Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A
Net Assets
Show in header
Net Assets
¥ {{ balance.net_assets.jpy | number: 1 | cut_decimal_zero }}

Available

In Use

{{cur}} {{ cur.toUpperCase() }}
¥ {{ balance.coincheck.available[cur] | cut_decimal_zero }}
¥ {{ balance.coincheck.in_use[cur] | cut_decimal_zero }}
Leveraged trading
JPY
BTC
Margin deposit
{{ balance.leverage.leverage.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage.btc }}
Available margin
{{ balance.leverage.leverage_sendable.jpy | fraction:0 }}
{{ balance.leverage.leverage_sendable.btc }}
(Avail)
{{ balance.leverage.leverage_avail.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_avail.btc }}
(Debt)
{{ balance.leverage.leverage_debt.jpy | fraction:0 }} {{ balance.leverage.leverage_debt.btc }}
Leverage
{{ current_account.lending_leverage }}
Stop out level
{{ balance.leverage.margin_level * 100 | number:1}} % N/A

Coincheck Column
コインチェックコラム

仮想通貨のビットコイン(BTC)の取引には「現物取引」と「レバレッジ取引」がありますが、その特徴について具体例を上げてわかりやすく解説します。 また、実際の取引では、それぞれのメリットやデメリットをしっかりと理解した上で、状況に応じて使い分けることが大切です。 ※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の現物取引とは? ビットコイン(BTC)の現物取引は、日本円や米ドルなどの法定通貨と、それに相当するビットコイン(BTC)を交換する取引です。 現物取引は、そのときの売買代金で取引を行う方法で、持っている資金の範囲で仮想通貨を取引します。 日本円からビットコイン(BTC)に替えることを「買い」(ロング)といい、ビットコイン(BTC)から日本円に替えることを「売り」(ショート)と呼びます。 例えば、100万円を口座に入れていて、相場が1BTC=50万円ならば、ビットコイン(BTC)を2BTCまで購入できます。そして、現物取引によって購入したビットコイン(BTC)であれば、Coincheckから外部の口座へ送金することもできます。 また、Coincheck以外で提供されている商品やサービスを、ビットコイン(BTC)決済で入手することもできるのです。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)のレバレッジ取引とは? ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引は、口座に入っている日本円などの法定通貨(保証金)の、数倍に相当するビットコイン(BTC)を売買できる取引です。 レバレッジとは、小さな力で大きな物体を動かす道具である「てこ」という意味で、少額の資産でより大きな資産を運用するたとえとして使われる言葉です。 レバレッジ取引を行うと、口座に入っている保証金の数倍にあたるビットコイン(BTC)をトレードすることができます。その代わり、相場が逆行すれば、現物取引の数倍の損失を出すおそれがあります。 例えば、100万円を口座に入れていて、相場が1BTC=50万円のとき、レバレッジ3倍に設定していれば、100万円が保証金となり、300万円分のビットコイン(BTC)を購入できますので、最大6BTCまで購入できることになります。 Coincheckの取引所では、レバレッジを最大で5倍までかけることができます。レバレッジ取引によって売買するビットコイン(BTC)は、あくまでもCoincheck内での取引でのみ通用します。 Coincheck以外の口座に送金することはできません。Coincheck内では、もちろん日本円に換金することができます。 現物取引のメリット・デメリット 現物取引のメリットは、実際にCoincheckの外部でも決済手段として使用できる、現物のビットコイン(BTC)を入手できる点です。 Coincheckの現物取引で入手したビットコイン(BTC)は、世界中で共通の価値があるものとして通用します。また、基本的に世界のどこで入手したビットコイン(BTC)であっても、Coincheckの口座に移して売却することが可能です。 その一方で、ビットコイン(BTC)トレードで日本円を増やす目的で取引するとき、現物取引では値動きの幅が小さいと、レバレッジ取引に比べ、利益を出すことが難しくなります。 レバレッジ取引のメリット・デメリット レバレッジ取引では、口座に入っている保証金の数倍の額に相当するビットコイン(BTC)を取引できるため、同じタイミングで売買すれば現物取引の数倍の利益を上げることができます。 それがレバレッジ取引における最大のメリットです。ただし、損失が出るときは現物取引の数倍にまで広がってしまう点は、レバレッジ取引のデメリットであり、リスクとなります。 相場が予想外に逆行すれば、口座に預けている保証金が目減りしていき、損失が出ることになります。 なお、損害が拡大してしまったときには、多くの取引所で「強制ロスカット」のしくみを導入しています。 強制ロスカット 強制ロスカットとは、さらなる損失の拡大を防ぐために、損失を早めに確定させて、強制的に決済する制度のことです。 もちろん、価格が大きく動いた場合には、証拠金以上の損失が発生する可能性がありますので、資金の余裕を持って取引してください。 証拠金維持率 一般的に強制ロスカットが発動されるタイミングは、「証拠金維持率」という数値を基準にしています。 Coincheckでは、証拠金維持率が100%以下になるとメールによって警告が送られ、50%を下回ると強制ロスカットとなります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の現物取引とレバレッジ取引を使い分ける ビットコイン(BTC)の取引を行うからには、現物取引とレバレッジ取引の違いをしっかりと把握しておく必要があります。 それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、現物取引とレバレッジ取引を状況に応じて使い分けていってください。

