「ビットコインの今後は明るい?2022年最新ニュースと6つのポイントを解説」

「2022年以降のビットコイン(BTC)はどうなっていくの?」

ビットコインの今後の動向が気になる!」

ビットコイン誕生から10年以上が経過していますが、これからどうなっていくのか、このまま取引を続けていいのか気になるところですよね。

結論から言うと、ビットコインの今後は明るいと考えています。

コインチェック共同創業者の大塚は「ビットコインを始め暗号資産(仮想通貨)の時代は始まったばかりで、暗号資産を取り巻く環境整備や技術の革新が進めばビットコインの価値や注目度は変化していく」と今後の動向を予想しており、ビットコインを取り巻く環境や技術が変われば、価格の上昇や知名度アップは充分考えられるでしょう。

この記事では

  • ビットコインの未来予想
  • ビットコインの今後を左右する5つのポイント
  • 最新!2021年~2022年のビットコインの動向をチェックするためのポイント

など、今後のビットコインの予想を解説します。

これを読めば、今後もビットコインの取引を継続するかどうかジャッジできるはずです。ぜひ、最後まで読んでビットコインの気になる動きをチェックしてみてください。

※ビットコインの最新ニュースを今すぐチェックしたい方は 『ビットコイン(BTC)の今後を占う2022年最新ニュース』をご覧ください。

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は暗号資産の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから暗号資産を始める方々に「暗号資産について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社

目次

ビットコイン(BTC)の今後は明るい!Coincheckの共同創業者の未来予想

大塚雄介写真

ビットコインの今後は、明るいと予想しています。

2019年は、ビットコイン誕生から10周年となる節目の年でした。それと同時に、世界各国で国家レベルでのデジタル通貨に関する動きが数多くありました。

中国では中国人民銀行がデジタル通貨「DCEP」の試験準備が整ったことを明らかにし、今まで暗号資産(仮想通貨)の取り締まりを続けてきた中国がデジタル通貨を受け入れる体制に。

Facebookでは新たなデジタル通貨「Libra」を使った金融構想を発表し、国境のないグローバルなデジタル通貨を作りたいという思いを表明しました。

このように国家レベルの動きが活発化したことから、2019年は新デジタル通貨時代の幕開けだと言えるでしょう。ビットコインを始め、暗号資産の時代はまだ始まったばかりなのです。

確かにビットコインを始めとする暗号資産には、まだまだ課題がたくさんあります。しかし、この課題は数年後には改善され、将来的には数億人規模のユーザーが利用するインターネット金融プロトコルになると考えています。

インターネットが導入されたときを振り返ってみると技術的な問題は数年内に解決し、多くの人が当たり前に利用できる状態となりました。

2020年に入りデジタル通貨が抱える問題は、一歩一歩解決に向けて前進していくのではないかと捉えています。

「技術的な課題は世界の賢い人達を惹きつけ、知的好奇心が解決をしてきた」という多くの事例があるからこそ、暗号資産も同じプロセスを歩み普及していくのではないかと思います。

参照:Why Cryptocurrency Matters(なぜ暗号資産が重要なのか?)

ビットコイン(BTC)の今後の動向を左右する5つのポイント

ビットコイン(BTC)

ビットコインの今後が明るいと予想できるのは、法整備や市場の拡大、技術革新が進むことでビットコインを取り巻く環境が変わっていくと考えられるからです。

ここではビットコインの将来を左右する要因として、以下の5つのポイントについて解説します。

  • ①ビットコインETFが承認されると知名度が上がる
  • ②ビットコイン(BTC)決済が拡大すれば価値が上がる
  • ③ライトニングネットワークの実装で取引しやすくなる
  • ④AIの活用でビットコイン(BTC)予測がしやすくなる
  • ⑤法整備が整えば投資家が利用しやすくなる

それぞれビットコインの今後にどのような影響を与えるのか、詳しくご紹介します。

①ビットコインETFが承認されると知名度が上がる

ビットコインETF(Exchange Traded Fund)とは、上場投資信託で株と同じようにビットコイン取引ができるようになる仕組みを指します。

ビットコインETFが承認されれば大きな資産を動かす投資家がビットコイン投資に興味を持てるようになり、ビットコインへの注目度が上がるでしょう。機関投資家が目をつければ多額の資金が流入するので、価格上昇も夢ではありません。

