Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

仮想通貨は今後どうなる?著名人の市場予想や通貨毎の注目ポイント

これから仮想通貨取引を始めようと興味を持った人は、仮想通貨が将来的にどうなるのか気になるかもしれません。

取引を始めるにあたっては、仮想通貨の今後の展開についても注意を向けておくことが重要です。そこで、仮想通貨の将来動向についてご紹介します。

この記事を読むことで、仮想通貨の運用を今から始めてもよいのかどうかの参考になるでしょう。また、仮想通貨の取引を行うにあたっては、仮想通貨の取引所に口座を開設する必要がありますので、合わせて取引所についてもご紹介します。

日本における仮想通貨市場の規模

仮想通貨市場の規模
仮想通貨は、2017年頃に仮想通貨取引所のテレビCMやメディアの取り上げなどによって、多くの人に注目され始めました。

ただし、まだ仮想通貨自体の歴史は浅く、株式やFXなどほかの金融商品と比較すると、市場規模は十分大きく成長したとはいえません。投資の代表格ともいえる株式市場の規模は、2019年4月時点で日本株市場だけで約600兆円以上あります。

一方、日本の仮想通貨市場はその規模にはまだ遠く及びません。そのため、まだ仮想通貨市場は創業時期にあるともいえます。

しかし、仮想通貨の取引参加者は年々増加している状況です。日本国内の仮想通貨市場規模に関する正式な統計はありませんが、取引高も増加傾向にあります。

一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は、日本国内の仮想通貨取引高は、平成28年度に約3.5兆円でしたが、平成29年度には70兆円にも膨らんだと発表しました。このような統計からも、仮想通貨市場は平成29年度に急激に成長したことがうかがえます。

仮想通貨は今後どうなる?著名人による将来予想

仮想通貨市場の予想
仮想通貨市場が今後どうなるのかについては、世界中の多くの投資家が注目しています。

そんななか、仮想通貨の専門家やインフルエンサーと呼ばれる人々が、さまざまな市場動向予想を行っている状況です。総じて、ポジティブな見解で多くの予想者が価格上昇を見込んでいます。

ここでは、著名人の市場予想の事例をいくつかご紹介します。

ウィンクルボス兄弟の予想

ウィンクルボス兄弟は、仮想通貨の世界で有名な兄弟です。

元オリンピック選手の双子であり、Facebookの初期アイディアを生み出したのは自分達だとして、創設者のマーク・ザッカーバーグ氏を訴えて裁判に勝ったことでも知られています。裁判によって得た賠償金6500万ドルで、当時1BTCが120ドル(日本円で1万2000円相当)程度だったビットコイン(BTC)を購入し、仮想通貨長者となったと言われています。

ウィンクルボス兄弟は、仮想通貨の将来について前向きにとらえています。ビットコイン(BTC)の時価総額は、いずれ金の時価総額約7兆ドルをいずれ超えるだろうと、2019年に発言しています。2019年5月末時点のビットコイン(BTC)の時価総額は約1,468億ドルですので、まだまだ伸び代があると捉えていることがわかります。

トム・リー氏の予想

トム・リー氏も、仮想通貨では名の知られた人物です。

米調査会社のファンドストラット・グローバル・アドバイザーズのリサーチ責任者を勤めており、仮想通貨の価格に関する発言は話題性があります。リー氏の2019年4月の発言によると、ビットコイン(BTC)の最高値更新は2020年頃になると予想しています。

また、2019年4月時点でのビットコイン(BTC)のフェアバリュー(適正価格)は、14000ドル(約156万円)だということでした。2019年4月時点における1BTCのマイニング(計算による検証作業)コストは5000~6000円だと見積もられるため、14000ドルと価格予想をしているのです。

リー氏は、商品価格は強気市場にあるときには、生産コストの2~3倍の価格になることが多いと話しています。このようにリー氏の価格予想は、ビットコイン(BTC)の生産コストにあたるマイニングコストに根拠を置いているとも言えるでしょう。

ジョン・マカフィー氏の予想

ジョン・マカフィー氏は、世界的にも有名なセキュリティソフトウェア販売会社である「McAfee(マカフィー)」の創業者です。

仮想通貨の世界では、ビットコイン(BTC)の愛好家としても知られています。彼は、「2020年までにビットコイン(BTC)の価格は100万ドルに達するだろう」と強気な予想をしました。

日本円に換算すると約1億1000万円以上にもなるという予測には、驚いた人も多かったようです。強気の価格予想をする著名人は多いですが、そのなかでも特に大きな上昇を予想していることが特徴です。