仮想通貨のビットコイン(BTC)のトレードには、デイトレードやレバレッジトレード(レバレッジ取引)、アービトラージといった方法があります。 それぞれのトレード方法を解説すると共に、ビットコイン取引所での注文方法「指値注文」「成行注文」についても解説します。 ※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のデイトレードとは? 1日でトレードを終了させて、翌日に持ち越さない短期トレードを「デイトレード」と呼びます。 デイトレードは、1日に数十回のトレードを繰り返しながら、その日に購入したビットコイン(BTC)をその日のうちに売却します。 デイトレードのメリット デイトレードのメリットは、目標利益を1日単位で刻むことができるので、相場が逆行したときであっても、損切りの幅を少なく抑えられる点です。 もちろん、損切りを適切にできずに、あきらめが悪いトレードをしてしまうと、デイトレードでも大損害を被るおそれがありますので注意してください。 また、夜寝ているあいだの大暴騰や大暴落によって、知らないうちに損害を被らないことも、デイトレードのメリットです。 デイトレードのデメリット ただし、デイトレードは1日に何度も取引を行うことが必要なだけに、取引しているあいだは値動きを確認しておかなければなりません。 また、常に取引していることで、値動きに過激になりやすいこともデメリットといえます。ひとたび損失が出ると、その損失を取り戻そうと躍起になり、本来は売買すべきでない場面で注文を入れて、さらに損失が拡大してしまうおそれがあります。 そのため、できるだけ感情的にならず、一度決めたルールを冷静に守ることが、デイトレードを行うコツです。 デイトレードは初心者が行うには難しい面が多いのですが、1日で結果が出るため、そのメリットは無視できません。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のレバレッジトレードとは? レバレッジトレード(レバレッジ取引)とは、実際に口座に預けている残高の数倍に相当する取引を行うことで、本来の数倍の利益を上げることができる仮想通貨トレードです。 ただし、数倍の利益を上げられる代わりに、損失も数倍になりますので、利用する際には注意が必要です。 Coincheckの取引所では、最大5倍のレバレッジまで設定することができます。なお、Coincheckの取引所において、レバレッジ取引ができる仮想通貨は、ビットコイン(BTC)のみとなります。 ※現在、Coincheckにおけるレバレッジ取引は停止中です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)のアービトラージとは? ビットコイン(BTC)のトレードには、アービトラージという方法もあります。 アービトラージとは、ビットコイン(BTC)が安く売られている仮想通貨の取引所で購入し、そのビットコイン(BTC)を高く買っている別の取引所で売却して、利ざやを得ることです。 複数の取引所のあいだで、短時間だけ生じているビットコイン(BTC)の価格差を利用します。 ただし、複数の取引所でビットコイン(BTC)を売買しようとしているあいだに、価格差が埋まってしまうこともあります。 そのため、アービトラージを行う際には、素早く取引をする手際の良さが求められます。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら ビットコイン(Bitcoin/BTC)の注文方法 ビットコイン(BTC)を取引所で注文するには、指値注文、成行注文といった方法があります。この2つの注文方法についても解説していきます。 指値注文とは? ビットコイン(BTC)の指値注文とは、売買したい価格をあらかじめ決めて、実際にビットコイン(BTC)の相場がその価格帯に達することを条件に売買が実行される方法です。いわば、注文の予約になります。 たとえチャートから目を離していても、思いどおりの価格で売買できるのがメリットですが、相場が予想外の動きをすると、いつまで経っても注文が実行されずに、チャンスを逃してしまうデメリットもあります。 成行注文とは? ビットコイン(BTC)の成行注文とは、その瞬間のビットコイン(BTC)の価格で売買する注文をいいます。チャンスを感じたその瞬間に売買することができますので、その点はメリットとなります。 ただし、チャートを確認しながら注文を出さなければならず、チャンスが来るまで目を離せないのは、成行注文の難しさといえます。 また、成行注文を出した瞬間に、ほかの投資家からも大量の注文が入っている場合は、注文の成立が遅れてしまうことがあります。 そして、その間に相場が動いて、思わぬ価格帯で注文が成立してしまうことがありますので、その点には注意して成行注文は利用する必要があります。 Coincheckのトレードビューの特徴 Coincheckでは、ビットコイン(BTC)トレードを行うときに、相場環境をリアルタイムに把握するためのオンラインソフト「トレードビュー(Tradeview)」を利用することができます。 トレードビューでは、お客様がCoincheckで行った全取引履歴を記録していますので、過去のトレードを分析しながら、将来のトレードに活かすことができます。 通貨ペア切り替え機能で、Coincheck以外でも、Poloniex、Bitstamp、OKCoinといった海外の仮想通貨取引所でのBTCチャートを見ることもできます。よって、アービトラージを行う際に利便性が高いといえます。 ただし、海外の仮想通貨取引所では、日本円の取扱がない場合がほとんどですので、取引をするタイミングの価格差を、ご自身で正確に計算する必要があります。 以上になりますが、ぜひ自分にあった取引方法で、Coincheckでのビットコイン(BTC)取引に取り組んでみてください。

株や投資信託では定期的に投資していく積立の運用がありますが、仮想通貨のビットコイン(BTC)でも積立運用ができます。 ビットコイン(BTC)の積立での投資方法やメリットやデメリットについて詳しく解説すると共に、「貸仮想通貨サービス」での運用も解説します。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の積立とは継続的に投資する方法 ビットコイン(BTC)の積立とは、利用者自身で決めた一定額を、定期的に銀行口座から引き落としすることで、ビットコイン(BTC)を購入していく投資方法です。 多くの場合は、月1回の購入となりますが、毎週、あるいは毎日自動的に購入していく積立の方法もあります。 例えば、毎月20,000円を積立投資するとした場合、毎月同じ日に銀行口座から20,000円が引き落とされてビットコイン(BTC)が購入されます。 積み立てたビットコイン(BTC)は、好きなタイミングで仮想通貨の取引所で売却することが可能です。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)積立のメリット ビットコイン(BTC)を積立で運用することでどのようなメリットがあるのか、確認していきます。 1. 感情に左右されない 積立は、感情に左右されない投資方法です。どのタイミングでビットコイン(BTC)を購入すべきか判断できない方にとっては、積立で運用することはひとつの選択肢になります。 仮想通貨の取引は値上がりや値下がりによって、つい感情が先行してしまいやすいもの。積立で運用すれば、あらかじめ決めた投資ルールを守ることができます。 利益が出ていると、強気になって追加購入をしてしまう場合もあります。もちろん、順当に相場が伸びればいいのですが、追加購入の直後に相場が逆行してしまったら、損失が出る可能性があります。 反対に、損失が出ていると、弱気になって判断を間違うこともあります。その点、積立であれば、感情に左右されることなく一定期間、同じリズムで投資をすることが可能です。 2. リスク分散につながる 積立投資は状況にもよりますが、リスク分散につながることがあります。 例えば、1BTC=100万円から、1ヵ月につき10万円ずつ値下がりしたと仮定します。もし、1BTC=100万円の時点で一括して5BTC購入したときは、500万円を投資したことになります。 一方で、毎月1BTCずつを積立投資していたときには、5ヵ月で5BTCを購入することになります。そのときの投資額は400万円(100万円+90万円+80万円+70万円+60万円)となり、同じビットコイン(BTC)の量を、100万円安く手に入れられる計算になります。 積立投資は長期間にわたって買い増すことになりますので、価格変動が大きい傾向がある仮想通貨において、リスクヘッジにつながります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)積立のデメリット 当然ですが、ビットコイン(BTC)の積立投資にはデメリットもありますので、理解しておくべきです。 1. 融通が利かない まず、毎月定額投資という厳格なルール以外の融通が利かない点です。投資の上級者にとって、積立投資はまどろっこしく感じられる面もあります。 そこで、自分の判断で取引を行う裁量投資も並行して行えば、お互いの損失をカバーし合える場合があります。 2. 短期で大きな利益を狙うのが難しい 積立投資は、一定額を一定の期間で投資していく方法であるため、大きな値上がりが生じたときに対応できません。 そのため、短期間で大きな利益を狙うのが難しい傾向にあります。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)取引の口座開設から購入方法についてはこちら Coincheckで行う仮想通貨積立の方法 Coincheckでも、自ら一定のルールに従って、定期的にビットコイン(BTC)を購入することで、ビットコイン(BTC)の積立を行うことが可能です。 貸仮想通貨サービス また、Coincheckでは、積み立てたビットコイン(BTC)を運用できる「貸仮想通貨サービス」を提供しています。 貸仮想通貨サービスとは、すでに所有しているビットコイン(BTC)を他者に貸し出して、利息を得る投資法となります。つまり、仮想通貨を借りたい人に対して、貸し手になるのです。 最大年率5% Coincheckの貸仮想通貨サービスの利率は、最大年率5%となります。 ただし、日本円よりもはるかに高いボラティリティ(値動き)がある仮想通貨は、5%を超える値下がりもありえますので、元本割れが起きる可能性には注意してください。 あらかじめリスクとリターンを比較し、計算に入れた上で貸仮想通貨サービスを利用してみてください。

