生じることに注意が必要です。送金手数料も、取引所ごとに設定が異なります。 Coincheckでネム(XEM)を送金する場合、0.5XEM(ゼム)の手数料負担が必要です。XEMは、ネム(XEM)の通貨単位を表します。 日本円でいくらになるかを知りたい場合は、ネム(XEM)の価格を掛けることでわかります。ただし、Coincheckを利用している別のユーザーの口座宛てに送金を行う場合は、手数料は無料です。 ネム(NEM/XEM)のハーベストを行う場合の手数料 ネム(XEM)のハーベストを行う場合も、手数料がかかります。 ハーベストとは、ネム(XEM)の取引検証行為のことです。一定量のネム(XEM)を保有したうえで、一定以上の取引を行うことによって、ハーベストに参加する権利が得られます。 ハーベストを行うと、報酬としてネム(XEM)を受けとることが可能です。ネム(XEM)は、販売所などで購入するだけでなく、ハーベストでも取得できます。 ネム(XEM)のハーベストを行うことによってかかる手数料は、6XEMです。この手数料は、ハーベストに必要となるNanoWalletと呼ばれるウォレットを有効化するために必要になります。 ただし、ハーベストに参加するためには、手数料負担だけでなくネム(XEM)を1万XEM以上保有しているなどの条件を満たすことが必要です。ハーベストは、ネム(XEM)の保有量が増えてから検討しましょう。 詳しくはこちら:ネム(XEM)のハーベストとは?方法やマイニングとの違いを解説 ビットコイン(BTC)とは異なる性質を持つネム(NEM/XEM)の特徴 ネム(XEM)は、仮想通貨の代表格であるビットコイン(BTC)とは異なる性質を持っている通貨です。 ネム(XEM)に興味がある人は、すぐに取引してみたいと考えるかもしれませんが、取引を始める前には、ネム(XEM)に関する基本的な知識を理解しておくことも大切です。 詳しくはこちら:仮想通貨ネム(XEM)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 また、ビットコイン(BTC)と比較して違いを理解することで、よりネム(XEM)について詳しく知ることもできるでしょう。 詳しくはこちら:ネム(XEM)とビットコイン(BTC)の違いや比較した時の特徴 手数料から見るネム(NEM/XEM)取引のポイント ネム(XEM)の各取引には、それぞれ異なる体系の手数料がかかります。 1回の手数料は、日本円に換算すると数百円程度でとどまることが多いため、それほど負担には感じないでしょう。しかし、1回あたりで設定されている手数料がかかる取引の場合は、少額取引を何度も繰り返していると、手数料負担は重くなっていきます。 手数料の増加は、売買などで得た利益を減らしてしまう可能性があります。そのため日本円の入金や出金は、ある程度まとまった金額で行うことがポイントです。 また、計画的に取引を行うことも大切になります。手数料負担が重くなりすぎないように工夫して、ネム(XEM)の取引を継続していきましょう。

「レバレッジ取引」は、仮想通貨取引にも使われている投資手法のひとつで、手持ち資金の数倍もの取引ができます。ビットコイン(BTC)を例にして、レバレッジ取引について解説していきます。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)は仮想通貨で知名度No.1 仮想通貨といえば、ビットコイン(BTC)の名前を挙げる人は多いのではないでしょうか。 それほどビットコイン(BTC)は知名度が高く、流通量も多い仮想通貨なのです。また、仮想通貨の中で、時価総額が最も高いのもビットコイン(BTC)です。 仮想通貨の市場が大きくなればなるほど、ビットコイン(BTC)の値段も上がっていくと期待されていることもあってか、数ある仮想通貨の中でも時価総額1位を維持しています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)でレバレッジ取引を行うとは? レバレッジ取引とは、「小さな資金で大きな取引を行えるしくみ」です。 ビットコイン(BTC)も多くの仮想通貨の取引所でレバレッジ取引を行うことができます。元々、レバレッジという言葉は、「テコの原理」という意味です。 テコを使うと、小さな力で重い物を持ち上げたり、強い力でものをつかんだりできます。仮想通貨の通常の取引である「現物取引」では、手持ち資金の分までしか通貨を取引できません。 しかし、レバレッジ取引を使うと、手持ち資金の数倍もの取引を行うことができます。例えば「レバレッジ2倍」なら、10万円の手持ち資金で20万円までの取引が可能になるのです。 「証拠金」と「建玉」で成り立つレバレッジ取引 手持ち資金の数倍という大きな取引ができるレバレッジ取引のしくみは、「証拠金」と「建玉(たてぎょく)」にあります。 レバレッジ取引を始めるときは、まず基本的には仮想通貨の取引所に証拠金を預けます。仮にレート5倍の取引所に10万円を預けたとしましょう。 すると、取引所は証拠金を担保に、40万円を貸し付けます。これで、証拠金の5倍となる、50万円までの取引ができるのです。 ただし、この40万円は、実際にお金を貸すわけではなく、「貸したと仮定する」だけです。ですから、利子はかかりません。また、取引にしても、実際に仮想通貨の現物を売買するわけではなく、建玉をやりとりするだけです。 建玉とは、「ある通貨を期日までにどれだけ売買する」という、約束と考えるといいでしょう。