Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

リップル(Ripple/XRP)購入方法・買い方・口座開設の流れを解説

世界には数百種類を超える仮想通貨があるといわれていますが、リップル(XRP)は、グローバルに資産をやりとりできることを目標にして開発されたなどの特徴があります。

今回は、リップル(XRP)の特徴について解説しながら、金融庁登録済の仮想通貨の取引所Coincheckで口座開設して、リップル(XRP)を購入して取引するまでの流れを見ていきましょう。

Coincheckでリップル(Ripple/XRP)取引用の口座開設を行う

仮想通貨の取引所・販売所で口座開設をすることで、インターネット上でリップル(XRP)の取引が可能になります。ここでは、Coincheckで口座開設する流れを簡単にご紹介します。

1. アカウント登録

口座開設

Coincheckで口座開設するには、まずはアカウント登録が必要になります。

アカウントの登録ページはこちら

Coincheckのサイトから、メールアドレスとパスワードを入力します。

そうすると、入力したメールアドレス宛に、メールが送信されます。メールに記載されたリンクを押して、メールアドレスが正しいことをチェックできれば、アカウント登録が完了となります。

また、Facebookアカウントを持っている場合は、そのアカウントを使ってのユーザー登録が可能です。Facebookにログインしている状態で、Coincheckのサイトにある「Facebookで10秒で登録」を押すことで、アカウントが作成されます。

2. SMS認証(電話番号認証)

本人確認
アカウント登録をした後は、本人確認としてSMS認証(電話番号認証)を行います。

Coincheckアカウントでログインするとサイトに表示される「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押して、携帯電話の番号を入力します。

そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話に「認証コード6桁」の番号が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」に入力することで、SMS認証が完了します。

3. 本人確認書類のアップロード

SMS認証が完了すれば、お客様情報(氏名、性別、生年月日、自宅住所など)を登録し、本人確認書類のアップロードを行いましょう。

次に、「IDセルフィー」を用意します。IDセルフィーとは、例えば、本人確認書類として運転免許証をアップロードした場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りした写真のことです。

IDセルフィー

このIDセルフィーも、続けてアップロードします。

なお、本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金・送金などができません。すべての機能を使用するために、本人確認の手続きをしておきましょう。

詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ

Coincheckでリップル(XRP)を購入する方法

リップル(XRP)を購入するには、まずCoincheck口座に日本円を入金する必要があります。

日本円を入金する

日本円の入金を行うには、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金などの方法があります。

銀行振込を行うには、Coincheckにログインして、サイト上のメニューから「ウォレット」→「日本円の入金」を選びます。そこで、Coincheckが指定する振込先の口座情報を確認してください。
銀行振込

金融機関から日本円の振込を行って、日本円の入金をCoincheckのサイト上で確認できたら、仮想通貨購入の手続きを行うことができます。

アプリで購入する

アプリで購入(XRP)
コインチェックアプリでリップル(XRP)を購入する手順は、まずログインしてトップ画面から「XRP」を選択します。その後、購入したい金額を指定します。

購入したいリップル(XRP)の数量を入力することで、自動的に購入金額とレートが表示されるようになっています。金額を確認し、「JPYでXRPを購入」をタップすることでリップル(XRP)が購入できます。

購入後は取引をキャンセルできないため、通貨の種類や数量を間違えないように注意しましょう。

WEB画面で購入する

コインを購入する
WEB画面でリップル(XRP)を購入する流れとしては、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択します。

ウォレットページから「コイン購入」を押して、リップル(XRP)を選びましょう。次に、リップル(XRP)の購入数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。

手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します。

詳しくはこちら:アプリでリップル(Ripple/XRP)を購入する方法はこちら

リップル(Ripple/XRP)の最低購入額は?

リップル(XRP)の購入方法
リップルの単位は「XRP」になります。最小単位は1XRPの100万分の1、「0.000001」となり、この最小単位を「drop」と呼びます。つまり、1XRP=1,000,000dropsです。

Coincheckでのリップル(XRP)をはじめとした仮想通貨の最低購入額は、日本円で500円となります。リップル(XRP)の最低注文量は、18.0877XRPになります(2019年9月12日の終値で算出)。

そもそもリップル(Ripple/XRP)とは?

