Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | display_digit:5 | number | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | display_digit:5 | number | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | display_digit:5 | number | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | display_digit:5 | number | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

ビットコイン(BTC)に1000万円投資したい?運用を成功させるコツは?

ビットコイン(BTC)に代表される仮想通貨への投資資金として1000万円を用意できた場合、どのように運用するのがよいか、どの程度のリターンが得られるのかが気になるかもしれません。

基本的な運用に関する知識がなければ、失敗して大きな損失を被る可能性が高くなってしまいます。そこで、1000万円を仮想通貨に投資する場合に注意したいポイントやコツなどについてご紹介します。

この記事を読むことによって、ビットコイン(BTC)の仕組みや仮想通貨への基本的な投資方法などを理解できるようになっています。

ビットコイン(BTC)投資ってどんなもの?

ビットコイン(BTC)
ビットコインへの投資を理解するにあたっては、ビットコインの特徴を理解する必要があります。

ビットコインの特徴を把握するにあたっては、ビットコイン以外の仮想通貨と比較して違いを認識する方法が有効です。ここでは、ビットコイン投資とビットコインの特徴について解説します。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、ネット上で交換・決済する手段として利用できる通貨のことをいいます。

ネット上だけに存在しており、日本円やドルなどの法定通貨のような紙幣や硬貨は発行されない電子通貨です。仮想通貨システムには暗号技術が使われているため、暗号通貨・暗号資産と呼ばれることもあります。

ビットコイン(BTC)の特徴は?

仮想通貨のなかでも、ビットコインは元祖仮想通貨ともいわれており、よく知られている通貨です。

2019年2月末時点における時価総額は、約7兆円以上にもなっています。仮想通貨の中で、最も時価総額が大きい通貨です。

ビットコインに代表される仮想通貨は、株やFX(外国為替証拠金取引)などと比較して価格変動が大きいという特徴があります。大きなリターンが得られる余地がある反面、損失額が大きくなる可能性もある投資対象と言えます。

また、株やFXと比較すると、仮想通貨投資はまだまだ認知度が低く、取引参加者は限定されています。

ビットコイン(BTC)とその他の仮想通貨(アルトコイン)の違い

アルトコイン
ビットコイン以外の仮想通貨の総称は、アルトコインです。

アルトコインの代表格としては、イーサリアムやリップルなどがあげられます。ビットコインは基本的にすべての仮想通貨の取引所で取り扱いがあります。

しかし、アルトコインは種類が多いため、取引所で取り扱われているアルトコインはごく一部です。そのため、取引所で売買できないコインや、特定の取引所でしか取引できないコインもあります。

ビットコインは取引量や時価総額が大きいこともあり、アルトコインと比較すると価格は比較的安定しているといえるでしょう。マイナーなアルトコインになればなるほど、価格変動幅は大きくなります。

ビットコイン(BTC)投資の始め方

ビットコイン(BTC)
ビットコイン投資を始めるためには、金融庁に登録された仮想通貨の取引所に、まずは口座を開設し、売買取引を行う必要があります。そこで、取引所への登録方法とビットコインの取得・売買方法について解説します。

仮想通貨の取引所への登録方法

ビットコイン投資を行うためには、まずはCoincheckなどの仮想通貨取引所への登録と、口座開設を行うことが必要です。

Coincheckの口座開設はこちら

アカウント登録は、メールアドレスさえあればできるため簡単にできます。登録する一般的な方法は、メールアドレスをサイトに登録し、そのアドレス宛に送られてくるサイトのURLにアクセスするだけです。

アカウント登録後、取引できる状態にするためには、本人確認書類の画像の提出なども必要になります。本人確認書類は、名前や住所などがわかる運転免許証やパスポートなどの身分証明書です。

サイト上でアップロードする方法で提出できます。最後に、登録した住所に届く郵便物を受け取れば、口座開設手続きは完了です。

ビットコイン(BTC)を購入する

口座開設ができたら、次はビットコインの購入になります。

購入にあたっては、ビットコイン購入に必要となる資金を開設した口座に入金することが必要です。銀行振込で日本円を取引所に開設した口座宛てに送金します。

一般的には、入金に関する取引所の手数料はかかりませんが、銀行の振込手数料は自己負担です。銀行振込処理を行ってから口座残高に反映されるまでにはタイムラグがあるため、振込処理直後に購入することは難しいことを認識しておきましょう。

