Net Assets
Net Assets
Show in header
 Net Assets
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.net_assets.jpy, 1)) }}

Available

In Use

{{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.available[cur])) }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.in_use[cur])) }}
Net Assets
Show in header
 Net Assets
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.net_assets.jpy, 1)) }}

Available

In Use

{{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.available[cur])) }}
¥ {{ $filters.cut_decimal_zero($filters.number(balance.coincheck.in_use[cur])) }}

Coincheck Column
コインチェックコラム

2024-06-25Coincheckサービス

Coincheckでは、新規登録をする際に「本人確認」が必要になります。 この記事では、初めてCoincheckに登録する方に向けて、本人確認のやり方や必要な書類、審査にかかる時間などについて解説していきます。 この記事でわかること Coincheckの本人確認にかかる時間 Coincheckで口座を開設する方法 Coincheckの入金方法 Coincheckで仮想通貨を購入する方法 Coincheckの魅力 Coincheckの無料登録はこちら 目次 Coincheck(コインチェック)の本人確認にかかる時間は? 本人確認が必要な理由 本人確認書類の種類 Coincheckで口座を開設する方法 1.アプリのダウンロード 2.アカウント作成 3.本人確認 本人確認が終了したら日本円の入金 銀行振込で入金する方法【ブラウザ】 銀行振込で入金する方法【アプリ】 Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を購入する方法 スマホアプリでビットコイン(BTC)を購入する方法 パソコンでビットコイン(BTC)を購入する方法 Coincheck(コインチェック)の魅力 1. 初心者でも容易に操作できる 2. 取り扱い仮想通貨の種類が多い 3. 様々なサービスを提供している 本人確認に関するFAQ Q.本人確認はどれくらいの時間で完了しますか? Q.本人確認がうまくいきません。 Q.本人確認書類の種類を教えてください。 仮想通貨取引をしたいならまずは口座開設を Coincheck(コインチェック)の本人確認にかかる時間は? Coincheckの口座開設時に行われる審査は、申し込みから完了までに一定の時間が必要です。 早ければ、申し込みから数日程度ですべての手続きが完了して、口座開設が完了することもあります。ただし、審査にかかる時間は一律で決められているわけではないため、数日程度というのはあくまで目安です。 審査期間がどの程度になるか確定できない主な理由は、混雑状況によって審査完了までの期間が変わるからです。仮想通貨口座の開設申し込みを希望する人が短期間で増加すると混んでしまい、手続きに時間がかかることもあります。 申し込んですぐに取引を始められるわけではないため、できるだけ早めに口座開設の申し込みをしておくことが大切です。 本人確認が必要な理由 本人確認は資金がマネーロンダリングなどの不正な目的で使われることを防ぐために、国が金融機関に対して課した義務となっています。 本人確認書類の種類 Coincheckに新規登録する際には、「本人確認書類」の提出が必要になります。 本人確認書類として使用できる書類は、以下のいずれかになります。 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について Coincheckで口座を開設する方法 Coincheckで暗号資産を購入するためには、まず取引用の口座を開設する必要があります。 Coincheckでは、以下の3ステップで簡単に口座開設ができます。 1.アプリのダウンロード(スマートフォンで開設する場合) 2.アカウント作成 3.本人確認 口座開設はスマートフォンのアプリまたはパソコンのブラウザから行うことができます。 ここでは、Coincheckアプリで口座開設する手順をご説明します。 ※Web(公式サイト)から口座開設する方法はこちらをご覧ください。 Coincheckの無料登録はこちら 1.アプリのダウンロード 最初に、Coincheckアプリをダウンロードします。アプリは以下からダウンロードすることができます。 Coincheckアプリを無料ダウンロードする 2.アカウント作成 ダウンロードしたアプリを開き、「会員登録」タブからメールアドレスを登録してアカウントを作成します。 3.本人確認 アカウント登録が完了した後は、本人確認を行います。 本人確認申請の受け付けは、次の条件にあてはまる方のみとさせていただきます。 居住国が日本 18歳以上74歳以下 本人確認は以下の手順で行ってください。 (1)アプリを開き「本人確認をする」をタップして基本情報入力を開始 (2) 各種重要事項を確認して「同意する」をタップ (3)電話番号を入力してSMSに送信された6桁の認証コードを入力 基本情報の入力 (4)氏名、生年月日、性別、職業、住所などを入力 (5)利用目的、取引経験を入力して、外国PEPsに該当しない場合はチェック (6)基本情報にお間違いがないかを確認して「確認」をタップ 本人確認書類の提出 (7)STEP3の「本人確認書類」をタップ (8)現在お持ちの本人確認書類を選択してください 本人確認書類と顔の撮影 (9)最後に本人確認書類と顔の撮影を行います <本人確認書類の撮影> 「表面」の撮影 「表面・斜め上から」の撮影 「裏面」の撮影 <顔の撮影> 「顔正面」の撮影 「首振り」の撮影 撮影の詳しいやり方については、以下の動画をご覧ください。 撮影完了後、「次へ」をタップしたら、お客様の本人確認手続きは終了です。審査完了までしばらくお待ちください。 参考:Coincheckのはじめ方 本人確認が終了したら日本円の入金 本人確認が終わり口座を開設できたら、次は日本円の入金を行いましょう。 Coincheckでビットコインなどの仮想通貨を購入するには、あらかじめ口座に日本円を入金しておく必要があります。 Coincheckでは、以下の3種類の入金が可能です。 銀行振込コンビニ入金クイック入金 また、Coincheckでは、アプリかWEB(ブラウザ)のどちらかで入金することができます。 ここでは、ブラウザで銀行振込する方法を紹介します。 ※アプリで銀行振込する方法はこちらをご覧ください。 銀行振込で入金する方法【ブラウザ】 ブラウザで銀行振込するには、まずCoincheckの取引画面で「日本円の入金」をタップし、入金方法の「銀行振込」を選択します。すると、振込先の口座情報が表示されるので、その口座に希望の金額を振り込みます。 このとき、振込人名義のほか、IDも入力することを忘れないようにしましょう。 その他の入金方法については、以下の記事で詳しく解説しています。 仮想通貨(暗号資産)/ ビットコイン(BTC)の入金方法 Coincheck Coincheckの無料登録はこちら 銀行振込で入金する方法【アプリ】 銀行振込の入金をアプリから操作する場合は、Coincheckアプリとネットバンク・ATMそれぞれの手続きが必要です。本記事では、利用者の多い楽天銀行アプリからの振込を例に入金方法を紹介します。 アプリの操作 画像赤枠「ウォレット」をタップしたあと「JPY/日本円」をタップする 日本円残高の画面で画像赤枠の「入金」をタップ 入金の種類を選択 指定口座に振込 振込先の口座情報が表示されます。ご希望の指定口座に振込みを行います。口座番号はクリップボードにコピーすることができます。振込操作は十分に注意して行ってください。 GMOあおぞらネット銀行・楽天銀行のどちらにご入金いただいても反映されます。 お手持ちの銀行口座から振込を実行して完了! お手持ちの銀行口座からCoincheckへ振込み、入金が完了すれば暗号資産の売買が可能になります。 振込はネットバンクのアプリなどの、インターネットを使った振込を活用すると手間がかからないことでしょう。 本記事では、楽天銀行アプリからCoincheckに入金する手順をご紹介します。 ①「振込・振替・送金」を選択 ②「振込する」を選択 ③「新規振込」を選択 ※すでにCoincheckへ振込をしたことがあり、登録が済んでいる場合は⑥へ ④入金指定口座を選択(ステップ③で表示された口座を選択する。ここでは、楽天銀行。) ⑤入金指定口座の支店を選択 ⑥振込情報(依頼人・口座番号・金額など)を入力 ⑦振込内容を確認し、「振込実行」を選択 Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を購入する方法 日本円の入金が完了したら、いよいよ仮想通貨を購入できます。 Coincheckで仮想通貨を購入する方法には、以下の2種類があります。 スマホアプリで購入するパソコンで購入する 以下で、それぞれの購入方法をご紹介します。 スマホアプリでビットコイン(BTC)を購入する方法 最初に、Coincheckのスマホアプリを使ってビットコインを購入する方法を紹介します。具体的な手順は以下の通りです。 1. 画面下メニューの「販売所」をタップする2. 表示されたコインの中から「ビットコイン(BTC)」をタップする3. 「購入」をタップする4. 購入金額を入力し、「日本円でビットコインを購入」→「購入」をタップする スマホアプリを使うと、時間や場所を問わず、わずかこれだけの操作で取引を完了できます。 Coincheckアプリを無料ダウンロードする パソコンでビットコイン(BTC)を購入する方法 Coincheckはスマホアプリが便利ですが、パソコンを使っても仮想通貨を購入することができます。パソコンでビットコインを購入する際の手順は、以下の通りです。 1. Coincheckにログインして、画面の上にある「ウォレット」を選択する2. ウォレットページで「コインを買う」をクリックして、「ビットコイン(BTC)」を選択する3.ビットコイン(BTC)の購入数量を指定し、表示された時価に基づいた購入金額を確認する 4.「OK」をクリックして購入完了 パソコンを使う場合でも、スマホアプリと同じく、簡単な操作で取引をすることができます。パソコンはスマホよりも画面が大きく、見やすいのが魅力です。 場面や投資スタイルに応じて使い分けるのが良いでしょう。 5分でわかる!ビットコインの購入方法を初心者向けに解説 Coincheck Coincheck(コインチェック)の魅力 続いて、Coincheckを利用する魅力をいくつかご紹介します。 1. 初心者でも容易に操作できる Coincheckの魅力の1つ目は、取引画面はPC、スマホアプリともに分かりやすくできており、初心者でも迷うことなく容易に操作できることです。 スマホアプリのコインチェックアプリでビットコイン(BTC)を購入する際は、たったの3ステップで購入まで完了します。 2. 取り扱い仮想通貨の種類が多い 2つ目は、取り扱っている仮想通貨の種類が多いことです。 Coincheckでは、以下の通貨を含む30種類以上の通貨を購入することができます。 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン(ENJ) パレットトークン(PLT) サンド(SAND) ポルカドット(DOT) フィナンシェトークン(FNCT) チリーズ(CHZ) チェーンリンク(LINK) メイカー(MKR) ダイ(DAI) ポリゴン(MATIC) イミュータブル(IMX) エイプコイン(APE) アクシーインフィニティ(AXS) ラップドビットコイン(WBTC) ブリリアンクリプトトークン(BRIL) ビットコイン以外のアルトコインを豊富に取り扱っている点も、Coincheckの魅力です。 3. 様々なサービスを提供している 3つ目は、 様々なサービスを提供していることです。 Coincheckは「新しい価値交換をもっと身近に」をミッションに、国内初となる暗号資産取引サービスと一体となったNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」や毎月一定額を自動で積み立て安定した仮想通貨投資ができる「Coincheckつみたて」など様々なサービスを提供しています。 Coincheckで口座開設をすることで、同時に様々なサービスを利用することができます。 Coincheck NFT 「Coincheck NFT」とは、国内初となる暗号資産取引サービスと一体となったNFTマーケットプレイスです。 NFTは、Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略称で、固有の価値を証明できるデジタルアイテムです。最近では、ブロックチェーンゲームのアイテムの交換などに用いられるのみならず、アート作品の所有権の証明や、スポーツクラブのファンコミュニティ形成の手段などとして注目を集めています。 出品されたNFTを、Coincheckで取扱う30種類の暗号資産と交換することができます。 Coincheck NFTとは? 使い方や取扱い商品を解説 Coincheck Coincheckつみたて 「Coincheckつみたて」とは、毎月一定額を自動で積み立て、安定した仮想通貨投資ができるサービスです。月々1万円から積み立てることが可能で、いつでもお気軽に始められます。入金から購入まで全て自動購入タイミングがわからない方でも安心してお取引ができます。 Coincheckつみたてについてもっと詳しく知りたい方はこちら Coincheck 貸暗号資産サービス 「貸暗号資産サービス」とは、お客様の保有する仮想通貨について、お客様と当社が消費貸借契約を締結することによって、一定期間当社がお預かりし、契約期間満了後にお預かりした仮想通貨と同量・同等の仮想通貨をお返しするとともに、一定の料率で計算した利用料をその仮想通貨でお支払いするというサービスです。 貸暗号資産についてもっと詳しく知りたい方はこちらから Coincheck 本人確認に関するFAQ 本人確認に関するよくある疑問を、Q&A形式でご紹介します。 Q.本人確認はどれくらいの時間で完了しますか? A.Coincheckの本人確認は、早ければ申し込みから数日程度ですべての手続きが完了して、口座開設が完了することもあります。ただし、審査にかかる時間は一律で決められているわけではないため、数日程度というのはあくまで目安です。 審査期間がどの程度になるか確定できない主な理由は、混雑状況によって審査完了までの期間が変わるからです。仮想通貨口座の開設申し込みを希望する人が短期間で増加すると混んでしまい、手続きに時間がかかることもあります。 Q.本人確認がうまくいきません。 A.アップロードした本人確認書類が鮮明でないと、本人確認が完了しない可能性があります。写真は明るい場所で、帽子などはかぶらずに顔がよく見える状態で撮影してください。 また、海外製などの一部端末や、カメラの性能によってはご利用いただけない場合がございます。 エラーや動作が遅い等の場合は、ブラウザよりお手続きを行ってください。 参考:本人確認書類の撮影方法 Q.本人確認書類の種類を教えてください。 A.本人確認書類として使用できる書類は、以下の通りです。 運転免許証(表面と裏面) パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」) 在留カード(表面と裏面) 特別永住者証明書(表面と裏面) 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの) 住民基本台帳カード(表面と裏面) 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。 本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。 参考:本人確認書類の種類について Coincheckの無料登録はこちら 仮想通貨取引をしたいならまずは口座開設を Coincheckの本人確認は、他の取引所と比べて特別遅いということはありません。 ただし、口座開設の申し込みが殺到する時期などは、本人確認に時間がかかってしまうケースがあることは知っておくとよいでしょう。 また、入力ミスや提出した本人確認書類との情報が一致しないときには、通常より遅くなってしまうこともあります。 今後Coincheckで仮想通貨の取引をしたいと思っている人は、タイミングを逃すことなく取引するために早めに口座開設の申し込みをしておくのがおすすめです。

