Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

Coincheck Column
コインチェックコラム

仮想通貨に興味はあるものの、ボラティリティティの高さなどやトラブルに関するニュースを目にすると、本当に利用しても大丈夫なのか、不安に感じている人は多いのではないでしょうか。 この記事では、はじめに仮想通貨とはどのようなものか、仮想通貨を支える技術であるブロックチェーンのとは何かを紹介します。仕組みを理解できれば必要以上に仮想通貨を怖がらなくてもよくなるからです。 その上で、安全に取引をする方法を見ていきます。正しく仮想通貨を学んでみましょう。 そもそも仮想通貨とはどういうものなのか? 仮想通貨とは電子的に発行される通貨です。 円やドルなどの法定通貨は、その国の中央政府と中央銀行が発行し、管理する実体のあるものです。 一方、仮想通貨の代表格であるビットコイン(BTC)は、ブロックチェーン技術を活用することで、中央政府や特定の企業の管理なしに流通する、電子的な通貨なのです。 仮想通貨と電子マネーの違い 電子的な通貨という点では電子マネーに似ていますが、いくつかの異なる点があります。 電子マネーは、基本的に法定通貨をチャージすることで利用できるようになります。また、特定の企業の持っているインフラを介して電子的な決済が可能になるという点が、仮想通貨との大きな違いです。 仮想通貨は、ブロックチェーン技術を使うことで、特定の企業のインフラを経由せずに価値の移転ができます。 仮想通貨で最も有名なのはビットコイン(BTC) 数千種類ある仮想通貨の中で最も有名なのは、ビットコイン(BTC)です。 ビットコイン(BTC)は世界で最初の仮想通貨であり、最も流通していることから、仮想通貨=ビットコイン(BTC)というイメージを持っている人もいるほど、メジャーな存在となっています。 仮想通貨は、仮想通貨の取引所で法定通貨と交換をすることができるため、投資対象として見られることが多くなっています。ですが、元々ビットコイン(BTC)は、法定通貨に代わって決済や送金に利用するために開発されました。 実際に街中の買い物やネットショッピングなどで、モノやサービスの対価としてビットコイン(BTC)を支払うことができる場所は、世界中に増えています。 詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説 ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら 仮想通貨は安全に利用できるものなの? 仮想通貨やビットコイン(BTC)の名前が広く知られるようになったのは、2014年に起きたマウントゴックス事件がきっかけでした。そのため、仮想通貨は安全ではないという認識がされるようになってしまいました。 しかし、ハッキングは仮想通貨を保管している取引所やウォレットサイトを対象に行なわれたもので、取引所やウォレットサイトの運営や管理体制に問題があったことが、大きな原因であることが分かっています。 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨そのものの安全性と、仮想通貨の流出には関係がありません。 2017年4月1日に施行された改正資金決済法(通称仮想通貨法)で、政府が仮想通貨の取扱いを定めたことからも、現在では仮想通貨は公にも認められる存在となっています。 仮想通貨のブロックチェーンの仕組みは安全性が高い? 仮想通貨の安全性の高さは、ブロックチェーン技術が深く関係しています。 ブロックチェーンを活用して最初に開発された仮想通貨のビットコインを例に、ブロックチェーンのセキュリティを見ていきましょう。 分散型台帳 ブロックチェーン技術は、分散型台帳と呼ばれる巨大な帳簿で管理される仕組みとなっています。ネットワークにつながっている世界中のコンピュータが同じデータを保有しており、分散してデータを管理することからそのように呼ばれています。 ビットコイン(BTC)の取引はすべてブロックチェーン上に記録され、誰でもネット上で確認できるため、改ざんができにくい仕組みになっていることが最大の特徴です。 マイナー ビットコイン(BTC)の取引はマイナーと呼ばれる人たちに承認されることから、分散型の合意システムとなっています。そのため、特定の国や企業の意向を受けることはないと考えられています。 分散してデータを管理する仕組みをとっているため、ハッキングや自然災害、停電などでどこか1カ所のデータが失われても、他のコンピュータが動いていれば、全体としてのシステムは問題なく稼働できます。 ビットコイン(BTC)はこのような分散型の仕組みを持つ通貨のため、1ヶ所に障害があると全体の稼働が止まってしまうシステムよりも、安全性は高いといえるでしょう。 仮想通貨の取引で考えなければならない危険性 仮想通貨それ自体の安全性は高いにもかかわらず、「安全ではない」というイメージができてしまったのはなぜでしょうか。 正確には仮想通貨それ自体が危険なのではなく、取引の方法を間違えると危険であると言えます。 仮想通貨の価格の変動に注意 まず、考えなければならないのは、仮想通貨は値動きが激しいため、大きな利益を出せる可能性がある一方で、大きな損失を出してしまう可能性もあることです。 ビットコイン(BTC)の場合、ユーザーの1%が全体の9割を保有し、送金や決済用の通貨として使っているのは全ユーザーの2%であるというデータもあることから、少数のユーザーの意向によって、大きく価格が変動してしまうリスクは避けられません。 仮想通貨の送金ミスに注意 また、仮想通貨の場合は送金ミスをしてしまうと、取り戻すのに時間がかかったり、取り戻すこと自体ができないおそれがあります。 仮想通貨の送金には送金先のアドレスの入力が必要ですが、間違ったアドレスに送金手続きをしてしまうと、自分のコインが失われてしまうこともあるのです。 銀行の場合は管理体制が整っているため、振込先の間違いに気がつけば、取り消すことができる場合もあります。ですが、管理者のいない仮想通貨では、送金ミスの対応に責任を持って対応してくれる人がいないのです。 仮想通貨の規制に注意 また、仮想通貨に国境はないとはいえ、国の影響を受けることはあります。犯罪目的に利用されることを防ぐために、仮想通貨に対して規制を行っている国もあります。 規制が強化されると取引自体が違法になってしまう可能性もあるため、海外の仮想通貨の取引所に口座を持っている場合は、その国の動向にも注意をしていた方がよいでしょう。 なお、日本では2017年の改正資金決済法により仮想通貨の存在が正式に認められているので、日本で取引することは可能です。 仮想通貨の詐欺や盗難に注意 仮想通貨にはICOという資金調達の方法がありますが、これが詐欺に悪用されることがあります。 さらに、取引所を利用する際には、自分で2段階認証などのセキュリティ対策をしないと、仮想通貨の盗難に遭ってしまう可能性も否定できません。 そのため、自己防衛の手段として、事前に仮想通貨を安全に取引をするための方法を認識しておくことは大切です。 仮想通貨を安全に利用するための方法とは? 仮想通貨を安全に取引するためには、どのようなことを心がければよいのでしょうか。まず、取引所はコールドウォレット管理や分別管理など、セキュリティに配慮した業者を選びましょう。 ユーザーとしては手数料の安さや通貨の取扱い数も気になるところですが、大切な資産を預ける場所としては、使い勝手も大切ですが、セキュリティにも気を配る必要があります。 しかし、せっかくセキュリティ対策がしっかりされている取引所を選んでも、不用心に取引をしていては、リスクを避けられません。 IDやパスワードの使い回しはしないこと、取引所に登録した後は、2段階認証を設定するなどの心がけで、自分でも安全性を高めることはできます。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 安全性の高い仮想通貨の取引所ってどんなところ? セキュリティ対策をしっかりしている取引所とはどのようなところなのか、見るべきポイントを紹介していきます。 1. 顧客資産の管理方法 まず注目すべきところは、顧客資産の管理方法です。銀行や証券会社の場合、顧客資産と自社の資産は分けて管理しなければならないことになっています。 これまでは仮想通貨取引所の資産管理の方法を定める法律はありませんでしたが、2017年の改正資金決済法により資産管理の方法が明文化されました。 これにより万が一仮想通貨取引所が倒産しても顧客資産は守られるようになりましたが、自衛手段として必ず資産を分けて管理していることを明確にしている取引所を選ぶとよいでしょう。 2. 2段階認証の採用 2つ目のポイントは、二段階認証を採用していることです。 IDやパスワードのほかに、ワンタイムパスワードを使ってログインや取引の承認を行うため、強力なセキュリティ対策となります。 すでに多くの取引所で採用されているセキュリティ対策ですが、自分で設定をする必要があるため、口座開設をしたら忘れずに二段階認証の設定をするようにしてください。 3. コールドウォレットの採用 3つ目のポイントは、コールドウォレットを採用していることです。 コールドウォレットとはオフラインで仮想通貨を保存することです。インターネットから遮断された状況で管理されていることは、安全性の面では非常に効果のある方法といえます。 4. マルチ・シグネチャの導入 4つ目のポイントは、マルチ・シグネチャを導入していることです。 マルチ・シグネチャとは、仮想通貨を送金する際に複数の鍵を必要とするアドレスのことをいいます。秘密鍵を別々に管理してれば、たとえパスワードが盗まれたり、ハッキングされたりしても盗難に遭う可能性を低めることができます。 5. SSL暗号化通信の導入 5つ目のポイントは、SSL暗号化通信を導入していることです。 SSL暗号化通信によってデータが暗号化されるため、データを盗み見られるのを防ぐことができます。 しっかりと対策をすれば仮想通貨は怖くない! 仮想通貨は実体のある通貨ではないため、不安に感じる人が多いのは事実です。 大きなリターンを得られる可能性がある反面、リスクもあるのが仮想通貨ではありますが、事前にリスクを把握し、きちんとした方法で取引をしていれば、必要以上に怖がる必要はありません。 仮想通貨の仕組みや、取引所のセキュリティ対策について正しく理解した上で、仮想通貨を利用しましょう。