ですから、レバレッジ取引でビットコイン(BTC)を10万円買ったとしても、それは「買うことを約束した」にすぎず、10万円分のビットコイン(BTC)が手元に入ってくるわけではありません。 仮想通貨の取引所にロスカットされることもある レバレッジ取引では現物は動きませんが、その資金を仮想通貨の取引所から借り入れています。もちろん、レバレッジ取引で損失を出してしまうことも考えられます。 なお、預けた証拠金額に迫るほど損害が拡大してしまったときのために、多くの仮想通貨の取引所では「強制ロスカット」を導入しています。強制ロスカットとは、損失を早めに確定させて、強制的に決済するしくみのことです。 もちろん、価格が大きく動いた場合には、証拠金以上の損失が発生する可能性がありますので、資金はある程度余裕を持っておきましょう。 一般的に、強制ロスカットが発動されるタイミングは、「証拠金維持率」という数値を基準にしています。例えば、証拠金維持率が100%以下になるとメールによって警告が送られ、50%を下回ると強制ロスカットとなったりします。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のレバレッジ取引のメリットについて レバレッジ取引にはいくつかのメリットがあります。それぞれ、簡単にご説明します。 1. 短期間で大きな利益を狙える ビットコイン(BTC)の取引によって大きな利益をつかむには、タイミングを逃さず、しかも大きな資金を投下しなくてはなりません。 元手の資金を簡単に増やすことはできませんが、レバレッジ取引を利用すれば、「ここぞ」という絶好の機会に、大きな利益を生み出すことができる可能性があります。 2. 小さな資金でも高い利益率を出せる 少ない資金でも大きな取引ができるため、利益率を上げられることもレバレッジ取引のメリットです。 ビットコイン(BTC)の取引に使えるお金があまり多くなくても、レバレッジ取引をうまく使えば、資金の少なさをカバーして十分な利益を上げることができる可能性がありマス。 3. 値下がりしても利益を出せる レバレッジ取引は、現物ではなく建玉を使った取引です。 そのため、ビットコイン(BTC)を持っていなくても、「ビットコイン1.5BTC売り」という建玉を立てることができます。これによって、値下がり局面でもプラスを出すことができるのです。 例えば、1BTC=50万円のとき、「この後、大きく値が下がりそうだ」という読みがあれば、そこで「ビットコイン1BTC売り」と注文を入れます。そして、読みどおりに値が下がり、1BTC=45万円となったところで「ビットコイン1BTC買い」の注文を入れ、取引を終了します。 ビットコイン(BTC)そのものは大きく値を下げたのですが、50万円で売ったものを45万円で買い戻したことで、50,000円の利益を出すことができるのです。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のレバレッジ取引のデメリットについて レバレッジ取引にはメリットもありますが、デメリットもあります。 1. 損失も大きくなりがち レバレッジ取引では、利益と同じく、損失も大きくなりがちです。 場合によっては、預けた証拠金を大きく削り、さらにそれ以上に損失が膨らむこともあります。そうした事態を避けるためにロスカットのしくみがあるのですが、やはり大事なのはあなた自身の判断です。 「損失がさらに膨らみそうだ」と見たならば、早めに損切りしてしまうことも大切です。また、レバレッジ取引は投資の初心者にはハードルの高い取引です。 2. 初心者にはハードルが高い また、レバレッジ取引を成功させるには、基本的にはチャート分析やファンダメンタル分析などを駆使して取引を行う必要があります。 様々な投資の知識や経験が必要になりますので、初心者にはハードルが高い取引の方法です。そのため、これから仮想通貨の取引を始めようという初心者の方は、まずは通常の現物取引に慣れてからレバレッジ取引に取り組まれる方が良いでしょう。 Coincheckでビットコイン(Bitcoin/BTC)のレバレッジ取引を行う Coincheckで口座開設が完了すれば、レバレッジ取引や貸仮想通貨サービスなど、Coincheckのすべての機能を使うことができるようになります。 ※現在、Coincheckのレバレッジ取引は一時停止中です。 レバレッジ取引を始める前には、きちんとメリットとデメリットを理解し、必ず余剰資金で行うようにしましょう。また、仮想通貨の初心者の場合は、まずは通常の現物取引に慣れてから、レバレッジ取引に挑戦されるのが良いでしょう。

2019-06-04ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、ビットコイン(BTC)をはじめとする多くの仮想通貨で採用されている情報を記録・管理するための技術です。ブロックチェーンは、仮想通貨の枠を超えて、さまざまな取引を自動化・効率化するなど、多くの可能性を秘めています。 ここでは、ブロックチェーンの基礎知識とメリット・デメリット、その可能性について解説します。 ブロックチェーンは「分散型台帳技術」 ブロックチェーンは情報を記録・管理するための技術です。ひとまとまりの情報をまとめ、それを次から次へと鎖のようにつないでいく構造を持つことから、ブロックチェーンと呼ばれます。 日本語では「分散型台帳技術」ともいわれます。分散型台帳技術を解説すると、「台帳」はお金のやりとりを記録したもので、「分散」は文字どおりあちこちに分けて保管しておくことを指します。 