Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

Coincheck Column
コインチェックコラム

2019-09-04仮想通貨の購入

ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、ブロックチェーン技術を活用して、新時代の通貨としても期待されることがある仮想通貨。仮想通貨を投資対象として購入する人も、以前より増えて来ています。 ですが、いざ初心者が仮想通貨を買いたいと思っても、どうやって買えば良いのか分かりませんよね。購入までの流れはそう難しくありませんが、仮想通貨の取引には注意点もあるため、事前によく理解しておく必要があります。 そこで今回は、これから仮想通貨を始めようと考えている人のために、具体的な購入方法についてご紹介します。仮想通貨の取引所によってわずかな違いはあるものの、一般的に取引までの手順はシンプルですので、ぜひ取引を始める際の参考にしてみてください。 仮想通貨を買いたいなら方法は2つある 仮想通貨を購入できる場所は、大きく「取引所」と「販売所」の2つあります。 取引所は、利用者同士の取引の場を提供するところです。利用者間で希望する価格が合えば取引が成立するため、成立するまで時間がかかることがある一方で、希望する価格で取引できるという特徴があります。 販売所は、利用者と業者で取引する場所です。利用者は、業者が保有する仮想通貨を売買することになるため、すぐに取引を成立させることができますが、手数料が取引所よりかかる場合もあります。 初心者の場合は、まず操作のミスが少なく、購入しやすい販売所がおすすめです。業者によっては取引所も販売所も、どちらのサービスも提供しているところもあります。 仮想通貨の取引に慣れてきたら、自分の購入したい価格で注文を発注できる、指値注文を取引所で利用してみるのも良いでしょう。 仮想通貨を購入するための全体的な流れ 仮想通貨を購入するための、大まかな流れは以下の通りです。 1. 利用したい仮想通貨の取引所を選ぶ 取引所を利用するためには、まず口座開設するところから始めます。 仮想通貨の取引所によって、特徴は異なります。 手数料やスプレッドなどの価格面、セキュリティ対策、操作性、取り扱い仮想通貨の銘柄など、自分に合った取引所を選択するようにしましょう。 2. 仮想通貨の取引所で口座開設をする 口座開設には、個人情報の登録と本人確認書類の提出が必要です。多くの取引所で、口座開設までは数日以上かかります。 そのため、仮想通貨の取引をする予定がある場合は、あらかじめ取引所に口座を作成しておくようにしましょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ 3. 仮想通貨の購入資金の入金をする 口座開設をしたら、購入するための日本円を入金します。 銀行口座から取引所の銀行口座へ、銀行振込をして入金するなどの手段があります。日本円残高の反映には時間がかかることもありますので、取引したいタイミングより前に入金しておく必要があります。 4. 仮想通貨を購入する 資金を入金したら、いよいよ仮想通貨を購入します。 最低取引単位は通貨によって異なりますが、初心者は少額から始めると良いでしょう。なお、Coincheckの販売所では、取り扱いの全仮想通貨を、500円から購入することが可能です。 安全な仮想通貨の取引所選びのポイント 取引所は国内外問わずたくさんありますが、取引所を選ぶときにはどのような点に気を付ければよいでしょうか。 安全な仮想通貨取引所を選ぶポイントとしては、例えば以下の4つの観点が挙げられます。 1. セキュリティ体制が整っている 1つ目が「セキュリティ体制が整っているところ」です。 仮想通貨を取引する時は、ハッキングリスクなどを考慮し、セキュリティ対策の強固な取引所を選びましょう。 特にコールドウォレットでの保管、2段階認証設定ができるかどうかなどは、事前にチェックしておくことが大切です。 2. 管理体制がきちんとしている 2つ目が「管理体制がきちんとしているところ」です。 業者の資本金規模や分別管理態勢など、信頼度の高い取引所を使うのが無難といえます。 3. さまざまな仮想通貨に分散投資できる 3つ目が「さまざまな仮想通貨に分散投資できるところ」です。 取り扱い通貨の種類は取引所によって異なります。万が一のリスク分散として、より多くの選択肢がある取引所の方が良いでしょう。 4. サービスやアプリが使いやすい 4つ目が「サービスやアプリが使いやすいところ」です。 初心者にとって、操作性の高さは重要なポイントの一つです。使いにくい取引所を利用してしまうと、間違った注文を出してしまい、大きな損失が出てしまう可能性があります。 一方、操作性が高いと、注文ミスを減らせるだけでなく、スムーズな取引を実現できますので、見やすさや使い勝手の良い取引所を選ぶようにしましょう。 仮想通貨の購入に必要な取引所の登録方法 実際に取引所の口座開設をするとき、どのような手順を踏めば良いでしょうか。取引所によって細かな違いはありますが、およその流れは同じです。 1. 公式サイトにアクセスして、登録を始める まずは公式サイトにアクセスし、最初はメールアドレスを登録します。 Coincheckのアカウント登録はこちら そうすると、そのメールアドレスにURLが送られてきます。そのURLをクリックして、登録を始めます。 2. 電話番号の確認を行う 続いて、使用しているデバイスが本人のものかどうか、確認する必要があります。そのため、電話番号を入力し、SMS認証を行います。 3. 本人確認を行い、ハガキを受け取る 続いて、運転免許証などの本人確認書類の画像とIDセルフィーを提出します。 多くの取引所では、スマホで撮ったものをアップロードし、確認が完了すると登録した住所にハガキが送られてきます。 4. 2段階認証設定をして取引開始 登録が完了すると取引を始められますが、セキュリティを向上させるために、2段階認証の設定も必ずしておきましょう。 2段階認証とはログインに2段階の認証を必要とするもので、多くの取引所で設定が推奨されています。 Coincheck登録方法から使い方までの初心者向けマニュアルはこちら 仮想通貨を購入するのにはいくら必要? 株式投資など他の金融商品は、取引にまとまったお金が必要になることが多いですが、仮想通貨の場合は少額からでも購入できます。 たとえば、ビットコイン(BTC)の場合、1BTCが仮に約100万円だとしても、0.001BTCなど少量の単位で取引ができるので、約1000円で購入することもできます。 また、リップル(XRP)やネム(XEM)などアルトコインの中には、1枚数十円程度の通貨もあり、大きな資金がなくても取引を開始できるのが魅力です。 一つの通貨にかかる資金が少ないと、余剰資金で手軽に始めることができるだけでなく、リスク分散としての分散投資もしやすいといえます。 仮想通貨を取引所で購入する際の手順って? それでは実際に、仮想通貨を購入する際の手順はどのようにすれば良いでしょうか。比較的どの取引所もシンプルですが、ここではCoincheckを例に見ていきます。 1. 入金方法の種類を指定する まずは仮想通貨を購入するための資金を入金します。 入金方法には、銀行振込などいくつかの手段がありますが、それぞれ入金が反映するまでの時間や手数料などは異なりますので、目的に合わせて選択しましょう。 2. 取引所の口座に入金が反映される そうして入金申請をしてからしばらくすると、取引所の口座に入金されます。 3. 入金が確認できたら、購入したい仮想通貨の銘柄を選ぶ ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの銘柄の中から、購入したいものを選択します。仮想通貨を購入する際には、レートをよく確認し、購入するタイミングに注意しましょう。 4. 通貨の数量を指定して「購入する」を選ぶ 最後に、十分に注意しながら購入したい数量を入力し、購入ボタンを押すことで取引が成立します。 Coincheckでは購入手順も操作もシンプルのため、仮想通貨の取引の初心者でも、迷わずに購入することができるでしょう。 詳しくはこちら:仮想通貨を購入する方法 仮想通貨の購入は初めてでも簡単にできる! 初めて仮想通貨を買うときは敷居が高いと感じるかもしれませんが、手順はシンプルですので、投資の初心者でも簡単に取引を始められます。 特に、仮想通貨の取引所の口座開設の申請はネットで完結するため、仮想通貨を買いたいと思ったら事前に準備しておくことをおすすめします。 仮想通貨自体は今後のブロックチェーン技術の発展との関連性や価格変動など注意するべき点はあるものの、購入するのに難しい知識は必要ありません。 仮想通貨に興味がある場合、まずは取引所の口座開設から始めてみましょう。取引所はたくさんありますが、各取引所の特徴を理解したうえで、自分の購入スタイルに合った取引所を選ぶのがおすすめです。