リップル(XRP)はビットコイン(BTC)よりも歴史がある仮想通貨で、安価で迅速な海外送金を可能にするプラットフォームとして注目を集めています。 Coincheck(コインチェック)での最低購入額や最低注文量、各種手数料について、具体例を上げてわかりやすく解説します。 リップル(Ripple/XRP)とは? リップル(XRP)とは、現在の仮想通貨界で、最も注目されている銘柄のひとつで、通貨単位はXRPです。リップル(XRP)は、ビットコイン(BTC)が誕生するより以前、2005年頃から実用化されています。 リップルとは、仮想通貨のみを指す言葉ではありません。リップル(XRP)は、リップル社(Ripple Inc.)が運営する決済システムのことも意味し、「リップル・トランザクション・プロトコル」が正式名称となります(略称はRTXP)。 高速送金ネットワーク リップル(XRP)は、消費者が通貨として決済手段に使うというより、世界中の金融機関を結び付ける、高速送金ネットワークとして将来的に用いられることが期待されています。現在の国際送金では、為替によって帳簿上の貸し借りを処理する「コルレス銀行」を経由しなければならないため、時間も手数料も多く費やします。 しかし、リップル(XRP)は「ブリッジ機能」を備えているため、円や米ドル、ユーロといった法定通貨だけではなく、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨とも交換することが可能です。これにより、送金や両替もスピーディーとなり、手数料が大幅に削減できます。 そのため、インターネットで世界の情報交換が爆発的に加速したのと同様、リップル(XRP)の普及によって、世界のそこかしこで価値の交換が盛り上がっていくものと予想されています。 総発行枚数は1,000億XRP リップル(XRP)の総発行枚数は1,000億XRPと定められており、すでに全1,000億XRPが発行済みとなっています。これ以上増やすことはできないため、今後、リップル(XRP)を必要とする金融機関が世界で増えれば増えるほど、希少価値が増す可能性があります。 ただし、リップル社が500億から600億XRPを保有しており、あまりにも高騰すればXRPを放出してインフレを抑えるコントロールを実行すると考えられます。よって、中長期的な将来には、XRPの価値は安定に向かうものと見られています。 詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)の特徴とは? Coincheckでは500円からリップル(Ripple/XRP)を購入可能 Coincheckでは、どの仮想通貨であろうと、最低購入額は日本円で500円となります。 Coincheckの口座開設はこちら また、Coincheckでは、日本円のほか、ビットコイン(BTC)でもリップル(XRP)を購入することができます。その場合は、「0.001BTC」が最低購入額となります。 Coincheckでリップル(XRP)を売却する場合も同様です。日本円に替える場合は、すべて「500円」が最低売却額となります。リップル(XRP)をビットコイン(BTC)に替える場合も「0.001BTC」からになります。 Coincheckにおけるリップル(XRP)の最低注文量について、具体的な数値を出しながら確認してみます。 例えば、2018年10月31日のCoincheckでのリップル(XRP)の終値は、1XRP=49.404円となっていました。その際のリップル(XRP)の最低注文量は、500円=10.120638XRPとなります。 詳しくはこちら:リップル(Ripple/XRP)の口座開設・購入方法までの流れ 仮想通貨取引の手数料について リップル(XRP)を扱う上で、各種手数料についても理解しておきましょう。Coincheckでリップル(XRP)を購入するには、まずはCoincheckにあるウォレットに日本円を入金する必要があります。 ウォレットに銀行振込で入金するための手数料は無料です(ただし、振込手数料はお客様負担となります)。 コンビニ入金 また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円、30,000円以上の場合は手数料が1,000円となります。なお、コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。 クイック入金 クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が756円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,000円となります。さらに、日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.108%+486円」が手数料となります。 送金手数料 また、リップル(XRP)をCoincheckのユーザー間で送金するときは、送金にかかる手数料は無料です。 ただし、Coincheckではない別のウォレットに送金する場合には、0.15XRPの送金手数料を要します。 リップル(XRP)を購入してみよう リップル(XRP)はグローバルに資産をやりとりすることを目指しており、目的が明確となっています。 リップル(XRP)について最低購入額や手数料を把握し、Coincheckでの購入を検討してみてください。