台帳の全部、あるいは一部を、仮想通貨を取り扱う参加者全員が共有し、保存・管理しているのです。これが分散型台帳であり、つまりブロックチェーンは、誰が、いつ、どのような情報を台帳に書き込んだのかを明確にして共有し、偽造できないような形で保存・管理する技術というしくみになります。 多数の「ノード」が実現する、分散管理 ブロックチェーンを成り立たせるために必要なのが、「ノード」です。 ノードとは「結び目」のことです。例えば、ビットコイン(BTC)の取引を行うときは、ビットコイン(BTC)のネットワークに接続する必要があります。 パソコンやスマートフォンを使ってブロックチェーンに記録されている情報を読み取ったり、新たに情報を書き込んだりします。この、「ビットコイン(BTC)のネットワークに接続したコンピュータ端末」をノードと呼ぶのです。 ビットコイン(BTC)の取引では、ノードそれぞれが対等に通信することで、決済のやりとりが可能となります。また、ノードはブロックチェーンに書き込まれた取引情報を共有・保存し、管理しています。 つまり、ビットコイン(BTC)の使用者全員が同時に情報の管理者となるというしくみによって、分散管理を実現しているのです。 台帳を分散させる理由とは? ブロックチェーン上で分散・保存される情報は、決して原本1つだけではなく、基本的にはすべての情報が、すべてのノードで共有されています。ノードで共有されているのには、明確な理由があります。 企業の資料室のように、すべての情報を1ヵ所に集めておく集中管理型の場合、資料室で火災が起こったら、すべての情報が灰になってしまいます。また、外部の誰かが合鍵を使って侵入する危険がありますし、台帳に書き込まれた情報を改ざんされたら、それを確認するすべがありません。 しかし、分散管理の場合、1ヵ所のデータが損傷・消失しても、別の場所に同じデータが残っていることになります。たとえ改ざんされたとしても、ほかの場所に残っている情報と突き合わせれば、その違いをすぐに発見できます。 台帳を分散してノードで管理することには、こうした理由があるのです。 取引情報が記録されるまでの流れ ブロックチェーンでは、取引が発生するとその情報が生成・検証され記録されていきます。そのプロセスを、簡単にご説明しましょう。 トランザクション:取引情報の生成 まずは、「トランザクション」と呼ばれる、取引情報を生成する作業が行われます。 例えば、AさんがBさんに1BTCを送金するというトランザクションを生成します。あらかじめ登録している秘密鍵を使って署名すると、ネットワークに接続している、ほかのノードがその内容を確認していきます。 ここで問題が見つかった場合には、そのトランザクションは廃棄され、その先の処理は行われません。 マイニング:データの検証と記録 トランザクションに問題がなければ、仮想通貨取引の参加者によって、取引データが検証されます。 そしてデータの内容や記録の手順に問題がなければ、ひとかたまりのブロックとしてブロックチェーン上に連結され、記録されます。これが「マイニング(採掘)」と呼ばれる作業で、検証する人を「マイナー(採掘者)」と呼びます。 マイナーは検証する作業の報酬として、決まった額のビットコイン(BTC)を受け取ります。そして、マイニングが完了した段階で初めて、AさんからBさんへの「1BTCの送金」が実行されます。 ビットコイン(BTC)に欠かせないブロックチェーン ビットコイン(BTC)は、初めて市場に登場した代表的な仮想通貨です。ブロックチェーンは、ビットコイン(BTC)を根本から支える、重要な技術となります。 そもそもビットコイン(BTC)は、特定の国家や金融機関に管理されず、純粋に市場論理によってその価値が変動する通貨です。それには、中央集権的な管理システムは適していません。 もちろん、ドルや円などの法定通貨にも、取引される為替市場があり、市場の反応によって価格が上下しています。しかし、その背景には、それぞれの通貨の価値を保証する国家があり、その国家の国力や景気状況、中央銀行の施策が、通貨の価格にも反映されるのが常です。 ところが、ビットコイン(BTC)は、国家や中央銀行といった管理者を持ちません。それでも通貨として成立するのは、ブロックチェーンによる分散管理のしくみがあるためです。 特定の管理者がいない代わりに、ビットコイン(BTC)に関わるすべての人々が管理する。ビットコイン(BTC)はこうしたブロックチェーンの特性があって初めて、本来の姿を保つことができるのです。 ビットコイン(BTC)におけるブロックチェーンのメリット ビットコイン(BTC)に使われているブロックチェーンには、さまざまな特徴があります。ブロックチェーンを使うことで、どのようなメリットが生まれるのでしょうか? 改ざんが非常に難しい ブロックチェーンは、ひとまとまりのデータが鎖状に連なったものですが、その連結部分には「ハッシュ値」という特殊な文字列が使われています。 ブロックの中の情報を改ざんすると、このハッシュ値がまったく違うものに書き換わってしまい、世界中のノードによって、すぐに改ざんしたことがわかります。 さらに重要なことは、「それぞれのブロックは、自分の1つ前のブロックのハッシュ値を情報として持っている」ということです。改ざんによってあるブロックのハッシュ値が変わってしまったら、次に連なるブロックにも手を入れて、書き換わったハッシュ値に合致するようにしなくてはなりません。 