予想が的中すると、2019年時点の価格水準の100倍以上の価格になります。ビットコイン(BTC)の今後の価格動向が注目されます。

各通貨の今後はどうなる?時価総額の高い仮想通貨

時価総額の高い仮想通貨
仮想通貨は、世界に1000種類以上あるといわれています。

なかでも比較的安定して時価総額が高い仮想通貨は、例えばビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)などが挙げられます。

これらの通貨の今後がどうなるのかは、気になる人も多いかもしれません。そこで、注目されている代表的な仮想通貨の基本的な特徴や、将来動向などについてご紹介します。

ビットコイン(BTC)の今後

元祖仮想通貨と呼ばれ、日本で最もポピュラーな仮想通貨であるビットコイン(BTC)は、仮想通貨市場における基軸通貨の役割を果たしています。

世界における多くの仮想通貨の取引所における取引では、ビットコイン建ての取引が基本になっています。ビットコイン建てとは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の価格を、ビットコイン(BTC)の価格をベースにして算出することです。

仮想通貨に関する法整備は、世界各国で徐々に進んでいる状況です。また、仮想通貨取引所運営に参入する企業や、ビットコイン(BTC)決済を導入する店舗・企業なども増加しています。

そのため、今後ますますビットコイン(BTC)が世の中に普及していく可能性はあるでしょう。

詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説

イーサリアム(ETH)の今後

イーサリアム(ETH)は代表的なアルトコインの一つで、スマートコントラクト機能を実装している点が特徴的です。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上に契約内容を記録し、指定した期日など一定の条件を満たすと自動的に契約内容を実行する機能のことです。

また、イーサリアム(ETH)のプラットフォームを利用することで、ユーザーは独自トークンを発行したり、ICO(アイシーオー)と呼ばれるトークンによる資金調達を行ったりすることもできます。

ビットコイン(BTC)とは異なる特徴をもつイーサリアム(ETH)も、世界中の大企業などからも注目されている仮想通貨の一つです。

詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か?

リップル(XRP)の今後

リップル(XRP)は、国際送金システムとして開発されました。

米国のリップル社によって開発された通貨で、発行や取引履歴などについてリップル社が管理しているという特徴があります。リップル社が開発した送金ネットワークである「Ripple Net(リップルネット)」は、国際送金を迅速かつ低コストで行える環境を提供できる可能性があり、実用化に向けて実験が進められている段階です。

「Ripple Net(リップルネット)」では、XRPは送金を行う2つの法定通貨間を結ぶブリッジ通貨の役割を果たします。

詳しくはこちら:リップル(XRP)とは?特徴をわかりやすく解説

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後

ビットコインキャッシュ(BCH)という仮想通貨は、2017年8月にビットコイン(BTC)からのハードフォークにより誕生したものです。

ハードフォークとは仮想通貨の分岐のことで、1つの仮想通貨が2つに分かれ、両方ともが継続していく状態をいいます。ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)の持つスケーラビリティ問題を解消することを目的に誕生した仮想通貨です。

スケーラビリティ問題とは、取引量増加に伴いブロックに格納しきれないデータが生じて、送金処理などに時間がかかってしまう問題です。この点が改善されないと、仮想通貨を決済手段として利用することは困難だといわれています。

詳しくはこちら:ビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴やビットコイン(BTC)との違いを徹底解説

仮想通貨が今後どうなるかをチェックする際のポイント

今後どうなるか
仮想通貨市場が今後どうなるかを予想する場合は、いくつかチェックした方が良いポイントがあります。

例えばポイントには、ビットコインETF(イーティーエフ)、仮想通貨の法規制、ICO(アイシーオー)関連の法整備・改革、スケーラビリティ問題などが挙げられます。これらのポイントをチェックすることで、仮想通貨市場の先行きを予想しやすくなるとも言えるでしょう。

また、チェックポイントに集中して情報収集することは、効率よく仮想通貨市場の状況把握を行うことにもつながります。ここでは、これらの4つの主なポイントについて簡単に解説します。

ビットコインETF承認の動向

ビットコインETF
1つ目のポイントであるビットコインETF(イーティーエフ)承認を理解するにあたっては、ETF(イーティーエフ)について知っておく必要があります。

ETF(イーティーエフ)とは、上場投資信託のことで、専門家が投資家の資産を預かって運用する投資信託を、株式のように証券取引所に上場する金融商品ことです。ETF(イーティーエフ)の対象となる代表的な資産は株式や債券などの証券ですが、ビットコイン(BTC)もETF(イーティーエフ)にして上場する動きがあり注目されています。

ビットコインETF(イーティーエフ)が承認されると、ビットコイン(BTC)そのものには投資しにくい国や地域からでも、手軽に投資できるようになると言われています。その結果、多くの投資家が新規参入してくる可能性もあるでしょう。