2019-04-10仮想通貨の取引

株やFXなどの金融商品の取引を行なったことがある方はご存知かもしれませんが、スプレッドという言葉を初めて聞く人も多いかと思います。 仮想通貨の販売所で取引する場合には、売値と買値の差額であるスプレッドが発生します。仮想通貨におけるスプレッドの意味やスプレッドが大きくなるタイミングや注意点について解説します。 スプレッドとは何か? スプレッドは「広げる」「伸ばす」を意味する言葉で、金融の世界では金利や価格の差を表す言葉として使われています。仮想通貨取引の場合、スプレッドは「売値と買値の差額」という意味で用いられています。 例えば、ある販売所でビットコイン(BTC)の価格が「買値=74万円、売値=72万円」になっていたとします。この場合のスプレッドは「74万-72万の2万円」になります。 スプレッドは仮想通貨の銘柄によっても大きく異なります。また、仮想通貨の販売所がそれぞれ設定しているものですから、販売所によって差が発生する場合があります。ですから、仮想通貨の売買にあたっては、チャートのチェックだけなくスプレッドを確認をしないと思わぬ損失になることがあります。 スプレッドの幅は少ない方がいい? 仮想通貨のスプレッドは基本的には日々変動しています。 例えば、ビットコイン(BTC)の価格が買値が74万で売値が72万円の時に74万円で購入し、スプレッドの変動がないまま72万円で売った場合には2万円の損となってしまいます。 仮想通貨に関わらず金融商品は、買った価格よりも高い金額で売らないと利益を得ることができません。そのためにはスプレッドの幅が例えば10万円だった場合、購入価格よりも10万円以上高い価格で売る必要がありますが、スプレッドの幅が2万円であれば、2万円以上高い価格で売れば利益になります。 このためスプレッドの幅は少ない方が良いと言えます。 スプレッドと手数料の違いは? 仮想通貨のスプレッドは手数料の一つになります。 仮想通貨の取引は「取引所」と「販売所」があります。取引所ではユーザー同士が保有している仮想通貨の売買を行います。 売買を行う際に取引所は手数料が無料のところもあれば、手数料が発生するところもあります。Coincheckの取引所は手数料が無料です(2018年11月現在)。 詳しくはこちら:取引所手数料 販売所では、ユーザーが仮想通貨を販売している会社から売買を行うことになります。販売所で売買を行う場合、手数料は発生しませんが買値と売値の差(スプレッド)が発生します。 詳しくはこちら:仮想通貨の取引方法・種類とは?個人が安全にトレードするためのやり方 スプレッドが大きく変動する時は? 仮想通貨のスプレッドは販売所で発生し、基本的には一定ではなく常に変動しています。スプレッドが大きく動く時はどんな時なのでしょうか。 1. 価格変動が大きい時 仮想通貨の価格が一時的に大きく変動した際(価格が暴騰や急落した場合)にスプレッドが広がりやすくなる傾向があります。 例えばビットコイン(BTC)の価格が高騰し、購入を行う人と売却を行う人のバランスが極端に購入を行う人が大きくなってしまった場合、なかなか売却を行うことができずに買値と売値のバランスが崩れてしまいスプレッドが広がってしまう傾向にあります。 2. 流動性が低い時 一般的には仮想通貨の流動性とはどの位、買い注文と売り注文が発生しているか、いわゆる取引量の出来高を指しています。流動性が高いということは、買いも売りも注文が多く発生している状況になります。 流動性が高くなれば、一般的にスプレッドも安定していると言われています。逆に、流動性が低くなると買いも売りも注文が少ない状態になりますので、スプレッドも広がりやすい傾向にあると言われています。 また、取引量が少ない通貨もスプレッドが広がりやすい傾向にあります。アルトコインはビットコイン(BTC)に比べると取引量が少ないこともあり、アルトコインのスプレッドはビットコイン(BTC)に比べて広くなる傾向になります。 なお、アルトコインの中でも取引量の多い通貨と少ない通貨では、取引量の少ない通貨の方がスプレッドが広がりやすくなっています。 スプレッドが広がった時はどうする? 仮想通貨のスプレッドは各取引所によって違いますが、その時々によってもスプレッドの幅は変わってきます。 そのため、一時的なスプレッドを元に取引所を選ぶのではなく、スプレッドを意識して購入するタイミングをコントロールしていく形が良いかと思われます。 1. スプレッドが急激に広がっている時は様子をみたり、別の通貨で取引を行うことを考える スプレッドは価格変動が大きく動いた時に、大きくなりやすいと言われています。 特に仮想通貨の相場は一方的に動くことが多く、スプレッドが広くなっている時に売買を行うとスプレッドが安定している時に比べて利益を得るのに時間がかかりやすくなります。 無理に売買を行わず、スプレッドが落ち着いてから取引を行うことやスプレッドが落ち着いている他の通貨で取引を行うことも検討しましょう。 2. 取引量の多い通貨を選ぶ 流動性によってスプレッドは変化しますので、流動性の高い通貨を選ぶことも選択肢の一つになります。 アルトコインに比べてビットコイン(BTC)は取引量も多いので、ビットコイン(BTC)やアルトコインの中でも取引量の高い通貨を選ぶことで賢い取引をしましょう。 スプレッドを意識して賢い取引を 仮想通貨の販売所では、スプレッドは常に価格変動や流動性で変動しやすくなっています。 スプレッドは自分では決めることができないため難しいと思われがちですが、スプレッドが広い時は取引を控えるなどコントロールできることもありますので、スプレッドを理解して賢い取引を行いましょう。