投資というジャンルでは、仮想通貨と株は共通しています。 しかし、仕組みや特徴など、投資方法もそれぞれ異なります。メリットやデメリットなどもそれぞれ違いがあるため、理解したうえで投資をすることが大切だといえるでしょう。 自身が所有している資産や投資経験の有無も、投資を選択するうえで重要なファクターとなります。特に、投資初心者は損失をださないためにも、まず知識を得ることが必要です。 この記事では、仮想通貨投資と株式投資の特徴や違いについて紹介します。 仮想通貨投資をする主なメリットとは? 仮想通貨は、24時間年中無休で利用することが可能です。そのため、土日でも取引可能であることが、仮想通貨投資の魅力の1つだといえます。 また、仮想通貨の取引所には手軽に口座開設できるため、仮想通貨投資は比較的早く始められることもメリットです。写真付きの本人確認書類などを用意しておくことで、比較的短い時間でアカウントを取得できます。 更に、仮想通貨には500円などの少額からでも投資ができるため、投資初心者でも参入しやすいといえるでしょう。 少額の投資でも、リターンが大きいケースもあることが仮想通貨投資の特徴です。1億単位で利益が出たケースもあり、夢のある投資ともいえるでしょう。 仮想通貨は日々の価格の変動が大きく、誕生してからもまだ年数が浅いため、今後の伸びしろの大きさに期待して、長期保有をする人もいます。 三菱UFJ銀行などの大手の銀行も独自の仮想通貨に関するニュースをリリースしたりと、今後もますます仮想通貨の市場は拡大していくという見方もあります。 仮想通貨投資をする主なデメリットとは? 仮想通貨の市場は、いまのところ流入している資金が株などよりも少ないため、価格変動が大きいことはデメリットだと言うこともできます。 少額から投資ができるため、参入しやすい投資ではありますが、仮想通貨投資を始める前にリスクについてはきちんと認識しておく必要があるといえるでしょう。 また、仮想通貨投資の場合は、株式投資よりも税率が高いことが特徴です。これは、仮想通貨投資で得られた利益が雑所得になるためです。 他にも、株式投資とは異なり、仮想通貨投資の場合には、株主優待などの制度はありません。ただし、仮想通貨の種類によっては、配当のような機能がある仮想通貨もあります。 いざ仮想通貨投資を始める際には、仮想通貨の取引所へのログイン時のパスワードや、仮想通貨のウォレットなどの秘密鍵は厳重に保管し、紛失しないよう気を付けましょう。 万一ウォレットの秘密鍵を紛失してしまったり忘れてしまったりすると、せっかく利益が出ていたとしても、仮想通貨を日本円に交換できなくなります。 Coincheckの口座開設はこちら 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 株式投資をする主なメリットとは? 株式投資は仮想通貨よりも価格変動が小さい場合が多いため、そこまで大きな価格変動を求めていないトレーダーにとっては、適した投資だといえます。 上場企業への株式投資であれば、有価証券報告書などのIR情報を確認することができますので、企業の財務情報などを把握してから投資ができるというメリットもあります。 また、株式投資で得た利益は雑所得扱いにならず、申告分離課税が適応されるため、仮想通貨投資より税制面においては有利だといえます。そのため、株式投資は非常に大きな金額で投資をしたいトレーダーに選ばれる傾向にあります。 更に、株主優待があるため、株式投資をすることでさまざまなサービスを受けられる可能性があります。株主優待を受けたいがために、自分の好きなサービスを提供している企業の株式を購入する人もいるようです。 株式投資をする主なデメリットとは? 株式投資のデメリットは、取引時間が基本的に平日の日中のみなどに限定されていることです。 また、株式投資は初期投資額が比較的高いため、少額から購入することができる「ミニ株」などを利用しないと、購入単位が大きくなりがちです。 こちらは株の最低購入単位というものが決められているためであり、多くの銘柄では10万円以上の投資額を用意するケースがほとんどです。 更に、株式投資は、仮想通貨ほどは短期間で大きく値上がりする可能性は低いといえます。そのため、仮想通貨投資と比べると利益は少額になるケースが多く、短期間で大きく儲けることは難しい投資だとは言えるでしょう。 そもそも日本を含め先進国の成長率は鈍化しているため、今後成長する企業を見極める力なども、株式投資をするトレーダーには求められます。 他には、株価が下がることで損失が出てしまうため、損失を防ぐためには、投資先の企業の業績やニュースなどを定期的に確認しておく必要があります。 株価は政治や業界の動向にも左右されることがあったりしますので、投資初心者にとっては、株式投資はやや難易度の高い投資であるといえます。 株式投資と仮想通貨投資の違いは何がある? 株式投資の場合は、企業によっては配当があったり、株主優待券などの特典があります。仮想通貨投資の場合は、それらの特典は基本的にはありません。 仮想通貨の中には配当のような機能を持つものもありますが、一部の仮想通貨のみとなっています。 最低投資額 最低投資額は、株式投資よりも仮想通貨投資のほうが小さいため、まずは少額から投資をしたい方には、仮想通貨投資の方が向いているでしょう。 取引時間 また、取引時間も株式投資よりも仮想通貨投資のほうが長いため、土日などに投資をしたい方には、仮想通貨投資の方が向いているでしょう。 ストップ高・ストップ安 株式投資にはストップ高やストップ安がありますが、仮想通貨投資にはありません。ストップ高・ストップ安とは、過熱した市場を抑制するためのものであり、下落したときに値幅制限がかかるようになっています。 そのため、仮想通貨は価格が上昇した場合はどこまでも上昇する可能性がある一方で、下落した場合はどこまでも下落し続けてしまうリスクもあります。従って、仮想通貨投資は、大きな利益が得られる可能性がある投資である反面、大きな損失が発生する可能性もある投資とはいえるでしょう。 ただし、株式投資に関しても、企業の経営状態によっても株価は値動きします。そのため、投資した企業が倒産した場合は、株式の価値がほぼなくなってしまうことはあります。 従って、企業の経営状態を見極めることが難しい投資初心者は、株式投資に関しても慎重に投資先を検討する必要はあるでしょう。 仮想通貨投資と株式投資ならどちらが良いのか? 時間に縛られたくないトレーダーは、仮想通貨投資を選択すると良いでしょう。少額から投資をしたい場合にも、仮想通貨投資は向いています。 他にも、ハイリターンを狙いたい場合は、株式投資よりも仮想通貨投資の方が可能性はあるかもしれませんが、その分ハイリスクでもあるということは、念頭に置いておく必要があるでしょう。 一方で、企業の分析をしたいトレーダーには、株式投資が向いています。また、株主優待を得たい場合や、税金面での優遇を得たい場合などは、株式投資を選ぶ方が良いでしょう。 また、数億円単位などの非常に大きな金額を投資したいトレーダーは、配当金だけで利益を得られるケースもあるため、株式投資を選ぶ傾向にあります。 長い歴史がある株式投資に対して、仮想通貨はまだまだ発展途上です。ですがその分、今後大きく市場が拡大する可能性も十分にあるでしょう。 仮想通貨投資と株式投資はスタイルが異なる! 仮想通貨投資と株式投資は、それぞれ特徴が異なります。 ただし、仮想通貨投資の場合は少額から可能であるのに対し、株式投資の場合は初期投資額がやや高いことが特徴的です。このような両者の特徴を踏まえた上で、自身の投資スタイルや資産状況に合わせて、利用する投資を選択すると良いでしょう。 いずれにせよ、投資は余剰資金のなかから行うということは、仮想通貨投資においても株式投資においても大切なことです。また、資産を分散して分散投資することも、リスクを回避するうえで必要なことです。 仮想通貨投資と株式投資のそれぞれの違いをよく理解し、メリットやデメリットなどを知ったうえで投資をしましょう。

投資初心者にとって、仮想通貨とFXは似たようなものであると考えている人もいるかもしれません。仮想通貨への投資とFXは似ているようで、全く異なる種類の投資です。 投資する際の注意点や、利益の得やすさなども異なります。投資を始める前に仕組みや注意点などを理解しておくことは、投資初心者にとって大切なことです。 FXと比較して歴史の浅い仮想通貨は、基礎知識を得ることも投資をする際のポイントとなります。この記事では、仮想通貨とFXの違いについてわかりやすく紹介します。 仮想通貨とは一体?どういう通貨なの? 仮想通貨とは、インターネット上にのみ存在するお金のことです。一番始めに開発されたのは、2009年に誕生したビットコイン(BTC)でした。 紙幣や硬貨などは存在していませんが、通貨と同等の価値があると考えられているため、料金の支払いや買い物などに使用することも可能です。 また、仮想通貨の種類にもよりますが、基本的に仮想通貨は安い手数料で送金などを行えることが魅力の1つです。 仮想通貨にはビットコイン(BTC)を始め、リップル(XRP)やイーサリアム(ETH)などのさまざまな種類があり、現在では合計2,000種類以上にも上るといわれています。 一般的に仮想通貨の投資はハイリスク・ハイリターンと言われているため、投資初心者にとっては、取引に慣れるまで利益をだすことが難しいケースもあるかもしれません。それは、仮想通貨の歴史が浅く、価格変動が激しいためだといえます。 ただし、将来的には法定通貨に代わる決済手段にも成り得る可能性があるため、世界中から注目を集めています。 FXってどんな取引のこと?主な特徴とは? FXとはForeign Exchangeの略語であり、「外国為替証拠金取引」の意味があります。FXは円・ドルなどの法定通貨を使い、為替変動によって利益を得るための取引です。 レバレッジ レバレッジという仕組みがあり、小さな値動きや少ない資金でも大きな取引を行うことができるため、効率よく稼ぐことができる可能性があります。 最大25倍のレバレッジ取引を行いたい場合は、日本のFX業者を利用することで取引できます。FXでは取引によって生じた差額がトレーダーの利益となり、このことをCFD(差金決済取引)といいます。 売りからも取引を始められる FXが他の投資と異なるポイントは、「売り」からも取引を始められるということです。つまり、相場が下がっていく時でも利益を狙うチャンスがある点が特徴的です。 このようにFXにはメリットもありますが、利用する際には注意も必要です。 強制決済(ロスカット) FXでは、損失額が証拠金を超えそうになったタイミングで、強制決済(ロスカット)をされてしまいます。