NFTとは?仮想通貨との違いや利益を出す方法、最新の活用例を紹介

NFT(Non-Fungible Token)とは、代替不可能なトークンのことで、他のトークンとは異なる特色を持ちます。

代替不可能なトークンとは、唯一無二の「一点物」の価値を生み出せるトークンという意味で、現在ではブロックチェーンゲームにおいて主に活用されています。

また、デジタルデータに唯一性を与えることができるNFTは、ゲーム以外にも会員権や不動産の所有の証明、著作権やアートなどさまざまな分野で実用化が進んでいます。

本記事では今話題のNFTにスポットを当て、以下の項目について詳しく解説していきます。

この記事でわかること

※コインチェック株式会社は、2021年3月24日に「Coincheck NFT(β版)」のサービスを開始しました。Coincheck NFT(β版)では、『The Sandbox』『CryptoSpells』『Sorare』など、さまざまなタイトルのNFTを取り扱っています。

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は暗号資産の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから暗号資産を始める方々に「暗号資産について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社

NFTとは?暗号資産との違い

NFT(Non-Fungible Token)とは主にイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で構築できる代替不可能なトークンのことです。このNFTの技術がゲーム分野や不動産分野で活用され、革命を起こそうとしています。

もう少し具体的に解説すると、代替不可能なトークンには、唯一無二の価値を持つという特徴があります。

Non-Fungible Token

例えば、Aさんが持っている1ビットコインとBさんが持っている1ビットコインは同等の価値であり、交換することができる「代替可能」なものです。

一方で、「代替不可能」とは、全く同じものが存在しない、例えば「金メダル選手の直筆サイン入りTシャツ」のような一点物であることを意味しています。

NFTと暗号資産の違い

一点物で変わりがないトークンのことをNFTというのに対して、暗号資産(仮想通貨)のような代替可能なトークンことをFT(Fungible Token / 代替可能トークン)と呼びます。両者の違いは以下の通りです。

NFT FT
特徴 代替不可能
(同じトークンが存在しない)
代替可能
(同じトークンが存在する)
トークン規格 ERC721
ERC20
活用されている分野 ゲーム、不動産、スポーツ、アート、会員権 など 暗号資産 など

NFT技術は、この「代替不可能」という性質があるために、ゲーム内で独自の価値を持つキャラクターを生み出したり、会員権や不動産などの所有の証明に利用されたりと活用の幅が広がっています。

ERC721規格

NFTの発行において多く採用されているのが、イーサリアム(ETH)の「ERC721規格」です。

イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを元に発行されたトークンをERCトークンと呼びますが、ERCは、Ethereum Request for Commentsの略で、スマートコントラクトの規格のことを指します。

ERCは規格ごとに番号がついていますが、多くのERCトークンは基本的機能が備わったERC-20という規格を利用しています。

ERC721はERC-20ほど知名度は高くありませんが、1つ1つが独立した価値を持つというERC-20にはない特徴を持っています。

NFTの4つの特徴

Non-Fungible Token

NFTには、主に以下の4つの特徴があります。

  • 唯一性
  • 取引可能性
  • 相互運用性
  • プログラマビリティ

唯一性

前述した通り、NFTはブロックチェーン上で構築されているため、作成するデータに対して「唯一性」を付与することができます。

言い換えるなら、データであっても現物の絵画や宝石などと同じようにコピーや改ざんができない、一点物を作成することが可能ということになります。

取引可能性

NFTは特定の組織にではなく、非中央集権的なブロックチェーンによって管理されています。そのため、ビットコインなどの暗号資産と同じように、所有するNFTを自由に移転・取引することが可能です。

相互運用性

大半のNFTは「ERC721」という共通の規格で発行されているため、この規格に準じているウォレットやマーケットプレイスであれば原則どこでも取引が可能です。

プログラマビリティ

プログラマビリティ

プログラマビリティとは、さまざまな付加機能をデータにプログラムできることをいいます。

プログラマビリティを利用することで、NFTの作者は2次流通時の手数料や取引数量の制限などを事前にプログラムすることが可能になります。この機能を活用することで、NFTが作者の手元を離れても、「流通時には購入代金の一部が作者に振り込まれる」というような仕組みを作ることができます。

