ビットコイン(BTC)はどこで買うのがおすすめ?日本と海外の取引所を比較

近年、投資や資産運用を目的に、暗号資産(仮想通貨)を保有する人が増えています。

暗号資産は世界中で注目を集めており、日本でも大企業がブロックチェーンを使った実証実験を行うほど、暗号資産は社会に浸透し始めています。

しかし、以前には暗号資産投資を謳った詐欺が横行していたため、暗号資産と聞くと、いまだに怪しいイメージを持っている方も少なくないかもしれません。

また、ビットコイン(BTC)に興味を持ったものの、今まで購入した経験が無い方は、どこで購入したらよいのか分からない方が多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

  • ビットコインの購入場所、購入方法
  • ビットコインを安全に購入できる暗号資産の取引所の選び方
  • ビットコインの今後の将来性

についてご紹介していきます。

この記事を読めば、ビットコインなどの暗号資産はどこで買えばいいのか、購入場所である取引所を選ぶポイントなどを知ることができ、購入や取引を始めるのに役立てられるようになります。

ビットコイン(BTC)はどこで購入できるの?

”ビットコイン(BTC)”

ビットコインをはじめとする暗号資産は、どこで購入して、どのような方法で利用できるのでしょうか。まずは、ビットコインを購入できる場所である暗号資産の取引所についてご紹介します。

暗号資産の取引所は、ビットコインだけに限らず、様々な暗号資産を日本円やドルで購入したり、別の暗号資産と交換したりできるWebサービスのことを指します。

世界中に存在する暗号資産の取引所

海外にも暗号資産の取引所はありますが、暗号資産の取引に慣れていない方は、海外の取引所を利用することは、あまりおすすめできません。

海外取引所を使用するデメリット

暗号資産の取引に慣れていない方は、海外の取引所を利用することはあまりおすすめできません。海外取引所の使用には多くのリスクがあり、もしかするとあなたの資産がなくなってしまう可能性があります。以下に海外取引所を使用する際の代表的なデメリットを紹介します。

日本人には使いにくい

海外の暗号資産取引所を使用するには、基本的に英語での対応が必要な場合が多いです。加えて、取引を始めるために海外に在住している必要があったり、暗号資産を送金して入金する必要などがあります。

このように、海外の取引所を利用する場合には、暗号資産や海外サイトに慣れている必要がありますし、中にはセキュリティ面が不安であったり、いきなり倒産してしまうような取引所も存在します。

詐欺コインがある

海外の暗号資産取引所に上場している(一般ユーザーが購入可能な)暗号資産の中には、実態がない詐欺的なコインがまぎれていることがあります。

過去には暗号資産取引所自体が詐欺だったという事例もあるので、日本国内の取引所と比較すると圧倒的に詐欺に合うリスクが高いと言えます。

ハッキングのリスクがある

日本の暗号資産取引所とは違い、海外の暗号資産取引所のセキュリティは不明瞭な点が多いです。日本の暗号資産取引所の場合は、どの取引所でもある程度のセキュリティ水準が保たれています。なぜならば金融庁の認可が降りなければ、取引所としての業務ができないようになっているからです。

結果として海外の暗号資産取引所を使用していることで、ハッキング被害に合うリスクも高まると言うことができます。

金融庁が海外取引所に対して警告している

日本の金融庁は数多くの海外の暗号資産取引所に対して、無登録業者の名前を公表するという形で警告を発しています。

通常、日本国籍を有している人に暗号資産を販売する暗号資産交換業者は、資金決済法に基づき金融庁・財務局への登録が義務付けられています。そのため日本で無登録の状態でサービスを提供し続けている状態が継続すると、金融規制当局からの制裁がある可能性があります。

日本における今後の処分が不明瞭な海外取引所を使用するのは、日本に在住している方であれば避けたほうが良いと言えるでしょう。

金融庁が公表している資料はこちら

日本国内の金融庁登録済の暗号資産交換業者

前述した海外取引所のデメリットを考えると、暗号資産のことをよく理解し、暗号資産投資に慣れるまでは、日本国内の暗号資産取引所を利用することをおすすめします。

日本国内には、法律に基づき金融庁に登録された暗号資産交換業者が提供する、暗号資産の取引所があります。Coincheckもその暗号資産交換業者のうちの1社となっています。

Coincheckでは、システムの安定性やセキュリティ認証強化、短時間でスムーズな取引を保証する堅固なサービスを持って、お客様に安心してビットコインを扱える環境を整えています。

特にセキュリティ面については厳重に管理されており、

  • ①インターネットにつながっていない「コールドウォレット」
  • ②秘密鍵を複数用意した公開認証方式である「マルチシグ」
  • ③セキュリティの向上に効果的なアカウントへのログインシステム「二段階認証」
  • ④悪意のある第三者に取引データの内容が覗かれたり、個人情報が抜き去られるのを防いでくれる「SSL(Secure Sockets Layer)」という技術

などを駆使し、ハッキング対策を徹底しております。

購入場所の選定基準

”選定基準”

暗号資産は、暗号資産の取引所にて購入できることが分かりました。では暗号資産取引所を選ぶ際の基準はどのようなものがあるのでしょうか?