そのため、FXでは多額の損失が出てしまう可能性もあります。 このようにFXはリスクが高い投資でもあるため、FXは事前にしっかりとリスクを認識した上で利用されるのが良いでしょう。 仮想通貨とFXの違いには何がある? 仮想通貨とFXでは、まず投資対象が異なります。 仮想通貨とは異なり、FXの投資対象は法定通貨です。FXは基本的に土日祝日には取引ができませんが、仮想通貨は年中無休で取引できます。 スワップ金利 また、仮想通貨にはスワップ金利がありませんが、FXは所有しているだけでスワップ金利が得られるケースがあります。 一方、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)と呼ばれるシステムを採用している仮想通貨の中には、配当のようなものを得られる場合があります。 価格変動 さらに、FXよりも仮想通貨のほうが価格変動が大きいです。こちらは、FXよりも仮想通貨の方が歴史が浅く、参加者もまだまだ少ないためといえるでしょう。 このように価格変動が激しい仮想通貨では、少ない投資額で1億円近い利益を生み出した事例も報告されました。仮想通貨の投資によって財を成した億万長者は、ニュースなどでは「億り人」と呼ばれています。 このような「億り人」が誕生した影響などもあってか、現在では他の金融商品には投資をしたことがない方でも、仮想通貨取引には乗り出す人がでている状況です。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 仮想通貨とFX(外国為替証拠金取引)の主な共通点って何? 仮想通貨とFXは、投資の手段として利用できます。 しかし、仮想通貨とFXの仕組みや投資方法などを知らないまま投資を始めてしまった場合、大切な資産を失ってしまう可能性もありますので注意が必要です。 例えば、トレードのしやすさに関しては、FXの方が相場は安定しています。しかし、FXにおいても仮想通貨においても、投資にはリスクがつきものです。 仮想通貨もFXも、元本が保証されている金融商品ではないため、取引をすると損失が出てしまうリスクも考えておかなくてはいけません。 どちらの投資をする際にも、余剰資金内で行うことが前提です。無理のない範囲で投資するように心がけ、リスク管理は徹底するようにしましょう。 また、投資をする前にはきちんと両者の仕組みなどを勉強し、理解しておくことも大切です。 混乱しがちな仮想通貨FXってどういうもの? 仮想通貨FXは、仮想通貨の現物取引と同様に365日24時間取引することが可能ですが、現物取引とは異なり、実際に仮想通貨の現物を売買する取引ではありません。 仮想通貨FXは、買い注文または売り注文によってポジションを保有し、反対売買によってポジションを決済することで、価格変動の差額分だけを受け取る証拠金取引です。 また、仮想通貨FXではレバレッジを利用できるため、自己資金の数倍の取引ができます。そのため、少ない資金で大きな利益を得たいトレーダーには向いている投資だといえます。 ただし、仮想通貨FXはレバレッジをかけて取引ができる分、損失が膨らんだ場合は現物取引よりも大きな損失となる可能性もあります。 仮想通貨FXはハイリスク・ハイリターンな投資であり、ややギャンブル要素を含んでいる投資でもあることは、事前に理解しておく必要があります。 なお、FXではさまざまな通貨ペアで取引可能ですが、いまのところ仮想通貨FXでは、ほとんどが「ビットコイン/日本円」という通貨ペアのみでの取り扱いになっています。 仮想通貨とFX(外国為替証拠金取引)ならどちらを利用すべき? 仮想通貨は365日24時間、いつでも取引ができるため、土日に投資をしたい方には仮想通貨は向いています。例えば、平日は仕事で忙しく、なかなか投資ができないというサラリーマンの方などにも仮想通貨は向いています。 一方で、スワップポイント(スワップ金利)を得たいトレーダーは、FXを選択することが多いようです。また、分散投資がしたい場合は、仮想通貨とFXの両方を利用する方法もあります。 仮想通貨とFXの組み合わせだけでなく、仮想通貨と株式投資や、仮想通貨と投資信託など、様々な金融商品に分散投資をするやり方もあります。 なお、資産を預けている業者が万一破綻してしまった場合、FXは預けた資産は返却される仕組み(信託保全)になっています。 一方で、仮想通貨の場合は、仮想通貨の取引所が破綻すると資産が返却されないケースもあります。そのため、仮想通貨の取引所選びは慎重に行う必要があります。 仮想通貨とFX(外国為替証拠金取引)は似ているようで全く違う! 仮想通貨とFXは、投資というジャンルでは共通している部分もあります。 しかし、扱っている通貨が異なるため、仮想通貨とFXは全く違うものであると認識しておくと良いでしょう。 仮想通貨は法定通貨とは異なり、国が価値を保証しているものではないため、価値がなくなる可能性もあり、取引所が閉鎖してしまう可能性もあるということを念頭に置く必要があるでしょう。 しかし、仮想通貨は低コストでスピーディーに国際送金ができたり、買い物などで仮想通貨で支払いができる店舗も世界中で少しずつ増えていたりと、仮想通貨は日常的に現金の代わりに利用できる可能性も秘めています。 仮想通貨もFXも、投資という面で考えると一長一短だといえます。どちらにもリスクはありますが、大きな利益を得られる可能性もあります。 また、長期保有をしたいトレーダーは現物で仮想通貨を保有するなど、投資スタイルに合わせて投資対象を選ぶのが良いでしょう。これから投資をしたいと考えている人は、仮想通貨とFXの違いをよく理解してから行うようにしましょう。

仮想通貨で取引をしているトレーダーにとって、仮想通貨で買い物などの支払いをしたいと考える人もいるのではないでしょうか。 仮想通貨をチャージして買い物などに利用できるのは、プリペイドカードです。仮想通貨を利用したプリペイドカードにはいくつか種類があり、それぞれに特徴や利用するメリットなどは異なります。 この記事では、それぞれどのような特徴があるのかをわかりやすくご紹介します。 仮想通貨のプリペイドカードとは? 一般的なプリペイドカードとは、あらかじめカードに現金をチャージしておくことで、その範囲内でVisaやMastercardなどの加盟店で利用できるカードです。 クレジットカードの場合は、後日利用額が銀行口座から引き落とされますが、プリペイドカードの場合は、前払いでカードに現金をチャージしておく形となります。 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を使ったプリペイドカードにはいくつか種類があり、例えば日本のバンドルカードや海外のTenXカードなどが挙げられます。 それぞれのカードは特徴が異なるため、内容を把握したうえでニーズに合ったカードを選ぶと良いでしょう。 仮想通貨のプリペイドカードを使うメリット 仮想通貨のなかでもビットコイン(BTC)は代表的ですが、ビットコイン決済に対応している店舗は限られています。 しかし、ビットコイン(BTC)のチャージに対応しているプリペイドカードを利用することで、より多くの店舗で決済することができるようになります。 また、仮想通貨のプリペイドカードの中には、利用額に応じて仮想通貨が還元されるカードなども存在しています。 さらに、海外でカードを利用すると、仮想通貨のプリペイドカードのほうが、一般的なクレジットカードやデビットカードよりも、手数料を抑えられる場合もあります。 仮想通貨のプリペイドカードの中には、海外利用でも決済手数料がかからないカードもあるため、海外へ行く機会が多い人が所有すると、便利なカードとなる場合もあるでしょう。 1. バンドルカードとは?(日本のプリペイドカード) 画像出典:https://vandle.jp/ ※現在、Coincheckからバンドルカードへのチャージは一時停止中です。 バンドルカードには、リアルカードとリアルカードプラスの2種類があります。発行手数料は、リアルカードなら300円・リアルカードプラスなら600円です。 年間維持費用は基本的にどちらも無料であり、チャージ手数料・支払い手数料も無料です。以前は未利用日数に応じて口座維持費が発生していましたが、2018年7月23日より無料になりました。 1回あたりのチャージ上限金額はリアルカードなら3万円、バンドルカードリアルプラスなら10万円であるため、高額の買い物などに利用したい人にはバンドルカードリアルプラスが向いています。 月間のチャージ上限額はリアルカードなら12万円、バンドルカードリアルプラスなら200万円となります。バンドルカードは全国のVisa加盟店で利用することが可能であるため、多くの店舗で利用できるといえるでしょう。 Coincheckの口座開設はこちら 2. TenXカードとは?(海外のプリペイドカード) 画像出典:https://tenx.tech/en/ TenXカードは、仮想通貨のウォレットに紐づいたカードです。 発行手数料は15ドルかかり、年間維持費は条件付きで無料です。条件付きというのは、1年で1,000ドル使わない場合は、10ドルかかります。 1回あたりのチャージ上限額はなく、チャージ手数料・支払い手数料は無料です。TenXカードはチャージする必要がなく利用できることが特徴だといえます。 最初は利用上限額が2,500ドルに設定されていますが、本人確認をすることで上限はなくなります。 また、TenXカードでは買い物などで決済をするまで、仮想通貨は法定通貨に変わることなく保管されています。 決済をする瞬間に、初めて仮想通貨は法定通貨となるため、頻繁に取引をしているトレーダーにとってはメリットがあるカードだといえるでしょう。 海外の仮想通貨のデビットカードの特徴や種類は? 仮想通貨を使ったカードとしては、プリペイドカードの他にも、デビットカードもあります。海外の仮想通貨のデビットカードは、2018年8月時点では日本国内で利用できない状況です。 2017年10月15日にデビットカードを発行しているWavecrest社というカード発行会社が、ヨーロッパ居住者以外へのサービスを停止しました。これは、会社の買収が影響しています。 なお、海外の仮想通貨デビットカードで代表的なカードには、例えばwirexカード・xapoカード・shiftカードなどが挙げられます。 wirexカードはイギリスの会社が経営しており、世界的に発行枚数が多いことが特徴です。ドル・ポンド・ユーロで利用することができ、送金コストを抑えられることがメリットです。 xapoカードは、セキュリティ面が強いことがメリットではありますが、購入上限があるなどのデメリットもあるカードです。 shiftカードはアメリカ初のビットコイン(BTC)のデビットカードと言われており、手数料が安いことがメリットです。 ただし、ビットコイン(BTC)を使うには米国大手取引所のCoinbaseのアカウントかが必要であったり、利用がアメリカ国民のみに限られていたりするなどのデメリットもあります。 以上のように、海外の仮想通貨のデビットカードもメリットがあれば、デメリットもあるのが一般的です。 仮想通貨のプリペイドカードを使うには仮想通貨の保有が必要 仮想通貨の取引をしているトレーダーにとって、自身が得た利益をカードで利用できるというのは、日本では税金面の問題はありますが、便利な決済方法だともいえるでしょう。 ただし、現状スマホアプリに対応しているのはバンドルカードのみであったりしますので、カードを利用する前には、それぞれのカードにどのような特徴があるかを理解しておくことも大切です。 それぞれの種類のカードのメリットなどを理解し、使い勝手の良さや利用目的、ライフスタイルなどに合わせて、使用するカードを選択するのが良いでしょう。 なお、クレジットカードは翌月に借金をする仕組みですが、プリペイドカードの場合は、事前に仮想通貨を購入してチャージをしておく必要があります。 そのため、まだ仮想通貨を保有されていない方は、まずは仮想通貨の取引所に口座を開設し、仮想通貨を購入するところから始めてみてはいかがでしょうか。