また、このプログラマビリティを活用することで、NFTの作者はJASRACのような著作権を管理する団体を介さずに手数料を徴収することも可能になります。

NFTが注目されている理由

Non-Fungible Token

ブロックチェーン技術はすでにフィンテック分野などで活用されていますが、NFTの特色を追加することで、さらに他の分野での活用が広がることが期待されています。

NFTには、他のトークンにはない代替不可能という特徴があります。

それにより、NFTは固有の価値を証明することが可能になり、会員権や不動産の所有の証明や売買が実現するなど、ブロックチェーンの利用シーンを広げることができます。

今後も他のトークンにはない特色を持つNFTが、あらゆる分野のデジタル化や簡略化を進めていくと期待され、大きな注目を集めているところです。

【2021年話題沸騰の「NFT」】約6割が知っていると回答

コインチェック株式会社の提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」では、2021年10月13日から10月27日の期間、全国の男女4,150名を対象に「NFTに関する意識調査」を実施しました。

同アンケートでNFTの認知度について調査すると、全体で約6割の方がNFTを既に知っていると回答しており、約2割の方が実際にNFTを保有していることがわかりました。また、NFTという言葉を耳にしたことがある人は9割近くを占めており、NFTの認知はかなり広がり身近な存在になりつつあるようです。

Non-Fungible Token

参照:Coincheck「【2021年話題沸騰の「NFT」】約6割が知っていると回答 、一方で購入ハードルはまだ高いという結果に 」

そのほかにも、日経トレンディが2021年11月に発表した「2022年ヒット予測」で「NFTトレカ/アート」が3位に選ばれたり、英語辞典「コリンズ」を出版する米出版大手ハーパーコリンズが、2021年に頻繁に使われた代表的な言葉として「NFT」を選んだりするなど、金融に限らずNFTはさまざまな業界から大きな注目を集めています。

参照:日経クロストレンド「ももクロが先駆者 22年は「NFTトレカ&アート」が爆発的普及?」

NFTで利益を出す3つの方法

Non-Fungible Token

NFTに興味がある方の中には、「どうやってNFTで利益を出すのか」が気になっている人も多いのではないでしょうか?

NFTで利益を出す方法には、主に以下の3つがあります。

  • ①NFTの取引で売却益を狙う
  • ②自身で制作したNFT作品をマーケットに出品する
  • ③NFT関連の暗号資産を購入する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①NFTの取引で売却益を狙う

世の中にはさまざまなNFTが流通していますが、その多くはCoincheck NFT(β版)のようなNFTを取り扱っているマーケットプレイスで取引されています。

NFTは株や暗号資産、不動産などと同じように、時間の経過とともに価値が変動します。そのため、購入したNFTを価格が上がったときにマーケットプレイスに出品・販売することで売却益を得ることができます。

②自身が制作したNFT作品をマーケットに出品する

NFTマーケットプレイスでは、自身が制作したNFT作品を出品・販売することも可能です。

そのため自分でイラスト、音楽、VRアートなどの作品が作れる人は、それをマーケットに出品した後、買い手が見つかれば収益を得ることができます。

③NFT関連の暗号資産を購入する

暗号資産の中には、特定のNFTゲームやNFTプラットフォーム内で使用するために開発されたNFT関連の銘柄があります。

一般的に、ゲームやプラットフォームなど大元となるNFTの需要や知名度が高まると、それに関連する暗号資産の価値も上がる傾向があります。そのため、将来性の高そうなNFTに関連する銘柄を取引所で購入し、値上がりしたときに売却すれば利ざやを得ることが可能です。

なお、NFT銘柄の中で有名なものには、エンジンコイン(ENJ)SAND(サンド)などがあります。
どちらの銘柄もコインチェックで取扱いがあるため、気になる方は以下の記事を参考に、購入を検討してみてはいがでしょうか。

