ライトコイン(Litecoin/LTC)がすぐ買える?購入方法を紹介

仮想通貨の取引所Coincheckなら、仮想通貨ライトコイン(LTC)をパソコンやスマホアプリから買いたい時にすぐ買えます。

今回は仮想通貨ライトコイン(LTC)の特徴や、Coincheckの口座開設や購入方法など、初心者にもわかりやすく基本的なことをまとめましたのでご紹介します。

取引所Coincheckでライトコイン(Litecoin/LTC)がすぐ買える理由

ライトコイン(LTC)

パソコンやスマートフォンに対応

Coincheckではパソコンはもとよりスマートフォンでも、簡単にライトコイン(LTC)を買うことができます。

コインチェックアプリをインストールしたスマートフォンがあれば、移動中や出先でもいつでも簡単に購入が可能です。

初心者の方でも使いやすいシンプルなデザイン

Coincheckのウェブサイトは、デザインが見やすく、使いやすいと仮想通貨投資の初心者の方にも定評があります。

Coincheckのスマートフォンのアプリは操作性に優れ、わずかなクリックでライトコイン(LTC)が買えます。さらに、リアルタイムで価格もチェックできるため、投資チャンスを逃がしません。

ワンコイン500円から買える

Coincheckではライトコイン(LTC)の最低購入金額は500円です。口座開設も無料で行えます。

ワンコインでライトコイン(LTC)など仮想通貨の投資を始めることができます。

Coincheckでのライトコイン(Litecoin/LTC)の購入方法

ライトコイン(LTC)を買うにはCoincheckで口座を開設する必要がありますので、その手順をご紹介します。

STEP1:Coincheckへアカウントを登録

  • Coincheckのサイトからメールアドレスとパスワードを入力します。
  • 入力終了後、「アカウント作成」ボタンをクリックします。
  • 入力したメールアドレスにCoincheckからメールが届きます。
  • メールに指示されたURLをクリックします。
  • ブラウザーの画面が切り替わってアカウント登録の手続きが完了となります。

Facebookアカウントがある方のアカウント登録
- Coincheckのサイトの「Facebookで10秒登録」を押します。
- アカウントが作成、登録されます。

Coincheckのアカウント登録はこちら

Coincheckではアカウントを登録すれば仮想通貨の購入・売買は可能ですが、日本円の出金・送金などができません。全ての機能を利用するためには、本人確認の手続きが必要です。

STEP2:SMS認証(電話番号認証)

本人確認
- Coincheckアカウントへログインします。
- 「本人確認書類を提出する」と表記された緑色のボタンを押します。
- サイトに表示される欄に携帯電話番号を入力します。
- 「SMSを送信する」を押します。
- 携帯電話にSMS(ショートメッセージ)で6桁の認証コードが届きます。
- 認証コードをサイトの「送信された認証コード」に入力します。
- SMS認証が完了となります。

STEP3:本人確認を行う

本人確認

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』『Webからのお申し込み』の2種類があり、それぞれ確認方法が少し異なります。

Webからのお申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐにご利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在お住いの住所が記載されている本人確認書類が必要です。

当社からご登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐにご利用が可能となります。

参考:「かんたん本人確認」とは

iOS/Androidアプリからの本人確認

IDセルフィー

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合がございます。その際は以下のリンクの内容をご確認ください。

参考:
「かんたん本人確認」でエラーとなってしまう

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参考:本人確認書類の種類について

お客様情報の入力後は、本人確認の撮影を行います。

STEP①

はじめに、「表面を撮影」「裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

STEP②

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

STEP③

最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わりましたら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらくお待ちください。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能をご利用になれます。

参考:本人確認書類の撮影方法

Webからの本人確認

Webからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。名前や性別、生年月日、住所といった基本情報を、間違いがないように注意して入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類とご本人がいっしょに写っている写真)を用意します。例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

IDセルフィー

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

<登録可能な本人確認書類>

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認に必要な書類について不明点等ございましたら以下のリンクをご参照ください。

参照:本人確認書類の種類について

書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

犯収法の改定に伴い本人確認書類について変更がございましたので以下のURLをご参照ください

参照:犯収法の改正に伴う本人確認書類の変更について

ライトコイン(Litecoin/LTC)を買いたい時にすぐ買えるのがCoincheck

Coincheckのウェブ画面から、仮想通貨ライトコイン(LTC)を購入する手順を簡単にご紹介します。

STEP1:日本円を入金

銀行振込
- 「ウォレット」をクリックします。
- 左メニューの「日本円を入金する」をクリックします。
- Coincheckの指定口座に日本円を振り込みます。
- 登録アカウントに資金が反映されたら購入が可能になります。
※振り込み完了後、アカウントに反映されるまで時間がかかることがあります。

STEP2:ライトコイン(LTC)を購入

コインを買う
- 「コインを買う」のページから「ライトコイン(LTC)」を選びます。
- 購入したい数量を指定すると、必要な日本円が算出されます。
- 確認後、「購入する」ボタンを押せば購入は完了です。

続いて、コインチェックアプリで購入する手順を簡単にご紹介します。アプリで仮想通貨を購入するためには、まずコインチェックアプリをインストールします。

コインチェックアプリ(iOS)で購入する場合

コインチェックアプリ(iOS)
アプリを立ち上げたら、左メニューから「チャート」を選択し、ライトコイン(LTC)を選択した上で、チャート画面下部の「購入」を選択します。

続いて、円貨で購入数量を指定し、購入ボタンを押し確認画面で実行することで購入できます。

コインチェックアプリ(Android)で購入する場合

コインチェックアプリ(Android)
アプリを立ち上げたら、左メニューの「コイン購入」をタップします。そして、表示されたコインの中から、ライトコイン(LTC)を選びます。

続いて購入する数量を入力し、購入金額を確認しましょう。最後に「購入する」ボタンをタップして購入手続きは完了です

詳しくはこちら:ライトコイン(Litecoin/LTC)取引の口座開設から購入方法を解説

ライトコイン(LTC)の売買にかかる手数料は?

