Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

Coincheck Column
コインチェックコラム

2019-05-07仮想通貨の取引

株や投資信託、FX(外国為替証拠金取引)など、投資にはいくつかの種類がありますが、近年では仮想通貨も投資対象として人気が高くなっています。 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は価格変動が激しいことから取引する人が増えていますが、初めて取引する前に押さえておいた方が良いポイントがあります。 そこで今回は、仮想通貨でトレードする前に知っておきたい、メリットとデメリットについて紹介します。仮想通貨の性質や特徴をよく理解して、賢く取引しましょう。 覚えておくべき仮想通貨のトレード方法 トレードとは利益を出すための取引のことです。 一般的には、価格が安いときに購入し、高いときに売却することによってその差益を得ることで儲けます。 仮想通貨のトレード方法にはいくつかの種類がありますが、代表的な用語「デイトレード」「レバレッジトレード」「アービトラージ」の3つを紹介します。 デイトレードとは? 1つ目が「デイトレード」です。 FXなどでもよく耳にしますが、1日のうちに取引を終了させる方法です。仮想通貨は1日の中でも価格変動が激しいものなので、タイミングをうまくつかめば利益を上げやすいのが特徴です。 レバレッジトレードとは? 2つ目が「レバレッジトレード」です。 こちらもFXで使用されている用語ですが、レバレッジ(てこの原理)を設定して、用意した資金以上の取引を行うトレード方法です。 レバレッジ倍率は取引所によって異なります。資金の数倍の取引ができるため、価格変動によって大きな利益を獲得できる反面、大きなリスクも伴います。 そのためレバレッジトレードを利用する際には、注意が必要です。 アービトラージとは? 3つ目が「アービトラージ」です。 アービトラージとは裁定取引ともいわれ、取引所での価格差を利用した取引方法です。仮想通貨は、取引所によって価格が異なることが多いです。 そのため、価格が安い取引所で購入して、別の価格が高い取引所に送金し、売却することでその利ザヤを稼ぐ方法があり、この取引をアービトラージと呼びます。 仮想通貨をトレードする4つのメリット 株や投資信託など他の金融商品と比較して、仮想通貨をトレードするメリットは何でしょうか。 大きく分けて4つのメリットが挙げられます。 1. 24時間365日取引可能 1つ目が「24時間365日取引可能」な点です。 株式取引であれば基本的には月曜日から金曜日の日中、FXであれば平日などというように、多くの金融商品は取引できる時間に制約があります。 一方、仮想通貨は取引所のメンテナンス時間などを除いて、24時間365日取引が可能なため、土日でも取引が可能です。 2. 少額から取引可能 2つ目が「少額から取引可能」な点です。 仮想通貨は、たとえば500円などの少額から取引が可能なため、資金がそう多くなくても始めることができます。 また、毎日コツコツと少額ずつ積み立てていく投資方法も可能ですので、誰でも柔軟に取引することができます。 3. 通貨のインフレリスクを分散できる 3つ目が「通貨のインフレリスクを分散できる」点です。 法定通貨の一部を仮想通貨に換えておくことで、万が一、法定通貨の価値が下落するようなインフレが生じた場合、リスクを分散することができます。 4. 個人間送金に対応している取引所がある 4つ目が「個人間送金に対応している取引所がある」点です。 仮想通貨の多くは、低コストかつスピーディに送金できることを強みとしています。個人間でも送金できる取引所があるため、割り勘などのお金の融通に役立てることができます。 仮想通貨をトレードする3つのデメリット メリットがある一方で、仮想通貨をトレードするデメリットも大きく分けて3つあります。 1. 手数料が高い場合がある 1つ目が「手数料が高い場合がある」点です。 取引所によって取引手数料が決められていますが、売買する時にかかる手数料やスプレッドが高い場合があるので注意しましょう。特に頻繁に取引する場合、手数料は大きな負担となる可能性があります。 2. 取引所が破綻する可能性がある 2つ目が「取引所が破綻する可能性がある」点です。 たとえば、預金なら銀行、株なら証券会社が破綻した場合、一定金額までは補償される国の制度があります。 しかし、仮想通貨の場合はまだ法整備が十分ではなく、仮に破綻したとしても預けていた資金が戻ってくる保障はありません。 特に仮想通貨はその性質上、ハッキングリスクなどもあるため、仮想通貨の取引を始める前に、その危険性については理解しておきましょう。 3. 相続できない可能性がある 3つ目が「相続できない可能性がある」点です。 こちらも法整備次第ですが、株などと違って、仮想通貨は本人以外が引き出すことが難しい場合もあります。 そのため、保有者が死亡したときに相続できない危険性もありますので、このような点についても事前に認識しておきましょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら 仮想通貨を短期トレードをするメリットとデメリット 投資には大まかに「短期」と「長期」のトレードの仕方があります。 まずは仮想通貨を短期でトレードするメリットとデメリットについて紹介します。短期トレードのメリットとしては、以下の3つが挙げられます。 1. 短期でも大きな利益を狙える 1つ目が「短期でも大きな利益を狙える」点です。 価格変動が激しい仮想通貨は、短期でも大きな利益を狙うことができます。 2. 取引所のリスクを回避しやすい 2つ目が「取引所のリスクを回避しやすい」点です。 トレードする期間が短い場合、取引所の問題などで一時的に取引ができなくなったり、資産が凍結されるなどのリスクを回避しやすくなります。 3. さまざまな通貨に手を出しやすい 3つ目が「さまざまな通貨に手を出しやすい」点です。 短期トレードでは通貨の成長性よりも、瞬間での価格上昇を狙うため、いろいろな種類の通貨に投資することが可能になります。 一方で、デメリットとしては以下の3つが挙げられます。 1. 失敗が続けば損失が膨らむ 1つ目が「失敗が続けば損失が膨らむ」点です。 短期トレードの場合は、損切りが大事にはなるものの、毎回予想と反した取引になれば損失は膨らむことになります。 2. 時間と体力が必要な取引方法である 2つ目が「時間と体力が必要な取引方法である」点です。 短期トレードをするためには、常にチャートを見ている時間と体力が必要になります。 3. メンタル的に消耗しやすい 3つ目が「メンタル的に消耗しやすい」点です。 FXなどと同じで、短期トレードは精神的に消耗しやすい取引方法でもあります。自分の性格や向き不向きに合わせて、投資スタイルは選択すると良いでしょう。 仮想通貨を長期トレードをするメリットとデメリット 次に仮想通貨を長期でトレードするメリットとデメリットについて紹介します。 長期トレードのメリットとしては、以下の2つが挙げられます。 1. マイペースでゆっくりと取引が可能 1つ目が「マイペースでゆっくりと取引が可能」な点です。 短期トレードのように、短時間で変わる値動きに一喜一憂する必要がないため、自分のペースで取引することができます。 急いで判断することが少なく、ミスなども軽減することができるため、取引に慣れていない初心者にはおすすめの方法です。 2. 手数料を抑えられる 2つ目が「手数料を抑えられる」点です。 短期に頻繁に売買するとその都度手数料が発生しますが、長期トレードであれば売買の回数が少なくて済むため、手数料も抑えることができます。 一方で、デメリットは2つ挙げられます。 1. 売り時・買い時のタイミングを逃しやすい 1つ目が「売り時・買い時のタイミングを逃しやすい」点です。 長期トレードの場合、利確や損切りを頻繁にしないため、思わぬ価格になるまで塩漬けしてしまうこともあります。 長期トレードの場合は、売り時や買い時のタイミングを逃すことも少なくないので、その点には注意しましょう。 2. 必ずしも大きな利益とはならない 2つ目が「必ずしも大きな利益とはならない」点です。 こまめに利確する短期トレードに比べ、長期で保有したからといって、利益が増えるかどうかは分かりません。 仮想通貨は誕生から今に至るまで大きく成長しているものの、誕生から価値を下げた銘柄もあります。 そのため、必ずしも長期保有によって利益が得られるとは限らないことを念頭に置いておきましょう。 取引所で仮想通貨のトレードをするときのポイント 取引所で仮想通貨のトレードをするときのポイントとして、特に重要なことが2つあります。 1. 売り板と買い板をチェックし、条件の合った注文を行う 1つ目が「売り板と買い板をチェックし、条件の合った注文を行う」ことです。 取引所でトレードを行う場合は、自分が取引したい価格を指定できる指値注文を有効活用し、タイミングや条件を意識して取引しましょう。 2. チャートを読み込み、相場の流れを覚える 2つ目が「チャートを読み込み、相場の流れを覚える」ことです。 ほかの金融商品にもいえることですが、チャートを理解することは投資の第一歩といえます。理解しているチャートの種類を増やしたり、チャートの相場の流れを覚えることは、賢い取引につながります。 取引方法によってメリット・デメリットは違う 仮想通貨のトレードは、他の金融商品に比べてメリットがある反面、当然デメリットも存在します。 仮想通貨のトレードは大きく利益をあげることができる可能性がある反面、くわしく理解しないまま始めてしまうと、損をすることもありますので、注意しましょう。 また、短期トレードや長期トレードなど、取引方法によっても特徴が異なるので、それぞれのパターンをよく理解したうえで取引することをおすすめします。