実際、2021年10月にニューヨーク証券取引所(アメリカ)にビットコイン先物ETFが上場した際は、大きな価格上昇のきっかけになっています。

チャート

引用:「ビットコインはなぜ1年間に4倍以上も高騰したのか?」マネックス証券 暗号資産アナリスト 松嶋真倫氏インタビュー

また、上場投資信託で取引をするには、取引所の厳格な審査を通過する必要があります。その審査を通過すればビットコインが投資対象として一定の信用があるという証にもなり、取引をしたいと考える人も増えるはずです。

このように、ビットコインETFが承認されることで

①投資家の選択肢が増え、ビットコインに多額の資金が流入する

②取引所の審査を通貨することで信用度がアップする

という2つのメリットがあり、今後の動向が注目されています。

2022年5月現在では、カナダやオーストラリアでビットコイン現物ETFが取引されています。特に、市場に与える影響の大きいアメリカでビットコイン現物ETFが承認されるかどうかが、大きな注目点です。

【ビットコインETFについてより詳しく知りたい場合はこちら】

②ビットコイン(BTC)決済が拡大すれば価値が上がる

ビットコインは投資対象としてだけでなく、買い物の支払い手段として普及すれば需要出てきて価値が上がるのではないかと考えられています。

実際にインターネットショップや店舗でビットコイン決済ができるお店は少しづつ増えています。

ビットコインは国境を意識することなく世界各国で使用できるため、今後もっとビットコイン決済ができるよう整備されていけばビットコインを実用的に利用でき注目度は変わっていくでしょう。

一方で、現在のビットコインは「決済速度」と「手数料の高さ」が課題となっています。

処理能力の課題を解消するライトニングネットワークの実装が実現すれば、取引のしにくさが解決し価値が高まると考えられています。ライトニングネットワークが実装されるとブロックチェーンの外で取引ができるオフチェーン取引が可能となり、決済速度の向上や少額決済に対応した安い手数料が叶うでしょう。

 今まで「ビットコインは処理速度が遅い」「手数料がかかる」と敬遠していた人達にとっても扱いやすくなり、ビットコインの価値が見直される機会となるはずです。

③金融市場全体の情勢に、暗号資産格も影響を受ける

暗号資産は、金融市場全体の情勢に影響を受けます。金融市場の情勢は、大きく分けて「緩和」のフェーズと「引き締め」のフェーズに分けられます。

金融市場の緩和とは、円やドルといった法定通貨を大量に刷ることで市中にお金を流通させ、投資や消費を促進する景気刺激策の一つです。市中に流通するお金の量が増えることで、相対的に株や不動産といったアセットの価値が高まる点が特徴です。

暗号資産は、価値保存の手段として利用されることもあります。特にビットコインは「デジタルゴールド」と呼ばれるほど、金融市場の中でも影響力のある存在になっています。そのため、金融緩和フェーズでは暗号資産の価格も相対的に上昇しやすい傾向があります。

金融緩和は、疫病や戦争などの影響で急激に実体経済が冷え込んだ場合に行われることが多いです。経済が金融緩和フェーズである場合は、暗号資産の価格上昇にも期待が出来るのではないでしょうか。

一方で、金融市場の引き締めとは、景気の過熱を抑制するために行われる金融政策です。引き締めの方針が発表され、公開市場操作(オペレーション)などが実施された場合、一般的に株や不動産といったアセットの価格は下がる傾向にあります。暗号資産もこの影響を受けるため、引き締めフェーズの場合は一時的に価格が下落する可能性があると言えるかもしれません。

④ビットコインを法定通貨にする国家が増える

2021年9月、エルサルバドルがビットコインを法定通貨に採用し、大きな話題となりました。さらに、国家戦略としてビットコインを大量に購入するなど、暗号資産業界に新たな影響を与えるようになりました。

ビットコインの法定通貨化に対して、IMF(国際通貨基金)や大手金融機関は懐疑的な意見を表明しています。一方で、通貨を他国に依存している新興国にとっては、選択肢の一つとしてビットコインの法定通貨化について議論されはじめることでしょう。