代表的な選定基準について、以下で紹介させていただきます。

出来高

まず重要なのは、その暗号資産取引所の出来高です。

出来高とは一般的に、株や債券などといった金融商品が取引所で売買された数量のことを指す言葉です。より厳密に言うと、1日や1週間といった定められた期間内で取引が成立した量のことを指します。

これを暗号資産取引所に読み替えると、出来高とは暗号資産取引所においてどれだけ頻繁に取引が成立しているかを表す指標、となります。

海外の暗号資産取引所では出来高が少なく、自分の注文が長い間通らない事態が発生することがあります。このような事態になってしまうと、自分が買いたいと思ったときにすぐに暗号資産を購入することができず、機会損失になってしまう可能性があります。

手数料

暗号資産の取引において手数料がかかる取引所は数多く存在します。取引の頻度が増えるほど手数料がかさみますので、取引所を選ぶ際には手数料をしっかり確認しておきましょう。

なおCoincheckの取引手数料は無料となっています。何度取引をしても一切手数料が掛からないので、頻繁にビットコインを売買したい人にとってはお得な取引所といえるでしょう。

取り扱い通貨数

暗号資産取引所が取り扱っている通貨の種類も、暗号資産取引所の選定には重要な指標です。もし取り扱い通貨の少ない暗号資産取引所を利用してしまうと、購入したいと思っても購入できないという機会損失が発生してしまいます。

暗号資産市場は日々情報のアップデートが行われており、市況が刻々と変化しやすい特徴があります。このような特徴を活かして暗号資産取引を行うためには、様々な種類の暗号資産を取り扱っている取引所を利用するのが良いでしょう。

使いやすさ

暗号資産取引所の選定を行う上では、総合的な使いやすさを考慮せざるを得ません。これまで例示した選定基準である出来高や取り扱い通貨数を考えると、日本国内の暗号資産取引所よりも海外の暗号資産取引所の方が優位な点が多いです。

しかしながら、海外の暗号資産取引所の最大の難点としてその使いにくさが挙げられます。操作画面が日本人向けに馴染みがない様式であったり、そもそも日本語の表示がなく全てが英語表記だったりします。総合的に見て、日本人にとって非常に使いづらいインターフェースとなっていることが多いです。

暗号資産と長く付き合っていくというスタンスであれば、暗号資産取引所の使いやすさは最重要項目に置くべきでしょう。

ビットコイン(BTC)をCoincheckで購入する7つのメリット

コインチェックの取り扱い通貨

日本においてビットコインを購入するには、どのような暗号資産の取引所が良いのでしょうか。

今回は数ある取引所の中でもユーザー数が多い暗号資産の取引所である、Coincheckについてご紹介します。

Coincheckは、パソコンからでもスマートフォンからでも取引ができ、手続きも簡単なことが特徴です。他にも以下のようなメリットがあります。

メリット1:取引できる暗号資産の種類が多い

Coincheckでは、ビットコインを含めた15種類以上の暗号資産を取り扱っています。この取り扱い銘柄の多さは、国内の暗号資産取引所では最大級となっています。

Coincheckの取り扱い通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

メリット2:チャートや取引画面が見やすい

Coincheckを利用する人が多い理由の一つに、チャートや取引画面の見やすさがあります。

Coincheckのチャートは、幅広いスケールを設定できるため、今後の予想などをする際には、様々な単位でチャートを確認できます。チャートが見やすいことでストレスなく暗号資産取引を行うことができ、今後の値動き予測なども立てやすくなります。

メリット3:取引画面やその他の機能が使いやすい

コインチェックアプリ(iOS)

Coincheckは、スマートフォンアプリでもリリースされており、無料でダウンロードすることができます。アプリのダウンロード数も多く、人気のアプリとなっています。

アプリをダウンロードした後は、チャートや総資産、送金や入出金など、メニュー表示されているボタンを押すだけで簡単に操作することができます。

また、売買に関しても「売却」「購入」とボタンが表示されているため、リアルタイムですぐに売買ができるところも魅力の一つでしょう。このほかにもウィジェット機能:があり、スマホでも気軽に価格を確認することができます。

メリット4:運営の信頼性が高い

暗号資産の取引を行う上で、暗号資産取引所の運営企業の信頼性を吟味することは必要不可欠です。信頼できる企業でなければ、あなたの大切な資産を失ってしまう可能性があります。

Coincheckは、親会社が東証プライム市場上場企業のマネックスグループです。グループ入り後のセキュリティ強化により暗号資産交換業者の登録を完了しているため、信頼性の高い暗号資産取引所と言えるでしょう。

メリット5:多様な関連サービスがある

2021年2月現在、Coincheckでは暗号資産取引以外に以下6つのサービスを提供しています。

  • Coincheckつみたて

  • Coincheckでんき

  • Coincheckガス

  • 貸暗号資産サービス

  • Coincheck NFT(β版)

  • IEO(Initial Exchange Offering)
  • Coincheckにて購入した暗号資産を使用して、上記のようなサービスを利用することができます。もし上記のサービスに関心のある方は。Coincheckにて暗号資産をご購入してみてはいかがでしょうか。