2019-05-07仮想通貨の購入

2017年以降、急激に注目を集めている仮想通貨。価格の上昇から注目が集まり、ブロックチェーンを活用した未来の通貨としても期待されています。 ビットコイン(BTC)を始めとする仮想通貨を保有したいと考えているけれど、どうやって購入したら良いか分からず悩んでいませんか。 そこで今回は、初心者でも簡単に始められる仮想通貨の売買方法とポイントについて詳しく紹介します。ぜひこれから仮想通貨を購入しようと検討している人は、参考にしてみてください。 知っておくべき仮想通貨の取引所や販売所 仮想通貨を購入しようと思ったら、仮想通貨の取引所や販売所を介して行うのが一般的です。 簡単に言うと、取引所とは利用者同士でやり取りする場所です。仮想通貨を保有している人から購入したり、欲しい人に売ったりする場所で、業者はその場所を提供する役割です。 一方で、販売所とは利用者と業者間でやり取りをする場所です。利用者は業者が保有している仮想通貨を売買することになります。 取引所と販売所はそれぞれ特徴があり、賢い取引に活かすことができるので違いをよく理解しておきましょう。 仮想通貨の取引所で売買するメリット まずは、取引所で売買するメリットとデメリットについて紹介します。取引所を使うメリットとしては、3つ挙げられます。 1. 販売所より安い値段で買える可能性がある 1つ目が「販売所より安い値段で買える可能性がある」点です。 取引所は利用者間での取引のため、取引手数料が低く設定されていることが多く、利用者は比較的安い手数料で仮想通貨を購入することができます。 2. 指値注文の選択が可能 2つ目が「指値注文の選択が可能」な点です。 指値注文とは、売買したい価格を指定できる注文方法で、自分が希望する価格で売買を成立させることができます。 3. 成行注文の選択が可能 3つ目が、「成行注文の選択が可能」な点です。 成行注文とは、値段を指定せずに注文する方法で、現在の価格に近い価格ですぐに売買を成立させたいときに便利な注文方法です。 仮想通貨の取引所で売買するデメリット 一方で、デメリットとしても2つ挙げられます。 1. 注文に失敗することがある 1つ目が「注文に失敗することがある」点です。 指値注文は自分の希望する価格で取引できる方法ですが、その価格で売買が成立しない限り、なかなか注文が通らないというデメリットもあります。 そのため、すぐに取引したい場合などには向いていないといえます。また、成行注文であればすぐに取引が成立しますが、思わぬ価格で売買が成立するリスクもあるため、利用する際には注意が必要です。 2. 仮想通貨の銘柄数が少ない 2つ目が「仮想通貨の銘柄数が少ない」点です。取引所で扱っている仮想通貨の銘柄は、販売所に比べて少ない傾向にあります。 取引したい銘柄がどちらの形式で売買されているかは、事前にチェックしておきましょう。 仮想通貨の販売所で売買するメリット 次に、販売所で売買するメリットとデメリットについて紹介します。販売所を使うメリットとして、3つ挙げられます。 1. 確実に売買が可能 1つ目が「確実に売買が可能」な点です。 販売所は業者から購入する形式ですので、表示されている価格で即座に売買が成立します。指値注文のように、売買の成立に時間がかかることがありません。 2. シンプルなやり取りなので操作ミスをしにくい 2つ目が「シンプルなやり取りなので操作ミスをしにくい」点です。 販売所では業者が提示している値段で売買するだけですので、操作が少なく、ミスしにくいのが魅力といえます。 3. 初心者でも分かりやすい 3つ目が「初心者でも分かりやすい」点です。 販売所での売買は操作もシンプルで仕組みも分かりやすいため、仮想通貨の取引に慣れていない初心者には便利な形式といえます。 仮想通貨の販売所で売買するデメリット 一方でデメリットとしては、2つ挙げられます。 1. 指定された価格のみで売買することになる 1つ目が「指定された価格のみで売買することになる」点です。業者が提示した価格以外での売買ができず、指値注文もできません。 2. 取引所よりも割高になりやすい 2つ目が「取引所よりも割高になりやすい」点です。利用者間で売買する取引所に比べて、販売所は業者の手数料が乗せられていることが多いです。 また、手数料は無料でもスプレッドの開きが大きかったり、スプレッドは狭いけれども手数料を多くとられるなど、販売所ごとに設定が異なります。 そのため、販売所を利用する際には、手数料を事前に調べておくようにしましょう。 仮想通貨を買うなら選ぶべき取引所や販売所は? それでは実際に取引所や販売所を選択するとき、どのようなポイントを見れば良いでしょうか。重要なポイントは大きく3つあります。 1. セキュリティ面を確認する 1つ目が「セキュリティ面を確認する」ことです。仮想通貨業界には、これまでハッキング被害などの盗難事件が世界中で起きてきた歴史があります。 仮想通貨はネット上で売買する通貨のため、コールドウォレットでの保管など、セキュリティ面に力を入れている業者を選ぶことは大切です。また、自分自身で二段階認証の設定をするなど、セキュリティ対策は必須です。 2. 様々な仮想通貨のサービスがあるところにする 2つ目が「様々な仮想通貨のサービスがあるところにする」ことです。仮想通貨に纏わるサービスは、取引所や販売所だけではありません。仮想通貨の決済サービスや、仮想通貨を貸し出すことのできるサービスなどもあります。 また、仮想通貨の種類もビットコイン(BTC)だけではありません。現在では様々なアルトコインが誕生していますので、色々な仮想通貨を選べるところが良いでしょう。 3. 使いやすさを重視する 3つ目が「使いやすさを重視する」ことです。特に仮想通貨の初心者は、アプリやサイトの操作を誤って、思わぬミスをしてしまうことが珍しくありません。 そのため、操作性を重視し、仮想通貨の売買をシンプルに完結できる業者かどうかも、選ぶときの一つの基準といえます。 取引所を活用した仮想通貨の売買方法の例 ここでは、仮想通貨取引所のCoincheckを例に、通貨の購入方法を紹介します。Coincheckはアプリの操作性に定評があり、初心者でも簡単な操作で売買することができます。 1. Coincheckに口座の開設を済ませておく Coincheckで仮想通貨の売買をするためには、Coincheckに口座を開設し、日本円を入金しておく必要があります。 Coincheckに口座を開設するためには、アカウントの登録後、本人確認を完了させておく必要があります。 Coincheckのアカウント登録はこちら 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ 2. アプリを起動する 次に、Coincheckのアプリをダウンロードし、アプリを起動します。 なお、アプリを起動する際には、セキュリティ上、ログイン認証が必要となります。 3. 日本円を入金する アプリにログインしたら、入出金ボタンから日本円を入金します。 4. 欲しい通貨を選び、「購入」ボタンを押す 続いて、アプリから購入したい仮想通貨を選びます。 例えばビットコイン(BTC)なら「BTC」、イーサリアム(ETH)であれば「ETH」を選択し、購入ボタンを押します。 5. 欲しい金額を入力し、購入を確定する 最後に、欲しい金額を入力し、購入を確定します。 なお、金額が不足しているときは、日本円の入金を行う必要があります。 仮想通貨を買う際に注意しておくべきこと 仮想通貨を買うとき、どのような点に注意したら良いでしょうか。大きく2つ挙げられます。 1. 売買手数料だけでなく、資金の入出金コストに注意する 1つ目が「売買手数料だけでなく、資金の入出金コストに注意する」点です。 仮想通貨取引を行ううえで発生するコストは、売買手数料だけではありません。購入のために必要な日本円の入出金コストも考慮しましょう。 銀行から取引所の口座へ資金を移すときの手数料は、回数を重ねると大きな負担になるので注意しましょう。 2. 売却時の税金に注意する 2つ目が「売却時の税金に注意する」点です。 例えば株式投資であれば、申告分離課税制度がとられているため、一律20%の税金と定められていますが、仮想通貨は雑所得として計上されます。 雑所得は総合課税のため、他の収入と合算して所得税がかかります。収入がある人ほど大きな税金が発生するため、売却のタイミングには注意が必要です。 なお、仮想通貨を保有しつづけて価格が上昇した場合は、含み益といって、売却するまで税金は発生しません。購入時よりも高い価格で売却した時点で税金が発生するため、頻繁に売買したい方はその点には留意が必要です。 やり方さえわかれば仮想通貨の売買は簡単 取引所の使い方など、やり方さえきちんと把握しておけば、仮想通貨の売買はそう難しくありません。ただし、手数料や税金など、知らないと損をすることもあるので、取引を始める前に正しく理解しておくことが大切です。 Coincheckでは、仮想通貨を売買するための操作がシンプルのため、初心者でも簡単に取引を始められます。やり方が分からず購入をためらっていた人は、まずはCoincheckに口座を開設し、ぜひこの機会に仮想通貨の取引を始めてみてはいかがでしょうか。