2022年4月には、中央アフリカ共和国がビットコインを法定通貨として採用しました。今後も追随する国家が現れれば、ビットコインの社会的価値も徐々に高まることでしょう。

⑤AIの活用でビットコイン(BTC)予測がしやすくなる

今まで値動きが予測しにくいと言われていたビットコインですが、今後はAIを活用した価格予測や投資判断が広まるのではないかと予想されています。

すでに、AIが価格変動を捉えて自動売買を行い、利益を生み出す仕組みや膨大な相場データから投資判断をする仕組みを備えた自動売買プラットフォームも誕生しています。そのため、ビットコインに関する知識が浅くても投資ができるようになります。

このようなAIを活用したサービスやアプリが増えていけば、よりビットコインの運用がしやすくなり興味を持つ人も増えていくでしょう。

⑤法整備が整えば投資家が利用しやすくなる

ビットコインを始め暗号資産を扱いやすい法整備が整うことで、今まで様子を伺っていた人たちも取引をしようと思えるようになる可能性があります。

現在、ビットコインで得た利益は、雑収入として計上されています。

今後、ビットコインが分離課税の対象となるなど法整備が進み、投資家が資産としてビットコインを持ちやすくなるはずです。

多額の資産が流入されるとビットコインの価格が上昇する可能性もあり、今後ビットコインを始め暗号資産がどのように扱われていくのかにも注目が集まっています。

現在は、JCBA(日本暗号資産ビジネス協会)を中心に、暗号資産の税制改革に向けての活動が盛んになっています。Web3を日本の成長戦略の柱に据える提言がなされるなど、暗号資産の税制についての風向きも徐々に変わっていると言えるのではないでしょうか。

このように、ビットコインなどの暗号資産を取り巻く環境が整備されていくことも期待が持てる要因の一つです。

【ビットコインと税金について詳しく知りたい人はこちら】

参考:金融庁「令和元年資金決済法等改正に係る政令・内閣府令案等に対するパブリックコメントの結果等について」金融庁「暗号資産交換業者に関する内閣府令等の一部を改正する内閣府令」

ビットコインの動向を占う上で注目しておくべき5つのこと

ビットコイン(BTC)

ビットコイン投資をするにあたって、値動きを左右するポイントは事前にチェックしておきたいところです。

ここでは、ビットコインの動向を占う以下の5つのポイントをご紹介します。

  • ①半減期から500日前後で価格がピークに達するという調査がある
  • ②世界で暗号資産を規制する動きがある
  • ③ビットコイン(BTC)の知名度が上がるタイミングに注目
  • ④コロナショック終息後ビットコインは存在感を増すという声も
  • ⑤2021年11月に大型アップデート「Taproot」が実施される

どのようなポイントを掴んでおくといいのかぜひチェックしてみてください。

①半減期から500日前後で価格がピークに達するという調査がある

半減期とはマイニング報酬が半分になるタイミングのことで、ビットコインは半減期を4年に1度設けることで発行量をコントロールしています。

ビットコイは5月12日に3度目の半減期を迎え、今後価格変動が起こると予想されています。

アメリカの投資会社「PanteraCapital」が今までの半減期後のビットコインの動きを調査したところ、平均で466日後に価格高騰のピークを迎えたとのことです。

参考:Macro Impact On Bitcoin :: Pantera Blockchain Letter, April 2020

ビットコインの半減期が終わり、今後価格が高騰する可能性は十分残されていると言えるでしょう。

2020年5月の半減期から466日後は2021年8月に当たるので、2020年から2021年の間はビットコインの変動から目が離せません。

【半減期について詳しく知りたい人はこちら】

参考:日本経済新聞「ビットコイン、3度目の半減期 強まる「倍々ゲーム」の危うさ」朝日新聞「ビットコイン「半減期」、コロナ禍が価格に影響も」

②世界で暗号資産を規制する動きがある

ビットコインを始め暗号資産が注目を集める中、規制をしようとする動きがあることも忘れてはいけません。

中国では2020年1月11日に、北京市の金融監督管理局霍学文局長が「中国で暗号資産取引は認められない」と発言し大きな波紋を呼びました。

G20では暗号資産を国際的に規制していこうとする動きが続いており、日本でも金融庁で暗号資産の規制を強化する方向の提言を織り込んだ報告書がまとめられたとのことです。