ビットコイン(BTC)の取引を行うにあたっては、現物取引とFX取引があることを認識しておく必要があります。 どちらの取引も、ビットコイン(BTC)を売買するという点では同じです。しかし、現物取引とFX取引とでは、購入したコインを送金できるかどうかや、自己資金よりも大きな取引ができるかどうかなどの違いがあります。 ビットコイン(BTC)でFX取引を行う場合には、FX取引の特徴を理解しておくことが大切です。そこで、ビットコインFX取引の特徴やメリット・デメリットなどについて解説します。 ビットコイン(BTC)のFXの主な特徴とは? ビットコインFX取引を行う場合は、FXの特徴を理解しておくことが必要です。 FX取引でも、現物取引と同じようにビットコイン(BTC)を売買することになるため、将来の価格を予想して、価格が上昇すると予想する場合は購入、下がると予測する場合は売却を行うことになります。 ただし、現物取引の場合は買いから入る必要がありますが、FX取引の場合は売りからも入れることが特徴です。 また、FX取引を行う際は、必ず同数の売り買いセットで行うことになります。売り買いセットの取引が完了すると差額決済が行われ、損益が確定します。 さらに、FX取引では、自己資金よりも大きな取引ができます。自己資金を証拠金として取引所に拠出し、その何倍もの金額の取引を行うことが可能です。 仮想通貨の取引所によって最大倍率は異なりますが、少ない資金でも大きな取引ができるため、利益が生じた場合は現物取引よりも利益率は大きくなることが特徴です。 ただし、逆に損失が生じた場合は、自己資金を大きく減らすことにつながりますので、FX取引を利用する際には注意が必要です。 ビットコインFXと一般的なFXの違いとは? ビットコインFXなどの仮想通貨FXと為替FXは、投資対象が異なります。 為替FXの投資対象は、ドルやユーロなどの法定通貨が投資対象になります。一方、仮想通貨FXは、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を対象としたFX取引です。 なお、為替FXは証券会社などで口座開設をすることで取引ができるようになりますが、ビットコインFXは仮想通貨の取引所に口座開設をする必要があります。 投資対象以外の為替FXとビットコインFXに関する主な相違点は2つです。ビットコインFX取引を行う場合は、為替FXとの違いを理解しておくことも役に立つでしょう。 1. 取引可能時間帯の違い 1つ目は、取引可能時間帯です。 ビットコインFXでは、メンテナンスなどの時間帯を除き、平日・土日に関わらず売買ができます。一方、一般的な為替FXは、為替市場が休みになる土日や祝日を除く平日のみ取引が可能です。 2. 価格変動の大きさの違い 2つ目は、ビットコインFXのほうが為替FXよりも、投資対象の価格変動が大きいことです。 価格変動が大きいと損益の振れ幅も大きくなります。ビットコインFXは、短期間でも大きな損益の変動が発生することが特徴です。 ビットコインFXを利用するメリットって? ビットコインFX取引を行う主なメリットは、4つあります。 1. 売りから取引を始められる 1つ目は、売りから取引を始められることです。 ビットコイン(BTC)の現物取引で売り注文を入れるためには、ビットコイン(BTC)を保有しておく必要があります。一方、ビットコインFXでは、ビットコイン(BTC)を保有していない状態で売り注文を入れられます。 2. 下げ相場でも利益が出る 2つ目は、下げ相場でも利益が出ることです。 1つ目のメリットに関連しますが、ビットコインFXの場合は、ビットコイン価格が下がると予想する場合は、売りから入ることで利益を出すことが可能になります。 3. 少額の自己資金でも大きな取引ができる 3つ目は、少額の自己資金でも大きな取引ができることです。 小さな力でも大きなものを動かせる「てこの原理」のことを、レバレッジといいます。そのため、FX取引はレバレッジ取引といわれることもあるのです。 このレバレッジ取引ができることも、ビットコインFXのメリットになります。 4. ハイリターンが得られる可能性がある 4つ目は、ハイリターンが得られる可能性があることです。 同じ自己資金であれば、ビットコインFX取引の方が、ビットコイン(BTC)の現物取引よりも大きな取引ができるため、ハイリターンにつながる可能性があります。 ビットコインFXを利用するデメリットって? ビットコインFXを利用する場合は、デメリットについても理解しておくことが重要です。主なデメリットは、2つあります。 1. 大きな損失が生じるリスクがある 1つ目は、大きな損失が生じるリスクがあることです。 レバレッジをかける分、自己資金に対する損益は増幅されます。相場が予想に反する方向に変動すると、損失は大きくなるでしょう。そのため、常にどの程度の損失を被るリスクがあるのかを認識しながら、取引を行うことが大切になります。 2. カウンターパーティーリスクがある 2つ目は、カウンターパーティリスクがあることです。 カウンターパーティとは、取引相手のことをいいます。カウンターパーティリスクは、取引している取引所が倒産などして取引できなくなることです。 そのため、ビットコインFXを利用する際には、倒産リスクが小さいと考えられる取引所を選ぶようにしましょう。 ビットコインFXの取引所を選ぶときのポイント ビットコインFX取引を行う場合は、取引所選びも大切です。取引所を選ぶ際の主なポイントは、例えば以下の3つがあります。 1. セキュリティレベルの高さ 1つ目は、セキュリティレベルの高い取引所を選ぶことです。 コールドウォレット管理が施されていたり、2段階認証が設定できるようになっていたりと、セキュリティに気をかけている取引所を選ぶ必要があります。 2. 手数料の安さ 2つ目は、手数料が安い取引所を選ぶことです。 ビットコインFX取引を行う場合、基本的には取引時に手数料がかかります。 取引所によっては取引手数料が無料の場合もありますが、ポジションを保有したまま翌営業日に持ち越すことによって、手数料が発生する場合もあります。 そのため、ビットコインFXにかかる手数料については、事前に把握しておくことが大切です。 3. 取引のしやすさ 3つ目は、サイトの画面が見やすく、取引がしやすい取引所を選ぶことです。 ビットコインFX取引を行う場合、視認性や操作性が重要になります。自分が使いやすい取引所を選びましょう。 Coincheckのレバレッジ取引について紹介 現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。 日本の仮想通貨の取引所の1つであるCoincheckでは、ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引が可能です。 Coincheckでレバレッジ取引を行う場合は、いくつかの特徴を認識しておくことが必要です。 まず、レバレッジ倍率です。レバレッジ倍率は最大5倍まで可能になっています。つまり、自己資金の5倍までの取引が可能ということです。 ただし、常に最大のレバレッジで取引する必要はありません。きちんと取引のリスクを考慮しながら、無理のない範囲で取引することが大切です。 次に、手数料です。Coincheckの取引所の手数料は、2018年12月10日現在無料です。 ただし、すぐに反対売買を行わずに、買いポジションまたは売りポジションを保有する場合は、一定のスワップ手数料がかかる仕組みです。 スワップ手数料は、ポジションを決済した際に発生しますので、その点は認識しておくことが必要です。 ビットコインFXの取引に関するまとめ ビットコインFXには、多くのメリットがある反面、デメリットもあります。 ビットコインFX取引を行う場合は、無理に大きなレバレッジをかけて取引することなく、リスクを抑えながら取引することが重要です。 特に、価格が大きく変動する場合には、損失額が大きくならないように、慎重に取引をする必要があります。ビットコインFXの特徴をよく認識したうえで、自分に合った仮想通貨の取引所を選んで利用してみましょう。