ビットコイン(BTC)は、仮想通貨(暗号資産)のなかでも代表的なコインの一つです。仮想通貨で取引をしている人でも、ビットコイン(BTC)がショッピングにも利用可能であることを知らない人もいるでしょう。 ただし、買い物にビットコイン(BTC)を利用することで得られるメリットやデメリットもあるため、利用する前に理解しておくことが大切です。 この記事では、ビットコイン(BTC)で買い物をする方法や、ビットコイン(BTC)が利用できるお店を探す方法などについてわかりやすく紹介します。 ※仮想通貨の税金については、2024年2月13日時点の情報となります。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をするメリットは? 1. 財布が不要 2. 両替が不要 3. 暗証番号が不要 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をするデメリットは? 1. 利用できる店舗の数が少ない 2. 取引所の破綻リスクがある ビットコイン(Bitcoin/BTC)が使えるのはどんなお店? ビットコイン(Bitcoin/BTC)対応のお店を探す方法 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をする方法 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をする際の注意点 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で便利に買い物を ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をするメリットは? まずはビットコイン(BTC)で買い物をするメリットを3つほどご紹介します。 1. 財布が不要 1つ目は、財布を持ち歩く必要がない点です。 ビットコイン(BTC)はスマホを使っての決済が可能であるため、財布を持つ必要がありません。 例えば財布を落とした際にクレジットカードなどが財布に入ってた場合、個人情報が漏えいする危険性がありますが、ビットコイン(BTC)にはその心配はありません。 ビットコイン(BTC)は電子マネーのように気軽に利用できるため、電子マネーを普段から利用しているユーザーにとっては、馴染みやすい決済方法だといえるでしょう。 また、決済方法はクレジットカードを利用するときと似た方法であるため、基本的には時間もかからず会計時にスマートに支払えます。 2. 両替が不要 2つ目は、ビットコイン(BTC)は法定通貨と違って、両替の必要がない点です。 ビットコイン(BTC)は世界中どこでも利用することが可能であるため、海外旅行へよく行く人などは、買い物をするときにビットコインを利用してみるのも良いでしょう。 ビットコイン(BTC)であれば両替手数料もかかりませんので、この点はメリットといえるでしょう。 3. 暗証番号が不要 3つ目は、クレジットカードでは必要な暗証番号が、ビットコイン(BTC)では必要ない点です。 また、ビットコイン(BTC)の場合は、QRコードを読み込んで決済完了できるため、個人情報が流出するリスクも低くなります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をするデメリットは? 一方で、ビットコイン(BTC)で買い物をする際にはデメリットもあります。 1. 利用できる店舗の数が少ない 1つ目は、利用できる店舗の数が少ない点です。 ビットコイン(BTC)で買い物ができる店舗は、世界中で徐々に増えてきている傾向にありますが、まだまだクレジットカードが使えるお店などと比べると、少ないといえます。 そのため、ビットコイン(BTC)を利用したいときに、店舗によっては利用できないというケースが生じることもあるでしょう。特に、日本の場合は地方ではビットコイン(BTC)での決済ができる店舗が少ないため、不便に感じるケースがあることも否めません。 2. 取引所の破綻リスクがある 2つ目は、利用している仮想通貨の取引所の破綻リスクがある点です。 万一利用している取引所が破綻してしまった場合、資産が引き出せなくなってしまったり、保有している仮想通貨が利用できなくなってしまう可能性もあります。 また、仮想通貨のハッキングリスクなどもありますので、取引所のウォレットを利用する際には、2段階認証などのセキュリティ対策を、必ず自分自身でも行っておくことが大切です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)が使えるのはどんなお店? ビットコイン(BTC)が買い物で利用できるお店には、飲食店などのリアル店舗のみならず、通信販売の総合サイトや家電・AV機器の販売サイトなどもあります。 他にも、エンタメや書籍、音楽を扱っているサイトや、食品を扱っているサイトなどもあります。このようなサイトでは、動画配信やDVDのレンタルをビットコイン(BTC)で支払いできます。 さらに、ファッション・アクセサリー・インテリアなどを取り扱っているサイトや、化粧品や車・バイクの販売、ギフト券やチケットの売買を行っているサイトなども、ビットコイン(BTC)で買い物ができるよう導入されるケースが増えてきました。 家電量販店などは、都心を中心にビットコイン(BTC)での決済ができるお店が増えています。現金払いと同様にポイント付与される店舗もあるため、チェックしておくようにしましょう。 ただし、上記に当てはまる全てのお店でビットコイン(BTC)が使用できるのではなく、上記のジャンルに属するお店の一部が、ビットコイン決済に対応しているという形です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)対応のお店を探す方法 なお、どのようなお店でビットコイン(BTC)が使えるのかが、一覧で確認できるサイトがあります。街中で利用しやすいのは「coinmap」です。 coinmapでは、住所や駅名などを入力することで、ビットコイン(BTC)が利用できる周辺のお店が一目でわかります。 事前にcoinmapでお店を確認しておけば、買い物時にスムーズにビットコイン決済できるようになるでしょう。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をする方法 それでは具体的にビットコイン(BTC)で買い物をする方法をご紹介します。まずはコインチェックアプリをインストールし、Coincheckにアカウント登録をします。 続いて、Coincheckでビットコイン(BTC)を購入しておきます。その後、ビットコイン決済に対応しているお店やWebサイトに訪問します。 Coincheck paymentに対応しているお店で利用する際には、コインチェックアプリを立ち上げ、お店の二次元バーコードを読むだけで、決済が簡単に完了します。 Webサイトの場合は、商品の購入手続き時に、支払い方法でビットコイン(BTC)を選択します。その後、表示された指定の送金額を入力し、ビットコイン(BTC)を送金することで決済が完了します。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で買い物をする際の注意点 買い物時にビットコイン(BTC)を利用すると、消費税の他にも所得税と住民税が発生する場合があります。 所得税・住民税が発生するのは、ビットコイン(BTC)を購入した時点の価格(譲渡原価)が、ビットコインで購入した商品の価格(譲渡価額)を上回るときです。 ※税金に関する詳細につきましては、管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁のHPをご参照ください。 ビットコイン(BTC)の価格が上昇し、含み益がある状態でビットコイン決済をした場合には、そのビットコイン(BTC)の譲渡価額とビットコイン(BTC)の譲渡原価等との差額が課税対象になります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)で便利に買い物を ビットコイン(BTC)は、決済に対応しているお店が全国に徐々に増えてきています。 また、世界中で様々な大企業がビットコイン(BTC)の利用を検討し、導入することを試験的に取り組んでいるため、将来的には買い物をする際に気軽に利用できるようになるかもしれません。 また、電気料金などの公共料金の支払いや寄付などをビットコイン(BTC)で支払うことも可能なため、今後さらに生活のなかで利用できる範囲は広がっていく可能性もあるでしょう。 今後、さらに仮想通貨市場が拡大しビットコイン(BTC)が日常的に利用されるようになる前に、普段の買い物でビットコイン(BTC)の利用を試してみても良いでしょう。 ビットコイン(BTC)は500円などの少額からでも購入ができますので、まずは少額からビットコイン(BTC)で買い物の決済を行ってみてはいかがでしょうか。