これは単に「文字列を打ち換える」という簡単な作業ではなく、高度な計算を繰り返し、ようやくできることです。たとえそれができたとしても、さらにその次のブロックも…と、延々と作業を続けなくてはならないのです。 それが途方もない作業だということは、理解できるでしょう。ブロックチェーンのこうした特性によって、ビットコイン(BTC)のセキュリティが保たれています。 ただし、記録を確認・検証してブロックをつないでいくマイナー(採掘者)たちが結託し、全体の過半数を占めるほどの計算能力を持ったなら、ブロックチェーンに対するさまざまな攻撃が理論上は可能です。これは「51%攻撃」と呼ばれるものですが、現実的にそれを実行することは、極めて難しいとされています。 詳しくはこちら:詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)の51%攻撃とは?仕組みや発生リスクについて解説 管理運用コストが安い すでにご説明したように、ブロックチェーンは複数のノードによって、データが保存・管理されています。 これを一元管理するとしたら、莫大なコストがかかります。サーバーだけでも相当な容量が必要ですし、その後の保守や管理費も含めたら、膨大なコストになります。 しかし、世界中のノードが分散管理すれば、そうした費用がかかりません。ビットコイン(BTC)を日常的に使っているユーザー、仮想通貨取引で利益を狙う投資家、ブロックを作りチェーンを伸ばしていくマイナーなど、ビットコイン(BTC)に関わるあらゆる人たちが、少しずつマシンパワーを提供することで、情報が保存・管理されるのです。 これは、分散管理ならではの、大きなメリットです。そのため、ビットコイン(BTC)は、送金手数料を低く抑えることができます。 特に海外送金の場合に有利に働き、ビットコイン(BTC)は金融機関よりも遥かに安い手数料での取引が可能です。 システム全体としての安定性が高い ブロックチェーンは分散管理であることで、システム全体の安定性が高いといえます。 集中管理型の場合、何らかのトラブルでメインシステムが止まってしまったら、取引全体が停止してしまいます。通常は、安全策としてサブシステムを用意しておくものですが、コストを考えればそれにも限界があります。 ところが分散管理型ならば、どこかに不具合が起こっても、全体が止まるということがありません。あるマイナーがマシントラブルを起こし、ブロックの生成がまったくできなくなったとしても、ほかのマイナーが作業すれば、次々とブロックが作られることになります。 システム全体の安定性は、取引の信頼性を大きく左右します。その意味では、世界中のノードによって支えられているブロックチェーンには、大きな安定感があるといえます。 実際に、ビットコイン(BTC)は2009年に取引が始められてから、これまで一度もシステムが停止したことはありません。 ビットコイン(BTC)におけるブロックチェーンのデメリット 数々のメリットを持つ半面、ブロックチェーンにはデメリットもあります。ビットコイン(BTC)で取引を行う人は、デメリットについても把握しておきましょう。 時間あたりの取引数が小さい ビットコイン(BTC)の場合、1つのブロックを生成するために約10分かかります。 つまり理論上では、AさんがBさんに1BTCを送金すると、その取引が承認されて実際に送金されるまで10分かかる、ということになります。また、ビットコイン(BTC)は、1つのブロックの記録容量が小さいこともあって、現状、ビットコイン(BTC)がさばけるトランザクション(取引)の数は、1秒間に7件ほどといわれています。 こうした課題を解決するため、メインのブロックチェーンから分岐する「サイドチェーン」を作ったり、ブロックチェーンの外側で取引を繰り返して最終的な結果だけをメインチェーンに記録する「オフチェーン」の手法を使ったりして、取引速度を上げる対策が進められています。 スケーラビリティ問題を抱えている ビットコイン(BTC)が登場したころ、取引量は微々たるものでした。 エンジニアたちのあいだで、半ば趣味のように、あるいは実証試験のように取引されていたのです。しかし、ビットコイン(BTC)が世間に知られるようになり、その可能性に多くの人々が注目するようになると、取引量は急速に増えていきました。 取引量が増えることで、送金に時間がかかったり、送金要求が承認されなかったり、取引手数料が高騰するといったスケーラビリティ問題が発生する可能性があります。取引の遅延が起こり、早く処理するために手数料が高額になりやすく、それを嫌って利用者が離れていくリスクもあります。 取引量が増えることへの対応は、ビットコイン(BTC)にとって大きな課題なので、さまざまな対策が打ち出され、試行錯誤が行われています。 関連法規の未整備 ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨は、まだまだ新しい技術です。 ブロックチェーンを使った多くの実験的な改良がなされ、その技術を活かした多種多様なサービスが世界中で生み出されています。そのため、法律が追い付けずに、未整備の状況が発生しやすくなります。 日本では、2017年4月1日に施行された「改正資金決済法」によって、仮想通貨として暗号資産が定義され、その後も金融庁を中心に、法整備や業界の健全性確保など、行政としての動きが続いてきました。 しかし、ブロックチェーンを利用した新たなサービス、新たなビジネスを起こしたとしても、それが法的に問題ないかどうかという懸念は、常に残ります。