お金を増やす方法を解説!増やすための3つの視点と22の具体的手法

「お金を増やしたいけど、何から始めればいいか分からない」

あなたは今、将来の不安などからお金を増やしたいと考えていませんか?

先行きの見えない昨今において、ある程度のお金を貯蓄しておくのは大切なことです。将来への不安を最小限に抑えるためにも、お金を増やすことをなるべく早く真剣に考えていきましょう。

とはいえ、一口に「お金を増やしたい」と言ってもたくさんの方法があり、どれが自分に合っているのか分からないと混乱してしまう人も多いのではないでしょうか?

実は、お金を増やす方法は大きく分けると、「収入を増やす」「支出を減らす」「投資を行う」の3つしかありません。

お金を増やす方法について複雑に考えすぎずに、それぞれポイントに絞って整理すれば、どんな状況の人でも自分に合ったお金を増やす方法が見えてくるはずです。

本記事ではお金を増やす方法について、下記の通り解説していきます。

  • お金を増やす方法は大きく分けて3つのみ
  • 収入を増やすポイント
  • 支出を減らすポイント
  • 投資でお金を増やすポイント

お金を増やす方法について整理し、それぞれのポイントをチェックすることで、自分に合った方法を選べるようになります。

さらに、

お金を増やすのに安全でおすすめな投資方法2選

についても紹介していきます。

投資について苦手意識を持つ人も多いかもしれませんが、リスクを押さえてお金を増やせる可能性のある有益な方法なので、ぜひチェックしてみてくださいね。初心者でも安心して始められる方法のみをピックアップしています。

本記事を読むことで、お金を増やす方法を簡単に理解でき、自分に合ったお金を増やす方法を選べることでしょう。

執筆Coincheck Column編集部

Coincheck Column編集部は仮想通貨の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから仮想通貨を始める方々に「仮想通貨について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社

お金を増やす方法は大きく分けて3つ

“お金を増やす方法”

お金を増やして将来の不安をなくしたいという人の中には、「何から始めればいいのか分からない」「選択肢がたくさんあって混乱する」と考える人も多いでしょう。

しかし、実際には「お金を増やす方法」は大きく分類して下記の3つのみになります。

  • ①収入を増やす
  • ②支出を減らす
  • ③投資でお金を増やす

まず、想像しやすいのが①の収入を増やすことでしょう。副業や転職といった方法で収入を増やし、結果として手元に残るお金を増やします。大きなリスクもなく、自分自身のスキルアップにつながるといったメリットがあります。

しかし、収入を増やすのはそう簡単なことではなく、時間がかかることがほとんどなので忍耐力が必要です。

次に、比較的簡単にできるのが②の支出を減らすことです。収入を増やすのには時間がかかりますが、支出を減らす場合には、今すぐできることがほとんどです。

固定費を削ったり、日々の支出を見直したりすることで支出を減らし、手元に残るお金を増やしていきましょう。

ただ、節約は行動に移しやすいことがメリットではありますが、お金をたくさん増やすのは難しいという点がデメリットです。

最後に、収入から支出を引いて残った金額を③投資に回してお金を増やしていく方法が考えられます。

1度投資の仕組みを作ってしまえば、あとは努力をしなくても自然にお金が増えていくことがほとんどです。さらに、大きくお金を増やすことができる可能性も秘めています。

しかし、投資の最低限の知識を得る必要があることと、増えるどころかお金が減ってしまうリスクがあるということがデメリットと言えるでしょう。

お金を増やす3つの方法と、それぞれの代表的なメリットとデメリットを一覧表にまとめました。

“お金を増やす方法”

次章からは、お金を増やす3つの方法「収入を増やす」「支出を減らす」「投資を行う」について、それぞれのポイントと、メリット・デメリットを詳しく解説していきます。

収入を増やすために押さえておくべき2つのポイント

“お金を増やす方法”

お金を増やすための1つ目の方法として、『収入を増やす』ということが考えられますが、収入を増やすために押さえておくべきポイントは下記2つです。

  • 主収入を増やせるかどうかを考える
  • 収入の種類を増やせるかどうかを考える

ひとつひとつ詳しくみていきましょう。

主収入を増やせるかどうかを考える

収入を増やすためのポイントとして、まずは、現在の主収入を増やせるかどうかを考えてみましょう。

例えば、現在勤めている会社で出世することで給与収入がアップするようなら、チャレンジしてみるとよいでしょう。現在、アルバイトや派遣職員として勤務しているのであれば、正社員を目指して収入アップにつなげるというのもひとつの方法です。

