初心者でも簡単?暗号資産(仮想通貨)で本当に稼げるの?

2017年末の暗号資産暴騰の流れから、テレビCMやインターネットニュース等で日常的に「暗号資産」という言葉を目にする機会が増えました。

テレビやネット上で『暗号資産で稼げた!』という情報が多く拡散され、中には「億り人」と呼ばれる、暗号資産で一攫千金を成し遂げた人が続出し、これを見たことで暗号資産デビューする人も増えました。

しかし、だからこそ初心者にとっては、暗号資産は未知の領域であり、『なんとなく怪しい』、『儲かるわけがない』と不安に思ってしまいがちです。

今回はそのような方のために、暗号資産は稼げるのか、暗号資産を購入するとはどのようなことなのかなどについて、解説していきたいと思います。

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は暗号資産の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから暗号資産を始める方々に「暗号資産について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社

暗号資産とは?

暗号資産
まず、暗号資産とは、投資や決済といった様々な用途に使用できる、インターネット上に存在するデジタル通貨になります。

ビットコイン(BTC)に代表される暗号資産は、世界各国の暗号資産の取引所を通じて購入することが可能です。暗号資産の大きな特徴としては、例えば以下の2点が挙げられます。

1. 特定の国家によって干渉されない

日本円や米ドルなど、国が管理しその価値を保証している法定通貨とは違い、暗号資産は特定の国によって干渉されることがありません。

多くの暗号資産は、管理者なしに世界中の市場参加者によって価値がついています。

2. 暗号化されたデジタル通貨

暗号資産は、暗号化技術によって、偽造や二重払いなど通貨の基本的な問題を回避できるように設計されています。

そのため、個人間での価値の移転(取引)を安全に行うことなどが可能となっています。

実際に暗号資産で稼いだ人っているの?

ビットコイン(BTC)
実際に、暗号資産で億単位の資産を稼いだ人は、世界中に数多く存在しています。

例えば下記のような方たちは、10億ドル以上もの暗号資産資産を保有すると言われています。

ロジャー・バー

まだビットコイン(BTC)が1ドル前後だった時に可能性を感じ、多額の投資をしたところ、推定資産が10億ドル以上になったと言われています。

現在はエンジェル投資家としても活躍しており、ビットコイン(BTC)から分岐したビットコインキャッシュ(BCH)を支持していることで有名です。

タイラー&キャメロン・ウインクルボス兄弟

ウィンクルボス兄弟は、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏と同じハーバード大学の学生で、マーク・ザッカーバーグ氏に訴訟を起こし、賠償金6500万ドルを手に入れたことで有名です。

双子の兄弟はビットコイン(BTC)の初期の頃からその魅力に気づき、まだ価格が安かったときに大量購入しました。その結果、10億ドル以上もの暗号資産資産を手に入れることができたと言われています。

なお、このような人たちの多くは、かなり早い段階から暗号資産に魅力を感じ、そこに金銭的・時間的なリソースを割いてきた人たちとは言えるでしょう。

暗号資産ビットコイン(BTC)が注目されている理由

1. 暗号資産ビットコイン(BTC)は国の財政に影響を受けない

2013年に起こった「キプロス危機」を覚えているでしょうか。

キプロスは、トルコの南に浮かぶキプロス島からなる国で、面積は日本の四国半分ほどです。主な産業は、観光業や金融業などで、高金利と低税率で海外からの多くの資金を集めていました。

そのため、銀行資産がGDPの数倍になるまで巨大化し、2012年に起こったギリシャ危機の連鎖によって、キプロスの銀行で多額の不良債権が発生してしました。

EU加盟国であるキプロスは、EUへの金融支援を依頼しましたが、EUによる金融支援の条件は、預金者へ多額の費用を負担してもらうものでした。キプロス政府はこれを独断で承諾し、銀行を封鎖し、預金の引き出しを凍結しました。