口座残高に入金が反映されれば、その資金を対価として支払ってビットコインを購入できます。

取引所でトレードを行う方法もある

ビットコインの購入が終わったら、トレードをして利益をあげる方法もあります。

ビットコイン取引所では、取引所が開設した仮想通貨市場において、登録している投資家同士での売買ができます。仮想通貨の価格は、投資家の需要と供給によって決まる仕組みです。

需要と供給は常に変化するため、価格も変動します。売買の基本的な手法は、価格が下がった時に購入して、その後取得時よりも価格が上昇したときに売却する方法です。そうすることによって、取得時と売却時の価格差である売却益が得られます。

ただし、実際に送金したり決済で利用したりできる仮想通貨が取得できる現物取引においては、所定の手数料がかかることが多くなっています。なお、手数料は取引所によって異なります。

資金1000万円で仮想通貨の運用を成功させるコツはある?

仮想通貨の運用
投資できる資金1000万円による仮想通貨運用を行うためには、投資方法や投資戦略の基本を理解しておくことが必要です。そこで、1000万円の仮想通貨運用を行うコツなどについてご紹介します。

1. 仮想通貨の特徴を知る

1つ目のコツは、投資対象の各仮想通貨の特徴を理解しておくことです。

仮想通貨は、価値が高いと認められて買う人が増えることによる需要の増加で、価格上昇が生じます。

仮想通貨投資においては、将来価値が上がりそうだと、多くの人から期待される可能性が高い仮想通貨に投資することで利益を上げることができる可能性があります。

なんの理由もなく「価格が落ち着いているから」といった理由などで投資対象を選ぶのではなく、価値が上昇する余地があると見込める通貨を選んで投資する方が良いでしょう。そしてそのためには、仮想通貨ごとの特徴を把握し、価値上昇につながる特徴を持つ通貨を見つける努力が必要です。

2. 複数の仮想通貨に分散投資する

2つ目のコツは、分散投資を活用することです。

1000万円の仮想通貨運用であれば、ビットコインだけに投資するのではなく、ビットコイン以外の複数の通貨に投資することを検討するのも良いでしょう。ビットコインだけに集中して投資する方法は間違いとはいえませんが、価格変動リスクは大きくなります。

一方、複数の仮想通貨に分散投資をしておけば、ビットコインの価格が下がってもほかの仮想通貨価格は異なる動きをする可能性もあります。1000万円を値動きが異なる仮想通貨に分散投資すれば、多少はリスクを軽減した投資が可能です。

3. 初心者は短期トレードを避ける

3つ目のコツは、投資の初心者の場合は、短期売買を繰り返す投資手法はなるべく避けることです。ビットコインなどの仮想通貨の価格は、大きな上下動を繰り返している状態が続き、けっして安定しているとは言えない状況です。

そのため、短期的な価格変動を利用して利益を得ることはできます。しかし、短期間での売買回数が増えると手数料負担も重くなる点がデメリットとなります。

また、短期売買は、チャート分析などのスキルや知識が必要であったり、常に価格変動を監視しておく必要などもあり、目を離せないこともデメリットといえます。

仮想通貨は誕生してから間もないことあり、仮想通貨に対する世の中の評価は今後変わってくるかもしれません。実用化が進むことで評価が高まり長期的に価値が上昇するという可能性に注目して、長期投資するという選択肢もあります。

4. アルトコインも検討してみる

4つ目のコツは、通貨の持つ価値にまだ注目されていないアルトコインを見つけて投資することです。

アルトコインの種類は多く、新しい通貨も誕生しつづけています。そのなかには、価値があるにもかかわらず、まだ注目されずに低い価格を保っているものが残っている場合もあるでしょう。

そういった通貨への投資は、そのまま評価されずに価値がなくなるといったハイリスクな面もあります。しかし、ひとたび注目されれば、大幅な価格上昇により多額の売却益が得られる可能性もあるのです。

1000万円の一部については、将来性がありそうなアルトコインに投資することも、一つの投資手法だといえます。

ビットコイン(BTC)以外で時価総額の高い仮想通貨

アルトコイン
ビットコイン以外にも、時価総額が大きい代表的な通貨があります。

時価総額が大きい銘柄は、取引量も多くなる傾向があり、流動性の面では安定した取引が期待できるでしょう。そこで、分散投資する場合の候補となる、時価総額が高く、日本でも知名度の高いアルトコインについていくつか解説します。

リップル(XRP)

リップル(XRP)
リップルは、送金や決済に特化した仮想通貨である点が特徴です。

リップルは、開発の段階から、低価格で素早く送金できる通貨を作ることを目的として開発が進められました。そのため、仮想通貨のなかでも、送金コストと送金スピードの点で特に優れています。

また、リップルは、ほかの仮想通貨と異なり、中央管理者が存在する点も特徴的です。リップルを管理してるのはリップル社で、国内外の多くの金融機関や事業会社との提携を進めていることもよく知られています。

詳しくはこちら:リップル(XRP)の特徴とは?

リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)
イーサリアムの特徴は、スマートコントラクトと呼ばれる機能が実装されていることです。

スマートコントラクトは、仮想通貨システムのなかでサブプログラムを動作させることができます。この機能は、取引について通貨システム自身が自動的に判断して、記録したり通貨発行したりできることが特徴です。

契約管理や登記管理などを自動的に行うことで人員削減につながる可能性があり、取引管理の手間がかからないため個人間での取引も可能になります。

決済以外の分野での活用が期待されていることが特徴です。トヨタやサムソンなど、多くのグローバル企業が研究開発に参加しています。

詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か?

イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら

ネム(XEM)

ネム(XEM)
ネムは、2019年2月時点で時価総額20位以内に位置するアルトコインです。日本での人気が高く、東京にはnem barなども誕生しています。

また、ほかの仮想通貨と比較して、早く決済できスムーズに取引できることも特徴です。取引承認の仕組みとしては、PoI(Proof of Importance、プルーフ・オブ・インポータンス)が採用されています。

PoIは、取引検証・承認を行うことによって報酬を得られることを特徴としていて、主にネムの保有量と取引量が多い人に限定されていることがポイントです。

ビットコインなどで採用されている不特定多数が取引検証・承認に参加できるPoW(Proof of Work、プルーフ・オブ・ワーク)とは異なる仕組みになっており、大量のコストが発生しない形で設計されています。

詳しくはこちら:仮想通貨ネム(XEM)とは?特徴を初心者にもわかりやすく解説 

ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法についてはこちら

1000万円をビットコイン(BTC)で運用する場合の注意点

ビットコイン(BTC)
1000万円をビットコインで運用する場合におけるポイントとしては、取引所選びと課税制度があります。

どちらも正しく理解しておかないと、運用において不利になる可能性があるため、注意が必要です。そこで、信頼できる仮想通貨の取引所の選び方と仮想通貨取引に関する課税制度について解説します。

取引がしやすい仮想通貨の取引所を選ぶ

日本国内だけを見ても、数多くの取引所が存在しています。

取引所を選ぶときは、取引しやすい環境が整っている取引所を選ぶことが大切です。取引環境については、例えば3つのポイントが挙げられます。

1つ目は、安全性です。コールドウォレットやマルチシグなどのセキュリティ対策や、2段階認証を導入している、顧客資産の分散管理が徹底されているなど、セキュリティがしっかりしていて、安全に取引できる取引所を選ぶことが重要です。

2つ目は、取り扱っている仮想通貨の種類が多いことです。多くの種類から投資対象を選べれば、分散投資が可能となり、取引における選択肢が広がります。

3つ目は、売買操作がわかりやすいことです。取引画面の操作性は、取引スピードなどにも影響を与えます。簡単な操作で売買取引できる取引所を選ぶのが良いでしょう。

税金について把握する

仮想通貨取引を始める場合は、課税制度を理解して申告や納税の方法がわかるようになっていることも重要です。

1000万円の資金で取引を行えば、多額の利益が生じる可能性もあります。売却によって生じた所得は今のところは総合課税となるルールです。

総合課税は、給与所得や事業所得などと合算し、所得が多いほど税率が上がる超過累進税率が適用されます。また、仮想通貨取引で所得を得た場合は、原則として確定申告を行い納税することが必要です。

所得税だけでなく住民税の負担も発生します。売却益をすべて使ってしまうのではなく、納税資金として一定額を確保して、生活に支障が出ないようにしましょう。

※税金等の詳細につきましては管轄の税務署や税理士等にお訊ねいただくか、または国税庁タックスアンサーをご参照ください。

仮想通貨運用のコツを理解して1000万円の運用を

1000万円の資金で仮想通貨運用を行えば、大きなリターンが得られる可能性があります。

しかし、予想と異なる価格変動が生じると、多額の損失を被るリスクがあることについても注意が必要です。できるだけリスクを減らすためには、仮想通貨への理解を深める必要があります。

まずは、仮想通貨の取り扱い種類が多いCoincheckで口座開設を行い、多くの種類の仮想通貨の特徴を理解したうえで、分散投資しながら運用を始めてみてはいかがでしょうか。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never