ライトコインの売買にかかる手数料
Coincheckでライトコイン(LTC)を売買する際にかかる手数料についてです。

日本円の入金手数料

日本円の入金にかかる手数料は無料です(銀行の振込手数料は発生します)。通常の振り込み作業と変わりません。

また、コンビニ入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円、30,000円以上30万円以下の場合は手数料が1,018円となります。コンビニ入金の1回あたりの入金上限額は30万円となります。

クイック入金では、30,000円未満の場合は手数料が770円。30,000円以上50万円未満の場合、手数料は1,018円となります。さらに日本円の入金額が50万円以上の場合、「入金額×0.11%+486円」が手数料となります。

送金手数料

ライトコイン(LTC)購入後、アカウントのウォレットへ送金される際にかかる手数料は0.001LTCです。Coincheckユーザーアカウント宛てであれば、この手数料も無料となります。

日本円の出金手数料

また、日本円を出金する際の手数料は一律407円です。

※手数料は、2019年12月1日時点の金額です。

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?ビットコイン(BTC)を改善して誕生

ライトコイン(LTC)は2011年10月に誕生した仮想通貨です。

ビットコイン(BTC)から派生したアルトコインで、ビットコイン(BTC)の課題であるスケーラビリティ問題の解消を目指して誕生しています。

スケーラビリティ問題とは、ビットコイン(BTC)のブロックチェーン(分散型台帳)のブロックサイズが1メガバイト(MB)と小さいために生じる問題です。

具体的には、ビットコイン(BTC)の取引の件数が多くなると、ブロックサイズが不足して送金や取引承認に時間がかかり、その結果、ビットコイン(BTC)の送金手数料が高くなるなどの問題です。

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)よりも取引承認が短時間でできるため、ビットコイン(BTC)よりも迅速に決済できるなどの特徴を持ちます。

また、ビットコイン(BTC)が金ならばライトコイン(LTC)は銀とたとえられることもあり、日本よりも海外、特にアメリカで人気が高い仮想通貨と言われています。

ライトコイン(Litecoin/LTC)の主な特徴は?

ライトコイン(LTC)

ビットコイン(BTC)の約4倍の処理速度

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン(BTC)よりもブロックのつくられる時間が速いという特徴があります。

そのため、ビットコイン(BTC)の約4倍もの処理速度を実現し、迅速な送金を可能にしました。また、データ圧縮技術であるSegwit(セグウィット)も実装しています。

Segwit(セグウィット)とは、取引データを圧縮することでデータ量を増量するような技術です。マイニング費用が減少し、送金手数料もより安くなります。

さらに改ざんのおそれがある部分は、取引データから分離させ違う場所で保管し、悪意のある第三者による取引データの改ざんを阻止します。

ライトニングネットワークにも対応

Segwit(セグウィット)を実装することで、現在開発中のライトニングネットワークにも対応することができます。

ライトニングネットワークとは、ネットワークで直接結びついていない者がブロックチェーン外部で承認なしでも決済ができるようなシステムです。

高速で高効率、安全性が高く手数料も低額であるため、少額支払を可能にするかもしれないものとして注目されています。

アトミックスワップで異なる仮想通貨の当事者取引を可能に

アトミックスワップとは、取引所などの信頼できる第三者の仲介なしで異なる仮想通貨の安全な交換を可能にする技術のことです。

第三者の仲介を省くことで取引速度を向上させると共に、持ち逃げなど不正な取引のリスクも減少することができます。テスト段階では成功していることから、実装も間近と期待されています。

セキュリティ強化策として2段階認証をお忘れなく

二段階認証
仮想通貨の取引を始める上で、アカウントのセキュリティを高める2段階認証設定は必須です。

2段階認証設定とは、パソコンとスマートフォンなど、異なる2つの端末で認証されなければ操作できないセキュリティ設定です。設定したログインパスワードに、スマートフォンのアプリを使って発行される認証コードでもう一段階の認証をします。

2段階認証を設定しておけば、万が一アカウント情報が漏えいしても、ユーザー名とパスワードのみではログインも引き出しもできません。

Coincheckでは代表的な2段階認証アプリ「Google Authenticator(グーグル オーセンティケーター)」の利用をおすすめしています。

2段階認証の設定方法

Google Auenticator

  • 登録メールアドレスとパスワードでログインすると2段階認証画面が表示されます(登録したFacebookでのログインも可能です)。
  • 認証アプリ「Google Authenticator(グーグル オーセンティケーター)」をダウンロードして起動します。
  • 2段階認証画面で表示された6桁のパスコードを入力します。
  • パスコードを入力後、送信を選択します。
  • 正しいパスコードが入力されるとログイン状態となり、ウォレットおよび取引所を利用することができるようになります。

2段階認証設定は難しくありませんので、Coincheckに口座を開設後は必ず設定しておきましょう。