現金を預けている人たちは焦って国外へ預金を逃そうとしますが、ここで使用されたのがビットコイン(BTC)でした。

序盤でもお伝えしましたが、ビットコイン(BTC)は各国が管理する法定通貨ではありません。つまり、ビットコイン(BTC)の送金は国や銀行の制限を受けないということです。

そのため、投資家たちは国による理不尽な決定や銀行の閉鎖にかかわらず、ビットコイン(BTC)を使ってお金を移動させることができました。

2. 世界中で利用できる場所が増え続ける暗号資産

2014年に、当時世界のビットコイン(BTC)総取引量の7割を占めていた取引所のマウントゴックス社が、顧客が保有する約75万BTCと、自社保有の約10万BTCを不正アクセス被害により消失しました。

被害総額が当時の取引価格で約470億円にまで上ったこのマウントゴックス事件をきっかけに、日本人の暗号資産に対する不信感が募ったことは確かです。2018年までにも世界中の取引所で不正アクセスなどが起こったりしていることもあり、今なおその不信感は拭えていない状況となっています。

しかし、世界ではビットコイン(BTC)を使用できる箇所は増え続けており、アメリカではビットコイン(BTC)で税金を支払うことができる州が現れているほどです。

2009年にビットコイン(BTC)が誕生した時には1BTCあたり1円にも満たない価値でしたが、その価値は1BTCあたり約40万円にまで膨らんでいます(2019年1月時点)。

このように今なおビットコイン(BTC)が価値を保てているのは、それだけ世界的に投資家から信用を集めているということにも繋がります。

続いて、『じゃあ、暗号資産って実際に稼ぐことができるの?』という本題に入りたいと思います。

1. 取引するにあたって原資はどのくらい必要?

暗号資産で稼ぐ
まず、暗号資産を始めるにあたって、どのくらいの資金を用意するかを決めなくてはいけません。

現在1BTCが約40万円と聞くと、なかなか手が出せないイメージがありますが、暗号資産は0.001BTCなどの少額から購入することが可能です。

たとえば、Coincheckなら暗号資産の最低購入額は500円となっています。登録から口座開設も簡単で、スマホアプリでも数タップで簡単に購入することができます。

2. 実際に暗号資産を買いたい!取引所と販売所の違いとは?

ビットコイン取引所
暗号資産を買う方法は、「販売所」と「取引所」の2種類があります。

両者の違いを一言で簡単に表すと、暗号資産の購入先が違います。

  • 取引所は個人間から直接、暗号資産を売買する場所で“CtoC”
  • 販売所は仮想通業者から直接暗号資産を売買する場所で“BtoC”

販売所

販売所との売買の場合は、Coincheckなどの暗号資産交換業者から、直接暗号資産を購入する形です。業者が提示する金額で購入するかどうかを自分自身で決めます。

例えば、Coincheckが1BTCを10万円で販売している場合、10万円のレートで提示しているCoincheckから、どのくらいの数量を購入するかを決めます。

取引所

一方で取引所は、不特定多数の人と取引所を介してビットコイン(BTC)を売買します。例えば、「BTCを欲しい!」と思ったときに、誰かが1BTCを売りに出していれば、それを個人間で売買することが可能になります。

例えば、売る側が提示している金額で自分が買いたくなければ、逆に値段を決めて買い注文を出すことができます。

取引所は、自分の決めた値段で注文を出せる「指値注文」などを利用できるなどのメリットがありますが、暗号資産の取引の初心者には、多少ややこしく感じる部分があるかもしれません。

また、取引所はCtoC(個人間取引)となるため、自分の希望価格に合った相手が現れない場合には、取引を行うことができません。

さらに、取引所の場合は操作ミスが起きやすく、『1桁間違えて売買してしまった!』という失敗も少なくありませんので、利用する際には注意が必要です。

3. 暗号資産で稼ぐための取引の種類について

ビットコイン(BTC)の取引
暗号資産で稼ぐための取引の種類にはいくつかありますが、代表的な暗号資産の取引には、「現物取引」と「レバレッジ取引」があります。

暗号資産の現物取引とは?