日本では合法だとしても、ほかの国では違法とされるケースもありえます。 ブロックチェーンの関連技術とそこから生まれるサービスの法的整備は、今や世界各国の課題にもなっています。 未来的な取引法「スマートコントラクト」 「スマートコントラクト」とは、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行するしくみのことです。 スマートコントラクトは、あらかじめ決めておいた条件が満たされたとき、取引や契約が自動的に行われるしくみです。よく使われるたとえが、自動販売機です。 あなたは自販機にコインを入れて、缶コーヒーのボタンを押します。すると、お目当ての缶コーヒーが出てきます。これは、自動販売機の内部に「代金が投入され、商品ボタンが押されたら、該当する商品を排出する」というしくみが仕込まれているからできることです。 言い方を換えると、「代金」と「商品ボタン」という条件が満たされたため、「缶コーヒーを排出する」という価値の移動が実行された、ということになります。これと同じことがブロックチェーンで実現できます。 あらかじめ取引条件や契約の内容をプログラム化しておき、ブロックチェーン上に組み込んでおくと、条件がそろった時点でプログラムが起動し、お金の移動だけでなく契約内容に従った価値の移動まで自動的に実行されます。そのため、これまでは第三者の仲介が必要だった不動産売買なども、個人間での取引が可能となると言われています。 スマートコントラクトは、すべての仮想通貨が実装している機能ではありません。よく知られたところでは、イーサリアム(ETH)がこの機能を実装しています。ブロックチェーンの可能性に注目した人々の手によって、すでにさまざまなサービスが生み出されています。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? さらに広がるブロックチェーンの可能性 ビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨にとどまらず、ブロックチェーンは多方面に応用され、多種多様なサービスを生み出しています。 その多くは、改ざんへの強さやスマートコントラクトの機能が活用されており、その広がりはとどまるところを知りません。それら、ブロックチェーンの活用例のいくつかを、分野ごとにご紹介しましょう。 金融(貯蓄、送金、証券取引、資金調達など) 仮想通貨による送金は、金融機関を介さないため手数料が非常に低く、しかも24時間機能しますから、すでに海外為替取引などに活用されています。 また、株券などの有価証券を電子データ化し、ブロックチェーンで管理すれば、高いセキュリティを維持したまま運用コストを下げることができ、取引手数料の抑制につながります。さらに、保有株数に応じて議決権を付与すれば、ブロックチェーン上で株主決議を行うことも可能となるかもしれません。 認証(本人確認、著作権管理、公証など) ブロックチェーン上に記録された個人情報のうち、必要なものだけを参照するしくみがあれば、あらゆる場面での個人認証が、身分証明書を提示することなく可能になるかもしれません。 また、楽曲や文章、写真、映像作品などの著作権も、ブロックチェーン上に記録しておくことで、その後の盗用などに対して正当な権利を主張できます。現在、同様の機能を持つものとして、公証人が発行する「確定日付」がありますが、ブロックチェーンを使えば、公証人の手を借りずに公正証書を発行することができるとも言われています。 公共サービス(各種申告、納税、投票、医療など) ブロックチェーンをベースとした行政サービスが作られれば、選挙の投票のほか、各種申告や納税を、オンラインで行うことが可能となるかもしれません。 また、血液型やアレルギー、これまでの病歴や受診記録などをブロックチェーンに保存しておき、各医療機関で共有・参照できるようにすれば、万一の事故などで緊急搬送された際にも、的確な治療をすみやかに受けることができる可能性もあるでしょう。 エンターテイメント ゲームの世界でも、ブロックチェーンが活用されています。例えば、個性的なキャラクターをペットとして育てる「CryptoKitties」というゲームでは、スマートコントラクトによる課金システムがとられており、その機能を使って育てたキャラクターの個人間での売買を実現しています。 また、各種オンラインゲームの中で使われている通貨を、別のゲーム内でも使えるような両替システムを組むこともできますし、理論上はゲーム内で稼いだ通貨をビットコイン(BTC)などの仮想通貨に、さらにはドルや円といった法定通貨に換えることも可能です。もちろん、実現するには法的な高いハードルがありますが、それができればゲームと現実の世界が、直接リンクすることにもなるでしょう。 その他(データ管理、各種登記の自動化など) ブロックチェーンの持つ耐改ざん性、安定性、信頼性、さらにスマートコントラクトによる高効率な自動契約機能は、各種のデータ管理や登記の自動化に適しています。 車の登録や土地の登記、債権の売買なども、仲介者の手を借りず、自動的かつ確実に契約が実行されることで、時間とコストの削減効果は非常に大きいといえます。 ブロックチェーンが国家を支える「電子政府エストニア」 データ改ざんに強く、運用コストが低いスマートコントラクトの機能を使えば、さまざまな契約や手続きを自動的に、人の手を介さずに確実に行えるようになります。 