2019-05-07仮想通貨の取引

仮想通貨を始めたいけれど、値動きが激しくて手を出すのが怖いと思っている人はいないでしょうか。 そんな仮想通貨の初心者に、コイン積立はおすすめの仕組みです。それではコイン積立にはどのような特徴があり、どのように行うのでしょうか。今回はそんな仮想通貨の積立投資についてご紹介します。 そもそも仮想通貨のコイン積立とは? 仮想通貨のコイン積立とは、貴金属の積立や投資信託の積立のように、毎月一定額の金額を希望の金額になるまで積み立てることです。 例えば自分の銀行口座から毎月一定の金額が自動的に引き落とされる場合、買付けのタイミングを見計らったり、毎月振込みをするといった煩わしさはありません。 コイン積立は仮想通貨の価格が高いときは少なく、価格が安いときは多く買うことになるため、リスクを分散しながら長期的な投資をしたい方に向いています。 仮想通貨のコイン積立は、毎月一定金額の仮想通貨を定期購入するイメージに近いでしょう。 仮想通貨のコイン積立は投資方法の一種? 仮想通貨のコイン積立に採用されている投資の手法は「ドル・コスト平均法」と呼ばれるものです。 相場の値動きに関係なく、毎月一定の金額内で購入できる量を買い付けていくため、仮想通貨の価格が上がったときは高値掴みを避けることができ、価格が下がったときは安く多くの量を買い付けることができます。 短期間で高いリターンを得ることのできる投資方法ではありませんが、長期的にコツコツと積立をすることで、利益の出るタイミングを待つことができるのが強みです。 結果として、堅実にしっかりと資産を形成できる可能性があります。 仮想通貨でコイン積立をするメリット 少額からでも可能 仮想通貨の積立は少額からでも可能です。コイン積立の取扱いがある取引所の中には、1000円から始めることができるところもあります。 仮想通貨を始めてみたいけれど値動きの激しさから敬遠している初心者や、投資に回せる資金が少ない若い人でも、気軽に仮想通貨を始めるきっかけになるでしょう。 時間がない忙しい人にも相性が良い また、時間がない忙しい人にも、積立投資は相性のよい投資法です。 取引所にもよりますが、一度設定すれば自動でシステムが買い付けをしてくれますので、買い付けのタイミングに悩むことはありません。 普段、投資のために時間を割くことが難しい人でも、ほとんど負担を感じることなく仮想通貨投資ができるでしょう。 精神的に楽でいられる また、仮想通貨の積立投資は、単発での購入に比べて精神的に楽でいられることも大きなメリットです。 仮想通貨は他の金融商品と比べても、特に値動きが激しい点が特徴であるため、値動きに一喜一憂してしまう人は精神的な負担も相当なものになることが考えられます。 その点、毎月コンスタントに買い付けをしてくれる積立投資であれば、それほど日々の値動きを気にすることもありません。値動きの激しい仮想通貨こそ、積立投資に適しているともいえるのです。 仮想通貨を使ってコイン積立をする方法 ビットコイン(BTC)だけではなく、様々なアルトコインを使って積立投資ができるのがCoincheckです。 Coincheckはアルトコインの取り扱いも豊富 Coincheckの取り扱い通貨は、ビットコイン(BTC)だけではありません。 イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)など、幅広いアルトコインの取引も可能です。 詳しくはこちら:Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheckでは貸仮想通貨サービスの利用が可能 また、Coincheckでは「貸仮想通貨サービス」も提供しています。 貸仮想通貨サービスは、自分が保有している仮想通貨を、Coincheckに一定の期間貸し出して運用してもらうことで、契約期間が満了後に利用料を受け取ることができる仕組みとなっています。 長期的に保有したい仮想通貨がある方は、貸仮想通貨のサービスを利用すると良いでしょう。 Coincheckにアカウント登録 Coincheckで貸仮想通貨サービスを始めるためには、まずはCoincheckにアカウントを登録する必要があります。 Coincheckのアカウント登録はこちら そうしてCoincheckに口座開設をして、マイページにログインします。ログイン後、「取引アカウント」をクリックして「貸仮想通貨アカウント」を選択しましょう。 その後、遷移したページで「貸仮想通貨サービスに登録する」をクリックします。次に「仮想通貨消費賃借契約約款」「サービスのリスク」をチェックし、同意してください。 登録が完了したら、ページ右上の「取引アカウント」から「貸仮想通貨」を指定して、貸仮想通貨に積み立てたい通貨を振り替えます。 ここで数量と仮想通貨の種類を指定してください。最後に貸出期間と貸出通貨の数量を入力して、貸出ボタンを押せば完了です。 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ コイン積立で仮想通貨の投資をしてみよう 積立方式での投資は、投資リスクを分散してくれるメリットがあります。 仮想通貨の初心者や、トレード時間を捻出できない忙しい人にとって、積立は相性のよい投資方法です。 また、合わせてCoincheckの貸仮想通貨サービスを利用すれば、最大年率5%で仮想通貨を増やしていくこともできます。 ビットコイン(BTC)だけでなく、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などのアルトコインも対象となっているため、長期保有予定の仮想通貨の運用先としては、魅力に感じる人も多いのではないでしょうか。 しかし、貸仮想通貨サービスもあくまで投資であることを忘れてはいけません。申し込む前には必ずリスクなどの説明を読み、理解してから申し込むようにしましょう。