暗号資産の代表であるビットコイン(BTC)を例にして、現物取引についてご紹介します。現物取引はとてもシンプルです。

例えば、1BTCを5万円で購入し、1BTCが10万円になったときに売れば、5万円の利益がでるというものです。つまり、ビットコイン(BTC)の価格が安い時に買って、高い時に売ることができれば儲かります。

ちなみに、ビットコイン(BTC)を現物として購入した場合は、購入した暗号資産の取引所で売るだけでなく、他の取引所などに送金することもできます。

暗号資産のレバレッジ取引とは?

※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。

口座に入れた現金を証拠金(保証金)として、その何倍もの暗号資産を売買して取引することを、レバレッジ取引といいます。レバレッジ取引であれば、口座に入れているお金の現金を超える価値の暗号資産の取引が可能になります。

例えば、レバレッジが「5倍」の場合、10,000円を証拠金として口座に入れておけば、50,000円分の暗号資産を取引することが可能になります。

レバレッジ取引は、暗号資産を買うことを「ロング」とよび、暗号資産を売ることを「ショート」と呼びます。現物取引と違い、手元に暗号資産がなくても、売り注文をだすことができるのが特徴です。

そのため、暗号資産の価格が下がっている時でも、ショートをすることで利益をあげることができる可能性があります。

しかし、レバレッジ取引は自分の持っているお金よりも大きな取引をすることができるため、当然ながらリスクがあります。

もし、大きな利益を得られる可能性がある反面、大きな損失を出してしまう可能性もありますので、利用する際には注意が必要です。

4. 購入した暗号資産を貸し出して運用してみる

また、暗号資産の取引所によっては、暗号資産(暗号資産)を貸し出すことで、利益をあげることができる貸暗号資産サービスがあります。

Coincheckの貸暗号資産サービスでは、最大年率5%で貸した暗号資産を増やすことができます。

ビットコイン(BTC)を含む合計15種類以上の暗号資産に対応しており、貸出期間も14日間・30日間・90日間・365日間の4種類から選べます(2019年6月時点)。

5. 暗号資産を複利で運用してみる

アルトコイン
複利で運用するというのは、投資で得られた利益を、そのまま再投資する方法になります。

例えば、100万円を暗号資産に投資して年率30%で運用できた場合、投資1年後には130万円になります。そうすると、2年目の元金は130万円となっています。

そちらの元金をさらにそのまま投資した場合、投資2年後には169万円となり1年間で39万円の利益が得られる計算になります。

これを、5年、10年と続けていくと利息が利息を生んで、どんどんと資産が増えていくことを目指すのが複利運用です。

もちろん、毎年このように上手に稼げるとは限りませんが、暗号資産で増えたお金は再度暗号資産に投資することで、さらに大きな利益をあげることができる可能性はあります。

Coincheck(コインチェック)が選ばれる理由とは?

コインチェックの取り扱い通貨
国内の大手暗号資産の取引所の一つであるCoincheckでは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの主要3通貨をはじめ、合計11通貨の暗号資産を取り扱っています。

他の国内取引所に比べて暗号資産の種類が多くなっており、様々な種類の暗号資産の中から購入するコインを選ぶことができます。

また、Coincheckの口座開設はシンプルで、初心者でも簡単に取引を始めることができます。ウェブサイトのデザインも見やすく、特にスマホアプリが使いやすいと評判です。

コインチェックアプリのウィジェット機能を利用することで、相場の変動を外出先でもスマホからいつでもすぐに確認することもできます。

暗号資産の取引についてのまとめ

投資が初めての方でも、暗号資産の取引は簡単に始めることができます。

しかし、暗号資産で大金を稼いだ人の話を鵜呑みにして「毎月〇万円稼ぎたい!」と、必要以上の資金を暗号資産に投じることはお勧めしません。

暗号資産の取引をする際には、生活に必要な資金以外の余剰資金で、まずは少額から始めてみてはいかがでしょうか。