ライトコイン(LTC)の購入方法は?買い方と取引方法を解説

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨です。

数あるアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の中でもビットコイン(BTC)の不得手な部分をカバーする存在として知られています。

この記事ではライトコイン(LTC)の買い方や購入方法、取引のために必要となる口座の開設方法やライトコイン(LTC)の特徴などについてご説明します。

Coincheckでライトコイン(Litecoin/LTC)取引用の口座開設を行う

ライトコイン(LTC)を買うには、仮想通貨の販売所あるいは取引所に口座を開設しなくてはなりません。ここでは、金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckで口座開設する流れを簡単にご紹介します。

1. アカウント登録

口座開設
Coincheckで口座開設するには、アカウント登録を行うことになります。

Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力します。

入力が終わったら「アカウント作成」ボタンをクリックすると、入力したメールアドレス宛に、Coincheckからメールが届きます。その文面に記されたURLをクリックすれば、ブラウザーの画面が切り替わり、アカウント登録の手続きが完了します。

また、Facebookアカウントをお持ちの方は、Coincheckサイトにある「Facebookで10秒で登録」を押すことで、アカウントが作成されます。

2. SMS認証(電話番号認証)

本人確認
次に、本人確認として、携帯電話の認証確認を行う手続きに移ります。

Coincheckアカウントでログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押したら、サイトに表示される欄に、アカウントを登録したご本人様の携帯電話番号を入力します。

そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にショートメッセージ(SMS)が届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了となります。

3. 本人確認を行う

本人確認

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

IDセルフィー

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:
「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参考ください

参考:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

Coincheckでライトコイン(LTC)を購入する方法

ライトコイン(LTC)を購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。

日本円を入金する

日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。

銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。
銀行振込

金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。

アプリで購入する

アプリで購入(LTC)
コインチェックアプリでライトコイン(LTC)を購入する手順は、まずログインしてトップ画面から「LTC」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。

購入したいライトコイン(LTC)の数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでLTCを購入」をタップすることでライトコイン(LTC)が購入できます。

購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。

WEB画面で購入する

コインを買う
WEB画面でライトコイン(LTC)を購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。

ウォレットページから「コイン購入」を押して、ライトコイン(LTC)を選びましょう。次に、ライトコイン(LTC)の購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。

手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。

そもそもライトコイン(Litecoin/LTC)とは?

ライトコイン(LTC)は、「ビットコイン(BTC)はゴールドなら、ライトコイン(LTC)はシルバー」などともいわれています。ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨であるアルトコインの中でも、ビットコイン(BTC)の不得手な部分をカバーする存在として知られています。

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)をベースにして2011年10月に生まれたアルトコインです。日本での人気はあまり高くはありませんが、海外ではほかのアルトコインと同様、盛んに取引されており、特にアメリカでの人気が高いようです。

ライトコイン(LTC)は、そもそもビットコイン(BTC)の補助的な位置付けで開発されました。そのため、ビットコイン(BTC)を補完するような機能を備えています。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴とは?

ライトコイン(LTC)
ライトコイン(LTC)の最大の特徴は、ブロック(分散型台帳)の生成スピードが速いことです。

ビットコイン(BTC)では、1つのブロックが作られるのに10分かかりますが、ライトコイン(LTC)ではわずか2.5分です。4倍もの処理速度を持つので、スピーディーな送金が可能となります。

また、取引情報の容量を小さくする「Segwit(セグウィット)」を採用したことで、一つひとつのブロック内により多くの取引情報を収めることができるようになりました。

さらに、試験的にではありますが、ライトコイン(LTC)は、ブロックとブロックをつなげる鎖のようなメインチェーンの外側に、バイパスのようなチェーンを作り、高速送金を実現する技術「ライトニングネットワーク」を使い、個人同士での通貨の送受信にも成功しています。

もしもこのプロセスが本格的に導入されれば、ライトコイン(LTC)による少額の支払いが今まで以上にスムーズになります。仮想通貨の中で時価総額第7位のライトコイン(LTC)は(2018年10月時点)、今後の可能性も含めて注目しておきたい仮想通貨といえそうです。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の手数料は?

ライトコイン(LTC)
取引所で仮想通貨を売買すると、その内容によって手数料が加算されます。

仮想通貨の入金については、現在すべての取引所が「手数料無料」としていますが、購入や売却、出金については、取引所ごとあるいは通貨の種類によって、手数料に細かな違いがあります。

Coincheckでライトコイン(LTC)の取引をする場合は、ほかのアカウントへの送金手数料は0.001LTCとなります。ただし、送金先もCoincheckのアカウントを持っていれば、送金手数料は無料となります。

また、日本円での出金については、金額にかかわらず一律407円です。

※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の過去チャートを振り返る

ライトコインチャート

出典:Coincheck charts LTC/JPY

ビットコイン(BTC)から生まれた他のアルトコインと同様、ライトコイン(LTC)もビットコイン(BTC)の値動きに追随するようなチャートを描いています。

2017年9月にライトニングネットワークの試験導入に成功したことから値を上げ始め、12月には他の通貨と同様に大きく高騰しました。その後は反動で値を下げていますが、2018年10月時点では、高騰に至る直前だった2017年11月頃の水準で推移しています。

ライトコイン(LTC)は元々、ビットコイン(BTC)の抱えるスケーラビリティ問題(ブロックサイズの不足)を解決するために生まれた仮想通貨なので、ビットコイン(BTC)と連動するように、ライトコイン(LTC)の将来性も変化していくことでしょう。

ライトコイン(Litecoin/LTC)購入にCoincheckが選ばれる理由

ライトコイン(LTC)
Coincheckでは、アカウント登録から口座開設までがシンプルでわかりやすいので、仮想通貨の取引をすぐに始めることができます。

取扱通貨は、ライトコイン(LTC)のほか、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など、選択肢が豊富です。

さらに、チャートがインジケーター(指標)を含めて見やすいCoincheckアプリなら、移動中などでも簡単に仮想通貨の取引がきできます。

仮想通貨の取引には、Coincheckの利用をぜひ検討してみてください。