2019-05-07仮想通貨の取引

値動きの激しい仮想通貨ですが、初期の頃に購入した人であれば利益が出ている人もいることでしょう。 中には、利益が出ているのに日本円に換える方法がわからなくて困っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、仮想通貨を日本円に換金する方法についてご紹介します。 仮想通貨を日本円に換金するための方法とは? 仮想通貨を日本円に換金するのはとても簡単です。 1. 仮想通貨の取引所を利用する 1つ目の方法は、仮想通貨の取引所を介して換金する方法です。 仮想通貨の取引所を介すと、高額の換金や、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨への交換も可能です。今回ご紹介する方法の中では、利便性も高く、現実的な方法であるため、基本的には仮想通貨の取引所での換金がおすすめです。 2. ビットコイン(BTC)のATMを利用する 2つ目に紹介するのは、ビットコイン(BTC)のATMを利用する方法です。たとえば、ビットコイン(BTC)のATMは、日本国内にもいくつか設置されています。 日本ではまだまだ仮想通貨ATMの設置は進んでいませんが、世界にはマネーロンダリングを防止する機能や静脈認証の機能もついている高性能なATMなどもあります。今後仮想通貨の取引をする人が増えるにつれて、徐々にATMも普及していくと考えられています。 ビットコイン(BTC)のATMを利用した換金方法は、多額の交換には適していないものの、銀行の営業時間に関係なく現金の引き出しができる点がメリットです。一方で手数料に関しては、一般的にATMの手数料の方が、取引所の売買手数料よりも高くなることが多いため、デメリット言えます。 また、ATMの利用には事前にウォレットの登録が必要です。そのため、ATMを利用してみたい方は、換金する時になって現金を引き出せないことがないように、余裕がある時にウォレットの登録を済ませておくことをおすすめします。 3. プリペイドカードを利用する 3つ目の換金方法は、プリペイドカードを利用する方法です。 こちらの方法の場合は、ビットコイン(BTC)を換金する際には、ビットコイン(BTC)に対応しているカードを、あらかじめ発行しておく必要があります。 ビットコイン(BTC)に対応している代表的なカードには、国内のサービスではパンドルガードがあります。バンドルカードは、クレジットカードのようにVisaの加盟店で支払いができるサービスです。 ただし、バンドルカードはプリペイドカードのため、ビットコイン(BTC)でバンドルカードにお金をチャージすることはできますが、バンドルカードから直接現金を引き出せる訳でありません。 また、バンドルカードの発行には一定の時間がかかることや、バンドルカードのプラスチックカードを発行する際には手数料がかかるため、その点には注意が必要です。 仮想通貨の取引所で仮想通貨を売却するための流れ それでは、日本国内でも仮想通貨の取扱種類が多い取引所、Coincheckでの換金方法をご紹介します。 まずは、Coincheckを利用するために、アカウント登録を行います。 Coincheckのアカウント登録はこちら コインを受け取る 次に、すでに仮想通貨の取引所で取引をしており、仮想通貨を一箇所に集めてから換金する場合は、Coincheckのメニューにある「コインを受け取る」をクリックしてください。 そうすると、Coincheckの取り扱いの仮想通貨で、それぞれアドレスを作成することができます。 そうして受け取り用のアドレスを作成し、他の取引所などの口座からそのアドレス宛に仮想通貨を送金することで、Coincheckに仮想通貨を移動させることができるようになります。 なお、ウォレットや他の取引所で保管しているビットコイン(BTC)をCoincheckの口座に移動する場合は、QRコードかアドレスを使います。アルトコインの場合は、アドレスのみとなります。 コインを売る Coincheckで仮想通貨の入金を確認したら、メニューの「コインを売る」を選択し、数量を指定します。 その後「売却する」をクリックすれば、仮想通貨の売却が完了し、日本円の残高がCoincheckのアカウントに反映されます。 通貨の種類によって取引所での換金方法は違う 仮想通貨の取引所での換金は、時間や場所に関係なく換金できる便利な方法ですが、どの仮想通貨も換金できるわけではありません。 取引所によって取り扱いのある仮想通貨が異なるため、仮想通貨を現金化する場合は、所有している仮想通貨に対応している取引所を利用する必要があります。 Coincheckでは、ビットコイン(BTC)だけでなく、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)など、幅広い仮想通貨に対応しています。 日本円に換金する場合は、換金したい仮想通貨を取り扱っている取引所を利用するようにしましょう。 詳しくはこちら:Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheckで受け取ったコインを換金するための流れ Coincheckの口座に仮想通貨が移動できたのを確認したら、いよいよ換金の手続きを行います。 コインを売却するときは、対象の仮想通貨を選択して数量を入力したら、売却ボタンを押すことで完了します。 また、ビットコイン(BTC)をCoincheckで売却するときは、板取引を活用することもできます。板取引とは、取引の相手をCoincheckではなく、Coincheckを利用しているユーザーを相手に行うものです。 Coincheckのメニューにある「コインを売る」からの売却は、操作が簡単ですぐ換金できるメリットはありますが、板取引と違って、売りたい値段を指定できる訳ではありません。 一方、板取引の場合は、値段と数量を指定して注文する方法である指値注文が可能です。指値注文を利用する場合であっても、ビットコイン(BTC)の相場は価格の変動が激しいため、すぐに注文はせずに少し板の状況を観察してみるのが良いでしょう。 仮想通貨を日本円に換える手順を覚えておこう 仮想通貨を日本円に換金する方法は、決して難しいものではありません。 基本的には仮想通貨の取引所での換金が、手間のかからない方法であると考えられます。ですが、一時的に取引所で換金ができなくなったときに備えて、いくつか換金の方法を知っておくことは大切です。 いざという時のスムーズな換金のために、事前に仮想通貨の換金手順を把握しておくと安心です。