2019-09-02仮想通貨の取引

仮想通貨投資に興味を持っている人のなかには、今から始めるのでは遅いのではないかと心配している人もいるかもしれません。 そこで、仮想通貨への投資を今から始めるのは遅いのかどうかや、始める際の注意点などについて解説します。 仮想通貨を今から始めるのは遅い? 仮想通貨投資を今から始めるのでは遅いのではないかと心配している人は、仮想通貨を取り巻く環境を冷静に分析することが大切です。 仮想通貨投資開始の判断を行うためには、特に仮想通貨市場の状況を把握することが重要になります。仮想通貨の価格は、2017年の後半に大幅な上昇を見せました。その後、2018年に入ってからは爆発的な勢いが衰え、落ち着いた状況になっています。 投資はご自身が始めたいと思うタイミングから始めるのが一番なので、いつでも仮想通貨投資を始めることができます。爆発的な勢いが衰えたとはいえボラティリティが大きく動く場面もありますから、今から始めることを考えてみても遅くはありません。 また、日本では仮想通貨の流出事件などに対する反省から、仮想通貨交換業者に対する規制が厳しくなっています。法規制や顧客保護体制の整備が進んでいることも、これから仮想通貨投資を始める人にとっては、プラスといえるでしょう。 ただし、規制が厳しくなった分、ビットコインが大流行した2017年のようなブームはすぐには再来しない可能性もあることは認識しておく必要があります。 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 仮想通貨の今後はどうなる? 仮想通貨を取り巻く環境は、今後も変化していくでしょう。変化が予想されるポイントは3つあります。 1. 仮想通貨に関する法整備が整っていく 1つ目は、仮想通貨に関する法整備が整っていくことです。 仮想通貨の取引所を運営している会社を仮想通貨交換業者といいます。仮想通貨交換業者は、金融庁の登録を受けることが必要です。 登録を受けるにあたっては、経営管理体制やセキュリティレベルなどの顧客保護整備に関して金融庁のチェックを受けることになります。チェックは厳しくなっているため、顧客保護体制の整備は進むでしょう。 ただし、利用者にとっては口座開設要件や取引条件などが厳しくなる可能性はあります。 2. 仮想通貨を活用した新サービスの登場 2つ目は、仮想通貨を活用した新サービスの登場が期待できることです。仮想通貨は、投資対象としてだけでなく、決済や送金などにも使えます。 さらに、自動契約などの機能を持っている仮想通貨を使った新しいサービスが導入される可能性もあるでしょう。仮想通貨を活用した新サービスが広がっていく余地は大きいといわれています。 3. 仮想通貨の普及に関して 3つ目は、仮想通貨の普及に関しては不透明な部分もあることです。多くの人が仮想通貨を使うような状況になるかどうかは、誰にも確定的な予測はできません。 また、長期的には時価総額の大きな仮想通貨だけが生き残るのかどうかなどもわかっていません。普及するか衰退するかに関して、不確実性があることを踏まえて投資をする必要があるでしょう。 時価総額の高い仮想通貨の銘柄とは 仮想通貨投資を始めるにあたっては、どの通貨に投資するかを検討することも大切です。 仮想通貨は、代表的なビットコインだけでなく、アルトコインと呼ばれる多数の通貨が存在しています。時価総額が大きい主なアルトコインは、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)などです。 イーサリアム(ETH)とは イーサリアム(ETH)は、分散型のアプリケーションで、スマートコントラクトと呼ばれる機能があります。 スマートコントラクトとは、取引結果に応じて一定の行為を自動実行するプログラムが働く機能のことです。イーサリアムは、ビットコインとは異なる機能を持つプラットフォームとして注目されています。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら リップル(XRP)とは リップル(XRP)は、国境や金融機関の違いを意識しない国際送金実現を目的とした仮想通貨送金システムです。 リップル社が管理しており、世界中の金融機関と提携を進めています。送金処理スピードが速いことも特徴です。 詳しくはこちら:リップル(XRP)の特徴とは? リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら ビットコインキャッシュ(BCH)とは ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月1日にビットコインから分裂して生まれた仮想通貨です。 ビットコインと似た性質を持っていますが、通貨システムの一部を改善しています。 詳しくはこちら:ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴とは?ビットコイン(BTC)との違いを徹底解説 ビットコインキャッシュ(BCH)取引の口座開設から購入方法はこちら 仮想通貨への投資方法の種類 仮想通貨に投資をする場合、投資方法にも複数の選択肢があることを認識しておくことが重要です。主な投資方法は3つあります。 1. 仮想通貨の現物取引 1つ目は、国内の仮想通貨取引所で通貨の現物を購入する方法です。 現物を手に入れれば、仮想通貨で買い物をしたり、送金したりできます。仮想通貨初心者は、まず現物投資から始めるのがよいでしょう。 2. 仮想通貨のレバレッジ取引 2つ目は、レバレッジ取引です。外国通貨の証拠金取引をFX(Foreing Exchange)といいます。仮想通貨を対象としたFX取引などを行うこともできます。 レバレッジとは、てこの原理のことです。少額の自己資金でその何倍もの取引ができることが魅力です。ただし、レバレッジ取引は、売り買いセットで取引を完了させることを前提としています。 通貨の現物を手に入れる取引ではないことに注意が必要です。効率的に売買差益を狙いたい人は、仮想通貨FXに挑戦するのもよいでしょう。 3. ICO(Initial Coin Offering) 3つ目は、ICO(Initial Coin Offering)投資です。クラウドセールやトークンセールとも呼ばれています。 特定の企業などがサービス提供などを受ける権利がある通貨(トークン)を発行し、そのトークンを購入するという投資手法です。トークンを発行した企業などは事業資金が手に入ります。 気長に待つ投資スタイルが初心者には向いている? 仮想通貨投資を行う場合はどのような投資スタイルで行うかも重要です。投資スタイルは取引を行う頻度で分類されることが多いです。 スイングトレード 数日から数週間のスパンで中期的な価格変動による利益を狙うスタイルは、スイングトレードと呼ばれています。 デイトレード また、1日のスパンで売買を完結するスタイルは、デイトレードです。 スキャルピングトレード さらに、数秒から数分のスパンで売買を繰り返すスタイルは、スキャルピングトレードといいます。 短期トレードであるデイトレードやスキャルピングトレードは、常に市場を見ていないといけないなどストレスも大きいです。 そのため、投資初心者の場合は国内の仮想通貨取引所で購入できるメジャーな通貨を対象にして、中長期投資スタイルで始めてみることをおすすめします。 初めて仮想通貨取引をする時に知っておきたいこと 初めて仮想通貨取引を行う場合には、知っておきたいポイントが2つあります。 1. 余裕資金の範囲内で投資を行う 1つ目は、余裕資金の範囲内で投資を行うことです。 間違っても全財産を投じることはやめておきましょう。仮想通貨の価格は予想外に大きく変動することもあります。大きな損失を被るリスクがあることを常に意識して、失っても生活に影響がない範囲の資金で投資することが大切です。 2. 仮想通貨関連のニュースに注意を払う 2つ目は、仮想通貨関連のニュースに注意を払うことです。 仮想通貨流出事件の発生や金融庁の業務改善命令、証券市場への上場判断などさまざまなことが起こります。それぞれのニュースに反応して仮想通貨価格が大きく変動することも珍しくありません。常に情報収集を怠らないことがポイントです。 今から仮想通貨を始める時には銘柄を見極めよう 仮想通貨投資を始めるのは今からでも決して遅くはないでしょう。将来的に人気が出そうな通貨を見極めて先回りして投資すれば、大きな利益が得られる可能性もあります。 これから投資を始める人は、自分に合った投資スタイルを慎重に見定め、今後に期待できる仮想通貨を選んで始めてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の代表格とも言えるビットコイン(BTC)は、投資家のみならず投資初心者からも注目を集めている通貨になります。ブロックチェーン技術の発展を背景に、ビットコイン(BTC)を始めとする仮想通貨は普及しつつあります。 