暗号資産の取引や流通が規制されてしまうと価格の下落や価値の低下に繋がりかねないので、留意しておきましょう。

参考:毎日新聞「G20「暗号資産規制」議論へ 枠組み構築焦点」

③ビットコイン(BTC)の知名度が上がるタイミングに注目

ビットコイン(BTC)の今後の動向を左右する5つのポイントでも紹介したように、ビットコインは「市場の拡大」「法整備」「技術の革新」という3つのタイミングで注目され、知名度や信頼感がアップする可能性があります。

≪ビットコインの知名度が上がる主なタイミング≫

  • 大企業がビットコインの採用を決める
  • ビットコイン決済ができる店舗がサービスが増える
  • 暗号資産の取引所に上場する
  • ビットコインに新しい技術が実装される(取引速度のアップや手数料が安くなるなど)
  • ビットコインを取り巻く法律の整備が進む(税金面や暗号資産に関する法的緩和)
  • AI技術の進歩で予想しやすくなる
  • 資産家が資産として持ちやすくなる

上記のようなケースが考えられます。

ビットコインの知名度が上がるようなニュースや情報はこまめにチェックし、そのときの値動きにも注目してみましょう。

④コロナショック終息後ビットコインは存在感を増すという声も

コロナショック後、ビットコインを始めとする暗号資産の存在感が増すという声もあります。

今までとは違う価値観や社会常識で生きていかなければならなくなり、暗号資産に対する考え方や法律なども見直されるチャンスになるかもしれません。

オンライン化は進み無国籍通貨であるビットコインは、ネットでの取引やショッピング活路を見出し存在感を増す可能性もあります。

また、コロナショック後資産として価格が高騰した金と同じように、今後ビットコインがいざという時の資産として注目される可能性も出てくるでしょう。

【コロナウイルスによるビットコインの影響について】

既に自国の通貨が不安定な新興国では、ビットコインを始めとする暗号資産を資産として購入する動きが出始めています。

市場が一変する状況となった今こそ、ビットコインの今後に注目する価値がありそうです。

参考:日本経済新聞「ビットコイン、新興国で需要急増 通貨安や資本規制で」

⑤2021年11月に大型アップデート「Taproot」が実施される

2021年5月1日、ビットコインの保守・運営を行うオープンソースプロジェクト「Bitcoin Core」は、2021年11月中旬にビットコインの大型アップデート「Taproot(タップルート)」が実装される予定であることを発表しました。

ビットコインが大規模なアップデートを行うのは、2017年に実施された「Segwit(セグウィット)」以来4年ぶり。Taprootの実施については、2021年6月にビットコインコミュニティ内で投票が行われ、90%以上の賛成票を集めて正式に決定しました。

今回行われるTaprootは、ビットコインの署名方式に「シュノア署名」を採用するために2017年にコミュニティ内で提案されました。

シュノア署名

現行の署名方式であるECDSAでは、送信者ごとに個別に電子署名をする必要がありますが、シュノア署名では受信者が単独の場合、トランザクションの署名を1つにまとめることが可能になります。

複数の署名を1つにまとめることができるシュノア署名には、主に以下のようなメリットがあります。

  • スケーラビリティの問題が解決される(送金速度が上がる)
  • 匿名性の向上
  • 取引手数料の削減

なお、今後は11月の運用開始を目標に、コミュニティメンバーによる実装テストを重ねていくとしています。

参考:Bitcoin Core「Bitcoin Core 0.21.1 Released With Taproot Activation Code」

ビットコイン(BTC)の今後を占う2021年最新ニュース

BTCJPY

2022年5月16日現在、ビットコインの価格は1BTC=約400万円です。

「ビットコインの価格が今後どうなるのか?」というのは、暗号資産の取引をしている方ならきっと誰もが気になるところでしょう。

ビットコインの将来性を検証するには、ビットコインに関するニュースをこまめにチェックする必要があります。そこで、ここではビットコインに関する最新情報をご紹介します。

