仮想通貨BATの購入方法|購入できる取引所と購入手順の基本を紹介

あなたは今、仮想通貨に興味を持ち、Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)を購入できる取引所や購入方法について知りたいと考えていませんか?

本記事では、仮想通貨BATの購入方法を知りたい方向けに、BATが購入できる取引所や仮想通貨購入の一般的な流れをご紹介します。

本記事を読めば、BATを購入をスムーズに進めることができます。

【BATとは?】
BATとは、Webブラウザ『brave』で利用される独自トークンです。
『Brave』は広告をデフォルトでブロックしますが、ユーザーが広告閲覧を選択するとBATが報酬としてもらえます。

BATと『Brave』は、現在の広告モデルの問題を一気に解決できると注目されていて、実際に『Brave』のダウンロード数は右肩上がりに増えています。

BATは、2020年3月にGMOコインに上場してから、bitFlyer、Coincheckと上場が続いています。今後、価格と知名度が上がることが期待されている注目の仮想通貨(暗号資産)です。

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社

BATが購入できる取引所

“仮想通貨”

国内大手の仮想通貨取引所・販売所であるCoincheckなら、セキュリティやサポート面など、安心してBATの取引が可能です。

Coincheckは、東証一部上場のマネックス株式会社の子会社です。国内取引所の中では取り扱い通貨数NO.1という特徴があり、BATだけでなく様々な仮想通貨の取引をすることができます。また、ユーザー数や取引量も国内トップクラスで、信頼性の高い取引所です。

提供しているアプリの使いやすさにも定評があり、国内取引所アプリでは、2019年の年間アプリダウンロード数1位を獲得しています。
※期間:2019年1月~ 12月 データ協力:App Annie

会社の信頼性、ユーザー数、取り扱い通貨数の多さなど、全体的に国内トップクラスの実力を兼ね備えており、仮想通貨初心者でも安心して利用することができます。

“仮想通貨”

一般的な口座開設から仮想通貨購入までの流れ

“仮想通貨”

仮想通貨をはじめて購入する人、久しぶりに購入するという人に向けて、口座開設から仮想通貨購入までの一般的な流れを紹介していきます。

仮想通貨購入までの簡単4ステップ

“仮想通貨”

仮想通貨の購入までは、大きく4ステップと非常に簡単ですが、もう少し詳しく解説していきます。

口座開設の流れ

①個人情報の登録
氏名や住所、電話番号やメールアドレスといった口座開設に必要な情報を登録する。
パスワードの設定やSMS認証も最初に行うことが多い。

②本人確認書類の提出
免許証やパスポートなど本人であることを確認できる書類を提出。ほとんどの国内取引所でスマホで撮影し、アップロードできるようになっている。

ここまでで、口座開設が完了します。

仮想通貨購入の流れ

③銀行から国内取引所の口座へ入金
日本円を国内取引所へ入金する。
「銀行振込」「インターネットバンキング入金」「コンビニ入金」などの方法が用意されている。国内取引所の入金画面の指示に従えば完了することがほとんど。

④仮想通貨の購入
取引所の画面に従って購入したい仮想通貨を選択、「金額指定」もしくは「数量指定」を行い確定する。

以上、仮想通貨購入までの一般的な流れを解説しました。
詳しい購入方法は、各取引所のHPで確認してみてくださいね。

CoincheckでBATを購入する方法

“仮想通貨BAT”

ここでは、Coincheckを利用してBATを購入する手順をご紹介します。
仮想通貨BATの購入は、下記の流れで行います。

①Coincheckで口座開設
②日本円を入金
③BATを購入する

アカウント登録

アカウント登録

Coincheckに口座を開くには、まずアカウント登録が必要です。

Coincheckのサイトの新規登録から、メールアドレスとパスワードを入力すると、入力したメールアドレス宛にメールが送信されます。

そのメールに記載されたリンクからサイトに再度アクセスし、メールアドレスが正しいことが確認されれば、アカウント登録が完了します。

SMS認証(電話番号登録)

