総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
総資産
ヘッダーに表示
総資産
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

残高

利用中

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
レバレッジ取引
JPY
BTC
証拠金
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
利用可能証拠金
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
レバレッジ倍率
{{ current_account.lending_leverage }}
証拠金維持率
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

ライトコイン(LTC)取引の口座開設から購入方法を解説

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨です。

数あるアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の中でもビットコイン(BTC)の不得手な部分をカバーする存在として知られています。

ライトコイン(LTC)の特徴と、取引のために必要となる口座の開設方法についてご説明します。

Coincheckの口座開設はこちら

ライトコイン(LTC)とは?

ライトコイン(LTC)
「ビットコイン(BTC)はゴールドなら、ライトコイン(LTC)はシルバー」などともいわれ、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨であるアルトコインの中でも、ビットコイン(BTC)の不得手な部分をカバーする存在として知られています。

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)をベースにして2011年10月に生まれたアルトコインです。日本での人気はあまり高くはありませんが、海外ではほかのアルトコインと同様、盛んに取引されており、特にアメリカでの人気が高いようです。

ライトコイン(LTC)は、そもそもビットコイン(BTC)の補助的な位置付けで開発されました。そのため、ビットコイン(BTC)を補完するような機能を備えています。

ライトコイン(LTC)の特徴とは?

ライトコイン(LTC)
ライトコイン(LTC)の最大の特徴は、ブロック(分散型台帳)の生成スピードが速いことです。

ビットコイン(BTC)では、1つのブロックが作られるのに10分かかりますが、ライトコイン(LTC)ではわずか2.5分です。4倍もの処理速度を持つので、スピーディーな送金が可能となります。

また、取引情報の容量を小さくする「Segwit(セグウィット)」を採用したことで、一つひとつのブロック内により多くの取引情報を収めることができるようになりました。

さらに、試験的にではありますが、ライトコイン(LTC)は、ブロックとブロックをつなげる鎖のようなメインチェーンの外側に、バイパスのようなチェーンを作り、高速送金を実現する技術「ライトニングネットワーク」を使い、個人同士での通貨の送受信にも成功しています。

もしもこのプロセスが本格的に導入されれば、ライトコイン(LTC)による少額の支払いが今まで以上にスムーズになります。

仮想通貨の中で時価総額第7位のライトコイン(LTC)は(2018年10月時点)、今後の可能性も含めて注目しておきたい仮想通貨といえそうです。

Coincheckでライトコイン(LTC)取引用の口座開設を行う

ライトコイン(LTC)を買うには、まず販売所あるいは取引所に口座を開設しなくてはなりません。ここでは、Coincheckで口座開設する流れを簡単にご紹介します。

1. アカウント登録

口座開設
Coincheckで口座開設するには、アカウント登録を行うことになります。

アカウントの登録ページはこちら

Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力します。

入力が終わったら「アカウント作成」ボタンをクリックすると、入力したメールアドレス宛に、Coincheckからメールが届きます。その文面に記されたURLをクリックすれば、ブラウザーの画面が切り替わり、アカウント登録の手続きが完了します。

また、Facebookアカウントをお持ちの方は、Coincheckサイトにある「Facebookで10秒で登録」を押すことで、アカウントが作成されます。

2. SMS認証(電話番号認証)

本人確認
次に、本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。

Coincheckアカウントでログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押したら、サイトに表示される欄に、アカウントを登録したご本人様の携帯電話番号を入力します。

そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了となります。

3. 本人確認書類のアップロード

SMS認証が完了すれば、お客様情報(氏名、性別、生年月日、自宅住所など)を登録し、本人確認書類のアップロードを行いましょう。運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの身分証明書をご用意ください。

次に、「IDセルフィー」を用意します。IDセルフィーとは、アップロードした本人確認書類を手に持って、自分の顔を自撮りした写真のことです。

IDセルフィー

このIDセルフィーも、続けてアップロードします。最後に住所確認として、Coincheckから登録住所へ簡易書留ではがきを郵送いたします。

なお、本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金・送金などができません。すべての機能を使用するために、本人確認の手続きをしておきましょう。

詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ

Coincheckでライトコイン(LTC)を購入する方法

Coincheckでライトコインの取引をするには、まずCoincheckが指定する口座に必要なだけのお金を振り込む必要があります。

これは、ライトコイン(LTC)の購入原資になりますから、事前にライトコイン(LTC)のチャートを調べておき、いくらぐらいの日本円が必要かを確認しておくようにしましょう。

振込後、しばらくするとCoincheckのあなたのアカウントに入金が反映されます。ここまでくれば、取引を始められます。

「コインを買う」のページに移動して、「ライトコイン(LTC)」を選択し、購入数を入力すると、時価に応じた購入金額が表示されます。間違いがなければ「OK」を押して、購入は完了です。

ライトコイン(LTC)の手数料は?

取引所で仮想通貨を売買すると、その内容によって手数料が加算されます。

仮想通貨の入金については、現在すべての取引所が「手数料無料」としていますが、購入や売却、出金については、取引所ごとあるいは通貨の種類によって、手数料に細かな違いがあります。

Coincheckでライトコイン(LTC)の取引をする場合は、ほかのアカウントへの送金手数料は0.001LTCとなります。ただし、送金先もCoincheckのアカウントを持っていれば、送金手数料は無料となります。

また、日本円での出金については、金額にかかわらず一律400円です。

ライトコイン(LTC)の過去チャートを振り返る

ライトコインチャート
ビットコイン(BTC)から生まれた他のアルトコインと同様、ライトコイン(LTC)もビットコイン(BTC)の値動きに追随するようなチャートを描いています。

2017年9月にライトニングネットワークの試験導入に成功したことから値を上げ始め、12月には他の通貨と同様に大きく高騰しました。その後は反動で値を下げていますが、2018年10月時点では、高騰に至る直前だった2017年11月頃の水準で推移しています。

ライトコイン(LTC)は元々、ビットコイン(BTC)の抱えるスケーラビリティ問題(ブロックサイズの不足)を解決するために生まれた仮想通貨なので、ビットコイン(BTC)と連動するように、ライトコイン(LTC)の将来性も変化していくことでしょう。

Coincheckが選ばれる理由

Coincheckでは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。

取扱通貨は、ライトコイン(LTC)のほか、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。

さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引がきできます。

仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never