2021年〜2022年に報じされたビットコイン関連のニュースの中から、特に重要なものを以下にピックアップしました。

  • 【2021/2/8】米テスラ社、15億ドル相当のビットコインを購入
  • 【2021/3/29】Visa、ステーブルコイン「USDC」による決済導入へ
  • 【2021/4/28】東証一部上場企業「ネクソン」、110億円相当のビットコインを購入(国内初)
  • 【2021/6/5】エルサルバドル、世界で初めてビットコインを法定通貨として認める法案を提出
  • 【2021/10/19】米国初のビットコイン先物ETFの上場
  • 【2021/10/28】Facebook社、社名を「Meta」に変更
  • 【2022/1/22】ニューヨーク市長、給与をビットコインで受け取る
  • 【2022/4/27】中央アフリカ共和国、ビットコインを法定通貨に
  • 【2022/5/10】ステーブルコインショックで、ビットコインも暴落

それぞれどのような内容なのか、簡単に解説していきます。

【2021/2/8】米テスラ社、15億ドル相当のビットコインを購入

2021年2月8日、実業家のイーロン・マスク氏が率いる米電気自動車メーカー「テスラ」は、15億ドル(約1,580億円)相当のビットコインを購入したことを公表しました。

これは、同社が米国証券取引委員会(SEC)に提出した2020年度の年次報告書によって明らかになりました。テスラは同報告書の中で、「今後も状況に応じてデジタル資産の購入を検討していく」ことと、「近い将来、テスラ製品の決済手段としてビットコインを採用する計画がある」ことを述べました。

なお、この報道は暗号資産業界で大きな話題となり、ビットコインの価格は24時間で18%ほど増加し、480万円を超えました。

参考:Tesla Investor Relations

【2021/3/29】Visa、ステーブルコイン「USDC」による決済導入へ

2021年3月29日、カード決済大手のVisaは、米ドル連動のステーブルコイン「USDC」による決済を受け入れる方針を明らかにしました。

ロイター通信の報道によると、Visaが提携しているCrypto.comは3月初旬、暗号資産のカストディサービスを提供するAnchorageが管理しているVisaのイーサリアムアドレスに、USDCを送金するテストを行ったとのこと。

Visaの担当者はロイターに対して、「世界中の顧客の間で、デジタル資産を保有・使用したいという声が増えている」と述べたといいます。

なおこの報道を受けて、ビットコインの価格は1日で約2,000ドル上昇しました。

参考:REUTERS「EXCLUSIVE Visa moves to allow payment settlements using cryptocurrency」

【2021/4/28】東証一部上場企業「ネクソン」、110億円相当のビットコインを購入(国内初)

2021年4月28日、PCオンラインゲームの開発および提供を行う株式会社ネクソンは、1億ドル(約111億円)相当のビットコインを購入したことを発表しました。

同社CEOのオーウェン・マホニー氏は、今回の購入に関して次のように述べています。

「今回のビットコイン購入は、株主の利益を守り、そして当社が保有する現金の購買力を維持するための戦略を反映するものです。現在の経済環境下において、ビットコインは流動性の高い長期的な安定資産であり、将来の投資における現金の価値を維持するものだと考えています。」

なお、国内の上場企業が資産運用の一環としてビットコインを購入するのは、今回が初の事例と報じられています。

参考・引用:株式会社ネクソン「ネクソン、1億ドル相当のビットコインを購入」

【2021/6/5】エルサルバドル、世界で初めてビットコインを法定通貨として認める法案を提出

Nayib Bukele 
引用:Nayib Bukele

2021年6月5日、中南米、エルサルバドル共和国のナジブ・ブケレ大統領は、同国がビットコインを法定通貨として認める方針であることを明らかにしました。

ブケレ氏は、同日に米マイアミで開催された国際会議「ビットコイン2021」へのビデオメッセージの中で、「来週、ビットコインを法定通貨とする法案を国会に提出する」と発表しました。

また、同氏はTwitterでも「ビットコインの時価総額は6,800億ドル(約75兆円)に相当する。このうち1%でもエルサルバドルに投資されれば、GDPは25%増加することになる」と述べ、ビットコインに対する期待感を示しました。