日本円やドルなどの法定通貨とは異なり、実体がない仮想通貨は電子マネーと同じ。そう思っている人もいるのではないでしょうか。たしかに、仮想通貨と電子マネーは似ている面もありますが、実際はまったく異なるものです。 そもそも仮想通貨とはどのようなものなのでしょうか。仮想通貨が生まれた背景を理解すると、法定通貨と仮想通貨、そして電子マネーとの違いが見えてきます。この記事をきっかけに、紛らわしいポイントをすっきりさせましょう。 そもそも仮想通貨って?主な特徴とは? 仮想通貨は紙幣や硬貨のある法定通貨とは異なり、実物がないものです。 また、仮想通貨の代表的な存在であるビットコインには、国や企業などの発行や管理を行う主体が存在していません。 中央で管理する人がいない代わりに、ビットコインはユーザー同士でネットワークを管理する仕組みになっています。そのため、銀行などの金融機関を介することなく取引ができるのです。 特定の国や企業が管理していないということは、世界中どこに行っても同じように使えることを意味します。インターネットに接続できる環境があれば、両替の必要もなく、いつでもどこでも利用できるのが特徴です。 詳しくはこちら:仮想通貨とは何か?初心者にもわかりやすく解説 電子マネーってどういうもの?特徴は? 仮想通貨も電子マネーも、電子的なものである点では共通しています。 しかし、電子マネーは基本的には法定通貨をカード型の端末や携帯電話などにチャージして使うものです。そのため、決済に利用できるのはチャージした分だけです。 また、電子マネーには発行主体が存在していることも、ビットコインなどの仮想通貨とは異なります。国内で普及している鉄道会社やスーパーなどが発行する電子マネーの運営は、発行元である企業です。 電子マネーの場合、ユーザーがチャージしたお金を管理しているのは発行元の企業となっています。ユーザーが加盟店で買い物をすると、企業は手数料を差し引いて代金を加盟店に支払う仕組みです。 さらに、発行主体や運営会社が存在している電子マネーは、利用できる場所が限定されていることも特徴です。利用できるのは加盟店のみですし、日本の電子マネーの場合は海外で利用することもできません。 仮想通貨と電子マネーの違い5選 電子マネーと仮想通貨の違いを整理してみましょう。 1. 発行元 1つ目の違いは発行元です。電子マネーの発行元は実在する企業です。 一方、仮想通貨はプログラマーたちが開発したインターネット上の仕組みであるため、ビットコインなど仮想通貨の種類によっては、管理する特定の企業や団体などは存在していません。 2. 購入方法 2つ目は購入方法です。 電子マネーは現金やクレジットカードでチャージすることで利用できるようになりますが、仮想通貨は基本的に仮想通貨の取引所で購入します。 仮想通貨の取引所の口座に日本円を入金してから、その日本円で仮想通貨を購入することになります。 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら Coincheckの口座開設はこちら 3. 利用できる地域 3つ目は、利用できる地域です。 日本の電子マネーの利用できる地域は限定されますが、仮想通貨は仮想通貨決済を導入しているところなら、世界中で利用できます。 4. 価格の変動 4つ目は、価格の変動があるかどうかです。 電子マネーは決まった金額の法定通貨をチャージして利用するものであるため、中に入っている利用可能額が変動することはありません。 ところが、仮想通貨は株式のようにその時々で価格が変動します。 5. 個人間送金 5つ目は個人間送金の可否です。 仮想通貨は個人間の送金を行うことができますが、電子マネーは今のところ個人間送金はできないことになっています。 仮想通貨と電子マネーの共通点は? このように仮想通貨と電子マネーは異なるものではありますが、仮想通貨と電子マネーを混同してしまう人がいるように、共通点もあります。 1. 現金なしに決済ができる まず1つ目の共通点は、どちらも現金なしに決済ができることです。 ただし、仮想通貨は別のアドレスに送金することで決済が完了する一方で、電子マネーはカードや携帯電話に内蔵されているICチップなどに組み込まれているデータを読み込んで、決済を行います。 2. 決済がスマートフォンで完了する 共通点の2つ目は、決済がスマートフォンで完了するということです。 仮想通貨の取引所の中には、スマートフォンやタブレットのアプリを提供しており、アプリ上でウォレット内のお金を管理することができるようになっています。 仮想通貨を決済手段として利用する際にもスマートフォン1つあれば、簡単に決済ができてしまうのです。 電子マネーもあらかじめチャージしておけば、スマートフォンだけで決済を完了することができます。 3. 利用履歴が電子的に記録されている 共通点の3つ目は、利用履歴が電子的に記録されているという点です。 たとえば、家計簿をつけるには、買い物をしたときにもらえるレシートを見ながら記録をつける作業が発生します。 しかし、長期間記録をつけていない人ならレシートが大量に溜まってしまい、財布がパンパンになってしまったという経験をしたことがある人もいることでしょう。 それだけでなく、紙のレシートの場合は紛失してしまうこともあり、記録作業もかなりの手間となります。その点、仮想通貨や電子マネーの場は、どちらも利用履歴が電子的に記録されるので保管スペース、紛失の恐れ、作業の手間のいずれもかかりません。 家計簿などの金銭管理には、仮想通貨や電子マネーの方が適しているともいえるでしょう。 仮想通貨を利用するメリット 仮想通貨と電子マネーの共通点と違いを理解したところで、仮想通貨のメリットとデメリットをおさえましょう。 仮想通貨には、例えば下記のようなメリットがあります。 1. 利益をを得ることができる 1つ目は、仮想通貨の場合は、購入時の価格よりも売却時の価格が高ければ、利益を得ることができます。これは電子マネーにはない特徴です。 2. 国や地域に関係なく利用ができる 2つ目は、仮想通貨決済に対応しているお店であれば、国や地域に関係なく利用ができる点です。 海外旅行の際にもビットコインなどの仮想通貨であれば、両替は必要ありません。 3. 国際送金ができる 3つ目は、電子マネーとは異なり、国際送金ができる点です。 ただし、ビットコイン(BTC)の場合、取引量が多くなったりすると送金に時間がかかってしまったり、価格があまりにも高騰すると送金手数料も高くなってしまう点には注意しましょう。 仮想通貨を利用するデメリット 一方、デメリットも3つ挙げられます。 1. 価格変動が激しい 1つ目は、価格変動が激しいことです。 法定通貨のように価格の維持を担う機関が存在していないため、短期間の間に乱高下を繰り返すことも珍しくありません。 2. 送金に時間がかかる場合がある 2つ目は、送金に時間がかかる場合があることです。 仮想通貨の種類によっては送金時間が早いものもありますが、例えばビットコインの場合は、ユーザーが増える中で以前と比べると送金に時間がかかってしまうケースも見られるようになっています。 3. 送金先を間違えると原則返ってこない 3つ目は、送金先を間違えると原則返ってこないことが挙げられます。 仮想通貨には銀行の組み戻し対応などはありませんので、一度間違ったアドレスに送金してしまうと、送金した仮想通貨を取り戻すことは困難です。 コインによって送金の方法が異なりますので、仮想通貨を送金する際には注意しましょう。 電子マネーを利用するメリット・デメリット 電子マネーのメリットも確認しておきましょう。 最大のメリットは、法定通貨と同じ感覚で利用できることです。チャージ金額がそのまま利用可能な金額として残高に反映されるので、抵抗なく現金から移行できるでしょう。 また、ポイント制度が導入されているものも多く、電子マネーユーザーや、利用頻度が高いユーザーほどお得感を得られるシステムになっています。 たとえば、交通系マネーは、現金で切符を買って乗車するよりも安く交通機関を利用できる割引サービスを行っています。 割引サービスの中には、1回ごとの乗車が割引になるものもあれば、利用頻度に応じて割引が適用されるものもありますので、普段利用する交通機関のサービスを一度確認してみましょう。 現金なしで買い物や交通機関を利用できるようになると、財布の中に現金を用意したりポイントカードを入れておく必要がなくなるため、財布の中がすっきりすることもメリットです。 他方、電子マネーが利用できるのは加盟店だけであること、チャージしてから法定通貨に戻すことは原則不可であることには注意が必要です。 仮想通貨の利用が向いている方とは? 仮想通貨はまだまだ利用できる場所が限られているため、実用性の面では電子マネーに劣るのは否めないでしょう。 しかし、仮想通貨は法定通貨よりもスピーディーに安く送金ができることが多いので、国際送金をよく利用する人にとっては、仮想通貨はよい選択であるといえそうです。 また、投資に興味のある人なら、仮想通貨は500円などの少額から投資ができ、土日でも取引が可能です。 他にも、仮想通貨を支えているブロックチェーン技術など新しい技術に関心のある人なら、実際に仮想通貨を使って新しいサービスを開発したりすることもできるでしょう。 電子マネーにはない特徴を持つ仮想通貨 仮想通貨には価格が変動しやすいというデメリットがありますが、価格の変動幅が大きいからこそ、投資をすれば利益を得られるというメリットもあります。 現金なしに決済できるなどの利便性も兼ね備えていますので、実用と投資の両方を取るなら、仮想通貨はよい選択肢といえるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)の中で最もメジャーな通貨がビットコイン(Bitcoin/BTC)です。ビットコインは時価総額、流通量、ユーザー数で他の暗号資産を圧倒する通貨です。 ビットコインは日本国内のほぼすべての暗号資産の取引所で取扱いがあることから、最も手に入れやすく身近な暗号資産です。 しかし、ビットコインにかかる手数料には種類があり、取引所によっても手数料が異なることはあまり知られていません。この記事では、ビットコインの手数料や購入する際の注意点などについてご紹介していきます。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 そもそもビットコイン(BTC)の手数料って? ビットコイン(BTC)の購入方法は? 1. コインチェックアプリを利用する方法 2. ビットコイン販売所から購入する方法 3. ビットコイン取引所から購入する方法 販売所と取引所の手数料の違いはあるの? 手数料を抑えてビットコイン(BTC)を購入する方法 1. 暗号資産の取引所の価格差を把握する 2. ビットコインの購入手数料が安い取引所を選ぶ Coincheckのビットコイン販売所について Coincheckのビットコイン取引所について ビットコイン取引所での指値注文と成行注文のやり方 指値注文とは 成行注文とは ビットコイン(BTC)をお得に購入しよう! そもそもビットコイン(Bitcoin/BTC)の手数料って? ビットコインの売買には手数料がかかりますが、かかる手数料は売買のときだけではありません。 暗号資産を購入するには暗号資産の取引所の口座に円を入れる必要があり、その際にかかるのが入金手数料です。その後、取引をして円を引き出す際は、出金手数料がかかります。 また、暗号資産を他の取引所の口座やウォレットに送金する際には、送金手数料が発生します。 Coincheckの場合、銀行振込での入金手数料は無料です。ただし、銀行口座からCoincheck口座への振込手数料はユーザー負担となる点に注意しましょう。 取引の回数が多くなればなるほど手数料がかさみます。手数料は利益を圧迫する要因になりますので、できるだけ手数料のかからない取引所を選ぶことが大切です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の購入手数料とは?取引所選びでは注意しよう Coincheck ビットコイン(Bitcoin/BTC)の購入方法は? Coincheckでビットコインを購入するには3つの方法があります。 1. コインチェックアプリを利用する方法 1つ目はコインチェックアプリを利用する方法です。Coincheckは国内の暗号資産取引所の中で、アプリのユーザー数が多い取引所として知られています。 コインチェックアプリからビットコインを購入するのはとても簡単です。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 コインチェックアプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択します。 そこからビットコインのアイコンを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 コインチェックアプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ビットコインを選びます。 続いて購入数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 コインチェックアプリは暗号資産の取引がはじめての人でも直感的に分かるデザインになっているため、操作方法に困ることは少ないでしょう。 2. ビットコイン販売所から購入する方法 2つ目はPCのブラウザで「コインを買う」から購入する方法です。 まずCoincheckの取引アカウントから「ウォレット」を選択します。その後、左メニューの「コインを買う」をクリックし、ビットコインを選択します。 そして、購入したい数量を入力し、「購入する」ボタンを押せば購入は完了します。これはCoincheckの販売所を利用する方法で、簡単に即座にビットコインを買うことができるというメリットがあります。 3. ビットコイン取引所から購入する方法 3つ目はPCのブラウザから「取引所」を利用して購入する方法です。 取引所とはユーザー間で売買をする方式のことで、Coincheckの取引所ページの「現物取引」の箇所から、自分の買いたい値段や数量を指定して取引ができます。 取引所は手数料が低く抑えられている反面、売買したいタイミングで取引ができないこともあります。 ※なお、当社にBTCを入金・送金される場合は、Bitcoinネットワークをご利用ください。異なるネットワークから送られた場合は通貨が失われる可能性がありますのでご注意ください。 詳しくはこちらをご参照ください。 販売所と取引所の手数料の違いはあるの? 販売所の場合、ビットコインの取扱業者がビットコインの売買価格を提示し、それに納得すればすぐに取引が完了します。 売買手数料は無料となっているところが多く、すぐにビットコインを売買したい人や、まだ取引に慣れていない方などに向いています。 一方、取引所は手数料は通貨ごと、取扱業者ごとに設定されています。取引所を利用すると、販売所よりも安くビットコインを購入できることもありますが、自分で解体値段や数量を入力するため、注文ミスをしてしまうリスクもあります。 販売所と取引所にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、それぞれの特徴を抑えた上で利用されるのが良いでしょう。 暗号資産を売買する方法は?取引所と販売所の違いも解説します Coincheck 手数料を抑えてビットコイン(BTC)を購入する方法 ビットインを安く購入するには2つの方法があります。 1. 暗号資産の取引所の価格差を把握する 1つ目は、あらかじめいくつかの暗号資産の取引所の価格差を把握しておき、安い取引所で購入する方法です。 一般的に取引量の多い取引所では手数料が安く、取引量の少ない取引所では手数料が高くなる傾向にあります。取引所ごとの価格差を利用して売買し、差益を生み出すトレード方法をアービトラージといいます。アービトラージをする場合は、取引所の価格差を確認してみましょう。 2. ビットコインの購入手数料が安い取引所を選ぶ 2つ目は、ビットコインの購入手数料が安い取引所を選ぶ方法です。実際にはこの方法が現実的といえます。 Coincheckのビットコイン販売所について 国内の暗号資産の取引所だけでも10以上あるので、どの取引所がよいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。 Coincheckは2014年8月にサービスを開始し、2018年4月に大手ネット証券の一つであるマネックスグループに入り、経営陣や管理体制などが一新されました。 その後も変わらず、暗号資産取引高やユーザー数が多い国内取引所の一つとして、存在感を示し続けています。 取引所形式の方がビットコインを安く買える可能性があることはお伝えしましたが、初心者の場合は最初は無理をせず操作の簡単なコインチェックアプリや、ビットコイン販売所の活用を検討してみるのも良いでしょう。 Coincheckの無料登録はこちら Coincheckのビットコイン取引所について 販売所での取引に比べると、取引所での取引は若干難しいと思い込んでいる人は多いかもしれません。 しかし、Coincheckの場合、サイトのデザインが工夫されており、初心者でも利用しやすいのが特徴です。ある程度ビットコインの取引に慣れたら、取引所での取引にも挑戦してみるのも良いでしょう。 Coincheckの取引所では、2018年12月時点では、取引所での指値注文にかかる手数料は無料です。Coincheckの取引所は売買手数料が不要なため、頻繁にビットコインの取引をするユーザーには適しているでしょう。 なお、ビットコインを他の取引所の口座やウォレットに送金する際には、1回につき0.001BTCの送金手数料がかかります。 この手数料はビットコインの現在価格によって変動するものですので、ビットコインの価格が上昇すると手数料も上がることになる点に注意しましょう。 ビットコイン取引所での指値注文と成行注文のやり方 ビットコイン取引所では、指値注文と成行注文が可能です。 指値注文とは 指値注文とは、あらかじめ買う値段または売る値段のどちらかを指定しておく、予約注文のようなものです。 買い注文の場合、指値以下になったときに注文が成立します。一方、売り注文の場合は指値以上の値段になってはじめて注文が成立するのが特徴です。 指値注文は相場が動いて取引が成立するのを待つだけの注文スタイルであるため、チャートをずっと注視している必要はありません。 指値注文はCoincheckにログインしたときに表示されるトップページの「取引所」と取引所の上の方にある「トレードビュー」から注文することができます。 ビットコインを買いたいときは、現在のレートよりも低い価格を入力し、逆にビットコインを売りたいときは、現在価格よりも高い価格を入力します。 それぞれの画面で希望する価格と注文量を入力したら、表示される概算価格を確認して、注文ボタンをクリックします。あとは注文が通るのを待つだけです。 成行注文とは 一方、成行注文とは、そのときの市場価格で注文する方法のことをいいます。 その時点の価格の暗号資産を取引したいという希望を出す注文方法であるため、注文が成立しやすい反面、値動きが激しいときには、希望の価格で取引するのは難しいのが特徴です。 成行注文は「トレードビュー」から注文します。トレードビューの右側にある「成行注文」をクリックして利用します。 注文量を入力して、「買い成行注文」または「売り成行注文」をクリックすると取引は完了です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)をお得に購入しよう! ビットコインはほとんどの取引所で購入することができますが、できるだけ手数料を抑えることがポイントです。 お得に購入するには、手数料の安い取引所を選ぶのが基本です。同じ取引所の中でも販売形式によって条件が違いますので、それぞれの違いを理解して有利な取引を選ぶようにしましょう。 ビットコイン(BTC)半減期とは?仕組みや日付、価格への影響を解説 Coincheck

