Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

ライトコイン(LTC)はいくらから買える?

仮想通貨の名前はよく聞くものの、何となく高くて買いにくいイメージを持たれている方も少なくないかもしれません。しかし、Coincheckなら仮想通貨の種類に関係なく、一律に500円というお小遣い程度の金額から購入することができます。

そこで今回は時価総額でこれまで常に上位を占め、代表的な仮想通貨の一つであるライトコイン(LTC)を取り上げます。ライトコイン(LTC)の最低購入額や購入方法、概要などについてお伝えしていきましょう。

Coincheckなら500円からライトコイン(LTC)を購入できる

Coincheckでライトコイン(LTC)を購入する場合、その最低購入額は500円からと買いやすい金額です。

日本国内の大手仮想通貨取引所の一つであるCoincheckでは、以下の10種類の通貨の売買が可能です(2019年6月時点)。これら10種類のすべての通貨が、500円から購入できます。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH) ※通貨単位の読みは「イーサ」
  • イーサリアムクラシック(ETC) ※通貨単位の読みは「イーサクラシック」
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ネム(XEM) ※通貨単位の読みは「ゼム」
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)

なお、Coincheckで取り扱っている上記の通貨はすべて日本円以外にビットコイン(BTC)でも購入できます。ライトコイン(LTC)をビットコイン(BTC)で購入する場合、最低購入額は「0.001BTC」からとなります。

また、保有している仮想通貨を売却する場合も最低売却額は500円からとなっています。仮想通貨を売却してビットコイン(BTC)に換える場合も、最低売却額は購入時と同様に「0.001BTC」となります。

次に、Coincheckでのライトコイン(LTC)の最低注文量の具体的例をご紹介します。仮にライトコイン(LTC)を1LTCあたり4,000円とした場合、ライトコイン(LTC)の最低注文量は、500円=0.125LTCとなります。

ライトコイン(LTC)を購入する場合の手数料は?

ライトコイン(LTC)
ライトコイン(LTC)を購入時の手数料についてお伝えします。まず、Coincheckでライトコイン(LTC)を購入する場合、Coincheckに口座を開設します。

Coincheckの口座開設はこちら

その後、Coincheckに日本円を入金します。ウォレットと呼ばれるCoincheck内のアカウントへの入金方法は、銀行振込の他にコンビニ入金、クイック入金が選べます。

銀行振込の場合

銀行振込の場合、銀行振込手数料はお客様のご負担となりますが、手数料自体は無料です。

コンビニ入金の場合

コンビニ入金については、入金1回あたり30,000円未満の場合で756円の手数料が発生します。

また、入金1回あたりが30,000円以上30万円以下の場合は1,000円の手数料となります。コンビニ入金では、1回あたりの入金上限額は30万円ですので注意が必要です。

クイック入金の場合

次にクイック入金を利用される場合、入金額30,000円未満は756円の手数料が発生し、30,000円以上50万円未満の場合では1,000円の手数料が発生します。また、50万円以上の入金額になると手数料は「入金額×0.108%+486円」となっています。

送金手数料について

なお、Coincheckのユーザーどうしでライトコイン(LTC)を送金する際にかかる送金手数料は、無料となっています。

Coincheck以外の別のウォレットに送金する際には、0.01ETCの送金手数料が発生します。

Coincheckでのライトコイン(LTC)の購入手続きはとてもカンタン

続いて、Coincheckでライトコイン(LTC)を購入する手続きについて説明します。

1. Coincheckのサイトで新規登録を行う

口座開設
まずは公式サイトの口座開設申込フォームにメールアドレスとパスワードを入力します。その後、「アカウント作成」ボタンをクリックします。

Coincheckのアカウント登録はこちら

入力したメールアドレスに、Coincheckから認証用URLが表記されたメールが送信されますので、メールに記載された認証用URLをクリックします。そうすると新規登録が終了しますので、SMS認証へ進みます。

なお、Facebookアカウントがある方の新規登録は、Coincheckのサイトの「Facebookで10秒登録」をクリックするだけでアカウントが作成、登録されます。
   

2. SMS認証(電話番号認証)で本人確認を行う

本人確認
Coincheckアカウントへログインし、緑色の「本人確認書類を提出する」のボタンをクリックします。

アカウントを登録したご本人様のスマートフォン番号を入力し、「SMSを送信する」をクリックします。そうするとスマートフォンに6桁の認証コードを表記したSMS(ショートメッセージ)が届きます。

その認証コードをCoincheckサイトの「送信された認証コード」に入力すると、SMS認証が完了します。
   

3. 本人書類をアップロードする

続いて、氏名、性別、生年月日、住所など基本情報を入力します。その後、本人確認書類(運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなど顔写真が入ったページ)をアップロードします。

4. IDセルフィーをアップロードする

IDセルフィー
次に、本人確認書類を手にした画像(IDセルフィー)をアップロードします。
   
本人確認書類の提出後、画面には「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。

5. 本人確認のメールと郵便が届いて手続き完了

本人確認書類の確認後、本人確認完了のメールと登録した住所へ簡易書留のハガキが郵送されます。

こちらのハガキを受け取ると、本人確認の手続きが完了します。この一連の手続きで口座開設が完了しますので、ご利用中の金融機関から自身のアカウントへ入金すればいつでも仮想通貨を購入できます。