NFTの具体的な活用例

Non-Fungible Token

NFTは、代替不可能なトークンであるがゆえに、色々な分野での活用が進められてきています。

本章では、すでに実用化が進んでいる以下の分野について具体的に解説していきます。

ゲーム

Non-Fungible Token

現在のところ、NFTはゲーム分野において主に利用されています。

ブロックチェーン技術をベースに開発したゲームのことを「ブロックチェーンゲーム」や「DAppsゲーム」と呼びますが、そのブロックチェーンゲーム内のアイテムやキャラクターにNFTが活用されています。

NFTは唯一無二の価値を生み出せる特徴があるトークンのため、既存のゲームと比べて下記のようなメリットを生み出すことが可能です。

ブロックチェーンゲームと既存ゲームの違い

既存のゲームとブロックチェーンゲームの違いを、表にまとめました。

既存ゲーム
ブロックチェーンゲーム
・ゲーム内で稼いだお金はゲーム外では利用できない
・ゲームが終われば取得したアイテムやキャラクターは消える
・チートプレイが行われることがある
・ゲーム内で取得したアイテムが資産になる
・苦労して集めたアイテムやキャラクターが消えない
・チートプレイに悩まされる心配がない

既存のゲームでは、ゲーム内で通貨やコインを得たとしても、基本的にゲーム外での利用は不可能でした。

しかし、ブロックチェーンゲームにおいては、ゲーム内で取得したアイテムやキャラクターなどのデジタルアセットにNFT技術を活用することで、異なる対象のゲーム内で利用したり、対象のマーケットプレイス内で自由に売買を行うことが可能になります。

また、ブロックチェーンゲームは分散管理を行っており、不正をしても世界中の参加者(ノード)の合意形成が必要なので、チートプレイをしてもすぐにバレてしまいます。そのため、ブロックチェーンゲームならチートプレイに悩まされることなく安心してプレイができます。

おすすめのブロックチェーンゲーム5選

数あるブロックチェーンゲームの中から、おすすめのタイトルを5つ厳選しました。

どのゲームもファンが多く、あらゆる世代の人が楽しめるものになっているので、ぜひチェックしてみてください。

ブロックチェーンゲームの取引なら「Coincheck NFT(β版)」

2021年3月24日にローンチした「Coincheck NFT(β版)」は、国内初となる暗号資産交換業者が運営するNFTマーケットプレイスです。

Coincheck NFT(β版)では、BCG(ブロックチェーンゲーム)として日本で有名な『クリプトスペルズ』、仮想空間やボクセルアートを楽しめる『The sandbox』、現実のサッカーの試合の戦績がゲームのスコアに反映されるカードゲーム『Sorare』などのアセットの売買を行うことができます。

「ブロックチェーンゲームのアセットを買いたい(売りたい)」という方は、ぜひCoincheck NFT(β版)をご利用ください。

アート

絵画やイラスト、写真などのアート作品は、これまではモノとして取引されるのが一般的でした。しかし、NFTによって無形のアセットにも所有の証明ができることになり、デジタルアートにも希少価値を持たせることが可能になりました。

それに伴い、Nifty Gateway(ニフティ ゲートウェイ)SuperRare(スーパーレア)など、デジタルアートの取引を専門に行うマーケットプレイスが現れ、投機目的で市場に参加するトレーダーが増加しました。

デジタルアートが高値で取引された例としては、2021年3月にデジタルアーティストのBeepleによるNFTアート「EVERYDAYS: THE FIRST 5000 DAYS」が、NFT史上最高額となる約6,900万ドル(約75億円)で落札され話題になりました。

Non-Fungible Token
引用:Christie’s

また、2017年にリリースされ最古のNFTプロジェクトとして知られる「CryptoPunks(クリプトパンクス)」や、CryptoPunksを手掛けたLarva Labsが2021年にリリースした「Meebits(ミービッツ)」などもNFTアートとして有名です。

リリース当初、CryptoPunksは無料で配布されましたが、人気が高まるにつれ希少価値がつくようになり、2021年3月にはあるキャラクターが4,200ETH(当時の価格で約8億円)で売却され、大きな話題になりました。

CryptoPunks

引用:CryptoPunks Bot

さらに、日本国内でもVRアーティストとして活躍するせきぐちあいみ氏のVR作品「Alternate dimension 幻想絢爛」が、NFTマーケットプレイスの「OpenSea」で約1,300万円で落札され話題を集めました。