2019-07-17仮想通貨の購入

仮想通貨の取引を検討している人は、まず、どの仮想通貨で取引するかを決めることが必要です。 仮想通貨にはさまざまな種類があります。いずれも仮想通貨としての共通した性質を有していますが、通貨ごとに異なる特徴について認識しておくことが重要です。 特徴を把握したうえで、自分が取引したい仮想通貨を見つけましょう。そこで、国内取引所で購入可能な代表的な10個の仮想通貨の特徴などについて簡単にご紹介します。 1. ビットコイン(BTC) 1つ目の仮想通貨は、ビットコイン(BTC)です。 ビットコイン(BTC)は、初めて世の中に登場した仮想通貨で、元祖仮想通貨ともいわれています。サトシ・ナカモトと呼ばれる人物によって開発されたと言われています。 ビットコイン(BTC)に使われているのは、ブロックチェーン技術です。取引を厳密に検証し改ざんできない状態でブロックに格納したうえで、チェーン状につなげていきます。 ビットコイン(BTC)の流通量は多く、時価総額も高い代表的な仮想通貨です。また、ビットコイン(BTC)は、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨を購入する場合にも利用されています。 仮想通貨のなかでは、法定通貨におけるアメリカドルのような基軸通貨としての役割も果たしていることも特徴です。 仮想通貨は、投資対象としてだけでなく決済手段として使えます。ビットコイン(BTC)は、法定通貨のように特定の国などによって管理されているわけではないため、国境を超えた決済手段としても使用が可能です。 すでに世界中に、ビットコイン(BTC)で決済ができるお店などが存在します。ビットコイン(BTC)は投資家からの注目度も高く取引量が多いため、チャートを利用したテクニカル分析が有効に機能することも特徴です。 詳しくはこちら:ビットコイン(BTC)とは何か?初心者にも分かりやすく解説 ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 2. イーサリアム(ETH) 2つ目は、イーサリアム(ETH)です。 イーサリアム(ETH)は、代表的なアルトコインとしての位置を占めています。アルトコインとは、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨の総称です。 イーサリアム(ETH)も取引量は多く、時価総額は常に上位を占めています。ビットコイン(BTC)と同じくブロックチェーン技術が使われている仮想通貨システムです。6つ目に紹介するイーサリアムクラシック(ETC)から、分岐して誕生したという経緯があります。 イーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)とは異なるスマートコントラクト機能を搭載しています。スマートコントラクトとは、送金などを実行する際に条件判断できるプログラムを組み込める機能のことです。 そのため、通貨システムとしてだけでなく、幅広い範囲に応用できるプラットフォーム型仮想通貨システムになっています。 たとえば、報酬支払の条件を満たしたら自動的に支払いが行われる、一定の条件を満たすと登記台帳の所有者を書き換えるなどの応用が可能です。その応用範囲の広さから、イーサリアム(ETH)の利用を研究している有名企業も世界中で増えています。 イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 3. リップル(XRP) 3つ目は、リップル(XRP)です。 リップル(XRP)は、国際送金を素早く低コストで行える環境を作ることを目的として開発されました。イーサリアム(ETH)と並ぶ代表的なアルトコインとして、よく知られている仮想通貨です。 リップル(XRP)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)とは異なり、管理主体が存在する仮想通貨です。管理主体はリップル社です。 国際送金網として利用しやすく管理主体もあるため、世界中の金融機関との提携を進めています。日本の金融機関として提携している代表的な企業は、三菱UFJ銀行やみずほ銀行です。 リップル(XRP)は、取引検証において、ビットコイン(BTC)とは異なる方式が採用されています。ビットコイン(BTC)の場合は、プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)方式で、取引検証参加者に条件を設けず、多くの人が取引検証に参加できる方式です。 一方、リップル(XRP)の場合は、プルーフ・オブ・コンセンサス(Proof of Consensus)という方式になります。プルーフ・オブ・コンセンサス(Proof of Consensus)は、プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)とは異なり、取引の記録に大量の電力を消費しない点が特徴です。 リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れについてはこちら 4. ビットコインキャッシュ(BCH) 4つ目は、ビットコインキャッシュ(BCH)です。 ビットコインキャッシュ(BCH)も代表的な仮想通貨の1つといえます。ビットコイン(BTC)から分岐して誕生した仮想通貨の一つです。そのため、ビットコイン(BTC)と似たような性質を有しています。 ただし、分岐に際しては、ビットコイン(BTC)の持っている問題の一部が改善されました。改善された点は、取引データを格納するブロックのサイズです。 ブロックが格納できるサイズには限りがあります。ビットコイン(BTC)は、1つのブロックが生成される時間内の取引量が増加すると、データを納めきれないのではないかという懸念がありました。 そこで、ビットコインキャッシュ(BCH)は、ブロックサイズを大きくすることでその問題を解決しようと試みた点が特徴です。 ビットコインキャッシュ(BCH)は、取引量が多く、時価総額も数ある仮想通貨のなかでは上位に位置しています。また、投資対象としてだけでなく送金も可能です。国境を意識することなく、世界中のどこへでも1円以下の単位で送金ができます。 ビットコインキャッシュ(BCH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 5. ライトコイン(LTC) 5つ目は、ライトコイン(LTC)です。 ライトコインは、ビットコイン(BTC)とは異なる性質も有していますが、基本的な性質は似ています。 ビットコイン(BTC)と異なる点は、1つのブロックが承認されるまでの時間です。ビットコイン(BTC)のブロックが生成される時間は、プログラムで規定されており、約10分とされています。 一方、ライトコイン(LTC)は、1つのブロックが約2.5分で生成させることが特徴です。ブロックの生成時間は、送金などの取引検証が早く終わることにつながります。 また、ブロックに格納できるデータの量を増やす仕組みが導入されていることも特徴です。少額決済を別に処理することによって、ブロックに格納するデータ量を減らすなどの対応がとられています。 ライトコイン(LTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 6. イーサリアムクラシック(ETC) 6つ目は、イーサリアムクラシック(ETC)です。 イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)の分岐によって誕生した仮想通貨として知られています。 そのため、基本的な性質はイーサリアム(ETH)と同じです。条件判断を行い、通貨発行などを自動的に行うスマートコントラクト機能も搭載されています。 主な相違点は、徹底した非中央集権化を守っていることです。非中央集権化とは、明確な管理者が存在しないことを指しています。 イーサリアムクラシック(ETC)は、仮想通貨プログラムに忠実に従い、開発者などができるだけ関与しない方針が貫かれていることが特徴です。 イーサリアムクラシック(ETC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 7. ネム(XEM) 7つ目は、ネム(XEM)です。 ネム(XEM)も、代表的なアルトコインの1つとして知られています。開発者の1人に日本人が関わっていることもあり、特に日本で人気の高いことが特徴です。 ネムでは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の承認方式とは異なる、プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance)と呼ばれるシステムを使った承認方式が採用されています。 プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance)とは、簡単にお伝えすると、通貨の保有量だけでなく、通貨の使用量も加味して、報酬として受け取る通貨量を決める方式のことです。 ネム(XEM)では、報酬受け取り行為をハーベストと呼んでいます。一定の取引を行うなどの条件を満たすと、ネム(XEM)の保有量に応じて報酬を受け取ることが可能です。 また、送金処理が早く高い処理能力があることも、ネム(XEM)の特徴になっています。 ネム(XEM)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 8. リスク(LSK) 8つ目は、リスク(LSK)です。 リスク(Lisk/LSK)は、分散型のアプリケーションプラットフォームで機能する仮想通貨です。 リスク(LSK)の最大の特徴は、スマートコントラクト(契約情報)機能を持ったプラットフォーム「Lisk」上で、通貨として利用されるコインであることです。 リスク(LSK)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 9. ファクトム(FCT) 9つ目は、ファクトム(FCT)です。 ファクトム(FCT)は、ほかの仮想通貨とはかなり異質の存在です。なぜなら、ファクトム(FCT)はブロックチェーン上に「あるデータがある時刻に存在した」というドキュメントを証明する機能を持つからです。 つまり、ブロックチェーンの強力な機密性・安全性の上に、さまざまなデータを記録しておける機能があります。 ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 10. モナコイン(MONA) 10つ目は、モナコイン(MONA)です。 モナコイン(MONA)は、巨大掲示板「2ちゃんねる」から生まれた仮想通貨です。 モナコイン(MONA)は、Segwitの採用やアトミックスワップの実装などの特徴があります。 モナコイン(MONA)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 自分好みの仮想通貨を選んで購入してみよう 仮想通貨には紹介した通貨だけでなく、ほかにも多くの種類が存在します。 各通貨の特徴を正しく理解しておく それぞれ特徴が異なるため、自分が取引したい通貨を選ぶためには、各通貨の特徴を正しく理解しておくことが重要です。 通貨ごとに送金スピードや取引データを格納するブロックのサイズ、取引承認方法などが違います。各仮想通貨の特徴を理解すれば、好みの通貨を発見できるようになるでしょう。 仮想通貨の取引所選びも重要 また、仮想通貨を購入する取引所選びも重要です。口座を開設する取引所で、自分が取引したい仮想通貨の取り扱いがなければ、取引はできません。 そのため、取引所に口座を開設するにあたっては、好みの仮想通貨が取り扱い対象となっているかどうかをチェックすることも大切です。 Coincheckでは上記の通貨などの様々な仮想通貨を取り扱っています。各通仮想貨の特徴を把握したうえで、自分が取引したい通貨を見つけて、Coincheckでの取引を検討してみてはいかがでしょうか。