SMS認証

アカウント登録の後は、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で本人確認のSMS認証を行います。

Coincheckアカウントでログインし、サイトに表示される「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押し、認証ページで携帯電話番号を入力し、「SMSを送信する」のボタンを押します。

すると、すぐ携帯電話に6桁の認証コードがSMSで届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の認証ページにある所定の欄に入力し、「認証する」のボタンを押せば、登録は完了します。

本人確認

本人確認の流れ

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

本人確認

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:[本人確認書類の撮影方法:'https://faq.coincheck.com/s/article/10185?language=ja)

Webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください

参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

日本円を入金する

日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。

銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。

金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。

アプリで購入する

コインチェックアプリ(iOS)

日本円の入金が済んだら、いよいよBATの購入に進みます。

コインチェックアプリでネムBATを購入するには、まずログインしてトップ画面から「BAT」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。

購入したいネムBATの数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでBATを購入」をタップすることでBATが購入できます。

購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。

Web画面で購入する

BAT購入

Web画面でネムBATを購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。

ウォレットページから「コイン購入」を押して、BATを選びましょう。次に、BATの購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。

手持ちのビットコインで交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。

4.BATを格納するウォレットの選び方

ウォレット

セキュリティ強化のために、購入した仮想通貨を自分のウォレットに管理している人も多いでしょう。購入したBATをどのウォレットに格納していいか悩む方も多いと思います。

BATはイーサリアムブロックチェーン上のERC-20トークンなので、ERC-20対応のウォレットを選ぶ必要があります。

代表的なのは、デスクトップウォレットである『MyEtherWallet』です。

『MyEtherWallet』は、ペーパーウォレットとして利用することも可能なセキュリティの高い商品として人気があります。

日本語対応もしていて、スマホからもアクセス可能といったメリットもあり、BAT格納のためのウォレットとしておすすめです。

また、よりセキュリティを強固にしたいのであれば、ハードウェアウォレット『Ledger Nano S』などと連携させて使うと良いでしょう。

BATの将来性についてはBraveのユーザー数の増加がポイント

BAT

「BATを購入したいけど、将来性はあるの?」「これから価格は上がるの?」と疑問に思っている人も多いでしょう。

BATの将来性を予測するためには、Webブラウザ『Brave』のダウンロード数や月間ユーザー数を見ていく必要があります。

なぜなら、BATは現在のところWebブラウザ『Brave』上で主に使われている仮想通貨だからです。

『Brave』のユーザー数が増えることで、BATが多く流通するようになり需要が増え、価格変動につながる可能性があります。

『Brave』は画期的な広告モデルが注目され、ここまで右肩上がりでユーザー数を増やしてきました。2020年時点の月間ユーザー数は約1400万人です。

しかし、今後さらにユーザー数を伸ばすには、月間ユーザー数25億人のChromeなどからシェアを奪わなければなりません。

『Brave』がどこまでユーザーやクリエイター、広告主に価値を提供できるのか、知名度をあげられるのかといったところが、BATの価格変動に大きく影響を及ぼす可能性があるでしょう。

これらのことから、BATを購入して価格の動向を伺うのであれば、『Brave』のダウンロード数や月間ユーザー数の推移を確認していくことをおすすめします。

まとめ

BAT

本記事では、BATを購入できる取引所Coincheckについてや、BATの購入方法について主に解説しました。

口座開設から購入までの流れは、下記のように進めていただければスムーズに行うことができます。

口座開設

  1. アカウント登録
  2. SMS認証
  3. 本人確認

仮想通貨BATの購入

  1. 日本円の入金
  2. アプリもしくはWebから購入

Coincheckでは、初めての方でも簡単に登録でき、難しい手続きなしに口座開設が可能です。

BAT以外にも、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの主要な仮想通貨を多数取り扱っており、取引も簡単に行えます。
「これから仮想通貨を始めたい」「BATを保有してみたい」という方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。