せきぐちあいみ

引用:note(せきぐちあいみ)

このように、NFTはアート分野でも大きな盛り上がりを見せています。

コレクターズアイテム

NFTトレカ

引用:SKE48×NFTトレカ

トレーディングカードやアニメの限定アイテムなども、NFTとして発行・販売されています。例えば、人気アイドルグループ「SKE48」とのコラボで話題となったNFTトレカなどがこちらに該当します。

2021年9月には集英社のマンガアート部門「集英社マンガアートヘリテージ」が、人気マンガ『ONE PIECE』の連載1,000回・コミックス100巻発売を記念して、活版印刷作品10点をNFTとして販売し話題になりました。

ONEPIECE

(c)2021, Eiichiro Oda /Shueisha Inc. All rights reserved.

参照:株式会社集英社「集英社マンガアートヘリテージ、尾田栄一郎『ONE PIECE』活版印刷作品を販売開始」

このようなコレクション性の高いNFTは、一部のファンを中心に熱狂的な人気を集めています。また、希少性の高いNFTには高値がつきやすいため、中には投機目的で保有している人もいるようです。

Coincheck NFT(β版)では、NFTトレカやなどのNFTを取り扱っています。今すぐNFTを売買されたい方は下記よりアクセスしてください。

※Coincheckの口座開設が完了している方のみ利用できます。口座開設がまだ完了していない場合はこちらをご覧ください。

ファッション

NFTファッションとは、デジタル上のファッションに、NFT(ノンファンジブル・トークン)の技術を掛け合わせたものを指します。

NFTの持つ唯一性、改ざんが不可能といった特性が加わることで、デジタル上のファッションに所有の証明、1点ものの価値を付与することが可能になりました。

これにより、これまでの主にAR技術を活用し、アバターや自身の写真を元にデジタル上での試着が行える、といったデジタルファッションの主な用途に加え、商品としての価値が生まれました。

Gap(ギャップ)

Gap

引用:Gap Threads

アメリカの大手アパレルブランド「Gap」は、2022年1月に初となるNFTコレクション「Gap Threads」を発表しました。

同コレクションでは、Gapを象徴するフーディー(パーカー)をモチーフにしたNFTファッションが登場。コレクションは「コモン(Common)」、「レア(Rare)」、「エピック(Epic)」、「ワンオブアカインド(One of a Kind)」の4種類のカテゴリーに分かれており、コモンとレアの作品を購入することで、エピックの作品を購入する機会が得られます(ワンオブアカインドはオークション形式で販売)。

なお、エピック・カテゴリーのNFTコレクションを手に入れると、ニューヨークを拠点とするアーティスト・Brandon Sinesによる限定デジタルアートと、同氏が手がけるキャラクター・Frank ApeとGapのコラボフーディー(現物)を入手することができます。

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)

イタリアを代表するラグジュアリーブランドの「ドルチェ&ガッバーナ」は、デジタルマーケットプレイスの「UNXD」と連携して、2021年9月に初となるNFTコレクション「Collezione Genesi(ジェネシス コレクション)」を発売。9点で総額1885,73ETH(約6億円)という高値で落札され、話題になりました。

スポーツ

野球やサッカー、バスケットボールなどのプロリーグに所属する選手のNFTを販売するケースも見られます。

例えば、2021年3月にはNBAのスタープレイヤーであるレブロン・ジェームズ選手によるダンクシュート映像がNFT化され、約21万ドル(約2,400万円)で売却されました。

Non-Fungible Token

引用:NBA Top Shot

また同年3月14日には、当時ユヴェントスFCに所属していたクリスティアーノ・ロナウド選手のNFT(Sorareというゲーム内で使用するNFT)が28万9,920ドル(約3,200万円)で売却され、こちらも話題を集めました。

Sorare

引用:Sorare

会員権

会員権をNFT化して販売するという活用方法もあります。

例えば、アメリカ経済誌『Forbes』では、「オンライン記事を読む際に広告を表示しない権利」を付加した会員権を販売しました。この会員権はNFT化されており、イーサリアム(ETH)でのみ購入が可能です。