また、ETF(イーティーエフ)の承認は、ビットコイン(BTC)に価値があると認められたことにも繋がるため、ビットコイン(BTC)自体の信用が高まる効果も期待できることがポイントです。

過去には、金(ゴールド)のETF(イーティーエフ)が2004年に承認された際、取引量が増加し、価格が上昇したこともありました。

詳しくはこちら:承認待ちのビットコインETFって何?概要や審査状況を徹底解説

仮想通貨に関する税制の改革

仮想通貨の税制について
仮想通貨に関する法改正も、将来動向を探るうえでは重要なポイントです。

仮想通貨取引で得た所得には税金が課税されます。ただし、税制は国によって大きく異なっているため注意が必要です。

日本で取引を行う場合は、日本の税制についての理解が欠かせません。仮想通貨取引による所得は雑所得に区分され、給与所得などと合算して総合課税扱いになります。

適用される最高税率は住民税と合わせて約55%にもなるため、所得が多いと税負担も重くなることに注意が必要です。一方、海外では日本よりも税率が低くなる場合があります。

例えば、シンガポールや香港、マレーシアなどの国では非課税となっています(2019年5月末時点)。仮想通貨に関する日本の税負担は、そのような諸外国と比較すると高い傾向にあるといえるでしょう。

また、株やFXは投資商品として、申告分離課税が適用され、税率は20.315%(所得税15.315%+住民税5% ※所得税に復興特別税を含む)となっています。将来において、仮想通貨による所得に対しても税負担軽減などの税制改正が行われれば、新規に投資家が参入し、仮想通貨価格は上昇する可能性があります。

詳しくはこちら:仮想通貨にかかる税金とは?計算方法から確定申告のやり方まで解説

※税金等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。

ICO関連の法整備・改革

ICOの法整備
ICO(アイシーオー)も、仮想通貨の将来動向を知るうえでは欠かせない要素です。

ICO(アイシーオー)を利用することで、企業や事業プロジェクトが独自に仮想通貨を発行・販売を行い、資金調達ができます。ユーザー側にとっても、ICO(アイシーオー)への投資は、成功した際の利益が大きくなる傾向にあることが特徴です。

しかし、ICO詐欺が横行したこともあり、ICO(アイシーオー)を禁止している国も少なくありません。こういった国でも、日本の金融商品取引法にあたる法整備が行われれば、ICO(アイシーオー)も発展するのではないかという意見があります。

金融商品取引法とは、金融・資本市場における利用者保護や利便性向上などを目的として、投資環境を整える法律です。ICO関連改革は、仮想通貨市場のより一層の発展につながると期待されています。

詳しくはこちら:ICOとは?わかりやすくメリットやデメリットを初心者に解説

スケーラビリティ問題の改善

スケーラビリティ問題
仮想通貨の将来動向を探るうえでは、スケーラビリティ問題も見逃せないポイントです。

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨取引量増加に伴い、サイズが決まっているブロックに取引データを格納しきれず、送金処理などに遅れが生じてしまう現象をいいます。仮想通貨の利便性が失われるため、業界では深刻に受け止められている問題です。

特に、ビットコイン(BTC)においては、この問題が深刻化しています。この問題にはブロックチェーンの性質が関係しており、異なる方式で取引承認が行われ仮想通貨が分岐するハードフォークの要因の1つにもなっているのです。

ハードフォークは、従来からのブロックチェーン技術に変更を加え、新旧同時にブロックチェーンが延伸する状態のことをいいます。仮想通貨システムのルール変更でもあり、ハードフォークは仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすイベントです。

スケーラビリティ問題が改善されることで、決済手段として仮想通貨が使われる機会が増加して実用化が進むと、仮想通貨の価値は上昇する可能性があるでしょう。

仮想通貨の今後の展開がどうなるか積極的にチェックしよう

今後の展開をチェックしよう
仮想通貨には、多くの課題も残されていますが、通貨によっては成長余地が残されていることも事実です。

仮想通貨取引を行うためには、今後どのようになっていくのかについて、積極的に情報収集を行うことが大切です。また、仮想通貨の初心者が日本で取引を行う場合は、金融庁登録済の仮想通貨取引所を利用するとよいでしょう。

金融庁登録済の仮想通貨取引所のなかでも、Coincheck(コインチェック)は画面が見やすく、初心者でもスマホアプリから簡単に取引ができます。仮想通貨の取り扱い種類も多いため、さまざまな種類の仮想通貨の取引を簡単に行いたい方は、まずはCoincheckに口座開設されるのが良いでしょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never