2019-05-07仮想通貨の取引

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を取引する場合、現物取引・先物取引・レバレッジ取引の3つのタイプの取引について理解しておくことが必要です。 それぞれ特徴が異なるため、正確に認識したうえで取引することが大切になります。特徴やメリット・デメリットを把握しておけば、思わぬ失敗で損失を被るリスクを抑えることが可能です。 そこで、現物取引・先物取引・レバレッジ取引それぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説します。 仮想通貨の現物取引ってどういうもの? 仮想通貨の現物取引とは、仮想通貨を実際に購入したり売却したりする取引です。 売却を行う場合は、あらかじめ仮想通貨を保有していることが前提になります。そのため、現物取引は先に仮想通貨の購入取引から入ることが必要です。 一般的には、円やドルなどの法定通貨を対価として支払うことで購入取引を行います。現物取引は、手元にある資金以上の仮想通貨を購入できないことが特徴です。 また、現物取引で仮想通貨を売買する方法は、2種類あります。 1つは、取引所内の販売所と呼ばれるところで購入する方法です。販売所では、取引所開設事業者を相手に売買することになります。 もう1つは、取引所の市場内で売買を行う方法です。このケースは、取引所に口座を開設しているユーザー同士で売買する形式です。 販売所では簡単に仮想通貨を購入することができる反面、販売所での売買には事業者の手数料が含まれるため、取引所で購入するよりも一般的には価格が高くなる傾向があります。 それぞれにメリット・デメリットがありますので、販売所と取引所の違いを踏まえた上で、現物取引をすることが大切です。 現物取引をするメリット・デメリットとは 仮想通貨の現物取引を行うメリットは、どんなに損失が拡大しても、手元資金以上に損をしないことです。 仮想通貨の売買は、価格が変動することによって損益が生じます。現物取引の場合は、手元資金以上の仮想通貨を手に入れることはできないため、手元資金を超える損失は生じないのです。 仮想通貨を現物取引で投資している限り、損失が生じて借金になるリスクがないことはメリットだといえます。 一方で、現物取引にもデメリットはあります。具体的には下記の2つが挙げられます。 1つは、買いからしか入れないことです。 仮想通貨を持っていない状態で価格が下がると予想している場合には、価格が下がりきるまで待ってから購入する必要があります。そのため、取引できるタイミングが限られてしまいます。 もう1つは、自己資金の範囲でしか仮想通貨を購入できないことです。従って、購入できる通貨量は、自身が保有する資金量に左右されることになります。 ビットコイン(BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら 仮想通貨の先物取引ってどういうもの? 仮想通貨の先物取引とは、仮想通貨を将来売買することを約束する取引です。 将来のある時点において売買する仮想通貨の価格や数量を、現時点で決める取引だと理解すればよいでしょう。取引が行われるのは将来であるため、先物契約を行った時点では現物の引き渡しや決済を行わない仕組みです。 また、約束した将来のある時点になる前に、先物取引で購入した仮想通貨価格よりも取引価格が上昇した場合は、反対売買を行うことで、期限前に差額決済することもできます。 仮想通貨の先物取引には、この差額決済で利益を得ることを目的としている投資家も多く参加しています。 仮想通貨の先物取引を行う場合は、取引所に対して証拠金を預けて取引を行うことが求められます。証拠金は、取引を行うために提供する担保のようなものです。 取引所によっては、この​証拠金の維持率がある一定の割合を下回ると、強制的に取引が終了して損失が確定してしまいますので、注意が必要です。 先物取引をするメリット・デメリットとは? 仮想通貨の先物取引には、主に3つのメリットがあります。 1. 差金決済できる 1つ目は、差金決済できることです。 将来において実際に売買取引を行う前に有利な状態になれば、期限を待たずに反対売買を行って利益を確定できます。 反対売買を行うときは、先物価格と反対売買時点の価格の差額が精算される仕組みです。投資家にとって都合がよいタイミングで差金決済できることがメリットだといえます。 2. 限月で自動的に決済される 2つ目は、限月で自動的に決済されることです。 先物取引における将来のある時点のことを、限月といいます。限月までは差金決済でき、期限になると自動的に取引が履行されるため、特に操作を行う必要がないことがメリットです。 3. レバレッジをかけられる 3つ目は、レバレッジをかけられることです。レバレッジとはてこの原理のことです。先物取引では、証拠金の何倍かの取引ができます。 手元資金が少額だったとしても、大きな金額の取引ができることが「てこの原理」に似ているため、自己資金の何倍かの取引行うことを「レバレッジをかける」と呼ぶのが一般的です。 手元資金以上の損失が生じる可能性がある 一方、先物取引にもデメリットもあります。一番のデメリットは、手元資金以上の損失が生じる可能性があることです。 レバレッジをかけた場合は、証拠金以上の損失が生じる可能性もありますので、先物取引でレバレッジをかける場合は、注意が必要です。 仮想通貨のレバレッジ取引ってどういうもの? 仮想通貨のレバレッジ取引とは、手元にある自己資金の何倍もの金額の売買ができるタイプの取引です。少額の証拠金と取引金額の関係が「てこの原理」に似ているため、レバレッジ取引と呼ばれています。 レバレッジ取引を行う場合は、先物取引と同様に、取引所に対して証拠金を預けることが必要です。証拠金に対して何倍の取引ができるかの倍率は、取引所によって異なります。 倍率を大きくすれば、損益の幅は拡大することになるため、自分が許容できるリスクの範囲内で倍率を設定して取引することが大切です。 ※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。 レバレッジ取引をするメリット・デメリットとは? レバレッジ取引を行う主なメリットは3つあります。 1. 大きなリターンを獲得できる可能性がある 1つ目は、大きなリターンを獲得できる可能性があることです。 レバレッジをかけて自己資金以上の取引を行うことになるため、現物取引よりもリターンが大きくなる可能性があります。 2. 少額でも取引できる 2つ目は、少額でも取引できることです。 少額からでも取引ができるため、初心者で投資可能資金が少ない場合でも、レバレッジ取引は行うことができます。 3. 売りから入れる 3つ目は、売りから入れることです。 レバレッジ取引は、売り買いセットで取引を行うことが必要ですが、先に売ってあとで買い戻せることが、現物取引にはないメリットだといえます。 一方、レバレッジ取引のデメリットも、主に3つあげられます。 1. 現物取引よりもリスクが大きい 1つ目は、現物取引よりもリスクが大きいことです。レバレッジをかけて取引するため、現物取引よりも損失が増幅されます。 2. レバレッジ取引の手数料がかかる 2つ目は、レバレッジ取引の手数料がかかる点です。手数料の水準は取引所によって異なりますが、現物取引にはない手数料がかかることが一般的です。 3. 初心者には難易度が高い 3つ目は、初心者には難易度が高い取引であることです。必ず反対売買を行う必要があるため、現物取引よりも取引のタイミングが難しくなります。 仮想通貨の取引方法による違いって何? 仮想通貨の現物、先物、レバレッジ取引の違いを2つの切り口で整理します。 1つ目は、レバレッジです。現物取引にはレバレッジはありませんが、先物取引とレバレッジ取引にはあります。 2つ目は、損失が拡大して、自己資金を超える損失が発生する可能性があるかどうかです。 現物取引は、投資資金以上の損失がないことが特徴ですが、先物取引とレバレッジ取引の場合は、取引のルールによっては投資資金以上の損失が発生するリスクがあります。 これらのことから、先物取引とレバレッジ取引は、似た性質を備えた取引だということがわかるでしょう。 取引方法による違いを理解しておこう! 仮想通貨の取引を行う場合は、現物取引、先物取引、レバレッジ取引など、様々な取引の方法を選択することができます。 それぞれの特徴やメリット・デメリットは異なりますので、特に、損失がどの程度まで拡大する可能性があるかについては、事前によく理解しておくことが大切です。 各取引の違いをよく認識したうえで、自分に適した取引方法を選択して仮想通貨取引を行うようにしましょう。