2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれるほど、仮想通貨市場が短期間のうちに大きく成長しました。仮想通貨(暗号資産)への投資は5万円以下の少額の資金でも始められるため、仮想通貨初心者でも始めやすい投資だといえるでしょう。 この記事では、仮想通貨の取引に必要な金額やCoincheckでの口座開設方法、仮想通貨を購入する方法などについてわかりやすく説明します。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 仮想通貨は少額500円相当から購入できる! 仮想通貨をこれから始めるならCoincheck まずはCoincheckで口座開設 口座開設できたらCoincheckに入金 入金がすんだらCoincheckで仮想通貨を購入 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 仮想通貨取引はいつ始めるのが良い? 仮想通貨は少額500円相当から購入できる! 仮想通貨初心者にとって、1枚あたり数十万円の値がついている仮想通貨は、いくらから購入できるのかわからない人もいるでしょう。実は仮想通貨は小数点以下の単位で取引可能であるため、数百円程度から取引することが可能です。 ビットコインは、Coincheckの販売所での最小注文数量は、購入・売却ともに円建てで500円相当額以上、BTC建てで0.001BTC相当額以上になります。また、Coincheckの取引所の場合は、最小注文数量は売買ともに0.005BTC以上かつ500円(相当額)以上です。 つまり、Coincheckでは500円以上からビットコインを購入することができます。 仮想通貨は値動きが大きいことが特徴であり、ビットコインは一時期、1枚あたり200万円を超えていた時期もありました。そのため、価格が高騰したり下落したりすることで、購入できる値段も大きく変動する可能性があるということを念頭に置いておきましょう。 仮想通貨をこれから始めるならCoincheck Coincheckは、これから仮想通貨取引を始めたいと考えている人にとっても、始めやすい取引所の一つです。 その理由として、取引画面やスマホアプリが仮想通貨初心者にとっても見やすく、容易に操作もしやすい点が挙げられます。仮想通貨の価格や変動も一目でわかるため、すぐに取引がしやすいというメリットもあります。 また、国内の仮想通貨の取引所の中でも、Coincheckは購入できる仮想通貨の種類が多く、アルトコインの取り扱いも多いため、様々な仮想通貨を選んで購入することができます。 さらに、最大年率5%の貸暗号資産サービスも、Coincheckでは利用可能です。貸暗号資産サービスは、ユーザーがCoincheckに仮想通貨を一定期間貸すことで、貸し出した仮想通貨をもらえる仕組みになっています。 一定期間が経過した後に、貸した仮想通貨と利用料分の仮想通貨を受け取ることができます。貸出期間も14日間・30日間・90日間・365日間と選べることが特徴です。 貸暗号資産サービスはこちら まずはCoincheckで口座開設 Coincheckでは、以下の2ステップで簡単に口座開設ができます。 1.アカウント作成をする2.本人確認を行う 口座開設はスマートフォンのアプリまたはパソコンのブラウザから行うことができます。口座開設のやり方については、以下の記事で詳しく解説しています。口座開設をご検討の方は、ぜひご覧ください。 Coincheck(コインチェック)の口座開設方法を解説【動画付き】 Coincheck 口座開設できたらCoincheckに入金 Coincheckでビットコイン(BTC)などの仮想通貨を購入するためには、まずCoincheckに入金することから始めます。 スマートフォンから入金する場合は、コインチェックアプリから入金することもできます。入金方法には銀行振込などがあります。 また、Web画面からの入金方法で銀行振込を利用する場合には、Coincheckの取引画面で「日本円の入金」をクリックします。 入金方法を選択する画面を表示後「銀行振込」を選択したら、振込先の口座情報が表示されるので、その口座へ振り込むようにしましょう。 入金がすんだらCoincheckで仮想通貨を購入 スマホアプリで仮想通貨を購入するためには、まずコインチェックアプリをインストールしましょう。 コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、購入したいコインを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)で購入する場合 アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、購入を希望するコインを選びます。 続いて購入するコインの数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 コインチェックアプリはメイン画面がチャートになっているため、すぐに取引したい人にとっても利用しやすいアプリです。 ウィジェット機能やプッシュ通知機能などもありますので、合わせて利用することで、Coincheckの取り扱い仮想通貨の価格や変動率などを確認することもできます。 Coincheck(コインチェック)ウィジェットの設定方法(iOS・Android) Coincheck 仮想通貨取引はいつ始めるのが良い? 仮想通貨は、市場がまだまだ黎明期だと言われていることから、伸びしろが期待できる市場ではあります。 また、証券会社などと比べて口座開設から取引までが簡単で、5万円以下からでも投資を始められることから、仮想通貨初心者でも参入しやすいと言えるでしょう。 仮想通貨初心者は少額から投資を始めて、徐々に取引に慣れていくことがおすすめです。仮想通貨の投資は、いつ始めたら良いという明確な基準はありません。 Coincheckの口座開設は、無料で短い時間で行うことができますので、仮想通貨に興味を持ったら、まずはCoincheckで口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