NFTを活用した会員権であるため、これまでの会員権とは異なり他者へ譲渡することもできます。

このようにNFT化された会員権は、他者への権利移動をスムーズに行えるメリットがあるために、今後もオンラインサロンなどで導入されることが期待されています。

参照:Unlock Protocol

不動産

不動産をNFT化して、売買手続きなどを簡略化するといった活用方法もあります。

例えば、OpenLawと呼ばれるブロックチェーンのプロトコルでは、不動産をNFT化することで、売買にかかわる契約書の作成や実行を安全に行うことが可能です。

これまで複雑で時間がかかっていた不動産の手続きが、NFT化することによって簡略化されるため、大きな注目を集めています。

ただ、OpenLawにおいて簡略化されたのは、不動産の所有の追跡と売買契約のみで、利子や税金といった複雑な契約に関しての実装化はまだ行われていません。

今後、不動産分野において、NFTの活用をさらに発展させることが期待されています。

参照:OpenLaw

担保ローン

NFTを担保として資産を借り入れるという活用方法もあります。

例えば、Rocketと呼ばれるプロダクトでは、NFTを担保にするとDAI(暗号資産)を借り入れることができます。

借り入れまでの流れを簡単に解説すると、ユーザーが自分のNFTをRocketにロックし、Rocket側で審査が行われた後、DAIが支払われるといった流れです。

担保資産の価格が一定比率を下回って下落した場合、OpenseaなどのNFTマーケットプレイスにて売却されるという仕組みになっています。

その他(ツイート、オンラインチケットなど)

TwitterのツイートやオンラインチケットなどをNFTとして販売する動きも見られます。

2021年3月22日、TwitterのCEOを務めるジャック・ドーシー氏の初ツイートがNFTとしてオークションにかけられ、約290万ドル(約3億1,500万円)で落札され話題になりました。

実際に落札されたのは以下のツイートです。

Non-Fungible Token

引用:jack

ツイートのような一見価値のないようなものであっても、需要が高ければ資産化できるのがNFTの大きな特徴です。

NFTは直接取引が可能!4つのマーケットプレイスの紹介

取引

ゲームのアイテムやキャラクターなどに活用されているNFTは、マーケットプレイスという場所で売買することが可能です。

マーケットプレイスが盛り上がれば、NFTの活用や認知度もアップすることが予測されるため、どのようなマーケットプレイスがあるか押さえておくことをおすすめします。

本章では、NFTのマーケットプレイスの事例4つについて紹介します。

  • Coincheck NFT
  • Opensea(オープンシー)
  • Miime(ミーム)
  • Nifty Gateway(ニフティ ゲートウェイ)

Coincheck NFT

Coincheck NFT

Coincheck NFT(β版)は国内初となる、暗号資産交換業者が運営するユーザー同士でNFTと暗号資産の交換取引ができるマーケットプレイスです。

2021年3月24日ローンチ時点では『CryptoSpells』と『The Sandbox』で利用可能なNFTの売買が可能。今後はゲームのみならず、アートやスポーツなど幅広い分野に拡大していく予定です。

Opensea(オープンシー)

2017年12月に創業されたNFTマーケットプレイスで、ブロックチェーンゲームのキャラクターやアイテム、トレーディングカードの取引を主にイーサリアム(ETH)を利用して行うことが可能です。

Opensea(オープンシー)は、現在のところ、200以上のカテゴリーを誇り、さらに400万個以上のアイテムの取引ができる世界最大のマーケットプレイスになります。

HP:https://opensea.io/

Miime(ミーム)

miime(ミーム)は、Coincheck Technologies株式会社が運営するNFTマーケットプレイスで、イーサリアム(ETH)かクレジットカードでの決済が可能です。

Opensea(オープンシー)同様、NFTの出品や購入が可能です。
今後、サービス展開や使いやすさの改善を経て、多くのユーザーを集めることが期待されています。

Nifty Gateway(ニフティ ゲートウェイ)

Nifty Gatewayは、2018年11月にクレジットカードでNFTを取引するためのゲートウェイサービスとしてリリースされ、その後、暗号資産取引所Geminiが買収したことで有名なマーケットプレイスです。