投資の一つとして知られるFXですが、仮想通貨の取引にもFXがあるのを知っていますか。 全く別のものと思う人も多いですが、FXの特徴を持った仮想通貨取引で、資金を増やしている人が少なくありません。FXというとハイリスク・ハイリターンなイメージが強く、よく分からないまま取引を始めて損してしまうということもあります。 これから仮想通貨FXを始めようと思っている人は、特徴やメリット・デメリットについて正しく理解しておく必要があるでしょう。そこで今回は、仮想通貨FXとはどのようなものか、詳しく解説していきます。 仮想通貨を使ったFXの取引とはどういうもの? 一般的にFXとは、外国為替証拠金取引といい、アメリカドルやユーロなどの外貨を取引する投資方法の1つです。 その大きな特徴として、「レバレッジ取引を行える」点が挙げられます。証拠金を預けて、資金以上の売買が可能となる方法です。 現物がなくても、売買したと仮定したときの差額が利益となります。こうしたFXのレバレッジ取引という特徴を利用したものが、仮想通貨FXです。取引所によってレバレッジ倍率は異なるものの、保有する資金以上の取引が可能となります。 そもそもレバレッジ取引って何のこと? 簡単に言うと、FXの大きな特徴であるレバレッジ取引とは、取引所に保有する資金を証拠金として預けて、その額以上の取引ができることを言います。 レバレッジとは「てこの原理」を意味しており、保有する金額の何倍も取引できることから、効率の良い取引方法といえます。 たとえば、レバレッジ倍率を10倍に設定すると、証拠金が10万円でも、100万円の取引が可能です。 現物取引に比べてハイリスク・ハイリターンではあるものの、短期間で資金を増やすことができる可能性がある取引方法です。 仮想通貨の取引所の一つであるCoincheckにおいても、ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引が可能です。 ※現在Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。 取引所によってレバレッジ倍率や取り扱い銘柄は異なりますので、事前にチェックしておきましょう。 仮想通貨FXと現物取引の違いとは? 仮想通貨FXと現物取引の違いは何でしょうか。その違いとして、大きく4つ挙げられます。 1つ目が「取引の性質の違い」です。 仮想通貨FXは証拠品取引に分類され、実際に仮想通貨の現物を保有せずに、売買時の差金で決済する取引方法です。 一方で、仮想通貨の現物取引は、取引所や販売所を介して、法定通貨を使って仮想通貨を売買する方法です。 2つ目が「証拠金の有無の違い」です。 FXは証拠金を預ける必要がありますが、現物取引では証拠金を預ける必要がありません。証拠金を預けることで「てこの原理」を利用し、実際の保有以上の取引を実現できます。ただし、必要証拠金の額が定められているため、それよりも少額な取引をしたい場合には、現物取引の方が無難です。 3つ目が「売買の仕方の違い」です。 現物取引は基本的に、買い注文しかできません。つまり、仮想通貨の価格が上がる相場でしか利益を得ることができません。一方で、仮想通貨FXは、買い注文だけでなく、売り注文もすることができます。 ショートとも言われる売り注文は、下げ相場でも利益を得られる方法なので、相場にかかわらず取引を楽しめます。 4つ目が「リスクの違い」です。 当然ながら、動かす資金が大きい仮想通貨FXの方が、リスクは高いといえます。思わぬ価格の変動により、強制ロスカットされる可能性もゼロではなく、ハイリスク・ハイリターンな取引方法でもあります。 そのため、仮想通貨の初心者は、まず現物取引から始めて相場の感覚をつかむなどしてから、仮想通貨FXを始める方が良いでしょう。 仮想通貨FXと為替FXの違いって何? 外国為替証拠金取引を意味する為替FXと、仮想通貨FXでは違いがあるのでしょうか。どちらもレバレッジ取引を利用する点で、効率的に利益を得る手段であることには違いがありませんが、大きく4つの違いがあります。 1つ目が「取り扱い商品の違い」です。 当然ながら、仮想通貨FXはビットコイン(BTC)などの仮想通貨、為替FXはドルやユーロなどの法定通貨を対象とします。仮想通貨なら技術開発の進度や他の取引所への上場、法定通貨なら社会情勢などによって価格が変動しやすくなります。 2つ目が「値動きの違い」です。 一般的に値動きは、仮想通貨の方が激しいといえます。これまでも1日に10%以上の変動をしたことは少なくなく、値動きが激しいので注意する必要があります。 3つ目が「取引時間の違い」です。 為替FXは平日なら比較的いつでも取引ができますが、仮想通貨はさらに土日を含む24時間365日取引することが可能です。 値動きが激しいため、仮想通貨FXでポジションを持った場合、チャートから目を離さないようにするトレーダーも多いようです。 4つ目が「換金時間の違い」です。 一般的に、為替FXよりも、仮想通貨FXの方が換金にかかる時間が短いといえます。 仮想通貨FXで取引をするメリットとは? 仮想通貨を現物取引ではなく、FX取引するメリットとしては以下が挙げられます。 1つ目が「レバレッジをかけられる」点です。 仮想通貨FXでは保有する資金以上の取引ができるので、効率の良い取引が可能です。なおレバレッジ倍率の上限については、金融庁が統一の基準を検討中です。 2つ目が「下落相場でも利益を狙える」点です。 仮想通貨FXでは売り注文でも取引が可能です。仮想通貨はこれまでもたびたび大きな下落が発生していますので、そうした下落相場でも利益を狙えるのは利点です。 仮想通貨FXで取引をする際の注意点 仮想通貨FXは大きな利益を狙えるメリットがありますが、利用する際には事前に知っておくべき注意点があります。特に重要なのは以下の3つです。 1つ目が「レバレッジの分だけ損失になる可能性がある」点です。 レバレッジをきかせるほど、利益を得たときの恩恵が大きいものの、損失も同じように膨らむ危険性があります。まさにハイリスク・ハイリターンの取引方法なので、あらかじめ認識しておく必要があります。 2つ目が「取引所によっては追証システムがある」点です。 追証とは、追加証拠金のことで、損失が預けている証拠金以上に発生したときに、追加で証拠金を請求されることをいいます。FXは元本が保証されている金融商品ではないため、資金以上の損失があるリスクも考えておかなくてはいけません。 現物取引であれば、購入に要した資金以上の損失は発生しませんが、仮想通貨FXの場合は、利用する取引所によっては追証があるので注意しましょう。 3つ目が「ロスカットシステムがある」点です。 ロスカットとは、含み損が増えてあらかじめ指定された証拠金の維持率を下回った際に、強制的に決済するシステムです。 意図せぬ決済をされて損失となることがあるため、証拠金の維持率には常に注意しておく必要があります。 また、ロスカットは追証が発生しないように設けられているシステムではありますが、急激な価格変動相場ではロスカットがきかないこともあります。 ロスカットはFX特有のシステムですが、初心者が損失を生み出す原因の一つでもありますので、始める前によく理解しておくことをおすすめします。 仮想通貨FXの特徴を理解したうえで利用を! 仮想通貨FXには、為替FXと同じようにレバレッジをきかせた効率の良い取引ができるというメリットがあります。 その一方で、追証やロスカットなど、仮想通貨FX特有の注意点も多くあるため、始める前にはあらかじめよくルールを理解しておく必要があります。 ただし、ハイリスク・ハイリターンとはいえ、賢く取引できれば、利益を狙える取引方法でもあります。これから仮想通貨FXやレバレッジ取引を始めようと考えている方は、それぞれの特徴をよく理解したうえで利用するようにしましょう。

仮想通貨の取引を行う場合は、取引所に口座を開設する必要があります。多くの取引所が存在するため、自分に適した取引所を選ぶことが重要です。 取引所の基本的な機能は、仮想通貨の売買ができる環境を提供することですが、細かい点まで含めると取引所ごとに提供しているサービスは異なります。 そのため、取引所選びを行うためにはポイントを理解しておくことが大切です。そこで、仮想通貨取引所選びのポイントについて解説します。 【選び方のポイント1】安全性が高い 仮想通貨取引所選びの1つ目のポイントは、安全性が高いことです。 取引所の安全性にはいくつかの要素がありますが、なかでも重要な要素はセキュリティです。取引所は、投資家の財産や個人情報を守る必要があります。 外部からのハッキングやなりすましによるログインなどに対抗するためのセキュリティ対策を講じることは、取引所として必須です。 そのため、ログイン時に2段階認証を採用する、パスワードが複数揃わないと取引できないシステムにするなどの対策を行っている取引所を選ぶ必要があるでしょう。 また、サーバーの安定性やSSL強度も重要な要素になります。サーバーが安定していれば、取引量が増えても取引成立までの時間がかからず快適な取引が可能です。 暗号化通信であるSSLも、強度が高いほうが安全性は高まります。さらに、ユーザーサポートが充実していることも大切なポイントです。 取引や入出金に関する問い合わせにすぐに対応してくれる取引所であれば、初心者でも安心して仮想通貨取引を行うことができます。 【選び方のポイント2】管理体制がきちんとしている 取引所の選び方の2つ目のポイントは、分別管理態勢や同態勢へのモニタリングなど、取引所内部の管理体制がしっかりしていることです。 法令に則り、きちんと顧客資産と取引所の資産とを分別して管理していることに加えて、日次で過不足が生じていないかを確認する管理態勢があるかどうかなども、重要なポイントとなります。 分別管理が行われていれば、万が一取引所の運営会社が倒産してしまったとしても、原則として顧客が預けた資産は、すべて顧客に返還されることになります。 そのため、顧客資産の分別管理は、安心して取引を行うための重要な基盤であり、証券会社などでも課されているルールです。 このような態勢を構築するためにはそれなりの人員規模や資本も必要となるため、取引所の従業員数や資本金規模なども確認しておくと良いでしょう。 【選び方のポイント3】取り扱い通貨が多い 取引所の選び方の3つ目のポイントは、取り扱っている仮想通貨の種類です。 仮想通貨にはさまざまな種類があります。ビットコイン(BTC)は最初に世に出た仮想通貨の元祖であり、取引量が多いことなどが特徴です。 基本的には、ビットコイン(BTC)はどの取引所であっても取り扱われています。注目するポイントは、ビットコイン(BTC)以外の取り扱い仮想通貨の種類です。 ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨を、総称してアルトコインといいます。アルトコインの代表格には、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)が挙げられます。ほかにも数多くの仮想通貨があり、取引所ごとに取り扱い仮想通貨は異なります。 初心者のうちは、取り扱い仮想通貨の種類が少ない取引所を利用しても、自分が取引したい仮想通貨の取り扱いさえあれば問題にならないでしょう。 しかし、取引を重ねていくうちに、さまざまな種類の仮想通貨に興味が出てくる可能性があります。 そうなったときに備えて、取り扱い通貨が多い取引所を選んでおくことは有効です。取引できる仮想通貨の種類が多ければ、より幅広い取引ができるようになります。 Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 【選び方のポイント4】機能性が高い 4つ目の取引所選びのポイントは、機能性が高いことです。 