実際に、こうしたブロックチェーンの機能を行政サービスに転用し、大きな成果を上げている国があります。電子政府と呼ばれるほどのシステムを運用する、バルト三国の一国「エストニア」です。 エストニアが電子政府を目指した理由 エストニアは、人口130万人ほどの小さな国です。 歴史を紐解けば、神聖ローマ帝国の時代からデンマークやドイツ、スウェーデンなど、近隣諸国の支配下に置かれ、旧ソ連からの独立を果たしたのは1991年のことでした。 完全な独立を果たしたとき、エストニアの人々は「たとえ国土が他国に蹂躙されても、国家として生き残る」という道を選びました。それが、「電子政府」というコンセプトです。これならば、国土がなくなってしまっても、国家はデジタルの世界で存続できます。 ソ連の支配下にあった時代、ソ連の衛星諸国政策として、エストニアが電子産業を奨励されていたのも幸いしました。こうした下地があるため、エストニアは現在でもデジタルイノベーションが起こりやすく、スタートアップ企業数ではヨーロッパ随一。 世界中の人々とリアルタイムの会話を可能にするSkypeも、エストニア生まれです。 社会インフラを支えるブロックチェーン 電子政府を目指したエストニアが作り上げたのは、「X-Road」と呼ばれる基幹システムです。 すべての国民はIDを持ち、企業も国民も自分たちのすべての情報をX-Roadのデータベースに収めます。そして、必要な情報をアクセス権に応じて取り出し、各種契約や申請、手続きを行うというしくみになっています。 このX-Roadのデータベースには、すべての企業情報と個人情報が集まっているため、セキュリティには万全の上にも万全を期さなくてはなりません。ここで使われているのが、ブロックチェーンの技術です。 情報をブロックチェーンとして保管することで改ざんを不可能にし、より安全で信頼できるシステムを作り上げたのです。 あらゆる行政サービスをオンライン化 X-Roadによって、エストニアではあらゆる行政サービスがオンライン化され、効率化されています。 それによって、人の手を借りずに各種手続きができ、大幅な手間と時間、コストの削減が実現しています。例えば、税金の確定申告はおよそ5分で済んでしまいます。会社の登記は20分もかかりません。 パソコンの画面から作業できるため、税理士の手を借りることもありません。一説には、X-Roadによってエストニアの行政機関と国民の手間は3分の2に削減され、節約された時間は2003年から2014年までのあいだだけで見ても、延べ6000年分にも及ぶそうです。 実に大きな恩恵を、ブロックチェーンとX-Roadが与えてくれたことになります。 ブロックチェーンが生み出す新たな価値 ビットコイン(BTC)のバックボーンを支えるブロックチェーンについて、その基礎から将来性までを解説してきました。 ブロックチェーンには、メリットだけでなくデメリットもあります。しかし、ブロックチェーンをうまく活用すれば、仮想通貨取引のみならず、社会全体を支えるインフラにもなりえます。 ブロックチェーンを活用したサービスは日々生み出されて、従来の作業がより効率化され、同時に新たな価値も生み出されています。ブロックチェーンはまさに、将来を変える可能性を秘めているテクノロジーと言えるでしょう。

大きな価格上昇によって利益を得た人も多いのが、ビットコイン(BTC)です。 そんなビットコイン(BTC)ですが、実は「空売り」をすることでも利益を出す方法があるのです。価格の上昇だけでなく、下落の場面にも空売りを行うことで利益を出すことができます。 そこで今回は、ビットコイン(BTC)の空売りの仕組みや、具体的なやり方についてご紹介します。仮想通貨をまだ取引したことはない人はもちろん、空売りに興味がある人は参考にしてみてください。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の空売りとは? ビットコイン(BTC)の空売りとは、実際には持っていないビットコイン(BTC)を売ってから買い戻すことです。簡単にいうと、買いの反対をしているイメージです。 ではなぜ、「空売り」というのでしょうか。買い注文であれば即座に現物を入手できますが、売り注文といっても持ってもいないものを売ることはできません。 売り注文では、将来的に買い戻したものを売る仕組みになっており、売り注文を出した段階では現物を持っていないので「空売り」というのです。 投資においては、一般的に「安く買って高く売る」のが基本とされています。しかし、それは買い注文の場合の話で、空売りの場合には、高く売って安く買い戻すことで利益を得るのです。 つまり、下落相場でも利益を得ることができるということになります。買いのことを「ロング」というのに対して、空売りのことを「ショート」ともいうことがあります。 空売りでは、注文をしてポジションを持ち、決済して初めて取引が完了したことになります。投資家によっては、下落相場でもうまくこの空売りを利用して利益を上げている場合もあります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の空売りのメリット 空売りには以下のようなメリットがあります。 1. どんな相場でもチャンスにできる 1つ目が「どんな相場でもチャンスにできる」点です。 上昇相場では、安く買って高く売るという「買い注文」で利益を出すことができ、下落相場でも、高く売って安く買い戻すという「売り注文」で利益を出すことができます。 仮想通貨の場合、長期にわたって上昇相場や下落相場が続くことがあります。