2024-04-19Coincheckサービス

暗号資産(仮想通貨)といえばビットコイン(BTC)だと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、実際には暗号資産は2018年12月時点で2000種類以上存在するとも言われており、ビットコイン以外の通貨はアルトコインと呼ばれています。 アルトコインは取り扱いのある暗号資産の取引所が限られていることもあるため、取引所選びが重要です。 この記事では、国内の暗号資産の取引所ではコインの取り扱い数が多いCoincheckを紹介します。Coincheckを利用するメリットや購入方法をみていきましょう。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 アルトコインってどんな暗号資産? アルトコインの特徴は? 1. ビットコイン(BTC)よりも時価総額が低い 2. 流動性が小さく取引量が少ない場合が多い 3. アルトコインを取り扱う取引所の数が少ない 日本で知名度の高いアルトコイン1:イーサリアム(ETH) 日本で知名度の高いアルトコイン2:リップル(XRP) 日本で知名度の高いアルトコイン3:ネム(XEM) Coincheckがおすすめの理由 Coincheckの口座開設方法 Coincheckでのアルトコイン購入方法 コインチェックアプリ(iOS)の場合 コインチェックアプリ(Android)の場合 まずはCoincheckで口座開設してみよう アルトコインってどんな暗号資産? 暗号資産の中には開発に必要な情報が公開されているオープンソースのものもあるため、技術に詳しい人であれば誰でも作ることができます。 そのため、現存する暗号資産の数は正確には分かっていないものの、2018年12月時点にて2,000種類以上あるともいわれています。 しかし、この中には実際には利用されていない通貨も数多く存在し、利用されているのはこのうちの数%程度と予想されています。 例えば、日本で知名度の高いアルトコインの中には、イーサリアムやネム、リップルなどのコインがあり、Coincheckではそのようなメジャーなアルトコインも取り扱っています。 アルトコインの特徴は? 続いて、ビットコイン以外のアルトコインに共通する特徴を、3つほどご紹介します。 1. ビットコイン(BTC)よりも時価総額が低い 1つは、ビットコイン(BTC)に比べて時価総額が低いことです。 ビットコイン(BTC)よりも後発組であるアルトコインは、ビットコイン(BTC)の欠点を補うために開発されたものもあるため、例えば機能的には優れていても、知名度の面では劣っていたりもします。 そのため、ビットコイン(BTC)よりも需要が少なく、時価総額も低い水準に留まっていたりします。 2. 流動性が小さく取引量が少ない場合が多い 2つ目の特徴は、流動性が小さく取引量が少ない場合が多いことです。 1つ目の特徴とも関連することですが、需要が少ないということは、流動性が小さいということを意味します。 時価総額は、流通量×市場価格で算出されます。アルトコインは流通量、市場価格ともにビットコイン(BTC)よりも小さいため、時価総額も小さいということを押さえておきましょう。 また、アルトコインに投資する際はビットコイン(BTC)よりも流動性が低いため、ビットコイン(BTC)ほどは自由に売買できない可能性がある点にも注意が必要です。 3. アルトコインを取り扱う取引所の数が少ない 3つ目の特徴は、アルトコインを取り扱う取引所の数が少ないことが挙げられます。 どこの暗号資産の取引所に関しても、基本的にビットコインは取り扱っていますが、取引所によって取り扱いのアルトコインは異なります。 そのため、アルトコインの取り扱いの取引所の数は、ビットコイン(BTC)を取り扱っている取引所の数よりも、当然少なくなります。 また、アルトコインによっても、取引できる取引所の数は異なります。そこで今回は日本で取引ができる知名度の高いアルトコインを、3つほどご紹介します。 日本で知名度の高いアルトコイン1:イーサリアム(ETH) イーサリアム(ETH)は、時価総額上位の暗号資産のうちの一つです。 ブロック生成時間が約15秒で、承認スピードがビットコイン(BTC)よりも速いという特徴があります。 イーサリアム(ETH)はブロックの生成時間が短いため送金が速く、手数料もビットコイン(BTC)より安く済むため、ビットコイン(BTC)よりも少額決済に適していると言われることもあります。 また、イーサリアム(ETH)は契約を自動かつ正確に実行できる、スマートコントラクトという機能を備えているのも特徴です。 スマートコントラクトの仕組みは、例えば自動販売機の仕組みに近いといわれています。自動販売機は、お金を入れると商品が出てくることが決まっています。 人の手を介することなく自動的に契約を履行するスマートコントラクトは、不動産の契約やレンタカーサービスなど、さまざまな契約への応用が考えられているところです。 なお、ビットコイン(BTC)は発行の上限が2100万枚と決められていますが、イーサリアム(ETH)には上限が今のところ定められていません。 イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら 日本で知名度の高いアルトコイン2:リップル(XRP) リップル(XRP)は、開発者が明確になっている数少ない暗号資産のうちの一つです。 送金用に開発されたリップル(XRP)の特徴は、送金スピードの速さです。リップル(XRP)の処理速度は毎秒1500件といわれ、ビットコインなら1時間以上かかる送金でも、わずか数秒で完了すると言われています。 ビットコイン(BTC)は時間が経つと新しい通貨が発行される仕組みになっているのに対し、リップル(XRP)は最初に1000億枚のすべてが発行されているという点が異なります。 また、リップル(XRP)は今後発行枚数が増えることはなく、取引が行なわれると減っていくようになっているのです。これによって流通するほどに希少価値が上がる仕組みを作り上げているとも言えます。 他の通貨にはないリップル(XRP)の特徴としては、通貨同士の媒介をするブリッジ通貨の役割を持っているということです。 たとえば日本からアメリカに国際送金をするときは、日本円から米ドルに交換する際に両替手数料、日本の銀行、仲介する銀行、アメリカの銀行のそれぞれに手数料を支払うことになります。間にいくつもの金融機関が入っているので、高額な手数料がかかります。 これを日本円からリップル(XRP)、リップル(XRP)から米ドルに両替できるようになれば手数料を大幅にカットすることができるのです。 現在、法定通貨では、マイナー通貨のブリッジ通貨として米ドルがその役割を担っています。国際送金のためにはあらかじめ多額の米ドルをストックしておくことが必要なため、そのためのコストも膨らんでいます。 ですが、それがリップル(XRP)に代わるようになればコストを削減できるため、リップル(XRP)は多くの企業から期待されています。リップルのブリッジ通貨としての役割は、国際的な取引が多いグローバル企業にとって重宝するものといえるでしょう。 リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら 日本で知名度の高いアルトコイン3:ネム(XEM) ネム(XEM)は、ブロックチェーンを活用した新しいプラットフォームの開発プロジェクトから生まれた暗号資産です。経済的な自由や平等の実現を理想とした「新しい経済圏(New Economy Movement)」の略称となっています。 ネム(XEM)のブロック生成時間は1分ほどで、ビットコインよりも承認スピードが速いのが特徴です。ブロックチェーンのブロックは、ハーベストと呼ばれる独自の承認作業によって生成されています。 コンセンサスアルゴリズムに「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」という仕組みが採用されているビットコインでは、簡単にお伝えすると、最も仕事をした人が評価される仕組みとなっています。 報酬を獲得できるのは、最初にブロックの計算を解くことができたマイナーと呼ばれる人に限られています。そして素早く計算を解くためには、ハイスペックなマシンと膨大な電力が必要になります。 一方、ネム(XEM)のコンセンサスアルゴリズムは、「PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)」と呼ばれるものです。これは簡単にお伝えすると、重要度によって報酬を獲得できる仕組みのことです。 ネム(XEM)の保有量や取引量などの貢献度に応じて、一定の条件を満たすすべての参加者が報酬を獲得できるようになっています。したがって、必ずしも大規模な設備やマイニングマシンなどは必要ない点が、ビットコイン(BTC)と異なる点です。 また、ネム(XEM)はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの他の通貨をベースに開発された通貨ではなく、独自のブロックチェーン上に作られている点も特徴的です。 ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら Coincheckがおすすめの理由 今回ご紹介したイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(XEM)はCoincheckで取り扱いがある通貨です。取り扱い通貨の種類が多いCoincheckは、アルトコインを購入するのに向いている取引所といえるでしょう。 また、Coincheckは誰でも容易に操作でき、取引画面が分かりやすいことなどから、投資の初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。 また、Coincheckは国内の暗号資産取引所で、もっとも貸暗号資産サービスの取り扱い通貨の種類が豊富で、貸出期間も4種類(14日間・30日間・90日間・365日間)から選択することができます。 貸暗号資産サービスは、長期保有を考えている通貨の運用に活用してみるのもよいでしょう。 Coincheckの口座開設方法 Coincheckでは、以下の2ステップで簡単に口座開設ができます。 1.アカウント作成をする2.本人確認を行う 口座開設はスマートフォンのアプリまたはパソコンのブラウザから行うことができます。口座開設のやり方については、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。 Coincheck(コインチェック)の口座開設方法を解説【動画付き】 Coincheck Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckでのアルトコイン購入方法 Coincheckでは、パソコンやスマホアプリのいずれでも、簡単にアルトコインを購入することができます。 スマホアプリでは次のような手順でアルトコインを購入します。まずはコインチェックアプリをインストールし、アプリを立ち上げます。 コインチェックアプリ(iOS)の場合 アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、購入したいアルトコインを選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。 続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。 コインチェックアプリ(Android)の場合 アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から希望するアルトコインを選びます。 続いて購入するコインの数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です。 まずはCoincheckで口座開設してみよう アルトコインは、ビットコイン(BTC)よりも大きく値動きする傾向があります。 ボラティリティの高さは不安定に思われることがある一方、ハイリターンを得られる可能性が高いことも示しています。アルトコインはリスクも高い分、伸びしろが大きいとも言えるでしょう。 Coincheckは国内取引所の中でもアルトコインの取り扱い数が多い取引所ですので、アルトコインに関心のある方は、まずはCoincheckで口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