2019-05-07Coincheck Tips

Coincheckで口座開設をして仮想通貨の取引を行うためには、審査を受ける必要があります。 そこで、審査で行われる本人確認手続きの流れや手続き完了までに要する時間、注意すべき点などについて解説します。 Coincheckの審査にはどれくらいの期間がかかるものなの? Coincheckの口座開設時に行われる審査は、申し込みから完了までに一定の時間が必要です。 早ければ、申し込みから数日程度ですべての手続きが完了して、口座開設が完了することもあります。ただし、審査にかかる時間は一律で決められているわけではないため、数日程度というのはあくまで目安です。 審査期間がどの程度になるか確定できない主な理由は、混雑状況によって審査完了までの期間が変わるからです。仮想通貨口座の開設申し込みを希望する人が短期間で増加すると混んでしまい、手続きに時間がかかります。 申し込んですぐに取引を始められるわけではないため、できるだけ早めに口座開設の申し込みをしておくことが大切です。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckの本人確認審査の流れ Coincheckの本人確認審査は、7つのステップで行われます。 ステップ1は、電話番号認証です。サイト上で電話番号を登録し、SNSなどで受信したコードを入力して認証を行います。 ステップ2は、各種重要事項の確認です。サービスを利用するにあたって知っておくべきルールや注意点を理解し、同意・承諾します。 ステップ3は、必要事項の入力です。サイト画面で氏名や性別、生年月日、住所などを入力します。 ステップ4では、写真のアップロードが必要です。運転免許証やパスポートなどの写真をアップロードします。この際には、IDセルフィー画像のアップロードも必要です。 IDセルフィー画像は、本人確認書類と本人が一緒に写っている画像のことをいいます。 ステップ5では、PEPsに関するチェックボックスの確認です。外国政府などで重要な位置を占めるかどうかなどの確認項目になります。 ステップ6で、「本人確認書類を提出する」をクリックすれば、審査に必要な情報の提出は完了です。 ステップ7として、Coincheckから送られてくるハガキを受け取る必要があります。 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ 本人確認がなかなかできない場合は? 本人確認書類の提出終了後、なかなかハガキが届かないと心配になられる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、ハガキが届くまでは、ある程度時間がかかるのが一般的です。1~2週間程度かかることもあるため、しばらくは落ち着いて待つことも必要になります。 ただし、本人確認書類の提出の処理に失敗していると、いつまでたってもハガキは届きません。そのため、提出処理を行った直後には、本人確認提出処理が正しく完了していることを忘れずに見届ける必要があります。 また、なかなかハガキが届かないと感じた場合は、Coincheckのサイト上にある「本人確認」の進捗状況を確認可能です。こちらで、どの段階まで手続きが進んでいるかを簡単に把握できます。 承認されなかった場合は、Coincheckから連絡が入ることになっているため、ハガキが届くか連絡が入るまでは審査が継続しているということになります。 本人確認書類の再提出を求められた場合は? 提出した本人確認書類に不備がなければ、ハガキの到着を待つだけです。 しかし、場合によっては、本人確認書類の再提出を求められることもあります。原因として想定されるのは、提出した本人確認書類の画像が不鮮明で読み取れない、画像内に書類が収まっておらず必要な情報が欠けている、などです。 審査の過程で不備があると判断されると、本人確認書類の再提出を求める連絡を受けることになります。 再提出の要請を受けたら、本人確認書類の写真を撮り直し、新しい画像を提出することが必要です。間違って以前に送った画像を再送信することがないように、注意しましょう。 再提出時には、本人確認ハガキの送付の申請も必要です。申請しておけば、再提出が受理されて審査が完了したかどうかが明確にわかります。 審査にスムーズに通れるようにしておくことが大切 Coincheckの口座開設手続きにおいては、不鮮明な本人確認書類を送らないようにすることが大切です。 不鮮明なデータについては再提出が求められますので、予め鮮明なデータを用意して提出することが必要です。 審査が通れば、仮想通貨取引を始めることが可能です。流れや注意点をしっかり理解して、口座開設手続きを進めるようにしましょう。