【2021/10/19】米国初のビットコイン先物ETFの上場

2021年10月15日、アメリカで初めて資産運用会社のプロシェアーズが申請していたビットコイン先物ETFがSEC(米国証券取引委員会)に承認されました。

そして、同月19日にはニューヨーク証券取引所に上場し、ETFの上場初日としては歴代2番目となる10億ドル規模の取引高を記録します。また、これらを受けて10月15日に5万7,000ドル台だったビットコインは同月20日には6万7,000ドル付近まで高騰し、2021年4月以来およそ半年ぶりに過去最高値を更新しました。

【2021/10/28】Facebook社、社名を「Meta」に変更

2021年10月28日、「Facebook」や「Instagram」を運営するFacebook社が、社名を「Meta」に改称することを発表しました。

「メタバース」事業のイメージを強調するための改称であり、メタバース事業に約100億ドル(約1兆3000億円)を投じる方針も同時に発表しました。

メタバースとは、インターネット上に存在する経済圏をもった仮想空間のことです。ブロックチェーンや暗号資産と親和性が高い領域であることから、暗号資産業界にとってもポジティブなニュースと言えるでしょう。

【2022/1/22】ニューヨーク市長、給与をビットコインで受け取る

2022年1月22日、ニューヨーク市長アダムズ氏は、自身の給与をビットコインとイーサリアムで受け取ったことを明らかにしました。

2021年11月に同市長に就任したアダムズ市長は、「ニューヨークは世界の中心で、暗号資産やその他の金融イノベーションの中心でありたいと思う」と表明し、その方針の一環として三回分の給料を暗号資産で受け取りました。

世界的な大都市であるニューヨークのリーダーが暗号資産に前向きな姿勢を見せたこの取り組みは、ビットコインにとってポジティブなニュースと言えるでしょう。

【2022/4/27】中央アフリカ共和国、ビットコインを法定通貨に

2022年4月27日、中央アフリカ共和国はビットコインを法定通貨に採用したと発表しました。ビットコインを法定通貨に採用する動きは、エルサルバドルに続いて2カ国目の試みとなります。

今後も、ビットコインを法定通貨に採用する動きが続く可能性があるので、ビットコインの今後に期待がもてるニュースです。

【2022/5/10】ステーブルコインショックで、ビットコインも暴落

ステーブルコインとは、法定通貨と価格が連動するように設計された暗号資産のことで、主に海外取引所で使用されています。

2022年5月10日、広く流通していたステーブルコインで、法定通貨との連動が外れる事態が発生しました。法定通貨との連動が外れた不安から売りが売りを招き、暗号資産全体がショックの影響を受けて急落しました。

ビットコインも一時約2万5000ドル(約340万円)近くまで落ちるなど、暴落をしました。

ビットコイン(BTC)の今後の展望まとめ

ビットコイン(BTC)

いかがでしたか?

ビットコインの今後の予想や期待が持てる理由が分かり、ビットコインを持つべきかどうかジャッジできたかと思います。

最後にこの記事の内容をまとめてみると

◎ビットコイン今後が明るい理由は次の2つ

1)2019年は新デジタル通貨時代の幕開け。ビットコインを始め、暗号資産の時代は始まったばかり。

2)インターネットが普及したときにように、数年内に暗号資産を取り巻く環境は整っていくと考えられる。

◎ビットコインの未来を左右する背景は次の5つ

1)ビットコインETFが承認され、上場投資信託で取引できるようになれば知名度がアップする
2)ビットコインで決済ができる店舗やサービスが増えれば価値が上がる
3)ライトニングネットワークの実装が叶えば取引スピードがアップし少額から取引しやすくなる
4)AIの活用でビットコイン(BTC)予測が立てやすくなると、初心者でも扱いやすくなる
5)法整備が整えば投資家が利用しやすくなり、資産の流入が期待できる

◎2021年のビットコインを占うポイントは次の4つ

1)半減期後のビットコインの動きは平均466日後に価格高騰のピークを迎えるとの調査があり、2021年7月まで目が離せない。
2)世界で暗号資産を規制する動きがあることを忘れない
3)ビットコインの知名度があがるタイミングをチェックし取引をする
4)コロナショック後に資産としてビットコインの価値が高まる可能性がある

Coincheckアプリをダウンロード後、ビットコインの価格アラート設定をしておけば価格の高騰をいち早くキャッチできますので、試しに利用してみてはいかがでしょうか。