取引所によって、売買注文を入力する際の操作や画面デザインなどは異なります。そのため、同じ取引を行う場合であっても、ある取引所では操作がしにくく感じ、別の取引所では操作しやすくストレスを感じないということがありえるのです。 操作性がよい取引所で取引を行えば快適な取引を行うことができ、操作に気を取られることなく取引に集中できるようになるでしょう。 操作性の高さは、ミスを防ぐことにもつながります。たとえば、売りと買いの注文ボタンの大きさが小さく距離も離れていない場合、売りと買いを間違えて操作してしまうかもしれません。 ミスをしてしまうと多額の損失につながる可能性もあります。実際に操作ミスしなかったとしても、常に間違えないように気にしながら操作を行うようでは、ストレスにつながるでしょう。 そのため、操作性が高い取引所を選ぶことで、操作ミスの可能性を抑えて無用なストレスから解放されますので、操作性の高い取引所を選ぶことも大切です。 【選び方のポイント5】手数料が安い 5つ目の取引所選びのポイントは、手数料です。 手数料は、取引に応じていくつかの種類に分かれています。売買を行う場合に対応する手数料は、取引手数料です。 売買金額に対して一定率などの手数料設定になっていることが多く、仮想通貨の種類によっても手数料水準は異なります。仮想通貨取引を始めたあとは、取引手数料コストを考慮した利益計算が必要です。 また、仮想通貨を送金する場合や、日本円を取引所から銀行などに出金する場合も手数料の負担が必要です。 取引所にとって、手数料は利益の増減や顧客の獲得とも関係が深い重要な要素です。そのため、手数料水準は、取引所によって異なります。 取引所選びにおいては、複数の取引所の手数料を比較して判断することも重要です。売買のたびに生じる取引手数料の水準が低ければ、数多くの取引を繰り返していく場合でも、過度な手数料負担で悩まずに済むでしょう。 長期的に数多くの取引を行いたいと考えている場合は、コストを重視して手数料水準が低い取引所を選ぶことがポイントです。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 仮想通貨取引所を選ぶ際に気を付けるべきこと 仮想通貨取引所を選ぶ際には、下記の2点には最低限注意しましょう。 1つ目は、同じ仮想通貨でも取引所ごとに価格が異なることです。 取引参加者の多さなどによって取引所ごとに価格が異なるため、取引したい仮想通貨の価格が有利になりそうな取引所を選ぶことも大切になります。 また、相場が大きく変動しているときなどには、取引所ごとの価格差が開く場合もあるため、注意が必要です。 2つ目は、1つの取引所に限定しないことです。複数の取引所に口座を開いておけば、トラブルやメンテナンスで1つの取引所が使えない場合でも、継続して取引可能な状態を確保できます。 仮想通貨の取引所の選び方を知っておくことは大切 仮想通貨の取引を始める際には、まずは仮想通貨の取引所を選びます。 その際には、少なくとも2段階認証を取り入れているなど、利用者のセキュリティに配慮している取引所を選ぶことがポイントになります。 また、取引所の操作性や流動性も大切なポイントです。取引所の操作性や流動性などの違いによっても、仮想通貨投資の利回りは影響を受けます。 さらに、自分の取引スタイルに応じて、どの取引所が一番適しているのかを想定することも必要になります。 紹介した取引所選びのポイントは一例ではありますが、選び方のポイントを把握して自分に適した取引所を選び、仮想通貨取引を行ってみてはいかがでしょうか。

2019-05-07仮想通貨の購入

ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、ブロックチェーン技術を活用して、新時代の通貨としても期待されることがある仮想通貨。仮想通貨を投資対象として購入する人も、以前より増えて来ています。 ですが、いざ初心者が仮想通貨を買いたいと思っても、どうやって買えば良いのか分かりませんよね。購入までの流れはそう難しくありませんが、仮想通貨の取引には注意点もあるため、事前によく理解しておく必要があります。 そこで今回は、これから仮想通貨を始めようと考えている人のために、具体的な購入方法についてご紹介します。仮想通貨の取引所によってわずかな違いはあるものの、一般的に取引までの手順はシンプルですので、ぜひ取引を始める際の参考にしてみてください。 仮想通貨を買いたいなら方法は2つある 仮想通貨を購入できる場所は、大きく「取引所」と「販売所」の2つあります。 取引所は、利用者同士の取引の場を提供するところです。利用者間で希望する価格が合えば取引が成立するため、成立するまで時間がかかることがある一方で、希望する価格で取引できるという特徴があります。 販売所は、利用者と業者で取引する場所です。利用者は、業者が保有する仮想通貨を売買することになるため、すぐに取引を成立させることができますが、手数料が取引所よりかかる場合もあります。 初心者の場合は、まず操作のミスが少なく、購入しやすい販売所がおすすめです。業者によっては取引所も販売所も、どちらのサービスも提供しているところもあります。 仮想通貨の取引に慣れてきたら、自分の購入したい価格で注文を発注できる、指値注文を取引所で利用してみるのも良いでしょう。 仮想通貨を購入するための全体的な流れ 仮想通貨を購入するための、大まかな流れは以下の通りです。 1. 利用したい仮想通貨の取引所を選ぶ 取引所を利用するためには、まず口座開設するところから始めます。 仮想通貨の取引所によって、特徴は異なります。 手数料やスプレッドなどの価格面、セキュリティ対策、操作性、取り扱い仮想通貨の銘柄など、自分に合った取引所を選択するようにしましょう。 2. 仮想通貨の取引所で口座開設をする 口座開設には、個人情報の登録と本人確認書類の提出が必要です。多くの取引所で、口座開設までは数日以上かかります。 そのため、仮想通貨の取引をする予定がある場合は、あらかじめ取引所に口座を作成しておくようにしましょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ 3. 仮想通貨の購入資金の入金をする 口座開設をしたら、購入するための日本円を入金します。 銀行口座から取引所の銀行口座へ、銀行振込をして入金するなどの手段があります。日本円残高の反映には時間がかかることもありますので、取引したいタイミングより前に入金しておく必要があります。 4. 仮想通貨を購入する 資金を入金したら、いよいよ仮想通貨を購入します。 最低取引単位は通貨によって異なりますが、初心者は少額から始めると良いでしょう。なお、Coincheckの販売所では、取り扱いの全仮想通貨を、500円から購入することが可能です。 安全な仮想通貨の取引所選びのポイント 取引所は国内外問わずたくさんありますが、取引所を選ぶときにはどのような点に気を付ければよいでしょうか。 安全な仮想通貨取引所を選ぶポイントとしては、例えば以下の4つの観点が挙げられます。 1. セキュリティ体制が整っている 1つ目が「セキュリティ体制が整っているところ」です。 仮想通貨を取引する時は、ハッキングリスクなどを考慮し、セキュリティ対策の強固な取引所を選びましょう。 特にコールドウォレットでの保管、2段階認証設定ができるかどうかなどは、事前にチェックしておくことが大切です。 2. 管理体制がきちんとしている 2つ目が「管理体制がきちんとしているところ」です。 業者の資本金規模や分別管理態勢など、信頼度の高い取引所を使うのが無難といえます。 3. さまざまな仮想通貨に分散投資できる 3つ目が「さまざまな仮想通貨に分散投資できるところ」です。 取り扱い通貨の種類は取引所によって異なります。万が一のリスク分散として、より多くの選択肢がある取引所の方が良いでしょう。 4. サービスやアプリが使いやすい 4つ目が「サービスやアプリが使いやすいところ」です。 初心者にとって、操作性の高さは重要なポイントの一つです。使いにくい取引所を利用してしまうと、間違った注文を出してしまい、大きな損失が出てしまう可能性があります。 一方、操作性が高いと、注文ミスを減らせるだけでなく、スムーズな取引を実現できますので、見やすさや使い勝手の良い取引所を選ぶようにしましょう。 仮想通貨の購入に必要な取引所の登録方法 実際に取引所の口座開設をするとき、どのような手順を踏めば良いでしょうか。取引所によって細かな違いはありますが、およその流れは同じです。 1. 公式サイトにアクセスして、登録を始める まずは公式サイトにアクセスし、最初はメールアドレスを登録します。 Coincheckのアカウント登録はこちら そうすると、そのメールアドレスにURLが送られてきます。そのURLをクリックして、登録を始めます。 2. 電話番号の確認を行う 続いて、使用しているデバイスが本人のものかどうか、確認する必要があります。そのため、電話番号を入力し、SMS認証を行います。 3. 本人確認を行い、ハガキを受け取る 続いて、マイナンバーカードや運転免許証などの本人確認書類を提出します。 多くの取引所では、スマホで撮ったものをアップロードし、確認が完了すると登録した住所にハガキが送られてきます。 4. 2段階認証設定をして取引開始 登録が完了すると取引を始められますが、セキュリティを向上させるために、2段階認証の設定も必ずしておきましょう。 2段階認証とはログインに2段階の認証を必要とするもので、多くの取引所で設定が推奨されています。 仮想通貨を購入するのにはいくら必要? 株式投資など他の金融商品は、取引にまとまったお金が必要になることが多いですが、仮想通貨の場合は少額からでも購入できます。 たとえば、ビットコイン(BTC)の場合、1BTCが仮に約100万円だとしても、0.001BTCなど少量の単位で取引ができるので、約1000円で購入することもできます。 また、リップル(XRP)やネム(XEM)などアルトコインの中には、1枚数十円程度の通貨もあり、大きな資金がなくても取引を開始できるのが魅力です。 一つの通貨にかかる資金が少ないと、余剰資金で手軽に始めることができるだけでなく、リスク分散としての分散投資もしやすいといえます。 仮想通貨を取引所で購入する際の手順って? それでは実際に、仮想通貨を購入する際の手順はどのようにすれば良いでしょうか。比較的どの取引所もシンプルですが、ここではCoincheckを例に見ていきます。 1. 入金方法の種類を指定する まずは仮想通貨を購入するための資金を入金します。 