2019-05-09Coincheck Tips

Coincheckで口座開設した人のなかには、どのように取引すればよいのかよくわからない人もいるでしょう。 やり方を正しく理解しておかなければ、適切なタイミングで取引を行うことは難しくなります。そこで、今回はCoinchekでの3つの仮想通貨の売買方法について紹介します。 ビットコイン(BTC)の3種類の売買方法 Coincheckでビットコイン(BTC)の売買を行う方法としては、3つあります。 1. コインチェックアプリで売買する 1つ目は、コインチェックアプリで売買する方法です。 Coincheckは、取引ができる専用のアプリが用意されています。アプリをダウンロードしておけば、場所を選ばずにトップページからいつでもビットコイン(BTC)を売買できます。 2. ビットコイン販売所で売買する 2つ目は、Web画面のビットコイン販売所で売買する方法です。 具体的には、Coincheckの取引アカウントのメニューにある、「コインを買う」「コインを売る」の機能を利用して売買します。この方法ですと、少ないステップで簡単にビットコイン(BTC)の取引ができます。 3. ビットコイン取引所で売買する 3つ目は、Web画面のビットコイン取引所で売買する方法です。 具体的には、Coincheckの「取引所」の機能を利用して、取引板で売買をします。取引板で売買する場合は、指値注文と成行注文という2つの注文方法を利用することができます。 指値注文とは、価格を指定して注文する方法のことで、相場状況を見極めながら取引できます。 指値注文は、指定した価格よりも、不利な価格では取引が成立する心配がないことがメリットです。ただし、取引価格が指値に届かなければ注文が成立しない可能性がありますので、その点は認識しておく必要があります。 一方、成行注文とは、価格を指定せずに注文する方法のことです。 成行注文は、注文を出せばすぐに取引が成立する点がメリットです。ただし、想定外の価格で注文が成立してしまう可能性もありますので、その点は認識しておく必要があります。 アルトコインの2種類の売買方法 ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨を、アルトコインといいます。 仮想通貨はさまざまな種類があるため、ビットコイン(BTC)だけでなく各種アルトコインを売買できることも魅力の1つです。 代表的なアルトコインとしては、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などがあげられます。Coincheckでは、そのような時価総額の高いアルトコインを売買することも可能です。 Coincheckでアルトコインの売買を行う方法としては、2つあります。 1. コインチェックアプリで売買する 1つ目は、コインチェックアプリで売買する方法です。 アプリをダウンロードしておけば、場所を選ばずにトップページからいつでもアルトコインを売買できます。 2. アルトコイン販売所で売買する 2つ目は、Web画面のアルトコイン販売所で売買する方法です。 具体的には、Coincheckの取引アカウントのメニューにある、「コインを買う」「コインを売る」の機能を利用して売買します。操作手順は、ビットコインの場合と同じになります。 ただし、アルトコインを売買する場合は、売買対象コインを間違いなく指定することがポイントです。複数の選択肢が表示されるため、自分が取引したいアルトコインを正しく指定しましょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら 1. コインチェックアプリで売買する方法の詳細 コインチェックアプリで売買する場合、アプリのトップ画面から操作を行います。 アプリのトップ画面には、チャートが表示されています。購入する場合、最初の操作は、チャート画面の下側に表示されている「購入」ボタンのタップです。 タップすると画面が切り替わり、購入用のページが表示されます。最上部に取引可能なコインが一覧で表示されている状態です。 自分が取引したい通貨をタップすることで、コインの選択ができます。選択するとアンダーラインが表示されますので、正しく選択したかを確認しましょう。 そうしてコインの選択が終わったら、次に「数量」を入力します。仮想通貨ごとに単価は異なるため、購入したい数量については、間違えないようにすることがポイントです。 数量の横には、コインの種類を示す通貨単位が表示されています。数量を入力したら、価格と日本円換算金額を確認した上で、画面下側の「購入」ボタンをタップすれば、購入処理は終了です。 コインを売却する際には、自分が取引したい通貨をタップし、「売却」ボタンをタップします。続いて売却したい「数量」を入力します。その後、確認画面に進み、問題なければ売却を実行し、売却処理は完了します。 2. ビットコイン販売所で売買する方法の詳細 続いて、ビットコイン販売所で売買する場合は、Coincheckの取引アカウントのメニューの「コインを買う」「コインを売る」を利用します。 まず、サイトのメニューから「ウォレット」を選択します。 購入する場合は、さらに表示されるメニューから「コインを買う」の選択が必要です。売却する場合は、「コインを売る」を選択します。 選択すると、購入もしくは売却の画面に変わります。ここでまず行うのは、売買するコインの選択です。売買したいコインを選択したあとで、「数量」を入力します。 「数量」を入力すると、価格が提示され、日本円換算金額も表示されますので、間違いがないかどうかの最終確認を行います。 そうして最後に、画面下側にある「購入する」または「売却する」を選択して、売買処理は終了になります。 3. ビットコイン取引所で売買する方法の詳細 最後に、ビットコイン取引所で売買する場合は、Coincheckのトップページから「取引所」を選択します。 「取引所」を選択すると、表示されるのは現物取引の画面です。ここで入力するところは、「レート」と「注文量」の2カ所があります。 指値注文を利用する場合は、注文したい価格を指定して売買します。 そのため、まずいくらで売買したいのか?を決めて、「レート」欄に価格を入力します。価格を指定する場合は、注文が一覧表示されている「板(買い板/売り板)」と呼ばれている情報を見て、相場状況を判断することが必要です。 また、Coincheckでは、板の数字を直接クリックすることでも、「レート」欄に価格が自動入力されます。こうして価格を入力したら、次に「注文量」も入力します。 こうして価格、注文量を入力すると、概算の日本円金額が表示されますので、数量や価格の桁間違いなどがないかどうかを確認します。 そして最後に「注文する」ボタンで注文を確定させます。市場で取引されている価格と指値が一致すれば、取引が成立します。 成行注文を利用する場合は、Coincheckのトップページから「トレードビュー」を選択します。続いて、右側にある「成行注文」ボタンをクリックします。 そこで「注文量」を入力し、「買い成行注文」ボタンをクリックすることで、注文が完了します。 Coincheckの売買方法はシンプル Coincheckで仮想通貨を売買するにあたっては、操作方法はシンプルでわかりやすく、投資の初心者でも手軽に利用できるようになっています。 Coincheckに口座開設が完了して入金が終わったら、仮想通貨売買を行うことが可能になります。操作方法を正しく理解し、仮想通貨の取引に繋げてみてください。

ビットコイン(BTC)を日本円に両替したいときには、仮想通貨の「販売所」または「取引所」を利用しますが、それぞれの特徴や注意点について解説します。 また日本円に換金した後の出金方法や手数料、キャンセルについても解説していきます。 ビットコイン(BTC)を換金するには販売所・取引所を利用する 仮想通貨の販売所あるいは取引所を利用することで、ビットコイン(BTC)を日本円に換金・交換することができます。Coincheckでは、「販売所」と「取引所」の両方のサービスを提供しています。 販売所 販売所では、Coincheckとユーザーのあいだでビットコイン(BTC)の売買をすることになります。 つまり、売買を申し込むタイミングの交換レートに沿って、あなたが所持しているビットコイン(BTC)と日本円を交換することになります。 初心者にとっても操作がわかりやすく、即座に交換できる点では便利ですが、取引所よりも若干コストがかかります。 取引所 一方、Coincheckの取引所を利用する場合、ユーザー同士がビットコイン(BTC)を売買します。ユーザーは売買板を見ながら、ビットコイン(BTC)の金額を決めて取引をします。 その際に、Coincheckは、売買を仲介する役割を担います。ユーザー同士は匿名のまま、Coincheckのシステム上で売買が行われます。そのため、取引所では、売りたい金額と買いたい金額をお互いに自由に設定することができます。 例えば、交換レートが1BTC=50万円のとき、Coincheckの販売所を利用して取引するときには、予め決まった価格で交換することになります。 しかし、取引所として利用する場合には、1BTC=55万円でビットコイン(BTC)を売る注文を出したり、1BTC=47万円で買う注文を出したりすることもできます。 ただし、1BTC=50万円の時点で、「55万円で売り」の指値注文を出したとしても、そこからなかなか値上がりしない場合には、注文が延々と決まらないままになる可能性がありますので、取引所にもデメリットはあります。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckで日本円を出金する方法 Coincheckで、ビットコイン(BTC)から交換した日本円は、出金することができます。Coincheckでの日本円の出金手数料は400円となります。 日本円での出金には、出金先の口座情報(金融機関名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義)の入力が必要となります。口座情報に誤りがあると、出金が拒否される場合がありますので、確実にご入力ください。 また、Coincheckに登録してあるアカウント名義と、出金先の口座名義が一致していない場合も、システムによって出金が拒否されます。 Coincheckのウォレット上にある日本円の出金に要する時間は、口座への着金まで、通常1〜2営業日かかります。 朝9時までに出金申請を受け付けた場合には、翌営業日までの着金が実現するよう努めていますが、状況によっては、もう少し日数がかかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。 また、日本円の出金申込みの上限額は、1回につき5,000万円となります。海外の金融機関への送金は、現在停止しております。 Coincheckで出金のキャンセルはできる? 日本円出金手続きのキャンセルは、まだ金融機関口座への着金が完了しておらず、手続きしている最中の場合は可能です。ただし、出金手続きが完了した場合は、キャンセルをすることができません。 手続きの状況は、Coincheckの「日本円出金履歴」ページから確認することができます。キャンセルしたい出金手続きを選択して、現在の状況を確認します。 出金情報の詳細画面にて「手続き中」の表示があるときのみ、キャンセルが可能となります。同じ画面で「出金をキャンセルする」のボタンを押すと、キャンセルが完了します。 キャンセルが成功した場合、出金手数料はかかりません。 しっかりと出金先を把握してから手続きを ビットコイン(BTC)を日本円に換金・交換するのは、それほど複雑な作業ではありません。 ただし、出金先はしっかりと確認してから手続きを進めてください。

イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)、リップル(XRP)と同様に人気のある仮想通貨で、最大の特徴である「スマートコントラクト」が注目を集めています。 Coincheck(コインチェック)ではたったの3ステップで購入まで完結!具体的な手順をご紹介します。 Coincheckなら3ステップで仮想通貨を購入できる イーサリアム(ETH)をすぐに購入したい場合、Coincheckであれば3ステップで登録・購入まで完結します。 イーサリアム(ETH)を購入するまでの流れを確認していきます。 1. アカウント登録 まず、Coincheckのアカウントを作成します。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckの新規登録ページで、メールアドレスとパスワードを入力し、「アカウントを新規作成する」ボタンをクリックします。 すると、Coincheckからメールが届きますので、その文面にしるされたURLをクリックすれば、ブラウザの画面が切り替わり、アカウント登録の手続きが完了します。 また、Facebookアカウントをお持ちの方は、Coincheckサイトにある「Facebookで10秒で新規登録」を押すことで、アカウントが作成されます。 2. 本人確認書類の承認を受ける 本人確認として、CoincheckではSMS認証の確認を行っています。 Coincheckにログインし、「本人確認書類を提出する」と書かれた緑色のボタンを押し、アカウントを登録したご本人様の携帯電話番号を入力していただきます。他人の携帯電話を借りて登録を行うことは、お断りしております。 そして、「SMSを送信する」を押すと、携帯電話にSMSが届き、6桁の「認証コード」が届きます。この認証コードを、Coincheckのサイト上の「送信された認証コード」欄に入力することで、SMS認証が完了となります。 3. 本人確認書類のアップロード SMS認証が完了すれば、お客様情報(氏名、性別、生年月日、自宅住所など)を登録し、「本人確認書類」と「IDセルフィー」のアップロードを行います。 運転免許証やパスポートなど、顔写真付きの身分証明書をご用意ください。IDセルフィーは、顔写真付きの身分証明書と、ご自身の顔をいっしょに写真撮影していただく方法です。 このIDセルフィーも、続けてアップロードします。 最後に住所確認として、Coincheckから登録住所に簡易書留ではがきを郵送いたします。 なお、本人確認を行わなくても、アカウントがあれば入金をして仮想通貨の購入・売買はできますが、日本円の出金、仮想通貨の送金ができません。すべての機能を使用するために、本人確認の手続きをしておきます。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法を解説 イーサリアム(ETH)は分散型アプリケーション イーサリアム(ETH)とは、正確には仮想通貨を指すだけではなく、「分散型アプリケーション」(DApps)を構築し、実行するためのプラットフォーム自体の名称となります。 分散型アプリケーションとは、中央の管理者が存在しなくても自律的に動くアプリケーションのことです。 イーサリアム(ETH)をプラットフォームとして、アプリケーションを開発することが可能で、このプラットフォーム上で、やりとりされることを想定しています。 イーサリアム(ETH)は、当時19歳の少年だったロシア系カナダ人、Vitalik Buterinによって、2013年に考案されました。 近頃では、企業が資金調達を行うために発行するICOトークン(企業へ出資した人に対し、その会社から発行される独自の仮想通貨)が、イーサリアム(ETH)のシステムを利用していることが増えており、ますます注目を集めています。 スマートコントラクトによって契約情報が書き込める イーサリアム(ETH)の最大の特徴は、「スマートコントラクト」と呼ばれるインターネットを介した契約の自動執行機能です。 スマートコントラクトは、ブロックチェーンに詳細な契約情報を記述します。 スマートコントラクト 例えば、ブロックチェーン技術を採用しているビットコイン(BTC)は、ある一定数の取引記録が1つのかたまり(ブロック)になって管理され、そのブロックが1本の鎖(チェーン)のように管理されていきます。 スマートコントラクトでは、この取引の経緯や契約内容といった細かい情報まで記録することができます。 通常、契約書を交わした契約が守られない場合、裁判所を通じて強制執行を行わなければなりません。これでは、時間も手間も費用もかかってしまいます。 その点、契約内容をスマートコントラクトで管理すれば、期限などの契約条件を満たしたとき、自動的に契約内容が実行されます。当事者といえども、契約内容を勝手に書き換えることはできません。 スマートコントラクトは、保険や不動産登記、無人店舗、Web投票などへの応用が期待されています。 ICOトークンへの利用 また、イーサリアム(ETH)は、ICOトークンのベース通貨としても用いられています。 世界各地のベンチャー企業が立ち上げるさまざまな新規事業に対して、賛同者から資金を募って初期費用をまかなうために、イーサリアム(ETH)は重要な仲介の役割を果たしているのです。 Coincheckならイーサリアム(ETH)をすぐに購入できる イーサリアム(ETH)を購入するには、Coincheckにログインし、画面の上にある「ウォレット」を選択し、日本円を入金する手続きを進めます。 Coincheckの指定する銀行口座にお振り込みいただければ、ウォレットに残高が反映されます。 あとは、Coincheckのウォレットから「コインを買う」を選択して、「イーサリアム(ETH)」の購入数量を入力すれば、購入手続きは完了です。 イーサリアム(ETH)を購入する際は、ぜひCoincheckをご利用ください。