また、成果主義の会社であれば、自分が実績を上げて会社に収益をもたらすことで、給与アップにつながります。自己鍛錬のためにもスキルを磨いて結果を出していく努力をしてみましょう。

一方で、現在の会社で給与アップをするのが難しいのであれば、給与の高い会社に転職するという方法もあります。

現在の会社での給与アップについては、大幅な収入増を望むことは難しいですが、転職に成功すれば大きく収入が増える可能性もあります。

“収入を増やす方法”

上記の中で自分に合う主収入アップ方法があれば、チャレンジしてみることをおすすめします。

しかし、どの方法も難易度が比較的高い割に、転職以外は大きく収入をアップさせることが難しいでしょう。

転職に関しても高収入の会社は競争率が高く、また業務内容が専門的であったり長時間労働が必須だったりなど、大きく給与を増やすためにはそれなりの犠牲が必要となることが多いと言えます。

収入の種類を増やせるかどうかを考える

主収入を増やすことが難しければ、収入の種類を増やせるかどうかを考えてみましょう。

例えば、副業を行って収入の柱を増やしてみるのはどうでしょうか。昨今では国や会社も副業を推奨しているので、主の仕事以外にやってみたいことがあればチャレンジしてみることをおすすめします。

主な副業としては、土日にアルバイトを入れるという方法だけでなく、クラウドソーシングを利用する、ブログやYouTubeを始めるといった色々な方法が考えられます。

“収入の種類を増やす方法”

上記の中で自分に合う収入の種類を増やす方法があれば、試しにはじめてみてはいかがでしょうか。

ただ、収入の種類を増やす方法は、平日の仕事とは別に仕事を持つことになるので、時間と体力を消耗するといったデメリットがあります。アルバイトやクラウドソーシングを始めれば確実に収入が増えますが、忙しくなりすぎて体調を崩してしまうこともあるかもしれません。

さらに、副業としてブログやYouTubeを始める場合には、大きく稼げる可能性がある分、稼げるようになるまでには時間がかかるといったデメリットや、マーケティング戦略のような専門知識が必要になるといった難しさがあります。

支出を減らすために押さえておくべき3つのポイント

“hoge”

お金を増やすための2つ目の方法として、『支出を減らす』ということが考えられますが、支出を減らすために押さえておくべきポイントは下記3つです。

  • 現在の支出を把握する
  • 固定費を中心に減らす
  • 先取り貯金をして余ったお金で生活する

すぐに実行に移せることばかりなので、ひとつひとつ見ていきましょう。

現在の支出を把握する

支出を減らすポイントのひとつして「現在の支出を把握する」ということがあげられます。

なぜなら、「お金が増えない」と嘆いている人は、無意識にお金を使ってしまっていることが多いからです。

家計簿アプリを利用するなどして、1度自分の支出を「見える化」してみましょう。

「思った以上に不要なものをコンビニで買ってしまっている」
「服飾費が積み重なってバカにならない金額に達している」
「使っていないサブスクリプションに複数お金を支払い続けている」

など、必要のない出費を無意識に行なっていないかチェックしてみてくださいね。

固定費を中心に減らす

自分の毎月の支出を明確にした上で、まず最初に手をつけて欲しいのが「固定費を減らす」ということです。

固定費は毎月必ずかかる費用なので、1回削るだけで大きな成果につながります。最小の努力で最大の結果を手に入れましょう。

固定費の例を下記一覧表にまとめました。現状を把握した上で削れるものがないか検討してみてくださいね。

“固定費を減らす”

先取り貯金をして余ったお金で生活する

『支出を減らす』ポイントとして最後にあげられるのが「先取り貯金をして余ったお金で生活する」ということです。

先取り貯金をすることで、お金があればあるだけ使ってしまうということを避けられ、確実に支出を減らせるようになります。

先取り貯金の方法としては、下記のようなものが考えられるので、参考にしてみてくださいね。

“先取り貯金”

投資でお金を増やすために押さえておくべき2つのポイント

“投資”

お金を増やすための3つ目の方法として『投資でお金を増やす』ということが考えられます。

投資というと少し難しく感じる人もいるかもしれませんが、1度仕組みを作れば大きくお金を増やすチャンスにつながります。そのため、この機会にまずは投資の下記2つのポイントについて押さえておきましょう。