2019-05-07仮想通貨の取引

株や投資信託、FX(外国為替証拠金取引)など、投資にはいくつかの種類がありますが、近年では仮想通貨も投資対象として人気が高くなっています。 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は価格変動が激しいことから取引する人が増えていますが、初めて取引する前に押さえておいた方が良いポイントがあります。 そこで今回は、仮想通貨でトレードする前に知っておきたい、メリットとデメリットについて紹介します。仮想通貨の性質や特徴をよく理解して、賢く取引しましょう。 覚えておくべき仮想通貨のトレード方法 トレードとは利益を出すための取引のことです。 一般的には、価格が安いときに購入し、高いときに売却することによってその差益を得ることで儲けます。 仮想通貨のトレード方法にはいくつかの種類がありますが、代表的な用語「デイトレード」「レバレッジトレード」「アービトラージ」の3つを紹介します。 デイトレードとは? 1つ目が「デイトレード」です。 FXなどでもよく耳にしますが、1日のうちに取引を終了させる方法です。仮想通貨は1日の中でも価格変動が激しいものなので、タイミングをうまくつかめば利益を上げやすいのが特徴です。 レバレッジトレードとは? 2つ目が「レバレッジトレード」です。 こちらもFXで使用されている用語ですが、レバレッジ(てこの原理)を設定して、用意した資金以上の取引を行うトレード方法です。 レバレッジ倍率は取引所によって異なります。資金の数倍の取引ができるため、価格変動によって大きな利益を獲得できる反面、大きなリスクも伴います。 そのためレバレッジトレードを利用する際には、注意が必要です。 アービトラージとは? 3つ目が「アービトラージ」です。 アービトラージとは裁定取引ともいわれ、取引所での価格差を利用した取引方法です。仮想通貨は、取引所によって価格が異なることが多いです。 そのため、価格が安い取引所で購入して、別の価格が高い取引所に送金し、売却することでその利ザヤを稼ぐ方法があり、この取引をアービトラージと呼びます。 仮想通貨をトレードする4つのメリット 株や投資信託など他の金融商品と比較して、仮想通貨をトレードするメリットは何でしょうか。 大きく分けて4つのメリットが挙げられます。 1. 24時間365日取引可能 1つ目が「24時間365日取引可能」な点です。 株式取引であれば基本的には月曜日から金曜日の日中、FXであれば平日などというように、多くの金融商品は取引できる時間に制約があります。 一方、仮想通貨は取引所のメンテナンス時間などを除いて、24時間365日取引が可能なため、土日でも取引が可能です。 2. 少額から取引可能 2つ目が「少額から取引可能」な点です。 仮想通貨は、たとえば500円などの少額から取引が可能なため、資金がそう多くなくても始めることができます。 また、毎日コツコツと少額ずつ積み立てていく投資方法も可能ですので、誰でも柔軟に取引することができます。 3. 通貨のインフレリスクを分散できる 3つ目が「通貨のインフレリスクを分散できる」点です。 法定通貨の一部を仮想通貨に換えておくことで、万が一、法定通貨の価値が下落するようなインフレが生じた場合、リスクを分散することができます。 4. 個人間送金に対応している取引所がある 4つ目が「個人間送金に対応している取引所がある」点です。 仮想通貨の多くは、低コストかつスピーディに送金できることを強みとしています。個人間でも送金できる取引所があるため、割り勘などのお金の融通に役立てることができます。 仮想通貨をトレードする3つのデメリット メリットがある一方で、仮想通貨をトレードするデメリットも大きく分けて3つあります。 1. 手数料が高い場合がある 1つ目が「手数料が高い場合がある」点です。 取引所によって取引手数料が決められていますが、売買する時にかかる手数料やスプレッドが高い場合があるので注意しましょう。特に頻繁に取引する場合、手数料は大きな負担となる可能性があります。 2. 取引所が破綻する可能性がある 2つ目が「取引所が破綻する可能性がある」点です。 たとえば、預金なら銀行、株なら証券会社が破綻した場合、一定金額までは補償される国の制度があります。 しかし、仮想通貨の場合はまだ法整備が十分ではなく、仮に破綻したとしても預けていた資金が戻ってくる保障はありません。 特に仮想通貨はその性質上、ハッキングリスクなどもあるため、仮想通貨の取引を始める前に、その危険性については理解しておきましょう。 3. 相続できない可能性がある 3つ目が「相続できない可能性がある」点です。 こちらも法整備次第ですが、株などと違って、仮想通貨は本人以外が引き出すことが難しい場合もあります。 そのため、保有者が死亡したときに相続できない危険性もありますので、このような点についても事前に認識しておきましょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら 仮想通貨を短期トレードをするメリットとデメリット 投資には大まかに「短期」と「長期」のトレードの仕方があります。 まずは仮想通貨を短期でトレードするメリットとデメリットについて紹介します。短期トレードのメリットとしては、以下の3つが挙げられます。 1. 短期でも大きな利益を狙える 1つ目が「短期でも大きな利益を狙える」点です。 価格変動が激しい仮想通貨は、短期でも大きな利益を狙うことができます。 2. 取引所のリスクを回避しやすい 2つ目が「取引所のリスクを回避しやすい」点です。 トレードする期間が短い場合、取引所の問題などで一時的に取引ができなくなったり、資産が凍結されるなどのリスクを回避しやすくなります。 3. さまざまな通貨に手を出しやすい 3つ目が「さまざまな通貨に手を出しやすい」点です。 短期トレードでは通貨の成長性よりも、瞬間での価格上昇を狙うため、いろいろな種類の通貨に投資することが可能になります。 一方で、デメリットとしては以下の3つが挙げられます。 1. 失敗が続けば損失が膨らむ 1つ目が「失敗が続けば損失が膨らむ」点です。 短期トレードの場合は、損切りが大事にはなるものの、毎回予想と反した取引になれば損失は膨らむことになります。 2. 時間と体力が必要な取引方法である 2つ目が「時間と体力が必要な取引方法である」点です。 短期トレードをするためには、常にチャートを見ている時間と体力が必要になります。 3. メンタル的に消耗しやすい 3つ目が「メンタル的に消耗しやすい」点です。 FXなどと同じで、短期トレードは精神的に消耗しやすい取引方法でもあります。自分の性格や向き不向きに合わせて、投資スタイルは選択すると良いでしょう。 仮想通貨を長期トレードをするメリットとデメリット 次に仮想通貨を長期でトレードするメリットとデメリットについて紹介します。 長期トレードのメリットとしては、以下の2つが挙げられます。 1. マイペースでゆっくりと取引が可能 1つ目が「マイペースでゆっくりと取引が可能」な点です。 短期トレードのように、短時間で変わる値動きに一喜一憂する必要がないため、自分のペースで取引することができます。 急いで判断することが少なく、ミスなども軽減することができるため、取引に慣れていない初心者にはおすすめの方法です。 2. 手数料を抑えられる 2つ目が「手数料を抑えられる」点です。 短期に頻繁に売買するとその都度手数料が発生しますが、長期トレードであれば売買の回数が少なくて済むため、手数料も抑えることができます。 一方で、デメリットは2つ挙げられます。 1. 売り時・買い時のタイミングを逃しやすい 1つ目が「売り時・買い時のタイミングを逃しやすい」点です。 長期トレードの場合、利確や損切りを頻繁にしないため、思わぬ価格になるまで塩漬けしてしまうこともあります。 長期トレードの場合は、売り時や買い時のタイミングを逃すことも少なくないので、その点には注意しましょう。 2. 必ずしも大きな利益とはならない 2つ目が「必ずしも大きな利益とはならない」点です。 こまめに利確する短期トレードに比べ、長期で保有したからといって、利益が増えるかどうかは分かりません。 仮想通貨は誕生から今に至るまで大きく成長しているものの、誕生から価値を下げた銘柄もあります。 そのため、必ずしも長期保有によって利益が得られるとは限らないことを念頭に置いておきましょう。 取引所で仮想通貨のトレードをするときのポイント 取引所で仮想通貨のトレードをするときのポイントとして、特に重要なことが2つあります。 1. 売り板と買い板をチェックし、条件の合った注文を行う 1つ目が「売り板と買い板をチェックし、条件の合った注文を行う」ことです。 取引所でトレードを行う場合は、自分が取引したい価格を指定できる指値注文を有効活用し、タイミングや条件を意識して取引しましょう。 2. チャートを読み込み、相場の流れを覚える 2つ目が「チャートを読み込み、相場の流れを覚える」ことです。 ほかの金融商品にもいえることですが、チャートを理解することは投資の第一歩といえます。理解しているチャートの種類を増やしたり、チャートの相場の流れを覚えることは、賢い取引につながります。 取引方法によってメリット・デメリットは違う 仮想通貨のトレードは、他の金融商品に比べてメリットがある反面、当然デメリットも存在します。 仮想通貨のトレードは大きく利益をあげることができる可能性がある反面、くわしく理解しないまま始めてしまうと、損をすることもありますので、注意しましょう。 また、短期トレードや長期トレードなど、取引方法によっても特徴が異なるので、それぞれのパターンをよく理解したうえで取引することをおすすめします。