2020年3月には「Nifty Gateway2.0」がリリースされ、米ドルでの決済機能も追加されました。

アーティストや著名人のデジタルグッズを取り扱うサービスを展開していることが特色のひとつです。

HP:https://niftygateway.com/marketplace

NFTの将来性

hoge

NFTの将来性について、

  • 今後のビジネス展開
  • イーサリアム(ETH)(暗号資産)

という2つの視点でまとめました。

NFTの今後のビジネス展開について

NFTは、現在のところ主にゲーム分野での活躍が目立っていますが、不動産や会員権といった分野でも活用され始めています。

しかし、まだまだ活発に実用化が進んでいるとは言えないため、今後の展望に注目が集まっています。

今後のビジネス展開としては、NFTの代替不可能な特徴を生かし、所有の証明や身分証明が必要な分野、著作権やアートの分野で、実用化が進んでいくと予測されています。

このように、あらゆる産業のデジタル化、簡素化を実現する技術として、NFTは多くのビジネス領域で活用されることになるでしょう。

イーサリアム(ETH)の価格予測

NFTは、主にイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で構築されているため、NFTのビジネス展開が進めばイーサリアム(ETH)の価格上昇に貢献する可能性もあります。

今後、NFTの法律面での整備が進んだり、マーケットプレイスが活性化されることで、NFTの知名度が上がり、イーサリアム(ETH)の価格に影響を与えることも考えられます。

イーサリアム(ETH)の将来性を予測するためにも、NFTの今後を見守っていく必要があるでしょう。

NFTを売却した際にかかる税金に関して

結論から言いますと、NFTを売却した際にかかる税金は雑所得として課税されます。暗号資産の取引で得た利益は雑所得として課税されますがNFTも同じ雑所得の区分に分類されます。

暗号資産を取り巻く各種税制に関する調査・研究を行う、「一般社団法人 日本仮想通貨税務協会(JCTA)」は、NFTの課税上の取り扱いについて以下のような見解を示しています。

NFT同士の交換も暗号資産の交換と同様に、所得を構成する取引であるか否かが論点が生じます。

所得税法では、個人の担税力を増加させる利得はすべて所得を構成すると解されています。NFTそのものが独立して価値を有するものであって、その売買や交換により所得が生じた場合には原則として雑所得として課税されると考えられます。その場合、原則として売買や交換の都度、取引を認識する必要があります。

引用:【仮想通貨税務における諸論点の取扱いに関する見解】

『Coincheck NFT』業界初となるNFTマーケットプレイス事業を開始

CoincheckのNFTマーケットプレイスの特徴

Coincheckは業界初の取り組みとして、ブロックチェーン上に記録されたゲームのキャラクター、美術品、不動産等のノンファンジブルトークン(以下、NFT)を暗号資産と交換できるNFTマーケットプレイス『Coincheck NFT(β版)』を2021年3月24日より開始しました。

Coincheck NFT(β版)では、『The Sandbox』『CryptoSpells』『Sorare』など、さまざまなタイトルのNFTを取り扱っています。

NFTに関するFAQ

NFTに関するよくある疑問を、Q&A形式でご紹介します。

Q.NFTと暗号資産の違いはなんですか?

Non-Fungible Token

A.ビットコインなどの暗号資産は代替可能ですが、NFTは代替不可能な点が異なります。

トークンに唯一無二の価値を持させることができるNFTは汎用性が高く、ゲームやアート、不動産や会員権など幅広い分野での実用化が進んでいます。

Q.NFTはいくらから購入できますか?

A.NFTの価格は、基本的に売り手が自由に決めることができます。

ブロックチェーンゲームのアイテムなどは、0.0001ETHなどの安値で売られているものもあります。

Q.NFTを購入するメリットとデメリットは?

A.NFTはブロックチェーンで保管されているので、実物のアセットと比べて破損したり紛失する危険性が低いというメリットがあります。

また、MetaMask(メタマスク)などの暗号資産用のウォレットを持っていれば、手軽に市場で売買できる点も魅力です。

しかしその性質上、NFTにはアセットを物として所有することができないというデメリットもあります。例えばデジタルアートの場合、所有者は実物の作品を額に入れて鑑賞することはできず、モニターを通じて鑑賞する必要があります。