2019-04-19Coincheck Tips

Coincheckは、国内にある仮想通貨取引所のうちの1つです。 仮想通貨で取引がしたいと考える人のなかには、Coincheckにどのような特徴があるのかを知りたい人もいるでしょう。この記事では、Coincheckの特徴やおすすめのポイントなどをわかりやすく説明します。 Coincheckの運営会社の特徴とは? Coincheckは、コインチェック株式会社が経営している仮想通貨取引所です。 コインチェック株式会社のもとになったレジュプレス株式会社は、2012年8月に設立され、2014年8月からCoincheckの提供が始まりました。 当初、コインチェック株式会社は「ビリギャル」を生み出したSTORYS.JP(ストーリーズ)事業も提供していましたが、2017年7月にCoincheck事業に経営リソースを集中するため、1010株式会社にSTORYS.JP事業を譲渡しました。 現在Coincheckでは、ビットコイン取引だけではなく、最大年率5%の貸仮想通貨サービスやビットコイン決済サービスなどの事業を幅広く展開しています。 Coincheckの特徴やおすすめポイントは? アルトコインの取り扱いが豊富 国内の仮想通貨取引所のなかでも、アルトコインの取り扱いが豊富にあることがCoincheckの特徴です。そのため、Coincheckは、様々なアルトコインを取引したい方にもおすすめできます。 初心者でも使いやすい Coincheckのアプリやサイトは、仮想通貨初心者でも見やすく、直観的に使いやすいように設計されています。 そのため、仮想通貨取引に慣れていない人や、投資の初心者にも親しみやすい取引所だと言われることがあります。 貸仮想通貨サービス また、Coincheckには、貸仮想通貨サービスがあります。このサービスは、期間満了後に、利用者がCoincheckへ貸した仮想通貨とその利息分の仮想通貨を受け取ることができます。 仮想通貨を長期保有したいと考えている人は、貸仮想通貨サービスを利用してみると良いでしょう。 他にも、Coincheckでは執行役員などの経営陣が、SNS上で実名・顔出しで情報発信をしていることもあり、SNSに慣れ親しんだ若いユーザーにとって親しみやすく、利用する上で安心感があると言われることもあります。 Coincheckを利用する際の注意点 仮想通貨の取引をする際の注意点として挙げられるのが、自分の全資産を仮想通貨に投資しないということです。 なぜなら、仮想通貨は価格変動が大きく、大きな損失を出してしまうケースもあるためです。特に、仮想通貨初心者の方は、必ず余剰資金での投資を心がけましょう。 2段階認証設定 また、Google Authenticatorなどを用いた2段階認証設定は、セキュリティを高めるためにも必ず行う必要があります。 2段階認証は、仮想通貨の取引所が自動で行ってくれるものではなく、仮想通貨取引を始める前に自身で設定するものです。Coincheckに登録をした後には、必ず2段階認証設定を行いましょう。 レバレッジ取引 また、Coincheckのレバレッジ取引は最大5倍までであるため、何十倍などの大きなレバレッジはかけられません。レバレッジ取引とは、自身が口座に入れている以上の金額の取引が可能なことを指します。 まだ仮想通貨の取引に慣れていない初心者の方の場合は、通常の取引に慣れたのちに、レバレッジ取引は行うようにしましょう。 ※現在Coincheckのレバレッジ取引は一時停止中です。 Coincheckの口座開設の方法 Coincheckで口座を開設するためには、まずパスポートや運転免許証などの本人確認書類を用意します。 はじめに、Coincheckのサイトへアクセスし、メールアドレス・パスワードの入力をして登録をします。 Coincheckのアカウント登録はこちら その後、Coincheckから届いたメールを確認し、文面にあるURLをクリックしてアクセスします。 「ログイン」から「取引アカウント」をクリックし、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力します。ログインすると、取引アカウントのホームページが開くようになります。 また、登録が完了した後は、本人確認と各種重要事項における承認を済ませます。本人確認手続きがすべて完了することで、Coincheckにおけるすべてのサービスが利用できるようになります。 なお、本人確認書類の提出や必要情報などを入力するのは、比較的短い時間で完了しますが、本人確認書類の確認は、数日ほどかかるケースもあります。 その後、本人確認書類の確認が完了すると、自宅に住所確認のハガキが届きますので、そちらで本人確認手続きは完了です。 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ 初心者にとって使いやすいCoincheck Coincheckは取引の画面などがシンプルで見やすく、初心者でも簡単に取引ができることが特徴です。 仮想通貨の値動きなどの画面が見やすく操作しやすいため、仮想通貨の取引に慣れていない方でも直観的に操作できることで定評があります。 仮想通貨の売買は、平日や土日でも関係なく、24時間いつでも可能です。そのため、日中は忙しく働いている人であっても、時間と場所を選ばずに仮想通貨の取引は可能です。 これから仮想通貨の取引を始める上で、どの仮想通貨の取引所を利用すれば良いのか検討されている方は、Coincheckの利用を検討してみてください。

仮想通貨のビットコイン(BTC)の取引には「現物取引」と「レバレッジ取引」がありますが、その特徴について具体例を上げてわかりやすく解説します。 また、実際の取引では、それぞれのメリットやデメリットをしっかりと理解した上で、状況に応じて使い分けることが大切です。 ※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。 ビットコイン(BTC)の現物取引とは? ビットコイン(BTC)の現物取引は、日本円や米ドルなどの法定通貨と、それに相当するビットコイン(BTC)を交換する取引です。 現物取引は、そのときの売買代金で取引を行う方法で、持っている資金の範囲で仮想通貨を取引します。 日本円からビットコイン(BTC)に替えることを「買い」(ロング)といい、ビットコイン(BTC)から日本円に替えることを「売り」(ショート)と呼びます。 例えば、100万円を口座に入れていて、相場が1BTC=50万円ならば、ビットコイン(BTC)を2BTCまで購入できます。そして、現物取引によって購入したビットコイン(BTC)であれば、Coincheckから外部の口座へ送金することもできます。 また、Coincheck以外で提供されている商品やサービスを、ビットコイン(BTC)決済で入手することもできるのです。 ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引とは? ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引は、口座に入っている日本円などの法定通貨(保証金)の、数倍に相当するビットコイン(BTC)を売買できる取引です。 レバレッジとは、小さな力で大きな物体を動かす道具である「てこ」という意味で、少額の資産でより大きな資産を運用するたとえとして使われる言葉です。 レバレッジ取引を行うと、口座に入っている保証金の数倍にあたるビットコイン(BTC)をトレードすることができます。その代わり、相場が逆行すれば、現物取引の数倍の損失を出すおそれがあります。 例えば、100万円を口座に入れていて、相場が1BTC=50万円のとき、レバレッジ3倍に設定していれば、100万円が保証金となり、300万円分のビットコイン(BTC)を購入できますので、最大6BTCまで購入できることになります。 Coincheckの取引所では、レバレッジを最大で5倍までかけることができます。レバレッジ取引によって売買するビットコイン(BTC)は、あくまでもCoincheck内での取引でのみ通用します。 Coincheck以外の口座に送金することはできません。Coincheck内では、もちろん日本円に換金することができます。 現物取引のメリット・デメリット 現物取引のメリットは、実際にCoincheckの外部でも決済手段として使用できる、現物のビットコイン(BTC)を入手できる点です。 Coincheckの現物取引で入手したビットコイン(BTC)は、世界中で共通の価値があるものとして通用します。また、基本的に世界のどこで入手したビットコイン(BTC)であっても、Coincheckの口座に移して売却することが可能です。 その一方で、ビットコイン(BTC)トレードで日本円を増やす目的で取引するとき、現物取引では値動きの幅が小さいと、レバレッジ取引に比べ、利益を出すことが難しくなります。 レバレッジ取引のメリット・デメリット レバレッジ取引では、口座に入っている保証金の数倍の額に相当するビットコイン(BTC)を取引できるため、同じタイミングで売買すれば現物取引の数倍の利益を上げることができます。 それがレバレッジ取引における最大のメリットです。ただし、損失が出るときは現物取引の数倍にまで広がってしまう点は、レバレッジ取引のデメリットであり、リスクとなります。 相場が予想外に逆行すれば、口座に預けている保証金が目減りしていき、損失が出ることになります。 なお、損害が拡大してしまったときには、多くの取引所で「強制ロスカット」のしくみを導入しています。 強制ロスカット 強制ロスカットとは、さらなる損失の拡大を防ぐために、損失を早めに確定させて、強制的に決済する制度のことです。 もちろん、価格が大きく動いた場合には、証拠金以上の損失が発生する可能性がありますので、資金の余裕を持って取引してください。 証拠金維持率 一般的に強制ロスカットが発動されるタイミングは、「証拠金維持率」という数値を基準にしています。 Coincheckでは、証拠金維持率が100%以下になるとメールによって警告が送られ、50%を下回ると強制ロスカットとなります。 ビットコイン(BTC)の現物取引とレバレッジ取引を使い分ける ビットコイン(BTC)の取引を行うからには、現物取引とレバレッジ取引の違いをしっかりと把握しておく必要があります。 それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、現物取引とレバレッジ取引を状況に応じて使い分けていってください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never