2019-05-07仮想通貨の購入

2017年以降、急激に注目を集めている仮想通貨。価格の上昇から注目が集まり、ブロックチェーンを活用した未来の通貨としても期待されています。 ビットコイン(BTC)を始めとする仮想通貨を保有したいと考えているけれど、どうやって購入したら良いか分からず悩んでいませんか。 そこで今回は、初心者でも簡単に始められる仮想通貨の売買方法とポイントについて詳しく紹介します。ぜひこれから仮想通貨を購入しようと検討している人は、参考にしてみてください。 知っておくべき仮想通貨の取引所や販売所 仮想通貨を購入しようと思ったら、仮想通貨の取引所や販売所を介して行うのが一般的です。 簡単に言うと、取引所とは利用者同士でやり取りする場所です。仮想通貨を保有している人から購入したり、欲しい人に売ったりする場所で、業者はその場所を提供する役割です。 一方で、販売所とは利用者と業者間でやり取りをする場所です。利用者は業者が保有している仮想通貨を売買することになります。 取引所と販売所はそれぞれ特徴があり、賢い取引に活かすことができるので違いをよく理解しておきましょう。 仮想通貨の取引所で売買するメリット まずは、取引所で売買するメリットとデメリットについて紹介します。取引所を使うメリットとしては、3つ挙げられます。 1. 販売所より安い値段で買える可能性がある 1つ目が「販売所より安い値段で買える可能性がある」点です。 取引所は利用者間での取引のため、取引手数料が低く設定されていることが多く、利用者は比較的安い手数料で仮想通貨を購入することができます。 2. 指値注文の選択が可能 2つ目が「指値注文の選択が可能」な点です。 指値注文とは、売買したい価格を指定できる注文方法で、自分が希望する価格で売買を成立させることができます。 3. 成行注文の選択が可能 3つ目が、「成行注文の選択が可能」な点です。 成行注文とは、値段を指定せずに注文する方法で、現在の価格に近い価格ですぐに売買を成立させたいときに便利な注文方法です。 仮想通貨の取引所で売買するデメリット 一方で、デメリットとしても2つ挙げられます。 1. 注文に失敗することがある 1つ目が「注文に失敗することがある」点です。 指値注文は自分の希望する価格で取引できる方法ですが、その価格で売買が成立しない限り、なかなか注文が通らないというデメリットもあります。 そのため、すぐに取引したい場合などには向いていないといえます。また、成行注文であればすぐに取引が成立しますが、思わぬ価格で売買が成立するリスクもあるため、利用する際には注意が必要です。 2. 仮想通貨の銘柄数が少ない 2つ目が「仮想通貨の銘柄数が少ない」点です。取引所で扱っている仮想通貨の銘柄は、販売所に比べて少ない傾向にあります。 取引したい銘柄がどちらの形式で売買されているかは、事前にチェックしておきましょう。 仮想通貨の販売所で売買するメリット 次に、販売所で売買するメリットとデメリットについて紹介します。販売所を使うメリットとして、3つ挙げられます。 1. 確実に売買が可能 1つ目が「確実に売買が可能」な点です。 販売所は業者から購入する形式ですので、表示されている価格で即座に売買が成立します。指値注文のように、売買の成立に時間がかかることがありません。 2. シンプルなやり取りなので操作ミスをしにくい 2つ目が「シンプルなやり取りなので操作ミスをしにくい」点です。 販売所では業者が提示している値段で売買するだけですので、操作が少なく、ミスしにくいのが魅力といえます。 3. 初心者でも分かりやすい 3つ目が「初心者でも分かりやすい」点です。 販売所での売買は操作もシンプルで仕組みも分かりやすいため、仮想通貨の取引に慣れていない初心者には便利な形式といえます。 仮想通貨の販売所で売買するデメリット 一方でデメリットとしては、2つ挙げられます。 1. 指定された価格のみで売買することになる 1つ目が「指定された価格のみで売買することになる」点です。業者が提示した価格以外での売買ができず、指値注文もできません。 2. 取引所よりも割高になりやすい 2つ目が「取引所よりも割高になりやすい」点です。利用者間で売買する取引所に比べて、販売所は業者の手数料が乗せられていることが多いです。 また、手数料は無料でもスプレッドの開きが大きかったり、スプレッドは狭いけれども手数料を多くとられるなど、販売所ごとに設定が異なります。 そのため、販売所を利用する際には、手数料を事前に調べておくようにしましょう。 仮想通貨を買うなら選ぶべき取引所や販売所は? それでは実際に取引所や販売所を選択するとき、どのようなポイントを見れば良いでしょうか。重要なポイントは大きく3つあります。 1. セキュリティ面を確認する 1つ目が「セキュリティ面を確認する」ことです。仮想通貨業界には、これまでハッキング被害などの盗難事件が世界中で起きてきた歴史があります。 仮想通貨はネット上で売買する通貨のため、コールドウォレットでの保管など、セキュリティ面に力を入れている業者を選ぶことは大切です。また、自分自身で二段階認証の設定をするなど、セキュリティ対策は必須です。 2. 様々な仮想通貨のサービスがあるところにする 2つ目が「様々な仮想通貨のサービスがあるところにする」ことです。仮想通貨に纏わるサービスは、取引所や販売所だけではありません。仮想通貨の決済サービスや、仮想通貨を貸し出すことのできるサービスなどもあります。 また、仮想通貨の種類もビットコイン(BTC)だけではありません。現在では様々なアルトコインが誕生していますので、色々な仮想通貨を選べるところが良いでしょう。 3. 使いやすさを重視する 3つ目が「使いやすさを重視する」ことです。特に仮想通貨の初心者は、アプリやサイトの操作を誤って、思わぬミスをしてしまうことが珍しくありません。 そのため、操作性を重視し、仮想通貨の売買をシンプルに完結できる業者かどうかも、選ぶときの一つの基準といえます。 取引所を活用した仮想通貨の売買方法の例 ここでは、仮想通貨取引所のCoincheckを例に、通貨の購入方法を紹介します。Coincheckはアプリの操作性に定評があり、初心者でも簡単な操作で売買することができます。 1. Coincheckに口座の開設を済ませておく Coincheckで仮想通貨の売買をするためには、Coincheckに口座を開設し、日本円を入金しておく必要があります。 Coincheckに口座を開設するためには、アカウントの登録後、本人確認を完了させておく必要があります。 Coincheckのアカウント登録はこちら 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ 2. アプリを起動する 次に、Coincheckのアプリをダウンロードし、アプリを起動します。 なお、アプリを起動する際には、セキュリティ上、ログイン認証が必要となります。 3. 日本円を入金する アプリにログインしたら、入出金ボタンから日本円を入金します。 4. 欲しい通貨を選び、「購入」ボタンを押す 続いて、アプリから購入したい仮想通貨を選びます。 例えばビットコイン(BTC)なら「BTC」、イーサリアム(ETH)であれば「ETH」を選択し、購入ボタンを押します。 5. 欲しい金額を入力し、購入を確定する 最後に、欲しい金額を入力し、購入を確定します。 なお、金額が不足しているときは、日本円の入金を行う必要があります。 仮想通貨を買う際に注意しておくべきこと 仮想通貨を買うとき、どのような点に注意したら良いでしょうか。大きく2つ挙げられます。 1. 売買手数料だけでなく、資金の入出金コストに注意する 1つ目が「売買手数料だけでなく、資金の入出金コストに注意する」点です。 仮想通貨取引を行ううえで発生するコストは、売買手数料だけではありません。購入のために必要な日本円の入出金コストも考慮しましょう。 銀行から取引所の口座へ資金を移すときの手数料は、回数を重ねると大きな負担になるので注意しましょう。 2. 売却時の税金に注意する 2つ目が「売却時の税金に注意する」点です。 例えば株式投資であれば、申告分離課税制度がとられているため、一律20%の税金と定められていますが、仮想通貨は雑所得として計上されます。 雑所得は総合課税のため、他の収入と合算して所得税がかかります。収入がある人ほど大きな税金が発生するため、売却のタイミングには注意が必要です。 なお、仮想通貨を保有しつづけて価格が上昇した場合は、含み益といって、売却するまで税金は発生しません。購入時よりも高い価格で売却した時点で税金が発生するため、頻繁に売買したい方はその点には留意が必要です。 やり方さえわかれば仮想通貨の売買は簡単 取引所の使い方など、やり方さえきちんと把握しておけば、仮想通貨の売買はそう難しくありません。ただし、手数料や税金など、知らないと損をすることもあるので、取引を始める前に正しく理解しておくことが大切です。 Coincheckでは、仮想通貨を売買するための操作がシンプルのため、初心者でも簡単に取引を始められます。やり方が分からず購入をためらっていた人は、まずはCoincheckに口座を開設し、ぜひこの機会に仮想通貨の取引を始めてみてはいかがでしょうか。