2017年はビットコイン(BTC)の価格が大きく変動した年でした。年初は10万前後だった価格が12月には最高240万まで価格が上昇しました。 家電量販店でのビットコイン決済やマスコミでビットコイン(BTC)を含む仮想通貨が取り上げれる機会が多くなりました。そうした背景もあり初めて仮想通貨を売買する人が増えてきています。 初めてビットコイン(BTC)を売買したいと思ったときには、取引所に口座開設をする必要があります。また、仮想通貨は24時間取引できることもありスマホでいつでもどこでも取引することができる取引所のアプリもあると便利です。 そこで今回は、ビットコイン(BTC)を取引する時に必要なアプリや取引所についてご紹介します。これから仮想通貨取引をしようと考えている初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。 仮想通貨を取引する時に利用するアプリの種類 ビットコイン(BTC)を始めとする仮想通貨を取引する際に、スマホアプリを活用するとスムーズな売買ができます。取引するときに役立つアプリの種類は多くあります。 取引所アプリ 仮想通貨の取引所が提供している「取引所アプリ」は、シンプルな操作で売買することができるものが多いです。24時間取引ができるのでスキマ時間でも手軽に仮想通貨を購入することができます。 ポートフォリオ管理アプリ 「ポートフォリオ管理アプリ」は自分の保有している資産が一目で確認できるアプリになります。複数の取引所を利用している人や複数の仮想通貨の銘柄を保有している人に便利なアプリです。 情報収集アプリ 仮想通貨を取引するうえで「情報収集アプリ」も欠かせない存在です。仮想通貨はニュースによって大きく価格が変動することもあるので、日頃の情報収集は仮想通貨の取引をするうえで必要になることが多いです。 価格比較アプリ・チャートアプリ 同じく「価格比較アプリ」や「チャートアプリ」も日々の仮想通貨の売買に利用されています。なお、仮想通貨のチャートは取引所によって価格が若干異なる場合があります。 各取引所の価格差を利用して利益を得るアービトラージ(裁定取引)という取引の方法もあり、このような方法で取引をする際に価格比較アプリは重宝されています。 ウォレットアプリ 仮想通貨特有のアプリとして「ウォレットアプリ」があります。 ウォレットとは仮想通貨を保有しておく財布のような役割を持ったもので、取引所から仮想通貨を送金して自分で保管しておく場合などに利用されています。 セキュリティ対策アプリ ハッキングリスクから身を守るという点では「セキュリティ対策アプリ」も重要なツールになります。特に「Google Authenticator」などのアプリが取引所などのログイン時の2段階認証でよく活用されています。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)の取引ができるコインチェックアプリ このようにアプリには様々な種類がありますが、仮想通貨を売買するうえで多く使われるのが仮想通貨の取引所アプリになります。 取引所アプリは売買だけでなく、チャートや取引履歴を閲覧する際にも使用されています。取引所アプリの中でCoincheckのアプリは、シンプルで分かりやすいのが特徴で仮想通貨取引が初めての方でも取引しやすいアプリになっています。 Coincheckのアプリには「仮想通貨の購入・売却」や「仮想通貨の入出金」、「仮想通貨のチャート」の閲覧機能があります。 また、利用者同士で情報交換ができる「チャット機能」やスマホのホーム画面に設置ができ、仮想通貨の価格をリアルタイムで確認できる「ウィジット機能」など様々な機能があります。 更に、毎日決まった時間に通貨別の価格通知を受け取れる「プッシュ通知機能」がありますので、Coincheckは取り扱い通貨数も多いため様々な仮想通貨の価格を確認したい方にも適したアプリになります。 コインチェックアプリでのビットコイン(Bitcoin/BTC)の購入方法 続いて、コインチェックアプリでビットコイン(BTC)を購入する手順を紹介します。 まずはアプリをダウンロードしたら登録が必要です。すでにアカウントを登録済の場合はメールアドレスとパスワードで「ログイン」することですぐに利用ができます。 初めての場合は「新規登録」から新しくアカウントを作成する必要があります。 新規登録ページはこちら 詳しくはこちら:仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れ 新規登録を完了しアプリを立ち上げたら、ビットコイン(BTC)を購入するための日本円を入金します。銀行振込などで口座に入金が完了しましたらビットコイン(BTC)の購入ができます。 アプリから「コイン購入」をクリックし買いたい数量を入力後、「購入する」ボタンを押したら購入が完了します。コインチェックアプリでは、購入までの手順がシンプルのため初心者にもわかりやすくなっています。 詳しくはこちら:コインチェックアプリの使い方(iOS・Android) ビットコイン(Bitcoin/BTC)の現在の状況は? 仮想通貨をこれから購入しようと考えている人の中には、現在の仮想通貨業界の状況が気になる人も多いはずです。 ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は、2017年後半に日本でもニュースとして取り上げられ、いわゆる「億り人」と呼ばれる一攫千金の人々を多く生み出したことでも知られています。しかし2017年末に比べると2018年は価格が下落しております。 仮想通貨を取り巻く法整備は徐々に進んでおり、仮想通貨の取引所に参入する企業が増え、ビットコイン(BTC)を利用できる企業や店舗も増えてきています。 また、仮想通貨にかかわるブロックチェーン技術は世界で注目されていることもあり、今後さらに普及する可能性が残っているとは言えるでしょう。 仮想通貨を取引する人が知っておきたいこと 仮想通貨の現状を理解する以外にも、初めて仮想通貨を取引する人は知っておいたほうがよい2つのポイントになります。 1. 余剰資金で運用する 1つ目が「余剰資金で運用する」ことです。 仮想通貨は他の投資対象に比べて、ハイリスクハイリターンといわれています。価格変動が激しく、1日に数十パーセントも動くことが珍しくありません。 仮想通貨の購入は全財産や借金などをして行うものではなく、余剰資金で運用するようにしましょう。ほかの投資対象とのバランスも意識しリスク分散をすると良いでしょう。 2. 相場変動が激しい 2つ目が「相場変動が激しい」ことです。 仮想通貨はまだ普及の最中といわれており、ニュースひとつで価格が大きく変動することも多いのが特徴です。暴騰も暴落も一夜にして起きる可能性があることを忘れないようにしましょう。 また、価格変動を起こすニュースなどにいち早く気付く情報収集も大切と言えます。価格変動した時に焦らないためにも、日々の情報収集を心がけましょう。 投資初心者の場合、仮想通貨の性質を理解しないまま取引を始めると思わぬ損をすることがあります。必ず取引を始める前に、その性質やリスクを十分に理解しましょう。 仮想通貨のセキュリティ面にも着目しよう 仮想通貨はネット上で取引されるお金であるため、常にハッキングリスクにさらされていると言っても過言ではありません。そこで、仮想通貨をハッキングから守るために必要な手段を理解しておきましょう。 1. 2段階認証アプリの導入する 1つ目が「2段階認証アプリの導入する」ことです。 2段階認証とは、ログイン時に通常のパスワードとは別にリアルタイムで更新されるコードを入力する認証方法です。例えばGoogle Authenticatorなどのアプリが有名です。2段階認証アプリを使いセキュリティ対策をしておきましょう。 2. ハードウェアウォレットを使用する 2つ目が「ハードウェアウォレットを使用する」ことです。 常にインターネットに接続されたホットウォレットだけでなく、秘密鍵をオフラインで管理できるハードウェアウォレットに資産の一部を移しておくことも検討しましょう。 ハードウェアウォレットは、インターネットから切り離されたところで仮想通貨を保管することができるため、セキュリティが高く保たれます。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)を取引するために便利なアプリをダウンロードしよう これから仮想通貨取引を始めてみようという人は、まず取引所のアプリを活用しましょう。Coincheckのアプリは初めてでも簡単に使えるように設計されているため、初心者におすすめです。 情報収集のためのアプリやセキュリティ対策のアプリなど、目的に応じて複数のアプリを使い分け、活用してビットコイン(BTC)を始めとする仮想通貨取引を賢く行いましょう。