ライトコイン(LTC)の購入方法

Coincheckのアカウントに銀行振込などで日本円を入金したあとに、ライトコイン(LTC)をコインチェックアプリで購入する場合と、CoincheckのWeb画面から購入する場合の方法を紹介します。

コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合

コインチェックアプリ(iOS)
アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、ライトコイン(LTC)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。

続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。

コインチェックアプリ(Android)で購入する場合

コインチェックアプリ(Android)
アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ライトコイン(LTC)を選びます。

続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です

CoincheckのWeb画面から購入する場合

コインを買う
Coincheckのサイトの「ウォレット」から「コインを買う」をクリックします。

そうするとCoincheckで買える仮想通貨の種類が表示されますので、ライトコイン(LTC)を選んでクリックします。

数量欄に購入するライトコイン(LTC)の数を入力すると、合計欄にはその時点での購入レートにもとづいた合計金額が表示されますので、確認します。

その後、「購入する」をクリックすれば、購入は完了です。なお、日本円ではなくお手持ちのビットコイン(BTC)と交換する場合も、同様にウォレットページ内で手続き可能です。

詳しくはこちら:ライトコイン(LTC)取引の口座開設から購入方法について

ライトコイン(LTC)とは?

ライトコイン(LTC)
続いて、ライトコイン(LTC)の概要についてご紹介していきます。

ライトコイン(LTC)は、元グーグルのエンジニアだったチャーリー・リー氏により開発された仮想通貨です。2011年10月7日に市場にリリースされ、これまで時価総額ベースで常に上位を占めてきた仮想通貨を代表するコインの一つです。

その最大の特徴はビットコイン(BTC)同様にブロックチェーン技術を利用しつつも、ビットコイン(BTC)をしのぐ取引スピードを有する点にあります。そのスピードを支えるものとして、以下のような様々な特徴があります。

ビットコインの4倍ものブロック生成速度

ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)のブロックチェーンが導入されているものの、ブロック生成にかかる時間は短縮化されています。

ブロック生成にかかる時間はビットコインが約10分かかるのに対して、ライトコイン(LTC)は2.5分ほどしかかかりません。その結果として、ビットコイン(BTC)と比べてはるかに短時間で送金することを可能にしています。

SegWit(セグウィット)の導入

仮想通貨では最も有名なビットコイン(BTC)ですが、取引ユーザーの急激な増加に伴い、送金数も増大してきました。そのためコインの着金に非常に時間がかかって着金が遅くなるといった「スケーラビリティ」と呼ばれる問題が発生しました。

スケーラビリティは取引データを記録するブロックがすぐに一杯になり、取引認証に時間がかかるといった要因から起こります。この解消方法として、ブロックを拡張する他、取引履歴自体を圧縮することでデータ容量を小さくして、取引が増加しても処理がスムーズに行えるようにする方法が考えられました。

後者の方法を導入するための技術が、SegWit(セグウィット)です。ライトコイン(LTC)はこのSegWit(セグウィット)を仮想通貨で初めて導入し、処理スピードアップを果たしました。

ライトニングネットワークの実験に成功

ライトニングネットワークとは、すべての取引記録をブロック化せず、少額の取引データなどはブロックチェーンの外に保管しておき、最終的な取引量だけブロックチェーンに記録するような技術です。

少額の全取引データを一つずつマイナー(マイニングする人)にブロック作成してもらわずに済むので、「手数料の減少」「送金スピード向上」「最少額(0.00000001BTC)からの送金」などを可能にしている点がメリットといえます。

さらにライトニングネットワークは、取引所のような第三者を介さずに通貨の直接交換を可能にする技術である、「アトミックスワップ」を実用化させる技術的な基盤となります。アトミックスワップによって、異なるブロックチェーンをまたいでの資産の交換が実現できます。

マイニングに必要な電力を削減

また、ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)の取引を承認するための計算処理である「マイニング」が、簡略化されています。

そのためビットコイン(BTC)ほどの高い消費電力が不要となり、電気代もビットコイン(BTC)ほどはかからないというメリットがあります。

ライトコイン(LTC)はScript(スクリプト)方式という暗号方式を使ったブロックチェーンを採用しているおかげで、低消費となっています。

詳しくはこちら:仮想通貨ライトコイン(LTC)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説

Coincheckでのライトコイン(LTC)の購入についてのまとめ

ライトコイン(LTC)を含め、仮想通貨の購入金額が高そうなイメージを持っていた方でも、実は最低購入額は低いことがおわかりいただけたでしょうか。

Coincheckなら購入も売却も日本円で500円からお取引可能ですし、お手持ちの仮想通貨との交換でも0.001BTCからとなっています。

ライトコイン(LTC)の購入に興味がある方は、Coincheckであればすぐにアカウント登録ができますので、取引を検討してみてはいかがでしょうか。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never