2019-05-07仮想通貨の取引

仮想通貨を始めたいけれど、値動きが激しくて手を出すのが怖いと思っている人はいないでしょうか。 そんな仮想通貨の初心者に、コイン積立はおすすめの仕組みです。それではコイン積立にはどのような特徴があり、どのように行うのでしょうか。今回はそんな仮想通貨の積立投資についてご紹介します。 そもそも仮想通貨のコイン積立とは? 仮想通貨のコイン積立とは、貴金属の積立や投資信託の積立のように、毎月一定額の金額を希望の金額になるまで積み立てることです。 例えば自分の銀行口座から毎月一定の金額が自動的に引き落とされる場合、買付けのタイミングを見計らったり、毎月振込みをするといった煩わしさはありません。 コイン積立は仮想通貨の価格が高いときは少なく、価格が安いときは多く買うことになるため、リスクを分散しながら長期的な投資をしたい方に向いています。 仮想通貨のコイン積立は、毎月一定金額の仮想通貨を定期購入するイメージに近いでしょう。 仮想通貨のコイン積立は投資方法の一種? 仮想通貨のコイン積立に採用されている投資の手法は「ドル・コスト平均法」と呼ばれるものです。 相場の値動きに関係なく、毎月一定の金額内で購入できる量を買い付けていくため、仮想通貨の価格が上がったときは高値掴みを避けることができ、価格が下がったときは安く多くの量を買い付けることができます。 短期間で高いリターンを得ることのできる投資方法ではありませんが、長期的にコツコツと積立をすることで、利益の出るタイミングを待つことができるのが強みです。 結果として、堅実にしっかりと資産を形成できる可能性があります。 仮想通貨でコイン積立をするメリット 少額からでも可能 仮想通貨の積立は少額からでも可能です。コイン積立の取扱いがある取引所の中には、1000円から始めることができるところもあります。 仮想通貨を始めてみたいけれど値動きの激しさから敬遠している初心者や、投資に回せる資金が少ない若い人でも、気軽に仮想通貨を始めるきっかけになるでしょう。 時間がない忙しい人にも相性が良い また、時間がない忙しい人にも、積立投資は相性のよい投資法です。 取引所にもよりますが、一度設定すれば自動でシステムが買い付けをしてくれますので、買い付けのタイミングに悩むことはありません。 普段、投資のために時間を割くことが難しい人でも、ほとんど負担を感じることなく仮想通貨投資ができるでしょう。 精神的に楽でいられる また、仮想通貨の積立投資は、単発での購入に比べて精神的に楽でいられることも大きなメリットです。 仮想通貨は他の金融商品と比べても、特に値動きが激しい点が特徴であるため、値動きに一喜一憂してしまう人は精神的な負担も相当なものになることが考えられます。 その点、毎月コンスタントに買い付けをしてくれる積立投資であれば、それほど日々の値動きを気にすることもありません。値動きの激しい仮想通貨こそ、積立投資に適しているともいえるのです。 仮想通貨を使ってコイン積立をする方法 ビットコイン(BTC)だけではなく、様々なアルトコインを使って積立投資ができるのがCoincheckです。 Coincheckはアルトコインの取り扱いも豊富 Coincheckの取り扱い通貨は、ビットコイン(BTC)だけではありません。 イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)など、幅広いアルトコインの取引も可能です。 詳しくはこちら:Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheckでは貸仮想通貨サービスの利用が可能 また、Coincheckでは「貸仮想通貨サービス」も提供しています。 貸仮想通貨サービスは、自分が保有している仮想通貨を、Coincheckに一定の期間貸し出して運用してもらうことで、契約期間が満了後に利用料を受け取ることができる仕組みとなっています。 長期的に保有したい仮想通貨がある方は、貸仮想通貨のサービスを利用すると良いでしょう。 Coincheckにアカウント登録 Coincheckで貸仮想通貨サービスを始めるためには、まずはCoincheckにアカウントを登録する必要があります。 Coincheckのアカウント登録はこちら そうしてCoincheckに口座開設をして、マイページにログインします。ログイン後、「取引アカウント」をクリックして「貸仮想通貨アカウント」を選択しましょう。 その後、遷移したページで「貸仮想通貨サービスに登録する」をクリックします。次に「仮想通貨消費賃借契約約款」「サービスのリスク」をチェックし、同意してください。 登録が完了したら、ページ右上の「取引アカウント」から「貸仮想通貨」を指定して、貸仮想通貨に積み立てたい通貨を振り替えます。 ここで数量と仮想通貨の種類を指定してください。最後に貸出期間と貸出通貨の数量を入力して、貸出ボタンを押せば完了です。 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ コイン積立で仮想通貨の投資をしてみよう 積立方式での投資は、投資リスクを分散してくれるメリットがあります。 仮想通貨の初心者や、トレード時間を捻出できない忙しい人にとって、積立は相性のよい投資方法です。 また、合わせてCoincheckの貸仮想通貨サービスを利用すれば、最大年率5%で仮想通貨を増やしていくこともできます。 ビットコイン(BTC)だけでなく、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などのアルトコインも対象となっているため、長期保有予定の仮想通貨の運用先としては、魅力に感じる人も多いのではないでしょうか。 しかし、貸仮想通貨サービスもあくまで投資であることを忘れてはいけません。申し込む前には必ずリスクなどの説明を読み、理解してから申し込むようにしましょう。