リップルとは、仮想通貨のみを指す言葉ではないことをご存じでしょうか?

リップルは、リップル社(Ripple Inc.)が運営する決済システムのことを意味し、「リップル・トランザクション・プロトコル」が正式名称になります(略称はRTXP)。

このシステム内で使用できる通貨もリップルと呼ばれ、通貨単位はXRPとなります。通貨を指す場合には、決済システムとの違いを明確にするために、「リップルコイン」と呼ばれることもあります。

リップル(RTXP)は、カナダのウェブ開発者であるRyan Fuggerによって、2004年に開発がスタートしました。リップル社は、リップル(RTXP)を通して、グローバルに資産をやりとりできることを目標に掲げています。

つまり、国際送金を簡単に行うことを目指して開発されました。それゆえ、銀行やクレジットカードといった業界でも、リップル(RTXP)は注目されています。

スウェーデンの銀行はリップル(RTXP)を活用して合計数千億円を送金し、クレジットカード大手であるアメリカン・エキスプレスが、リップルを商用化したとされています。さらには、日本の金融系の大企業が実証実験を行うことも話題となりました。

リップル(Ripple/XRP)の特徴とは?

リップル(XRP)の特徴
リップル(XRP)は、新たな国際送金の決済システムを構築する目的で生まれたため、ほかの仮想通貨とは違う特徴があります。

ブリッジ通貨としての機能がある

リップル(XRP)は、「ブリッジ通貨」としての機能を備えています。

ブリッジ通貨とは、通貨間の橋渡しとなる通貨のことを指します。リップル(XRP)は、円やドル、ユーロといった法定通貨のほか、ビットコイン(BTC)といった仮想通貨との交換が可能です。

リップル(XRP)がブリッジ通貨であることで、従来の仮想通貨よりもさらに効率的に、グローバルな価値移動を実現することが可能です。

国際送金が簡単になりうる

例えば、日本円を日本から国際送金して、ドルにしてアメリカの知り合いに渡すとしましょう。金融機関をあいだに通したとすると、まずは銀行が日本円を受け取ります。

国際送金の場合は、そこから中継銀行を経由しなければなりません。橋渡しを務める中継銀行から、アメリカの銀行にお金が渡り、そこでドルに変換されることで、ようやく国際送金が完了となります。

日本の銀行、中継銀行、アメリカの銀行があいだに入ることになるのです。これにより、送金には少なくない手数料がかかり、日数も数日間を要します。

そこで、金融機関がリップル(RTXP)のシステムを活用すると、日本円をリップル(XRP)に変換し、さらにドルに変換するというシンプルな流れになります。中継銀行を通さない分、送金スピードが上がり、なおかつ手数料を安く抑えることができるのです。

このようにリップル(XRP)は、即座に安い手数料で送金を行うことができる世界を実現する可能性を秘めているのです。

詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)とは?特徴をわかりやすく解説

リップル(Ripple/XRP)の購入や取引にかかる手数料は?

リップル(XRP)
リップル(XRP)をはじめとした仮想通貨の売買や送金には、各種手数料がかかります。

新規の入金もしくは日本円で出金するための「入出金手数料」、自分のウォレットからほかのユーザーのウォレットに仮想通貨を送る際にかかる「送金手数料」などがあります。

銀行振込の場合

Coincheckでは、新規の入金を銀行振込で行う場合は、手数料が無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。

コンビニ入金の場合

コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,000円となります。

クイック入金の場合

24時間365日、日本円を入金できるクイック入金の手数料も、コンビニ入金と同様、30,000円未満の場合は手数料が756円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,000円です。