  • 許容できるリスクがどれくらいか考える
  • 投資のスタイルを考える

許容できるリスクがどれくらいか考える

一口に投資と言っても投資信託や外貨預金、国債や金、FX、仮想通貨など本当に幅広い種類があります。

投資の種類によって元本割れなどのリスクが変わってくるため、まずは自分がどれくらいのリスクを取れるのかを考えてみましょう。

絶対に元本割れのリスクを避けたいという人には国債をおすすめしますが、大きな利益は期待できません。

一方で、大きなリスクを取ってもいいから短期で稼ぎたいという人は、FXがおすすめです。しかし、初心者が稼ぐのはかなり難しいと言えるでしょう。

元本割れのリスクが低い商品で、大きな利益が期待できる金融商品としては、投資信託や仮想通貨があげられます。特に投資信託は、自然と分散投資している形になるためにリスクが抑えられる金融商品と言われています。

投資のスタイルを考える

許容できるリスクがどれくらいか考え、候補となる投資を絞ったあとは、投資のスタイルを考えてみましょう。

投資信託を選択したとしても、一気に購入するのか、毎月積み立てるのかなど買い方を決める必要があります。また、どれくらい長期で運用するのか、短期である程度の利益が欲しいのかなども考えてみましょう。

投資スタイルを明らかにすることで、購入するべき銘柄などが見えてきます。自分に合った投資のスタイルを探ってみてくださいね。

“投資のスタイル”

次章からは、お金を増やすのに安全でおすすめな投資方法を2つ紹介します。「難しくて自分で投資方法を選べない」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お金を増やすのにおすすめな投資方法2選

“ビットコイン”

お金を増やすための1つの方法として「投資」が挙げられますが、苦手意識を持つ人も多いかもしれません。しかし、投資は資産を増やせる可能性のある有益な方法なので、ぜひチェックしておきましょう。

お金を増やすのにおすすめな投資方法2つについて紹介します。

  • 投資信託
  • 仮想通貨

投資信託

投資信託は、投資を行う人たちからお金を集め、プロが株式や債券を運用して、出た利益を還元する金融商品です。

あらゆる金融商品の詰め合わせとも言えるのが投資信託なので、投資信託を購入すれば自然と分散投資を行なっていることになります。

そのため、お金をある程度増やすことが可能でありながらリスクを抑えることができる、初心者向け投資として人気があります。

会社の株を購入する場合には、ある程度まとまった金額が必要であることが多いですが、投資信託は5000円程度の少額から始められるのも特徴です。

また、投資信託は、同時期に一気に購入して運用する方法と、毎月決まった額を積み立てて運用する方法があるので、自分に合った方を選ぶと良いでしょう。

どちらの場合でもNISAというお得な税制免除の制度が利用できるので、投資信託を行う場合には必ず利用してくださいね。

税金上のメリットでいうと、iDeCoの利用もおすすめです。iDeCoとは、公的年金とは異なり自分で積み立てる年金のことで、60歳以降に給付金を受け取ることができます。将来の不安に備えながら、運用利益も期待できる投資方法です。

特にiDeCoは税金上のメリットが大きいことが特徴で、運用における利益が非課税になるだけでなく、所得控除の対象にもなります。

ただ、あくまで目的は老後の生活を支えることなので、お金が途中で必要になったとしても、60歳までは原則解約できないという点は押さえておきましょう。

ただし、元本保証がないことや購入手数料や運用手数料がかかるといったデメリットがあることも忘れないようにしましょう。

投資信託

仮想通貨(暗号資産)は、日本円などの形ある法定通貨とは異なり、インターネット上でやりとりを行うデジタル通貨の一種です。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった仮想通貨の種類を聞いたことがある人も多いでしょう。

仮想通貨は、決済手段や寄付手段などあらゆる使い道が広がっていくことが期待されていることもあり、今後価格が上昇していくと期待されています。

そのため、現在の段階で仮想通貨に投資することで、大きな利益を得られる可能性が高いと注目されているのです。

下記は仮想通貨の代表的なビットコインの2020年のチャートですが、右肩上がりに価格が上昇していることが分かるでしょう。

“ビットコインチャート”
出典:CoinMarketCap

ただ、仮想通貨は社会的な知名度が上がってきており、政府や大手企業も注目しているという状況ではあるのですが、いまだに価格の上下が激しいです。

大きな利益が得られる可能性が高い一方で、大きく損をしてしまう可能性も否定できません。そのため、少額から投資を始めてみることをおすすめします。

Coincheck(コインチェック)では、少額から始められる積立サービスを用意しています。積立サービスを利用すれば1度仕組みを作るだけでお金を増やしていくことが可能なので、ぜひ利用してみてくださいね。