2019-07-29仮想通貨の購入

仮想通貨を購入する際の選択肢のひとつに「積立投資」があります。 積立投資とは、定期的に一定金額ずつ買い付けて資産を積み立てていく投資方法で、投資信託や株式投資などでも利用されている方法になります。仮想通貨でも積立投資は有効とされており、活用している人も少なくありません。 そこで今回は、仮想通貨を積立投資するときのメリットやポイントについて詳しくご紹介します。仮想通貨を始めてみたいと思っている投資の初心者の方や、長期での運用を考えている方は参考にしてみてください。 仮想通貨に積立投資をするメリット 仮想通貨で積立投資をするメリットは大きく3つあります。 1. 仮想通貨が暴落した時のリスクヘッジ 1つ目が「仮想通貨が暴落した時のリスクヘッジになる」ことです。仮想通貨は価格の変動が大きい傾向にあります。 スポット買い付けといって、ある瞬間に資産を集中させるよりも、分散させるほうが安定した成果を望むことができます。積立投資は長期間にわたって少しずつ買い増ししていく投資スタイルのため、価格変動のリスクを減らすことができ、暴落の際のリスクヘッジとなります。 2. 初心者でも始めやすい 2つ目が「初心者でも始めやすい」ことです。 積立投資にはそこまで難しい知識が必要なく、売買のタイミングと金額が常に一定することができるため、初心者でも簡単に始めることができます。積立投資は長い期間をかけて行う場合が多く、日々の価格変動をあまり意識することなく、資産運用することができるのが特徴です。 3. 少額から始めることができる 3つ目が「少額から始めることができる」ことです。 仮想通貨での投資はある程度まとまった資金がないと難しいと思われている人も多いかと思います。最低購入金額は取引所によって違ってきますが、500円程度から購入できる取引所もあるので少額から始めることができます。 積立投資は、数ある投資法のなかでも多くの人に支持されている投資スタイルのひとつでもあり、比較的リスクを抑えつつ投資をすることができます。 仮想通貨に積立投資をするデメリット 一方で、仮想通貨に積立投資をするデメリットとしては、短期間に大きな利益を狙うの難しいという点が挙げられます。 仮想通貨投資に関するニュースでよく耳にすることもある、暴騰による一攫千金などは狙いにくいという側面があります。また成果が出るのに時間もかかります。 ですので、そのような点は理解した上で積立投資に取り組まれるのが良いでしょう。 仮想通貨の積立投資が向いている人とは? それでは積立投資が向いている人はどのような人でしょうか。 投資の初心者 まず挙げられるのが仮想通貨のみならず、投資の初心者の方になります。積立投資のメリットで紹介した通り、比較的安定した投資方法のため投資の初心者向きと言えます。 今はまとまった資金がない方 また、毎月少額ずつ始めることができますので、今はまとまった資金がないけれども、毎月少しずつなら買い付けられるという人にもおすすめと言えるでしょう。 長期投資をしたい方 他には、仮想通貨を用いて長期的に資産運用をしたい人や、仮想通貨の将来性を感じている人もおり、長い目でみると価格が上昇する可能性を含めています。 積立投資の特徴として今後の上昇が期待できるものほど、その効果が大きいという点があります。仮想通貨の価格が将来的には今よりも上がると考えている人は、今のうちからコツコツと買い増しをすることで高い投資効果を期待することができます。 日々の価格変動に一喜一憂したくない方 そして、価格変動に一喜一憂したくない人にも向いています。積立投資は最初に買い付ける金額と購入する日を決めてしまえば、あとは固定した日に買い付けを行うだけです。 価格変動をあまり意識することもなく資産を積み立てることができます。積立投資は毎月コツコツと貯めていく感覚で利用できますので、長期にわたって資産運用をしたい人向きの方法になります。 Coincheckの口座開設はこちら 仮想通貨の取引所・販売所で口座開設するまでの流れはこちら 積立投資をする際に覚えておきたいドルコスト平均法とは 積立投資について理解するためには「ドルコスト平均法」についても知っておく必要があります。 ドルコスト平均法とは、仮想通貨に限らず投資の世界でよく使われる言葉になります。相場が上がっても下がっても、あらかじめ決めた一定の金額で買い付けを継続する方法になります。 たとえば、毎月1万円で投資をすると決めたら相場の変動にかかわらず毎月1万円分購入して買い続けることになります。価格が高いときには少なく買い付け、価格が安いときには多く買い付けることができます。 これを長期間にわたって繰り返すことで、安定的に資産を運用する狙いがあります。ドルコスト平均法は、株式投資や投資信託においてもよく使われている投資方法のひとつになります。 日々の価格変動をあまり意識することもなく長い期間をかけて行うことが多いので比較的リスクが少ない投資方法と言えます。 時価総額の高い仮想通貨の銘柄 実際に仮想通貨の積立投資を行うにあたっては、通貨選びが大切です。仮想通貨にはそれぞれ特徴があり、作られた目的や将来的に想定される使われ方もさまざまです。 通貨の選び方に迷った場合には、例えば時価総額をひとつの指針にするのも良いでしょう。時価総額とは仮想通貨の価格と流通枚数をかけ合わせて出した金額のことになります。時価総額が大きいということは、それだけ多くの人に買われている証とも言えます。 そこで、仮想通貨の代表格であるビットコイン(BTC)のほかに、時価総額が高い通貨を3つ見てみましょう。 イーサリアム(ETH) 1つ目が「イーサリアム(ETH)」です。 イーサリアム(ETH)は、分散型アプリケーションやスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームです。多くの通貨のベースにもなっており、幅広い活用方法が期待されています。 詳しくはこちら:イーサリアム(ETH)とは何か? イーサリアム(ETH)取引の口座開設から購入方法についてはこちら リップル(XRP) 2つ目が「リップル(XRP)」です。 シームレスな国際送金を可能にすることを目的とした仮想通貨です。採用している金融機関も多く、国際送金の利便性向上を役割のひとつとしています。 詳しくはこちら:リップル(XRP)の特徴とは? リップル(XRP)の口座開設・購入方法までの流れはこちら ビットコインキャッシュ(BCH) 3つ目が「ビットコインキャッシュ(BCH)」です。 ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月1日にビットコイン(BTC)から分岐して誕生した仮想通貨です。ビットコイン(BTC)に並び人気の高い通貨のひとつでもあります。 詳しくはこちら:ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴とは?ビットコイン(BTC)との違いを徹底解説 ビットコインキャッシュ(BCH)取引の口座開設から購入方法はこちら 仮想通貨は多くの種類があるので仮想通貨の購入を初めてする場合には、時価総額を参考にして購入するのも良いでしょう。 初心者が仮想通貨の積立投資を始める前に知っておきたいこと 仮想通貨は他の一般的な金融商品に比べて大きなリターンが得られる可能性がある反面、リスクが高いことでも知られています。 初心者が仮想通貨の積立投資するときには、注意点をしっかりと押さえておく必要があります。仮想通貨を初めて売買する際に初心者が知っておきたいポイントは大きく3つになります。 1. 余剰資金で運用する 1つ目が「余剰資金で運用する」ことです。 仮想通貨に全財産をかけるとリスクが高いため、余剰資金で行うようにしましょう。一般的には、全資産の10%程度がひとつの目安とされています。 株式投資や投資信託を行っているという人は、それらの資産運用とのウェイトも意識しましょう。 2. 分散投資を意識する 2つ目が、「分散投資を意識する」ことです。 一つの通貨のみ買い続けることもできますが、その場合価格が大きく変動した際に一時的に含み損を抱えることになります。 仮想通貨は多くの種類があるので一つの通貨にこだわらず、いくつかの通貨を保有することによりリスクを抑えることもできます。 3. 時間を味方にする 3つ目が「時間を味方にする」ことです。 仮想通貨は日々価格が変動し、わずか一日のあいだに数十%上下することも少なくありません。価格が大きく上昇している時に購入できれば大きな利益をあげることができますが、価格が大きく下落をした場合には大きな損を抱えることになります。 時間をかけることにより比較的リスクを抑えることができるので、一時的には含み損になった場合でも、将来的には通貨の価値が上がり利益となる場合もあります。 初心者でも始められる積立投資で資産運用 ハイリスクハイリターンで知られる仮想通貨投資ですが、積立投資なら比較的安定した運用が期待できます。毎月一定額をコツコツと積み立てていく積立投資は、長期で運用してこそ効果が出やすい側面を持ちます。 そのため価格変動に一喜一憂したくない人や、投資初心者には向いている投資法になります。ただし、投資は余剰資金で行うよう心がけることが大切です。 ポイントを押さえたうえで、一定額で毎月コツコツとできる積立投資を活用するのが良いでしょう。

2019-07-11ファクトム(FCT)