どちらか一方のみの注文方法では、なかなか参加するタイミングがつかめない場合もあります。 どのような相場でも利益を出すチャンスにできるのは、空売りの大きな魅力といえるでしょう。 2. 短期で利益を出せる可能性がある 2つ目が「短期で利益を出せる可能性がある」点です。 空売りは、基本的には短い期間での取引に適しています。長期保有を行わないため、価格変動が不安定でも、タイミングさえ見極めれば利益を上げることができます。 長期保有でなくても、短期間で利益を積み上げることができるのも利点の1つといえます。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を空売りができる条件 ビットコイン(BTC)空売りをしたいと思ったら、条件を満たしているかどうか確認する必要があります。 1. 信用取引である 1つ目が「信用取引であること」です。 空売りでは、手元にビットコイン(BTC)がない状態からスタートするため、現物取引では実行することができません。FX(外国為替証拠金取引)などのように、レバレッジをきかせた信用取引にて行う必要があります。 2. レバレッジ取引に対応している仮想通貨の取引所を利用する 2つ目が「レバレッジ取引に対応している仮想通貨の取引所を利用する」です。 ビットコイン(BTC)の空売りは、レバレッジ取引に対応している仮想通貨の取引所でなければ、取引することができません。 また、レバレッジの倍率も取引所によって異なります。レバレッジ倍率が大きいほどリスクは高くなりますが、リターンも期待ができるといえます。 ほかにも、必要になる証拠金やロスカットのタイミングなど、細かいルールが取引所によって異なりますので、事前にチェックしておきましょう。 レバレッジ取引について押さえておきたいポイント 空売りで取引する際の基本になるのが「レバレッジ」取引です。レバレッジ取引について押さえておきたいポイントがいくつかあります。 1. 証拠金を預け入れる必要がある 1つ目が「証拠金を預け入れる必要がある」点です。 空売りでは、注文を出した段階で現物の取引は行われませんが、注文するために最低証拠金額が定められています。この預け入れた証拠金をもとに、証拠金の何倍もの金額を取引することが可能なことから、証拠金は余裕を持つことが基本です。 空売り注文を出してから決済するまで、証拠金を割り込まないように注意しましょう。 2. 少ない資産で効率よく取引できる 2つ目が「少ない資産で効率よく取引できる」点です。 てこの原理のごとく、少ない証拠金でも多くの金額を取引できるので、レバレッジ取引では効率よく利益を上げることができる可能性があります。たとえば、レバレッジが5倍の設定の場合、100万円の仮想通貨を取引するために20万円の証拠金で済むことになります。 仮想通貨の価格変動は大きいといわれているので、短期間で大きな利益を上げることも珍しくありません。 3. ハイリスクハイリターンな方法である 3つ目が「ハイリスクハイリターンな方法である」点です。 レバレッジをきかせた取引は大きなリターンが狙える半面、リスクも大きくなります。思った通りに価格が変動せず、証拠金を割り込めば、強制ロスカットと呼ばれる自動決済がなされます。 また、準備した証拠金を超える損失が出る可能性もゼロではありません。リスクを頭に入れたうえで、賢く空売りを行う必要があります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の空売りの方法 空売りの方法について、国内大手の仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckを例にして、その手順を紹介します。 1. Coincheckに新規登録する まずは仮想通貨の取引所Coincheckに口座開設を行います。 まずは公式サイトから新規登録を行い、必要な情報を入力して、SMS認証を行います。その後、本人確認書類の画像とIDセルフィーを提出し、後日自宅に届くハガキを受け取ることで完了します。 Coincheckの口座開設はこちら Coincheckの口座開設方法と手順の詳細はこちら 2. 日本円を入金する 続いて、銀行振込などで仮想通貨を取引するための日本円をCoincheckに入金します。その後、レバレッジ取引を行います。 ※現在、Coincheckのレバレッジ取引は一時停止中です。 3. ビットコイン(BTC)の数を設定して、空売りする ビットコイン(BTC)の数を入力したら、いよいよ空売りの注文を出します。自身の投資スタイルや保有期間に応じて、証拠金の額や注文数を変更しましょう。 初心者はいきなり始めてしまうと、操作ミスなどで大きな損失を抱える恐れもあります。始める前に操作の仕方や手順などを十分に確認し、シミュレーションしておきましょう。 なお、国内の仮想通貨の取引所は、金融庁の決定のもとで今後、レバレッジ取引についても倍率などが規制される可能性があります。動向を見ながら参加するようにしましょう。 空売りにおける売り注文の主な種類 空売りにおける売り注文の主な種類として、株式投資などでも使われる用語が大きく2つあります。 1. 指値注文 1つ目が「指値注文」です。 指値注文とは、売り始めるビットコイン(BTC)の価格を予め設定する注文方法のことをいいます。指値注文のメリットは、自分が売りたい価格で取引できることと思わぬ損失を防ぐことができることです。 細かく価格を気にする人に向いています。一方で、デメリットはすぐに約定しないことです。