入金方法には、銀行振込などいくつかの手段がありますが、それぞれ入金が反映するまでの時間や手数料などは異なりますので、目的に合わせて選択しましょう。 2. 取引所の口座に入金が反映される そうして入金申請をしてからしばらくすると、取引所の口座に入金されます。 3. 入金が確認できたら、購入したい仮想通貨の銘柄を選ぶ ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの銘柄の中から、購入したいものを選択します。仮想通貨を購入する際には、レートをよく確認し、購入するタイミングに注意しましょう。 4. 通貨の数量を指定して「購入する」を選ぶ 最後に、十分に注意しながら購入したい数量を入力し、購入ボタンを押すことで取引が成立します。 Coincheckでは購入手順も操作もシンプルのため、仮想通貨の取引の初心者でも、迷わずに購入することができるでしょう。 仮想通貨の購入は初めてでも簡単にできる! 初めて仮想通貨を買うときは敷居が高いと感じるかもしれませんが、手順はシンプルですので、投資の初心者でも簡単に取引を始められます。 特に、仮想通貨の取引所の口座開設の申請はネットで完結するため、仮想通貨を買いたいと思ったら事前に準備しておくことをおすすめします。 仮想通貨自体は今後のブロックチェーン技術の発展との関連性や価格変動など注意するべき点はあるものの、購入するのに難しい知識は必要ありません。 仮想通貨に興味がある場合、まずは取引所の口座開設から始めてみましょう。取引所はたくさんありますが、各取引所の特徴を理解したうえで、自分の購入スタイルに合った取引所を選ぶのがおすすめです。

仮想通貨の取引を検討している人は、まず、どの仮想通貨で取引するかを決めることが必要です。 仮想通貨にはさまざまな種類があります。いずれも仮想通貨としての共通した性質を有していますが、通貨ごとに異なる特徴について認識しておくことが重要です。 特徴を把握したうえで、自分が取引したい仮想通貨を見つけましょう。 そこで、2018年11月30日時点で時価総額20位以内に入っている国内取引所で購入可能な人気仮想通貨のうち、代表的な7つの通貨についてご紹介します。 1. ビットコイン(BTC) 1つ目の仮想通貨は、ビットコイン(BTC)です。 ビットコイン(BTC)は、初めて世の中に登場した仮想通貨で、元祖仮想通貨ともいわれています。サトシ・ナカモトと呼ばれる人物によって開発されたと言われています。 ビットコイン(BTC)に使われているのは、ブロックチェーン技術です。取引を厳密に検証し改ざんできない状態でブロックに格納したうえで、チェーン状につなげていきます。 ビットコイン(BTC)の流通量は多く、時価総額も高い代表的な仮想通貨です。また、ビットコイン(BTC)は、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨を購入する場合にも利用されています。 仮想通貨のなかでは、法定通貨におけるアメリカドルのような基軸通貨としての役割も果たしていることも特徴です。 仮想通貨は、投資対象としてだけでなく決済手段として使えます。ビットコイン(BTC)は、法定通貨のように特定の国などによって管理されているわけではないため、国境を超えた決済手段としても使用が可能です。 すでに世界中に、ビットコイン(BTC)で決済ができるお店などが存在します。ビットコイン(BTC)は投資家からの注目度も高く取引量が多いため、チャートを利用したテクニカル分析が有効に機能することも特徴です。 ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 2. イーサリアム(ETH) 2つ目は、イーサリアム(ETH)です。 イーサリアム(ETH)は、代表的なアルトコインとしての位置を占めています。アルトコインとは、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨の総称です。 イーサリアム(ETH)も取引量は多く、時価総額は常に上位を占めています。ビットコイン(BTC)と同じくブロックチェーン技術が使われている仮想通貨システムです。6つ目に紹介するイーサリアムクラシック(ETC)から、分岐して誕生したという経緯があります。 イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)とは異なるスマートコントラクト機能を搭載しています。スマートコントラクトとは、送金などを実行する際に条件判断できるプログラムを組み込める機能のことです。 そのため、通貨システムとしてだけでなく、幅広い範囲に応用できるプラットフォーム型仮想通貨システムになっています。 たとえば、報酬支払の条件を満たしたら自動的に支払いが行われる、一定の条件を満たすと登記台帳の所有者を書き換えるなどの応用が可能です。その応用範囲の広さから、イーサリアム(ETH)の利用を研究している有名企業も世界中で増えています。 イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 3. リップル(XRP) 3つ目は、リップル(XRP)です。 リップル(XRP)は、国際送金を素早く低コストで行える環境を作ることを目的として開発されました。イーサリアム(ETH)と並ぶ代表的なアルトコインとして、よく知られている仮想通貨です。 リップル(XRP)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)とは異なり、管理主体が存在する仮想通貨です。管理主体はリップル社です。 国際送金網として利用しやすく管理主体もあるため、世界中の金融機関との提携を進めています。日本の金融機関として提携している代表的な企業は、三菱UFJ銀行やみずほ銀行です。 リップル(XRP)は、取引検証において、ビットコイン(BTC)とは異なる方式が採用されています。ビットコイン(BTC)の場合は、プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)方式で、取引検証参加者に条件を設けず、多くの人が取引検証に参加できる方式です。 一方、リップル(XRP)の場合は、プルーフ・オブ・コンセンサス(Proof of Consensus)という方式になります。プルーフ・オブ・コンセンサス(Proof of Consensus)は、プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)とは異なり、取引の記録に大量の電力を消費しない点が特徴です。 リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れについてはこちら 4. ビットコインキャッシュ(BCH) 4つ目は、ビットコインキャッシュ(BCH)です。 ビットコインキャッシュ(BCH)も代表的な仮想通貨の1つといえます。ビットコイン(BTC)から分岐して誕生した仮想通貨の一つです。そのため、ビットコイン(BTC)と似たような性質を有しています。 ただし、分岐に際しては、ビットコイン(BTC)の持っている問題の一部が改善されました。改善された点は、取引データを格納するブロックのサイズです。 ブロックが格納できるサイズには限りがあります。ビットコイン(BTC)は、1つのブロックが生成される時間内の取引量が増加すると、データを納めきれないのではないかという懸念がありました。 そこで、ビットコインキャッシュ(BCH)は、ブロックサイズを大きくすることでその問題を解決しようと試みた点が特徴です。 ビットコインキャッシュ(BCH)は、取引量が多く、時価総額も数ある仮想通貨のなかでは上位に位置しています。また、投資対象としてだけでなく送金も可能です。国境を意識することなく、世界中のどこへでも1円以下の単位で送金ができます。 ビットコインキャッシュ(BCH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 5. ライトコイン(LTC) 5つ目は、ライトコイン(LTC)です。 ライトコインは、ビットコイン(BTC)とは異なる性質も有していますが、基本的な性質は似ています。 ビットコイン(BTC)と異なる点は、1つのブロックが承認されるまでの時間です。ビットコイン(BTC)のブロックが生成される時間は、プログラムで規定されており、約10分とされています。 一方、ライトコイン(LTC)は、1つのブロックが約2.5分で生成させることが特徴です。ブロックの生成時間は、送金などの取引検証が早く終わることにつながります。 また、ブロックに格納できるデータの量を増やす仕組みが導入されていることも特徴です。少額決済を別に処理することによって、ブロックに格納するデータ量を減らすなどの対応がとられています。 ライトコイン(LTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 6. イーサリアムクラシック(ETC) 6つ目は、イーサリアムクラシック(ETC)です。 イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)の分岐によって誕生した仮想通貨として知られています。 そのため、基本的な性質はイーサリアム(ETH)と同じです。条件判断を行い、通貨発行などを自動的に行うスマートコントラクト機能も搭載されています。 主な相違点は、徹底した非中央集権化を守っていることです。非中央集権化とは、明確な管理者が存在しないことを指しています。 イーサリアムクラシック(ETC)は、仮想通貨プログラムに忠実に従い、開発者などができるだけ関与しない方針が貫かれていることが特徴です。 イーサリアムクラシック(ETC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 7. ネム(XEM) 7つ目は、ネム(XEM)です。 ネム(XEM)も、代表的なアルトコインの1つとして知られています。開発者の1人に日本人が関わっていることもあり、特に日本で人気の高いことが特徴です。 ネムでは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の承認方式とは異なる、プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance)と呼ばれるシステムを使った承認方式が採用されています。 プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance)とは、簡単にお伝えすると、通貨の保有量だけでなく、通貨の使用量も加味して、報酬として受け取る通貨量を決める方式のことです。 ネム(XEM)では、報酬受け取り行為をハーベストと呼んでいます。一定の取引を行うなどの条件を満たすと、ネム(XEM)の保有量に応じて報酬を受け取ることが可能です。 また、送金処理が早く高い処理能力があることも、ネム(XEM)の特徴になっています。 ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 自分好みの仮想通貨を選んでみよう! 仮想通貨には、紹介した7つの通貨だけでなく、ほかにも多くの種類が存在します。 各通貨の特徴を正しく理解しておく それぞれ特徴が異なるため、自分が取引したい通貨を選ぶためには、各通貨の特徴を正しく理解しておくことが重要です。 通貨ごとに送金スピードや取引データを格納するブロックのサイズ、取引承認方法などが違います。各仮想通貨の特徴を理解すれば、好みの通貨を発見できるようになるでしょう。 仮想通貨の取引所選びも重要 また、仮想通貨を購入する取引所選びも重要です。口座を開設する取引所で、自分が取引したい仮想通貨の取り扱いがなければ、取引はできません。 そのため、取引所に口座を開設するにあたっては、好みの仮想通貨が取り扱い対象となっているかどうかをチェックすることも大切です。 Coincheckでは、上記の7つの通貨以外にも、リスク(LSK)やファクトム(FCT)などの様々な仮想通貨を取り扱っています。各通仮想貨の特徴を把握したうえで、自分が取引したい通貨を見つけて、Coincheckでの取引を検討してみてはいかがでしょうか。

2019-05-07仮想通貨の取引

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を取引する場合、現物取引・先物取引・レバレッジ取引の3つのタイプの取引について理解しておくことが必要です。 それぞれ特徴が異なるため、正確に認識したうえで取引することが大切になります。特徴やメリット・デメリットを把握しておけば、思わぬ失敗で損失を被るリスクを抑えることが可能です。 そこで、現物取引・先物取引・レバレッジ取引それぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説します。 仮想通貨の現物取引ってどういうもの? 仮想通貨の現物取引とは、仮想通貨を実際に購入したり売却したりする取引です。 売却を行う場合は、あらかじめ仮想通貨を保有していることが前提になります。そのため、現物取引は先に仮想通貨の購入取引から入ることが必要です。 一般的には、円やドルなどの法定通貨を対価として支払うことで購入取引を行います。現物取引は、手元にある資金以上の仮想通貨を購入できないことが特徴です。 また、現物取引で仮想通貨を売買する方法は、2種類あります。 1つは、取引所内の販売所と呼ばれるところで購入する方法です。販売所では、取引所開設事業者を相手に売買することになります。 もう1つは、取引所の市場内で売買を行う方法です。このケースは、取引所に口座を開設しているユーザー同士で売買する形式です。 販売所では簡単に仮想通貨を購入することができる反面、販売所での売買には事業者の手数料が含まれるため、取引所で購入するよりも一般的には価格が高くなる傾向があります。 それぞれにメリット・デメリットがありますので、販売所と取引所の違いを踏まえた上で、現物取引をすることが大切です。 現物取引をするメリット・デメリットとは 仮想通貨の現物取引を行うメリットは、どんなに損失が拡大しても、手元資金以上に損をしないことです。 仮想通貨の売買は、価格が変動することによって損益が生じます。現物取引の場合は、手元資金以上の仮想通貨を手に入れることはできないため、手元資金を超える損失は生じないのです。 仮想通貨を現物取引で投資している限り、損失が生じて借金になるリスクがないことはメリットだといえます。 一方で、現物取引にもデメリットはあります。具体的には下記の2つが挙げられます。 1つは、買いからしか入れないことです。 仮想通貨を持っていない状態で価格が下がると予想している場合には、価格が下がりきるまで待ってから購入する必要があります。そのため、取引できるタイミングが限られてしまいます。 もう1つは、自己資金の範囲でしか仮想通貨を購入できないことです。従って、購入できる通貨量は、自身が保有する資金量に左右されることになります。 ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 仮想通貨の先物取引ってどういうもの? 仮想通貨の先物取引とは、仮想通貨を将来売買することを約束する取引です。 将来のある時点において売買する仮想通貨の価格や数量を、現時点で決める取引だと理解すればよいでしょう。取引が行われるのは将来であるため、先物契約を行った時点では現物の引き渡しや決済を行わない仕組みです。 また、約束した将来のある時点になる前に、先物取引で購入した仮想通貨価格よりも取引価格が上昇した場合は、反対売買を行うことで、期限前に差額決済することもできます。 仮想通貨の先物取引には、この差額決済で利益を得ることを目的としている投資家も多く参加しています。 仮想通貨の先物取引を行う場合は、取引所に対して証拠金を預けて取引を行うことが求められます。証拠金は、取引を行うために提供する担保のようなものです。 取引所によっては、この​証拠金の維持率がある一定の割合を下回ると、強制的に取引が終了して損失が確定してしまいますので、注意が必要です。 先物取引をするメリット・デメリットとは? 仮想通貨の先物取引には、主に3つのメリットがあります。 1. 差金決済できる 1つ目は、差金決済できることです。 将来において実際に売買取引を行う前に有利な状態になれば、期限を待たずに反対売買を行って利益を確定できます。 反対売買を行うときは、先物価格と反対売買時点の価格の差額が精算される仕組みです。投資家にとって都合がよいタイミングで差金決済できることがメリットだといえます。 2. 限月で自動的に決済される 2つ目は、限月で自動的に決済されることです。 先物取引における将来のある時点のことを、限月といいます。限月までは差金決済でき、期限になると自動的に取引が履行されるため、特に操作を行う必要がないことがメリットです。 3. レバレッジをかけられる 3つ目は、レバレッジをかけられることです。レバレッジとはてこの原理のことです。先物取引では、証拠金の何倍かの取引ができます。 手元資金が少額だったとしても、大きな金額の取引ができることが「てこの原理」に似ているため、自己資金の何倍かの取引行うことを「レバレッジをかける」と呼ぶのが一般的です。 手元資金以上の損失が生じる可能性がある 一方、先物取引にもデメリットもあります。一番のデメリットは、手元資金以上の損失が生じる可能性があることです。 レバレッジをかけた場合は、証拠金以上の損失が生じる可能性もありますので、先物取引でレバレッジをかける場合は、注意が必要です。 仮想通貨のレバレッジ取引ってどういうもの? 仮想通貨のレバレッジ取引とは、手元にある自己資金の何倍もの金額の売買ができるタイプの取引です。少額の証拠金と取引金額の関係が「てこの原理」に似ているため、レバレッジ取引と呼ばれています。 レバレッジ取引を行う場合は、先物取引と同様に、取引所に対して証拠金を預けることが必要です。証拠金に対して何倍の取引ができるかの倍率は、取引所によって異なります。 倍率を大きくすれば、損益の幅は拡大することになるため、自分が許容できるリスクの範囲内で倍率を設定して取引することが大切です。 ※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。 レバレッジ取引をするメリット・デメリットとは? レバレッジ取引を行う主なメリットは3つあります。 1. 大きなリターンを獲得できる可能性がある 1つ目は、大きなリターンを獲得できる可能性があることです。 レバレッジをかけて自己資金以上の取引を行うことになるため、現物取引よりもリターンが大きくなる可能性があります。 2. 少額でも取引できる 2つ目は、少額でも取引できることです。 少額からでも取引ができるため、初心者で投資可能資金が少ない場合でも、レバレッジ取引は行うことができます。 3. 売りから入れる 3つ目は、売りから入れることです。 レバレッジ取引は、売り買いセットで取引を行うことが必要ですが、先に売ってあとで買い戻せることが、現物取引にはないメリットだといえます。 一方、レバレッジ取引のデメリットも、主に3つあげられます。 1. 現物取引よりもリスクが大きい 1つ目は、現物取引よりもリスクが大きいことです。レバレッジをかけて取引するため、現物取引よりも損失が増幅されます。 2. レバレッジ取引の手数料がかかる 2つ目は、レバレッジ取引の手数料がかかる点です。手数料の水準は取引所によって異なりますが、現物取引にはない手数料がかかることが一般的です。 3. 初心者には難易度が高い 3つ目は、初心者には難易度が高い取引であることです。必ず反対売買を行う必要があるため、現物取引よりも取引のタイミングが難しくなります。 仮想通貨の取引方法による違いって何? 仮想通貨の現物、先物、レバレッジ取引の違いを2つの切り口で整理します。 1つ目は、レバレッジです。現物取引にはレバレッジはありませんが、先物取引とレバレッジ取引にはあります。 2つ目は、損失が拡大して、自己資金を超える損失が発生する可能性があるかどうかです。 現物取引は、投資資金以上の損失がないことが特徴ですが、先物取引とレバレッジ取引の場合は、取引のルールによっては投資資金以上の損失が発生するリスクがあります。 これらのことから、先物取引とレバレッジ取引は、似た性質を備えた取引だということがわかるでしょう。 取引方法による違いを理解しておこう! 仮想通貨の取引を行う場合は、現物取引、先物取引、レバレッジ取引など、様々な取引の方法を選択することができます。 それぞれの特徴やメリット・デメリットは異なりますので、特に、損失がどの程度まで拡大する可能性があるかについては、事前によく理解しておくことが大切です。 各取引の違いをよく認識したうえで、自分に適した取引方法を選択して仮想通貨取引を行うようにしましょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never