2019-05-07仮想通貨の取引

値動きの激しい仮想通貨ですが、初期の頃に購入した人であれば利益が出ている人もいることでしょう。 中には、利益が出ているのに日本円に換える方法がわからなくて困っている人もいるのではないでしょうか。この記事では、仮想通貨を日本円に換金する方法についてご紹介します。 仮想通貨を日本円に換金するための方法とは? 仮想通貨を日本円に換金するのはとても簡単です。 1. 仮想通貨の取引所を利用する 1つ目の方法は、仮想通貨の取引所を介して換金する方法です。 仮想通貨の取引所を介すと、高額の換金や、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨への交換も可能です。今回ご紹介する方法の中では、利便性も高く、現実的な方法であるため、基本的には仮想通貨の取引所での換金がおすすめです。 2. ビットコイン(BTC)のATMを利用する 2つ目に紹介するのは、ビットコイン(BTC)のATMを利用する方法です。たとえば、ビットコイン(BTC)のATMは、日本国内にもいくつか設置されています。 日本ではまだまだ仮想通貨ATMの設置は進んでいませんが、世界にはマネーロンダリングを防止する機能や静脈認証の機能もついている高性能なATMなどもあります。今後仮想通貨の取引をする人が増えるにつれて、徐々にATMも普及していくと考えられています。 ビットコイン(BTC)のATMを利用した換金方法は、多額の交換には適していないものの、銀行の営業時間に関係なく現金の引き出しができる点がメリットです。一方で手数料に関しては、一般的にATMの手数料の方が、取引所の売買手数料よりも高くなることが多いため、デメリット言えます。 また、ATMの利用には事前にウォレットの登録が必要です。そのため、ATMを利用してみたい方は、換金する時になって現金を引き出せないことがないように、余裕がある時にウォレットの登録を済ませておくことをおすすめします。 3. プリペイドカードを利用する 3つ目の換金方法は、プリペイドカードを利用する方法です。 こちらの方法の場合は、ビットコイン(BTC)を換金する際には、ビットコイン(BTC)に対応しているカードを、あらかじめ発行しておく必要があります。 ビットコイン(BTC)に対応している代表的なカードには、国内のサービスではパンドルガードがあります。バンドルカードは、クレジットカードのようにVisaの加盟店で支払いができるサービスです。 ただし、バンドルカードはプリペイドカードのため、ビットコイン(BTC)でバンドルカードにお金をチャージすることはできますが、バンドルカードから直接現金を引き出せる訳でありません。 また、バンドルカードの発行には一定の時間がかかることや、バンドルカードのプラスチックカードを発行する際には手数料がかかるため、その点には注意が必要です。 仮想通貨の取引所で仮想通貨を売却するための流れ それでは、日本国内でも仮想通貨の取扱種類が多い取引所、Coincheckでの換金方法をご紹介します。 まずは、Coincheckを利用するために、アカウント登録を行います。 Coincheckのアカウント登録はこちら コインを受け取る 次に、すでに仮想通貨の取引所で取引をしており、仮想通貨を一箇所に集めてから換金する場合は、Coincheckのメニューにある「コインを受け取る」をクリックしてください。 そうすると、Coincheckの取り扱いの仮想通貨で、それぞれアドレスを作成することができます。 そうして受け取り用のアドレスを作成し、他の取引所などの口座からそのアドレス宛に仮想通貨を送金することで、Coincheckに仮想通貨を移動させることができるようになります。 なお、ウォレットや他の取引所で保管しているビットコイン(BTC)をCoincheckの口座に移動する場合は、QRコードかアドレスを使います。アルトコインの場合は、アドレスのみとなります。 コインを売る Coincheckで仮想通貨の入金を確認したら、メニューの「コインを売る」を選択し、数量を指定します。 その後「売却する」をクリックすれば、仮想通貨の売却が完了し、日本円の残高がCoincheckのアカウントに反映されます。 通貨の種類によって取引所での換金方法は違う 仮想通貨の取引所での換金は、時間や場所に関係なく換金できる便利な方法ですが、どの仮想通貨も換金できるわけではありません。 取引所によって取り扱いのある仮想通貨が異なるため、仮想通貨を現金化する場合は、所有している仮想通貨に対応している取引所を利用する必要があります。 Coincheckでは、ビットコイン(BTC)だけでなく、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)など、幅広い仮想通貨に対応しています。 日本円に換金する場合は、換金したい仮想通貨を取り扱っている取引所を利用するようにしましょう。 詳しくはこちら:Coincheck(コインチェック)の取扱通貨・銘柄は?各仮想通貨の特徴を徹底解説 Coincheckで受け取ったコインを換金するための流れ Coincheckの口座に仮想通貨が移動できたのを確認したら、いよいよ換金の手続きを行います。 コインを売却するときは、対象の仮想通貨を選択して数量を入力したら、売却ボタンを押すことで完了します。 また、ビットコイン(BTC)をCoincheckで売却するときは、板取引を活用することもできます。板取引とは、取引の相手をCoincheckではなく、Coincheckを利用しているユーザーを相手に行うものです。 Coincheckのメニューにある「コインを売る」からの売却は、操作が簡単ですぐ換金できるメリットはありますが、板取引と違って、売りたい値段を指定できる訳ではありません。 一方、板取引の場合は、値段と数量を指定して注文する方法である指値注文が可能です。指値注文を利用する場合であっても、ビットコイン(BTC)の相場は価格の変動が激しいため、すぐに注文はせずに少し板の状況を観察してみるのが良いでしょう。 仮想通貨を日本円に換える手順を覚えておこう 仮想通貨を日本円に換金する方法は、決して難しいものではありません。 基本的には仮想通貨の取引所での換金が、手間のかからない方法であると考えられます。ですが、一時的に取引所で換金ができなくなったときに備えて、いくつか換金の方法を知っておくことは大切です。 いざという時のスムーズな換金のために、事前に仮想通貨の換金手順を把握しておくと安心です。

2019-05-07Coincheck Tips

Coincheckで口座開設をして仮想通貨の取引を行うためには、審査を受ける必要があります。 そこで、審査で行われる本人確認手続きの流れや手続き完了までに要する時間、注意すべき点などについて解説します。 Coincheckの審査にはどれくらいの期間がかかるものなの? Coincheckの口座開設時に行われる審査は、申し込みから完了までに一定の時間が必要です。 早ければ、申し込みから数日程度ですべての手続きが完了して、口座開設が完了することもあります。ただし、審査にかかる時間は一律で決められているわけではないため、数日程度というのはあくまで目安です。 審査期間がどの程度になるか確定できない主な理由は、混雑状況によって審査完了までの期間が変わるからです。仮想通貨口座の開設申し込みを希望する人が短期間で増加すると混んでしまい、手続きに時間がかかります。 申し込んですぐに取引を始められるわけではないため、できるだけ早めに口座開設の申し込みをしておくことが大切です。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckの本人確認審査の流れ Coincheckの本人確認審査は、7つのステップで行われます。 ステップ1は、電話番号認証です。サイト上で電話番号を登録し、SNSなどで受信したコードを入力して認証を行います。 ステップ2は、各種重要事項の確認です。サービスを利用するにあたって知っておくべきルールや注意点を理解し、同意・承諾します。 ステップ3は、必要事項の入力です。サイト画面で氏名や性別、生年月日、住所などを入力します。 ステップ4では、写真のアップロードが必要です。運転免許証やパスポートなどの写真をアップロードします。この際には、IDセルフィー画像のアップロードも必要です。 IDセルフィー画像は、本人確認書類と本人が一緒に写っている画像のことをいいます。 ステップ5では、PEPsに関するチェックボックスの確認です。外国政府などで重要な位置を占めるかどうかなどの確認項目になります。 ステップ6で、「本人確認書類を提出する」をクリックすれば、審査に必要な情報の提出は完了です。 ステップ7として、Coincheckから送られてくるハガキを受け取る必要があります。 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ 本人確認がなかなかできない場合は? 本人確認書類の提出終了後、なかなかハガキが届かないと心配になられる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、ハガキが届くまでは、ある程度時間がかかるのが一般的です。1~2週間程度かかることもあるため、しばらくは落ち着いて待つことも必要になります。 ただし、本人確認書類の提出の処理に失敗していると、いつまでたってもハガキは届きません。そのため、提出処理を行った直後には、本人確認提出処理が正しく完了していることを忘れずに見届ける必要があります。 また、なかなかハガキが届かないと感じた場合は、Coincheckのサイト上にある「本人確認」の進捗状況を確認可能です。こちらで、どの段階まで手続きが進んでいるかを簡単に把握できます。 承認されなかった場合は、Coincheckから連絡が入ることになっているため、ハガキが届くか連絡が入るまでは審査が継続しているということになります。 本人確認書類の再提出を求められた場合は? 提出した本人確認書類に不備がなければ、ハガキの到着を待つだけです。 しかし、場合によっては、本人確認書類の再提出を求められることもあります。原因として想定されるのは、提出した本人確認書類の画像が不鮮明で読み取れない、画像内に書類が収まっておらず必要な情報が欠けている、などです。 審査の過程で不備があると判断されると、本人確認書類の再提出を求める連絡を受けることになります。 再提出の要請を受けたら、本人確認書類の写真を撮り直し、新しい画像を提出することが必要です。間違って以前に送った画像を再送信することがないように、注意しましょう。 再提出時には、本人確認ハガキの送付の申請も必要です。申請しておけば、再提出が受理されて審査が完了したかどうかが明確にわかります。 審査にスムーズに通れるようにしておくことが大切 Coincheckの口座開設手続きにおいては、不鮮明な本人確認書類を送らないようにすることが大切です。 不鮮明なデータについては再提出が求められますので、予め鮮明なデータを用意して提出することが必要です。 審査が通れば、仮想通貨取引を始めることが可能です。流れや注意点をしっかり理解して、口座開設手続きを進めるようにしましょう。