指定した価格になるまで取引が開始されないので、とにかくすぐに取引したい人には向いていないといえます。 2. 成行注文 2つ目が「成行注文」です。成行注文とは、自分で価格は設定せず、その時点で最も高い買い注文との取引が成立する注文方法のことをいいます。 成行注文のメリットは、自分が売りたいときにすぐ約定することです。価格を問わず、とにかく注文を成立させたいときに向いています。 一方で、デメリットは希望する価格で約定しないことです。また、激しい相場のときには、思わぬ価格で約定してしまうこともあります。 空売りにおける注文方法には、指値注文と成行注文以外にも種類がありますが、初心者はまずはこの2つを押さえておくと良いでしょう。また、損失を最小限に抑えるためにも注文を組み合わせることも有効になるので、慣れてきたら活用するのも一つの手といえます。 Coincheckでのレバレッジ取引のやり方 Coincheckでのレバレッジ取引を例に、その手順を紹介します。 ※現在、Coincheckのレバレッジ取引は一時停止中です。 1. レバレッジ口座に資金を入れておく まずレバレッジ口座に、ビットコイン(BTC)の購入資金を入れます。 通常の取引アカウントから、レバレッジアカウントに資金を振替します。メニュータブから「振替」を選択し、移したい資金を入力してからレバレッジを指定することで完了します。 2. レバレッジ倍率と証拠金額を確認する 入金した資金は証拠金として表示されます。自分が取引したい証拠金に達しているか、レバレッジ倍率は正しいかを確認しましょう。 3. レートを入力する 自分が取引したいレートを入力します。成行注文の際にはこの作業は必要ないので、成行注文にチェックします。 4. 注文量を入力する 取引したいビットコイン(BTC)の量を入力します。 証拠金の割合でも注文することができます。このとき間違えてしまうと大きな損失につながる恐れもあるので、きちんと入力できているか確認しましょう。 5. ショートで注文を出す 空売りをする場合には「ショート」を選択してから注文を完了します。なお「ロング」を選択すると、買い注文になります。 Coincheckのトレードビューの使い方 Coincheckには、トレードビューと呼ばれる機能があります。トレードビューとは、トレードに特化した機能で、取引の中級者や上級者が多く使っている画面です。 チャートはもちろんのこと、板情報や注文履歴など、アプリに比べてより詳細な情報が表示されています。Coincheckでアカウント登録した人は、この機能を無料で使うことができます。 通常のチャートよりも取引しやすく設計されているので、取引に慣れてきたらトレードビューを活用するのも良いでしょう。特にビットコイン(BTC)のレバレッジ取引をするのであれば、トレードビューを使うのがおすすめです。 さまざまな指標と比較しながら取引することができ、パソコンからの操作になるため大きな画面で取引することができます。操作に慣れるまで時間はかかりますが、Coincheckでのレバレッジ取引に活かすことが出来るでしょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の空売りでの注意点 ビットコイン(BTC)を空売りをするときに注意したいポイントとして、以下が挙げられます。 1. 追証やロスカットが適用される 1つ目が「追証やロスカットが適用される」点です。 空売りでは、レバレッジをかけての取引が一般的のため、損失がふくらむと追加で証拠金を請求されたり、ロスカットされたりすることがあります。追証を迫られるということは、元本を割っていることを意味します。 また、追証なしでも強制ロスカットをされる場合があり、意図しない決済をする場合もあるため、利用する際には注意が必要です。 2. ポジションを持ったらなるべく目を離さない 2つ目が「ポジションを持ったらなるべく目を離さない」点です。 空売りは、少しの価格変動でも資産に影響が出る取引方法です。そのため、長い間、チャートから目を離すと思わぬ損失につながる恐れもあります。 レバレッジをかけた空売りは、基本的には短期間での売買に向いている方法なので、ポジションを持ったらくれぐれも放置しないようにしましょう。 3. ハイリスクハイリターンである 3つ目が「ハイリスクハイリターンである」点です。 仮想通貨の空売りは、価格変動が激しいためにリスクがとても高いといえます。その分、リターンも大きいといえますが、大きな損失になってしまうこともあるので、あらかじめ理解したうえで、自己責任で行うようにしましょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の空売りは余裕をもって行おう 仮想通貨の取引でも、FX(外国為替証拠金取引)などと同じように、少ない資金で効率的に取引できるレバレッジをきかせた空売りの取引ができます。 空売りを利用することで少額から取引でき、下落相場でも利益を上げることが可能です。しかし、追証やロスカットなどで元本を割るリスクもあり、空売りゆえの注意点もあります。 ハイリスクハイリターンな取引方法なので、資金には余裕を持って参加する必要があります。また、仮想通貨の初心者にはハードルの高い取引ですので、これから仮想通貨を売買しようと考えている人は、まずは通常の現物取引から始めるのが良いでしょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never