    特にCoincheckでんきに関しては、電気料金の支払いでビットコインがもらえたり、逆に電気料金の支払いをビットコインで可能になるという、非常に実用的なサービスとなっています。

    メリット6:チャット機能もついている

    Coincheckの取引所には、チャット機能も付いています。

    このチャット機能では、掲示板のように様々な人たちが投稿しており、チャット機能を通したコミュニケーションができます。

    Coincheckを利用されている方同士で情報をやり取りしているため、参考になる情報もあるかもしれません。ですが、中には間違った情報もあるかもしれませんので、あまり鵜呑みにしすぎないようにしましょう。

    メリット7:取引手数料が無料

    Coincheckの取引所には、「取引手数料が無料」というメリットがあります。

    何度取引をしても一切手数料が掛からないので、頻繁にビットコインを売買したい人にとってはお得な取引所といえるでしょう。

    Coincheck(コインチェック)の登録は無料で簡単

    ご紹介してきたCoincheckですが、ホームページ上で無料登録ができます。アプリのダウンロードも無料となっており、アプリ上で無料登録することもできます。

    ビットコインなどの暗号資産取引を始めたいと思っている方は、まずは公式サイトから無料登録をしてみると良いでしょう。

    Coincheckでは、以下の2ステップで簡単に口座開設ができます。

    • 1.アカウント作成をする
    • 2.本人確認を行う

    口座開設はスマートフォンのアプリまたはパソコンのブラウザから行うことができます。口座開設のやり方については、以下の記事で詳しく解説しています。

    ビットコイン(BTC)の将来性は?

    ビットコイン(BTC)

    暗号資産の中でも、特に人気を示しているのがビットコインです。一番始めに登場した暗号資産であり、時価総額も第一位をキープし続け、暗号資産の中心的な存在であると言えます。

    そんなビットコインを購入するにあたり、今後価格は上昇するのか、下降するのか、一番気になるところではないでしょうか。しかし、ビットコインの価値が上がるかどうかは、誰にも予測することができません。

    今後の暗号資産市場は?

    それでは、ビットコインだけではなく、暗号資産全体としてはどうなのでしょうか。ビットコインが生まれた頃から比べ、今では多くの暗号資産が世の中に生まれています。

    これらのビットコイン以外の暗号資産のことを、アルトコインと言いますが、アルトコインに注目が集まることで、暗号資産バブルになった時期もありました。

    しかし、価格の暴落でバブルが弾け、市場が冷静になりつつある今では、いわゆる「爆上げ」と呼ばれるような価格高騰の機会は、昔と比べると少ないかもしれません。

    キャッシュレス化の流れ

    ただし、ビットコインをはじめとする暗号資産は、キャッシュレス化の流れを汲む形で多くの人に普及する可能性もあります。

    実際にビットコインが使える場所は世界中で増えており、様々なグローバル企業が暗号資産の技術に注目していますので、これからの発展がにも期待ができると言えるでしょう。

    ビットコイン(BTC)を買える場所についてのまとめ

    ビットコイン(BTC)

    ここまでで、ビットコインについて、どこで買うのがおすすめか、海外の取引所や日本の取引所についてご紹介してきました。

    最後にここまでの内容をまとめてみましょう。

    ◎ビットコインの購入場所
    * 海外の暗号資産取引所
    * 日本国内の金融庁登録済みの暗号資産交換業者

    ◎日本国内の暗号資産取引所をおすすめする理由
    * 日本語対応
    * 日本の法律に基づき金融庁に登録された暗号資産交換業者が運営

    ◎国内の暗号資産取引所Coincheckの強み
    * 取り扱う暗号資産の種類が豊富(15種類以上)
    * チャートや取引画面が見やすい
    * スマートフォンアプリもあり、操作が簡単
    * デザインが洗練されている
    * チャット機能の利用ができる

    ◎ビットコインの将来性は?
    * 暗号資産バブルの頃と比較すると価格高騰の機会は少ない可能性がある
    * キャッシュレス化の流れを汲んで多くの人に普及する可能性がある

    海外の取引所は多くの暗号資産を取り扱っていますが、英語での対応が必要であることや、入金時の海外送金など、慣れていない方には中々難しい面もあります。

    セキュリティ面への不安や、いきなり倒産してしまうような取引所も存在しますので、まずは日本国内の取引所を利用することをおすすめします。

    日本の暗号資産の取引所Coincheckであれば、日本語の対応ですし、日本円から直接ビットコインなどの通貨を簡単に購入することができるなど、様々なメリットがあります。

    日本円の保有だけではインフレ対策や資産形成が不安な方で、まだビットコインを保有をしていない方であれば、この是非ビットコインの保有を検討されてみてはいかがでしょうか。

    執筆Coincheck Column編集部

    Coincheck Column編集部は暗号資産の取引経験者やブロックチェーンの知見に深いメンバーで構成されています。これから暗号資産を始める方々に「暗号資産について正しく理解していただき安心して取引できる」ことを目的に執筆しています。/ 運営元:コインチェック株式会社