ビットコイン(BTC)を始めとする仮想通貨は、価格変動が激しく投資対象としても人気があります。そんな仮想通貨を取引したいと考えている初心者にとって、始める際に理解しておきたいポイントがいくつかあります。 例えば、同じく投資で人気のある為替やFXなどについても理解しておくと、いざという場面で役立つことがあるでしょう。 そこで今回は、仮想通貨を賢く取引するために、ビットコイン(BTC)と為替の関連性と、知っておきたいポイントなどについて詳しくご紹介します。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)ってどういうもの? 仮想通貨の代表ともいえるビットコイン(BTC)は、世界で初めて誕生した仮想通貨です。ビットコイン(BTC)の特徴として、例えば以下が挙げられます。 1. 法定通貨ではない 1つ目が「法定通貨ではない」点です。ビットコイン(BTC)は仮想通貨の一種のため、円やドルのような法定通貨のように、目に見える形では存在しません。 しかし、きちんと通貨単位があり、ネット上で取引がされています。常に変動するレートの中で、仮想通貨の取引所などで法定通貨との換金も可能となっています。 2. ブロックチェーン技術に支えられている 2つ目が「ブロックチェーン技術に支えられている」点です。ビットコイン(BTC)などの仮想通貨と切っても切れない関係なのが、ブロックチェーン技術です。 ブロックチェーン技術は分散型台帳技術とも呼ばれ、不正がしにくく、管理者不在で取引履歴などを記録できる仕組みのことです。 仮想通貨だけでなく、多くの業界で採用されつつある革新的な技術といえます。そんな技術によって、ビットコイン(BTC)の仕組みは支えられています。 3. 中央に管理者がいない 3つ目が「中央に管理者がいない」点です。法定通貨はそれぞれの国が管理していますが、ビットコイン(BTC)の場合は中央に管理者が存在しません。 ビットコイン(BTC)の取引は全てインターネット上に公開されており、ユーザー同士で互いに確認できる形となっています。 そのため取引の透明性が高く、ブロックチェーン技術によって改ざんなどもしにくいという特徴を持ちます。 4. 発行上限がある 4つ目が「発行上限」がある点です。 ビットコイン(BTC)の発行上限枚数は2100万枚とすでに決められており、不正が起きないようプログラムされています。 新規のビットコイン(BTC)の発行は、マイニングと呼ばれる採掘作業によって行われ、このマイニングによってビットコイン(BTC)の残りの枚数は日々減っていっています。 詳しくはこちら:ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説 ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 為替ってどういうもの? 為替とは、銀行振込など現金以外の方法によって、金銭を決済する方法のことを言います。 国内で行われる為替取引のことを内国為替と言い、国境を超えて異なる通貨間で行われる取引のことを外国為替と言います。 例えば、海外旅行をするときや、世界経済を考えるときに、1ドルいくらというような数値を目にする機会があるかと思います。まさにそういった通貨の関係性を為替といいます。 為替は、それぞれの通貨に対する需要によって変動します。たとえば、円とドルの為替で考えるなら、円を買いたいと思う人が多いと円高ドル安に変動していきます。 FXとは? 為替を投資対象とするものに「FX」があります。FXとは、外国為替証拠金取引といい、為替の差益を狙って行う投資のことです。 一般的な投資は、安いときに買って高いときに売ることで利益を得ますが、FXでは売り注文といって、その逆でも利益を得ることができます。 また、FXではレバレッジ取引が可能です。レバレッジ取引とは、少ない証拠金で多くの資金を動かすことができる取引方法です。 FX業者によっては、最大25倍ものレバレッジをきかせて取引をすることが可能です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とFXの違い ビットコイン(BTC)とFXの主な違いとして、例えば以下の4つが挙げられます。 1. 取引可能な時間が異なる 1つ目が「取引可能な時間が異なる」点です。 FXは原則として平日のみ取引できます。一方、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は、取引所のメンテナンス時間以外は、原則24時間365日取引が可能となっています。 そのため、土日に取引をしたい方などには、ビットコイン(BTC)の取引は向いています。 2. 変動率が異なる 2つ目が「変動率が異なる」点です。 FXは各国の通貨レートを使って行う投資で、大きくても1日数%程度の変動率であることが多いです。 一方で、ビットコイン(BTC)は1日に10%以上の値動きをすることがこれまでも何度もありました。そのため、ビットコイン(BTC)の方が変動率は高いといえます。 3. FXはスワップポイントで利益が得られる 3つ目が「FXはスワップポイントで利益が得られる」点です。 FXは、通貨ペアによっては、日々スワップポイントと呼ばれる、2国間の金利差から得られる利益がもらえます。 少額ではあるものの、ポジションを保有しているだけで、スワップポイントで利益を積み重ねることができます。 一方、ビットコイン(BTC)は価格変動での利益のみで、保有し続けることによる収益は基本的にはありません。 4. 税金が異なる 4つ目が「税金が異なる」点です。 FXは申告分離課税が適応されるため、税率は20.315%(所得税15.315%+住民税5% ※所得税に復興特別税を含む)と定められています。 一方で、ビットコイン(BTC)で得られた利益は、今のところ雑所得に分類され、総合課税が適応されます。ほかの収入と合算しての課税なので、所得が高い人ほど多くの税金がかる仕組みとなっています。 ※税金に関する詳細につきましては、管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価値が変動する理由 ビットコイン(BTC)の価格が変動する理由にはいくつかありますが、基本的な考え方は、需要と供給のバランスです。 ビットコイン(BTC)を欲しいと思う人が増えるほど、価格は上昇する仕組みです。例えば、ビットコイン(BTC)を使った技術を大手企業が採用するなどすれば、需要は増えて価格が上がることもあるでしょう。 一方で、取引所がハッキングされるなど悪いニュースがあると、ビットコイン(BTC)を手放す人が増えて、価格が下がります。 ほかにも、各国の規制、ビットコイン開発者コミュニティの動向、国家の法定通貨危機などによっても価格が大きく変動することがあります。 ビットコイン(BTC)の価格が気になる場合は、常にそういったニュースに敏感になることが大切です。 為替がビットコイン(Bitcoin/BTC)に与える影響 為替とビットコイン(BTC)は一見関係ないように見えますが、ビットコイン(BTC)の価格に為替の影響が決してないとは言い切れません。 例えば、法定通貨の価値が下がることによって、ビットコイン(BTC)の価値が上がる可能性はあります。 過去のキプロスの通貨危機のときは、ビットコイン(BTC)が法定通貨の資産を逃がす目的で買われたこともあり、今後もそのようなことがないとはいえません。 このように為替とビットコイン(BTC)の価格は無関係とは言い切れませんので、価格変動に備えた情報収集を心がけましょう。 他の仮想通貨にも為替との連動はあるのか? 為替とビットコイン(BTC)が連動する理由として考えられる一つに、法定通貨の危機があったときに資金が流入することが挙げられます。多くの人は、持っている資産が無価値になる前に、安全な通貨に逃げる傾向があるためです。 それではビットコイン(BTC)以外の仮想通貨であるアルトコインにも、為替の影響はあるのでしょうか。アルトコインは、時価総額がいずれもビットコイン(BTC)より小さく、ビットコイン(BTC)ほどは流動性も高くありません。 そのため、仮に法定通貨に危機があったとしても、いきなりアルトコインに逃げるという可能性は、今のところ低いのではないかと考えられています。なぜなら、法定通貨に危機があったとき、はじめに資金が流入するのはビットコイン(BTC)だと考えられるためです。 アルトコインに資金に流入する場合でも、まずはビットコイン(BTC)に先に流れてくると考えられるので、アルトコインへの為替の影響はそこまで大きくないといえるでしょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とゴールドに関連性はあるのか? 世界的な資産として古くから多くの人に愛されている金(ゴールド)にも、仮想通貨との関連性が見出せます。共通点として挙げられるのが「法定通貨と反比例しやすい」点、「リスクヘッジとしての需要が高い」点です。 金も仮想通貨と同じく、法定通貨の危機に備えて保有する人が多いです。法定通貨の状況によっては価格の変動が激しくなることもあり、金と仮想通貨は似たような値動きをすると考えられることもあります。 金の価格変動にも注視することで、ビットコイン(BTC)の価格を予想するのに役立つ場面があるかもしれません。 値動きを予想したいなら為替の状況もチェック ビットコイン(BTC)の値動きをより正確に予想したいのであれば、一つの材料として為替の値動きも把握することが大切です。 ビットコイン(BTC)は、法定通貨に代わる国境のない通貨として見なされることもあるため、法定通貨の危機には買われる傾向にあります。同じく、法定通貨の代用として捉えられている金も、仮想通貨の動向を知るのに役立つことでしょう。 金や為替は法定通貨の状況を表す指標ともいえるので、仮想通貨を売買するうえでも重要です。仮想通貨の取引を有利に進めていくためにも、為替のチェックも取り入れてみてはいかがでしょうか。

株やFXなどでよく耳にするデイトレード。頻繁に取引することで利益を得る方法で、暗号資産(仮想通貨)のビットコイン(BTC)でもデイトレードをすることは可能です。 ビットコイン(BTC)などの暗号資産は価格の変動が大きいため、デイトレードで賢く取引をしている人も少なくありません。ビットコイン(BTC)のデイトレードには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。 今回は、ビットコイン(BTC)のデイトレードについて、その特徴とどのように取引すれば良いのか詳しく紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 そもそもデイトレードとは何?主な特徴は? デイトレードの取引に求められる要素って一体? 1. 一定の出来高がある 2. 1日の値幅が大きい ビットコイン(Bitcoin/BTC)でデイトレードをするメリット 1. いつでも取引が行える 2. 手数料が安い取引所がある ビットコイン(Bitcoin/BTC)でデイトレードをするデメリット 1. 大きな損失が出る可能性がある 2. 時間の使い方が難しい 3. 利益が雑所得に分類される 売りから取引できるビットコイン(Bitcoin/BTC)のレバレッジ取引とは? 1. 少額から投資ができる 2. 売りから取引が行える 3. 決済後に実際のお金が動く ビットコイン(BTC)のデイトレードのコツ 1. 出来高を確認する 2. ニュースなどの情報収集をする 3. テクニカル分析を利用する 4. レバレッジ取引で売り注文も出してみる デイトレードを行う際に注意すべきこととは? 1. 初心者がいきなり勝つのは難しい 2. チャート分析のテクニックが必要 初心者はまず通常の取引から! そもそもデイトレードとは何?主な特徴は? デイトレードとは、株やFX、暗号資産などの投資で使われる取引方法の一つです。デイトレードはその名の通り、1日の間でトレードを完結させ、それを繰り返して利益を生み出す方法のことです。 投資の取引方法はほかに、数日から数週間の期間で取引を行うスイングトレード、数年単位で保有する長期保有などが挙げられます。また、デイトレードよりも短い、数秒から数分というスパンで取引する方法をスキャルピングといいます。 デイトレードは、チャートを観察するテクニカル分析を使って取引することが多く、翌日に取引を持ち込むことは基本的にありません。 1日の価格変動によって利益を得る方法なので、価格の上下が激しいといわれる暗号資産にも適している取引方法といえます。 デイトレードの取引に求められる要素って一体? 1日のうちに取引が完結するデイトレードを行うには、投資対象が一定の条件を満たしていることが好ましいと考えられています。 例えばデイトレード取引をする上では、投資対象に下記のような前提条件があることが望ましいでしょう。 1. 一定の出来高がある 1つ目が「一定の出来高があること」です。 出来高があまりにも少ない(流動性が低い)と、投資対象を買いたい時に十分に買えなかったり、売りたい時に十分に売れなかったりします。 そのため、デイトレードを行うには、ある程度出来高が多い方が望ましいといえます。 2. 1日の値幅が大きい 2つ目が「1日の値幅が大きいこと」です。 値幅が小さいと取引するタイミングがあまりなく、デイトレードには向いていません。1日の中でも価格の上下が激しく、取引チャンスが多い方が仕掛けやすくなります。 デイトレードで利益を得るためには、一定の出来高と値幅の大きさが重要です。暗号資産の中でもビットコイン(BTC)はその条件を満たしているといえるでしょう。 ただし、取引所や銘柄などによっても大きく異なるので、始める前にデイトレードに適している取引所や銘柄を慎重に選択することが大切です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)でデイトレードをするメリット ビットコイン(BTC)でデイトレードをするメリットとして、取引量が多い点や価格変動が大きい点のほかに、例えば2つ挙げられます。 1. いつでも取引が行える 1つ目が「いつでも取引が行える点」です。 取引所のメンテナンス中などを除いて、暗号資産は24時間365日取引が可能となっています。株やFXのように休みの期間がないため、本業で忙しい人などにも向いているでしょう。 2. 手数料が安い取引所がある 2つ目が「手数料が安い取引所がある点」です。 頻繁に取引を行うデイトレードで大切なのが、手数料の安さです。取引所によっては、株やFXに比べて取引手数料が安いところもあります。 そのため取引所選びの際に、取引手数料は1つのポイントとしてチェックしましょう。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)でデイトレードをするデメリット ビットコイン(BTC)のデイトレードはメリットも多い反面、デメリットもあります。大きく分けて3つあります。 1. 大きな損失が出る可能性がある 1つ目が「大きな損失が出る可能性がある点」です。 ビットコイン(BTC)などの暗号資産は価格変動が激しいため、トレードがうまくいった際には大きく儲かる可能性もありますが、逆に負けを繰り返すと大きな損失になるリスクがあります。 2. 時間の使い方が難しい 2つ目が「時間の使い方が難しい点」です。 例えば、株式投資は取引時間が限られているため、その時間で集中的に取引をすることができます。 一方、暗号資産は基本的に土日を含めて24時間365日取引できるため、自分で取引する時間を決める必要があったり、相場から離れている時でも価格が気になってしまう場合もあります。 そのため、取引のタイミングや時間の使い方が難しい側面があります。 3. 利益が雑所得に分類される 3つ目が「利益が雑所得に分類される点」です。 株やFXは投資商品として、申告分離課税が適用され、税率は20.315%(所得税15.315%+住民税5% ※所得税に復興特別税を含む)となっています。 一方、暗号資産で得られた利益は雑所得に分類され、雑所得はほかの所得と合算しての課税になります。そのため、すでにかなり所得が高い人の場合は、その分多くの税金が課せられますので、その点には注意が必要です。 ※税金に関する詳細につきましては、管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。 Coincheckの口座開設はこちら 売りから取引できるビットコイン(Bitcoin/BTC)のレバレッジ取引とは? デイトレードに適している取引方法の一つに、レバレッジ取引があります。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 レバレッジ取引とは、証拠金を預け入れて、その数倍の金額で売買ができる取引のことです。暗号資産取引所の中には、レバレッジ取引ができるところも多くあり、デイトレードに活用している人も多くいます。 レバレッジ取引の特徴は、大きく3つあります。 1. 少額から投資ができる 1つ目が「少額から投資ができる点」です。 レバレッジ取引では自分が保有する資金以上の取引ができるため、リスクはあるものの少額からの投資でもハイリターンが期待できます。 2. 売りから取引が行える 2つ目が「売りから取引が行える点」です。 通常、現物取引の場合には、買った価格から上昇したときに利益が出ます。ですが、レバレッジ取引の場合は、これから価格が下がると予想される場面で売り注文を出すことが可能です。 レバレッジ取引であれば上昇相場でも下落相場でも、どちらの局面でも取引ができるため、デイトレードに向いています。 3. 決済後に実際のお金が動く 3つ目が「決済後に実際のお金が動く点」です。 レバレッジ取引は現物取引とは違い、注文時点では保有したことにはならず、決済して初めてお金が動く点に注意が必要です。 ビットコイン(BTC)のデイトレードのコツ ビットコイン(BTC)のデイトレードをするときのコツとして、例えば以下の4つが挙げられます。 1. 出来高を確認する 1つ目が「出来高を確認する」ことです。 出来高が大きくなることは、価格の値動きが出やすくなる予兆でもありますので、トレード前に出来高のチェックは不可欠といえます。 2. ニュースなどの情報収集をする 2つ目が「ニュースなどの情報収集をする」ことです。 暗号資産は、取引所への上場や技術の進歩などによっても、価格が大きく変動します。そのため、暗号資産関連のニュースを常に収集しておくことは大切です。 ビットコイン(BTC)だけでなく、ほかのアルトコインなども含めた暗号資産を取り巻く環境についても敏感になっておくと良いでしょう。 3. テクニカル分析を利用する 3つ目が「テクニカル分析を利用する」ことです。 デイトレードには、ファンダメンタル分析よりもテクニカル分析が向いていると言われています。チャートや指標などを参考にして、エントリーポイントを探しましょう。 4. レバレッジ取引で売り注文も出してみる 4つ目が「レバレッジ取引で売り注文も出してみる」ことです。 買い注文だけでなく、売り注文もできるレバレッジ取引の利点を生かして、取引チャンスを増やしてみるのも良いでしょう。 ※Coincheckでは、2020年3月13日をもちまして、レバレッジ取引のサービス提供を終了いたしました。 デイトレードを行う際に注意すべきこととは? 最後に、デイトレードをする際の注意点についてもおさえておきたいポイントが2つあります。 1. 初心者がいきなり勝つのは難しい 1つ目が「初心者がいきなり勝つのは難しい」ことです。 暗号資産のみならず、トレードにあまり慣れていない初心者の段階では、経験のある投資家に比べて、利益を得るのが難しいことがあります。 これから暗号資産を始めようという初心者の方は、まずは通常の取引に慣れてから始めるのが良いでしょう。 2. チャート分析のテクニックが必要 2つ目が「チャート分析のテクニックが必要」なことです。 株やFXなどとも共通しますが、チャートを読み慣れていない初心者には、デイトレードはややハードルが高いといえます。 デイトレードはハイリスクハイリターンな取引方法のため、正しいチャートに関する知識などを身に付けたうえで、挑戦する方が良いでしょう。 初心者はまず通常の取引から! デイトレードは、短い期間で頻繁に取引をすることで、利益を積み重ねる取引方法です。しかし、負けないためには勉強や経験が欠かせません。 ポジションの傾きを把握したり、情報収集したりと、初心者には難しい側面もあります。初心者の方はまずは通常の取引に慣れてから、リスクを踏まえたうえでデイトレードに挑戦してみましょう。