仮想通貨への投資や積立サービスについて詳しく知りたい場合には、下記の記事を参考にしてください。

お金を増やす際に押さえておくべき4つの注意点

“お金を増やす注意点”

お金を増やそうとする際に「失敗した!」とならないよう、注意点を4つまとめました。

下記注意点を守らずに後悔する人が多くいるので、必ず押さえておきましょう。

  • 借金はしないようにする
  • 焦って短期的に増やそうとしない
  • 投資にはリスクがあることを認識する
  • 自己責任で行う

借金はしないようにする

当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、借金は絶対にしないようにしてください。

「この投資は儲かりそうだから、借金をしてお金を調達しよう」と短絡的に考えると取り返しのつかないことになります。通常、投資の運用益より借金の利息の方が高くなることがほとんどだからです。

お金を増やすために借金をしては、逆効果になってしまうので気をつけてくださいね。

短期的に増やそうとしない

お金を増やすためには、長期的な視点が必要になることがほとんどです。

特に、投資の初心者が短期で大きなお金を増やそうとすると、高い確率で失敗します。お金を増やすどころか取り返しのつかない損につながってしまうかもしれません。

また、「簡単に、すぐに、たくさん儲けられる」といった金融商品は詐欺であることも考えられるので、慎重に判断しましょう。

お金を増やすためには忍耐強く、長い時間をかけてコツコツと行動していくことが大切です。

投資にはリスクがあることを認識する

投資を行う場合にはリスクがあることを認識するようにしましょう。できれば、ある程度の貯金を普通預金などの安全な方法で確保した上で、余剰資金を利用して投資を行うことが望ましいです。

ただ、長期的に運用する場合には、大きなリスクを避けられることも多いです。

一時損しても、時間が経てば相場は回復してくることがほとんどなので、相場の上下に一喜一憂して振り回されないようにしましょう。

自己責任で行う

投資は自己責任で行うことを心がけましょう。

どんな金融商品でも「必ず儲かる」というものは存在しません。専門家おすすめの金融商品を参考にするのはいいですが、あくまで投資は自己責任であることを忘れないようにしてくださいね。

金融商品を選んで購入する際には、自分なりに勉強をして、ある程度のリスクを覚悟しておくべきです。

【一覧表付きまとめ】あなたにおすすめのお金を増やす方法

“お金を増やす”

ここまで、お金を増やす3つの方法とおすすめの投資方法について紹介してきました。

しかし、「結局、私は何から始めたらいいのだろう?」と悩んでしまった人もいるかもしれません。そこで、実際に何をしていいか分からないという人に向けて、お金を増やすためのスタンス別におすすめの方法を一覧表にまとめました。

基本的な考え方として、リスクが高ければ高いほどお金をたくさん増やせる可能性は増し、リスクが低ければ、お金をたくさん増やすことは難しいと言えます。

もし余力があれば、なるべく収入を増やし支出を減らす努力をした上で、手元に残った多くのお金を自分に合った投資方法で運用することをおすすめします。

“hoge”

上記の組み合わせはほんの一例です。あなたも自分に合った組み合わせ方法をぜひ考えてみてくださいね。

それでは、改めて本記事で紹介したお金を増やす方法についてをまとめていきましょう。

  • お金を増やす方法は大きく3つのみ
  • 収入を増やすポイント
  • 支出を減らすポイント
  • 投資でお金を増やすポイント
  • お金を増やすのに安全でおすすめな投資方法2選
  • あなたにおすすめのお金を増やす方法
  • お金を増やす際に押さえておくべき4つの注意点

「お金を増やす方法」は大きく分類して下記の3つのみになります。

“hoge”

それぞれメリットとデメリットがあるので自分に合った「お金を増やす方法」を実践してみましょう。

その中でも「投資でお金を増やす」のは、大きくお金を増やせる可能性を秘めています。具体的なおすすめの投資方法は下記の2つです。

  • 投資信託
  • 仮想通貨

また、お金を増やす際に注意しておくべき4つのことは下記の通りです。

  • 借金はしないようにする
  • 焦って短期的に増やそうとしない
  • 投資にはリスクがあることを認識する
  • 自己責任で行う

本記事を読むことで、自分に合ったお金を増やす方法を選び、将来への不安を少しでも解消してもらえたなら、幸いです。