2019-05-09Coincheck Tips

Coincheckで口座開設した人のなかには、どのように取引すればよいのかよくわからない人もいるでしょう。 やり方を正しく理解しておかなければ、適切なタイミングで取引を行うことは難しくなります。そこで、今回はCoinchekでの3つの仮想通貨の売買方法について紹介します。 ビットコイン(BTC)の3種類の売買方法 Coincheckでビットコイン(BTC)の売買を行う方法としては、3つあります。 1. コインチェックアプリで売買する 1つ目は、コインチェックアプリで売買する方法です。 Coincheckは、取引ができる専用のアプリが用意されています。アプリをダウンロードしておけば、場所を選ばずにトップページからいつでもビットコイン(BTC)を売買できます。 2. ビットコイン販売所で売買する 2つ目は、Web画面のビットコイン販売所で売買する方法です。 具体的には、Coincheckの取引アカウントのメニューにある、「コインを買う」「コインを売る」の機能を利用して売買します。この方法ですと、少ないステップで簡単にビットコイン(BTC)の取引ができます。 3. ビットコイン取引所で売買する 3つ目は、Web画面のビットコイン取引所で売買する方法です。 具体的には、Coincheckの「取引所」の機能を利用して、取引板で売買をします。取引板で売買する場合は、指値注文と成行注文という2つの注文方法を利用することができます。 指値注文とは、価格を指定して注文する方法のことで、相場状況を見極めながら取引できます。 指値注文は、指定した価格よりも、不利な価格では取引が成立する心配がないことがメリットです。ただし、取引価格が指値に届かなければ注文が成立しない可能性がありますので、その点は認識しておく必要があります。 一方、成行注文とは、価格を指定せずに注文する方法のことです。 成行注文は、注文を出せばすぐに取引が成立する点がメリットです。ただし、想定外の価格で注文が成立してしまう可能性もありますので、その点は認識しておく必要があります。 アルトコインの2種類の売買方法 ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨を、アルトコインといいます。 仮想通貨はさまざまな種類があるため、ビットコイン(BTC)だけでなく各種アルトコインを売買できることも魅力の1つです。 代表的なアルトコインとしては、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などがあげられます。Coincheckでは、そのような時価総額の高いアルトコインを売買することも可能です。 Coincheckでアルトコインの売買を行う方法としては、2つあります。 1. コインチェックアプリで売買する 1つ目は、コインチェックアプリで売買する方法です。 アプリをダウンロードしておけば、場所を選ばずにトップページからいつでもアルトコインを売買できます。 2. アルトコイン販売所で売買する 2つ目は、Web画面のアルトコイン販売所で売買する方法です。 具体的には、Coincheckの取引アカウントのメニューにある、「コインを買う」「コインを売る」の機能を利用して売買します。操作手順は、ビットコインの場合と同じになります。 ただし、アルトコインを売買する場合は、売買対象コインを間違いなく指定することがポイントです。複数の選択肢が表示されるため、自分が取引したいアルトコインを正しく指定しましょう。 Coincheckのアカウント登録はこちら 1. コインチェックアプリで売買する方法の詳細 コインチェックアプリで売買する場合、アプリのトップ画面から操作を行います。 アプリのトップ画面には、チャートが表示されています。購入する場合、最初の操作は、チャート画面の下側に表示されている「購入」ボタンのタップです。 タップすると画面が切り替わり、購入用のページが表示されます。最上部に取引可能なコインが一覧で表示されている状態です。 自分が取引したい通貨をタップすることで、コインの選択ができます。選択するとアンダーラインが表示されますので、正しく選択したかを確認しましょう。 そうしてコインの選択が終わったら、次に「数量」を入力します。仮想通貨ごとに単価は異なるため、購入したい数量については、間違えないようにすることがポイントです。 数量の横には、コインの種類を示す通貨単位が表示されています。数量を入力したら、価格と日本円換算金額を確認した上で、画面下側の「購入」ボタンをタップすれば、購入処理は終了です。 コインを売却する際には、自分が取引したい通貨をタップし、「売却」ボタンをタップします。続いて売却したい「数量」を入力します。その後、確認画面に進み、問題なければ売却を実行し、売却処理は完了します。 2. ビットコイン販売所で売買する方法の詳細 続いて、ビットコイン販売所で売買する場合は、Coincheckの取引アカウントのメニューの「コインを買う」「コインを売る」を利用します。 まず、サイトのメニューから「ウォレット」を選択します。 購入する場合は、さらに表示されるメニューから「コインを買う」の選択が必要です。売却する場合は、「コインを売る」を選択します。 選択すると、購入もしくは売却の画面に変わります。ここでまず行うのは、売買するコインの選択です。売買したいコインを選択したあとで、「数量」を入力します。 「数量」を入力すると、価格が提示され、日本円換算金額も表示されますので、間違いがないかどうかの最終確認を行います。 そうして最後に、画面下側にある「購入する」または「売却する」を選択して、売買処理は終了になります。 3. ビットコイン取引所で売買する方法の詳細 最後に、ビットコイン取引所で売買する場合は、Coincheckのトップページから「取引所」を選択します。 「取引所」を選択すると、表示されるのは現物取引の画面です。ここで入力するところは、「レート」と「注文量」の2カ所があります。 指値注文を利用する場合は、注文したい価格を指定して売買します。 そのため、まずいくらで売買したいのか?を決めて、「レート」欄に価格を入力します。価格を指定する場合は、注文が一覧表示されている「板(買い板/売り板)」と呼ばれている情報を見て、相場状況を判断することが必要です。 また、Coincheckでは、板の数字を直接クリックすることでも、「レート」欄に価格が自動入力されます。こうして価格を入力したら、次に「注文量」も入力します。 こうして価格、注文量を入力すると、概算の日本円金額が表示されますので、数量や価格の桁間違いなどがないかどうかを確認します。 そして最後に「注文する」ボタンで注文を確定させます。市場で取引されている価格と指値が一致すれば、取引が成立します。 成行注文を利用する場合は、Coincheckのトップページから「トレードビュー」を選択します。続いて、右側にある「成行注文」ボタンをクリックします。 そこで「注文量」を入力し、「買い成行注文」ボタンをクリックすることで、注文が完了します。 Coincheckの売買方法はシンプル Coincheckで仮想通貨を売買するにあたっては、操作方法はシンプルでわかりやすく、投資の初心者でも手軽に利用できるようになっています。 Coincheckに口座開設が完了して入金が終わったら、仮想通貨売買を行うことが可能になります。操作方法を正しく理解し、仮想通貨の取引に繋げてみてください。

ビットコイン(BTC)を日本円に両替したいときには、仮想通貨の「販売所」または「取引所」を利用しますが、それぞれの特徴や注意点について解説します。 また日本円に換金した後の出金方法や手数料、キャンセルについても解説していきます。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を換金するには販売所・取引所を利用する 仮想通貨の販売所あるいは取引所を利用することで、ビットコイン(BTC)を日本円に換金・交換することができます。Coincheckでは、「販売所」と「取引所」の両方のサービスを提供しています。 販売所 販売所では、Coincheckとユーザーのあいだでビットコイン(BTC)の売買をすることになります。 つまり、売買を申し込むタイミングの交換レートに沿って、あなたが所持しているビットコイン(BTC)と日本円を交換することになります。 初心者にとっても操作がわかりやすく、即座に交換できる点では便利ですが、取引所よりも若干コストがかかります。 取引所 一方、Coincheckの取引所を利用する場合、ユーザー同士がビットコイン(BTC)を売買します。ユーザーは売買板を見ながら、ビットコイン(BTC)の金額を決めて取引をします。 その際に、Coincheckは、売買を仲介する役割を担います。ユーザー同士は匿名のまま、Coincheckのシステム上で売買が行われます。そのため、取引所では、売りたい金額と買いたい金額をお互いに自由に設定することができます。 例えば、交換レートが1BTC=50万円のとき、Coincheckの販売所を利用して取引するときには、予め決まった価格で交換することになります。 しかし、取引所として利用する場合には、1BTC=55万円でビットコイン(BTC)を売る注文を出したり、1BTC=47万円で買う注文を出したりすることもできます。 ただし、1BTC=50万円の時点で、「55万円で売り」の指値注文を出したとしても、そこからなかなか値上がりしない場合には、注文が延々と決まらないままになる可能性がありますので、取引所にもデメリットはあります。 Coincheckのアカウント登録はこちら Coincheckで日本円を出金する方法 Coincheckで、ビットコイン(BTC)から交換した日本円は、出金することができます。Coincheckでの日本円の出金手数料は400円となります。 日本円での出金には、出金先の口座情報(金融機関名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義)の入力が必要となります。口座情報に誤りがあると、出金が拒否される場合がありますので、確実にご入力ください。 また、Coincheckに登録してあるアカウント名義と、出金先の口座名義が一致していない場合も、システムによって出金が拒否されます。 Coincheckのウォレット上にある日本円の出金に要する時間は、口座への着金まで、通常1〜2営業日かかります。 朝9時までに出金申請を受け付けた場合には、翌営業日までの着金が実現するよう努めていますが、状況によっては、もう少し日数がかかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。 また、日本円の出金申込みの上限額は、1回につき5,000万円となります。海外の金融機関への送金は、現在停止しております。 ※手数料は、2019年9月17日時点の金額です。 Coincheckで出金のキャンセルはできる? 日本円出金手続きのキャンセルは、まだ金融機関口座への着金が完了しておらず、手続きしている最中の場合は可能です。ただし、出金手続きが完了した場合は、キャンセルをすることができません。 手続きの状況は、Coincheckの「日本円出金履歴」ページから確認することができます。キャンセルしたい出金手続きを選択して、現在の状況を確認します。 出金情報の詳細画面にて「手続き中」の表示があるときのみ、キャンセルが可能となります。同じ画面で「出金をキャンセルする」のボタンを押すと、キャンセルが完了します。 キャンセルが成功した場合、出金手数料はかかりません。 しっかりと出金先を把握してから手続きを ビットコイン(BTC)を日本円に換金・交換するのは、それほど複雑な作業ではありません。 ただし、出金先はしっかりと確認してから手続きを進めてください。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never