ビットコイン(BTC)の売買取引を行う場合は、取引価格の動向や値動きの特徴を把握しておくことが重要です。動向や特徴を知らずに取引を行っていると、予想外の値動きによって大きな損失を被るリスクがあります。 過去からの価格推移と高値・安値を知っていれば、将来の価格を予測する場合の参考になるでしょう。また、ビットコイン(BTC)が高値になる状況を分析することは、値動きに関する特徴の把握にも繋がる可能性があります。 そこで、ビットコイン(BTC)の価格について最高値に焦点をあててご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)が辿ってきた主な歴史 ビットコイン(BTC)は、2009年1月に世界初のビットコイン(BTC)取引データを含む最初のブロックが誕生しました。ビットコインシステムの生みの親だとされているサトシ・ナカモトが自ら行った、世界で初めての取引です。 2009年10月には、ドルなどの法定通貨とビットコイン(BTC)の交換が世界で初めて行われます。この段階で、ビットコイン(BTC)は法定通貨建ての価格がわかるようになりました。 その後、ビットコインは世界中に広がりを見せます。世界への広がりに一役かったのが、2013年3月の初登場したビットコイン取引に対応するATMサービスです。 このATMを利用すれば、法定通貨を入金してビットコイン(BTC)を購入したり、保有しているビットコイン(BTC)を送金したりすることが可能です。2017年8月には、ビットコイン(BTC)のハードフォークにより、ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)とは?特徴やビットコインとの違いを徹底解説 Coincheck 2023年 上半期のビットコイン(Bitcoin/BTC)価格は? ビットコイン(BTC)の過去最高値情報を把握する前に、価格動向を把握しておくことが大切になります。過去の最高値と現状の価格を比較できるようになるからです。 ビットコイン(BTC)価格は、2023年5月時点で、1BTC(ビットコインの通貨単位)約27,000USD(アメリカドル)で取引されていました。同時点の為替レートで日本円に換算すると、約370万円前後です。 2022年末には大手暗号資産取引所のFTXが破綻した余波で低調な価格推移でしたが、2023年はリーマンショック以来の金融不安が米国で発生。結果的にビットコインのもつ既存金融への強みが再び評価され、2023年年の上半期にはビットコインの価格が一時30,000ドルを上回りました。 簡単にできるビットコインの購入方法・買い方と口座開設の流れ Coincheck 【過去の最高値の記録その1】2011年 ビットコイン(BTC)は、誕生してから何度か価格高騰を経験しています。 最初のバブルは、2011年に発生しました。暗号資産(仮想通貨)の価格高騰は、世界中に広がるための環境が整うことや、なんらかの良いニュースが飛び込むことがきっかけで起こる場合があります。 2011年に生じた価格高騰の理由は、例えば下記の3つがあげられます。 1. ニュース 1つ目は、ビットコイン(BTC)に関するニュースです。 前年の2010年時点において、ビットコインV0.3リリースに関するニュースがWeb掲示板で話題になったことがきっかけです。 2. 環境・インフラ面 2つ目は、環境・インフラ面の理由です。 2011年には、イギリスのポンド、ブラジルのレアルとの間でビットコイン(BTC)の交換ができる環境が整いました。暗号資産取引を行うインフラが整い始めたことも、価格高騰の理由となったと言えるでしょう。 3. シルクロード 3つ目は、少し特殊な要因です。シルクロードという闇サイトがあり、そのサイトでの取引価格が市場価格と連動している状況でした。 闇サイトでの取引価格高騰が、市場価格に波及したことも価格高騰の理由と言われています。 【過去の最高値の記録その2】2013年 2013年には、2度の価格急騰がありました。 1. キプロスでの金融危機 1回目は、キプロスでの金融危機が引き金になった急騰です。 EU(欧州連合)は、キプロスの金融支援を行うにあたって、キプロス国内預金への課税を条件としたのです。その税率は約10%にも達し、キプロス国民は預金を別の資産に逃がす行動をとります。 その逃避先として注目されたのがビットコイン(BTC)でした。ビットコイン(BTC)は、中央銀行などの影響を受けないと考えられていたため、資金の逃避先としてビットコイン(BTC)が買われて価格が急騰しました。 2. 中国からの資金流入 2度目は、世界的にも分散投資先として、ビットコイン(BTC)が注目され始めたことがきっかけです。 特に、中国の法定通貨である元の下落が続いていたため、中国から多くの資金がビットコイン(BTC)に流入しました。その結果、ビットコイン(BTC)価格が高騰したと言われています。 【過去の最高値の記録その3】2017年 ビットコイン(BTC)は、2017年に過去最高値を記録します。 2017年12月時点で、1BTCが2万USDに達したのです。価格高騰の理由は複合的であり、確定的な原因を特定することは難しいとされています。 考えられるいくつかの原因のなかで、大きな影響を与えたといわれている要因は例えば下記の2つが挙げられます。 1. ビットコイン先物の上場 1つは、CBOE(シカゴ・オプション取引所)とCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)でビットコイン先物が上場されたことです。 取引高が多く、世界的にも有名な取引所に上場を果たしたことによって、機関投資家からの資金が流入するという思惑が働き、価格が高騰したと考えられています。 2. ビットコイン(BTC)のハードフォーク もう1つの要因は、ビットコイン(BTC)のハードフォークビジネスが加速したことです。暗号資産システムの仕様変更により元の通貨から新しい通貨が分岐することを、ハードフォークといいます。 2017年にはこのハードフォークによって、ビットコイン(BTC)から分岐した通貨だけでなく、分岐元のビットコイン(BTC)価格も上昇する現象がみられました。 その結果、ますますビットコイン(BTC)は世界中の資金を集めることになり、過去最高値となる価格高騰が発生したのです。 【過去の最高値の記録その3】2021年 ビットコインや暗号資産は2018年以降、価格が大きく上昇することがなく、 しかし、NFTやレイヤー2といった様々な技術トレンド、加えてWeb3やDAOといったバズワードの普及が重なったことで、暗号資産市場の急激な成長につながりました。 また、イーロンマスク氏がCEOをつとめる米国のテスラ社がビットコインを保有していることや、Facebook社が社名をMeta社に改名するなどにより、暗号資産やその関連技術に大きな注目が集まりました。 2021年11月8日には、ビットコインの価格は市場最高値である1BTC約776万円に達しました。 Coincheckの無料登録はこちら 分岐しても最高値になるのはなぜなのか? ビットコイン(BTC)は、2017年8月にハードフォークを経験しています。そのときにビットコイン(BTC)から分岐して誕生したのがビットコインキャッシュ(BCH)です。 分岐することで価格が下落する可能性も指摘されていましたが、結果として分岐後にビットコイン(BTC)は過去最高値を記録しています。また、ビットコインキャッシュ(BCH)も、分岐後の価格上昇がみられました。 分岐元の通貨価値は、理論的には分岐することによって分散します。しかし、ビットコイン(BTC)の価格は下落せず、逆に大幅な上昇を見せたのです。 その理由は、分岐に関して多くの報道が行われたことによって知名度が高まり、資金流入が発生したからだと言われています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の今後は? ビットコイン(BTC)の価格変動は、さまざまなイベントにより左右される傾向があります。 そのため、今後どんな重要イベントがあるかを認識しておくことも大切です。主なイベントは、今後の規制の動向などがあげられるでしょう。 1. 規制の動向 ビットコインは2022年のFTXの破綻や、過去のMt.GOXの破綻など、世界規模の暗号資産取引所の不祥事や破綻などにより、大きく価格が下落する傾向になります。 すべての暗号資産取引所が問題を抱えているわけではありませんが、一部の取引所は潜在的な問題を抱えているケースもあるため、国や金融当局による規制強化が行われる可能性もあります。 しかし、規制強化が必ずしも悪い方向にはたらくわけではありません。2022年のFTX破綻では、日本で展開していた部分に関しては金融庁の規制下に置かれていたため、日本のユーザーは大きな被害を被ることはありませんでした。 適切な規制が行われれば、大きな資本が暗号資産に参入してくる可能性もあるのです。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の取引をするならニュースと値動きを要チェック ビットコイン(BTC)の取引を行う場合は、価格がどのように変動するかをある程度予測することが大切です。 例えば、上昇トレンドにある際にビットコイン(BTC)を購入することで、値上がり益が見込めるかもしれません。逆に、下降トレンドになりそうな場合は、手持ちのビットコイン(BTC)の売却をしておくことで、損失を抑えることができる可能性もあるでしょう。 価格動向に合わせた取引を行うためには、ビットコイン(BTC)の価格に影響を与える要因を理解しておくことは大切です。 ビットコイン(BTC)が過去最高値を記録したときは、世界的な金融危機やハードフォークによる新通貨の誕生、先物市場への上場などが価格に大きな影響を与えたとされています。 よって、価格動向を予想する場合は、暗号資産に関するニュースやイベントに注目することが必要です。自分なりの情報収集方法を確立し、こまめに値動きをチェックすることは、ビットコイン(BTC)の価格動向の把握に役立つことでしょう。 ビットコイン(BTC)半減期とは?仕組みや日付、価格への影響を解説 Coincheck