仮想通貨ファクトム(FCT)とは、「ビットコイン2.0」と呼ばれる次世代通貨として注目を集めています。 ファクトム(FCT)はどのような特徴を持っているのか、ファクトム(FCT)の今後の将来性なども含めて、わかりやすく解説していきます。 ファクトム(FCT)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら ファクトム(Factom/FCT)は仮想通貨ではなくプラットフォーム まず、ファクトム(FCT)はビットコイン(BTC)のような仮想通貨そのものではなく、大量のデータを分散管理するためのプラットフォームです。 ドキュメント管理に重きを置いており、ブロックチェーン上に「あるデータがある時刻に存在した」ことを証明できる機能を持っています。 このプラットフォーム上で用いられる仮想通貨は「Factoid(FCT)」と呼ばれますが、一般には仮想通貨そのものを指して「ファクトム(FCT)」と呼んでも問題はありません。 なお、Factoidは、およそ900万枚が発行済みとされていますが、発行上限枚数は決められていません。 ファクトム(Factom/FCT)による2つのプロジェクト ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は通常、「誰から誰へ、いくら送金した」という、取引情報が記録されますが、ファクトム(FCT)が扱うのは個人情報に類するドキュメントです。 例えば、土地や建物の登記簿、健康保険証や生命保険証書、金融機関からの借入記録。これら個人の情報を記載したドキュメントをブロックチェーンに書き込み、管理できるのがファクトム(FCT)です。 一つひとつは重要な個人情報なのですが、ブロックチェーン上で管理することで改ざんや漏洩のリスクは限りなく低くできますし、必要なときに素早く情報を取り出すことができます。 ファクトム(FCT)の特性を活かして多くのプロジェクトが展開されていますが、中でもメジャーなものを2つ、ご紹介します。 1. ファクトムハーモニー アメリカで進行中の「ファクトムハーモニー」は、住宅ローン関連の情報をすべてファクトム(FCT)で管理するというプロジェクトです。住宅ローンでは土地建物といった不動産の登記情報に加えて借入情報など、多くのデータが扱われます。 これまで紙ベースで管理していたそれらの情報を、すべてファクトム(FCT)で管理したらどうでしょう?安全で手間もかからず、各種手数料をグッと安くすることができます。もちろん、データの改ざんや漏洩のリスクも低くできます。 2. DLOC もうひとつのプロジェクトは「DLOC」です。これは、医療データの管理・共有を目的としたもので、患者さんのカルテをはじめとする医療情報をひとまとめにしてブロックチェーン上に記録し、医療機関で共有します。 必要なときに必要な情報を、どこからでも取り出すことができますから、患者さんが出張先で急病にかかったという場合でも、万全の医療を提供することができるようになります。 ファクトム(Factom/FCT)独自の特徴とは? ファクトム(FCT)は、ほかの仮想通貨とは異なる特徴を持っています。そのうちの、おもなものをご紹介します。 管理者が存在する ファクトム(FCT)には、管理者が存在します。 仮想通貨はもともと「非中央集権的であること」を目指して生まれたもので、運営グループはいても介入する管理者はいない、というケースがほとんどです。しかし、ファクトム(FCT)は、Factom Inc.という企業が開発・管理を行っています。 データが軽く、速さと安さを実現 ブロックチェーンに書き込むデータは、その量が大きくなるほどマイニングに時間がかかり、その分マイナーへの手数料もアップしてしまいます。そのため、大量のデータを直接ブロックに書き込むのには限界があり、効率的とはいえません。 ファクトム(FCT)では、記録するデータをカテゴリごとに分類・整理して、まずFactom Inc.が管理するサーバー上で暗号化します。その上でブロックチェーンに記録するという方法をとって、取引データ量をコントロールしています。 これにより、取引スピードが速くなり、手数料も安くなります。 ファクトム(Factom/FCT)の将来性は? ファクトム(FCT)は、公開から3年で8億円以上の出資を引き出しました。 また、前述した「ファクトムハーモニー」が発表されたときには、その将来性を見込んで大量の買い注文が入りました。 日本でも、「ファクトムジャパン」によって、投資家向けの情報発信なども行われていますので、今後もファクトム(FCT)から目が離せません。

仮想通貨ライトコイン(LTC)とは、ビットコイン(BTC)のスケーラビリティ問題を解決するべく開発されました。仮想通貨という概念が生まれてから、さらに実用性を高めたともいえる歴史あるコインです。 ライトコイン(LTC)の特徴や仕組み、今後の将来性について解説します。 ビットコイン(BTC)に次ぐ歴史を持つ仮想通貨 2011年に誕生したライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)を原型とし、その欠点を補うべく生まれ、「ビットコイン(BTC)は金、ライトコイン(LTC)は銀」ともいわれています。そのため、多くの点でビットコイン(BTC)の仕様や機能を踏襲しています。 ライトコイン(LTC)は元々、ビットコイン(BTC)の抱えるスケーラビリティ問題(ブロックサイズの不足)を解決するために生まれた仮想通貨です。ビットコイン(BTC)が仮想通貨という概念を具現化したものとするなら、ライトコイン(LTC)はさらに実用性を高めたもの、と見ることができます。 なお、日本での人気はあまり高くはありませんが、海外では盛んに取引されており、特にアメリカでの人気が高いようです。 ライトコイン(Litecoin/LTC)取引の口座開設から購入方法を解説はこちら ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴は? ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)よりも高い実用性を備えています。ライトコイン(LTC)の特徴についてご紹介します。 ブロックの生成スピードが速い ビットコイン(BTC)の場合、ブロック1つが生成されるのに、およそ10分かかります。当初の設計では問題とされなかったものの、この生成速度では取引量の増大についていけず、処理が滞ってしまったり手数料が高騰していったりと、さまざまな弊害が現れてしまいます。 そのため、ライトコイン(LTC)では、「Segwit(セグウィット)」というデータ圧縮技術を実装することで、「1ブロックあたり約2.5分」という生成速度を実現しています。 Segwitは、簡単にいえば「ブロック内の特定のデータを別の場所に格納して、取引データを軽くする」技術のことです。特定のデータとは、取引の送金元と送金先、それぞれの情報です。 これを別領域に保存しておけば、処理すべきデータ量が削減でき、処理時間の短縮にも貢献するというわけです。 ライトニングネットワークにも対応可能 Segwitを実装すると、ブロックチェーン外での処理を扱うことができ、これによって「ライトニングネットワーク」の導入が可能になります。 ライトニングネットワークとは、ブロックとブロックをつなげる鎖のようなメインチェーンの外側に、バイパスのようなチェーンを作り、高速送金を実現する技術のことです。 試験的ではありますが、ライトニングネットワークを利用して、個人同士での通貨の送受信にも成功しています。ライトニングネットワークにより、コインの取引が一瞬で行われ、手数料はほとんどゼロに近く、しかも高い安全性を持つとされています。 このような、ネットワーク上で行われた取引の結果だけを、本来のブロックチェーンに書き込むようにすれば、速さと安全性と低コストを同時に実現することができます。 ライトニングネットワークが本格的に導入されれば、ライトコイン(LTC)による少額の支払いが今まで以上にスムーズになることでしょう。 ライトコイン(Litecoin/LTC)の将来性は? ライトコイン(LTC)は、目新しさという点ではほかの新しい仮想通貨に劣るものの、仮想通貨としての歴史の長さは高い信頼感につながっています。 ライトニングネットワークという新たな技術も導入される可能性があるため、有効に機能すれば、ライトコイン(LTC)はその実用性を存分に発揮することができるようになるでしょう。

日本語で表示しますか?

はい いいえ もう表示しない

Show in English?

Yes No Never