クイック入金は、ペイジーという決済システムを使って、金融機関の営業時間に関係なく、インターネットバンキングやATMで入金ができる方法です。

なお、コンビニ入金、クイック入金ともに、1回の入金額の上限は30万円となります。

Coincheckでリップル(XRP)を送金する場合、1回あたり手数料は0.15XRPとなります。ただし、Coincheckユーザー間での各種手数料は無料です。

※手数料は、2019年9月17日時点の金額です。

リップル(Ripple/XRP)の現物取引とレバレッジ取引について

リップル(XRP)
リップル(XRP)をはじめとした仮想通貨を取引する方法には、「現物取引」と「レバレッジ取引」があります。それぞれ、どのような方法なのか確認しておきましょう。

・現物取引

現物取引とは、そのときの売買代金で取引を行う方法です。

持っている資金の範囲でしか仮想通貨を購入することができず、保有していない仮想通貨を売却することもできません。

・レバレッジ取引

レバレッジ取引とは、現物取引とは異なり、日本円を証拠金として取引を行うことができる方法です。

少額を担保に大きな額の投資を行うことができます。Coincheckではリップル(XRP)のレバレッジ取引には対応していません。

※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。

安全性を保つためのリップル(Ripple/XRP)のしくみ

リップル(XRP)の仕組み
リップル(XRP)は、安全性を保つためにどのようなしくみになっているのか、確認していきましょう。

リップル社が管理者

リップル(XRP)は、リップル社が主体となって管理を行っています。この点は、管理者がいないビットコイン(BTC)とは大きく違うところです。

つまり、リップル社が、リップル(XRP)の取引記録や承認作業をある程度コントロールすることで、バランスをとっているのです。

コンセンサスシステムを採用

リップル(XRP)は、ビットコイン(BTC)と同様に、台帳を使ってユーザーの取引記録を一括管理しています。

ただし、台帳には、多くの仮想通貨に採用されている「ブロックチェーン技術」を使用せずに、中央で責任を持って台帳を管理する、独自の「コンセンサスシステム」を採用しています。

ブロックチェーン技術とは、ある一定数の取引記録が1つの塊(ブロック)になって管理され、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように管理される技術のことです。これにより、ユーザー全員がフラットな立場で、同じ取引履歴を自動的に管理することが可能となります。

リップル(XRP)が採用しているコンセンサスシステムは、特定のバリデーター(承認者)たちだけが、合意された取引記録を追加するというものになります。

バリデーターによる承認

ここで重要な役割を果たすバリデーターは、リップル社が信頼できると判断した組織や人物から選出されます。

バリデーターの8割以上が承認に賛成すると、その取引が記録されます。いわば、特殊な多数決のようなもので、しくみとしてはシンプルです。よって、過重なコストはかかりませんし、承認も素早く出すことができます。

コンセンサスシステムのおかげで、送金スピードも速く、手数料もほとんどかからないリップル(XRP)のしくみが実現できているのです。

ただし、リップル社やバリデーターを信頼しているからこそ成り立っているしくみですが、特定の組織に頼りすぎるリスクを減らすために、今後は段階的に第三者が指定したバリデーターを増やす予定もあるようです。

リップル(Ripple/XRP)の過去チャートを振り返る

リップルチャート

出典:Coincheck charts XRP/JPY

リップル(XRP)の過去チャートを振り返ってみましょう。2014年に1XRPは1円未満でしたが、そこから急上昇したのが2017年でした。

リップル(XRP)は、当初は数百種類ある仮想通貨の1つとして考えられていましたが、2017年前半には1XRP=45円台を記録し、短期間のうちに上昇したことで注目されます。

さらに2018年1月に入ると、一時期、1XRP=350円を超えました。

2019年8月時点のレートでは、1XRP=27~34円前後で推移しています。

リップル(Ripple/XRP)購入の取引所にCoincheckがおすすめな理由

リップル(XRP)
Coincheckは、業界でも最大級の取扱高、業界最大級のユーザー数を誇ります。

アカウント登録から口座開設までが簡単なので、気軽に仮想通貨の取引を始めることができるでしょう。そして、Coincheckアプリは業界最大級の利用者数となっており、チャートが見やすく、簡単に仮想通貨を取引できる機能が備わっています。

また、リップル(XRP)をはじめとして、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)など、コインの選択肢が豊富です。仮想通貨の取引において、Coincheckの利用をぜひご検討ください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never