ビットコイン(BTC)の売買取引を行うにあたっては、購入時だけでなく売却時にも注意すべきポイントがあります。ビットコイン(BTC)の売り方に関しては、暗号資産(仮想通貨)の取引所のシステムを利用することが多いです。 そこではまず、システムに関する操作方法を正しく理解することが大切になります。また、売却価格に影響を与える取引手法についても把握しておくことも重要です。 そこで、ビットコイン(BTC)を売却する場合の方法や注意点などのポイントについてご紹介します。 Coincheckの無料登録はこちら 目次 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を売るための手段 1. 販売所で売却する 2. 取引所で売却する 3. OTCを利用する スマホアプリでの売り方の手順はどうなっている? 1. コインチェックアプリ(iOS)の場合 2. コインチェックアプリ(Android)の場合 販売所での売り方の手順はどうなっている? 取引所での売り方の手順はどうなっている? ビットコイン(Bitcoin/BTC)の売却での注意点 1. 初心者にはスマホアプリでの売却が簡単 2. 売却するタイミング 3. 取引所でのみ利用できる注文方法がある 価格は有利でも個人間での取引は避けるべき理由 ウォレットのビットコイン(Bitcoin/BTC)を売るには? ビットコイン(Bitcoin/BTC)の売り方の手順やコツをしっかり押さえておこう! ビットコイン(Bitcoin/BTC)を売るための手段 ビットコイン(BTC)の売り方のポイントを理解するうえでは、まず、売るための手段を認識しておくことが重要です。 Coincheckを利用する場合、初心者でも使いやすいアプリが用意されています。そのため、アプリを使って売却する方法を理解しておくとよいでしょう。 また、暗号資産を売却する場合は、①販売所で売却する、②取引所で売却する、もしくは③OTC(オーバー・ザ・カウンター)を利用するという方法もあります。 1. 販売所で売却する まず、販売所では、Coincheckなど販売所を運営している暗号資産交換業者に対して売却することになります。売却価格は、業者から提示される価格です。 売りたい時にすぐ売ることができ、操作も簡単というメリットがあります。 2. 取引所で売却する 取引所で売買を行う場合、ユーザー同士で売買を行うことになります。 自分で売却したい価格を決めて注文を出せるというメリットがある一方で、買い手がいない場合は注文が成立しなかったり、慣れていないと注文ミスをしてしまう可能性があるなどのデメリットもあります。 3. OTCを利用する OTCでは、取引所などを通さずに売買を行います。個人間の交渉で価格が決まる取引です。 スマホアプリでの売り方の手順はどうなっている? Coincheckのスマホアプリを利用して売却する場合は、とても簡単に売却が可能です。 1. コインチェックアプリ(iOS)の場合 まず、アプリを立ち上げてトップのチャート画面から「BTC」を選択し、「売却」ボタンをクリックします。 その後、売却したい数量を入力し、下部のボタンをクリックして確認画面に進み、内容に問題がなければ売却を行います。こちらで取引は完了です。 2. コインチェックアプリ(Android)の場合 まず、アプリを立ち上げて、左メニューから「コイン売却」を選択します。 「コイン売却」のページからビットコイン(BTC)を選択し、売却したい数量を入力します。入力が完了し、「円で売却する」を選択すると、再確認の画面が出ます。 「OK」を選択するとコインを売却することができ、「注文が完了しました」と表示されたら完了です。 販売所での売り方の手順はどうなっている? 続いて、Web画面を使ってCoincheckの販売所でビットコイン(BTC)を売却する手順をご紹介します。 まず、トップページから「ウォレット」を選択し、左メニューから「コインを売る」を選択します。販売所を利用する場合、売却する価格はCoincheckが提示する価格です。 取引所での売買のように、価格について検討する必要はありません。そのため、数量または日本円金額の入力だけで、即時に簡単に売買を行うことが可能です。 次に、ビットコイン(BTC)を選択し、売却したい数量を入力すると、売却できる状態になります。画面上に表示される日本円金額とビットコインの数量を確認のうえ、「売却する」ボタンをクリックすれば、取引は完了です。 売却するとすぐに取引が成立し、日本円残高の増加と保有ビットコイン数量の減少が反映されます。 取引所での売り方の手順はどうなっている? 続いて、Web画面を使ってCoincheckの取引所でビットコイン(BTC)を売却する手順をご紹介します。 まず、画面上に表示されているメニューから「取引所」を選択します。続いて、取引所の画面の真ん中ぐらいにある「現物取引」の箇所に、レートと注文量を入力します。 レートは、「現物取引」の横にある「買い板/売り板」から数字を選択することで、自動反映させることもできます。 そうしてレートと注文量を決めた後は、「売り」ボタンをクリックします。無事に取引が成立すれば、売却が完了します。 なお、「いくらでもいいから売りたい」という場合は、成行注文を使うことも可能です。成行注文を使う場合は、「トレードビュー」をクリックします。 次にトレードビューの右側にある「成行注文」のボタンをクリックし、注文量だけを入力します。そして最後に、「売り成行注文」をクリックすれば、売却の手順は完了です。 Coincheckの無料登録はこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)の売却での注意点 ビットコインを売却する場合は、売り方を理解するだけでなく、注意すべき点も認識しておくことが必要です。注意点は、3つあります。 1. 初心者にはスマホアプリでの売却が簡単 1つ目は、初心者が売却を行う場合は、スマホアプリを利用するのが簡単ということです。 スマホアプリでの売却は操作が簡単であるため、取引所で売却するよりも、間違った操作をするリスクが低いというメリットがあります。 すぐに売却したい場合や、取引に慣れていない場合は、スマホアプリを利用した方がよいでしょう。 2. 売却するタイミング 2つ目は、売却するタイミングです。 当たり前ですが、ビットコイン(BTC)の価格が購入したときよりも高い価格で売却できれば、売却益を確保できます。一方、購入したときよりも低い価格で売却してしまうと、損をしてしまいます。 ビットコイン(BTC)の価格は日々変動していますので、売却するタイミングには注意しましょう。 3. 取引所でのみ利用できる注文方法がある 3つ目は、取引所でのみ利用できる注文方法があることです。 価格を指定して売却する指値注文や、価格を指定せずに売り注文を入れる成行注文を入れることができるのは、取引所だけです。ただし、取引所の場合は売買が成立しなかったり、販売所よりも注文の仕方が難しいというデメリットはあります。 そのため、初心者の方などはスマホアプリや販売所を利用し、トレードに慣れている方などは取引所を利用してみるのも良いでしょう。 価格は有利でも個人間での取引は避けるべき理由 ビットコイン(BTC)は、取引所や販売所を介さずに、個人間で売却をすることも可能です。しかし、できるだけ個人間売買は避けたほうがよいでしょう。 個人間売買は、手数料が安く、有利な価格で売却できる場合もあります。しかし、詐欺に遭うリスクもあることを認識することが大切です。 個人間売買を行う場合、信頼できる取引相手を見つけることが難しいという面があります。個人間売買を行った結果生じるトラブルは、自分で解決することになります。 取引所などが守ってくれることはなく、自己責任です。ビットコイン(BTC)取引の初心者は、可能な限り個人間売買は避け、取引所や販売所を利用するようにしましょう。 ビットコインの始め方・買い方を「初心者向け」に解説!仮想通貨(暗号資産)を購入する4つのステップ Coincheck ウォレットのビットコイン(Bitcoin/BTC)を売るには? ビットコイン(BTC)は、ウォレットと呼ばれるツールを使って、自分のパソコン上などに保有することができます。 ウォレットとは、暗号資産を保存する財布のような機能を果たすものです。ただし、ウォレットにあるビットコイン(BTC)は、そのままの状態では基本的には売却できない仕様になっています。 ウォレットにあるビットコイン(BTC)を売却する場合は、基本的には売買できる機能がある暗号資産交換業者の口座に送金することが必要です。ウォレットから送金する場合は、開設してある口座の入金用アドレスに送金することになります。 アドレスとは、口座を特定するための番号のようなものだと理解しておけばよいでしょう。預金における口座番号に相当するものです。 口座開設をした取引所の口座へビットコイン(BTC)の入金が完了すれば、売却できる状態になります。入金が完了したあとは、暗号資産交換業者が提供している販売所などの機能を使えば、すぐに売却が可能です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の売り方の手順やコツをしっかり押さえておこう! ビットコイン(BTC)を売却したい場合は、暗号資産交換業者が提供している販売所や取引所などのシステムを使って売る手順を理解しておくことが大切です。 正しく売る手順を理解しておけば、間違って売ってしまうなどの失敗を回避できます。基本的な売り方をマスターしておけば、いざ売る段階になってやり方がわからなくなって焦るといった失敗もなくなるでしょう。 また、安全にビットコインを売却する場合は、手順の理解だけでなく、注意点も把握しておく必要があります。 主な注意点は、アプリを使えば簡単であることや、販売所・取引所それぞれのメリットを理解すること、購入した時よりも値上がりしてから売却することで利益を出せることなどです。 このような手順と注意点を認識したうえで、賢く売却できるようになっておきましょう。 ビットコイン(BTC)半減期とは?仕組みや日付、価格への影響を解説 Coincheck

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never